化学が苦手なのですが、どのように克服していけばいいですか?
数学、物理は得意なのですが・・・
高校生です。
やはり、化学は暗記なのでしょうか?
反応式、酸化、還元、・・・・
みなさんが使っている参考書などでお勧めのものをお願いします。

A 回答 (7件)

こんにちは!



>>>やはり、化学は暗記なのでしょうか?

そうです。暗記です。
100%暗記とは言いませんが、社会科で言えば地理のようなものだと思います。

私は高校3年の頃、暗記を厳しく指導する化学教師に教わったおかげで、
志望大学に現役で合格しました。名前を聞けば、おそらくあなたもご存じの大学です。

決して誇張ではありません。
私はあなたと同様、数学と物理は得意だったはずなのですが、
入試では、その2科目は惨たんたる結果でした。
解答用紙の最終行を書こうとした辺りで、最初のほうの行に誤りがあるのを見つけ、
惨めな気持ちで、全部消してから書き直しというのもありました。
そのため、時間がなくて、解答がまったく白紙の問題も、いくつもありました。

しかし、化学の試験で授業や宿題で覚えたことにより、
すらすらと解ける問題があちらこちらにありました。
つまり、そんなに得意な科目ではなかった化学で命拾いしたわけです。

その教師は、宿題として、物質の名称などの暗記を課し、
次回の授業までに覚えてこなかったら、軽く体罰でした。
今でも本当に感謝しています。
毎年、年賀状を送っています。


>>>みなさんが使っている参考書などでお勧めのものをお願いします。

私は、教科書だけでした。


以上、ご参考になりましたら幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答ありがとうございます!
暗記と聞いて少し気持ちがすっきりしたような気がします。
がんばります!!

お礼日時:2009/05/16 11:33

いいえ。

暗記ではありません。
ただし、暗記が必要ではないと勘違いしないでください。

「当然暗記していますよね?その暗記した知識を使って問題・課題を解いていきましょうね」という性格が強いです。勉強のしかたとすれば英語に似ているでしょう。
    • good
    • 0

何もかもすべて勉強だと思うからではないでしょうか。

例えば自動車は
環境対策で今や電池のかたまりのような様相になりつつあります。
電池はどんな仕組みになっているだろうかと、勉強とは関係なく深く
調べてみては如何でしょうか。ノーベル化学賞になった発光現象のこと、
液晶テレビに使用される透明金属など、今のこの世は興味の対象が
満ち溢れています。そしてそれが職業仕事にもつながるわけです。
ケータイメールなど無駄な時間浪費を無くせば、空き時間はどこかに
あるはずです。
    • good
    • 0

「暗記」ということばには暗という字が入っています。

いかにも目をつぶって一生懸命覚えようとしているイメージによく合います。意味がわかっても分からなくてもとにかく覚えてしまう、語呂合わせでもいいから覚えてしまうというのともよく合います。
そういう知識は全く残りません。試験が済んで5分で忘れてしまう知識です。でも試験の点さえ取れればそれでいいと考えている高校生が多いです。1学期に学習したことを踏まえて2学期の授業をやろうとしても試験がすんだら何も残っていないので全部説明しなおさなければいけないということが起こります。

次のステップに進むために必要な知識、何らかの判断に必要になる知識に対しては暗記という言葉をあまり使っていないように思います。覚えなければいけないことがあるということとそれを覚えることを暗記という言葉で表現するということとは同じではないのです。
歌を歌うためには歌詞やメロディーを覚えていなければいけません。歌うために歌詞やメロディーを覚えることを暗記とはいいません。俳優がシナリオや台詞を覚えることを暗記とはいいません。
音楽家が楽譜を覚えているということも暗記といいません。

意味を理解して、使いこなせる形で知識を身に付けるということに対しては暗記という言葉を使わないのです。

「そらんじる」という言葉があります。漢字で書くと「諳んじる」です。詩の「暗誦」、は元は「諳誦」でした。音楽家が楽譜を覚えるのは「暗譜」ではなくて「諳譜」だったのです。
「諳」は漢字制限で使わなくなったようです。その代わりに「暗」を使い始めたところに覚えるとか、知識とかがどのように受け止められていたのかが現れているように思います。

「暗記」という言葉を使うときには覚えるということだけが目的となっています。それで対応できるのは行き止まりの知識です。覚えてそれっきりの知識です。

暗記で対応できるような問題があふれている限り、「覚えること=暗記」としか考えない人が出てくるのは仕方がないのかもしれません。
    • good
    • 0

暗記と言えば暗記です。


だって、水素からウランまでだって92種類もあるんですよ。
それぞれが別の性質を示すから「化学」が成り立っています。
みんな同じ性質だったら化学なんか消えて無くなります。
だから「差」と「類似」を明確に覚えましょう。
無機と分析化学はアルカリ金属、アルカリ土金属(+Mg)とハロゲン、以外は第三周期まで覚え、あとはクロム、マンガンと鉄族、銅と亜鉛これだけで95%はおしまい。
有機は酸素と窒素、ハロゲンを炭素に加えれば終わり。
いつも周期表が頭に出て来る様なら大学の教養の化学は楽勝。
私は中学の時に親にライナス・ポーリング先生の「一般化学」をもらって、それが必要なのだと思い必死に読みました、十年前に奥付を見たら初版本だった。(汗;
中学生にも理解できる大学専門過程の教科書を書くポーリング先生はやっぱり天才。
一応最小限の知識として、大坂教育大学付属天王寺高校 岡博昭先生のページをご紹介します、↓
http://www.tennoji-h.oku.ed.jp/tennoji/oka/okain …

この回答への補足

ご丁寧な回答ありがとうございます。

上のページにいきました。
とてもわかりやすくてよかったです。こんなに上手くたくさんまとめてあるページをはじめてみました。

自分は、イオンとか結合とか反応とか電池とか電気分解とかいろいろ苦手です。
できるのはボイルの法則だとかそういう計算の問題だけです。
化学反応系のことは全然です。

理由は自分でわかっています。
今の大学受験に対抗するために、どれを暗記すべきであるのか、何を覚えるべきなのか。応用問題の解き方。知っておくべき実験。
それらがわかってないからだと思うんです。

受験のための勉強というと、それは本当の勉強じゃないといわれるかもしれませんが、でもやっぱり受験のためというしかありません。

今、本当に化学で困っています。

受験対策のための参考書だったりとか、勉強方法だったりとか
なんでもいいです。アドバイスをください。お願いします。

補足日時:2009/06/29 18:34
    • good
    • 0

化学は暗記といえば暗記です



英単語や年号の暗号とは違いアチコチ関連部分が多いので
つながりを含めた暗記が必要です。

数学・物理が得意ならば必要なことを覚えれば得意科目にできると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
つながり,関連の暗記ですか
がんばります!!

お礼日時:2009/05/16 13:29

受験科目としての化学の基本は暗記です.


理屈考えるより,暗記した方が安定して点が取れる部分がたくさんあります.
しかし,それはほんとうの意味での化学ではありません.
暗記だけで受験を突破して,自分は化学が得意と誤解していると,大学で痛い目に遭います.
そうはいっても,最低限知っているべき知識というのはあるので,あるレベルまでの暗記(というか記憶)は必要です.もっともそれは化学に限定される話ではないですが,化学は物理よりは暗記的知識の要求レベルが高めなのはあるでしょう.地学や生物も似たような傾向がありますけどね.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答ありがとうございます!
そうなんですか-
ただ暗記っていうのはやめようと思います!

お礼日時:2009/05/16 12:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング