まっすぐに木を植えるには木のどの部分を基準にすればいいのでしょうか?

根元、枝の先、それとも全体的にみるのでしょうか?

根元をまっすぐに植えてしまうと全体的には傾いたりします。

A 回答 (3件)

樹木の幹って杉や桧のように真直ぐではありませんよね。

松などは幹が
クネクネしていますから、根株を穴に入れて仮固定をしたら全体を見回
してバランスを見て下さい。正面だけ見るのではなく、四方八方を見て
バランスが良いと判断したら本植えにします。
実際には人は表になる側から樹木を見ますから、家屋と周辺の樹木との
バランスを考えて、幹や根元だけで判断しないようにして下さい。

知識のない方がバランスを見る事は難しいので、出来れば造園屋さんや
近所で樹木の維持管理を趣味で行っている人に見て貰うと、バランスは
良くなるはずです。

傾きが気になるようですが、樹木の種類によっては傾きも風情の一つに
なる場合があります。傾けて植えた方が見栄えが良い事もあり、その時
は支えで倒れないようにします。単に植えれば終わりって事はありませ
んので、家屋とのバランスを考えて植えるのが最終的には良くなると思
います。
    • good
    • 0

根元からの立ち上がりがまっすぐでしたら、そこがまっすぐになるように植えた方が無難です。


上の方が傾いても、そのほうが落ち着きがあります。

幹の中間にまっすぐで強く感じられる部分がある場合には、やはりそこをまっすぐになるように植えます。

幹全体が曲線でしたら、根元と頭を通して平均にまっすぐになるように植えます。

常緑樹の場合は以上の事が基本と思います。
落葉樹の場合は少し傾けて植えた方が、味があって良い場合も多いです。
また、植わる場所によっての応用はいくらでもありますが、以上が基本と思います。
    • good
    • 0

植え方に特に決まりはありません。


雑木風の庭園などはわざと角度をつけて植えたりしますが、成長していく過程でバランスがとれていきます。
ただ、一般的には根鉢を地面に置いて自然に立つかたちが、重心のバランスがとれていていいと思います。

一つアドバイスいたしますと、苗木というのは一定の場所に固定して育てられていますので、どうしても太陽のある南側に枝が伸びています。
植える木をよく観察してください。
表現が間違っているかもしれませんが、南に向いていた表と、北に向いていた裏があるはずです。
表からのほうが見た感じがいいので、人目につくほうを表側にして植える方が多いですが、後々南側に枝が伸びることを考えて、枝が伸びていない裏側を南に向けて植えたほうが、成長していくにつれて枝のバランスが良くなっていきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさんありがとうございました。

それほど気にしなくていいみたいで安心しました。

お礼日時:2009/05/17 21:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング