塩化ナトリウム水溶液の混合希釈について。

溶液A 6%の塩化ナトリウム水溶液
溶液B 35%の塩化ナトリウム水溶液

この溶液Aと溶液Bを混合して、濃度の違う塩化ナトリウム水溶液を作りたい場合、どういう計算式でだせれますか??


たとえば、10%、12%、15%などの溶液を作りたいです。
容量に関してはどういう量でもいいです。

○:○ みたいな形式で出せれるのであれば、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

濃度を%で表しています。


この濃度は重量%です。
混ぜる場合は「~gと~gを混ぜる」という表現になります。
比で表す場合も質量の比です。
体積の比では表すことが出来ません。
食塩水の密度は濃度によってかなり変わります。
質量の足し算は成り立っても体積の足し算は成り立ちません。
    • good
    • 0

濃度a%のNaCl水溶液WAグラムと


濃度b%のNaCl水溶液WBグラムとを混合して
濃度c%のNaCl水溶液WCグラムを作ると

目的溶液の質量は

 WA + WB = WC

目的溶液に含まれるNaClの質量は

 a WA/100 + b WB/100 = c WC/100

になるので WC を式から消せば

 a WA + b WB = c (WA + WB)
 
すなわち

 (b-c) WB = (c-a) WA

になるから

 WB:WA = (c-a):(b-c)
    • good
    • 0

容量が関係ないということですので、


N%の溶液を作成するときに必要な溶液B(35%)の割合をMとすると、
その時、必要な溶液A(6%)の割合は(1-M)と表せます。

従って作成したい濃度の溶液の求め方は、
35×M+6×(1-M)=N
計算すると、
29M=N-6

よって、10%の濃度の溶液が必要な場合は
29M=4
M≒0.138

35%の溶液:6%の溶液=13.8:86.2 となります。

同様にNに数字を代入していけば、作成したい濃度の溶液を作るのに必要な溶液A,Bの比率を求めることができます。
    • good
    • 0

%表示の計算方法をどうするのか忘れてしまいましたが、


おそらく、
溶質(g)÷溶液(g)×100=濃度(%)
だったでしょうか?

だとすれば、大学で化学を勉強してるのに、
中学受験の知識ですみませんが、面積図を用いれば良いです。

http://yslibrary.cool.ne.jp/sansub1401.html
下の方に載ってます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q希釈の計算

質問です。

試薬調整で、ある試薬Xを2mlのTBS-Tに1000倍希釈するには、
試薬Xは何μl必要なのでしょうか?

できれば、計算式等も書いていただけるとうれしいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

999倍~1001倍くらいの精度が必要ならば、
100mLメスフラスコに0.1mLの試薬をとって、
水を加えて100mLにし、そこから2mLを使用してください。

990~1010倍くらいの精度でいいのならば、
2(mL)×(1/1000)=2(μL)
2(μL)に水を加えて2(mL)にしてください。

1000倍希釈ならば(ミリ)を(マイクロ)にするだけ
なので簡単です。

Q(1)20グラムの塩化ナトリウムを用いて、20パーセントの塩化ナトリウム水溶液を作るに

(1)20グラムの塩化ナトリウムを用いて、20パーセントの塩化ナトリウム水溶液を作るには、何グラムの水を溶かせばいいか?

(2) (1)でつくった水溶液に5.0パーセントの塩化ナトリウム水溶液200グラムを加えると、何パーセントの塩化ナトリウム水溶液になるか。

Aベストアンサー

(1)20%というのは溶液全体の20%が塩化ナトリウムということです。
従って、80gの水を加えると溶液全体が100gになるので、濃度が
20%になります。
(2)(1)の溶液には20gの食塩が入っています。
200gで5%の水溶液には10gの塩化ナトリウムが入っています。
混ぜると溶液全体の質量が300gになり、塩化ナトリウムは30gに
なります。従って、濃度は10%です。

Q硫酸の希釈溶液作成に伴う計算

私の友人からの質問なのですが

「74%の硫酸を水300(ml)で希釈して、0.3%硫酸溶液にしたい。74%硫酸は何g必要なのか?」という内容でした。

もしご存じの方がいらっしゃれば、過程の計算もご教示いただけると幸いなのですが…
わかりにくい内容で申し訳ありません。

Aベストアンサー

自分なら次のように考えます。

74%を希釈して0.3%にする。
つまり74/0.3=246倍に希釈する。
246倍に希釈して最終的な液量が300mLなので原液の量は300/246=1.22g

ただし、これは0.3%硫酸の密度を1とした場合。(まぁこんだけ薄ければ確実に1でしょうが)
あと加えた硫酸の量は全体から見ると微量なので無視してます。

現場や実験室で電卓を叩いてすぐに答えを出さないといけないようなときは自分は上記のように考えます。正確に計算したいならみなの言うとおり方程式を出して計算してください。

あと実際加えるときは1.22gなんていちいち重さを測るなんてことは普通しない。
74%硫酸の密度をあらかじめ調べておき容量で出す。
74%硫酸の密度は調べてませんがたぶん1.8くらいだと思うので0.6~0.7mlくらいいれたらいいと思います。あと当然ですが水に硫酸を入れてくださいね。逆はダメ。

Q酢酸水溶液と酢酸ナトリウム水溶液の調製

0.2mol dm^3酢酸水溶液200cm^3 の調製方法がわかりません。
教えてください。

酢酸(17.3mol・dm^-3)

また、酢酸水溶液ナトリウム水溶液200cm^3の調製方法もお願いします。
CH3COONa・3H2O

Aベストアンサー

0.2mol/Lが0.2Lですから、必要な酢酸は0.04molです。
CH3COOH=60 ですから、24gの酢酸に水を加えて200mlにすればOKです。

酢酸ナトリウムのほうは濃度が判りませんが、n mol/Lとしておきましょう。
CH3COONa・3H2O=136 ですから、136nグラムのCH3COONa・3H2Oを水に溶かして最終的に1Lにすればn mol/Lになります。

Q消毒液の希釈の計算について

小学生の時にちゃんと勉強しておけばよかったです…。

次亜塩素酸ナトリウム6%を0.1%のして使えるようにする計算です。

・原液の濃度 6%
・希釈倍率 60倍にする
・原液 50ml
・水 3l

とすると0.1%をつくれるとありました。
小学生並みですので、やさしく解説していただけると助かります。

Aベストアンサー

#2,5でおまんす。
 60倍に希釈というのは、原液1に対して水59倍を加えることで、原液1に対して60倍の希釈液が出来ると言うことになります。
 原液1に対して水60倍を加えると、希釈液は原液の61倍になってしまいます。

Q水酸化ナトリウム水溶液・水酸化カルシウム水溶液を判別実験

水酸化ナトリウム水溶液・水酸化カルシウム水溶液を判別する実験の方法を教えてください。
使っていい道具
ビーカー・ガスバーナー・試験管・マッチ・三角架・金網・薬さじ・ろ紙・漏斗・スタンド・リトマス紙・BTB溶液・フェノールフタレーン液・ガラス棒・スライドガラス・金属皿・駒込ピペット・メスシリンダー・マグネシウムリボン・べネジクト液・沸騰石・試験管ばさみです。量は限りがないものとします。
「混ぜて白く濁らる」以外であればお願いします。
※禁止事項
・息を吐いて二酸化炭素を入れる
・手を入れてみる、触ってみる
・においをかぐ
・見た目(ただし、色の違い・気体発生などの明らかなものは可)
・手で重さを比べる

Aベストアンサー

水酸化ナトリウム水溶液と水酸化カルシウム液のそれぞれを、ビーカーに100ccほど採り、駒込みピベットで少量ずつ塩酸を入れ、両方の水溶液が中性になったところで、塩酸を入れるをやめる。両方の水溶液が中性になったかどうかは、リトマス試験紙で確認する。中性になったそれぞれの水溶液を、それぞれの試験管に入れ、試験管ばさみで試験管を持ち、ガスバーナーで、結晶が出てくるまで加熱する。そして、それぞれの結晶をスライドグラスにのせ、結晶を顕微鏡で見る。塩化ナトリウムの結晶が見られる方が、水酸化ナトリウム液となる。

QcDNAストック溶液から希釈溶液を調製する際の濃度計算を教えて下さい。

まず、濃度が250μg/μlのcDNAストック溶液があります。
このcDNAストック溶液を超純水で希釈して、最終濃度100μg/μlの
cDNA溶液を10μl調製したいと考えています。

この場合、超純水とストック溶液をそれぞれ何μlとれば良いのかを求める計算式(できれば公式のようなもの)を教えて頂けないでしょうか。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

濃度は割合です。

割合=部分量/全体量

です。したがって、部分量が一定のときは、割合と全体量は反比例します。

ご質問の場合は、濃度を(100/250)にしたいのですから、全体量をそれに反比例させ逆数倍(250/100)とすればよいのです。

ストック溶液をxとり、超純粋で希釈して、250/100の体積にすればよいのです。超純粋の体積は知る必要ありません。

x*(250/100)=10

これを解いて、
x=10*(100/250)
x=4

超純粋は結果として、10-4=6使うことになるでしょう。

このことから、公式は、

ストック溶液の必要量=最終調整量×(最終調整濃度/ストック溶液濃度)

となります。

Qある濃度の水溶液AとBを混ぜて最終濃度が A(10mM)、B(50mM

ある濃度の水溶液AとBを混ぜて最終濃度が A(10mM)、B(50mM)になるようにしろといわれました。この場合、例えば20mMのA水溶液と 100mMのB水溶液をA:B=1:1で混ぜれば A(10mM)、B(50mM)の混合溶液になるのでしょうか?非常に困ってます、教えてください。

Aベストアンサー

0)順序よく考えれば非常に困る必要はありません。あなたの考えで正しいです。
1) ここで、A と B は反応しないとの事
2) 順序よく 考えると、20mM のA水溶液を10ml, 100mMのB水溶液を10ml, A:B=1: 1 を混ぜる
   ここで、A のモル数=(20mmol/L)x(0.01 L) = 0.20 mmol
B のモル数=(100mmol/L)x(0.01 L)=1.00 mmol
 体積は 20 ml
3) 混ぜた溶液中の A の濃度= 0.20 mmol / 0.02 L =10mmol/L = 10 mM
B の濃度=1.00 mmol / 0.02 L = 50 mM
4) Aの濃度は10mM で、Bの濃度は 50mM で あなたの考え方でいいです。これは 他の量でも
  A;B=1;1 nara iidesu.

Q計算m(_ _)m(10倍希釈)

以前も希釈のことでお聞きしたのですが,ネンブタール(50mg/kg)を0.3,1,10mg/kgで使用したのですが,マウス10gあたりで投与する場合0.3mg/kg=0.06μl/10g,1mg/kg=0.2μg /10g,10mg/kg=2μl/kgでは微量なので,希釈して使用したいのですが,その場合は,10倍希釈として使用するにはどのように投与(量)を考えればいいのでしょうか?
また、どの状態で10倍希釈をかければ,各濃度(0.3,1,10mg/kg)で,どの投与量
となるのでしょうか?

基本的なことからわからないので、ご教示いただきたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以前のご質問にも回答しましたが、ネンブタールの濃度は、"50mg/kg" ではなく、"50mg/ml" ではないでしょうか?

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4846660.html

なお、原液での投与量がそれぞれ出ているのであれば、原液を 10倍希釈した時の液量は、それぞれの元の投与量を単純に 10倍するだけでよいと思います。

Q酢酸水溶液に塩酸or水酸化ナトリウム水溶液を加えたとき最初は急激にpH

酢酸水溶液に塩酸or水酸化ナトリウム水溶液を加えたとき最初は急激にpHが変化したのですが徐々に変化量が小さくなっていきました。
これは何でなんでしょうか?

Aベストアンサー

最初の変化が大きいのは,解離平衡があるからです.
平衡定数がどういう式で表せるか,その構成要素がどう変わるか考える必要があります.
この延長で,水酸化ナトリウムについては説明できます.
塩酸の方は,ある程度入れた後は,過剰に酸を入れているだけなので,入れている酸のpHに近づいていくというだけのことです(それ以上には下がりえないので).


人気Q&Aランキング