以前入院していた、病院で電子カルテを見せてもらいました。
先生は、カルテに書かれていることは全て真実で間違いはありませんといいました。
何月何日、看護婦が・・・。付添い人からこんなことを言われた・・・
等々、、、
退院時まで、様子や医療行為、薬の数値等々、書かれていました。

このカルテを見て、私はリハビリの先生が一切、リハビリを行っていないのに、あたかも行った様な記述を見つけました。

3回、そういうなことがあり、医療費の返還を要求できますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>リハビリの先生が一切、リハビリを行っていないのに、


>あたかも行った様な記述を見つけました。
真実なら詐欺です。
保険機関に治療費を請求していたら不正請求です。

証拠があれば、返還請求や告発も可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

証拠は、当方のメモ書きのみです。
「リハビリ、患者トイレ中。」とあり、
その日は、中止の意味です。

中止しているにもかかわらず、カルテ
には、色々・・・書いていました。

当方のメモだけで、証拠になるでしょうか?

いったん、この質問を閉じますが、次回も
できたら、ご回答お願いします。

お礼日時:2009/05/17 00:52

「リハビリを行っていないのに、あたかも行った様な記述」


具体的にはどのような記載でしたか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本人とコミニュケーションをとったとか。
体を色々動かしたとか書いていました・・・
あたかも行ったようにです。

いったん、この質問を閉じますが、次回も
できたら、ご回答お願いします。

お礼日時:2009/05/17 00:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電子カルテと地域連携

いつもお世話になっております。
当院では、現在電子カルテの導入すすめています。
その中には、当然といってはなんですが、電子カルテ反対派がいます。
それらの職員に対して、電子カルテ化は、これからの地域連携に必要だという、説明をしています。
具体的に電子カルテを地域連携で使用とは、どのようになるのでしょうか?

また、アメリカやヨーロッパなどは、かなり電子カルテ化が進んでいると聞きますが、地域連携の実情などをご存じの方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

 私は先月まで、ある病院の地域医療連携室に勤務していた者です。
 私とシステム担当の者の構想(理想)として「広域電子カルテ」がありました。その手始めとして、当院に紹介いただいた患者の情報(返書、検査、処方、画像など)を開業医にネットワークを通して見ていただけるシステムを作ろう、と考えました。医師会の総会でも説明をさせていただきました。しかしながら、反響がまったくなく、結局その構想自体がお蔵入りになってしまいました。
 少なくとも地方の普通の開業医の多くは、オンラインでの情報提供はそれほど望んでいないのだと痛感した次第です。
 もちろん、これには地域性もありますし、医師会で説明したのが3年前ですから、現在は多少は状況が好転しているかもしれません。実際に広域ネットワークが活躍している地域もあります。
 たとえば岩手県遠野市のWeb型周産期電子カルテについては、あくまで伝聞ですが、僻地医療で電子カルテが活躍している例と聞いております。
http://www.medis.or.jp/2_kaihatu/syusanki/iwate.html
 また、三つ葉在宅クリニックの例ですが、これは実際に舩木院長の講演を聴きました。往診診療には電子カルテが欠かせないものになっています。
http://www.mitsuba-clinic.jp/index.htm
 ただ、これは必要に迫られうまくいっている例です。何の根拠もなく「電子カルテ=地域医療連携」と結びつけるのは、危険だと思います。

 私は先月まで、ある病院の地域医療連携室に勤務していた者です。
 私とシステム担当の者の構想(理想)として「広域電子カルテ」がありました。その手始めとして、当院に紹介いただいた患者の情報(返書、検査、処方、画像など)を開業医にネットワークを通して見ていただけるシステムを作ろう、と考えました。医師会の総会でも説明をさせていただきました。しかしながら、反響がまったくなく、結局その構想自体がお蔵入りになってしまいました。
 少なくとも地方の普通の開業医の多くは、オンラインでの情...続きを読む

Qリハビリの先生を「トレーナー」とも言いますか?

リハビリの先生(理学療法士)を「トレーナー」とも言いますか?

Aベストアンサー

http://www.tokyo-medical.ac.jp/gakka/rigaku/rigaku_about.html
いいます。主にスポーツトレーナーですが。

Q電子カルテを使用してみての感想

日本の大企業F社の電子カルテを使用し始めました。
世界的なM社のソフトと比較するのは申し訳ないのですが、F社の電子カルテは余りにも機能不十分で使い難いものです。
SEも自社製品について詳しくありません。

他の製品でもよいので、電子カルテを使用してみての感想などを伺いたいです。
どこの電子カルテが使用しやすいかご存知ならば教えて下さい。

Aベストアンサー

電子カルテについてですが、F社及びT社のものはお話にならないほど出来が悪いです。

機能面でいうと検査会社のB社が良いシステムなのですが、サポートが良くないという面とレセコンと一体型のため加算関係の算定漏れなどいろいろ問題を抱えており、返品されるというのがあるそうです。

一番安定しているのはS社ですが、診療所向けの電子カルテです。カルテ2号紙のイメージで入力ができます。サポートが一番しっかりしており(ハード/ソフト)、ユーザからの要望による定期的なバージョンアップがあります。

どのメーカでも同じですが、サポートを担当してくださるSEの方の能力により、同じメーカー同士でも最終的な使い勝手のよさに違いが出てきます。

Qリハビリの未開拓地にリハビリを

はじめまして。
高校三年の受験生です。
私は自分の町に作業療法士が一人もおらず多くの高齢者がリハビリを受けられない状況を打破したいと作業療法士をめざしています。
私の町はリハビリ医もリハビリ施設もなく、私は未開の地域での
在宅リハビリを目標として行政等に働きかけて行きたいと考えています。
そこで、訪問リハビリや在宅リハビリの現状や課題、金銭面などなんでもいいので教えてください。
また、リハビリがまったく行われていないところに作業療法士が一人入ってもなかなか大変だというのはわかっています。
なので、具体的にどこにどう働きかけたらよいのか、その際に問題になることなども教えていただけたら幸いです。
どんなことでもかまわないのでよろしくおねがいします

Aベストアンサー

病院でソーシャルワーカーしています。
仕事をしていると、いろんな部門で地域格差があります。福祉サービスがない所、医療機関がない所、訪問看護がない所、リハビリが受けられない所。
自宅で生活をしたいと思ってもできない人がたくさんおられます。
ぜひぜひ、がんばってほしいと思います。
在宅部門で・・・と思われるのであれば、診療所や病院での訪問部門を作らないかと持ちかけたり、訪問看護ステーションなどにリハビリスタッフとして入るという方法があると思います。
ただ、やはり掛け合うには自分の売っていける技術が必要だと思いますので、ある程度経験を積んで・・・という方がいい気がしますが・・・.
でも、ソーシャルワーカーは就職先がないので、ヒトツヒトツ病院に電話をして配置してない病院にも、自分を売り込んで就職先をつかんだりしています。
やる気があれば伝わるとは思うのですが、技術職だけに経験はかなり大切かな?と思います。
がんばってくださいね!!

Q電子カルテを扱うSEの企業を探しています。

現在、病院勤務で診療技術部門で働いています。

当院でも電子カルテが導入されていますが、電子カルテ導入当初
立ち会ったのですが、将来の転職先としてSEの仕事を視野に入れています。


電子カルテを扱うSEの企業を探しています。
ご存じの方紹介頂けませんか?

Aベストアンサー

大手のコンピュータメーカ(富士通、NEC、日立、東芝、日本IBM等)や医療機器メーカ、また専業ベンダーが電子カルテパッケージのベンダーであり、その傘下にメーカ系や独立系のソフトウェアハウスが多数あります。
ベンダーを調べるには、例えば雑誌「新医療」で特集されるシェアー情報や記事・広告から入手できると思います。傘下のソフトハウスについては、ベンダーの納入実績から調査してたどっていくしかないかもしれません。

Qリハビリ施設付き病院でリハビリ中に大怪我

82才になる父親がリハビリ施設付き病院で付き添い介護者が付いていたにもかかわらず、転倒して背骨を砕きました。しかし病院側からのお詫びは全くなく、勝手に動いた父親が悪いといわれました。父親は歩行器無しでは歩けなくなりました。付き添い護者が付いているのならその人の責任ではないのですか?さらに医師の言い方が最悪でした。(携帯をいじりながら目も合わせず父親本人の前で)『この背骨の状態ならすでに認知症が始まってます。しかしこんな老人性骨折では病院に置いておく事は出来ないから早く退院して下さい。』
質問1
監督不行き届きの病院の責任じゃないのですか?
質問2
どこに訴えたらよいのでしょうか?
誰か教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

入院中の怪我の責任は第一義に病院にあります。
病院側に責任がないというなら、その立証責任は病院側に有ります。
そこで、この話が本当なら、しかも病院の対応がこの通りなら、
民事訴訟を前提に弁護士に相談するのが一番ですが、
同時に「業務上過失傷害」に相当するので、警察に刑事告訴もしましょう。

Q電子カルテ

電子カルテを扱わないといけなくなりそうで困っています。
電子カルテ導入していて困るのはどんな時でしょう
電子カルテが全く使えない時は
いったいどうなってしまうのですか?
そのような対策はちゃんとできているので
動かない時はないのでしょうか?
これからもし使うとしたら
どんなことが起こるのか不安です。

Aベストアンサー

厚生労働省のグランドデザイン:基本方針で、平成16年度までに60%以上の診療所、40%の病院で(400床以上)導入するという目標が掲げれてています(実際には無理だと思いますが・・・)。そういうことからも導入する医療機関が増えることは間違いないと思います。
さて導入してからの困る点・問題点等ですが、
■ハードウェアトラブルによるシステム使用不可の場合
 (1)ハードウェアの二重化(システム自体を二つ持つこと:一つが止まっても、も  う一つの同一システムが使用でき、カルテを見ることができる)をしますので  一つのシステムが止まってもパソコンからのカルテの使用は可能。
 (2)二重化しても二つのシステムが停止してしまった場合は、診療しながらカルテ  の記載をパソコンからはできませんが、参照だけはできる仕組みが3重の策と  してとられているのが普通です。
 (3)3重の対策を取っていても、すべてが止まってしまった場合は、やはりシステ  ム導入前の紙カルテの運用に戻す運用となります。
  システムの復旧後、事後入力を先生、看護師、事務部の方々で入力します。
  電子カルテを導入しても、今までの紙カルテも変更して当分は使用するケース  が多いようです。

いずれにしても完璧なトラブルが発生しない電子カルテシステムは存在しませんので、システムが停止した場合の対策、ハードウェア対策(二重、三重化)、運用対策(紙カルテ、伝票運用対応等)を導入する前からかなりの時間をかけて検討する事となります(運用管理マニュアルの作成)。
導入するまでの過程で、導入する業者と病医院の方達でしっかり運用を決めてしまえばそれほど困ることはないですし、心配事はそれほどないと思いますよ。

厚生労働省のグランドデザイン:基本方針で、平成16年度までに60%以上の診療所、40%の病院で(400床以上)導入するという目標が掲げれてています(実際には無理だと思いますが・・・)。そういうことからも導入する医療機関が増えることは間違いないと思います。
さて導入してからの困る点・問題点等ですが、
■ハードウェアトラブルによるシステム使用不可の場合
 (1)ハードウェアの二重化(システム自体を二つ持つこと:一つが止まっても、も  う一つの同一システムが使用でき、カルテを見るこ...続きを読む

Qケガで休職中、職場の上司から医療機関の先生に連絡があり…

ケガで休職中、職場の上司から医療機関の先生に連絡があり…

5~6月いっぱいの予定で、通勤中の転倒事故の骨折により休職中の者です。

実は8月中旬に、会社の昇級試験に先立つための研修(年に1回)があり、申し込んでいたのですが…職場の上司から連絡があり、「無理して研修会に参加しなくても良い」という電話でした。

始めは意味が分からなくて「8月までには完治できるよう頑張りますので」と、意思を伝えたのですが、「いや、受けてほしいのは分かるが、今後の体のことを考えても、8月までは治療に専念した方があなたのため」「ちゃんと治すよう努力して休職しているんじゃないの?」という説明が続き、あれ?と思いつつ…
「そうですか、私の方は研修は受けられれば、いつでもかまわないと思っています」と話すと「分かった。じゃあ今回は申し訳ないが涙を呑んでね…」という話になりました。

それは、こんなに仕事を休んでしまっているので、周りに迷惑をかけていて、仕方がないですし、別にかまわないのですが

いつも私を看てくれている医療機関の先生のところに、実は同じ上司から電話があって、「患者の00さん(私)の調子はどのような具合ですか?」と問い合わせがあったようです。
(その問い合わせがあったことを、だいぶ後になって「いや、実はあなたに言おうか、迷ってしまいまして」と前置きされて、先生から聞きました。)
内容は、「私のケガの回復があまり思わしくなく、あなたがきちんと安静にしていないから長引いている、と正直に伝えた」というものでした。上司に正直に伝えたほうが、あなたのためだからと、おっしゃったのです。

私は、確かに、早く戻らなきゃ周りに迷惑がかかると思い、先生には、「ここ2,3日とても調子が良いのですが、もうすぐ職場復帰できますか?」ということを何度も尋ねていましたし、又、症状を細かくお伝えしようと思っていましたので、「今日はこういう動きをしてしまったところ痛みが走りました」ということを、逐一、報告を徹底していました。そのたびに、先生は「え!大丈夫?」ととても心配をしてくださっていたのですが…
職場の上司にも、「本人きちんと安静にしていないので長引いています」というようなことを、おっしゃったのではないかと思います。

上司からの連絡も「先生の言う通りの治療に専念してないみたいだけど…」という言葉もあり、「あなた真面目に治療に取り組むように」と言われ、あれ?という感じでした。

私なりに先生を信じて、安静にして治るまで、動かずにいたつもりです。そのおかげで、だいぶ回復もしてきました。が、先生は、「私が焦って言うことを聞かず安静にしていないせいで長引いている」とお話されていたこと、その話もあとあとになって聞かされ…

そのせいで、会社の昇級試験も1年見送ることになり、職場の上司にも休職中に遊んでいるという印象がついてしまったのかと思うと、「私のこの約2ヶ月先生の言うとおりに従ってきた治療の努力はなんだったの?」という気になります。
先生の治療方針に、私は合ってないのかも知れません。

ここではお世話にはなりましたが、違う医療機関に行こうかと迷っています。

今、私はちょっと感情的になって、冷静になれていないかもしれません。
この状況を客観的に見て、どうかご意見をお願いいたします。

ケガで休職中、職場の上司から医療機関の先生に連絡があり…

5~6月いっぱいの予定で、通勤中の転倒事故の骨折により休職中の者です。

実は8月中旬に、会社の昇級試験に先立つための研修(年に1回)があり、申し込んでいたのですが…職場の上司から連絡があり、「無理して研修会に参加しなくても良い」という電話でした。

始めは意味が分からなくて「8月までには完治できるよう頑張りますので」と、意思を伝えたのですが、「いや、受けてほしいのは分かるが、今後の体のことを考えても、8月までは治療に専...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。医療に携わるものですが、本当に上司が直接医師に尋ね、答えたのでしょうか?

守秘義務がありますので、保険会社なら分からなくもないですが、(保険会社の場合も、事前に本人に、「保険会社から担当医師へ連絡がいくので答えてください」と伝えてくださいと連絡が入ると思いますが)本当に上司かどうかも分からない個人に、今の時代、答えてしまう医師がいるとは考えられないのです。私の知らないところで、守秘義務の規定も変わっているのでしょうか?

たとえ、あなたが頑張りすぎた面があって、治療が遅れているとしても、普通は患者のマイナスになるような言い方はしないものですが・・・

現在の治療方針がどのようなものかは分かりませんが、まずは、先生と守秘義務について話し合い、その後、自分の置かれた環境(仕事が気になって仕方ないなど)に合わせた治療がないか、などを話し合って、そこで出来ない治療や担当の先生を信頼出来ないのであれば、病院を変わりたい旨を話して、紹介状を書いていただくのがいいのかなぁと思いますが。

Q電子カルテについての疑問

電子カルテというのは昔からの紙のカルテではなく、コンピュータで管理しているカルテですよね? 診察のときもディスプレイを見ながらしている、あれですよね?
電子カルテというのは、何かのとき(医療事故等)カルテの改ざんがしやすいってことは無いですか?
ふと疑問に思ったので…

Aベストアンサー

厚生労働省が言っている「電子カルテ」というのは、2種類あります。

1つ目は、データの変更ができないものです。
入力内容に間違いがあった場合に訂正はできますが、最初にどのような入力をし、それがどう訂正したのかがすべてデータとして残るような構造になっています。このタイプのもののみが法律上「診療録」と認められます。このタイプのもので製品があるかどうか私は知りません。実際に使っている、という例も私は知りません。

2つ目は、レセプトコンピューターなどのような、単にカルテの内容を電子化しただけのものです。このタイプのものは、医師法上の「診療録」とは認められないので、紙のカルテを別に作成する必要があります。

Qカルテの消去

質問したのですが
大学病院にかかっていましていくつかの科で診察しています
以前精神科にかかりもし入院した場合にカルテがはさんであるファイルが
同じものなので入院した科の先生達に精神科のカルテの内容を
見られるのが嫌で精神科のカルテを消去してもらいたいと
思っているのですが消去してもらうことはできるのでしょうか?
現在精神科にはかかっていません
お分かりのかたよろしくお願いいたします

Aベストアンサー

「5年間の保管義務」があるとはいえ、その期間が過ぎたからすぐに処分するということろは少ないのではないかと思います。治療終了後、再び同じ病気や同じ科への受診の可能性もあるわけですし。
 私の勤務していた病院では、保管義務年数を過ぎたカルテ・レントゲン写真などは処分せず、倉庫に保管されていましたよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報