初めまして。私は高3で今年昭和音大を受験しようと思っています。そこで楽典や実技が必要になってくるのですが、やはりその大学の先生に師事してもらわないと受かる確率は減るのでしょうか?また、AOも受けてみようと思うのですが、大学のレベルがよく分からないので何かしら知ってる方がいたら宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

楽典も実技も先生に就いた方がいいと思います。

確率など詳しいことは独学・先生に就いた学生の合否の統計データを見ないと何とも言えませんが、現実として先生に就いても落ちることがあるということを覚えておいてください。あと昭和音大は私立なので学費がエゲツないはずですのでそこんとこご注意を。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
なんかも参考になるかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。色々難しいことがありますよね…。頑張りマス!

お礼日時:2009/05/17 17:00

お礼ありがとうございました。


クラシック音楽専攻かと思って回答しましたが、ポピュラーコースならカワイの先生には受験のことを相談されていると思いますし、専門の先生にはつかなくても大丈夫だと思います。
今は過去問を沢山勉強してどんな問題も解けるようにしてください。
もし不得意な科目があれば、基礎になる楽典・ソルフェージュは先生について勉強した方が良いと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

またまたありがとうございます^^頑張りマス!

お礼日時:2009/05/18 23:26

はじめまして。


何を専攻されるのかが分かりませんが、今は先生についていないのでしょうか?
楽典・ソルフェージュは音大受験生を教えている所なら大丈夫だと思います。
専攻実技は受験大学の先生に教えていただく方が少し有利になりますがその年の同専攻のライバル達のレベルによって左右されます。

オープンキャンパスや夏季講習は受けられましたか?
音楽のオープンキャンパスは専攻実技の個別講習(有料)があるので是非受けてみてください。
上手くいけばその先生の所で受験指導もしていただけることもあります。
今年受験される人達はもっと前から受験勉強していますから、のんびりしてられませんよ。
頑張って下さいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。私は短大の方のポピュラーコース目指してます。今はカワイで習っています。家では過去問を解いたりしています。オープンキャンパスは去年の夏休み行きました。今月にあちらの先生というか学校が指導しに来てくれるので、申し込みました。今年夏にまた行って講習とテストを受けようと思っています。それだけでは不十分ですかね…(^^;)

お礼日時:2009/05/17 18:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昭和音楽大学併設の専門学校?

昭和音楽大学の併設校で、一年間楽典などを学べる所があると聞きました。

それは、「昭和音楽大学付属音楽教室」で良いのでしょうか?

あまり詳しく聞かなかったので、教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

昭和音楽大学の併設校というのは、「昭和音楽芸術学院」という専修学校だと思います。ここに1年だけ在籍して音大入試に備えたり、音楽の基礎を学ぶ「基礎音楽コース」があります。

昭和音楽大学のキャンパスは2007年4月に、神奈川県の厚木市から、川崎市の新百合ヶ丘の移転が決まっており、これに伴って昭和音楽芸術学院は閉校することが決まっています。

なので、2006年度入試(募集)が最後、つまり今現在生徒募集しているのが最後ということになります。

ただ、#1の方もおっしゃっているように、附属音楽教室にも「進学コース」や「専科コース」があって、「ソルフェージュコース」もあって、ここで楽典などを学ぶことができます。

講師は、専修学校も附属音楽教室も、大きく変わることはないと聞いています。また、附属音楽教室は、厚木や新百合ヶ丘以外にも、港北ニュータウンや多摩センターなどにもあるので、1度問い合わせしてみたらどうでしょうか?

Q楽典(音大入試において)

ポップス系ではなく、いわゆる”正統派”のクラッシックを学ぶ音大を受験する場合、「楽典」の試験において、コードネームを学習する必要はあると思われますか?
一応、志望している学校の過去問を見てみましたが、過去の出題はありませんでした。
しかし、今後、それが出ないとも限らないのですが、いかがですか?

ご意見よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

いまんとこ必要は無い。
古典的な和声法と比べると、コード理論は理論といいつつも構成音とバスのみに注目して単純化した「実践的ノウハウ集」だからね。内容的には重複してる部分がほとんどだし、実践的なぶん方言が多くてこれが正解というメソッドが作りづらい。まぁ、チャーチ・モードやなんやらになってくるとだいぶ考え方が違うので、別に学習する意味はあると思うけど、大学側があらかじめ指定している場合だけでいいんじゃない。

コードネームに至っては、命名規則だけの問題だから学習ってほどでもないよね。

Q昭和音楽大学短期大学部のAO

昭和音楽大学短期学部の音楽芸術コース
のAOをピアノで受験するのが気になっているのですが
ピアノの課題曲が自由曲となっているのですが
どのくらいのレベルのものが弾ければいいんでしょうか?
推薦や一般入試の方が受かりやすいですか?
教えてください。

Aベストアンサー

現在高校2年の方ですか?
今月末には夏季講習がありますから、申し込みして参加されたら
よく分かると思います。
師事されてる先生と相談の上、早く準備された方が良いと思います。
曲レベルに関しても、ご自身に合った選曲が大事かと思います。

一般入試は、他からの志望者が流れてくることもあるので
ややレベルUPする傾向にあるのでは?
いずれにしても講習で相談できるので、まずは申し込みをしてみたらいかがでしょう!

Q楽典を勉強している音大を目指している者ですが

楽典を勉強している音大を目指している者ですが
「楽典練習115」という問題集の中に、カッコ内を答えさせる問題で、

異名同音的転回した音程が完全1度および完全8度と全く同じ響きを持つものは[半音階的音程]の中からは一応削除されてはいるが、その理由のひとつは[不協和音程]として扱うには響きがあまりにも透明でありすぎる点によっている。たとえば[減2度]および[増7度]などがそれである。

という問題があったのですが、減2度や増7度が半音階的音程から削除されている、というところに疑問を持ちました。半音階的音程には全音階的音程の異名同音程も含まれているらしく(増6度など)・・“一応削除されてはいるが”と書いてあるのはどういうことなのか、それとも単に自分が問題解釈を誤っているだけなのかもしれませんが、分かる方が居りましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

「一応」という言葉の使い方に違和感を感じます。
「一応削除されてはいるが」というからには「通常は削除せずに含める」みたいな文が
続きそうな気がしますよね。引用部分の続きはないのでしょうか。
以下では私の理解を説明します。

半音階的音程とは、半音階に含まれる音程のうち全音階的音程以外のものをいいます。
しかし、この定義通りだと具体的にどんな音程が含まれているか想像しにくいため、
実用的には「増・減音程のうち、全音階的音程である増4・減5を除いた音程」というふうに
覚えることになっています。しかし実際は、増7・減2は半音音階に出てきません。
ではこれを確かめてみましょう。

半音音階は上行はシャープ、下行はフラットに統一します。
どちらで説明しても同じなのでここではシャープ系で説明します。

ハ 嬰ハ ニ 嬰ニ ホ ヘ 嬰ヘ ト 嬰ト イ 嬰イ ロ

この中に出てくる音程を種類別に分類し、登場回数が多い順に並べると・・・

完全1度(完全8度)12通り
完全5度(完全4度)11通り
長2度(短7度)10通り
長6度(短3度)9通り
長3度(短6度)8通り
長7度(短2度)7通り
増4度(減5度)6通り←ここまでが全音階的音程
増1度(減8度)5通り
増5度(減4度)4通り
増2度(減7度)3通り(ハ~嬰ニ、ヘ~嬰ト、ト~嬰イ)
増6度(減3度)2通り(ハ~嬰イ、ヘ~嬰ニ)
増3度(減6度)1通り(ヘ~嬰イ)←ここまでが半音音階的音程
増7度(減2度)なし

こんな感じになります。2列目のカッコの中は転回音程です。
すると増7・減2はやはり存在しないことがわかります。
よって定義通りに考えればわざわざ「一応削除されている」なんてことを言う
必要はないはずなんです。実際に無いわけですから。

ではどうして初めから「増・減音程のうち、増4・減5・増7・減2を除いた音程」
としないのかという疑問が生まれると思いますが、端的に言うと増7・減2なんて
めったに出てきませんから大した問題じゃないんです。
このあたりをしっかり議論するには、そもそも全音階的音程と半音音階的音程を区別する
意義は何なんだというところから話す必要が出てきます。

ピタゴラス音律や中全音律では減2度は完全1度にはなりませんが、
現代主流の平均律では響きの上では完全1度(異名同音)です。
この平均律における事情を考慮するならやはり増7・減2は半音音階的音程に含めるべきでは
ないということになります。これが引用された文の趣旨だと思います。

しかし、だからといって全音階的音程に含めるのも気持ち悪いですよね。
個人的な意見では、増7・減2は、上の表に書かなかった重増・重減音程とまとめて
微分音階的音程とでも呼ぶべきだと思っています。

「一応」という言葉の使い方に違和感を感じます。
「一応削除されてはいるが」というからには「通常は削除せずに含める」みたいな文が
続きそうな気がしますよね。引用部分の続きはないのでしょうか。
以下では私の理解を説明します。

半音階的音程とは、半音階に含まれる音程のうち全音階的音程以外のものをいいます。
しかし、この定義通りだと具体的にどんな音程が含まれているか想像しにくいため、
実用的には「増・減音程のうち、全音階的音程である増4・減5を除いた音程」というふうに
覚えることになっ...続きを読む

Q昭和音楽大学と洗足音楽大学決めかけてます

今度音大希望してますが、どこの音楽大学行くか、迷ってます。教えていただきたいのが、(1)昭和と、洗足ですと、レベルはどちらが高いですか?(2)、将来就職を希望するとどちらが有利、(3)、科によっては、洗足、昭和といいとこはあると思いますが、私は」、とてもマイペースです。でも社会に出て、一生の仕事としていくためには、実力重視なのは、わかってますが、どちらを選択すればまよってます。是非教えてください。

Aベストアンサー

格付けのようなことは、その手の本に書いてあると思います。
現状は分かりませんが、どちらの卒業生にも優秀な音楽家が居ます。しかし、全員がそうではありません。
音大卒業が就職の有利不利に関係するとは思えません。僕が採用担当なら、出身大学だけでは決めません。

僕は母校を誇りとし、恩師を今でも尊敬し、いっしょに学んだ仲間を一生の友と思っています。

一度大学に入れば、あなたもその一員なのです。レベルや就職率の上げ下げにあなた自身も関わるのです。
大学に期待するのは感心しません。大学であなたが何をするかが重要です。

健闘を祈ります。

Q音大受験の実技について

今年音大受験を控える高校3年です。
受験する音大の実技が「任意の楽器又は歌唱」の自由曲なのですが、歌を歌うかピアノを弾くかで迷っています。先生には歌で受けろと言われていますが、歌は差が出にくいような気がして・・。やることによって定員が決まってるわけではないと思いますが、楽器のほうが有利とかそういうのは実際あるのでしょうか?

自分の実力はピアノより歌のほうが少し上です。(基準は主観ですが・・。ピアノはエチュードがやっと弾けるぐらい。)宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 課題曲が音大とも思えないのでいったい何選考なのかしらと思ってしまいますが、それはさておき…

 音大ではない音楽実技のある大学で実際に入試の実技を聴いている立場からは、ピアノより歌のほうが一人一人の実力差がはっきり聞き取れます。受験のために一生懸命練習してきている器楽は、みんな水準以上に聞こえますが、歌は、曲の難易度以前の発声や呼吸法により巧拙が決まっちゃうからですね。ピアノはうまく行って当たり前、歌はうまければ「うまい!」と思ってもらえます。というわけで、歌に自信があるのなら、絶対に歌で行くべきです。

QN高行きたいです… N高の受験日っていつですか?

N高行きたいです…
N高の受験日っていつですか?

Aベストアンサー

>N高はネット高校です。
ネットにあるよ。
https://nnn.ed.jp/web/pdf/Requirements.pdf
ネットコースなら出願書類の審査のみ、
通学コースは、出願完了メールきたら、
自分で選択できる。

Q国立(くにたち)音大の実技レッスン

私はピアノ講師をしている者ですが、
国立(くにたち)音大のレッスン形式について
ご存知の方がいらっしゃいましたら
教えて頂きたいと思います。


最近生徒から「中学校の音楽の先生になりたい」との相談を受けました。

私自身は数年前に、都内の音大ピアノ科を出たのですが、その生徒のピアノのレベルから考えるとピアノ科は少し厳しいように思え、また歌が好きで合唱をしていることもあり、音楽教育科を勧めようかと考えております。

東京都で教員をしている友人に聞いたところ、やはり音楽科教員は、最近は学芸大・国立(くにたち)・武蔵野・東京音大の出身者がほとんど、他大出身者は聞かない、とのことでした。

それらの点と通学距離をあわせて考えた時に、学芸大B類と国立(くにたち)音楽教育専攻が、今の時点で仮の志望校としては良いのではと考えました。

そして色々と話をしてあげたいと思い、色々と情報を集めたり、思い出したりしております。

その様な中で思い出したのが、10年程前に私自身、くにたちの冬期講習に参加しており、その際ピアノ科の実技レッスンが3人のグループレッスン制だった事を思い出しました。

私の記憶違いでなければ、大学入学後もピアノ科や音楽教育科のピアノ実技レッスンは、同様にグループレッスンだと聞いたと思います。

くにたちはキャンパスも広く大らかな雰囲気があり、その生徒には合っているのではと思うので、レッスンの情報なども教えてあげたいのですが、
くにたちでは現在もやはりピアノ実技はグループレッスンで行われているのでしょうか?

またレッスンは実際にはどのような様子でしょうか?

ご存知の方、どんな情報でも構いません。
よろしくお願い致します。

私はピアノ講師をしている者ですが、
国立(くにたち)音大のレッスン形式について
ご存知の方がいらっしゃいましたら
教えて頂きたいと思います。


最近生徒から「中学校の音楽の先生になりたい」との相談を受けました。

私自身は数年前に、都内の音大ピアノ科を出たのですが、その生徒のピアノのレベルから考えるとピアノ科は少し厳しいように思え、また歌が好きで合唱をしていることもあり、音楽教育科を勧めようかと考えております。

東京都で教員をしている友人に聞いたところ、やはり音楽科教員...続きを読む

Aベストアンサー

私は国立の声楽を出ましたのでピアノは副科でした。教育音楽は恐らく声楽もピアノも副科と同じ扱いになることが多いと思いますがレッスンについては先生によると思います。
私の学生時代は個人レッスンの先生もいらっしゃいますし、グループレッスンの先生もいらっしゃいますが私はピアノは個人レッスンの先生お二人に習いました(途中で変わったので)
グループレッスンでも個人レッスンでも見て頂く時には一人ずつ見ていただいていたようですのでグループレッスンの場合は結果として他の人のレッスンを聴講する形になると思います。
私の経験から申し上げるとグループレッスンに限らず他の人のレッスンを聞くのもとても勉強になると思いますのでそれはそれで良いかとも思います。(状況にも依りますけれど)又声楽の先生の中には伴奏者を連れてレッスンに行くことが原則、又その伴奏者は声楽の学生、と言う条件のある先生もいらしたので私も随分頼まれ、また頼まれた時には可能な限り引き受けて他の先生のレッスンも聴講させて頂きました。そう言うところから見てもレッスンは個人レッスンの先生のほうが印象的です。ただ講習会の時はその限りではありませんでした。1週間かな?5日間かな?の講習中に2回のレッスンがありましたがその時にはピアノも声楽もグループレッスンでした。

ご参考までに…

それから国立の教授陣は教育音楽に限らず他の科の先生も熱心で優秀だと私も思います。

私は国立の声楽を出ましたのでピアノは副科でした。教育音楽は恐らく声楽もピアノも副科と同じ扱いになることが多いと思いますがレッスンについては先生によると思います。
私の学生時代は個人レッスンの先生もいらっしゃいますし、グループレッスンの先生もいらっしゃいますが私はピアノは個人レッスンの先生お二人に習いました(途中で変わったので)
グループレッスンでも個人レッスンでも見て頂く時には一人ずつ見ていただいていたようですのでグループレッスンの場合は結果として他の人のレッスンを聴講する...続きを読む

QTOEFL受験日から点数が分かるまでにかかる日にちは?

毎回TOEFL受験日から1週間後ぐらいには気になってスコアの所を見るのですがスコアが表示されていません。忘れた頃、1ヵ月後ぐらいに見るといつの間にか見れるようになってるので疑問に思ったことがあります。一体平均何日後に届くシステムになっているのでしょうか??TOEFL受験日から点数が分かるまでにかかる日にち、分かる方がいらっしゃったら教えて頂きたいです。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

http://www.cieej.or.jp/toefl/toefl/result.html

↑一か月とありますよ。

Q楽典について

私は、高1の音楽科です。
もうすぐ期末なのですが、度数のとこの細かいとこと、調の相互関係と、調号のとこが、やっぱり分かりません。
それぞれ、分かりやすく、覚えやすく教えていただけると嬉しいです。

また、楽典に関しての、良いサイトがあれば、教えてください。

Aベストアンサー

 こんばんは。
 ご質問の具体的な意味が掴めないので、何ともいえないのですが・・・。
 △「度数のとこの細かいとこ」 ← 「度数」の数え方ですか?
 △「調の相互関係」 ← 「平行調」とか「同主調」のことですか?
 △「調号のとこ」 ← 調号の何が分からないのですか?

 いずれにしろ、音楽科ですと、「楽典」または「音楽通論」の教科書をお持ちのはずですから、それをよくご覧になるのがいいか・・・と思います。
 下記に関連サイトのURLを貼り付けておきますね。
 http://www.geocities.jp/hukuhuku_pii_623/gakuten.htm
http://www.jazznavi.net/site/riron.htm
  このサイトの「1.楽典入門」「3.楽典(音楽通論)」「4.ユーモア楽典講座」などをご覧ください。

 ただ、くどいようですが、これらもあなたがお持ちの教科書と同じ内容を説明しているわけで、結局は、教科書をよくご覧になるのがよろしいかと思います。
 人によっては、教科書よりはPCの画面で、ネット上で学ぶのが性に合っている・・・ということもありえますが・・・。

 こんばんは。
 ご質問の具体的な意味が掴めないので、何ともいえないのですが・・・。
 △「度数のとこの細かいとこ」 ← 「度数」の数え方ですか?
 △「調の相互関係」 ← 「平行調」とか「同主調」のことですか?
 △「調号のとこ」 ← 調号の何が分からないのですか?

 いずれにしろ、音楽科ですと、「楽典」または「音楽通論」の教科書をお持ちのはずですから、それをよくご覧になるのがいいか・・・と思います。
 下記に関連サイトのURLを貼り付けておきますね。
 http://www.geocitie...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報