質問タイトルどおりなんですがAFマイクロアジャスメント機能ってなんですか?

A 回答 (4件)

一眼レフのピント合わせというのはレンズとボディの組み合わせ(個体差)によってAFで合焦サインが出ても微妙にずれていることがあります。

この「ズレ」を調整するのが「AFマイクロアジャスメント」機能。

この機能が搭載されていない従来の機種ではレンズとボディをメーカーに送ってピント調整をして貰っていました。レンズ毎にズレ量を特定できないので交換レンズを沢山持っている人は頻度の高いレンズに的を絞るか全体的に今よりズレを少なくするかの選択しかできなかったのですが、この機能を搭載した機種では20本まで(5D2の場合)レンズ固有のズレ量を記憶することができます。
それが自分でできるようになったのですから凄いですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答に感謝します。よくわかりました。

お礼日時:2009/05/19 13:16

皆様の回答に加え



サードパーティー製レンズや純正レンズでも古いレンズでは、マイクロアジャストは効きません。
    • good
    • 0

皆さんの言うとおりで、便利な機能なのですが調整される場合は注意してやってください。



まず当たり前ですが、三脚に固定してください。
水準器を使用して必ず前後左右水平を保って下さい。
ここで水平がずれていると測定に誤差が出ます。
レリーズを使用して、ミラーアップ撮影するのが望ましいと思います。
そして、必ず自然光の下で行って下さい。
蛍光灯の下でやるとずれる事があります。

それと、大口径の明るいレンズは絞り値によってピント位置が前後します。
これは今のところ防ぎようがないので、1,2mmの誤差は許容してください。

チェックシートは特定のサイトで配布されているので、それを正しい角度になるように組み立てて使用してください。
ここで角度を出すので、三脚は水平でないといけないわけです。
    • good
    • 0

AF微調整機能のこと


AFでのピント合わせをレンズごとに前ピン気味、後ピン気味に調整すること
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報