ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

借金に追われてる人が養子縁組をして苗字を変え
即日、借り入れを出来るもんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>養子縁組をして苗字を変え即日、借り入れを出来るもんでしょうか?



即日とはいかないまでも、可能性はあります。
養子縁組は、全く別人が誕生する事を意味します。
が、色々と事件が発生している現実がありますら注意が必要です。
数年前には、偽装結婚・婿入りを行い、数多くの借金を繰り返したいた容疑者が殺人罪で逮捕されています。
ブラックになる度に、戸籍を変えていた様ですね。(警察発表)

クレジットヒストリーは、審査には全く関係ありません。
そもそも、借金が嫌いな者(過去に借金歴が無い者)には記録が無いのですからね。
借金回数が覆いより、借金回数がゼロの方が信用が高いのです。
常識で、理解出来るでしよう。

最近は、戸籍を変えても色々と調査可能です。
以前よりは、審査が厳しくなっているようです。
生年月日と(苗字を除いた)名前でも、過去のブラック状況を推測できます。
融資を実行するか否かは、金融機関が独自の判断で行なう権利です。
「疑わしきは、融資しない」のが、原則です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

生年月日から名寄せで推測なんでしょうかね・・・。

回答ありがとでした。

お礼日時:2009/05/17 11:15

> 即日、借り入れを出来るもんでしょうか?


20世紀の間は可能となる有名な方法でした。
有名すぎて、今は対策済みというか、クレジットヒストリーがないから不審に思われてそれ用のチェックが行われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

30半ばでヒストリーが無いのも不審ですよね。
回答ありがとでした!!

お礼日時:2009/05/16 22:38

可能な場合もありますが不可能な場合もあります。



勤務先とか・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとです! 勤務先ですよね・・・。

お礼日時:2009/05/16 22:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q結婚して姓が変わればブラック解消?

私の知人は、6年ほど前にオリコなどのカードローンや、消費者金融からの借り入れを総額400万くらいして、自己破産しようとしたけれど貴金属の購入がネックとなり自己破産ができず(これは本人から聞いた話なので真偽はわかりません)、住民票を実家に残したまま引越しし、今まで逃げ続けてきました。

そのあいだに、TUTAYAのWカードは審査が通らず、銀行のカードも私や仕事を始めて一年くらいの子は通ったのにもかかわらず通りませんでした。

しかし、先日結婚し、姓がかわりました。
そしたら、彼女は「ヤフーのオークションがしたい」と言い出し、結婚して姓が変わったので、クレジットカードが作れるはずだといいます。

ヤフーオークションってクレジットカードいりますよね?
でも、今まで何百万も踏み倒しておいて、結婚して姓が変わったから審査ってOKになるものですか?

他人事ですけど、なんだか腑に落ちません。
私も今までローンしたことありますが、一度引き落としができなかっただけでローン会社に電話したりしてました。

普通は、踏み倒すよりもいかに返すかを考えるものだと思うのですが、その感覚は欠如しているようです。

なのに、結婚したらローンも組めるし、カードもつくれるのですか?

なんだか、おかしな世の中ですよね?

本当に姓が変わればブラックリストに載ってることはわからなくなるんでしょうか?
少し疑問に感じたので質問してみました。

私の知人は、6年ほど前にオリコなどのカードローンや、消費者金融からの借り入れを総額400万くらいして、自己破産しようとしたけれど貴金属の購入がネックとなり自己破産ができず(これは本人から聞いた話なので真偽はわかりません)、住民票を実家に残したまま引越しし、今まで逃げ続けてきました。

そのあいだに、TUTAYAのWカードは審査が通らず、銀行のカードも私や仕事を始めて一年くらいの子は通ったのにもかかわらず通りませんでした。

しかし、先日結婚し、姓がかわりました。
そしたら、彼女は...続きを読む

Aベストアンサー

実際に新姓でカードを申し込みすると作れると思います。
納得できないかもしれませんが、可能な事なんですよ。
個人情報機関では住所は問題ではなく、名前と生年月日が重要になります。
姓がまったく違うなら、割り出しようがないんですよね。
例えば、『菅野』さんがいたとします。フリガナでは『カンノ』です。
カード会社では、与信時に『カンノ』『スガノ』と両方を検索します。
個人情報機関に登録されていないか、完璧にチェックする訳です。
そこに、『伊藤』さんと結婚し、『イトウ』になってしまえばまるで別人になってしまいます。

ただ、女性の場合は結婚し姓が変わる事普通にありますので、カード会社から問い合わせがあるかもしれません。
カード会社にもよりますが、旧姓を書く欄がある申し込み用紙も存在します。

ただいずれはバレる運命だと思います。

>>住民票を実家に残したまま引越しし、今まで逃げ続けてきました。

踏み倒しは罪が重いですよ。逃げ回っていても債務自体が消えてなくなる訳じゃないです。
延滞の金利は年30%位です。法定金利でも15%~18%ですから、6年も放っておけば相当なもんです。
『借金の時効』は5年間ですが、時効を中断措置もしっかりと取られています。
ご友人の方のご主人は、この事をご存知なんでしょうか?
この事が火種になり、離婚問題にも発展しそうな問題ですよ。
400万の債務を放置、年利15%6年でざっと計算しても700万位にはなります。
私ならば結婚前の事とは言え、即離婚を決意します。

今からでも遅くはありません。返済するようにご友人に勧めてあげてください。

実際に新姓でカードを申し込みすると作れると思います。
納得できないかもしれませんが、可能な事なんですよ。
個人情報機関では住所は問題ではなく、名前と生年月日が重要になります。
姓がまったく違うなら、割り出しようがないんですよね。
例えば、『菅野』さんがいたとします。フリガナでは『カンノ』です。
カード会社では、与信時に『カンノ』『スガノ』と両方を検索します。
個人情報機関に登録されていないか、完璧にチェックする訳です。
そこに、『伊藤』さんと結婚し、『イトウ』になってしま...続きを読む

Q養子縁組で金融機関のブラックは消えますか?

友人がサラ金及びどの金融機関に融資を申し込んでも、断られます。以前の返済をしてないからと思われます。こんな状態で養子縁組して新しい名前で、新たに借り入れができるでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
養子縁組をして免許証などの身分証明書を「再発行」すれば融資を受けられるのではないでしょうか?

Q借金と婿養子

こんにちは。
先日、彼が嘆いた一言が気になり質問させていただきます。

男性が借金をしている場合です。
婿養子になり姓が変わると、借金時にした名前と変わるので取立てができなくなると言うんです。

現在、彼は借金があります。
両親が離婚し、母親が自己破産しておりますが、その家を今は飛び出して携帯等も止まり、絶縁状態。
私の家で住んでいますので、もしも借金取りさんが彼の実家に来ても、親御さんは彼の居場所も知らないし、連絡もとれません。

彼の借金は、自己啓発プログラム?を買った時のものです。
私に会う前で、話を聞いていると20歳になってすぐ300万のそれを買ったそうです。
親が自己破産して、20歳になったばかりの”子供”に貸すものなんですね…

補足(関係の無い事かもですが)が長くなりましたが、質問は、本当に婿養子になったぐらいで借金が無くなる?のか。
お時間ありましたら、回答お願いいたします。

Aベストアンサー

そんなので借金はなくなりません。
婿養子になり姓が変わると、借金時にした名前と変わるので
探しにくくなるんです。

>彼の借金は、自己啓発プログラム?を買った時のものです。
これが正しいかどうかは、個人信用情報を調べれば判ります。
おそらく怪しい業者で買っても、300万のローンを組むのは
大手の会社(ク〇ークとか日〇信販とか)です。
そういうところであれば、調べれば判ります。
300万なんて社会人に担保無しで貸すことは難しいので
おそらく金額は嘘です。
担保の有る車のローンでも簡単ではないのに
怪しい自己啓発~~に貸すわけが無い

>親が自己破産して、20歳になったばかりの”子供”に貸すものなんですね…
親の自己破産と成人している子供は関係有りません

しっかりと個人信用情報くらいは調べましょう。
一生の伴侶が怪しいのは嫌でしょう?
よくわからない借金に悩むのは嫌でしょう?
掛かる費用は、全部調べても3,4千円です

CIC(クレカ、など)
http://www.cic.co.jp/
CCB(信販会社など)
http://www.ccbinc.co.jp/
全銀協(銀行関連が加盟)
http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/index.html
全国信用情報センター連合会(消費者金融など)
http://www.fcbj.jp/

そんなので借金はなくなりません。
婿養子になり姓が変わると、借金時にした名前と変わるので
探しにくくなるんです。

>彼の借金は、自己啓発プログラム?を買った時のものです。
これが正しいかどうかは、個人信用情報を調べれば判ります。
おそらく怪しい業者で買っても、300万のローンを組むのは
大手の会社(ク〇ークとか日〇信販とか)です。
そういうところであれば、調べれば判ります。
300万なんて社会人に担保無しで貸すことは難しいので
おそらく金額は嘘です。
担保の有る車のローンでも簡...続きを読む

Q苗字の変更後の借入について詳しい方宜しくお願い致します。

氏の変更後の借入について詳しい方についてお伺いしたいと思います。
数十年前に両親は離婚(私が小学1年生位・現在32歳)しており、父方の氏を
名乗っておりました。免許を取る(再取得)ついでに以前から変更できずにいた子の氏の変更を行いました。(入籍済み)
氏が変わると借入ができると知り合いから聞いたのですが、住所・電話番号・職場などは変わっていません。更に1~2ヶ月以内に前の氏でローンを組む為、照会・審査が通りませんでした。またクレジットカードは使えない状態です(1ヶ月遅れで入金している為、支払いのみの状態です クレカ合計2枚 残60万位 消費者金融2件 残56万位 消費者金融の遅れは有りません)
こんな状況ですが、氏の変更後、申し込みのした事の無いクレカ・銀行借入などは、難しいでしょうか?やっぱり無理でしょうか?できれば1つにまとめたいのです。
詳しい方がおられましたら、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

住宅ローン審査経験者で、かつて『個人信用情報機関』の1つである『CIC』の『個人情報取扱主任者』の認証も受けていました。

お金を貸したり、それに類することを『業』としている企業は、原則、貸し倒れを防ぐために、貸す相手の『過去の借金・返済・自己破産』などの状況を調べます。
それらを組織化し、情報を共有できるようになった組織が『個人信用情報機関』というものです。
現在、日本には大きく5つの『個人信用情報機関』があります。

『個人信用情報機関』の情報は、その組織と契約している『加盟会員』から提供を受けた情報、官報に記載された情報、本人からの依頼によって記載されている情報などによって構成されています。
ですから、一度でも、銀行など金融機関や消費者金融会社からお金を借りたり、クレジットカードを作ったり、割賦販売契約をしたりすると(実際には契約に至らなくても、申し込みをしただけで)、その銀行、消費者金融会社、クレジット会社、信販会社が『加盟』している『個人信用情報機関』に、契約者(申込者を含む)の個人情報や契約についての情報が登録される仕組みになっています。

そして、お金を借りていたり、クレジットカードを所有していたりすれば、その『契約期間中』に、氏名、住所、電話番号等が変更になれば、お金を借りている銀行や消費者金融会社、クレジットカードの『貸与』を受けているクレジット会社(クレジットカードは契約上の原則は、カードを貸与されていることになっているんですよ)に変更の届出をすることが契約上の義務となっています。

ですから、
> クレジットカードは使えない状態です(1ヶ月遅れで入金している為、支払いのみの状態です クレカ合計2枚 残60万位 消費者金融2件 残56万位 消費者金融の遅れは有りません)
というご質問者さまは、当然に氏が変わった届出をクレジット会社と消費者金融会社にはしなければなりません。

そして、その届出を受けたクレジット会社と消費者金融会社は、自身が加盟している『個人信用情報機関』に、その情報変更の登録をします。

お客さまからローンの申し込みやクレジットカードの申し込みがありますと、その銀行やクレジット会社は、自身が加盟している『個人信用情報機関』に、そのお客さまの『個人信用情報』を照会します。
実際には、銀行等から専用端末を使って検索をかけるのですが、その検索を「カナ氏名」だけで行えば、同姓同名というか同音の人の情報が全部出てきてしまいます(よほど珍しい氏名でない限り)。
ですから、住所や電話番号を検索項目に加えて、特定個人の『個人信用情報』を引き出します。

ご質問者さまの場合、義務である変更の届出をしていれば(しなければそれだけでも信用を失うことになりますからせざるをえませんね)、「○○○○さんが、戸籍上で△△○○さんになっても、同一人であり別人ではない。個人信用情報機関の情報としては、○○○○さんが△△○○という名前になっただけ」という個人信用情報上のデータが導き出されます。
その『当人』にネガティブな個人信用情報がある以上、お金を貸すことに類することをしてくれる企業は殆どない…となります。

> 数年前、名前を変えて幾つもの借金をしていて大きな事件に発展したことがマスコミで大きく取り上げられました。
このようなことがあったので、借り入れ等の申し込みがあれば、様々な可能性を探ります。
仮に、契約中のクレジット会社と消費者金融会社に氏の変更の届出をすることを『うっかり失念』していたとします(事件を起こした人物は、『故意に』姓名、住所、電話番号等の変更の届出をしていなかったから、履歴の一本化がされていなかったんですよね)。
そこで、ご質問者さまが新しい氏の氏名で申し込みをして、『個人信用情報機関』に情報が照会されたとしても、現在の氏名では何のクレジットヒストリーも出てこないでしょう。
金融機関等では、現在、この世の中で、一定年齢以上で「借金をしたこともない、クレジットカードを作ったこともない」というのは、『非常に稀なこと』と捉えます。
ですから、クレジットヒストリーが全くない人は『大変怪しい人』扱いをされます。
『大変怪しい人』は、お金を貸してもらえる可能性が低いんです。

ただし、法律などで「『個人信用情報機関の情報にネガティブ情報がある人』や『大変怪しい人』にはお金を貸してはいけない。」と決められている訳ではないので、絶対に無理とは言い切れません。

住宅ローン審査経験者で、かつて『個人信用情報機関』の1つである『CIC』の『個人情報取扱主任者』の認証も受けていました。

お金を貸したり、それに類することを『業』としている企業は、原則、貸し倒れを防ぐために、貸す相手の『過去の借金・返済・自己破産』などの状況を調べます。
それらを組織化し、情報を共有できるようになった組織が『個人信用情報機関』というものです。
現在、日本には大きく5つの『個人信用情報機関』があります。

『個人信用情報機関』の情報は、その組織と契約してい...続きを読む


人気Q&Aランキング