そもそもフロンガスって必要なんでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

法律や国際条約で使用が禁止されたのは、オゾン層を強力に破壊する「特定フロン」で、すべてのフロンガスが規制されたわけではありません。

オゾン層を破壊しないフロンは使用自身は禁止されていません。

それで、フロンガスが必要かどうかですが、まずは現在でも使用されている用途を申し上げましょう。

フロンの用途は、大きく分けて洗浄用、発泡用、噴射用、冷媒用の4つがあります。以前は大半が噴射用と発泡用でしたが、特に噴射用は代替が用意であったためにほとんどが置き換わり、現在では発泡用と冷媒用がほとんどです。
発泡用というのは、断熱材などの「ふわふわ」な樹脂を膨らませるために、樹脂に混ぜて使う用途です。
冷媒用というのはエアコンや冷凍機などの中で、気化・凝縮することにより熱の移動を担う物質です。現在はフロン回収破壊法という法律があって、大気に放出しないで回収することが義務付けられています。

で、要するに代替できるものはすでに代替されているのですが、上記の用途ではいまだに代替できないものがあります。もちろん代替物質の研究は続けられており、有望な物質も見つかってきていますが、現時点では完全に代替できる物質がありません。

フロンの代替物質としてポピュラーなのが、イソブタン、アンモニア、炭酸ガスです。イソブタンは家庭用の冷蔵庫などで、アンモニアは特殊な冷凍機、炭酸ガスは家庭用のヒートポンプ給湯器(いわゆるエコキュート)などで使用されています。
イソブタンの場合は可燃性が問題です。早い話、イソブタンと言うのはライターの燃料なので、よく燃えますし、下手すると爆発します。安全性を考えると冷蔵庫ぐらいが限界で、エアコンなどでもメーカーは二の足を踏んでいます。
アンモニアは毒性が問題です。フロンができる前には冷凍機の冷媒として非常に多く使われていたのですが、アンモニア中毒による死者は少なからず出ていたようです。ちなみに、ジェンキンス氏の著書によると、氏のご尊父も冷凍技師でしたが、アンモニア中毒で亡くなったそうです。現在も、先日、九州で冷媒の漏洩事故が発生して死者が出ました。万一の漏洩に備えると除害装置などの設備が必要で、一般家庭では使える代物じゃありません。
炭酸ガスは圧力が問題です。たとえばカーエアコンを炭酸ガスで作ったとしましょう。炭酸ガスはものすごい高圧にしないと普通のエアコンとしては使えないので、エアコンが鉄の塊みたいになり、ノンフロンの代わりに自動車の燃費が悪くなること請け合いです。

結局、これらの問題から現時点ではエアコンはほとんどがフロンで運転されており、その意味でフロンはまだまだ「必要」です。
また、フロンを使わない機械の効率はフロンを使う機械に比べてまだまだ悪く、フロンを禁止してしまうと効率の悪い機械に置き換えざるを得なくなるのでかえって地球温暖化を促進する可能性が高いのです。実際、日本では一時期フロンが無条件に悪者にされてしまったためにエネルギー効率の悪いノンフロンの冷凍機に置き換わってしまい、温暖化ガスの排出量を増加させてしまったという歴史もあります。近年はその見直しが進み、フロンを一方的に悪者にするのではなく、適切に回収・破壊することで全体として温暖化を抑制する方策が採られているのです。

もっとも、現時点ではそうとはいえ、最近はある「新物質」が開発されて注目を集めていますし、水や空気を冷媒として使用する技術もあります。

改めて回答を述べると、現時点ではフロンはまだまだ必要ですが、代替技術の開発は進められています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
現時点では必要だけど、これからは必要なくなるかもしれないんですね!
とても丁寧で分かりやすかったです。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/17 10:36

人体や食品、その他材料などに影響の無いフロンガスは、どこにでも使える。

(昔はお菓子の袋の中に充てんされていた)
また、安定した材料などの理由で熱交換器の媒体としても有用。(クーラガスだね)
成分を調整すると、洗浄剤としての機能も優秀。(スプレー塗料なんかもオナジ理由でフロンを使っていた)
で、おまけに安いと来たもんだ。

と、信じていたけど、ところがどっこいと言ったところ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
詳しくてとても分かりやすかったです。

お礼日時:2009/05/16 19:49

 


フロンの使用は特定物質の規制等によるオゾン層の保護に関する法律によって1996年以降全廃されてます。

 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
勉強になりました。

お礼日時:2009/05/16 19:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qグラボのコネクタ(出力 S端子やコンポジット)の用途とは?

RCA端子の黄色(映像)やS端子が付いているビデオカードがあると思うのですが、あれはどのように使うものなのでしょうか?
映像系であることは間違いないのですが、使い道が良くわかりません。
よく使われるであろう用途を具体的に教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

PCで録画した映像をDVDに焼いたりしないで
直接TVに映すのにも使えますよー

PC側でデュアルディスプレーの設定をする必要はありますが、
いちいちDVDに焼く必要が無いのでらくだと思います。

画質は意外とみれるなー って程度ですが^^;
一度ためしてみてください

Qフロンガス規制は今どこまで達成されていますか?

フロンガスと言うと先ず、スプレー・噴霧器
・冷蔵庫・エアコンを思い浮かべますが、
それぞれ日本ではどれ位 規制が完遂~達成
されていますか。
わかりやすい数字でお示し願えませんでしょうか。

日本に輸入される(主に東南アジアからの)
製品はどうですか。

発展途上国、第三世界など全世界でフロン
関連ガスは排出されていませんでしょうか。

ご教示願えれば幸いです。

Aベストアンサー

正確でないのを予めお断りを、

フロンガスは世界的に製造・貯蔵・販売が禁止されてます、

国内で生産される冷媒を使用する機器は100%代替フロンに切り替え、
この、代替フロンと言う物はオゾン層に限りなく悪影響を及ぼさない性質を持っていると言われてますが現実はどうなんでしょうね?、 信用するしか有りません、
この機器を解体処理する場合も国内業者にも100%の回収義務を負わせてますが多少の漏れは有るでしょう、

東南アジアでの機器の生産は国内メーカーが製造段階から細かく管理・監修を行ってる工場では国内基準通りです、
単純に海外製造された物は、其処まで信憑性は有りません、

殺虫剤や美容用品に代表されるエアロスプレイ関係の物は、国内製造の物も海外委託の物も国内メーカーが関与している物は100%液化石油ガス(プロパン)に切り替わってます、
このせいで、発火事故が起き易く成ってます、

海外の事情ですが、日本から中古品として輸出されて冷媒ガスを使用する物は代替フロンではないものが沢山有ります(エアコン・冷蔵庫・冷凍機器など)、
問題は此れの解体時です、諸外国ではマダマダ民度の低い国も有りますから大気中に放出されるシチュエーションも多いと思います、

オゾンホールの損傷が相当に改善され、規模の減少・矮小化が進んだと言われてますが一般人が検証・実感できる場面はほぼ有りません、

ある意味、信用するしか無いのが現実です。

正確でないのを予めお断りを、

フロンガスは世界的に製造・貯蔵・販売が禁止されてます、

国内で生産される冷媒を使用する機器は100%代替フロンに切り替え、
この、代替フロンと言う物はオゾン層に限りなく悪影響を及ぼさない性質を持っていると言われてますが現実はどうなんでしょうね?、 信用するしか有りません、
この機器を解体処理する場合も国内業者にも100%の回収義務を負わせてますが多少の漏れは有るでしょう、

東南アジアでの機器の生産は国内メーカーが製造段階から細かく管理・監修を行...続きを読む

QNASとは?その利用、用途、セキュリティ

NASのことを調べるのですが、もう少し分かりません。

分かっていることは自宅において共有サーバを構築するようなもので、
無線LANがあれば、アンドロイド携帯、MAC、ウインドウズなどのパソコンから
無線LANを介して外付けHDディスクとして利用することができるといった漠然とした認識です。

その用途手段において、外部(外出先から)から自宅のそのNASに向けてファイルを転送、保存(バックアップ)することは可能なのかということです。

外出先からは多分アンドロイド携帯のテザリングを利用してネットに繋がったパソコンのデータを自宅のNASに保存したいのですが可能でしょうか。
携帯からデータを保存できるならばそれを介したパソコンのデータも保存できるはず。
しかし先日、店頭でNASのことを聞いていると外出先からのネットを介しての保存はセキュリティ面で甘くなる(危険性が増す)とのことで気をつけることが必要(セキュリティソフト対策でしょうか)
上記の方法で自宅のNASを利用するならもっとセキュリティソフトなどの対策も必要なのでしょうか。
現在手持ちのアンドロイド携帯はセキュリティソフトらしきものは一切使用していないのが現状です。

よろしくおねがいします。

NASのことを調べるのですが、もう少し分かりません。

分かっていることは自宅において共有サーバを構築するようなもので、
無線LANがあれば、アンドロイド携帯、MAC、ウインドウズなどのパソコンから
無線LANを介して外付けHDディスクとして利用することができるといった漠然とした認識です。

その用途手段において、外部(外出先から)から自宅のそのNASに向けてファイルを転送、保存(バックアップ)することは可能なのかということです。

外出先からは多分アンドロイド携帯のテザリングを...続きを読む

Aベストアンサー

問題は、ネットワークのアプリケーション(機能,サービス)の種類の問題と
ネットワーク単位のセキュリティの問題と言えます。


一般家庭では、現在ではADSLモデムなどと統合された
ルーター装置を介してインターネット利用することが多いでしょう。
これは、中小企業でも同様ではないかと思います。

ルーターとは、複数のコンピューターの通信を
一つの別のネットワークと繋ぎ、通信を取捨選択する機能(一般的には機能であり装置)
で、別のネットワークとしてインターネットと繋がったりします。


個人向けのルーターは、出荷時設定で、異なるネットワークの間では
Windowsネットワーク(SMB,CIFS)のプロトコルを通さないようになっています。
これは、ファイアウォール機能であり、つまり意図せずLAN内のファイルが読み出されることを防ぎます。

また、ルーターの出荷時設定では、LAN側からのアクセスに対する返事としての通信でなければ
LAN内に入ってこないようになっています。
この基本ルールが無ければ、ワームのような悪意あるプログラムが
とてつもない猛威をふるうことになります。


NASへのアクセスは、この二つの障壁を、部分的に取り崩すことで実現します。
ただし、当然ながら、それだけセキュリティ上、いくらか弱くなります。


NAS製品は、外観は外付けHDDに近いものですが、実際には中身はパソコンと大差ありません。
たとえば、玄人志向の玄箱などはOSを入れ替える事例が多々あって、LS-XHLシリーズがありますが
http://buffalo.jp/products/catalog/storage/ls-xhl/
これのOSを入れ替えて、デスクトップOSとして動かせるようにしたという動画などもあります。
http://www.youtube.com/watch?v=j6473_Nmwn0

低価格NASのほとんどは、内部的には、AndroidやWindowsRTなどと同系統のCPUが使われています。
たぶん、LS-XHLはWindows98の頃のパソコンと近い処理性能があると思います。

高性能志向のNAS製品では、C7やAtomなどの採用例もあり、Linux系OSのほか
Windows Storage Serverが組み込まれた製品などもあります。


ですから、これらのセキュリティは、限定的な環境では高いのですが…
外部からのアクセスをできるようにルーターの設定を変えることで
普通のデスクトップOSと同等の危険性が生まれることになります。

つまり、パソコンを乗っ取られてデータが漏洩したり
他のサイトへの攻撃に使われたりするというリスクは
NASの中にも存在するのです。まぁパソコンでできることはだいたいNASでもできるので…
(高度なクラッキングでは、NASの中に存在しないプログラムをインストールした上で攻撃できる可能性があります)

むしろ、常時セキュリティチェックをおこなえる体制が無いのであれば
留守中に稼働させるため、リスクはパソコンよりも大きくなる恐れがあります。


ですから、外部からアクセスできるメリットのほうが大きいデータと
外部からアクセスされるかもしれないリスクのほうが大きいデータがあるなら
前者だけを、クラウドサービスなどに置くほうが、堅実というか手軽です。

ようするに、鎖国しとくか?開港して税関できっちり取り締まるか?
前者のほうが、管理するほうは楽です。


私は、Linuxのほうが楽だから、デスクトップOSもファイルサーバーもLinuxですが
めんどうくさいから、公開のサーバーをつくったことは一度もありません(苦笑)

クラウドサービスが流行る前の時代には、自分のウェブサイト用に契約したサーバーに
FTPを使って、HTTPではアクセスできないところに、私用ファイルを置いたりしていましたけどね…

問題は、ネットワークのアプリケーション(機能,サービス)の種類の問題と
ネットワーク単位のセキュリティの問題と言えます。


一般家庭では、現在ではADSLモデムなどと統合された
ルーター装置を介してインターネット利用することが多いでしょう。
これは、中小企業でも同様ではないかと思います。

ルーターとは、複数のコンピューターの通信を
一つの別のネットワークと繋ぎ、通信を取捨選択する機能(一般的には機能であり装置)
で、別のネットワークとしてインターネットと繋がったりします。


個人向けのル...続きを読む

Qフロンガス

今更なのかもしれないのですが、ちょっと気になったのでご存知の方が居りましたら宜しく御願いします。
以前、殺虫剤などのスプレー缶にフロンガスが使われていてそのガスがオゾン層を破壊し・・・・・というようなことが言われていた思います。
これって今はどうなったのでしょうか?
ドラッグストアやコンビニなどでは相変わらずスプレー缶を売っています。
フロンガスの問題ってもう既に解決済みなんですか?
だとしたら、この先もスプレー缶がなくなる、もしくは別の何かに変わるってことはないのでしょうか?

Aベストアンサー

> フロンガスの問題ってもう既に解決済みなんですか?

オゾン層を破壊するフロンガスは、「特定フロン」と呼ばれていて、スプレーばかりではなく、大半はすでに使用されなくなっています。オゾン層を破壊しないフロンは、「代替フロン」などと呼ばれます。これらは現在も多く使用されています。

一時、フロンすべてがオゾン層を破壊する、あるいは環境によくないという誤解が蔓延していました。その結果、フロンを使用していないことを理由にして、エネルギー効率のよくない空調設備が大量に導入されて結果的に地球温暖化ガスの排出を促進したり、フロンを使用しているというだけの理由で省エネルギー機器が採用してもらえない、といった頓珍漢な現象が起きていました。現在も、フロンガスの地球温暖化係数が大きいからフロンは使用しないほうがいいと考える向きも多いのですが、それは用途次第で、フロンを使ったほうが温暖化抑止に効果的な場合はむしろ多いくらいです。ちなみに、業務用の冷凍機で世界一効率のいい冷凍機はフロンガスを採用しています。

お尋ねの件は、「スプレー缶への特定フロンの使用」のことだと思いますが、その意味ではほぼ解決されています。LPガスなどで代替することで、なんとか代用されています。一応、スプレー缶には何を使っているか書いてあることが多いとは思います。

> フロンガスの問題ってもう既に解決済みなんですか?

オゾン層を破壊するフロンガスは、「特定フロン」と呼ばれていて、スプレーばかりではなく、大半はすでに使用されなくなっています。オゾン層を破壊しないフロンは、「代替フロン」などと呼ばれます。これらは現在も多く使用されています。

一時、フロンすべてがオゾン層を破壊する、あるいは環境によくないという誤解が蔓延していました。その結果、フロンを使用していないことを理由にして、エネルギー効率のよくない空調設備が大量に導入されて結果...続きを読む

Q特別用途表示とは?

どういう意味ですか?どういうことをいうんですか?詳しく教えてください!おねがいします!

Aベストアンサー

 特別用途食品とは、腎臓病など特定の成分を制限しなければならない患者さん向けに、日本健康栄養食品協会が定めた一定の基準に適合した食品に与えられる称号だそうです。
 詳しくは、下記のHPをご参考になさってください。

参考URL:http://www.health-station.com/jhnfa/tokubetu1.html

Qフロンガス検知器について

いつもお世話になります。
タイトルの件ですが、我が社で空調や冷凍機等のフロンガス漏れ検知器を購入しようと言うことで、担当部署の人間が見積もりを取っていました。やはり吸引式の方が良いと言うことでしたが、私自身、何をどうやって検知するのか、構造も何も分からず、専門家の言う事もさっぱりです。フロンガス検知器について分かりやすく教えてくださる方、いらっしゃいませんでしょうか?宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

フロンガス検知器には
各社様々な機種があります
歴史的に古いのは炎色反応を利用するもの
ですが これは火気使用になる為
火災の注意が必要なのは言うまでもありません
吸引ポンプを内蔵したガス検知器も各社から
出ています
比較するのに一番良いのは
空調機材を扱った卸店さんでカタログをもらいほうが
良いのでは?
ESCOのカタログにいろいろ載っていますよ

Q【宅建】 「用途地域」外とは?

用途地域は分かります。
では、用途地域外とは何のことでしょうか?
川とか海のことでしょうか?

Aベストアンサー

市街化区域は必ず定めます。市街化調整区域は原則用途地域を定めません。準都市計画地域や非線引区域は定めることができます。

当然市街化調整区域も普通に住宅街であったりするとこもありますから。海や川とかではありません。

用途地域外とは、用途地域が定められていない場所、としか言えません。具体的にどういう状態の場所なのかは関係ありません。

Qフロンガスはいつ放出される・・・?

フロンガスは、フロン利用機器(ex.冷蔵庫)を通常に使用している段階では、
排出されることはないのでしょうか・・・?
機器の廃棄時にきちんと回収することさえ出来れば、問題ないのか、
それとも機器使用時でも少しずつ漏れたりしているのか・・・?
ネットであちこち調べたのですが、分かりませんでした。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

実際には、事故時、廃棄時以外では、ほとんど漏れないと思っていいでしょう。

電気式のエアコンや冷蔵庫は、密閉型の圧縮機というのを使っていて、冷媒は完全に密閉された配管内にしかないので、原理的に漏れません。(製造不良は除く)
漏れる可能性があるのは、シール部のある、カーエアコンやガスヒートポンプ(GHP)等ですが、これも、相当古い車でなければ、10年くらい使用しても冷媒の補充が必要になったというケースはあまり聞かないので、ほとんど漏れないといっていいくらいです。

下記URLに、排出量推定のための仮定値があるので御参考まで。

参考URL:http://www.env.go.jp/council/06earth/y060-24/ref03.pdf

Q建築基準法において用途上不可分の関係とは?

建基法令第1条一の敷地に“用途上不可分の関係にある”と有りますが用途上不可分の関係とは具体的にどのような関係なのでしょうか?
例えばショッピングセンターなどで本体と別棟でファミレスが建っていたりというのは不可分の関係なのでしょうか。

Aベストアンサー

以下の敷地についての項ですね。

「1つの建築物」又は「用途上不可分の関係にある2以上の建築物」のある一団の土地

この場合の「用途上不可分の関係にある2以上の建築物」とは、例えば「母屋と子供部屋に使ってる離れ」など「他方が無くなると、もう一方の用途が失われる建築物」の事です。

母屋にとっては、離れが無くなると、子供の部屋が無くなってしまい困ります。

離れにとっては、母屋が無くなると、トイレも風呂も無くなってしまい困ります。

ショッピングセンターと別棟のファミレスでは、どちらかが無くなっても残った方の用途は失われない(客が来なくなって困る、と言うのは別の話)ので、用途上不可分の関係ではありません。

Q教えてください。よろしくお願いいたします。

日本語を勉強している外国人ですが。今論文の要旨を書いています。文法として正しいかどうかわかりません。直してください。よろしく。
 
 現在、日本では、様様な問題を抱えているが、その中で、現在、そして将来においても、特に先進国でも、回避することができない、早急な対策を取る必要がある問題がある。それは「高齢化」である。
 日本高齢化は死亡率の低下と平均寿命の伸びと出生率の低下によるものである。日本高齢者人口の増大に伴って、日本経済にわるい影響をもたらしてきている。年金、医療、介護制度の改革などは必要となる。これら影響に対して、日本政府はどのように、直面するのか?どのような対策を採用するのか?それについて述べようと思う。
本論は三部からなっている。第一部では、高齢化の形成の原因を述べる。第二部では、高齢化は社会への影響を述べる。第三部では、日本政府が高齢化に対して取った対策を述べる。もうすぐ高齢化に入る中国は、その介護保険の政策から何か参考になればいいというのは本論文の目的である。

Aベストアンサー

一文が長く、意味が分かりにくいところがあるので、多少直してみました。


 現在、日本は様々な問題を抱えている。その中で、現在、そして将来において、
先進国でありながらも回避することができない問題がある。それは「高齢化」である。
高齢化の原因は死亡率の低下、平均寿命の伸び、出生率の低下によるものであり、
早急な対策を取る必要がある。
 高齢者人口の増大は、日本経済に悪い影響をもたらしており、
年金、医療、介護制度の改革などが必要である。
これらの影響に対して、日本政府はどのように対応し、
どのような対策を採用するのか、それについて述べようと思う。
 本論は三部からなっている。
第一部では、高齢化の形成の原因を述べる。
第二部では、高齢化による社会への影響を述べる。
第三部では、日本政府の高齢化に対する対策を述べる。

「もうすぐ高齢化に入る中国は、その介護保険の政策から
何か参考になればいいというのは本論文の目的である。」
↑この文章の意味がよく分かりません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報