下のシュラフの中でどれを買おうか迷っております。
使用場所やタイプは4月~10月の富士五湖周辺でのテントによるキャンプです。
温度にすると平均最低気温で3.1~7.1度ぐらいのようです。
主に車で行ってベースキャンプを作りそこからのトレッキングというスタイルですので、シュラフ(荷物)の移動は長くても1~2kmです。
そのため、大きさや重量はあまり関係なく寝心地や暖かさ、使い勝手などが特に知りたいです。
現物を見て買うのが一番よいのですが、近くにこれらを展示している店もないので皆さんの使用感やアドバイスをお聞かせください。
よろしくお願いします。

1.モンベル スーパーストレッチバロウバッグ#3
2.イスカ アルファライト700 or 1000
3.ナンガ スーパー800 or 1000
(ダウンタイプは予算の都合で選択肢から除外(予算は1万~1.5万円))

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

キャンプ歴25年の者です。

 富士五湖周辺のキャンプ場(河口湖、本栖湖周辺)には年5回ほど行っています、バロウバッグ#3を18年ぐらい使っています。なんら問題見つからず。 夏場だけはコールマンのレクタングラー(封筒)型を使用。ただ包まるだけなので…。 季節に応じた使い分けをお奨めします。 家族6人で2種類ともキャンプの大事な相棒です。子供達も文句、誰も言いませんよ!!
    • good
    • 0

温度的には #3くらいでOKでしょう



ダンロップのダウンシュラフが 安いですよ

さかいやスポーツ
http://www.rakuten.co.jp/sakaiya/401004/

ここでも捜して見てください
ナチュラム
http://www.naturum.co.jp/
    • good
    • 0

モンベルのバロウバック#3で良いと思います。



暑ければ中にもぐらず、腹に載せれば良いですから。

暑さよりも寒さに重きをおいて購入すべきですよ。ハッキリ言って、暑ければパンツ一丁とタオルでも寝られますから。

 ソレよりも大事なのは、マットです。背中からの放熱は莫大です。また、寝心地も大切です。良い睡眠は活力の素ですからね。

 奮発してサーマレストや、類似の後発品を買いましょう。
    • good
    • 2

どれでもいいですから、買ってみてください


それで一度キャンプしてから判断して買いなす(追加するのがいいでしょう

たとえばバロウの#3
 私なら4月10月なら持って行くかな?という性能ですが(でもたぶん持っていかない、それぐらいの温度なら#6で充分)、5~9月ならまず持って行きません、最低気温が3度ぐらいなら、私には暑すぎるので(^_^;

現物見ても判らないですよ(^_^;
体験してみないと。

友人が秋のキャンプ(それでも最低気温が10度ぐらいの時に)ダウンハガーの#1で寒くて眠れないって言ってましたし(^_^;
    • good
    • 0

イスカやナンガのものは使ったことがないのですが、


モンベルのバロウバッグの前身モデル、タフバッグ#1をもう
20年ほど使っている者です。

モンベルのシュラフはそのまま、真冬のキャンプや
登山に使えるものなので、寝心地の良さを除けば
お勧めできる一品です。

寝心地の良さ・・が悪いわけではなく、
山岳用のシュラフは防寒性を高めるために
足元をある程度絞っているので、封筒型のように
シュラフの中で足を動かすということをしにくいだけです。

#3だけだと、4月や10月の寒い朝方などに対応するには
シュラフカバーやその他のものが必要となるように思います。
(もちろん寒くて寝られないわけではありませんが)

そのシーズンも快適に過ごすならば、もう少しきばって#1くらいを
お勧めしたいところです。モンベルアウトレットなどにいくと
ご希望の予算になんとか収まるようなものも出てくると思いますが。
http://webshop.montbell.jp/goods/list.php?catego …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシュラフの耐寒性を上げる

シュラフの耐寒性を上げる

先月縦走中に1500mほどのところでマミーシュラフ(-5度まで)を使い宿泊(夏用1人テント)しました。
外気は少しマイナス程度だったかと。結構冷え込み少し寒かったです。(着れるものは皆着た)
マットを使用しており下からの冷え込みは感じず。

4月に、この高度で今後も使う予定はありませんが、5月くらいでも寒波(低気圧)が来ることもあり、冷え込むこともありそうです。

通常であれば今のシュラフ(ほぼNEW)で十分なところでも、気になる時期・天候は+α の寒さ対策を持参したいと考えています。(秋に向けて)

新規にシュラフを購入する以外で方法ありましたら教えてください。
また、以下の方法で、暖かくなる順(もちろん素材次第もありますが)を教えていただければ助かります。購入は2-3000円までくらいです。

1)綿地のインナーシーツ(本当はフリース地がよいが高い)(新規購入)
2)フリースのひざ掛けくらい(1.5m×1m)をシュラフ内へ(所持)
3)シュラフカバー(ペラ物)300gをする(新規購入)
4)夏のペラペラシュラフ(850g)をカバー代わりにして2重にする(所持)

よろしくお願いします。

シュラフの耐寒性を上げる

先月縦走中に1500mほどのところでマミーシュラフ(-5度まで)を使い宿泊(夏用1人テント)しました。
外気は少しマイナス程度だったかと。結構冷え込み少し寒かったです。(着れるものは皆着た)
マットを使用しており下からの冷え込みは感じず。

4月に、この高度で今後も使う予定はありませんが、5月くらいでも寒波(低気圧)が来ることもあり、冷え込むこともありそうです。

通常であれば今のシュラフ(ほぼNEW)で十分なところでも、気になる時期・天候は+α の寒さ対策を持参し...続きを読む

Aベストアンサー

保温性を上げると言うことは、空気の層を多めに作ることに集中することだと思います。
と言うことは、やはりシュラフカバーかシーツやライナーが有効かと思います。
もちろんダウンなどを着込むことも有効ですが、寝るときは薄着ほうが熟睡できるのではないでしょうか?

一番の理想は、単体で使用できるシュラフカバー(ライナーにフリースが着いたもの)がいいと思いますが、金額が高くなります。
代わりに、非常用シュラフと称して、アルミ蒸着ポリエステルを寝袋状にしたものが売っています。
ネットオークションなどで、500円前後で購入できます。
これをシュラフカバーの変わりにすると相当効果が期待できます。
ただ、寝袋の結露が気になるところ。逆にインナーとして使うと結露はなくなると思います。
私は寝袋にこの非常用シュラフ、その中にライナーを入れ、保温を上げています。
しかし結構、寝返りなどの音が気になります。

シュラフシーツも寝袋の汚れ防止としての効果がメインなので、お勧めはISUKAのライナーSZスーパーライト(3885円)が有効かと思います。
収納時の大きさは8×24cmで重さは320g、軽めのダウンシュラフぐらいです。
実際に使用していますが、保温力はー5度ぐらいは上がります。
欠点は、フリース素材のものを着ていると、まとわり着くのが欠点です。
このライナーの内側も、フリース素材になっているためだと思います。

この冬、北アルプスの西穂山荘に泊まったのですが、夜は冷え込みー20度ぐらいまでいきました。
私の寝袋はモンベルのulアルパインダウン#3(0度)にライナー付きのゴアシュラフカバー、インナーはアルミ蒸着の非常用シュラフにISUKAのライナーを使いました。
着ている物は、下着に極寒用ブレスサーモのタイツとシャツだけです。
寝るときはいつも、シャツをタイツ以外は着ないようにしています。
寒いと感じたことは、今のところありません。

また持ち物を少なくしたい場合は、モンベルのウォームアップシーツも有効です。
収納時のサイズが一回り小さくなります(9×15.5cm)
がISUKAのライナーほどの効果は期待できません。

お勧めはイスカのライナー(夏場など単体での使用もできます)
モンベルのウォームアップシーツ、
アルミ蒸着の非常用シュラフなどです。

保温性を上げると言うことは、空気の層を多めに作ることに集中することだと思います。
と言うことは、やはりシュラフカバーかシーツやライナーが有効かと思います。
もちろんダウンなどを着込むことも有効ですが、寝るときは薄着ほうが熟睡できるのではないでしょうか?

一番の理想は、単体で使用できるシュラフカバー(ライナーにフリースが着いたもの)がいいと思いますが、金額が高くなります。
代わりに、非常用シュラフと称して、アルミ蒸着ポリエステルを寝袋状にしたものが売っています。
ネットオークシ...続きを読む

Qお勧めのシュラフ教えてください。

タイトル通りなんですが、お勧めのシュラフを教えてください。
基本的には車で移動するテント旅行に使用しています。
車と言っても積載能力のない軽オープンなのでマミータイプを検討しています。
フリースウェアなど着こんで冬でも使用します。
低予算旅行がモットーなのであまり予算をかけれず、できれば1万円強までに抑えたいと思っています。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

no2です。
>たくさんおすすめ商品をあげていただいて助かります。
いえいえ、同じメーカーの保温性が異なるものを並べてみました。

>今のところ、使用するのは平地のみ、多少標高高いところでもほとんどキャンプ場です。
>また、使用するエリアは九州を中心、本州に行っても山口あたりまででしょうか。
>寝るときは裏起毛のルームウェア上下、靴下も使用します。
平地の西日本なら、モンベルの#3あたりで大丈夫かと思います。
個人差がありますので、保温性が足りないようなら着込む必要がありますが。

>ちなみにモンベルのスパイラルホローバッグはいかがでしょうか。
>快眠0℃~、限界-10℃とあり、僕の使用環境だとこれくらいでいけるかなと。安いし。

はい。スパイラルほろーバッグも#3ならバロウバッグの#3と同じ保温性ですが、
でも、大きさがでかいです。予算が1万円強だ、ということ、車の積載に制限があることから、
予算内でなるべく小さいものを並べてみました。(といいつつスノートレックは巨大ですが。)
車に積載できて、十分であれば、これもokです。

>イスカのパトロール600というのも保温性はモンベルほどではないですが、メーカー的によさげな気がしています。

保温性はモンベルにも低いものがあります。
性能を比較するなら、同じ保温性の時にどれくらい小さくて軽いか、ですね。

no2です。
>たくさんおすすめ商品をあげていただいて助かります。
いえいえ、同じメーカーの保温性が異なるものを並べてみました。

>今のところ、使用するのは平地のみ、多少標高高いところでもほとんどキャンプ場です。
>また、使用するエリアは九州を中心、本州に行っても山口あたりまででしょうか。
>寝るときは裏起毛のルームウェア上下、靴下も使用します。
平地の西日本なら、モンベルの#3あたりで大丈夫かと思います。
個人差がありますので、保温性が足りないようなら着込む必要がありますが。

>ちな...続きを読む

QPOLAR ROUTE 300 という寝袋について

2年ほど前に購入した寝袋ですが、果たして快適睡眠温度域や使用可能限界温度が何度なのか分からないまま使っております。お分かりになる方がいらっしゃいましたら教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

POLAR ROUTE 250Rというのを使用しています。適用温度は+5℃~+25℃となっています。
単体使用の場合、+5℃くらいなら何とか耐えられます。
モンベルで例えればダウンハガーの#5という感じです。300であればそれよりちょっと適用温度が低めではないかと思います。
ただし、耐寒温度は人によってかなり感覚が違いますので、あくまで参考です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報