ダイヤモンドは有機物ではありませんが、炭素の単一体です。
一般的に有機物に含まれる炭素は、発酵の際微生物によって分解されますが、ダイヤモンドの炭素も微生物の接触を続けた場合、長期的には分解されるのでしょうか。
ダイヤモンドは地球上で最も硬い物質といわれていますが、物性的な問題は除くとして、「炭素」という元素に焦点を当てた場合、微生物による分解もありえるのかなと思ったからです。

A 回答 (3件)

普通、生物は炭素を利用することは出来ません。


炭素の化合物を利用しているのです。

山を歩いていると古い炭焼き窯の跡をよく見ます。
周りの地面が黒くなっていて炭が残っている事も多いです。
50年前のものなのか、100年前のものなのかは分かりません。
現在植林の杉林であっても、かつては炭焼きの広葉樹の山であっただろうということが分かります。
    • good
    • 0

ダイヤモンドは常温常圧では最安定相ではないので, 確率的には黒鉛の変化する可能性がある.... かなぁ. まあ無理だと思いますがね

.
    • good
    • 0

酵素が表面も内部にも取り付けないので永遠に無いです。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q黄色いライト

旧規格のキャロル、丸いヘッドライト(多分H4)ですが、イエローバルブにしたいと思っています。

ネットオークションで見たところ、ほとんどが青っぽい反射のコーティングをした、昔流行ったゴールドバルブっぽい感じなんですが、このタイプはちゃんと黄色く光りますか?価格的には非常に安くてgoodなんですが、あまり薄いレモンイエローでなくて、濃い真っ黄色が好みなんですが。

昔のように黄色いガラスを被せたタイプのバルブって、もう売ってないのでしょうかね?
また他に濃いイエローバルブでお勧めがあったら教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

真っ黄色に拘るのであれば
「トバス」「ダイワ」と言うブランドのイエローが
非常に黄色いと思います。

両メーカーとも二流?ブランドなので
二つ入りで500円から1000円程度で買えますよ。

Q【化学】「分子に炭素を含むものを有機物と言います。ただし、一酸化炭素と二酸化炭素は炭素が含まれている

【化学】「分子に炭素を含むものを有機物と言います。ただし、一酸化炭素と二酸化炭素は炭素が含まれているのに有機物ではありません」


どういう理屈で一酸化炭素と二酸化炭素は有機物から除外されてるんですか?

数学だと何の法則性もないので数学者ならブチ切れてるレベルでは?

規則性がないのになんで一括りに纏めちゃったの?

纏めた人は馬鹿なの?

Aベストアンサー

結論から言いますと、一酸化炭素COや二酸化炭素CO2が無機化合物とされるのは、「昔から『無機化合物』に分類されていたから」、すなわち慣例上の理由からです。

現在では、「炭素を含む物質を有機化合物、炭素を含んでいない物質を無機化合物」と区別している原則は、すでにご存じだと思います。

しかし、19世紀初頭までの化学の世界では、「生物が作り出した物質を有機化合物、生物とは無関係に作られたもの(たとえば岩石や鉱物、食塩など)を無機化合物」と
区別がされていました。そして、有機化合物については、「生命力によってのみ作られ、人工的に合成することのできない特別な物質」と考えられていたのです。

ところがこの頃、COやCO2などの一部の炭素を含む物質、つまり現在で言うところの「有機化合物」が、すでに人工的に合成することが可能になっていたのです。
しかし、上に書いたような当時の基準に基づいて、当時、人工的に合成可能だったCOやCO2は「無機化合物」に分類されてしまったのです。

この概念に変化をもたらしたのが、ドイツの化学者ウェーラーです。ウェーラーは、無機物であるシアン酸アンモニウムNH4OCNを加熱して、有機物である尿素CO(NH2)2の
合成に成功したのです。この成功がもとで、多くの有機化合物が、人工的に合成されていき、現代の「炭素を含む物質を有機化合物、炭素を含んでいない物質を無機化合物」とする
基準が完成されました。


従って、現代の基準によれば、COもCO2も「有機化合物」となるはずです。しかし、COやCO2に関しては「昔から『無機化合物』に分類されていたから」という理由で、
現在も「無機化合物」とされているのです。


COやCO2のように、「昔から『無機化合物』に分類されていたから」という理由で、炭素を含むにも関わらず、無機化合物とされている物質は結構あります。
CO、CO2を筆頭に、CaCO3のような炭酸塩、シアン化水素HCN(いわゆる青酸です)やシアン化カリウムKCN(青酸カリ)などのシアン化合物がこれにあたります。

なお、昔は四塩化炭素CCl4(テトラクロロメタン)も、この慣例上の理由で無機化合物とされていました。しかし、四塩化炭素に関しては、メタンCH4の誘導体として考えるようになったために、有機化合物とされるようになりました。

結論から言いますと、一酸化炭素COや二酸化炭素CO2が無機化合物とされるのは、「昔から『無機化合物』に分類されていたから」、すなわち慣例上の理由からです。

現在では、「炭素を含む物質を有機化合物、炭素を含んでいない物質を無機化合物」と区別している原則は、すでにご存じだと思います。

しかし、19世紀初頭までの化学の世界では、「生物が作り出した物質を有機化合物、生物とは無関係に作られたもの(たとえば岩石や鉱物、食塩など)を無機化合物」と
区別がされていました。そして、有機化合物につい...続きを読む

Q肌が結構黄色いのですが、全身ではなく、

肌が結構黄色いのですが、全身ではなく、
背中・お腹・お尻・手の甲・腕・脇・首・脚全体が特に黄色いんです。
二の腕・デコルテ・胸・顔はそんなに黄色くないのですが・・・。

中学生に入った頃から黄色くなった覚えがあります(現在16才)。

子供の時は白かったので、昔の肌色に戻したいのですが。。

何で黄色いのでしょうか・・・?
かぼちゃやみかんは全く食べていません。

Aベストアンサー

白目が黄色いのであれば黄疸の可能性もありますので一度受診してみるとよいと思います。

参考URL
http://www.mayona.com/archives/2005/09/post_322.html

Qダイヤモンドの単位格子中に含まれる炭素の数はなぜ8個になるのですか ダイヤモンドの結晶はZnS型と同

ダイヤモンドの単位格子中に含まれる炭素の数はなぜ8個になるのですか
ダイヤモンドの結晶はZnS型と同じで、二つのイオンをC原子に置き換えたのはわかるのですが、そうすると原子半径の異なるC原子が存在することになってしまい...
どこから考え方が違うのかわかりません

Aベストアンサー

ダイヤモンドって理想的には炭素原子が sp3 でつながっている (だけ) の構造だから, 少なくとも理想的には「大きさが違うようにみえる」としてもそれは描くときの都合などであって全て「同じ原子」だよ.

Qベタベタの黄色い汁 最近顔や耳の後ろからベタベタの黄色い汁が出てきます どうしたら治りますか?

ベタベタの黄色い汁
最近顔や耳の後ろからベタベタの黄色い汁が出てきます
どうしたら治りますか?

Aベストアンサー

黄色いベタベタの汁は、滲出液(しんしゅつえき)だと思います。
中程度以上のアトピー患者さんにときどき出るようで、
放っておいて治るものではないので、きちんと皮膚科で
治療薬を処方してもらいます。
症状に応じたステロイド軟膏を塗ります。
細菌感染があるようであれば、抗生剤の服用と抗生剤入りの軟膏を
塗ってからステロイド軟膏を塗ると良くなるようです。

早めに皮膚科の受診をオススメします。
http://www.drmakise.com/atopy/atopy11-4.cfm

QH2Oを電気分解すれば水と酸素に。ではCO2を炭素と酸素に分解するには?

今 地球温暖化が問題になっています。
ご存知のとおり化石燃料を使いすぎたために二酸化炭素が増えすぎて温室効果がおきています。

さて、水を電気分解すると酸素と水になります。
では二酸化炭素を炭素と酸素に分解するにはどうしたらいいですか?
(植物による二酸化炭素→酸素への変換以外の方法で)

また低コストでできることですか?
低コストでできれば一気に問題解決できると思います。

悩んでいます。
教えてください。

Aベストアンサー

よそのQA
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1013641080
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1414724064?fr=rcmd_chie_detail

Q【なぜ人間の尿は黄色いか知ってますか?】 【人体の不思議】人間の尿が黄色い理由を教えてください。

【なぜ人間の尿は黄色いか知ってますか?】



【人体の不思議】人間の尿が黄色い理由を教えてください。

Aベストアンサー

https://kids.gakken.co.jp/kagaku/110ban/text/1009.html より抜粋

おしっこが黄色いのは、中にウロクロームというものがふくまれているからです。 このウロクロームというのは、人間の体にとっては、大切な栄養素(えいようそ)のひとつで、タンパク質が体の中で分解(ぶんかい)されるときにできるものだといわれていますが、くわしいことはまだ何もわかっていません。
なぜ、どうやってウロクロームが人間の体の中で作られるかということは、まだ全くのなぞなのです。 ですから、今わかっていることは、黄色い色の原因はウロクロームという名前のもので、それは、たぶんタンパク質と関係があるのではないかというところまでなのです。
おうちの方へ
おしっこの色とうんちの色は全く違うものです。 うんちの色は、ウロビリンという色素によるものです。 この色素は、死んだ赤血球の中のヘモグロビンが分解された後変化して生じるものです。

Q有機化合物の元素分析について

高校の化学で,有機化合物の元素分析は,水を塩化カルシウム,二酸化炭素をソーダ石灰〔水酸化ナトリウム+酸化カルシウム〕によって吸収させ,C・H・Oのモル比を求める,と教わりました。二酸化炭素を吸収するするためには塩基性の水酸化ナトリウムに気体を通すだけでよいはずなのに,どうして酸化カルシウムの含まれるソーダ石灰に気体を通す必要があるのでしょうか?酸化カルシウムはどのような役割を持つのでしょうか?教えてください!!

Aベストアンサー

ソーダ石灰(ソーダライム)は多孔性で二酸化炭素との吸着性がすいさんかナトリウムよりも優れています。
ちなみに水酸化ナトリウムは粉末にすることが難しく、表面積が小さいためにさんかカルシウムを活性化するためだけの用途と考えて下さい。

Q黄色い痰が出る

風邪が治ってから急に黄色い痰が出るようになりもう1ヶ月くらい
経ちます。黄色い痰はどこか悪い可能性はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

一般的には、細菌感染があって黄色い痰がでるので、鼻かのどか気管支に感染があると考えたほうがいいと思います。
意外に、鼻のほうからおりてくる痰というのもあるので、そういうものなら耳鼻科、気管支から来ているようなら呼吸器内科ですね。
抗生物質で直ると思います。お大事に。

Q化学I 有機化学、元素分析について

高校3年です。
乾燥した酸素→試料・酸化銅(II)→H20吸収→CO2吸収→吸引
という作業についての質問です。

C,H,Oからなる場合についてですけど、

☆まず、完全燃焼といったら、「CO2とH2O」と考えていいのでしょうか?
これは試料が、CとHとOの時のみ限定ですか?けど、「完全」燃焼 ってことは、燃えて何もなくなるってことだから、「完全燃焼」と書かれていればCO2とH2Oと考えちゃっていいでしょうか。

☆あと、過熱の際、酸化銅(II)を混ぜているのですが、「試料を完全燃焼させるための酸化剤」となっているのですが、いまいち理解できません・・・。
「酸化剤=相手の物質から電子を奪ってその物質を酸化させる働きのあるもの」と、酸化還元反応のところでやった知識しかないのですが、「酸化剤を入れると完全燃焼するのか」というのがいまいち分かりません。

☆あと、加熱したあと塩化カルシウム(H2O吸収)に先に通すのは、ソーダ石灰(CO2吸収)を先にしてしまうと、ソーダ石灰のところに、水蒸気がついて、湿ってしまい、水蒸気の分がソーダ石灰の質量増加に含まれてしまい、適切に質量増加分を測定できなくなってしまうから、という理由でしょうか。

☆酸化銅(II)の(II)はCuの価数ですよね、この場合2+になると、CuO (I)だとCu2Oですよね。
この(II)とか(I)とつけなければいけないやつって時々見かけますけど、銅と鉛と鉄のみと考えていいでしょうか?それらが含まれているときは必ず書く必要がありますよね。

質問する点がばらばらになってしまいましたが、よろしくお願いします

高校3年です。
乾燥した酸素→試料・酸化銅(II)→H20吸収→CO2吸収→吸引
という作業についての質問です。

C,H,Oからなる場合についてですけど、

☆まず、完全燃焼といったら、「CO2とH2O」と考えていいのでしょうか?
これは試料が、CとHとOの時のみ限定ですか?けど、「完全」燃焼 ってことは、燃えて何もなくなるってことだから、「完全燃焼」と書かれていればCO2とH2Oと考えちゃっていいでしょうか。

☆あと、過熱の際、酸化銅(II)を混ぜているのですが、「試料を完全燃焼させるための酸化剤」とな...続きを読む

Aベストアンサー

>酸化剤を入れるとなぜ完全燃焼させることができるのですか・・・? 不完全燃焼のCOを、CO2(完全燃焼)にする働きがあるのでしょうか?

化学反応は基本的に「平衡」です酸化剤を多く入れればそれに比例して酸化された化合物の量が増えていきます。

>COのCは2+。けど、CO2だとCは4- ??なんか分からなくなってしまいました。

COは金属と同じで炭素がいくつかの酸化数をとれます特に温度が高く炭素が多いときは二酸化炭素と炭素からCOが出来る反応が起こります。昔はこうやって「都市ガス」を作っていたので「ガス自殺する人がたくさん居ました」
m(_ _)m


人気Q&Aランキング

おすすめ情報