大量のjpg形式(RGB)の写真をeps形式(CMYK)で保存したくてバッチを使おうとしたのですが、なぜか失敗してしまいます。。。
アクションなどを見直しましたが、どこの設定が違うのかわかりません;ご指摘お願いします(><)

■環境
MacOSX
Photoshop CS4

■手順
1.バッチ用にフォルダを2つ作成(バッチ前・バッチ後)
2.ダミーの写真でアクションを作成
3.バッチ前フォルダにjpg画像を入れる
4.バッチ開始

■結果
バッチ後フォルダに別名保存はされるのですが、アクションが適用されていなくて、jpg形式(RGB)のまま保存されてしまいます。

「Photoshop CS4でのバッチ処理」の質問画像

A 回答 (2件)

微妙に症状が違いますが、最初の開くが原因のようです。


私が組んだ時は、最初の開くは入れてませんでした。
開くを入れると、最初の開くの一枚だけが変換されて後は保存できないようです。

実行後の設定をなしにすると、ファイルだけフォルダから開きます。

最初の開くを消してみてください。
多分それで動きます。

後、実行後に保存するようにバッチ処理をかけるなら、最後の閉じるも無くてもいいです。

閉じるがある場合は、実行後の所がなしでも動きます。

この回答への補足

おおお!!開くと閉じるを消してみたら出来ました…!!
ありがとうございます~~!!(><)

補足日時:2009/05/16 21:43
    • good
    • 0

ちょっと試しに私も組んでみたのですが、普通に動きました。


ただちょっと、このアクションは処理が重いようです。

一度最初から組直してみる方がいいと思います。

後は、バッチ処理の設定の実行後のところを確認してみて下さい。
そこが保存して閉じるになっていると、ひょっとするとアクションの実行後に上書きしている可能性があります。
なしにしてください。

この回答への補足

素早い回答ありがとうございます!
もう一度組み直してやってみましたが…同じ結果でした。

バッチ処理の設定は実行・実行後共に別々の「フォルダ」に設定してあります。
ためしに実行後を「なし」にしてみましたが、jpg写真がたくさん開くだけで今度は保存されなくなってしまいました。。。

ただ、_akiakaneさんの「上書きしている可能性」というのが引っかかったのですが、バッチ処理中にファイル名が一瞬jpg→eps→jpgになるのが見えました。やはり上書き保存されているのでしょうか…

補足日時:2009/05/16 18:39
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバッチファイルで環境変数が設定されません

よろしくお願いいたします。
Windows XP Pro の command.com において、バッチファイルの中で set コマンドを使って環境変数を設定しても、バッチから抜けると環境変数の設定ができていません。 バッチ終了後の環境変数は全てバッチ開始前と同じ状態です。
command.com のプロンプトで set コマンドを実行すると、環境変数はセットした内容に変化もしくは追加されます。

cmd.exe ではバッチからでもプロンプトからでも set コマンドで環境変数を操作できます。

なぜ command.com 上のバッチから操作できないのかわからず、不便でかないません。
アドバイスをよろしくお願いいたします。

@echo off
set foo=word
path=c:\
echo %foo%
echo %path%
上記バッチを実行すると
word
c:\
と表示されますが、set コマンドで確認すると
FOO は存在しません
PATH=C:\WINDOWS\system32;C:\WINDOWS;C:\WINDOWS\System32\Wbem;...
と表示されます。 これはバッチ実行前の値です。

よろしくお願いいたします。
Windows XP Pro の command.com において、バッチファイルの中で set コマンドを使って環境変数を設定しても、バッチから抜けると環境変数の設定ができていません。 バッチ終了後の環境変数は全てバッチ開始前と同じ状態です。
command.com のプロンプトで set コマンドを実行すると、環境変数はセットした内容に変化もしくは追加されます。

cmd.exe ではバッチからでもプロンプトからでも set コマンドで環境変数を操作できます。

なぜ command.com 上のバッチから操作できな...続きを読む

Aベストアンサー

#2です。

> >>あらかじめ起動しておいたcommand.comのプロンプトでバッチファイルを実行すれば期待通りになっているように思えるのですが。
> 私もその様に考えて同様の期待をしてバッチファイルを実行しました。
> しかしバッチ終了後に set コマンドで確認すると、環境変数はまったく変化していないのです。 バッチ実行前の状態なのです。

不思議ですね。
こちらではバッチファイルで変更した環境変数はプロンプトに戻っても変化したままです。
XP Pro SP2なので環境は変わらないと思いますが。

#COMSPEC環境変数でcmd.exeを指定してるとか。

QCMYKで保存しているのにRGBで開かれるって?

Mac OS 9でイラストレーター9を使用しています。
2週間前から急に書類のカラーモードがCMYKカラーで保存しても開くとRGBカラーなんです。なので、開く度にCMYKに直すのですが、保存をすると次に開く時はまたRGBになっています。
なので、スウォッチのカラーも『赤→M 100% Y 100% 』ではなく『M 97.11% Y 93.85% C 5%』とか訳の分からない数字になってしまいます。
印刷などもかけるので微妙な色の変わり方が気になります。
どなたか解決方法を教えて下さい!!

Aベストアンサー

アドビのサポートデータベースにある、文書番号:219994
【Illustrator 9.0 (Mac/Win):CMYKモード゛で作成したファイルを開きなおすとRGBモード゛になっている】
のことでしょう。

詳しい解決方法はここであれこれ書くより、該当文書を見てもらう方がわかりやすいと思いますので、
下記のリンクを見てください。

参考URL:http://support.adobe.co.jp/faq/faq/qadoc.sv?219994+002

QMS-DOSのバッチで変数を使いたい

バッチで、変数というものを使えますか?
以下のようなものをイメージしていますが、これに近いソースを教えてもらえないでしょうか?

@ECHO OFF
i=2008
echo "現在は" + i + "年です"

Aベストアンサー

@ECHO OFF
set i=2008
echo 現在は %i% 年です

Q(jpgを4分割→90度回転→別名で保存)×300回

表題の件です。

手書きの絵を4ページづつスキャンしたJPGデータが
300枚ほどあります。取り込みの際に本番使用に対して
90度かたむいた方向で取り込まれています。
正しい方向に直しつつ、1ページづつ別ファイルにしたいです。

自分で思いついた方法は「Fireworksで4分割したスキンのファイルを
作り、そこへJPGを1枚づつドラッグ&ドロップして、回転させて、
書き出す。これを、300回」です。

もっとラクにやる方法はないでしょうか。

手持ちのソフトは「Fireworks 4」「PaintShopPro6」「PaintShopPro8」です。
(正直、あまり使い込めてません。)

Aベストアンサー

OS Winなら「Vix(フリーウェア)」で一括処理出来ますよ。

ファイル全選択(Ctrl+A)→画像→フォーマット総合変換(*)
*リサイズ、色調変更、トリミングも可

Qバッチファイルで変数の内容変更

以下のバッチファイルで,10回目のループで,ファイル名を入力している変数を
「out.txt」と変更したいのですが,変更前の「in.txt」と
出力されてしまいます。
どのように対処すれば宜しいでしょうか?
よろしくお願いします。

@echo off
set FLN=in.txt
for /L %%N in ( 1 , 1 , 10 ) do (
echo %%N
if "%%N" equ "10" (
echo 変更します
set FLN=
set FLN=out.txt
)
echo %FLN%
)
@echo on

Aベストアンサー

「cmd /V:ON」でコマンドウィンドを開き、以下のように修正すれば、意図した動作となると思います。
詳細は、「help set」をご参照ください。

@echo off
set FLN=in.txt
for /L %%N in ( 1 , 1 , 10 ) do (
echo %%N
if "%%N" equ "10" (
echo 変更します
set FLN=
set FLN=out.txt
)
echo !FLN! <---------------------
)
@echo on

Qphotoshopで別名JPG保存するとパスが残るのはなぜ

photoshopで別名JPG保存するとパスが残るのはなぜでしょうか。
JPGはレイヤー保存ができないし、ただの一枚絵になるという認識でいたのですが、パスは保存できる仕様になっているのでしょうか?

JPGデータを人にわたすときに、パスデータも保存されているので、
そのまま渡してしまって大丈夫なのか気になっています。

Aベストアンサー

JPEGファイルは
http://siisise.net/jpeg.html
を見ると

SOI FFD8
{ フレーム
 APP0 FFE0 JFIFヘッダ
 APPx FFEx ユーザー拡張部分。無くても良い
 { ユーザー定義
  自由に使用可能。フォトショップはここにサムネイルや個人情報を格納する
 }
 APPx FFEx ユーザー拡張部分。無くても良い
 { ユーザー定義
  自由に使用可能。フォトショップはここにパスデータを格納する
 }
 DQT FFDB 量子化テーブル
 DHT FFC4 ハフマンテーブル
 SOF0 FFC0 標準DCT圧縮 (プログレッシブの場合は別)
 { スキャン1
  SOS FFDA
  データ
 }
}
EOI FFD9

と言う構造になっています。

この「自由に使用可能」のデータには、アプリ側で自由に色々なデータを入れる事が出来ます。

フォトショップでは、この「自由に使用可能」の場所に「サムネイル画像」や「フォトショップのバージョン」や「フォトショップの使用者の氏名や所属」や「パスデータ」を保存します。

>JPGデータを人にわたすときに、パスデータも保存されているので、
>そのまま渡してしまって大丈夫なのか気になっています。
パスデータの他に「サムネイル画像」や「フォトショップの使用者の氏名や所属」なども入っていますので、データを人に渡したり、どこかにアップロードしたり、ネット公開する場合は注意しましょう。

さもないと、個人情報をネット上に垂れ流しする事になります。

JPEGファイルは
http://siisise.net/jpeg.html
を見ると

SOI FFD8
{ フレーム
 APP0 FFE0 JFIFヘッダ
 APPx FFEx ユーザー拡張部分。無くても良い
 { ユーザー定義
  自由に使用可能。フォトショップはここにサムネイルや個人情報を格納する
 }
 APPx FFEx ユーザー拡張部分。無くても良い
 { ユーザー定義
  自由に使用可能。フォトショップはここにパスデータを格納する
 }
 DQT FFDB 量子化テーブル
 DHT FFC4 ハフマンテーブル
 SOF0 FFC0 標準DCT圧縮 (プログレッシブの...続きを読む

Qコマンドプロンプト バッチ|結果を変数に代入する方法

バッチで、外部のEXEを実行した結果を変数に代入する方法を教えてください。

外部のEXEは
hogehoge.exe あいうえお
と実施した場合
おえういあ
という結果を返します。

たとえば…

SET HOGE=hogehoge.exe あいうえお
ECHO %HOGE%

の結果として おえういあ を表示する
という風にしたいです。

Aベストアンサー

Win2000やXPなど NT系のコマンドプロンプトなら
usebackqを使って バッチの変数に代入してやればいいと思いますよ

for /F "usebackq" %%s in (`hogehoge.exe あいうえお`) DO@ SET HOGE=%%s
といった具合で in句の『hogehoge.exe あいうえお』の実行結果が バッチ変数 %%sに代入されます

QPhotoshopで別名保存のファイル形式を固定

Photoshop CS6を使っていますが
別名で保存をする時に違うファイル形式を選択する場合
ファイル形式の一覧がズラズラ~っと出ますが…
私にはBMPやJPEGやTIFFなど以外は不要なのですが
この一覧をスマートにする設定はないのでしょうか?

バッチ処理に関しては別パターンの作業の場合では活用しております。
今回の質問は単にファイル形式一覧の数を減らしたいのですが…
いかがでしょうか?

Aベストアンサー

これは不可能ですね
仕様なのであきらめてください
プラグイン内のファイル減らせば可能かもしれませんが使いたいとき使えませんね

Qバッチファイルへの変数のキー入力、変数名を含むファイルへの出力

とあるヘッダーの作成のため、キー入力した値で、変数名を含む名前のテキストに変数の入ったファイルを書き出そうと思うのですが、どなたかアドバイスいただけますでしょうか。

いまのところ次のような感じで、%num%という変数に数字を入れるようにしたいのですが。
SET/P %num% = 数字を入力してください: 
echo right: %num% >> header%num%.txt
echo leftt: %num% >> header%num%.txt

また、バッチファイルのサンプルが多く載っている書籍等の紹介でもかまいませんどうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

アドバイスというか・・・

> SET/P %num% = 数字を入力してください: 
これ変では?

> SET/P num= 数字を入力してください: 
なのでは?
#代入時に「%~%」は不要。変数名の後の=との間に空白不要。

QPhotoshopCSのバッチ処理でJPG連続保存

PhotoshopCSのバッチ処理でフォルダーAにあるtiff画像を
フォルダーBにJPG変換して連続で処理したいと思い、
まずアクションパレットに「開く」「別名Jpg保存」「閉じる」と作業を新規登録しました。

次に「自動処理」→「バッチ」と進んだのですが
「ソース」の項目と「実行後」の項目の設定が良くないのか?
思うように実行できません。
「ソース」「実行後」共に「フォルダー」を指定しております。
下のチェックボックスも少しいじってみましたが要領を得ませんでした。

実行を行うと一見ファイルを開いて行って作業をしているのですが
何故か?最初の1枚だけJPG変換してその後の写真は変換されていません。
その作業も毎度毎度必ず最初の1枚目が開かれてから2枚目3枚目と写真が開かれていました。

どこかやり方が間違っているのだと思いますが
どなたかご指摘お願いいたします。m(_ _;)m

Aベストアンサー

バッチの画面で「セット」「アクション」は正しく設定していますか?
それがOKなら
ソースはフォルダ
選択はフォルダA、開くコマンドを無視にチェック、それ以外はノーチェック
実行後:フォルダ
選択はフォルダB
別名で保存コマンドを省略にチェック これで行けるはず


人気Q&Aランキング