先日車を変えたので、オーディオも移動させました。
同じように配線したのですが、左側のツイーターが鳴らず
+と-を間違えたのだと思い、変えてみると鳴りました。
ところが走行中、曲間にサーという雑音が入るので触ってみると、
左側だけ、もの凄い高温になっていました。(指にアルミ部分の跡がつくほど)

スピーカーはcarrozzeriaのTS-V07Aです。
http://pioneer.jp/carrozzeria/archives/products/ …

対処法等をご存知の方がいらっしゃいましたら、アドバイスよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

熱くなったツィーター、配線を外してみてください。


スピーカーは単なるコイルですので、直流電流が流れ込むと、いきなり大電流が流れます。で、熱くなったコーンが乾いて、もっと熱せられると、車が炎上します。80年代にコンデンサー電解液に、四級塩という低インピーダンス電解液を使い、世界中の電気製品を危険にさらした事件がありました。ゴムが溶け、中身が電子基板上に流れ出て、電流をショートします。電解液に四級塩を使うと、インピーダンスが下がるので、小型の電解コンデンサーが使え、コストダウンになったためです。

さて、これと今回の件が関係あるかどうかは、ちょっと分かりません。でも切断した配線に、抵抗(値が分かっていればなんでもいいので適当な値)をつけて、両端の電圧を係争してください。V=IRの式のRは抵抗(オーム)Vはテスターで計測した値、Iはアンペアです。
いまどきの3000円カードテスターは自動でレンジを計測してくれますから、多分簡単に計測できるでしょうね。抵抗値は、同じテスターで計測できます。あとは、電卓で計算。このアンペア数が一体いくつかです。もしも、数アンペア(2A,3A)あったら、結構多いです。
発火するには、10Aとか20Aとか必要です。(多分ですが)

で、いずれにせよ、お持ちのカーステレオは、とても危険なので、面倒だったら、電気屋さんにもっていって新しいステレオを買い、交換で捨ててもらいましょう。

分解して探っているより、まるごと交換のほうが楽です。多分。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
自己解決しました。
でも、勉強になりました。

お礼日時:2009/05/20 20:26

そのスピーカーの説明を読んだのですが、書かれているURLには詳細な仕様(回路図など)が無いため、正確な判断まではできません。


予測ですが、電解コンデンサが入っていて、逆接続時に破裂したということはないですか?
破裂の瞬間は、一瞬、煙のようなものが出る筈ですが。

スピーカーを外して、テスターで調べるとか、他のアンプに繋いでみるとかしないと、ここでは判断できません。

病院に電話して、「私は風邪でしょうか?」と聞いても、医者は答えに困りますよね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
自己解決しました。

お礼日時:2009/05/20 20:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング