太平洋戦争での敵艦に対する急降下爆撃機は見てると敵艦の腹に対して向かっています。
でもそれだと、雷撃ならいいけど、爆撃ではちょっと間違うと爆弾が敵艦を素どうりしてしまいます。(飛び越してしまう)

それよりも敵艦に対して縦に侵入したほうが、船は縦に長い長いから外れにくいと思います。

どうして縦に侵入しないのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

艦船の甲板は厚い鋼鉄でで守られて、少々の攻撃ではダメージを与えられません。


勿論、甲板上であっても艦載物に被害を与え、操舵室等に命中すれば航行不能には出来るでしょう。
それに対して、側面は大変薄く小さな破壊を受けただけで沈没などの大きなダメージがあります。

さらに、正面からの攻撃は上下は的として大きくなりますが、その代わり少しでも横にずれるとダメージを与えるどころか斜めに滑ってしまいます。
その点側面からの攻撃は、上下の正確さえ有れば左右はかなりずれても確実に大きなダメージを与えることが出来ます。

戦闘機の操縦的にも、左右の調節は機体を傾けるなど難しくなりますが、上下の調節は操縦桿の前後操作だけで瞬間的に調節でき、目標を捉える確立も高くなります。

戦闘機を攻撃する船側にしても、船の構造上縦揺れは少なく横揺れが大きくなります。
当然船の前方から来る敵機には照準を併せやすく、横から来る戦闘機は揺れの関係で狙いにくくなるでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2009/05/16 23:45

急降下爆撃の方法は、基本的に決まっております。



ただし、接敵後の攻撃進路(爆撃進路)は、こちらの兵力、相手の陣形、攻撃の目的(空母に対する飛行甲板破壊か、味方の攻撃機との連携、対空砲火の分散、被害艦に対するトドメ等)、時期の違いによる戦訓により、さまざまです。風向きも大事です。

そして、一番当てやすいのは、敵艦の後ろから、進路に沿って急降下、投弾する事です。もちろん、左右へのブレも生じますし(主に横滑り。錬度や、風による)、前後方向への誤差のあります(敵速度の見誤り、変化)。これらのミスが無くとも、回避行動、変進により外れる事もあります(後ろからが、一番変進を察しやすい)。日本の場合、どの方向からでも当てられる程の錬度の搭乗員が多数いました。

防御側も、黙ってやられる訳ではなく、早めに転進し、敵に艦首を向ける方向に持ってゆく場合が多いです。対空戦闘に自信を持つアメリカ防空艦では、あえて回避行動をとらないか、他艦への援護行為も多かったようです。そのため対空火器を多数使える脇腹をさらす事も多かったのでは。

No.11 様も言っておられるように、「太平洋戦争での敵艦に対する急降下爆撃機は見てると敵艦の腹に対して向かっています」と言うのが、なんなのか判りませんが、日本機であれば、雷爆同時攻撃などの飽和攻撃の一端、アメリカ機であれば、弱敵からの被弾を少なくするための戦法ではないでしょうか。

また、装甲についてですが、空母「大鳳」の飛行甲板の装甲は95mmです。 これが1000ポンド爆弾の急降下に耐える厚さです。 その厚さの装甲を持てる艦種と言えば、戦艦がほとんどです。 戦艦の場合、垂直装甲と水平装甲の厚さを比べると、ほとんどが垂直装甲のほうが厚いです。 それ以下の艦は、重巡を除けば、防御は無いに等しいです。被弾すれば、上からでも、横からでも同じことです(水線下は除く)。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~zq9j-hys/koukabakuge …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2009/05/18 16:15

「艦長たちの太平洋戦争―34人の艦長が語った勇者の条件 (光人社NF文庫) 」


佐藤和正 著
http://www.amazon.co.jp/dp/4769820097/

に収録されている、エンガノ岬沖海戦で戦艦伊勢の艦長だった中瀬泝少将
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E7%80%AC% …

は、小沢部隊の空母が全滅した後、「最も大きな標的」となった伊勢を襲ったのべ150機といわれる米軍機の爆撃・雷撃を全て回避し、至近弾による爆風と破片の被害以外は受けずに伊勢を戦場から脱出させました。

中瀬氏によると、米軍の急降下爆撃機は、編隊を組んで「艦首方向」から反航してきたそうです。

中瀬艦長の急降下爆撃回避は、

1) スピードを一杯に上げて、米軍急降下爆撃機(以下 米軍機)の動きを見つめる。舵の効きは、スピードが速いほど良くなるから。

2) 米軍機はある時点でエアブレーキをかけ、編隊ごと急降下に入る。いったん急降下に入るとそこからの修正はできない。

3) 米軍機が急降下に入った瞬間に「取り舵一杯」を号令する。伊勢は急激に左に回頭する。

4) 米軍機編隊は既に急降下に入っているためそのまま爆弾を落とすしかない。伊勢がいない海面に爆弾をむなしく落とすことになる。

5) 雷撃と違い、急降下爆撃は一度に一編隊しかできない。空中で衝突してしまうため。よって、常に上空を注視していれば急降下爆撃は回避できた。

この場合、伊勢の艦首方向から反航してきて急降下爆撃に入った米軍機編隊は、取り舵一杯で左に向いた伊勢の横腹を見ながら、前方の海面に爆弾を落とすことになります。

ミッドウェー海戦の赤城のように、断雲の中で不意打ちで急降下爆撃を受けたのであれば「回避をせずに急降下爆撃を受ける」ことになりますが、普通は急降下爆撃を受ければ回避します。日本でも、昭和18年以降は多くの軍鑑に対空レーダーが装備され、敵機の接近はかなりの距離で探知でき、不意打ちを受けることはなくなっていました。
(敵機が海面を這って接近してきた場合はレーダーで探知できませんが、それでは急降下爆撃は出来ません)

「太平洋戦争での敵艦に対する急降下爆撃機は見てると敵艦の腹に対して向かっています」

というのが、いったい何を見て言っておられるのか良く分かりませんが、
「舵を切って回避しつつある敵艦に急降下する様子」
を見ているのであれば、結果として「敵艦の腹に向かう」ことになったでしょう。

敵機が自艦に向かって急降下しているのに、じっと爆弾が命中するのを待っている指揮官は普通はいませんから。回避行動を取るのが当たり前です。

この回答への補足

どっかの架空戦記マンガで被弾したドーントレスが赤城の対空砲火でエアブレーキが効かなくなって、赤城を飛び越して海面に衝突してました。
縦に突っ込んでれば少しくらい飛び越してもあたるのに・・・

補足日時:2009/05/17 13:46
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2009/05/17 13:52

船は、水上に見えている部分、甲板より上と


水没している部分、船本体に区分が大別されますが
もちろん、艦橋に爆弾が命中しても艦は大損害ですが
船本体が穴が開いて水の侵入が応急修復も出来ない
くらい大破すると艦は沈みます、艦橋は対空銃座で
ハリネズミのようになっていて見るからに攻めにくい
ところですが、ようは、船は、沈められたらオシマイ
なので船を攻撃する航空機は、船を沈める、あらゆる
ことをやるわけで
それで、船の本体は、船の進行方向に対する強度は
一番強く、正面に攻撃が命中しても耐えられるものが
側面から受けると、あんがい、モロイ場合があります。
戦艦大和の撃沈の模様は諸説あって10何発も魚雷が
命中してから沈み始めたという話もありますが
ヤマトの生存者のかたの証言で6発目の側面から
当ったので、もうダメだと感じたというものも
ありました
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2009/05/17 13:51

縦方向であろうと横方向であろうと、奥行きの意味での命中率はさしてかわりありません。

というのも軍艦はかなりの高さがあるため、奥行き方向に多少ずれても、上のほうに当たる可能性が高いからです。

加えて戦艦など対魚雷防御の装甲が充実した相手だと、急降下爆撃要の小さい爆弾で装甲を破るのはほぼ不可能です。

なお空母相手の場合は甲板を叩くことが目的なので、対空砲火を覚悟で正面・背後方向からの急降下爆撃もありです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2009/05/17 13:50

幅広いからでないですか、着弾点が狭くとも当たる(艦船の幅)


着弾幅を急降下爆撃だと狭く出来るに10m内に落ちるとするととすれば艦幅が10mだと
スコープに入ればあたるのではないのかな
縦だと着弾点が長いですが左右に転舵したら外れる
ミツドウエイ海戦は雷撃機に気を取られ低空まで母艦上空護衛戦闘機

零戦ですが低空に下りていた所、会合に失敗した米急降下爆撃ドーンドレスがミツドウエイ島二次攻撃発進時と上空がら空きがタイミングよく重なった
風上に向け直進しなければならない
ベテラン搭乗員よりもVT信管の影響でしょう直撃なんてめったにないのが当たるので
変な撃墜の仕方されていると思ったみたいですよ。
この信管は陸に向け発射しなかったそうな秘密保持の為
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2009/05/17 13:45

実は、当時の急降下爆撃も、けっこう照準がシビアで、自分の速度、敵の速度、はては地球自転の影響までパラメーターに入ります。


すると、横に長いある一定の帯に修正しながら突っ込んで落とすほうが、やはりいいわけです。その代わり命中率は爆撃高度に比例しますから、敵に接近することになり急降下爆撃機の損耗は、高くなるわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2009/05/17 02:55

当時の将兵の回想録によると、士気の低い部隊は艦首方向から緩降下で爆撃したそうです。


攻撃する側から見て、敵艦を中心に捉えて真っ直ぐに降下するとこれが命中率が一番高いわけです。しかし、これを攻撃される艦船側から見るとそういう敵機はこちらに向って正面を向いたまま機影がぐんぐん大きくなってきます。こっちに真っ直ぐ向ってくるから当然です。しかし一方これが最も対空砲火が当て易いわけです。真っ直ぐこちらに向ってきますから。
ということは、最も撃墜される確率も高いということです。

対空砲火を撃ってから、実際に弾が届くまでの間のタイムラグがありますから、対空砲火を撃つ場合は敵機の未来位置を予想して発射します(正面から機影が大きくなるだけならその必要もないので命中率も高くなります)。このとき上下左右の動きのうち下から上、つまり手前に引くような動きが最も難しくなります。
しかし爆撃機側からすると速度も相対的に早くもなりますし、爆弾を落とすタイミングも非常にタイトです。つまり、当てられにくい反面当てづらい。そこは常にジレンマなわけですね。

ところで、アメリカ側の呼称による太平洋戦争を通じて、特に日米の実力が伯仲していたといえる珊瑚海海戦から南太平洋海戦に至るまでの急降下爆撃隊の命中率は日米ほぼ同じ確率です。インド洋海戦は野球に例えれば日本代表と中国代表の対戦みたいなもんで、中国のピッチャーをボカスカ打ったからってあまり自慢するものではありません。やっぱキューバとかアメリカとか韓国とかを相手にしないとね。
日本がベテランの搭乗員を消耗した南太平洋海戦以降はもう日本軍はアメリカ軍艦船に有効なダメージを与えることはできなくなってしまいました。
また、意外に知られていないことですが、大馬力のドーントレス爆撃機は高高度から侵入できたので、馬力不足の零戦では思ったほど迎撃ができませんでした。これがあの「運命の五分間(というのは実際なかったそうですが)」につながったわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2009/05/17 00:30

急降下爆撃についての直接の統計はしりませんが、米軍には特攻機に対する回避法の指針があったそうです。


浅い角度での特攻機に対しては横方法に、急角度で突っ込んでくる特攻機に対しては縦方向に艦を向けたほうが命中率を低くできる(回避しやすい)、というのがあるそうです。
これから考えると、横方向から急降下爆撃をするほうが命中率が高くなりそうですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2009/05/16 23:43

どてっぱらにあてて、沈没させたいのでは。



戦艦武蔵の例ですが、
『レイテ沖海戦におけるシブヤン海海戦において、米軍機の雷撃20本、
爆弾17発、至近弾20発以上という軍艦史上最多・空前絶後の損害を受けたが、
艦前部を主に両舷の浸水がほぼ均等で、当初左右方向への傾斜が僅か
または復元可能であったこと及び機関部が健在であったことにより、
沈没に至る過程において速度は低下したものの回避運動が可能であったため、
被弾数に比べて長時間交戦できたものと推測される。
ちなみに、米軍はこの戦闘を教訓として昭和20年4月の菊水作戦時の
「大和」への攻撃を左舷に集中させたとされる。』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E8%94%B5_(%E6%88%A6%E8%89%A6)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2009/05/16 23:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q器と機の違いは?教えてください。

器と機の違いは?教えてください。

Aベストアンサー

器:物を入れる物(入れ物)など、自分で動き他に対して仕事をしない物(測定器など)
機:自分で動き他に対して仕事をする物(運搬機、穿孔機など)

Q雷撃と反跳爆撃

捷一号作戦以降の旧海軍において、
「雷撃機(天山、銀河、一式陸攻)による雷撃」と、
「戦闘機(零戦)による反跳爆撃」ではどちらのほうが成功率が高いと見込まれていたのでしょうか。
米海軍の場合の成功率は探せましたが、旧日本海軍の場合が見つけられません。

又、夜間雷撃は終戦まで細々と続けられましたが、反跳爆撃が実戦で採用されなかった理由は何なのでしょうか。
特攻を拒否した芙蓉部隊でも、夜間銃爆撃は行なっても反跳爆撃は行なっていません。

この頃の昼間雷撃は無謀だとされていたので、雷撃の成功率はかなり低かったと思うのですが、反跳爆撃は錬度が低くても割と簡単な爆撃法で、高速の戦闘機を使うこともあり、成功率は高いのではないかと思うのですが、実戦で反跳爆撃が採用されなかったことを考えるとやはり成功率は低かったのかな。。。
などと考えているのですが。

また、この辺のことを記述している史料・本などありましたら紹介してください。

Aベストアンサー

データの裏付けがある訳ではありませんが…
昭和18年11月ころより反跳爆撃法の戦術研究と開発に取り組んだ高橋定少佐(当時横須賀航空隊第二飛行隊長)がお書きになった「私が伝授した反跳爆撃法(丸エキストラ戦史と旅 秘録・海軍航空作戦 平成10年9月発行)」が参考になるやも知れません。
昭和19年8月にフィリピンセブ島の零戦部隊で、同少佐が実施した戦術説明訓練の模様が書かれています。
 同少佐は、
・敵の1500m以内に肉薄すれば命中率は60%以上となるが、戦艦、重巡、航空母艦などに対するときは、被害も30%を超える。
・輸送艦に対しては肉薄攻撃が容易であって、命中率は80%、被害は10%以下。
などと搭乗員に説明した由。
また、訓練の成績も良かったと記されています。

 戦術としての技術的問題や成功率が障害になったと考えるよりも、他の方もご指摘の、
・連合国側の防御技術の進歩
・日本の爆弾などの生産能力の低下
・日本の航空戦術の変更(いわゆる特攻など)
により、採用されなかったのではないでしょうか?

Q変圧器と変換機の違い

来年にイタリア旅行を考えています。そこで質問なのですが、デジカメを
充電したり携帯電話を充電したりするのに変圧器が必要とのこと。
インターネットにて購入しようと検索した所変圧器と共に”変換機”なるものを発見しました。変圧器と変換機の違いを教えてください。また旅行にはどちらを持っていけばいいのかをアドバイスくだされば幸いです。
ではヨロシクお願いいたします

Aベストアンサー

100Vの国は日本と北朝鮮くらいだから他の国ではそのままでは使えません。
プラグの形状も違います。
http://www.okita-denki.co.jp/sekai/kaigai_d/
http://www.mxeng.com/modem/plug1.htm

電圧変換必要なときは変圧器。
ただデジカメではさほどの電力でもないから(たぶん)USB充電アダプタにお持ちのデジカメ用あれば現地のパソコンに指せばそれだけです。
あるいは現地の電器店で(見つけるのが難しいかも)その機種用の充電器買えば変圧器いらないし、変換プラグもいらない。

外部バッテリーケースで供給できるなら乾電池はどこでも買える。ややかさばるが写すときポケットから伸ばせばいい。

Q九七式艦攻による水平爆撃は

カテ違いでしたらすいません。
真珠湾では九九式艦爆の他に九七式艦攻による水平爆撃が活躍しましたよね。確か記憶では水平爆撃のほうが大きな爆弾を使用でき(800キロ爆弾でしたっけ?)、アリゾナを一発で仕留めたのは九七艦攻による水平爆撃だたっと思うのですが、真珠湾以後の戦いでは九七式艦攻による水平爆撃はどの程度行われているのでしょうか。なんとなくその後の戦いでは九七式による水平爆撃自体が衰退しているような印象を受けたので。
セイロン沖でコーンウォールとドーセットシャーを沈めたのは九九式艦爆のみですか?命中率80%以上であったとの事ですが全て急降下爆撃によるものだったのでしょうか。
個人的には、命中率は悪いかもしれませんが九九式艦爆の250キロ爆弾より九七式艦攻の800キロ爆弾による水平爆撃のほうがわざわざ敵艦に近づく必要も無く命中した時も敵艦に与えるダメージは大きいような気がしたのですが・・それに水平爆撃は基本的に編隊で一つの目標に対し複数弾同時に投弾しますよね?その中の何発かが当たれば良しという考えだと思うのですが、そうだとしても中々命中しないものなのでしょうか?

すいませんあと一つ
真珠湾で九九式艦爆は戦艦群に対し、急降下爆撃は行ったのでしょうか?

カテ違いでしたらすいません。
真珠湾では九九式艦爆の他に九七式艦攻による水平爆撃が活躍しましたよね。確か記憶では水平爆撃のほうが大きな爆弾を使用でき(800キロ爆弾でしたっけ?)、アリゾナを一発で仕留めたのは九七艦攻による水平爆撃だたっと思うのですが、真珠湾以後の戦いでは九七式艦攻による水平爆撃はどの程度行われているのでしょうか。なんとなくその後の戦いでは九七式による水平爆撃自体が衰退しているような印象を受けたので。
セイロン沖でコーンウォールとドーセットシャーを沈めたのは九...続きを読む

Aベストアンサー

#2です。

艦爆で対空砲を沈黙させてから艦攻で・・・って考えはありません。
急降下爆撃は、空母や巡洋艦には有効ですが、戦艦などの装甲された艦にはあまりダメージがないからです。
相手の空母の甲板を破壊して、あわよくば、搭載されている爆弾や魚雷に誘発すれば、沈没しなくても、大破になって戦力になりません。すれば、主力艦(戦艦や巡洋戦艦)に護衛戦闘機がいなくなりますから、魚雷や水平爆撃で攻撃するいう開戦前の考えでした。
命中率の高い低空爆撃は、爆弾のスピードが落ちて装甲で撥ね返されますから、どうしても3000mぐらい必要だったようです。

真珠湾では、強襲か奇襲か、相手の出方で決めていました。トラトラトラは、奇襲に成功したと言う暗号電報です。(攻撃に成功したわけではない。攻撃前に打たれています)
奇襲の場合は、まず雷撃、水平爆撃、急降下爆撃でした。
急降下を先に行うと煙で目標が不明になるからです。
逆に強襲(相手が待ち構えていた場合)は、先に急降下爆撃で航空基地と対空砲を叩き、反撃を鎮めてから艦船攻撃に移るよていでした。
奇襲ですから、艦攻が先に攻撃すべきですね?
淵田隊長が、信号弾1発の奇襲合図を送ったところ、艦戦隊が気付かず、後でもう1発撃ちました。艦攻隊は奇襲と正しく理解して、先に攻撃すべき隊形とったところ、艦爆隊は合計2発で強襲だから、先に・・・と。
結局、同時攻撃になったらしいですよ。
第二次攻撃は、強襲ですから、艦爆隊が先に攻撃したと思います。

#2です。

艦爆で対空砲を沈黙させてから艦攻で・・・って考えはありません。
急降下爆撃は、空母や巡洋艦には有効ですが、戦艦などの装甲された艦にはあまりダメージがないからです。
相手の空母の甲板を破壊して、あわよくば、搭載されている爆弾や魚雷に誘発すれば、沈没しなくても、大破になって戦力になりません。すれば、主力艦(戦艦や巡洋戦艦)に護衛戦闘機がいなくなりますから、魚雷や水平爆撃で攻撃するいう開戦前の考えでした。
命中率の高い低空爆撃は、爆弾のスピードが落ちて装甲で撥ね返...続きを読む

Q機器と器機の違いを教えてください

機器と器機の違いを教えてください

Aベストアンサー

こちらが参考になるようです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1311889828

Q敵艦の艦橋に水平に突っ込む特攻機について

太平洋戦争のビデオでよく出てくる、敵艦の艦橋に水平に突っ込んで、みごとに命中した特攻機、あれはいつ、どこの戦闘で誰が操縦している戦闘機かわかっているのでしょうか?当時の生存者がおられた時代に、当然、検証されて誰の機かわかっているはずですよね。あまりに有名な場面で非常によく使われますからね。私の世代(昭和40年前半生まれ)くらいまでならテレビで1度は見たことのあるビデオですね。特に、特攻隊関係の番組や場面では必ずといってよいほど、あの水平に突っ込む場面が出てきます。そして同じく、空中でバラバラにされて回転しながら海に墜ちてゆく残酷な場面もよく出てきます。そう、アレですよ・・・。
映画「連合艦隊」では、レイテ沖海戦の場面だったと思いますが、永島敏行ふんする瑞鶴艦上爆撃機隊隊長の本郷英一大尉(架空の人物)が九九式艦爆機で突っ込むシーンで、例の水平特攻の実場面が出ました。実際にはミッドウェー海戦での友永大尉(死後、中佐)の機とか、レイテ沖海戦なら最初の神風特攻を敢行した関行男大尉(死後、中佐)の機かもしれないと思い質問します。

Aベストアンサー

 空中でバラバラにされて回転しながら墜落していくシーンはミッドウェイ海戦の実写フィルムだと思います。
アメリカの映画監督でジョン・フォード監督の太平洋戦争のドキュメタリー番組が何年も前に毎週の決まった時間の定時番組で放送されていた時があり、ミッドウェイ海戦の放送の時に観た記憶があります。
ジョン・フォード監督はアメリカ海軍の軍人として太平洋戦争に従軍し、実際の戦闘シーンを数多く映像に収めていました。番組もその膨大な記録映像をテレビ番組として編集したものです。ミッドウェイ海戦にも勿論参加しており、空中でバラバラにされて回転しながら海に落ちていくシーンは日本軍の攻撃隊がアメリカ艦隊を攻撃した時に出てきたと思います。
永島敏行ふんする本郷英一大尉が九九艦爆で突っ込むシーンの時に使われている実写フィルムはわかりません。ただ体当たりしたアメリカ空母がエセックス級のようですので、おそらく戦争末期の特攻隊の突入シーンだと思います。

Q食器乾燥<器>と食器乾燥<機>の違い?

食器洗乾燥機はすべて<機>なのに対し、
食器乾燥器は<器>を使っているメーカーと<機>を使っているメーカーが混在しています。
これって何か理由があるのでしょうか?また一般的にはどちらかが正しいのでしょうか?
それとも両方正しいのでしょうか?

仕事で食器の取り扱い説明書を書くときにとても困ってしまいました。
(食器メーカーさんでも<器>に統一させるメーカーさん、<機>にさせる業者さん色々です)
ご存じの方教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

【器】小型の、また、それ自身には動力装置のない機械。「受話器」「電熱器」などの形で用いる。

【機】機械。装置。からくり。

ですので、もしかしたら
食器乾燥器=乾燥させる為の温風を吹き付けるなどの動力装置がなく、電熱のみで乾燥させる簡単な乾燥装置。電熱器に準じるので乾燥器と表記
食器乾燥機=乾燥させる為の温風を吹き付けるなどの動力装置や、ムラ無く乾かす為に食器を動かす動力装置があり、複雑な機構や動力を備えた物
で表記を変えているのかも知れません。

また、メーカーはパソコンを使ってるでしょうから、いつも「食器」などと入力していて「器」の文字の使用頻度が高くなっているでしょうから、漢字変換で「かんそうき」を「乾燥器」と誤変換してるのに気付いてない、と言うのがあるのかも知れません。

Q米国の重巡洋艦「インディアナポリス」は、広島、長崎へ投下予定の原子爆弾

米国の重巡洋艦「インディアナポリス」は、広島、長崎へ投下予定の原子爆弾用の部品と核材料をなぜ単独で輸送したのでしょうか。

Wikipediaによれば「インディアナポリス」は、これらの重要部品・材料をサンフランシスコから真珠湾を経由してテニアン島まで単独で運んでいます。
テニアンにこれらの荷物を届けた後、「インディアナポリス」はレイテ島へ向かう途中、日本海軍の伊58号の雷撃で沈没されています。
このときも単独行動でした。

制空権も制海権も奪っている海域なので、しかも重巡洋艦であるので単独行動したのは当然と理解してよいのでしょうか。
それとも単独行動ではなかったのですか。
それとも何かの理由があって、単独行動したのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

インディアナポリスはイ58に撃沈される4ヶ月前まで、マリアナ沖海戦、硫黄島作戦と連戦し沖縄作戦に参加していました。そこで彼女は日本軍の特攻攻撃を受け大きな損害を出し、すぐに慶良間泊地で応急修理を受けたのち本国のメア・アイランド工廠で修理を受け、ついで特攻機対策のための最新の対空電子兵装(つまりは最新型のレーダーですが)や対空兵器の強化を受けています。

 その後の予定としてはまっすぐ沖縄の戦闘へ復帰することはせず、死傷した乗組員の補充兵の訓練と換装した新型の電子兵装や対空兵器の習熟訓練のため、フィリピンへ向かうことになっていました。

 そのときちょうどテニアンへ原爆関連部品を輸送する必要が出てきたため、アメリカ軍部はフィリピンへ出港を間近に控えていたインディアナポリスに目をつけたということです。当時のアメリカ海軍は沖縄での激戦によって保有するあらゆる艦船が底を着きかけていましたので、たとえ一隻の駆逐艦でも戦闘可能な艦船は貴重でした。

 つまり原爆関連の部品であっても所詮はたんなる輸送任務のために、何隻もの艦隊を組むことは非現実的だったということで、テニアンが本国とフィリピンの中間的な位置にあるということで、行きがけの駄賃的な感覚でインディアナポリスに白羽の矢を立てたということです。

 インディアナポリスが単独行であった理由はとくになく、そういう事情からだということです。さらにいえば彼女が撃沈された事情にしても、後世イ58が第3の原爆を積んだ軍艦を撃沈したとか、はじめから重要任務を帯びた軍艦だとわかっていて、待ち伏せで見事撃沈したとか、さまざまなフィクションが面白おかしく伝えられることがありましたが、真実は単なる偶然です。

 夜間浮上航行で敵を求めていたイ58が偶然インディアナポリスを発見して、これを撃沈したということが全てです。傍証にしかならないかもしれませんが、戦後アメリカで開かれたインディアナポリス沈没原因を究明する公聴会に召喚された橋本元艦長は、それまで自分が撃沈した船はニュー・メキシコ級戦艦だとばかり思っていたのが、じつはポートランド級2番艦のインディアナポリスであったといういことを初めて知りましたので、最初から彼女を狙っていたのだという論理は成り立ちません。

 蛇足ですが橋本元艦長はアメリカ海軍史上最悪の犠牲者を出した当事者であるにも関らず、召喚は強制ではなく極めて丁重な招待をうけ、紳士的なもてなしを受けたということです。

インディアナポリスはイ58に撃沈される4ヶ月前まで、マリアナ沖海戦、硫黄島作戦と連戦し沖縄作戦に参加していました。そこで彼女は日本軍の特攻攻撃を受け大きな損害を出し、すぐに慶良間泊地で応急修理を受けたのち本国のメア・アイランド工廠で修理を受け、ついで特攻機対策のための最新の対空電子兵装(つまりは最新型のレーダーですが)や対空兵器の強化を受けています。

 その後の予定としてはまっすぐ沖縄の戦闘へ復帰することはせず、死傷した乗組員の補充兵の訓練と換装した新型の電子兵装や対空兵器...続きを読む

Q器と機の違い

そくてい(測定)きの「き」は器か機どちらが正しいのでしょうか?
ネットで検索してみても、両方出てきます。
それぞれ意味が異なるのでしょうか?
自分としては、測定器が正しく、「機」は機械類に使用されるものと考えます。
お教え下さい。

Aベストアンサー

ノギスや、マイクロメーターの場合、測定器がふさわしいです。

重さ、長さ、容量を求める物だからです。
これは、秤(はかり)です。

これに対し、光学測定機は、測定機がふさわしいです。

これは、秤(はかり)ではありません。
精密機器です。

これは、測定する装置(機械)です。

機械とは、電力、人力を問わず、
「駆動力」で運転をします。

これに対し、
ノギス、マイクロは、運転をしません。

しかし、他の方同様、厳密な区分は無いと思います。

測定機の方が高性能に見える。
測定機の方が精度が高く感じる。

商品名は、アテにしない方が良いです。

Q太平洋戦争中、日本を空爆した(米国機などの)爆撃機・戦闘機で

太平洋戦争中、日本を空爆した(米国機などの)爆撃機・戦闘機で

撃墜された飛行機は何機だったのでしょうか。

質問1. 故障・不時着ではなく、高射砲や迎撃機によう攻撃で撃墜された数は何機でしょうか。

質問2. 実際の空爆・攻撃に参加した機数は、(延べ)何機だったのでしょうか。

そして、撃墜された数は、全体の何パーセントだったのでしょうか。

正確な数字があればお願いします。

正確な数字がない場合は、概算・類推でもかまいません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

米軍の戦略爆撃調査団が戦後詳細なリポートを提出しており、その邦訳版が出ています。

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC%E2%80%95%E7%B1%B3%E5%9B%BD%E6%88%A6%E7%95%A5%E7%88%86%E6%92%83%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E5%9B%A3%E5%A0%B1%E5%91%8A-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%A9%BA%E8%BB%8D%E3%81%AE%E8%88%88%E4%BA%A1-%E5%A4%A7%E8%B0%B7%E5%86%85-%E4%B8%80%E5%A4%AB/dp/4769807686

これを読むと、もうこういうときのアメリカ人のすさまじさというか、なんというかもう「質が違う」としか言いようがないですね。こういうレポートを自ら記すことも、また他国の戦力についてこれだけの分析をすることもたぶん現代の日本人でも不可能と思えますので、奴らとは百回戦争しても一勝もできないと思います。

なお、この本によると米軍の損害率は最大で3%、平均で1%程度で、調査団は「損害は無視してもよいものであった」と結論づけています。

米軍の戦略爆撃調査団が戦後詳細なリポートを提出しており、その邦訳版が出ています。

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC%E2%80%95%E7%B1%B3%E5%9B%BD%E6%88%A6%E7%95%A5%E7%88%86%E6%92%83%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E5%9B%A3%E5%A0%B1%E5%91%8A-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%A9%BA%E8%BB%8D%E3%81%AE%E8%88%88%E4%BA%A1-%E5%A4%A7%E8%B0%B7%E5%86%85-%E4%B8%80%E5%A4%AB/dp/4769807686

これを読むと、もう...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報