転職活動が長いと不利ですか

A 回答 (2件)

転職期間が半年以上になったら「不利」になる等、どこかに正規社員と日正規社員の境界線がある訳ではありません。

故に、個人的には気にされる必要はないと思います。
その反面、その長い転職活動期間中に何らかの学ぶべきものや収穫があれば、「自分のウリ」として話が出来るのでは?と思います。

例えば、転職活動期間中に、何らかの資格を取得した(その資格は、転職先の仕事に関連する方がポイントは高いと思います)、或いは、居酒屋のバイトをして、コミュニケーションの大切さを学んだ(もっと具体的に説明出来なきゃ面白くないでしょうが)等の収穫、実務経験を鈍らせないために、中小企業で臨時の仕事をしていた、など。

理由は、逆境においてもポジティブな行動をとる人間であると好印象与える期待感があるからです。話も繋がりますし。
逆に、その長い転職期間中に「何もしていませんでした」であれば、話はそこでプチッと途切れ、「厳しい環境に置かれれば亀状態?」とネガティブな印象を持たれかねません。

ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/19 11:31

転職活動というより、無職の状態が長いと不利な傾向があるだと思います。

面接相手は当然質問しますが、それ以上に勝手に想像しますので、それがマイナス方向に向かうのだと思います。また、前職までの経験も時が経つと風化していきますので、やはり在職中の転職か、退職しても早めのほうが転職しやすいと考えます。
 だから、無職期間については、理路整然とし説明が必要です。たとえば時間を無駄にしないように、資格をとるとかのブラッシュアップ時間にするといいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/19 11:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング