ID登録せずに、無料で質問できる♪ 教えて!gooアプリ>>

いつもお世話になっております。
このたび、住宅資金として、親から1千万円の援助を受けることになりました。
そこで贈与税についてお聞きしたいのですが、
親64歳ですので(母は亡くなっています)、相続時精算課税の対象外となりますよね。
住宅による援助資金の場合、1000万にかかる税金は確か45万だったと思うのですが、
これはやはり支払わないといけないのでしょうか。
また、1年間は返済して、親が65歳になってから新たに申告するというのは可能でしょうか。
ネットでいろいろ調べたり類似の質問をあたったりしたのですが、
どうしても分からないので、
教えていただければ助かります。
よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>親64歳ですので(母は亡くなっています)、相続時精算課税の対象外…



用途を制限しない相続時精算課税は、たしかに親が 65歳以上と制限されていますが、住宅資金に限っては、親の年齢制限はありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4503.htm

上記では、平成21年3月31日までとなっていますが、すでに適用期間延長は決まっていますし、上限額アップも麻生追加経済対策に織り込まれています。
今後の国会審議にご注視ください。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ちょっとほっとしました。
助かりました!

お礼日時:2009/05/18 21:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング