「君は学校を出たのか?」と言われそうな質問で恐縮なのですが、家庭用電灯がつく仕組みはどうなっているのか、お教えください。

まず、私の理解のレベルについて申します。私は、乾電池で豆電球がつく仕組みなら分かります。電池のマイナス極から電流が導線を伝って電球に至り、電球が光ります。ただ、それならば、マイナス極と電球を導線でつなぐだけで電球が光りそうなものですが、実際には、電球からさらにプラス極に導線をつないでおかなければなりませんね。つまり、電気は「乾電池→電球→乾電池」と循環するようになっていなければ流れないのであって、これを「回路」というわけですね。

さて、問題は、家庭用の電灯です。家庭用電灯はコンセントにつないで使います。つまり、コンセントから電気が流れて、コードを伝って電球に達し、電球が光ります。それは分かるのですが、その後が分かりません。電流は、電球からまたコードを伝って、コンセントのもう一方の穴から電源に戻るのかと思いきや、もう一方の穴は実はアース用だそうです。それならば、電球からの電流の復路がないではないか、と思います。

家庭用電灯は交流ですから、豆電球のような直流とは電気の流れが違うのかとも思います。「交流」は「時間の経過とともに大きさと向きが周期的に変わる電流」ですね。すると、電源から来た電流は、電球に達した後、そのまま逆戻りし、元のコードを伝って電源に帰る、ということを高速で繰り返しているわけでしょうか。

そもそも、この場合、電源というのがどの地点かも分かりません。発電所から来た電気が、家庭用電灯の電球に達した後、再びはるばる発電所に戻るとは考えられませんから、たとえば、安全器(ブレーカー)と電灯の間を、電気が激しく行ったり来たりしているのでしょうか。

いろいろなウェブサイトを調べてみましたが、子ども向けの基礎的な記述か、高度で難解な記述しか見つからず、結局、よく分かりませんでした。

小生、まったくの文系人間であります。どうかあきれずに、お教えください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

こんにちは。



>>>「君は学校を出たのか?」と言われそうな質問で恐縮なのですが

いえいえ。

>>>小生、まったくの文系人間であります。どうかあきれずに、お教えください。

いえいえ。ちゃんとわかっている人は、意外と少ないですよ。


>>>電流は、電球からまたコードを伝って、コンセントのもう一方の穴から電源に戻るのかと思いきや、もう一方の穴は実はアース用だそうです。

そうです。ちなみに、そのアースのことを「コールド」と言います。
私、大学の理系学部を出て、しかも電子関係の仕事をしていますが、
そのことを知ったのは、30歳を過ぎてからです。


>>>それならば、電球からの電流の復路がないではないか、と思います。

片方がコールド。
もう片方は、1秒に50~60回(言い換えれば、50~60ヘルツで)、-141ボルト~+141ボルト の間を往復します。
141というのは、100×√2 です。
交流電圧の実効値は、最大電圧÷√2 なので、
振幅が141ボルトの交流の実効値は、100ボルトです。


>>>家庭用電灯は交流ですから、豆電球のような直流とは電気の流れが違うのかとも思います。「交流」は「時間の経過とともに大きさと向きが周期的に変わる電流」ですね。

そのとおりです。


>>>すると、電源から来た電流は、電球に達した後、そのまま逆戻りし、元のコードを伝って電源に帰る、ということを高速で繰り返しているわけでしょうか。

大体そんな感じです。
ですから、-141ボルトに振れた瞬間最も明るくなり、0ボルトで暗くなり、+141ボルトで再び最も明るくなり、また0ボルトで暗くなり、の繰り返しです。
それが真実です。
人間の目にそう見えないのは、人間の視覚の反応が遅いからです。
昔、レコードプレーヤの盤の回転数調節機能では、その、豆電球の点滅を利用していました。

やや話が逸れますが、人間の視覚の反応が非常に速いとすると、ブラウン管のテレビの画像も、まともに見えなくなります。(オシロスコープみたいに見えます。)
ビデオカメラでブラウン管の画面を撮ると変になるのも、同じ原理です。


>>>そもそも、この場合、電源というのがどの地点かも分かりません。発電所から来た電気が、家庭用電灯の電球に達した後、再びはるばる発電所に戻るとは考えられませんから、

いえ。考えられます。
全体として考えると、結局は、大体そうなっています。
(そうでないと、電力料金を支払わないで電球を照らすことができることになってしまいます。)


>>>たとえば、安全器(ブレーカー)と電灯の間を、電気が激しく行ったり来たりしているのでしょうか。

そのとおりです。
ただし、ブレーカーは始発でも終着でもありません。
ブレーカーを経由して、ブレーカーより向こうの場所まで行ったり来たりしています。

これを見るとわかりますが、発電所から一般家庭の電力に至る経路には、数々の段階があります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E5%8A%9B% …
住宅の近くにある電柱で100Vになるので、そこを「電池」とイメージすればよいと思います。


以上、ご参考になりましたら幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。一問一答会話式でお答えくださって、理解が助けられました。

どうやら、私の理解も、それほど悪くない線まではいっていたのかな、と思いました。電灯をつけたあとの電流が、まさか発電所まで戻るはずはない、という所がひとつのネックだったのですが、「全体としてはそうなっている」と考えていいということで、すっきりしました(あるいは、近くの電柱を「電池」と考えてもよいとのことですが、この点についてはあとの方もコメントをくださいました)。

また、コンセントの一方は「コールド」、もう一方を電気が流れるというので間違いないことも分かりました。交流で点灯している電灯は、じつは目に見えない速さでちらちらしているということも理解できました。ACアダプタが何のためにあるかも、お答えがきっかけでやっと気づきました。

お礼日時:2009/05/17 19:14

交流でも直流でも同じです


必ず一巡しなければエネルギーを取り出す事は出来ません 難しく考えない事です

電池と電球の理解で良いのです 交流の場合は柱状トランスを電池に置き換えて考えて下さい
この電池(柱状トランス)の極性が50/60Hzで切り換わっているだけです 電流の向きが交互に変わるだけ

トランスは電圧の変換をする為で交流だから出来る芸当とも言えます 直流ではこんな事は出来ません
アースなど考えなくて結構です これは安全の為です。

この回答への補足

ご返信までに時間がかかってしまい、深くお詫びいたします。これまで皆さまからいただいたお答えを、うまく頭の中で整理できなかったためです。

電源については理解できたのですが、【コンセントの2つの穴のそれぞれの役割】が分かりませんでした。つまり、【電気はコンセントの一方の穴から来て、一方の穴から帰ると思っていた。しかし、一方の穴はアースで大地に電流を逃すためのものだと知った。それなら電気が帰る道がない。電気の戻り道はどこか】ということでした。

「一方の穴がアースである」ということは、下記のサイトなどから得た知識でした。一方の穴は「大地につながっている」と明らかに書いてあります。
 〔参考1〕http://allabout.co.jp/computer/av/closeup/CU2003 …

この部分が、皆さまのご回答とかみ合わないように思われ、困り果てました(No.7の方から「アースなど考えなくて結構」と言っていただきましたが、まだ分かりませんでした)。いろいろ考えた末、No.1の方が、一方は正確には「アース」ではなく「コールド」だと言われたことをヒントに検索してみました。

すると、たとえば下記のサイトでは、電流の往路は「ホット」、復路は「コールド」と説明されていました。
 〔参考2〕http://www.ceres.dti.ne.jp/~warnerg/SHOBI/TOSS/0 …

これなら分かります。No.7でご説明いただいたとおり「電池と電球の理解で良いのです」ということになりそうです。ホット側から来た電流が電灯をつけ、コールド側から帰るだけのことですね。

おそらく「コールド」にはアース的な役目もあって(?)、それで〔参考1〕のような記述になったのでしょうが、電気が電灯をともす仕組みを考える上で、それは考えなくてもいいのでしょうね。

以上の理解につきまして、問題がありましたら、コメントをいただければ幸いです。

補足日時:2009/06/06 04:36
    • good
    • 0

NO.5 です。


交流の電気はあくまで2本線でエネルギーを伝えているのでしょうね。
電流そのものが発電所から直接送られてくるのではなく、電線に起こる脈動でエネルギーを伝えていると解釈することが可能です(この点で血そのものを送るための血管とは違います)。発電所が起こして伝えてくる脈動(電磁波動)で家庭の電球のフィラメントに電流が起こり、エネルギーがもたらされると考えればいいと思います。その電流を流す落差(電圧)を確保するために2本の線が必要なのでしょう。一本だけでは落差は発生しません。2本目の線は余った電流がもどっていくのではなく、伝えられた電磁波が戻っていくのだと思います。

この回答への補足

ご返信までに時間がかかってしまいました。深くお詫びいたします。

遅くなってしまった理由は上のNo.7の方のところでご説明した通りですが、なお補足的に申し上げます。

「交流の電気はあくまで2本線でエネルギーを伝えている」とのお答えをいただき、ではその2本の線はどこか(コンセントの一方の穴は接地用だとすれば残りは1本しかない?!)と、混乱してしまったわけです。

それで、「もしや、コンセントの一方の穴に2本の線が通っているのでは」などと考え、いらなくなったプラグの先を分解しようとしました。プラグの一方の刃に2本の導線がついているのでは、と考えたのです。

しかし、プラグというものは、安全のためか分解しにくくなっています。試行錯誤の末、つい昨日、鉛筆を削るようにして、プラグの先をカッターナイフで削り、内部を露出させました。すると、何のことはない、一方の刃は、単純に1束の導線と接続されているだけでした。

それで、初めから考え直した末、初めの「一方の穴はアース」という捉え方が不正確だったのではと思い至った次第です。「電流はコンセントの一方の穴から来て、一方の穴から帰る以外にあり得ない」と考えました。

以上、お恥ずかしい次第ですが、問題がありましたら、コメントをいただければ幸いです。

補足日時:2009/06/06 04:39
    • good
    • 0

私が考えたイメージをお話します。


電源ははるか遠くの発電所です。
ともかく現実に家庭のコンセントと発電所は電気的につながっているわけです。
質問者様がコンセントの白黒の端子間に豆電球をつなぐとその間に電流が流れます。
電流は発電所から送られてくる交流の波を伝えて正確に-140Vから+140Vまでの間で脈打ちます。
電流そのものはさほど早くは流れていません。
ただその脈はほぼ光の速さで発電所から伝わってきています。
その脈に応じて電流は右往左往しているわけです。
血液が心臓の動きで脈打つようなものだと考えればほぼ間違いないと思います。
もっとも血液は一方方向へしか行きませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。電流の波が、血液でいえば拍動のようなものと考えると、これまたイメージしやすいですね。

ただ、おっしゃるように、血液は一方向へ流れますので、交流電流となると、どう理解すればいいのか、ちょっと理解が行き届かない部分もあります。たとえば、心臓(発電所・電源)←→肺(電灯)の間の動脈を、血液が早い速度で拍動しながら往復する(静脈へ行かずに)ということになるのでしょうか(静脈へ行かずに、というのは、No.2・No.3のご回答への補足で書いたように、家庭のコンセントは複線でなく単線のように思われたからです。このあたり、私の理解は怪しいのです)。

もっとも、「たとえ」はあくまで「たとえ」で、厳密に突きつめてはいけないかもしれません。補助的なイメージとして、納得できました。

お礼日時:2009/05/17 20:18

専門的なことは前出の方々が回答済みでので、電源はどこかということについて。


電源は「発電所」、「電柱の上に乗っている変圧器」どちらでも正解と言えると思います。

豆電球と電池の回路の説明で、電池から原材料を載せたトロッコが電線を走り、豆電球という工場でで原材料を消費した空のトロッコが電池に戻るという説明を聞いたことがあると思います。

交流の場合、変圧器の一時側と二次側は物理的につながっていません。
つまり、発電所を出たトロッコがそのまま家庭まで行くのではなく、変圧器で荷物を降ろすと引き返してしまいます。
発電所では大きな石炭の塊を生産し、これをトロッコに乗せて送電線という線路を走り、変圧器という工場に降ろし発電所に引き返します。
変圧器という工場では大きな塊を砕いて別の送電線という線路を走るトロッコに石炭を載せます。
最後に電信柱の上にある変圧器という工場で家庭のストーブで使える大きさに砕いて家庭に供給し、空のトロッコは電柱の上の変圧器に戻ります。
という考えはいかがでしょうか?

大元の石炭を供給しているのは発電所ですが、家庭で使える大きさの石炭を供給しているのは変圧器ということです。

トロッコのたとえは直流の考えですので実際には異なると思いますが、雰囲気はわかっていただけるのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。私は「トロッコと石炭」のたとえは知らなかったので、具体的にイメージすることができました。小さな石炭を供給するのは、直接には最寄りの変圧器であるが、その大元はやはり発電所につながっているということですね。

交流の場合は、電灯の側からも小さな石炭が運ばれていって、それが変圧器の部分で大きな石炭にまとめられて配電線を戻っていく……ということなのかと思います。

交流の場合はともかくとして、電源のイメージについては、おかげさまで納得できました。

お礼日時:2009/05/17 19:19

No.2追加記述


>すると、電源から来た電流は、電球に達した後、そのまま逆戻りし、元のコードを伝って電源に帰る、ということを高速で繰り返しているわけでしょうか。

同じ線を「そのまま逆戻り」では「電球点灯させる」「モーターを回す」などの「仕事」ができませんし電流も流れ得ません。
交流は確かに「時間の経過とともに大きさと向きが周期的に変わる」ですが電圧「0」の瞬間以外は二本の線の一方から他方に電流が流れています。
つまり電流は「そのまま逆戻り」ではなく一方の線「+電位」から接続された機器を通り「仕事」をした後に他方の線「-電位」から電源に帰っているのです。
誤記訂正
低圧配意電線→低圧配電線

この回答への補足

2通ご回答くださり、ありがとうございます。補足質問いたします。

No.2とNo.3でのご説明によると、「発電機と電球とは直接2本の線でつながっている」のであって、電流が1本の線を「そのまま逆戻り」するわけではないということでした。しかし、家庭の2穴のコンセントで、一方が「コールド」であるなら、残りは1本の線であるように思われますが、違うのでしょうか。電気が流れるには、往路・復路の2本が必要だとは思いますが……。

家庭のプラグを分解して調べてみようと思いましたが、危険そうでもあり、ふたも開かないのでやめました。交流のイメージについては下記のウェブサイトなどを参考にしましたが、この図では、往路・復路は別々ですね。
http://www.geocities.jp/hiroyuki0620785/k1dennki …

基本的なところでつまずいておりますが、お教えいただければ幸いです。

なお、電源については、No.1の方のお答えとニュアンスの違いはあるかと思いますが、どちらのご説明でも納得することができました。

送電線と家庭の配線との本数の差は、とりあえず考えないようにします。

補足日時:2009/05/17 19:14
    • good
    • 0

これ小学校の理科の教科書にありますよね


ただし一般的に「電力消費」という考えで説明されていて電源回帰という考え方で記述されていないのでこういう質問になるのかな。
>電気は「乾電池→電球→乾電池」と循環するようになっていなければ流れないのであって、これを「回路」というわけですね。
家庭に交流の電気が供給される大まかなルートは以下のようになります。
   【発電所】              【変電所】              【柱上など】
交流発電機----変圧器----送電線----変圧器----高圧配電線---変圧器---低圧配意電線----コンセント---電球

実際の送電経路は交流の特性を有効利用するため「変圧器」を使用して電圧を変えていますが、ある瞬間をとらえた論理回路的には発電機と電球とは直接2本の線で繋がっていると考えられ、質問者の記述どおり発電機の「+」端子から出た電流は電球を通過し発電機の「-」端子に帰るという回路を形成します。
従って「電源」は、発電所の交流発電機です。

>もう一方の穴は実はアース用だそうです
家庭の配電線の片方が接地されているのは、変圧器故障などの際に高圧が低圧配電線に流れ込むのを防止するためとか家庭内での漏電の際に遮断器を動作させるためで電源への回路を構成しているのではありません。
発電所から家庭までの送電経路については「発電所」「送電線」「変電所」「配電線」などのキーワードで検索されればウィキペディア(Wikipedia)などで詳しい情報が得られると思います。
こんな説明でいかがでしょう。
NO1の方と電源の考え方が違いますがこれはご自由にと
「送電線は3本ある」のに家庭の配線は「どうして2本なのか」という質問が来ないように願っています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三口延長ケーブルコンセントのアースについて

壁の二口コンセントに三口用の延長ケーブルコンセント(この延長ケーブルの先は二口コンセントです)を付けパソコンなどの三口コンセントをつないだ場合、アースは取れているのでしょうか?
壁にアース付きコンセントが付いていないと、結局アースはできていないのですよね?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

本当はアースした方が良いのですが日本の現状では止む終えません。
PCのアースピンには通常の人体保護用アースと内部のノイズフィルターのコンデンサー接地線が接続されているのですがアース無しで問題無く使用出来ます。
事実多くのユーザーがアース無しで使用しています。
海外勢アンプ等も3Pが多く2P変換アダプターを使ったり、実情を良く知っている人はアースピンを切断して使っています。

薄板中空なので簡単に切れダイレクトでスマートでむしろ確実な接続が出来ます。

アース付コンセントが設けられていたり、取り付け工事を依頼すれば当然ながらアース配線が行われます。

形状方式は異なりますが洗濯機のコンセントはネジ式ですが必ずアース配線が来ています。

便座コンセント等もそうですが全ては住宅会社や設計者の安全に対するレベルおよび注文主の指示の有無に関わる事で法令等で規定され安全先進国並になるのはまだ先のことです。

なお壁コンセントまでは電気工事士の資格が必要です。
プラグ以降は無資格で出来ます。

Q家庭のコンセントの差込口の電流

香取線香のコンセントをつけようとしてコンセントに差し込んだところ少し火花がでて家の電気が全部消えてしまいました。(コンセントを差し込むときに、たまたまコンセント入り口にあった針金のようなものがありそれといっしょに差し込んでしまったためです。)

この場合もし針金に触れていたら感電死していますか?死んでないとしてもどんな感じで体に電流が流れますか?
このときに、他についていた電機は冷蔵庫、パソコンなどです。電気を使用していたら感電に関係いますか?
何ボルトで感電死しますか?100Vで感電死しますか?

Aベストアンサー

家庭に供給されたいる電圧は200ボルトです
ブレーカーが一瞬で作動したのなら60アンペア以上は流れていたでしょうがそれはあくまでもブレーカーに流れたものでショートした部分の電流ではありません

Qアース付きコンセント

アース付きでない一般的なプラグ(2穴)を、アース端子付きコンセント(3穴)に差して使っても問題ないでしょうか?
また、アース付きでないプラグをアース付きに変換できるグッズってありませんか?

現在新築中でコンセント周りを検討中です。
水周りはアース付きコンセントが標準でついているのですが、パソコン等を使うコンセントもアース付きコンセントにしようかと悩んでいます。
購入したパソコンが海外製のためプラグがアース付きの3穴だったので普通のコンセントに差すことができず、3穴から2穴に変換できるアダプターを購入した話しを聞いたので、念のためにアース付きコンセントにしていたほうが良いのではと思い始めました。
3穴から2穴に変換するアダプターはありますが、その逆で2穴から3穴に変換するアダプターってないのでしょうか? 
海外旅行グッズで2穴を3穴にできるものがあったのですが、アースの所がプラスチックになっているようなのでそれでは肝心なアースの機能がないですよね。 でもそういったグッズがあるってことは3穴のコンセントに2穴のものを差すってことは良くないのでしょうか?

また、アース付きコンセントにするメリットとして、
落雷時の故障が防げる、 パソコン等からでる電磁波が軽減される ってくらいが思い当たるのですがいかがでしょうか?
もしアース付きコンセントを設置するなら水回りとパソコンを置く部屋にと思ってるのですが、他にお勧めの箇所はありますか? モデム等はウォークインクローゼットにまとめて置く予定ですがこちらも設置したほうが良いのでしょうか?
アース付きコンセントに変更すると一箇所4000円かかります。そもそも必要ないでしょうか?
まったくの素人です。 何かひとつでもアドバイス頂けたら嬉しいです。よろしくお願いします。 

アース付きでない一般的なプラグ(2穴)を、アース端子付きコンセント(3穴)に差して使っても問題ないでしょうか?
また、アース付きでないプラグをアース付きに変換できるグッズってありませんか?

現在新築中でコンセント周りを検討中です。
水周りはアース付きコンセントが標準でついているのですが、パソコン等を使うコンセントもアース付きコンセントにしようかと悩んでいます。
購入したパソコンが海外製のためプラグがアース付きの3穴だったので普通のコンセントに差すことができず、3穴から2穴に変...続きを読む

Aベストアンサー

最初の質問は、機器本体にアース端子があればそれを繋げた方が安全ですが、アースなしでも使えます。ただし、感電の恐れはある事を承知する必要があります。

後の質問は、@ウラグだけ変換しても無意味です。アースしたいなら、本体とアース線を繋ぐ必要があります。本体にアース端子がない場合は本体を解像する必要がありますが、普通そこまでしないと思います。

Q電灯・コンセント回路の絶縁抵抗の測定

ビルの電気設備年次点検の時の質問です。

分電盤で、電灯・コンセント回路(L盤)の絶縁抵抗測定はメガを当ててはいけないところのブレーカーを切り
100V回路であれば、分電盤の下側のニュートラルスイッチも切って、

主幹を切った下側の3本(R・N・T)を計り、その後、リモコンリレーの入ってる電灯回路などは、個々のブレーカーを切った後、リモコンリレーの二次側(負荷側)にメガを当てて計ればいいのですよね?

リモコンリレーが入ってる回路で、分電盤の下側のニュートラルスイッチがあればそれも切って計った方が正確ですよね?

メガーは100V、200Vのどちらで当てた方がよいでしょうか?どなたか詳しい方、教えて頂けないでしょうか。

宜しく、お願いします。

Aベストアンサー

メガー測定は主に分電盤内配線でのリークチェックが趣旨になりますから
フレームグランドを外した状態で線路内のメガーを測定すれば良いわけで
リモコンリレーなどを使用の場合には回路から切り離す方法が取られてある
ならば、よろしいのかと思われます。
*できれば、リレーなども低圧メガー(15V)を掛けたほうが
安全でしょうが、必ずやらなければいけないこともないでしょう。(多分・・・)

掛ける電圧ですが、100V回路でしたら200Vメガーで十分と思われます。

ですので、計り方とすれば
1.主幹とリレー回路の1次側を遮断。
2.主幹2次側で測定
3.リレー回路2次側
 *2次側配線を外さないとリレー内部に電気が回る回路の場合も有り。
(4.出来ればリレー単体で低圧メガー測定)
で、良いかと思われます。

電灯用のリレー回路の場合には、AC100Vで駆動している物は
そのまま掛けても良さそうですが、構造によりますので現状ではなんとも言えません。

Q至急お願いします。アース端子付コンセント。

今日、パソコンを買ったのですが、
アース端子付のコンセントが必要であることが
わかりました。
自宅にアース端子付のコンセントがないのですが
市販のアース端子付のタップを使えば、
普通のコンセントでも、アース端子がつかえるように
なるのですか?

教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

>パソコンにはアース線のみが付属していて
パソコン側の端子とコンセント側の

>電源ケーブル(コンセントに差込むほうは、
通常の2本で、パソコンに差すほうに三つ穴
があいています)とアース線になります。

今までの回答を拝見させて貰いましたが、

私の解釈ですが、電源を取るのと、電源以外にアースを取るのが、別と言う事ですか?

もし、別でしたら、その電源ケーブルで普通に電源を取れば良いだけです。

私は、自作ばかりですが、アース線は、取ったこと有りませんし、メーカー製を使っている人でも、私は、見た事ありませんよ。
よって、気にしない事ですね。

もし別でしたら、参考に、メーカーだけ、教えて欲しい位です。

Q100w電球を乾電池で点けるには。

タイトルにもある通り、100w電球を乾電池だけで点灯したいです。

どういった物が必要でしょうか。
売っている場所も知りたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「100w電球」というのは、100V交流(普通の家庭で使う電気)で使う100Wの電球のことですか。その電球の抵抗は、100Ωで、電流は1Aです。
その電球を100Wで点灯させるには、1Aの電流を流さなければなりません。とにかくつけばいいのであれば、1Aなくてもつきます。0.2Aくらいでしょうか。
直接乾電池につないで、1A流したいのなら、乾電池を直列につないで動作状態で、100V以上にしなければなりません。乾電池には、内部抵抗がありますから、1.5V乾電池を67個つないでも動作状態で100Vにはなりません。マンガン乾電池では内部抵抗が0.1~0.2Ωもあるので、67個直列につないだら、10Ω以上になって、電球とあわせて110Ω位にになるので、0.9Aくらいしか流れないので、少し暗く点灯するでしょう。
明るくつけたければ、80個くらい直列につなげばいいでしょう。

ただし、乾電池といっても電圧が100V以上なので、感電すれば、ショックがあるでしょう。でも、長くは続かないでしょうから、命に別状あるようなことは無いと思いますが、皮膚表面の状態で変わるので注意して実験してください。

必要なものは乾電池とリード線です。電気関係の店なら、どこにでも打ってます。

「100w電球」というのは、100V交流(普通の家庭で使う電気)で使う100Wの電球のことですか。その電球の抵抗は、100Ωで、電流は1Aです。
その電球を100Wで点灯させるには、1Aの電流を流さなければなりません。とにかくつけばいいのであれば、1Aなくてもつきます。0.2Aくらいでしょうか。
直接乾電池につないで、1A流したいのなら、乾電池を直列につないで動作状態で、100V以上にしなければなりません。乾電池には、内部抵抗がありますから、1.5V乾電池を67個つないでも動作状態で100Vにはなりません。マンガン乾電...続きを読む

Q台所のコンセントにアースは要らないのが最近の常識?

先日新築の家屋が完成し、引越ししましたが、台所のコンセントに電子レンジのアースをつなごうとしたらアースのない普通のコンセントでした。
建築の管理をした設計事務所に電話をしたら、最近の台所はアースのついていないコンセントが普通ですと言われました。本当にそうなんでしょうか。
ちなみに洗面のコンセントはアース付です。
たんに電気工事屋のミスではないかと思うのですが・・・

Aベストアンサー

こんにちは。
建築関係の人に聞いてみましたが、そんなことはありえないそうです。
水周りはアースしなければならない製品が多いですし。
洗面のアースは何故つけて、台所は何故つけないかを突っ込んでみましょう。
あと、家電店等でも情報を得て見てはいかがでしょう?
電子レンジの取扱説明書には必ずアースしてくださいと記入されているはずです。

Qくたびれた乾電池に逆向きに電流を流すと・・・

充電してはいけないといわれている乾電池が消耗しきった後、逆向きに,DCアダプターをつないでおいたらどうなってしまうのでしょう。弱い電流を長時間流すともとのよな元気な乾電池にならないのだろうかと思うのですが・・・

Aベストアンサー

乾電池を充電するとガスが発生します。充電できるタイプの乾電池はガスが除かれるような仕組みになっていますので問題ないのですが充電できないタイプの乾電池はガスを除くような仕組みになっていません。その結果ガスがたまることで乾電池の内圧が上昇して封口部が耐え切れずに外れて液漏れや破裂の原因になります。
ですので電池が壊れます。

Qコンセントにアース線がない場合は?

 先日、オーブン・電子レンジを購入いたしました。本体にアース線が付いており、アース線をコンセントに接続するように書いてありますが、コンセントにアース線を接続する所がありません。それに、延長コードを使用していますので、仮にコンセントまでアース線を引いて来れても接続できません。どうすればいいのでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電子レンジの接地は当初電波の漏れは箱を大地と同電位で輻射防ぐの意味と感電の意味が有りました、輻射は簡易接地は?です、「「これは難しい理論でシールドルームと同じです、」ですがパソコン等デジタル機器にノイズ止める可能性は有ります、これは地デジ等デジタル機器に影響も有るかも知れません
最近の住宅で感電は無いでしょう
接地工事は資格要りますが、レンジに昔同封のアース棒地面に刺す行為は資格要りません
あくまで資格とは接地極お工事です、これには法に見合った接地抵抗測定が有るからです。
洗濯機は水を使いますので、水道の接地とで感電が有るのでアースは必要ですが、レンジは乾燥した床材で触るので感電は有りません、メーカーはPL法で責任区分してますが、「故に自己責任範囲」
女性の場合、妊娠の場合はレンジの近くに寄らないことが良いですね。

Q直列つなぎの乾電池の一つが切れている場合の電流

小学生の子供からの質問で困っています。直列つなぎの乾電池の一つが切れているとき、電流は流れるのでしょうか。

Aベストアンサー

切れた電池の内部抵抗が大きくなって、電流が流れなくなります。

 従って、2個以上の直列であれば、1個の電池が切れれば、残りが正常であっても、電流が流れなくなって使えない状態になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報