法人がテナントを店舗として契約する場合、
契約書のどこを注意して確認すべきか、ポイントを教えて下さい。

以前、別の法人の方の失敗例として、

・保証金の償却が、途中解約時には月割で差し引かれ、予測以上にお金が戻ってこなかった。

・原状回復時に、クロスを全部張り替える旨の特約があった。

などを聞いたことがあります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

個人でも契約書全体を細かく点検して契約すべきなのは当たり前で、法人ともあろうもの(というか法人の財産をあずかる立場の(善良なる管理者の注意義務がある)法人の代表者)は、すべて注意しないといけないでしょう。



失敗例として上がっているのは、契約にあたり迂闊なだけで、ポイントがどうこうという問題ではありません。

その上で、相手側が反社会的勢力などではないか、保証金の返済能力はあるのかなど、契約書に現れない実態についても、十分な目配りが、法人では当たり前のこととなっているでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング