今年高校を卒業した者です。来年国立大学の工学部を受けるのに二次試験で、物理I、IIが必須なのですが、高校では物理は全くやっておらず、独学で参考書を見ながら勉強しています。使っている参考書は橋元淳一郎さんの「物理をはじめからていねいに 熱・波動・電磁気編」を一昨日から始めました。また二日しかやっていないので理解出来ないのは仕方ないのかもしれませんが、解説を見ても何となくしか分からず、式も何故そのようになるのか、何故その答えになるのか分かりません。数学も高校ではI、IIはやったのですが、基本的なことしかやっていません。どうやったら物理が分かるようになるのでしょうか?誰でも初めは理解出来ないものなのでしょうか?教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

 なるほど、まったくの初心者ということがよくわかります。


 なぜなら、少しでも物理を知っている人なら、「熱・波動・電磁気」から始めようなどとは決して思わないからです。

 まず、「力学」から始めてください。力学で学ぶ事柄と数学と思考法が、すべての物理の基礎になります。熱も波動も電磁気も、力学の基礎なしに理解しようというのは無理な話です。今お使いの参考書は、力学を学んだ後に使ってください。力学を知らずに、二日であろうと二百日であろうと、いくらやっても理解できないと思います。

 数学は、力学を学ぶうちにどんなものが必要かわかってきます。特に微積分は、もともと物理学での必要上生まれてきたものですから必須です。

 それから、物理を全くやっていないけれども工学部を目指すということですが、不可能ではありません。自分次第です。一歩一歩進むことを心がけてください。もしかしたら1年では良い結果を得られないかもしれません。これだけは覚悟しておく方が良いと思います。

 私自身、高校では理系だったものの、「力を書き出す」ことすらろくにできないまま、「丸暗記の物理」しか知らずに卒業しました。微積分もほとんどできず・・・。でも、初めの一歩からスタートして、2浪はしましたが、東工大へと進学しています。大学の途中で進路を変えたり、何浪もしたりという人を何人も知っていますが、10年20年もすれば、そうした「遅れ」はまったく気になりません。身につけた「実力」が本物である限り、1年や2年、どうということはありません。私を含めた実例はいくらでもありますから、諦めることも心配することもありません。

 それから、公式丸暗記はお勧めしません。結果として「覚えてしまった」となるようにしてください。公式の導出をよく学び、自分で導き出せるようにするのが、一見遠回りのように思われますが、確実に実力をつける早道です。なぜなら、公式は単によく使われるからという理由だけで公式になっているのではなく、物理的思考のエッセンスが詰まっているからです。

 頑張ってください。心から応援します。
    • good
    • 1

はじめは物理を勉強している友達や


塾に行っているなら先生などに
分からないことを聞いたほうが理解力は深まると思います。
    • good
    • 0

>まずは力学をはじめましょう。


凄い方ですね。

最初に思った事です。
物理を全く勉強せずに物理が理解出来る方がどうかしている。^^;

波動を知るにはまず波を知る事です。
電磁気を知るには電気や磁力を良く知る事です。

兵法ではこれを「戦う前に勝つ。」と言います。
敵を知り己を知れば百戦危うからず。

がんばりましょう。
    • good
    • 0

 こんにちは、浪人生の者です。


 他の方がおっしゃっているように、物理は力学から入るものですから、いきなり熱などからはじめたって分かるわけではありません。まずは力学をはじめましょう。
 なお、以下は僕が高校生のときに感じたことを書いておきたいともいます。必ずしも参考になるかどうかは分かりませんが。
 高校物理は、教科書を理解するのが全高校の科目なかで一番難しく時間がかかります。何度も教科書を読まなくては物理というものの感覚さえをも掴むことができないでしょう。おそらく、高校物理では微積分を用いてはいけないというルールがあるため、公式の導出等で微分や積分を用いるところが唐突に教科書から省かれて、初めてその教科書の箇所読んだときに、なんでそうなるかわからない!などとなることも多いのだと思います。また、無限遠点を基準だとか、目に見えないエネルギーや電位といった他の教科では出てこないような新しい概念がたくさん出てくるため、それを感覚的につかめるようにならないと教科書を読んでもさっぱり分からない、ってなります。
 ですから、2日では物理はよほどセンスがないかぎり教科書内容でさえすっきりと理解できることはないと思います。もしかしたら、感覚を掴むだけでも、数ヶ月はかかることだってあるかもしれません。
 しかし、恐がることはありません。高校物理は先ほどいったように、微積分を使ってはいけない、などといったルールがあるため、当然試験問題でも使ってはいけないことになるわけです。たとえ東大のような超難関大学であってでもです。つまり、そういった知識がどうしても必要な高度な話は、出題側も出せないわけです。よって、高校物理の試験は難関な問題は他の科目より少ない!というわけです(そうはいっても、難関大学はそれなりの問題を出してきますが)。僕がセンター試験を受けたときの感想では、物理ほど簡単な科目はないと思いましたよ。
 つまり、高校物理ははじめのハードルは一番高い。でも、いったんそれを超えてしまえば、覚える公式も少ないし、出題される問題も簡単なことが多い。よって、とにかくはじめて物理をやる人は、なんどもなんども教科書(あるいはそのレベルの参考書)を読んで、第一のハードルを越えさえすれば、誰でもセンター程度の物理は楽勝!になるはずだと思います。
 まあ、ここでコメントしたのが今年大学に合格した者だったら、多少説得力あったんだろうですが(笑)……それでも何か役に立てば幸いです。
 がんばってください!
    • good
    • 0

物理は公式と理論の2つの側面があります。


まず、入試に必要なのは公式物理。これは数学のセンスが必要です。
(公式の丸暗記ではなく、入試用の物理という意味ですよ)

しかし、数学だけにとらわれてはいけません。
要は物理現象を理解することがより重要です。

その全てのエッセンスは力学から始まります。
歴史の過程でも力学がまず発展し、そこから波動や熱力学が発展しました。
数学的なセンスとの組み合わせも力学を通じて学びます。

>誰でも初めは理解出来ないものなのでしょうか

誰でもそうです。幾つかのヤマを超える必要があります。
多分、最初は問題を解きまくるしかないと思います。
色々ごちゃごちゃやっているうちに一本の線に繋がってきます。

そうすれば理論は後からついてくるでしょう。
しかし、本当はその理論を更に掘り下げて理解することが大切なのです。
特にあなたの場合は工学部志望ですから。
まあ、多分そんな時間はないでしょうから入学してからでも構いません。
    • good
    • 0

 その本は不得手分野の補強のための本のようですよ。

ちゃんと基本から勉強しましょう。第一、その本では熱・波動・電磁気以外が勉強できないじゃないですか。同じシリーズで力学が出ていますね。
 本屋の高校参考書でまさに物理I、IIなりなんなり、教科書通り全分野をカバーしてある参考書に切り替えましょう。すでに指摘がありますが、まずは力学から始めるのが当たり前です。普通の高校物理参考書も力学から始まっています。
 あと、ちゃんと解き方が詳細に書いてある問題集も買っておきましょう。答えを見ながらでも解いていくうちに、自然に自力で解けるようになります。
    • good
    • 0

もちろん誰でもはじめは理解できないものです。



しかし1年で全く無の状態、しかも数学も基礎からやって行かなくてはならない状態から国立工学部を目指すのは相当な資質とやる気が必要です。
独学と言うのも大変です。
悩んでいる暇は無いと思います。

ちなみに物理の数式は非常に基本に忠実です。
イコールの左右では全く等しい、という意味です。
    • good
    • 0

二日で理解は出来ないだろうね。



とにかく書く事だよ。数式を一行ずつこつこつ書いてけば理解は難しくても暗記は出来る。暗記すれば段々と理解も進む。
問題集に使われてるような数式は、時間を掛けさえすれば理解するのは不可能ではない。解説だと途中を省略してる時が多いから、その省略してる部分も問題だと思ってこつこつ書いてく。そうやってけば必ず理解は出来るよ。

電卓ぐらいは使った方が面倒臭くないだろうね。
    • good
    • 0

今年高校を卒業して、来年入試と言うことは浪人生ということですね?



高校で物理も履修してないのにどうして工学部を受験するのでしょうか?また工学部を受験したいと思ったのでしょうか?

物理も勉強してないのに工学部志望というあたりから無理があると思います。意味が今ひとつ理解できないので教えて下さい。

物理は、いちから独学では難しいと思いますよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q物理が全くできない…

高校1年で、もうすぐ2年になるものです。
物理基礎が全く出来ません。前期のほうはまだ少しテストの点は取れていましたが、今ではさっぱりです。基礎もなにひとつ理解できないんです…
参考書をいくつか買ってもみましたが、どれが良いのか分からず買ったので全然理解出来ません。
これはいい!!とお勧めできる参考書はありませんか?
助けてください、お願いします!


塾なども考えましたが、学費が高くて、親に言いづらいので出来るだけ自力で頑張りたいです。

Aベストアンサー

全く分からない人が参考書に手を伸ばしてはダメです。
問題集もはまだ早いです。

教科書をひたすら読むこと。
一行読んだら、教科書を閉じて、その行を紙に書く。これを一冊分2週間で終わらせ、3サイクルぐらい回します。

そうすると「全く分からない状態」から脱出し、「教科書の記述の中で、分かるところと、分からないところが見えてくる」状態になります。3サイクルでだめなら5サイクル、合計10週間つかってください。その間、参考書とか問題集などに浮気しないこと。これさえ約束できれば、かならず「物理も少しは分かる」状態になります。

Qなぜ物理は独学が不可能なんですか?

こちら(http://d.hatena.ne.jp/nimsel/20080703)のサイトに、
「医学部・東大・京大を志望する場合、0から二次レベルまでの物理の独学は不可能に近いです。」
との記述があります。

さらにこちら(http://ja.wikibooks.org/wiki/%E4%BA%AC%E5%A4%A7%E5%AF%BE%E7%AD%96)のページにも、
「独学はほぼ不可能だと思われる」
と書かれています。

しかしながら受験勉強法研究家として有名な(しかし自分はあまり参考にはしていませんが。)
和田秀樹氏は、本の中で、「橋本の物理をはじめからていねいに」という参考書について、
「下手な教師よりよっぽどわかりやすい。今まで物理が独学に不向きと言われていたのはこのような参考書がなかったから。」
というようなコメントをしています。

ということは、参考書で授業と同じような理解ができるのではないでしょうか?

私は恥ずかしながら、落ちこぼれからほぼ独学で旧帝大医学部に行こうと思っています。
高2から物理の授業が学校で始まる予定でしたが、丁度高2から家庭の事情により、高校には通っていませんので、ほぼ独学というわけです。
数学はちっぽけな個人塾に行ってるので、まあ完全独学というわけではないので、他の科目は努力次第で目処がたちそうなのですが、物理は方々で、「独学は無理。国立医学部となるとなおさら無理。」という声が色々なサイトで目に入り、「ああやっぱり(高レベルまで行くとなると)独学なんて無理なのかなぁ。」と落胆と失望を何回か繰り返しています。

(といっても、そんな気持ちからかやるべきことをやる前からそんなこと思ってます。自分ではあまり100%無理なんて思いはないのですが、外部情報から無理だと思わせられている。だから無理なのかなぁと心配になりやる気が出ない。自分に都合良く言わせてもらえばそんな状態でいます。
他の科目は勉強してますが、物理に関しては、「独学は無理」という言葉が頭に浮かび、生物にしたほうがいいかなぁなどと躊躇して勉強する気になれません。ただ生物より物理のが、現代医療はMRIとかあるし、大切なのでなるべく物理を学びたいのです。大学に入ってから苦労しそうだし。
それで実際の所はどうなんだろうと質問いたしました。)


そういうわけで、例として上に挙げたようなサイトで言われる、
「物理は独学は不可能」
という言葉の理由についてお聞きしたいです。

それと、旧帝大医学部レベルまで物理を独学で引き上げるのは、正直なところ無理なのかという点も意見を下さい。因みに自分は理解力はいいほうではありません。文系脳に近いです。
数学は人より時間をかけてできるようになった方だと思います。
時間は1年半ですね。最悪でも1浪(2年半)までで受かりたいです。

もし肯定的な意見をお持ちの方がいたら、勉強を進めていく上でアドバイスもいただけますでしょうか。

ちなみに「旧帝大」と付けるわけは、ある医学部の方が書いた本に、
「臨床か開業なら関係ないが、それと平行して研究、あるいは専門の研究医になるならやはり旧帝大系でないと厳しいというのが実情。」
と書いてあったからです。
医学の研究にも興味があるので、そちらの方に有利な旧帝大医に是非とも受かりたいのです。。

真剣に悩んでいます。
ご高見お願いいたします。

こちら(http://d.hatena.ne.jp/nimsel/20080703)のサイトに、
「医学部・東大・京大を志望する場合、0から二次レベルまでの物理の独学は不可能に近いです。」
との記述があります。

さらにこちら(http://ja.wikibooks.org/wiki/%E4%BA%AC%E5%A4%A7%E5%AF%BE%E7%AD%96)のページにも、
「独学はほぼ不可能だと思われる」
と書かれています。

しかしながら受験勉強法研究家として有名な(しかし自分はあまり参考にはしていませんが。)
和田秀樹氏は、本の中で、「橋本の物理をはじめからていねいに...続きを読む

Aベストアンサー

数学であれ、化学であれ、生物であれ、各科目には、「その科目の学び方」というものがあると思います。

物理の場合は、
「物理とは何を目指しているのか?」
「物理は、どうやって学んでいったらよいのか?」
といったところで、つまづく人が、他の科目よりも多いように思います。

物理には、数式が登場しますが、同時に、「数式の解釈」というものが付きまといます。

言い換えれば、「自然現象のイメージと数式が結びつく」ということになりましょうか。

これがうまくいかないと、公式を暗記しても、理解できないのだと思います。

そして、この部分に、物理独特の考え方がたくさん出てきて、独学を妨げているように思います。

予備校であれ、参考書であれ、「自然現象と数式とが結びつく」という点を詳しく説明してくれるものがあれば、独学が可能だと思います。

あくまでも個人的な意見なので、お役に立つかどうか分かりませんが、自分自身が物理を学んだときに感じた難しさを思い出して、書かせていただきました。

参考サイトは、考え方の部分を説明してくれています。

参考URL:http://tahara-phys.net,http://webkouza.com

数学であれ、化学であれ、生物であれ、各科目には、「その科目の学び方」というものがあると思います。

物理の場合は、
「物理とは何を目指しているのか?」
「物理は、どうやって学んでいったらよいのか?」
といったところで、つまづく人が、他の科目よりも多いように思います。

物理には、数式が登場しますが、同時に、「数式の解釈」というものが付きまといます。

言い換えれば、「自然現象のイメージと数式が結びつく」ということになりましょうか。

これがうまくいかないと、公式を暗記して...続きを読む

Q秘伝の物理と物理のエッセンスならどちらが独学向き?

※本の特徴等を色々と述べさせて頂く為、長文の質問となってしまいました。宜しくお願い致します。

物理について質問をさせて頂きたいのですが、物理が殆ど出来ていない(殆ど習ってもいない)状態で物理を独学したいと思っています。
独学自体は大して厳しく感じないのですが、使う独学用の問題集で悩んでいます。現在、「物理のエッセンス」か「秘伝の物理」を基礎としてやった後に実践力要因で「名問の森」を用いて「過去問」に入ろうと思っているのですが、「秘伝の物理(Gakken)」か「物理のエッセンス(河合出版)」か、どちらを「名問の森」へ繋げる基礎問題集として使うべきでしょうか?

物理のエッセンスは評判も非常に良く、導入もあって良いと思うのですが、掲載されている問題の解説が分かりにくい(自分が分からないだけなのかも知れませんが、ただ答えの計算式を書き上げているだけでポイントや公式の説明やコツ等がなく、かなり「解答!」と言う感じです・・・)のでやっていて非常に解答と睨めっこする事が多く、中々進まず、故に物理の問題からあまり良い物を得られていません(定着せず解いても解法や感覚を忘れてしまいます)。「導入をヒントに問題を解く→いまいち分からない→解答を見る→(個人的に)解答がいまいち分かり辛く解答と睨めっこ→理解した気になる→実は理解出来ておらず定着しない」と言った感じです。

一方、秘伝の物理は解説動画は差し引いて考えると、問題レベルはエッセンスと同程度でほんの少し分量が重いです。代わりに解説がかなり詳しく、解説冊子が参考書の様に感じます。ただエッセンスの様に公式や導入が無いので、独学の身としては未習の分野は「何も知らず取り敢えず解いてみる→殆ど出来ない→解説を見る→やっとインプット」と言う形になります。

どちらも長所・短所がありますが個人的には幾ら導入があっても肝心の問題の解説がかなり雑(完全に主観です)だと進まないので秘伝の物理を基礎用に用いたいと考えています。
しかし、上記記載も全てが主観ですし秘伝の物理は出版されたばかりで、エッセンスと違って成功例を聞いた事がない為に独断のみで「名問の森」への橋渡しを選ぶのは不安です。
そこで、秘伝の物理か物理のエッセンスか、どちらが独学に向いているか、秘伝の物理でも独学用の基礎問題集として大丈夫かご意見を頂きたいです。有効な使い方もあれば教えて頂ければ幸いです。
因みに志望大学は、恥ずかしながら大阪市立大学工学部、同志社大学理工学部です。

ご回答、宜しくお願いいたします

※本の特徴等を色々と述べさせて頂く為、長文の質問となってしまいました。宜しくお願い致します。

物理について質問をさせて頂きたいのですが、物理が殆ど出来ていない(殆ど習ってもいない)状態で物理を独学したいと思っています。
独学自体は大して厳しく感じないのですが、使う独学用の問題集で悩んでいます。現在、「物理のエッセンス」か「秘伝の物理」を基礎としてやった後に実践力要因で「名問の森」を用いて「過去問」に入ろうと思っているのですが、「秘伝の物理(Gakken)」か「物理のエッセンス(河合出版...続きを読む

Aベストアンサー

貴方向きの参考書が独学向きです!

Q物理が全く理解できない高校1年生

現在高校1年生女子を持つ親です。
高校生になって早3ヶ月がたとうとしています。どうだ?高校の勉強は?ときくと
物理が全く理解できないといいます。
ここで理解不能になるとこの先が思いやられます。
基本のときにやさしく物理を理解する方法、教材、ネット情報などご存じの方
おられましたらご教示よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も高校で物理を習い始めたときは苦労しました(笑)
物理は理解するまでに多少時間がかかると思います。

勉強法としましては、初めから公式丸暗記は絶対にしないでください。
自分で公式を導き出せるようになれば、最終的に暗記でいいと思いますが・・・
また、物理用語の定義をしっかり覚えること、単位もしっかり覚えましょう^^

問題集は、レベルがやさしめのものであれば、「トライアル物理I」「トライアル物理II」
がおすすめです。トライアルを卒業した後、学校で指定されている問題集や、
「重要問題集」などがよいと思います。

がんばってくださいね。

Q私は中堅大学一年の物理学科に通っています。力学と物理学が全くできません

私は中堅大学一年の物理学科に通っています。力学と物理学が全くできません。
力学と物理学が理解できるオススメの参考書があれば教えて下さい。

また、力学や物理学は必死に勉強しても解ける感じがしません。勉強すれば物理学の問題は理解できますか?

Aベストアンサー

化学系では、こういうものができなくても、
量子化学(量子力学の化学への応用)
物理化学(熱力学、統計力学などの化学への応用)
が何とかなってしまうですが、
物理学科ということなので、基礎理論を
理解していないとまずいとおもいます。
理論物理の研究室に入るのかもしれないし、

手元にあった、力学の本でいいものが
あったので紹介いたします。

物理入門コース 力学 岩波書店

ちなみに、岩波の理工系の数学
入門コース 微分積分も優れた
本です。(高校数学が分かれば
理解できる)

力学で出てくる、ラグランジェ方程式とか
ハミルトン方程式は、何に使うのか理解
出来ていますか。

ラグランジェ方程式は、古典力学
(今勉強しているものです)
ハミルトン方程式は量子力学に
使います。

>勉強すれば物理学の問題は理解できますか?
ある程度高度な理論(高等数学など)は
天才でもない限り、普通の勉強では理解
出来ません。凡人には、理解できないので
単位認定がかえって甘いような気がします。

大学もそれは、分かっていると思うので、
単位を取るための勉強をしてください。
繰り返しますが、基礎理論だけでいいです。

化学系では、こういうものができなくても、
量子化学(量子力学の化学への応用)
物理化学(熱力学、統計力学などの化学への応用)
が何とかなってしまうですが、
物理学科ということなので、基礎理論を
理解していないとまずいとおもいます。
理論物理の研究室に入るのかもしれないし、

手元にあった、力学の本でいいものが
あったので紹介いたします。

物理入門コース 力学 岩波書店

ちなみに、岩波の理工系の数学
入門コース 微分積分も優れた
本です。(高校数学が分かれば
理解できる)

力学で出てく...続きを読む

Q早稲田や慶應に受かるのはどのくらい難しい??

偏差値44程度の高校から地方の無名私立大学に進学したものです。

2ちゃんねるなどでは早慶は1年勉強すれば絶対に受かると噂されていますが、実際早稲田大学や慶応義塾大学に合格するのはどのくらい難しいことなのでしょうか?

もし本当に1年で合格できるのであれば今の大学を中退して少し頑張ってみようかなとか思うのですが・・・

Aベストアンサー

私自身の話ですが、英語の模試偏差値38から一年間勉強して、早大に合格できました。それゆえ、可能性0とは言えないと思います。(残念ながら絶対とは明言できません。実際、私よりも出来の良い人が早慶に落ちていました。)
また、マーチレベルの大学でも良いならば一年間の勉強でも、合格できる可能性は早慶より高いと思います。
とはいえ、浪人すると途中でだらける人も多いと言います。また、高校在学時の勉強の蓄積がどれくらいあるかにもよります。
まずは、自分の高校や予備校に行って、一緒に考えてもらって、より確かな情報を得るのが良いです。
そして、最後はやはり自分のやる気次第です。

Q今から物理を独学で勉強するのは無理??

理系の国公立大学を志望しています。
二次で、物理が必要なんですが、私は学校の
授業で物理はとっていません。
今から物理を独学で勉強するのは、無謀ですか??
;;
で、もし物理を今からやるとしても、他の教科もまだ全然余裕じゃないので、物理ばかりやっていてもダメですよね・・・・だからどういう風に全体をすすめていったらいいかとかもわかりません(;;)
どうすればいいでしょうか・・・?><;

Aベストアンサー

私も理系出身であり二次で物理を受けた経験がありますが、大学入試直前まで物理のテストの点数はあまりよくありませんでした。本当はよくないことなのですが、やむを得ず校内のテストに対しては、テスト勉強をせずに入試に向けて勉強していました。個人差もありますが、自分の場合は1冊の参考書(数研出版社のチャート式物理だったと思います)をじっくりと勉強しました。もうずっと前のことでよく覚えていませんが、単振動や力学などの入り口のところで難しいなと思ったものの、その壁を乗り越えていくと後の方も結構理解できていくものです。ただし、二次で物理を受けるのでしたらしっかりと理解していないとなかなか解けないと思います。しかし、このような勉強を続けていくと数ヶ月後にはかなり実力が付いていることに気づくはずです。大学生向け、専門家向けの本を読む場合でも1ページどころか数式1つ1つが壁です。どれだけ根気よく続けられるかだと思います。自分の経験ではメインの本を1冊選んで、そのページ数を入試までの日数で割り、1日にどれぐらい進んでいくかを決めて、それを実行するのがいいと思います。

Q蒸気圧ってなに?

高校化学IIの気体の分野で『蒸気圧』というのが出てきました。教科書を何度も読んだのですが漠然とした書き方でよく理解できませんでした。蒸気圧とはどんな圧力なのですか?具体的に教えてください。

Aベストアンサー

蒸気圧というのは、主として常温付近で一部が気体になるような物質について用いられる言葉です。

液体の物質の場合に、よく沸点という言葉を使います。
物質の蒸気圧が大気圧と同じになったときに沸騰が起こります。
つまり、沸点というのは飽和蒸気圧が大気圧と同じになる温度のことを言います。
しかし、沸点以下でも蒸気圧は0ではありません。たとえば、水が蒸発するのは、常温でも水にはある程度の大きさ(おおよそ、0.02気圧程度)の蒸気圧があるためにゆっくりと気化していくためであると説明できます。
また、油が蒸発しにくいのは油の蒸気圧が非常に低いためであると説明できます。

さきほど、常温での水の飽和蒸気圧が0.02気圧であると述べましたが、これはどういう意味かと言えば、大気圧の内の、2%が水蒸気によるものだということになります。
気体の分圧は気体中の分子の数に比例しますので、空気を構成する分子の内の2%が水の分子であることを意味します。残りの98%のうちの約5分の4が窒素で、約5分の1が酸素ということになります。

ただし、上で述べたのは湿度が100%の場合であり、仮に湿度が60%だとすれば、水の蒸気圧は0.2x0.6=0.012気圧ということになります。

蒸気圧というのは、主として常温付近で一部が気体になるような物質について用いられる言葉です。

液体の物質の場合に、よく沸点という言葉を使います。
物質の蒸気圧が大気圧と同じになったときに沸騰が起こります。
つまり、沸点というのは飽和蒸気圧が大気圧と同じになる温度のことを言います。
しかし、沸点以下でも蒸気圧は0ではありません。たとえば、水が蒸発するのは、常温でも水にはある程度の大きさ(おおよそ、0.02気圧程度)の蒸気圧があるためにゆっくりと気化していくためであると説明できま...続きを読む

Q建築学部からの就職ってどんなのですか?

高3なんですが建築学部に行こうと思っています。はっきり言ってなりたいだけで中身がわかってないのですが、就職がどのようになってるかは知っとかないと思って質問しました。やはり親にお金出してもらうので。
一応事務はしたくないわけでありませんが、やはり夢は何か大きなものを立ててみたい。漠然ですみません。あと住宅の設計もしたいです。
こんな私はどんなところに就職したほうがいいのでしょうか?
そのための最低条件は何なんでしょうか?

はてなが多くてすみません。どんななことでもいいので書き込んでもらえるとありがたいです。お願いします。

Aベストアンサー

建築には企画(不動産業など)、設計(アトリエなど)、施工(ゼネコンなど)の3つの段階があります。
どの職種の人もこの建物は自分が建てたと言いますが役割は全く違います。
まず自分がどの部分をやりたいかを理解することが大事です。

建築学科からの卒業生の多くは建築系の会社に就職します。
アトリエ(安藤忠雄、伊東豊雄など)
組織設計事務所(日建設計、日本設計など)
ゼネコン(鹿島、大成、清水、大林、竹中など)
ハウスメーカー(積水ハウス、大和ハウス、住友林業など)
不動産業(三井不動産、三菱地所など)
公務員(国土交通省、経済産業省、地方上級など)
が主なところではないでしょうか。

私の主観ですが上の業種は以下のような感じだと思います。
アトリエ・・・仕事に夢はあるが労働時間長く給料低いアルバイトのよう。
将来的に独立する人が多く、その中から有名建築家になる人もいる。
組織設計事務所・・・仕事に夢はあるが労働時間長め、給料は少し良いが福利厚生は△
ゼネコン・・・労働時間長めだが、給料は良い。福利厚生も◎。現場と設計でだいぶ違うらしい。
また担当する物件の種類(オフィス、マンション、工場など)によっても忙しさ、やりがいが異なる。
ハウスメーカー・・・生活にもっとも身近でやりがい◎、給料は普通。
火・水休みが一般的で他業種の友人とはあまり遊べない。福利厚生は◎。
ただし客商売なので売上が非常に重要。労働時間は客次第。
不動産業・・・労働時間は長めだが、給料、福利厚生は◎。やりがいもある。
しかし入社は最難関ですさまじい倍率+コネがないと厳しい企業も・・・。
公務員・・・一番安定しており、給料普通、福利厚生◎。国家公務員はかなり難関。
仕事内容は多種多様。知り合いはあまり夢はないと言っていたが定時帰り可だそう。

大学に入ってからも十分時間があるので講義を受けながら進みたい道を
決めるのが良いと思います。
就職の為の最低条件ですがある程度レベルの高い大学のほうが
就職しやすいのは事実です。
アトリエは才能次第ですが、組織設計事務所は旧帝大、早慶が多く、
ゼネコンでは旧帝大、早慶、MARCH、日大などが多いです。

建築には企画(不動産業など)、設計(アトリエなど)、施工(ゼネコンなど)の3つの段階があります。
どの職種の人もこの建物は自分が建てたと言いますが役割は全く違います。
まず自分がどの部分をやりたいかを理解することが大事です。

建築学科からの卒業生の多くは建築系の会社に就職します。
アトリエ(安藤忠雄、伊東豊雄など)
組織設計事務所(日建設計、日本設計など)
ゼネコン(鹿島、大成、清水、大林、竹中など)
ハウスメーカー(積水ハウス、大和ハウス、住友林業など)
不動産業(三井...続きを読む

Q名問の森か難系か

東工大志望の新高2です。

物理のエッセンスを終えた後に何をやろうかを悩んでいます。
学校の先生によると「東工大なら難系」とのことだったんですが、ネットで色々見てみたら「名問の森が作者も同じなのでいい」となっていました。

できる限り親には負担をかけたくないので物理などは独学で何とかしたいのですが、どちらのほうがよいのでしょうか?

Aベストアンサー

とりあえずエッセンスをしっかりやることです。一説によるとこれだけで全統模試で偏差値70近くはいくらしいです。物理は問題数をこなすことも大切ですが、それ以上に物理が体系的に「見える」ことが大切です。その「見える」段階はエッセンスで確実にしておく必要があるでしょう。

さて本題ですが、ぶっちゃけどっちでもいいです。むしろ、東工大ならエッセンスが完璧になったら、とりあえず過去問を数年分といてみることです。ここで、どれくらいできるのか?どの分野が頻出か?また、解けなかった問題はエッセンスレベルに穴があったからではないか?などをじっくり分析しましょう。その上で、ある程度傾向やニガテから何系や名門をやるにしても、どこを重点的にやるかを見極めるのです。

おそらくエッセンスレベルでも最初のほうは結構解けるはずです。熱+力学等の複合問題の解き方が不足するでしょう。あと、エッセンスは波、一部電磁気、(熱)等の分野がやや弱い気がします。これらの点は模試等でもしっかり不足を確認して対策を取る必要があるかもしれません。ちなみに、名門のほうがより標準+レイアウトが解きやすいです。難系はちらっとしかみたことないですが、問題が多い+やや何+レイアウトが難しそう、です。東工大系なら何系のほうが実践に近いかもしれませんが、だからといって率直に難系にすべきというわけではありません。難しいということはその分時間がかかりますし、全部復習しきれないで終われば本末転倒です。また、試験で重要なのはまずは「標準」を確実にすることです。名門でも東工大に受かるやつは沢山います。問題集とは別に、東工大模試等で演習をかさねて、きちんと形式に対応できるようにする必要はありますが、パターンを覚えるだけと割り切るなら名門はかなり負担が軽減されます。一方難系なら、より高度な問題にも動じずに対応できる力はつくでしょう。ただ、現役合格を目指すとなると数学や化学も含めてと負担が多いので、物理だけに難系を全部網羅させるほどの時間は取れないとおもいます。よって、難系にするならある程度、上記の分析から「必要な問題とそうでない問題をわけて、必要度の高そうな例題から確実に定着させていく」といった勉強法を前提にしておいたほうが良いでしょう。

いずれにせよ、過去問+東工大模試は重要な資料ですから、これらは早いうちに見ておくことが、名門や難系よりも重要なことです。逆にいえば、問題集を全部やらないでも、確実に過去問等で高得点が取れる(もちろん時間以内に、初見で)といえるなら、その問題集をそれ以上やる理由は薄いでしょう。他の勉強にまわすほうが現実的です。

長文ですが、ようするに「これだけやれば、過去問で合格レベルに達する」といえる実力がつけばどんな問題集をやろうと別にいいのです。名門、難系どちらにせよそれ以前が完璧なら足りないことはありません。(もしたまたま難化し、それで足りなければ、受験者の多くが足りないので結局解けるところをとれば合格できる)目標は一応受験のようなので、物理以外の分野の勉強にもこのことを生かすといいでしょう。

とりあえずエッセンスをしっかりやることです。一説によるとこれだけで全統模試で偏差値70近くはいくらしいです。物理は問題数をこなすことも大切ですが、それ以上に物理が体系的に「見える」ことが大切です。その「見える」段階はエッセンスで確実にしておく必要があるでしょう。

さて本題ですが、ぶっちゃけどっちでもいいです。むしろ、東工大ならエッセンスが完璧になったら、とりあえず過去問を数年分といてみることです。ここで、どれくらいできるのか?どの分野が頻出か?また、解けなかった問題はエッ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報