こんにちは、

「これだけ機械」下記参照で勉強中です。P183のパワーエレクトロニクスのデバイスについて下記を教えてください。
1.バイポーラパワートランジスタには、PNP3層構造はないのでしょうか?
2.MOSFETは、バイポーラ型と違って、電流の流れがn型(自由電子)、p型(正孔)のいずれか一方で動作する。とはどういう意味でしょうか?
3.MOSFETは、オン電圧が大きいという欠点があり、少容量に限られている。とはどう言う意味でしょうか?
4.単相半波整流回路で、抵抗のみを負荷とした場合、制御角αで電圧を制御できるとあるのですが、制御角αは、何をどのように変化させるのでしょうか?単相全波整流回路も、同じでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

1. PNPのパワートランジスタも無いわけではないでしょうが、パワーエレクトロニクスの用途(大電流のスイッチング)では使われていないように思います。


2. バイポーラでは、電子、正孔の両方が電流に関係していますが、FETのようなモノポーラの素子では、電子または正孔のどちらか一方だけで電流が流れています。
3. ONしたときの損失が大きいので大容量(大電流)の機器には向かない、というような意味でしょう。
4. 整流用の素子にサイリスタなどのONを制御できる素子を使います。ONするタイミングを交流電圧の立ち上がり(0を横切ったところ)から少し(α)だけ遅らせて、電圧を制御できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事有難うございます。
解かりました。

お礼日時:2009/05/20 19:43

ほかのかたが書かれているので補足的に


3.高いのはオン電圧ではなくオン抵抗では?
オン抵抗が100mΩでも100A流したら10Vですから、実用上問題ある。
素子から熱も出るわけだし。だから大電流用途にはIGBTとかを使うわけです。

4.本を見ていないので憶測ですが
電流のスイッチングにダイオードではなくトランジスタ類を使うばあい、ベース端子を使うことで、素子にかかる電圧と関係なくスイッチングができます。
sinωtで0からπまでONすれば出力最大ですし、-0.5πから+0.5πまでONしたら出力は0です。位相角をどう作るかはいろいろ考えられますね。多分マイクロコンピュータでやるのが普通だとおもいますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足、お返事有難うございます。
解かりました。

お礼日時:2009/05/20 19:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング