あじさいの鉢植え(品種は「フラウ・ヨシミ」)をもらいましたが、
育て方が分からずに困っています。

マンション暮らしで、ベランダの日当たりもそんなによくありませんが、
できれば大切に育てて来年も花が咲くようにしたいと思っています。
水遣りのタイミングや、枝、枯れた花の処理の方法など、
育て方のポイントを教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

アジサイは半日陰でよく育ちます。

半日陰とは午前中だけの日当たりで午後からは日陰となるような所で、日当たりも2~3時間ぐらい当たれば十分でしょう。
あるいは1日じゅう大変明るい日陰であるような所ですね。

アジサイは水を大変好みます。特に蕾が大きくなる時や、花(実は花弁ではなくガク)が満開の時は水を欲しがり、土はやや湿り気味の方が良い状態です。水が不足すると葉茎がすぐしおれてきます。
晴天で大株の場合は5月、6月あたりでも朝夕の水遣りが必要なこともあります。
花後や盛夏から9月いっぱいまでは、土の表面が乾いてきたらタップリ水遣りします。水切れは禁物ですから、もし葉や茎がしおれてきたら急いで水遣りするように心掛けます。晴天の盛夏は朝夕の水遣りは基本です。
落葉期は、あまり鉢土が乾いているようだと水遣りするぐらいで結構です。

根張りも早く、今ちょうどよい大きさの鉢でも来年の今頃では根詰まり状態となります。
従って花後に、ひと回り大きな鉢で植え替えをされる事をお勧めします。
水はけの良い優良な培養土で植えられるのもよろしいですが、赤玉土の小粒(5割)+腐葉土(3割)+山砂類(2割)で植えられれば完璧でしょう。
赤玉土は細目のフルイで微塵を抜いて使います。山砂はボラ土や軽石などがあります、粒の大きさは赤玉土小粒とほぼ同じ大きさのものを使います。
根土は多少崩しても構いません。古土を1/2か1/3ぐらい落とすつもりでよくふるい落としましょう。水を張ったバケツのなかで根土をほぐしても良いです。長すぎる根は切り詰めても構いません。後は深植えしないように注意します。
鉢はプラ鉢か駄温鉢あたりが良いでしょう。鉢底石も必ず入れます。

花後に剪定をします。花が咲いたところから高さも考慮しつつ、2節から4節ぐらいの間で、下の葉のすぐ上で剪定します。
花が咲かなかった枝はそのままでも構いませんが、高さ的にバランスが悪い場合や、植え替え後にもう少し葉の量を減らしたい場合は、同様に剪定しても構いません。
8月からは花芽分化期(8~9月いっぱい)に入りますから、もう剪定しないようにします。でないと花芽を切り落とすことになります。

施肥は芽出しの3月と4月に鉢の隅に緩効性の肥料を置き肥します。薄めの液肥を1週に1回与えて併用してもよろしい。
蕾が大きくなりはじめたら(5月)施肥は中止して水遣りだけにした方が良いでしょう。花期が近づいて来た時に肥料が効いていると、花色が濁ったりするからです。花色に透明感が欠けてきます。
あとは花後に与えますが、(植え替えた際は2週間ぐらい経って与えます)花芽分化期が終わる9月いっぱいまでは与え続けます。
ただし盛夏は置き肥の量を少し減らしましょう。液肥はそのまま与え続けて結構です。
晩秋、初冬あたりにはエンジ色の花芽が枝に確認できるはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、ありがとうございました。
詳しく教えていただいた内容を1つ1つ実践しながら、頑張って育ててみます。

お礼日時:2009/05/17 22:12

ネット検索するといくらでも出てきますよ。


↓一例です。
http://yasashi.info/a_00010g.htm
http://www.kasaya.net/ajisai/1_ajisai/ajisai_3.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答をありがとうございました。
教えていただいたURLも参考にしてみます。

お礼日時:2009/05/17 22:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあじさいの育て方を教えてください

あじさいの鉢植え(品種は「フラウ・ヨシミ」)をもらいましたが、
育て方が分からずに困っています。

マンション暮らしで、ベランダの日当たりもそんなによくありませんが、
できれば大切に育てて来年も花が咲くようにしたいと思っています。
水遣りのタイミングや、枝、枯れた花の処理の方法など、
育て方のポイントを教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アジサイは半日陰でよく育ちます。半日陰とは午前中だけの日当たりで午後からは日陰となるような所で、日当たりも2~3時間ぐらい当たれば十分でしょう。
あるいは1日じゅう大変明るい日陰であるような所ですね。

アジサイは水を大変好みます。特に蕾が大きくなる時や、花(実は花弁ではなくガク)が満開の時は水を欲しがり、土はやや湿り気味の方が良い状態です。水が不足すると葉茎がすぐしおれてきます。
晴天で大株の場合は5月、6月あたりでも朝夕の水遣りが必要なこともあります。
花後や盛夏から9月いっぱいまでは、土の表面が乾いてきたらタップリ水遣りします。水切れは禁物ですから、もし葉や茎がしおれてきたら急いで水遣りするように心掛けます。晴天の盛夏は朝夕の水遣りは基本です。
落葉期は、あまり鉢土が乾いているようだと水遣りするぐらいで結構です。

根張りも早く、今ちょうどよい大きさの鉢でも来年の今頃では根詰まり状態となります。
従って花後に、ひと回り大きな鉢で植え替えをされる事をお勧めします。
水はけの良い優良な培養土で植えられるのもよろしいですが、赤玉土の小粒(5割)+腐葉土(3割)+山砂類(2割)で植えられれば完璧でしょう。
赤玉土は細目のフルイで微塵を抜いて使います。山砂はボラ土や軽石などがあります、粒の大きさは赤玉土小粒とほぼ同じ大きさのものを使います。
根土は多少崩しても構いません。古土を1/2か1/3ぐらい落とすつもりでよくふるい落としましょう。水を張ったバケツのなかで根土をほぐしても良いです。長すぎる根は切り詰めても構いません。後は深植えしないように注意します。
鉢はプラ鉢か駄温鉢あたりが良いでしょう。鉢底石も必ず入れます。

花後に剪定をします。花が咲いたところから高さも考慮しつつ、2節から4節ぐらいの間で、下の葉のすぐ上で剪定します。
花が咲かなかった枝はそのままでも構いませんが、高さ的にバランスが悪い場合や、植え替え後にもう少し葉の量を減らしたい場合は、同様に剪定しても構いません。
8月からは花芽分化期(8~9月いっぱい)に入りますから、もう剪定しないようにします。でないと花芽を切り落とすことになります。

施肥は芽出しの3月と4月に鉢の隅に緩効性の肥料を置き肥します。薄めの液肥を1週に1回与えて併用してもよろしい。
蕾が大きくなりはじめたら(5月)施肥は中止して水遣りだけにした方が良いでしょう。花期が近づいて来た時に肥料が効いていると、花色が濁ったりするからです。花色に透明感が欠けてきます。
あとは花後に与えますが、(植え替えた際は2週間ぐらい経って与えます)花芽分化期が終わる9月いっぱいまでは与え続けます。
ただし盛夏は置き肥の量を少し減らしましょう。液肥はそのまま与え続けて結構です。
晩秋、初冬あたりにはエンジ色の花芽が枝に確認できるはずです。

アジサイは半日陰でよく育ちます。半日陰とは午前中だけの日当たりで午後からは日陰となるような所で、日当たりも2~3時間ぐらい当たれば十分でしょう。
あるいは1日じゅう大変明るい日陰であるような所ですね。

アジサイは水を大変好みます。特に蕾が大きくなる時や、花(実は花弁ではなくガク)が満開の時は水を欲しがり、土はやや湿り気味の方が良い状態です。水が不足すると葉茎がすぐしおれてきます。
晴天で大株の場合は5月、6月あたりでも朝夕の水遣りが必要なこともあります。
花後や盛夏から9月い...続きを読む

Q鉢植えで一才藤を育てているのですが今頃になって花目が出てやっと咲き始めました。何故今頃咲き始めたので

鉢植えで一才藤を育てているのですが今頃になって花目が出てやっと咲き始めました。何故今頃咲き始めたのでしょうか?教えてください!

Aベストアンサー

その木は去年の秋に花芽をつけていましたか?
もし付けていないなら、春になってから花芽をつけて、頑張って咲いたんだと思います。
秋に花芽(花芽と葉芽で目の大きさが格段に違いますので、判りますよね)が出来ていて、今まで眠っていてようやく咲いたのなら、水管理、日に当てる時間等、藤にはつらい状況だったかな。
特に日光は必須のようで、自然の藤は木に絡まって木より大きくなるまでツルを伸ばしますよね、その様に日が当たらない所で栽培すると、考えられないような成長をします。
一才藤の場合そこまでしなくても花芽が付きやすいですが、自然の藤を持ってきたりした場合、藤が咲く時期に花が無いのでと言う事で、葉っぱを一枚も無く切って、延び始めたツルも切って、そのまましていたら一ヶ月くらいで、ツルが延びて、本来なら葉が出る間隔で花びらが付いたりしますので、何となく文面から、春から花芽を作り始めて、出来たので咲いたような気がします。

Qあじさいの育て方について

鉢植えのあじさいをもらって育てる事になりました。
もらった当初に咲いていた花はキレイなピンクで大きな花でした。
しかし、次に咲いたのはピンクにならず白いままです。
それに咲ききらないまま、個々の花の花びらの先がどんどん枯れて来てしまいました。
小さなつぼみも、そのまま咲かないまま枯れてきています。

東側の窓際に置いていて、カーテンごしに朝日くらいしか太陽には当たってません。
水は毎朝、鉢の下から出るくらいあげてました。
それと、植物活力剤というのを刺しています。

植物を育てるというのは初めてに近い素人ですが、なんとかキレイに咲かせたいです。
アドバイスをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

あじさいは梅雨の時期に咲く代表的な花ですがシーズンより早めに出るあじさいの栽培は正直言って難しいですね。
というのは生産業者がかなり無理な早成栽培を行っているケースが多いからです。
あじさいには2種類あり日本原産のあじさいとハイドランジアという西洋あじさいがあり、日本原産のものは育てやすいですがハイドランジアはヨーロッパで鉢花用として改良されたもので日本原産に比べると弱いですが花色が豊富で美しく今はハイドランジアの方が多いような気がします。
両者は育て方が多少違いますので参考URLをご参照下さい。
花の色が「ピンクにならず白いまま」と言うのは日光不足のような気がします。
あじさいは一般的には半日陰で湿気の多いところと言われていますがそれでも日光は必要です。
そして花が咲いている時期は少し乾かしぎみにして水をやりすぎないようにすることも必要です。
「水は毎朝、鉢の下から出るくらいあげてました」とのことですが「窓際に置いていて」と言うことは鉢の下には受け皿があると思うのですがその水は毎回捨てていますか。
もし捨てていない場合は根腐れしている可能性があります。
「花びらの先がどんどん枯れて」と言うのは根腐れかも知れませんね。
あじさいは常に湿っている状態が好ましいですが植木鉢の花は根からも呼吸しますので受け皿に水は溜めないようにしましょう。
なおあじさいは挿し木で簡単にふやすことができます。
6月上旬頃で花の付いていない枝の先端を10cmくらいに切り取り1時間ほど水揚げしたら土に差しましょう。
挿し木には細菌などがいない清潔な土で肥料分が無いものを使うのが良く園芸店で売っている挿し木用の土やパーライト、バーミキュライトなどが適切です。
その際、土に挿す部分を良く切れるナイフで斜めに切り直します。
ハサミで切るとどうしても形成層を潰しまってナイフで切り直した時にに比べて発根が劣ることがありますのでナイフを使用することをお勧めします。
そして斜めに切るのは水管の表面積を大きくして吸水し易くするためです。
挿し木は前もって水を含ませた土に割箸等で穴を空け全体の2分の1から3分の2を土に差しぐらつかないようにして半日陰で1~2か月すると発芽発根しますので定植しますが、その際込み合って植えている場合は細根を切らないように一寸水遣りを控えて乾かし気味にして隣の根と絡まないようにしますが、そうでなく離れている場合は湿った状態で多少広め深めに根を切らずに取り出して植付けます。
成功を祈ります。

参考URL:http://www42.tok2.com/home/kengei/a_00010.htm

あじさいは梅雨の時期に咲く代表的な花ですがシーズンより早めに出るあじさいの栽培は正直言って難しいですね。
というのは生産業者がかなり無理な早成栽培を行っているケースが多いからです。
あじさいには2種類あり日本原産のあじさいとハイドランジアという西洋あじさいがあり、日本原産のものは育てやすいですがハイドランジアはヨーロッパで鉢花用として改良されたもので日本原産に比べると弱いですが花色が豊富で美しく今はハイドランジアの方が多いような気がします。
両者は育て方が多少違いますので...続きを読む

Qベランダで花を育てていますお。日当たりについて。

ベランダで花を育てていますお。日当たりについて。

南向きのベランダで花を育てています。
種類はフェアリースターなどの、割と小さめの花がつくものが多いです。
日中はとてもよく日光が当たります。
今日などは昼間30度位になると天気予報で言っていましたが、
ずっと陽の当たる場所に置いておいてもいいでしょうか?
ある程度陽に当てたら、洗濯物の陰に移したほうがいいのかなと。
強い陽に当て過ぎて弱ってしまわないかと心配です。

水は朝早い時間に土の様子を見つつ与えるようにしています。
初心者なので、変な質問かもしれませんが、
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お花には日光が絶対必要です。
一日中当たればそれだけ光合成をして元気な花になります。

ただ、ベランダ栽培 プランターや鉢での栽培の弱点は、
1、太陽熱による土の乾燥が早い
2、ベランダからの反射熱による鉢などの温度の上昇

鏡を手に持って日向で実験すればわかります。
日の当る所に鏡からの反射の光を当てると周囲より倍の明るさになることが判ります。
と、言うことは太陽光線が植木鉢に当たると同時に、ベランダの反射の光線もその鉢に当たっていることになります。
単純に計算すれば気温が30度あれば反射熱を合わせれば60度近くの温度になりかねない
と云うことです

台所にある銀紙を鉢に巻いてやれば全ての熱は鉢まで浸透する前に反射して、輻射熱や太陽熱からは守れます、が、気温が30度になっているのですから土の温度も30度になっていることは確かです。

朝水やりによって多少温度の上昇率は違いますが、
結論としては
出来れば夕方からは日を遮る方法で育ててやる方が手間もかからず、元気に育ちます。
また反射熱対策として銀紙のほかに鉢の下にすのこなどを敷いてやれば、直接地面の熱は伝わりません。

貴女の考えは正解です。


水やりのたびに声をかけてやって下さい。
きっと、花の気持ちが判るようになるはずです

さわやかな質問に久しぶりに巡り合えました。
頑張って綺麗な可愛い花を咲かせて下さい。

お花には日光が絶対必要です。
一日中当たればそれだけ光合成をして元気な花になります。

ただ、ベランダ栽培 プランターや鉢での栽培の弱点は、
1、太陽熱による土の乾燥が早い
2、ベランダからの反射熱による鉢などの温度の上昇

鏡を手に持って日向で実験すればわかります。
日の当る所に鏡からの反射の光を当てると周囲より倍の明るさになることが判ります。
と、言うことは太陽光線が植木鉢に当たると同時に、ベランダの反射の光線もその鉢に当たっていることになります。
単純に計算すれば気温が30度あれ...続きを読む

Qサイネリアの育て方

こんにちは。サイネリアを育てるのですが、サイネリアの育て方がわかりません。育て方や育てるコツを教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

サイネリア(シネラリア)の育て方については下記サイトに詳しく載っていますのでご覧下さい。

参考URL:http://www42.tok2.com/home/kengei/shi_00011g.htm

Qベランダの花の水遣りについて。

ベランダの花の水遣りについて。

日当たりの良いベランダにプランターを置いています。
天気が良くなりそうな日は朝早くに水をやるようにしていますが、
これから梅雨の時期に入り雨の日が多くなると思います。
たとえば朝は降っていなくても午後からは雨というような日は、
朝の水はやらない方がいいでしょうか?
(花はカンパニュラのような小さい花です)

Aベストアンサー

雨に当てても構わない植物もありますが、カンパニュラを含む、小花を多く咲かせるタイプの植物は雨には当てない方がよろしいです。花に水分を含むと重くなって草姿が乱れますね。花がシミになったり、灰色カビ病なども発生し易くなります。
雨が降る事が見込まれる日は、事前に軒下や屋根のある所へ退避させておきましょう。

これからの時期の水遣り。
晴天時でよく乾く日・・・朝方に鉢土の表面が乾いていれば、鉢底から水が流れ出るまでしっかり水遣りしておきます。夕方にも鉢土が乾いていれば、またしっかり水遣りしておきます。

曇り時々晴れ・・・同上。朝か夕方に鉢土が湿っていれば、水遣りは見合わせます。鉢土の表面が乾いていれば水遣りしておきます。

曇り時々雨、及び雨天時。・・・鉢土の表面が乾いていれば水遣りしておきます。湿っていれば水遣りは控えます。丸1日水遣りが不用の日もあります。2日め以降でも鉢土が湿っていれば水遣りはしません。

基本的には鉢土の表面が乾いてから水遣りするようにします。
しかし梅雨時においても晴天時はよく乾く日があります。もし日中に水切れを起こして葉茎や花が萎れている場合は、すぐさま水遣りして日陰に移動させ、回復させるようにします。
朝方において、鉢土の表面が乾いているような湿っているような解かりにくい、半乾きぐらいの場合もありますが、晴天時や晴れ勝ちの曇り日は、水遣りしておいた方が良い場合が多いです。
逆に雨勝ちの曇り日や雨天時において半乾き状態であれば、朝方は水遣りを見合わせて夕方において、必要があれば、水遣りしておくようにしましょう。まだ半乾き状態が続いているようでしたら、水遣りは不用です。明日の天気と相談して決めるようにします。決め付けるのではなく、状態や状況を見て、臨機応変的な判断が必要だという事ですね。
「鉢土の表面が乾く」というのも抽象的で曖昧な言い方ですが、土の表面から大体1~1.5cmぐらいの深さが乾けばそれに相当するでしょう。指で少しほじくって確認してみましょう。

雨に当てても構わない植物もありますが、カンパニュラを含む、小花を多く咲かせるタイプの植物は雨には当てない方がよろしいです。花に水分を含むと重くなって草姿が乱れますね。花がシミになったり、灰色カビ病なども発生し易くなります。
雨が降る事が見込まれる日は、事前に軒下や屋根のある所へ退避させておきましょう。

これからの時期の水遣り。
晴天時でよく乾く日・・・朝方に鉢土の表面が乾いていれば、鉢底から水が流れ出るまでしっかり水遣りしておきます。夕方にも鉢土が乾いていれば、またしっかり...続きを読む

Qトリカブトの育て方

山登りに行った時に、トリカブトを見ました。
とても美しく綺麗だったので、育ててみたくなり
トリカブトの種子を購入しました。

購入したのはいいのですが、肝心な育て方がわかりません。
ネットで検索したり、お花に詳しいお友達に聞いたりしても
種子からの育て方がわからないのです。

トリカブト自体を育てるのは始めてなので
詳しい育て方が知りたいと思っています。

トリカブトの育て方に詳しい方がおりましたら
よろしくご回答お願い致します。

Aベストアンサー

育てたことはありませんが手元にある「山野草の育て方&楽しみ方事典」によれば、
・種まきは2月から3月初旬、半日陰で
・用土は赤玉土4に軽石4、腐葉土2を混ぜる
・鉢は中鉢の4-6号
・水やりは芽出しの頃は多めに
・水を好むので夏は腰水で育てる
・置き場所は芽出しから休眠までは木漏れ陽が当たる半日陰
・増殖は活発で3月中旬から4月中旬に塊根を分けて殖やす
・肥料は3月中旬から4月中旬に有機性の固形肥料を与える
・根は猛毒なので手袋をはめ、作業後すぐに手を洗う
・1-2年ごとに植え替える
・露地栽培するなら半日陰で、身近への植栽は避ける
・12月下旬から2月までは休眠する
・休眠期にも土が乾いていたら水は忘れずに与える

育て方はやさしいそうです。

Qベランダ(南向き 三階)で 花かハーブを育てたいのですが 四季通じて花

ベランダ(南向き 三階)で 花かハーブを育てたいのですが 四季通じて花が楽しめる様にするには 何と何を植えたらよいでしょうか?また南庭に植える 5メートル~7メートルの 常緑樹で 葉が明るい緑で多いものは 何がよいでしょうか?詳しい方 教えて下さい。

Aベストアンサー

四季を通じて咲くものというより、時々休み繰り返し咲くものですよね。
サフィニアは管理しやすくお勧めです。
ただピンチ(剪定)を繰り返すと花数が増えて見事ですよ。

ハーブはオレガノの黄金葉が黄色~黄緑で明るく良いと思いますが。

樹木はシマトレニコが常緑です。

Qプレゼントで頂いた観葉植物が枯れてしまいそうです。頂いたものなので名前と育て方が分からず葉が落ち始め

プレゼントで頂いた観葉植物が枯れてしまいそうです。頂いたものなので名前と育て方が分からず葉が落ち始めています。この植物の育て方と名前をご存知の方、助言ください。

Aベストアンサー

サンスベリアの仲間だと思います。結論から言うと枯れる心配はないと思います。

枯れ落ちた葉は葉っぱの新陳代謝で落ちただけで、言うならば葉の寿命を全うしただけです。観葉植物は大きく成長するために古い葉を落として新しい葉を生やします。最近暖かくなってきたので、新しい葉を生やすために古い葉を落とし始めたのだと思いますよ。
写真に写ってる他の葉は元気に見えますので、木の本体はまだまだ元気だと思われます。

育て方ですが、原産地が乾燥地帯なので乾燥に強い種です。寒い時期は水を全くやらなくても良いくらいです。これからの時期は、土の表面が乾いたらたっぷりと水をやり、土が乾くまでは何日も放置でOKです。枯らしてしまう最も多いパターンは水のやり過ぎによる根腐れですので、毎日水をやる必要は全然ありません。窓際に置かれてるようですので日当たりは十分だと思います。

サンスベリアの育て方:
http://sodatekata.net/flowers/page/150.html

Qどなたか、この花の名前 育てかた等 教えてください。白い花が咲くらしいのですが。 また、冬も緑は保て

どなたか、この花の名前 育てかた等 教えてください。白い花が咲くらしいのですが。
また、冬も緑は保てますか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

シレネだと思いますが、最近は斑入りのユニフローラが多く販売されていると思います。冬も常緑でどんどん株が大きくなります。挿し木で増やす事も簡単です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報