英米文学科を専攻して今年三年になった者ですが、就職できるのかとても不安です。
英語を残りの一年間で必死に勉強してTOEICの点を上げようとしていたのですが、英語できる人なんて山ほどいるからそれより今方向を決めて資格を取ったほうがいいんじゃないかと思うようになりました。(もう遅いかもしれませんが・・)
大学二年間、部活とバイトしかやってこなくて将来を考えず、資格といってもTOEIC700点程度・・。残りの大学一年間どうすごせばいいか悩んでいます。英会話スクールを趣味で行ってるぐらいでしかしていません。
後悔はしたくないので何か就職に役立つことに打ち込みたいと考えています。

英語が好きなので、海外に関れるような仕事・・と考えてTOEICの
点を上げるか。
それとも通関士や、公務員を目指す、などもう業界を絞って動きだすのか。
甘い考えかと思いますが、経験談などよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

やっぱり英語ですね。


今の専攻で英語できないとなると
「君は大学でなんもしてなかったの???」てなります。
今で700あるなら半年後で850ぐらいを目指せばいいと思いますよ。

あと資格は
証券外務員、宅建、簿記2級がいいです。オイシイのは「割と簡単に取りやすい&通用しやすい」です。
それと夏季インターンとビジネスコンテストへの出場は容易な上に
評価されやすいです。夏季はこの2つは必須でやるべきだと思いますね。

あとは読書、特にビジネス書ですね。月2,3冊は読んでて欲しいところです。直前期は忙しいし、シュウカツ中に読み始めても間に合いませんからね。

マラソン選手は42,195キロ走りますけど、
1秒とか10秒でできることは限られてますよね?
腕を強く振って、地面を力強く蹴って、真剣に懸命に前に進む。
これはどんなに無能な選手でも優秀な選手でも同じはずです。

あなたもそうです。先を見ては不安になるけど、
やるべきことを決めて、
毎日とか毎週のスパンでこなしていけばいいと思いますよ。
毎日とか短期でやるべきことを明確にしてそれを全力でやる。
他に手立てなどありません。
シュウカツについては
対策をすれば自信になるし、自信がつけば楽しくなり、
楽しめればうまくいきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的なアドバイスありがとうございます!
やるべきことを決めてしっかり対策していきたいです。大変参考になりました。 
ありがとうございました!

お礼日時:2009/06/12 09:33

やっぱり日商簿記でしょう。

簿記はすべての基本だと思います。ビジネス法務検定とあわせて1級を目指しましょう。会社の仕組み等がよくわかると思います。さらに証券アナリストの資格もいいかもしれません。新卒だったら、企業の広報部に配属されてもでも単にメディア対応だけでなくIR担当もできると思われるし、会社の方向性や戦略を決める経営企画部とかにも配属されやすいのではないでしょうか。また、金融では窓口業務より、ディーラーなどの可能性が高くなると思います。また、弁護士や会計士との窓口部門にも配属されやすくなるのではないでしょうか。コンサルタント会社等もよいかもしれません。英語はやはり使えるにこしたことはないですが、海外事業部や貿易会社等でなければあまり必要ないかもしれません。ただ、英語は会社に入ってからも充分学習できると思いますが、簿記等はかなり集中して時間を割かないと難しいので今されることをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

簿記ですか、全く考えていませんでした、。
視野に入れて社会勉強のために見てみたいと思います!
ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/12 09:35

一生の仕事を決めるのだから、


まず職種として何になりたいか決めるのが先決です。
英語を生かす仕事なら旅行会社に入って英語人を国内で
案内するか日本人を英語圏で案内する仕事もあるわけで、
やりたいことが具体的にどんな選択肢があるか
まずよく考えましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。。
ありがとうございました!

お礼日時:2009/06/12 09:31

こんにちは。



たしかに英語が出来る人は山ほどいます。
ある程度の英語力を前提に採用活動している企業も多いので、英語だけで就職しようとするのなら、帰国子女枠とか、ビジネス英会話に堪能とか、それだけでプラスになるような要件がないと難しいかもしれないですね。
ですが大学で専攻しているのが英語というのであれば、話は別です。
TOEIC700点はそれなりにアピールポイントになると思いますし、今後関連資格を取り続けたとしたら、
>部活とバイトしかやってこなくて
とは言いますが、「専攻する学問を追求してきた」として十分大学での勉強をアピールできますよね。
どの職に就くにしても、学生の本分である学業に力を入れられない人は、やるべきことをしてこなかったと見なされるので、マイナスです。
ですが英語を専攻していて英語の資格を後ろ盾にすると「部活とバイトと学業全部ちゃんとやりました」って言えますよね。まあ、ものは言い様です。

海外に関わる仕事がしたいとのこと、より専門的にTOEFLにシフトするとか、英検を極めるとか、いろいろ方法はありますよね。
本腰入れて英会話学校に通うでもいいし、英語が好きという思いがあるならどんどん深めていっていいんじゃないですか。

>通関士や、公務員を目指す、などもう業界を絞って動きだすのか。
まだ3年ならガチガチに固めてしまうより、いろんな方面を見ておくといいと思いますよ。
好きなことを仕事に出来るのが一番ですが、確実にそうできるわけですし、いろんな仕事を知れば知るほど関心も移っていくでしょうし。
とりあえず今はできることから初めてみたらどうですか。
先を見すぎて足元を見失っては意味がないですからね。焦らず、柔軟に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなってすいません。
ありがとうございました!そうですね、先ばかり不安になっていました。柔軟に、視野を広げていきたいです!

ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/12 09:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング