少々ややこしいのですが、以下の事例において殺人予備罪は成立するのかどうかお聞かせ下さい。

 BがAにメールで「爆破テロ予告をネット掲示板でした」旨のメールを冗談で送った。しかし、Aはそれを本当だ、と受け止め、Cにメールでその文を転送した。Cもそれを本当だと信じ、近くの交番に行き、そのことを転送されたメールとともに知らせた。

 Bに殺人予備罪は成立するか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

刑法


http://law.e-gov.go.jp/htmldata/M40/M40HO045.html

第199条(殺人)
人を殺した者は、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処する。
第201条(予備)
第百九十九条の罪を犯す目的で、その予備をした者は、二年以下の懲役に処する。ただし、情状により、その刑を免除することができる。

具体的な行為(目的)が無いのにいきなり殺人罪はありません。
軽犯罪法違反、迷惑防止条例違反程度です。


・・・・と言いたいところですが

そもそも、B⇒Aの冗談(嘘メール)が発端なわけですから。
成立云々以前に交番の警官も相手にしないでしょう。
    • good
    • 0

殺人をする意思で予備行為をするのが殺人予備ですから、意思もなければ予備行為もない。

むりですね。

人を殺すつもりで包丁を買えば殺人予備ですが、料理をするつもりで包丁を買えば適法です。外形上は、包丁を買うという同じことでも。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脅迫罪・強要罪の成立要件について

脅迫罪や強要罪は「弱みにつけこむ」だけでは成立しないのでしょうか?
身体や財産、生命の危機とかでないと・・

また、しないとしたら、他に罪状はあるでしょうか? 

Aベストアンサー

弱みにつけ込んで何かをさせようとする行為は、まさに脅迫罪です。

「生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知」がまさに「弱みにつけ込む」行為と判断され、なおかつそれによって何かをさせようとすれば脅迫罪、

もしくは暴行して、「人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した」場合は強要罪です。

刑法の構成要件をよく見てみましょう。
客観的に「脅し」と判断されれば脅迫罪、さらにそれをもって無理強いさせればもしくは暴行して無理強いさせれば強要罪です。

Q殺人罪が確定しない場合の教唆殺人罪の時効、刑期は?

法律に関しての質問です。
交通死亡事故で、業務上過失致死傷罪(過去の話ですが)が確定し、その加害者が服役を終えて出所し、そのご事件から25年が経過したのちに、「あの事故は実はある人物にわざとやるように頼まれて(教唆されて)起こした事故だった」と殺人を自白した場合、その加害者が「殺人罪」で罰せられることはないと思いますが、教唆したほうの人物は「教唆殺人罪」に問われるのでしょうか。事件から25年が経過しているので、時効ということになるのでしょうか。
あるいは、加害者が「業務上過失致死傷罪」で確定した時点で、教唆した人物が「教唆殺人罪」で刑にとらわれるという可能性もなくなるのでしょうか。

ややこしい例で申し訳ありませんが、ご回答いただければと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No2です。

>殺人の実行行為者は、「業務上過失致死罪」の服役を終えたあとに、殺人の真相を告白することで、自らの刑期は5-6年にとどめながらも、教唆した人物の「殺人罪」を証明するような証言はできる、そしてその結果、教唆した人物の「教唆殺人罪」が確定することはありえる、ということですよね。

ですので、検察としては「過失」か「故意」を徹底的に調べ上げ、「故意」で立件が無理っぽいと思われれば、業務上過失致死で起訴します。公判中に故意が認定されれば、別途訴因変更ができるかどうかという点で問題はあるものの、最悪の場合公訴取消、殺人罪で再起訴ということもありえます。しかし、判決が確定されれば、明治憲法の時代のように不利益再審請求ができない現行刑事訴訟法では、その人は同一事件について改めて罪を問うことはできません。こうしたことは戦後の刑事裁判で数は少ないながらも起こっていることでして、検察官としては恥もいいところです。

ご質問のような現象は、共犯従属性の原理からしてみれば腑に落ちないのかもしれません。ただ、共犯従属性の原理は実体法レベルの話です。構成要件・違法性・責任がそろえば、犯した罪自体は未来永劫消えることはありません。死んでも消滅しません。ただ、死んだ場合や、一定期間過ぎた場合に、公訴提起権が消滅するため刑罰権が発動できないというだけなのです。ですので、ご質問の事例でも殺人罪は成立していますが、公訴提起(刑罰)権がないという風に考えれば、納得はいくのではないかと思います。

あと、業務上過失致死罪の法定刑は最高5年ですので、併合罪や再犯加重などがされない限り、6年ということはありません。

No2です。

>殺人の実行行為者は、「業務上過失致死罪」の服役を終えたあとに、殺人の真相を告白することで、自らの刑期は5-6年にとどめながらも、教唆した人物の「殺人罪」を証明するような証言はできる、そしてその結果、教唆した人物の「教唆殺人罪」が確定することはありえる、ということですよね。

ですので、検察としては「過失」か「故意」を徹底的に調べ上げ、「故意」で立件が無理っぽいと思われれば、業務上過失致死で起訴します。公判中に故意が認定されれば、別途訴因変更ができるかどう...続きを読む

Q脅迫罪または強要罪になりますか?

(1)あるコンビニでアルバイトをしていた時のことです。友人が店長をしているのですが、その店長から、何度も「お金を貸して」と迫られました。結局貸したのですが、これは脅迫罪または強要罪になりますか?
(2)店長がなかなかお金を返してくれないので、催促すると「返済については弁護士にきいてくれ」と言ってきました。良い展開が予想できなかったので、弁護士に連絡はせず、「毎月25日に、10万円以下の、払える金額でよいので、口座に振り込んでください」とメールしたところ、「脅迫ですか? 弁護士に聞いてください」と返信が来ました。これは脅迫罪または強要罪になりますか?
お分かりの方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)脅迫罪または強要罪になりますか?

まずなりません。
「貸して。さもないとお前の家に火をつけるぞ!」とでも言われたなら別ですが。

頼まれた末、最終的には質問者さんの意思で貸したなら、質問者さんは民法上の債権者と言う立場で、警察は基本、民事不介入です。

ただ、相手が返済の意思も無く「貸して」と言ったと言うことが立証できるなら、詐欺罪が成立する可能性はありますが・・・相手の意思の立証は、難しいことではあります。

(2)これは脅迫罪または強要罪になりますか?

コチラも同様です。
質問者さんは債権者として請求権があるので、当然の権利行使しただけです。

手軽なのは、小額訴訟でも提訴してみられたら?
小額訴訟は60万円までですが、弁護士は不要で手続きは簡単だし、費用も安いです。
「貸付金のうち、債権者が当面に必要な60万円を請求する」でOKです。

これで相手の出方や、手の内(本当に弁護士を立ててくるか?など)が判りますよ。
また、相手方に誠意が見られませんので、いくらかでも確実に回収して行くべきかと思います。

Q犯行予告における殺人予備罪PART.2

以前も同じような内容を投稿したのですが、もっと具体的な背景を付けます。皆さんは以下の事例において犯罪予備もしくは何らかの犯罪が成立すると思いますか?

 BがAにメールで「京都駅で爆破テロを敢行する、という旨をネット掲示板に書き込んだ」と冗談で送った。その後、電話で「今警察の手から逃れるために和歌山に逃亡している」等、再三に渡り電話をかけた。
 ところで、Bは以前から奇行が目立っていた。例えば、ストーカー、痴漢冤罪で補導歴があり、並びに窃盗犯でもあり、なおかつネット上にて秋葉原無差別殺傷事件を肯定するような旨の文面を某SNSサイトにて発表し退会させられた経緯もあることから、周囲から避けられているような人物であるので、AはBの殺人予告が本当に行われたものであり、実行される蓋然性が極めて高いと誤信し、Cにメールでその文を転送した。Cもかねてから奇行の目立つBならやりかねないと怖くなり、近くの交番に行き、そのことを転送されたメールとAの人物像とともに知らせた。
 Bに殺人予備罪は成立するか。また成立しないとしても他に何らかの犯罪が成立する場合はそれを述べよ。

以前も同じような内容を投稿したのですが、もっと具体的な背景を付けます。皆さんは以下の事例において犯罪予備もしくは何らかの犯罪が成立すると思いますか?

 BがAにメールで「京都駅で爆破テロを敢行する、という旨をネット掲示板に書き込んだ」と冗談で送った。その後、電話で「今警察の手から逃れるために和歌山に逃亡している」等、再三に渡り電話をかけた。
 ところで、Bは以前から奇行が目立っていた。例えば、ストーカー、痴漢冤罪で補導歴があり、並びに窃盗犯でもあり、なおかつネット上にて秋葉...続きを読む

Aベストアンサー

この場合、Bが爆弾などを所持していることが立証できたら殺人予備罪が成立するが、冗談なので当然成立しない。
ただし、BはAに対して脅迫じみたことを行っているともいえるので、威力業務妨害が成立する可能性があります。被害者はAです。犯歴があるので警察が動きます。

さあ、ほんとかなあ。

Q脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

私は「相手方から、口頭、あるいは文書などで、”具体的な文言、数値”が出てこないと成立しない」
と記憶しているのですが・・・・

脅迫罪
成立する場合 「ぶっ殺すぞ!」(具体的に危害を加えることを明らかにしたので成立)
不成立の場合 「若いもん、行かすぞ!」(これだけでは危害を加える意思としては不完全なので不成立)

強要罪
成立する場合「つべこべ言わずに100万円、払え!」(具体的金額を要求しているので成立)
不成立の場合「誠意を見せてほしい。とにかく誠意だ。誠意が何かって? それはそっちで考えな!」(具体的に金銭・金品を要求していることにならないので不成立)


ある人は
「被害者側が恐怖を感じれば、それだけで脅迫罪は成立する」
といいます。

これでは、被害者(?)の前でため息をついたり、キッと睨んだり、ひそひそ話をしているだけで
「その行為に非常に恐怖を感じる。私へ危害を加える意図を感じる。だから脅迫罪だ!」
となってしまうので、それは間違いだと思うのですが。

詳しい方、正解を教えてください。

脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

私は「相手方から、口頭、あるいは文書などで、”具体的な文言、数値”が出てこないと成立しない」
と記憶しているのですが・・・・

脅迫罪
成立する場合 「ぶっ殺すぞ!」(具体的に危害を加えることを明らかにしたので成立)
不成立の場合 「若いもん、行かすぞ!」(これだけでは危害を加える意思としては不完全なので不成立)

強要罪
成立する場合「つべこべ言わずに100万円、払え!」(具体的金額を要求しているので成立)
不成立の場合「誠意を見せてほ...続きを読む

Aベストアンサー

(脅迫)
第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

(強要)
第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者も、前項と同様とする。
3 前二項の罪の未遂は、罰する。

簡単に言えば
脅迫罪は、脅すことですが、その内容には「危害(害悪告知)」「名誉」「生命」に害を加えるということが必要となります。
1)殺すぞ
2)殴るぞ
3)言いふらして住めなくしてやる(会社に居れなくしてやる)等の文言
4)お前の財産を潰してやる(家を放火して燃やしてやる)等の文言
5)親族にも同じ事をしてやる等の文言
上記が、害悪告知となり「脅迫罪」を構成する内容となります。


強要罪
これは、する義務が無いのを承知で、自分に有利とするためにしないと、○○をするぞ(○○は害悪告知)と脅して強制的にさせること、又は、相手の権利を妨害したりすることで成立はします。

>被害者側が恐怖を感じれば、それだけで脅迫罪は成立する
上記は、間違いではありませんが、恐怖を感じるのではなく「害悪告知」があるかで変わります。
もし、何らかのトラブルで相手が「一見強面」と仮定して、それで恐怖を感じたら脅迫罪になりますか?
答えはNOです。

(脅迫)
第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

(強要)
第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由...続きを読む

Q殺人罪の成立条件について、いくつか質問です。

殺人罪の成立条件について、いくつか質問です。

加害者Aが被害者Bさんを刃物で刺した事件があったとします。
殺意はあったものとします。

1 1ヶ月昏睡のような状態が続いてからBさんが亡くなったら、殺人罪になりますか?

2 昏睡のような状態、と書きましたが、意識が戻った後に、傷が元で合併症などにかかり亡くなった場合は、加害者Aの罪はどのような扱いになるのでしょうか。

3 また、事件から亡くなるまでに、何日、何ヶ月経ったら殺人罪は成立しない、という条件があれば、その場合は何罪になるのかも併せて教えて下さい。

以上です。
答えは一つの質問でも構いませんし、もちろん複数でも。
出来るだけ詳しく答えて頂けると、非常に助かります。
それでは、お願いします。

Aベストアンサー

 (1)について
 危害を加えられた被害者が昏睡状態に陥ってその後死に至ることは通常生じることですので、因果関係についてどの学説を採用しても殺人罪が成立します。

 (2)について
 条件説を徹底しますと、危害を加えなければ死亡することはなかったので、因果関係が認められ、殺人罪になります。
 伝統的な相当因果関係説(一般観察説)に立ちますと、合併症が全く偶然の事情の介入と言える場合には、刑法上の因果関係が否定され、殺人未遂罪になります。ちなみに、似た事案として、浜口首相狙撃事件を挙げることができます。東京控訴院判決は、殺人罪を言い渡した一審判決を破棄して殺人未遂罪としました。学説は、同裁判所は相当因果関係説を採用したものと判断しています。

 (3)について
 理論上は、事件から亡くなるまで時間が経過していても、因果関係が認められれば殺人罪が成立します。

Qこの場合は、強要罪(もしくは脅迫罪)が成立しますか?

個人間の金銭トラブルで、メールで脅しみたいなのを受けてるのですが、この場合脅迫罪(もしくは強要罪)が成立するのか判らないので、質問させていただきます。

1年ほど前に、私がある友人からお金を借りました。
その際、借用書などは書かないでもいいし、返済期限も特に設ける旨の通知を受けませんでした。

ところが、最近になって「全額今すぐ返せ」とのメールが届きました。
私としても返済はしたいのですが、収入も減って生活にも事欠くような状況でしたので、「新しく始めたアルバイトのお金が入るまで待って欲しい」との旨を相手に伝えました。

ところが相手側からの返事は、「消費者金融に借金してでもいますぐ返せ」というものでした。

しかもその際に私の人格を否定するような内容の文言も書いてあったり、同じ内容のメールを一日何回も送りつけてきたりと、非常に困り果てています。

私としてもあまり事を荒立てたくはないのですが、こういった場合、脅迫(強要罪)は成立するかどうか教えてください。

また、文章はメールで送られてきてますので、すべて残っています。

個人間の金銭トラブルで、メールで脅しみたいなのを受けてるのですが、この場合脅迫罪(もしくは強要罪)が成立するのか判らないので、質問させていただきます。

1年ほど前に、私がある友人からお金を借りました。
その際、借用書などは書かないでもいいし、返済期限も特に設ける旨の通知を受けませんでした。

ところが、最近になって「全額今すぐ返せ」とのメールが届きました。
私としても返済はしたいのですが、収入も減って生活にも事欠くような状況でしたので、「新しく始めたアルバイトのお金が入...続きを読む

Aベストアンサー

まず、強要罪とは、「人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害し(刑法223条)」ようとしなければ成立しません。
そして、あなたは返還期限を定めずにお金を借りたのですから、「貸主は、相当の期間を定めて返還の催告をすることができ(民法591条)」、あなたはそれに対して借入金を返済する義務があります。義務のあることをさせようとしているのですから、強要罪にはあたりません。

また、脅迫罪が成立するのは(強要罪もそうですが)相手またはその親族の「生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫」した場合です。
「借りてでも(あるいは身の回りのものを売ってでも)金を返せ」という程度であればとても脅迫とはいえませんし、あなたに対する個人攻撃をいくら送りつけてきても名誉毀損や侮辱には当たりません。

文章の内容にもよりますが、まず犯罪は成立しないでしょう。
なお、万が一友人の行為が犯罪行為であったとしても、貴方が一週間程度の内に返済しなければならないということに変わりはありません。

Qアメリカでは誤射は殺人罪にならないって本当ですか?

アメリカでは誤射は殺人罪にならないって本当ですか?

アメリカで肥満のデブを熊と勘違いしてスーパーのウォールマートで発砲してしまったと裁判で言うと殺人罪ではなく過失致死傷罪になるのでしょうか?むろん、加害者は強度の近眼者とします。

Aベストアンサー

For your information, you’d be charged basically with either of the following three charges if you kill someone in the US:

First-degree murder – you plan to kill someone and then kill him.

Second-degree murder – you kill someone in the heat of the moment.

Manslaughter – you kill someone by accident.

In your instance, the guy who killed the poor fatso is likely to be charged with the manslaughter.

Q脅迫罪か強要罪か

知らない人からメールが来ました。
俺の彼女のAさんと性的関係を持ちましたね。話がしたいから○時に○○(地名)に来てくださいと言う内容でした。
フリーアドレスで、その方の年令名前一才不明です

Aさんとは性的関係を持つ仲でしたが、彼がいるとは知りませんでした。

マンガ喫茶のパソコンから送ったとの事ですが、警察に被害届を出し、捜査してもらった場合どれくらい時間がかかるのですか?未だに身分証明いらないところ多いし。

またこれは脅迫罪になるのか強要罪になるのか それ以外なのか、も教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

>知らない人からメールが来ました。
>フリーアドレスで、その方の年令名前一才不明です
情報何一つ提示しない相手は無礼ですし、サイバー犯罪課で相談されては。

>話がしたいから○時に○○(地名)に来てくださいと言う内容でした。
会って話をする前に殺される時代です。私なら、見知らない相手には会いません。
どうしても話をしたいのであれば、警察などに身辺警護を要請するべきです。

Aさんにそのアドレスを知っているかを聞くのも手ですね。
現時点では、法律に抵触していません。

Q殺人罪+殺人未遂の量刑

殺人未遂+殺人罪の場合の量刑はどの程度ですか?

殺人罪および殺人未遂を犯した場合
刑法第199条、203条より
、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処する。
ということはわかったのですが、

仮に同一人物に対し殺人を試みたが未遂に終わったので(立件は無しと過程)、
後日殺人に及んだ(完遂)場合の量刑はどのようになるのですか?

やはり重犯もしくわ再犯扱いになるのでしょうか?
法学のレポートの参考にしたいので、もし詳しい方がいたら
判例などを加えて解説していただけると助かります。

Aベストアンサー

結論から言うとね、質問どおりなら判るわけがない、だね。こんなお粗末なレポート課題を出す教員ってどんな人間だ?とか疑問にすら感じるよ。
「法学のレポート」だってんだからそれなりの基礎知識はあるという前提で話をしたいところなんだけど、はっきり言おう、質問を見る限り基礎知識がなさ過ぎだね。

量刑ってなんだか知ってるでしょ?知らないなら調べないと。簡単に言えば、その事件で最終的に言い渡す刑(宣告刑)を決めることだよ。つまり、事件の情状によって決まるんだから量刑なんて一般論で判るはずがない。
再犯と区別されるところの重犯って何?法律用語で重犯ってないと思うよ。うちの法律用語辞典には載ってないね。国語辞典には載ってるが、法律用語とは一言も書いてない。しかも再犯と違う意味の重犯だとしたら「重い犯罪」という意味だ。
再犯はどうだ?まず再犯加重の要件は?前の殺人未遂について「立件してない」(起訴していないという意味と解釈するよ。ちょっと言葉の使い方が雑すぎるね。法律用語だけじゃなくて、「過程」という誤変換にしろ、「もしくわ」なんて「てにをは」の間違いにしろ)ってんでしょ?このときに再犯加重できるの?できないでしょ?だったら再犯加重なんてありえない。
同じく併合罪は?起訴していない罪について併合罪加重はできない。だから同じ。
とするとどうなる?
殺人既遂罪で起訴されて法定刑は殺人既遂罪の法定刑。処断刑は、他の事情によるが少なくとも起訴しなかった殺人未遂罪については再犯加重の要件を満たさないし、併合罪加重もできない。つまり刑の加重事由にはならない。
じゃあ、殺人未遂罪の事実は量刑上考慮すべき事情とできるか?つまり、起訴されてない余罪を量刑で考慮することは可能かという有名な刑訴法の論点になる。一般論としてはできる。ただ、両罪の関係を見ると実質的に一つの殺人を遂行したに過ぎないとも言えることもあり得る。もちろん事情によるけどね。そうすると、少なくとも余罪として刑を重くすべき情状となるとは一概には言えない。あくまで事例判断にならざるを得ない。

この程度のことしか言えないね。
法的根拠は基本書と条文見れば明らかだ。判例が問題になるのは、最後の刑訴法の論点くらいなもんだ。

ちなみに科刑上一罪ではないよ。
科刑上一罪というのは、本来数罪のものを処断する場合に一罪として扱う場合だけど、その類型は牽連犯と観念的競合しかない。牽連犯は複数の犯罪が目的手段の関係にある場合で観念的競合は一つの行為で複数の犯罪を犯した場合を言うの。だけど、質問の例は二つの殺人の実行行為が別個にあるんだから観念的競合ではないし、目的手段の関係にもない(この目的手段の関係は一般的に目的手段の関係にある場合を言うので、通常二つの殺人の実行行為は目的手段の関係にはない)。よって、科刑上一罪ではないよ。
この質問の事例はあくまでも併合罪関係にある二個の犯罪について一方のみを起訴した事例に過ぎないよ。そして、起訴していない犯罪は原則として処罰できない。あくまで量刑上、情状として考慮ができるに留まる。

結論から言うとね、質問どおりなら判るわけがない、だね。こんなお粗末なレポート課題を出す教員ってどんな人間だ?とか疑問にすら感じるよ。
「法学のレポート」だってんだからそれなりの基礎知識はあるという前提で話をしたいところなんだけど、はっきり言おう、質問を見る限り基礎知識がなさ過ぎだね。

量刑ってなんだか知ってるでしょ?知らないなら調べないと。簡単に言えば、その事件で最終的に言い渡す刑(宣告刑)を決めることだよ。つまり、事件の情状によって決まるんだから量刑なんて一般論で判る...続きを読む


人気Q&Aランキング