平成20年の8月に60歳になりましたが21年の5月に受給申請をしその後裁定がおりた場合はさかのぼって20年の8月以降分の年金は支給されるものなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

受給権の発生した年月の翌月分、平成20年9月分から支給されます。


受給権発生年月の翌月分から、というのは、法令上の決まりです。

28万円うんぬん、のところは、もう少し細かい基準があるため、
http://www.sia.go.jp/infom/text/kounen07.pdf の10ページ以降、
「総報酬月額相当額」と「基本月額」を参照して下さい。

総報酬月額相当額
 = その月の標準報酬月額 +(直近1年の賞与額の合計)÷ 12
基本月額 = 年金額(加給年金額を除く)÷ 12

このとき、
基本月額 + 総報酬月額相当額 ≦ 28万円 であれば、
その場合に限って全額支給で、その他の場合は支給停止額が伴います。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく説明を頂き有難うございました。http://www.sia.go.jp/infom/text/kounen07.pdf​ の説明もよくわかりました。
大変、役にたちまして感謝しています。有難うございました。

お礼日時:2009/05/18 17:21

平成21年5月の申請ということですが、60歳になった平成20年8月以降はどうしていましたか?


仕事をしていて3月末に退職なら、それまでの保険料(掛け金)納付分の期間を再計算されて遡らずに支給されます。
失業保険を受給していたら、受給期間中は年金停止になります。何故なら、失業保険は就業を助けるためで、年金は退職後の老後の生活のためだからです。
老齢基礎年金の繰り上げ支給を選択された場合は、繰り上げした年齢から支給されます。

この回答への補足

早速の回答ありがとうございます。抽象的な質問で申し訳ありませんでした。下記に補足します。
厚生年金に加入していた期間がありますので報酬比例部分相当の老齢厚生年金の受給資格があります。(社会保険事務所と確認済みです)
平成20年8月以降も就業していますが契約社員ですので厚生年金は支払いしてません。21年の5月に申請、裁定が下りたとして報酬比例部分相当の老齢厚生年金は20年8月以降の分は支給されるのか?という質問です。
尚、報酬比例部分相当の老齢厚生年金と収入を足しても月額28万以下です。

補足日時:2009/05/17 13:31
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qいい和英辞典とは?

将来は英語の論文を読む文系の職業を目指していますが、現在電子辞書に入っているジーニアス和英辞典をつかっています。
ネット上ではジーニアス英和は評判がいいのに、ジーニアス和英の評判はよくないようです。しかしたとえば「人間」「助ける」などの語をジーニアス和英で引いた場合、いくつかの英単語が候補として載っておりそれぞれのニュアンスの違いもかかれています。英語に関しては素人ですが充実している辞書なのでは、と思っています。しかし実際に他の英和辞書より劣るのならば買い替えをしようと考えています。
ジーニアス和英辞典はどのような欠点を持っているのでしょうか?またそうだとしたらお勧めの和英辞典は何でしょうか?
今回は和英辞典についてお聞きしたいので「英英辞典を使用するべき」等のアドバイスは抜きにお願いします。

Aベストアンサー

No.3の回答者の方がおっしゃる通り、和英で調べたものを必ず逆に調べ直すことに賛成です。

自分で使ってみてと周りの評判で、おススメなのは以下の3点。

小学館のプログレッシブ和英は用例が充実していると言われています。
解説もなかなか。

また、三省堂のウィズダムは2版が出て、さらに良くなったようです。
基本語の解説が非常に丁寧で、中級を脱するための再確認のためにも良いと思いました。

研究者の新和英大辞典はやっぱりさすがですね。
大型でもよいということであれば、まずこれでしょう。
5版のCD-ROM版も出ています。

ジーニアスは、研究者仲間ではいい評判は聞きません。
受験英語から抜け出ていないという印象があります。
(T修館の方がご覧になったらすみません(>_<))

Q年金未払い扱いについて。 平成10年5月1日から平成11年4月1日の1

年金未払い扱いについて。 平成10年5月1日から平成11年4月1日の11ヶ月分が、未納扱いになっていて困っています。                                                                                    その年は、諸事情により仕事をしていなかったので、確かに収めていなかったのですが、過去2年間までは、さかのぼって収める事が出来ると知り、平成12年3月に、市役所で集合徴収があったので13300円×11か月分=146300円を一括で納税しました。なのに、年金特別便で未払い扱いになっていて、年金加入記録回投票の返事が先日届いたのですが、やはり未払い扱いになっています。                                                     納税に行った当日、役員の方側が用意していた台帳に(納税を意味する)印を押してるのは見たのですが、領収書を貰っていません。不安だったので、「控えとかいただけないのですか?これで収めたことになるんですか?」と質問したのですが、「特にお渡ししていません。」と言われたのを記憶しています。                                                自分でも調べようと、当時、徴収を担当した役員の名前を調べてもらったのですが、名前どころか、平成12年3月に臨時徴収した記録自体が無いと言われてしまいました。                                                               家計簿はつけていませんし、領収書は手元にないし(と言うか、本当に貰っていません。)あるといったら、(当日そんな大金手元に無かったので)銀行で10万円引き出した記録が載ってる通帳があるくらいです。もうどうしたら良いか分からなくなりました。アドバイスお願いします。

年金未払い扱いについて。 平成10年5月1日から平成11年4月1日の11ヶ月分が、未納扱いになっていて困っています。                                                                                    その年は、諸事情により仕事をしていなかったので、確かに収めていなかったのですが、過去2年間までは、さかのぼって収める事が出来ると知り、平成12年3月に、市役所で集合徴収があったので13300円×...続きを読む

Aベストアンサー

(1)詐欺だとしても、市役所勤めの人の可能性が高いですよね?
何とも言えないです。怪しまれない人物としたら「市役所勤めの人の可能性有」ですが、
そうだと仮定したら、あまりにも「大胆」ですね。私には考えられないです。
あまり追求しすぎると、逆に市役所の人々への「名誉棄損」になってしまうかもしれ
ません。オーバーですが(何の証拠もないため)。

(2)相談する場所も、年金課ではなく、弁護士とか警察とかに相談するべきなのでしょ
うか。
まず、年金課で過去にこのような「怪事件」があったか?聞いてみる。
ひょっとしたら、そのような「怪事件」があったのかもしれません。
しかし、それは「市役所のせい」ではなく「詐欺を行った者の犯罪」で、「市役所の責任」
を追求するのは「かなり無理」だと思います。
→次に「警察」だとは思いますが、約10年前のことなので、「時効」になるので
しょうか?正直私にはわかりません。
→弁護士さんに聞いても「雲を掴むような話」と、一蹴されてしまうような感じが
いたします。

(3)当日私の他に、納付にきていた人達とどうにか連絡を取りたいのですが・・・。
誰かと一緒に納付したご記憶はないですか?
そうでなければやはり「困難」だと思います。

>領収書をもらっていません
これは極めて「致命的」ですね。残念ながら。やはり、お役に立てずすみません。

                                                                            

(1)詐欺だとしても、市役所勤めの人の可能性が高いですよね?
何とも言えないです。怪しまれない人物としたら「市役所勤めの人の可能性有」ですが、
そうだと仮定したら、あまりにも「大胆」ですね。私には考えられないです。
あまり追求しすぎると、逆に市役所の人々への「名誉棄損」になってしまうかもしれ
ません。オーバーですが(何の証拠もないため)。

(2)相談する場所も、年金課ではなく、弁護士とか警察とかに相談するべきなのでしょ
うか。
まず、年金課で過去にこのような「怪事件」があったか?聞い...続きを読む

Q論文執筆時に引用に使用できる和英辞典について

私は大学4年生で卒業論文を執筆中です。

人文科学系の学科に所属し、日本文化論について書いています。

現在、卒論執筆にあたって、ある日本語を英語から探りたいと思い、その時に使用する和英辞典は何を選択しようか迷っています。

学術論文を執筆する際、どの和英辞典を引用として使用するのが一般的でしょうか。

そこで選択肢として考えているのは、新和英大辞典です。

どの和英辞典を使用するのが適切か、皆様のご意見を頂戴したく思います。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

語の説明を国語辞典から引用する場合、代表的な国語辞典として『広辞苑』がよく使われることはご存じかと思います。
それと同じような意味で「日本の代表的な和英辞典」は何かというなら、やはり研究社の『新和英大辞典』ということになるでしょう。

しかしこれは、『新和英大辞典』に載っている訳語が、記載されている日本語の単語の定訳であることを意味するものではありません。
それどころか、果たして適切な訳語、用例かどうか首をかしげるようなケースも決して少なくありません。

たとえば日本文化論でよく問題にされる「甘え」を『新和英大辞典』で引いてみると、最初に「(子供の)甘え」としてattention-seeking (behavior)という訳語が出てきます。しかし他の和英辞典ではこうした訳語を見たことがなく、果たして妥当な訳であるかどうか疑問です。(「甘え」が英語に訳しにくい概念であることは確かです。ちなみに『甘えの構造』の英訳本のタイトルは ”The Anatomy of Dependence”となっています。 )
「日本文化」に関する概念の英訳について論じる場合は、『新和英大辞典』一冊だけでなく、たとえば三省堂の『グランドコンサイス和英辞典』など、複数の辞書を参照するほうが無難でしょう。

語の説明を国語辞典から引用する場合、代表的な国語辞典として『広辞苑』がよく使われることはご存じかと思います。
それと同じような意味で「日本の代表的な和英辞典」は何かというなら、やはり研究社の『新和英大辞典』ということになるでしょう。

しかしこれは、『新和英大辞典』に載っている訳語が、記載されている日本語の単語の定訳であることを意味するものではありません。
それどころか、果たして適切な訳語、用例かどうか首をかしげるようなケースも決して少なくありません。

たとえば日本文化...続きを読む

Q年金の裁定通知書の合計年金額と実際の支給額

3月中旬に、両親に
「国民年金・厚生年金保険の裁定通知書・支払額変更通知書」
(父・母の分1部ずつ)が届きました。
書類の左上に「合計年金額」が記載されていたので、
単純に、その金額を6ヶ月で割った金額が支払われるのかと思っていたら、
父の分も母の分も、実際はその金額ではありませんでした。

具体的に数字で表しますと、
母の場合、記載の「合計年金額」は、492,500円 でしたので、
492,500円 / 6ヶ月 = 82,083円 だと思っていたら、
実際の振り込み額は、47,141円  でした。

これは一体どういうことなのでしょうか?
お分かりになる方がいらっしゃいましたら、ご教授いただきたいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

実際の振込金額とは4月15日に振り込まれた金額でよろしいでしょうか?
お母様が昭和18年2月生まれでこの2月に65歳になられ、今までは
厚生年金のみもらっていたのではないでしょうか?
送られてきた金額は3月からの年金額で1ヶ月当たり約41000円です
4月に振り込まれるのは2月と3月分であるため2月分は今までの厚生年金の約6100円で3月分が国年と厚年約41000円、
合計47141円振り込まれたと思われます。
次回の6月支給分からは82083円振り込まれるはずです。
その振込通知書は6月10日前後に送られてくると思います。

Q和英併記の国語辞典

和英併記の国語辞典ってありますよね。一見、便利なようで 疑問点があります。
というのは、和製英語や英語以外の外国語からの外来語に対応する正しい英語が書いてないんです。例えば、 「オーダーメード」が “order-made”、 「アンケート」が “enquête” という具合です。
もちろん、普通の和英辞典を引けば済む問題ですが、折角 和英を併記するんだから 正しい英語も書いた方が親切だと思うんですが、 和英併記の国語辞典は こういうちょっとした個所だけ抜けている部分が何とも残念ですが、どうしてでしょうかね?

Aベストアンサー

どのような辞書なのか分かりませんが、その「英語」の部分は、オマケという感覚なんじゃないでしょうか。

正確な表記を求める人が、そのような「中途半端」な辞書を使うとは思えない。でも「あ、この外来語って、こういうスペルなのか~」というちょっとした知的欲求は満足させてあげられる……このくらいのスタンスなんじゃないかと思います。

具体的にどこのどういう辞書か分かりませんが、英語表記の部分について、凡例が書かれていませんか?
辞書のタイトルとして便宜的に「和英併記」となっているだけで、凡例を読めば「完全な和英にはなっていない」「元の外国語が英語以外の場合もある」ことなどが書かれているかもしれません。

私が何十年も前に使っていた「和英併記」の辞書は、コンパクトサイズのもので文字がかなり小さく、英語を書く場所も本当に小さな小さなスペースでした。
すべての語に対してきちんとした英語を書くとなると、小さなスペースでは書ききれません。

和英辞書に匹敵するくらい正確なものを……となると、一つの日本語にいくつもの英語を割り当てなくてはならなくなったり、和製英語なら短い英語ですむものが本来の英語だと長文になったりするかもしれません。
そういう意味では、「とりあえず対応する英語を書いておけばいいやー」という感じにならざるを得ない場合もあると思います。

ちなみに、『広辞苑』にも、外来語については対応する元の外国語が載っています。
「アンケート」については「enquête」と「フランス語」である旨が書かれていましたが、「オーダーメード」はやっぱり「order made」と書かれ「和製語」である旨が書かれていました。
つまり、国語(日本語)の辞書としては、外国語の表記はその程度でいいという感じになっているんだと思います。

で、さらにつらつらと考えるに。

「オーダーメード」が英語で正確にどう言うのか存じませんが、その正確なものだけ表記したら、「じゃあ、オーダーメードっていう外来語はどういう語が元になってできあがったんだろう」という疑問が生じるような気がします。
そのときに「order made」という表記があれば、「order」「made」からできあがっていることが分かり、「おお、そうか」となるでしょう。

「オーダーメード」くらいなら義務教育を終えていたらスペルを見なくても推測できそうですが、もう少し複雑なものだとスペルがあった方が、成り立ちが分かりやすい場合もあると思います。

そういう意味では「正確ではない英語表記」をすることは、あながち意味のないことではないような気もするのです。

どのような辞書なのか分かりませんが、その「英語」の部分は、オマケという感覚なんじゃないでしょうか。

正確な表記を求める人が、そのような「中途半端」な辞書を使うとは思えない。でも「あ、この外来語って、こういうスペルなのか~」というちょっとした知的欲求は満足させてあげられる……このくらいのスタンスなんじゃないかと思います。

具体的にどこのどういう辞書か分かりませんが、英語表記の部分について、凡例が書かれていませんか?
辞書のタイトルとして便宜的に「和英併記」となっているだけで、凡...続きを読む

Q本日(平成22年8月27日)の放映の「がつちり アカデミー」で厚生年金

本日(平成22年8月27日)の放映の「がつちり アカデミー」で厚生年金を受給をしていた夫が死亡した場合、妻(62歳)に当然のことながら「遺族厚生年金の受給権利」がありますが、「繰り上げ支給の国民年金」を受給していた妻は65歳になるまでは、いずれか支給金額が高い方(遺族厚生年金)を受給することとなり、妻の国民年金(基礎年金)は「65歳」になるまでは受給できない。しかし、65歳になれば「妻の国民年金(基礎年金)」と「遺族厚生年金」が併給ができると説明されていましたが本当なのでしょうか。ちなみに、10年前に父が死亡して母と一緒に社会保険事務所に手続きに行った時、担当者から「旦那さんの年金(遺族厚生年金)の方が自分の厚生年金より高いので、自分の年金は貰えませんよ。」と言われており、現在は遺族厚生年金のみの受給となっています。制度改正があったのか教えていただければと思っています。

Aベストアンサー

ほんとうです。
平成16年法改正で、平成19年4月1日から適用されました。
http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/n2007/henko.htm#03 に図入リで載っています。
但し、平成19年4月1日前に遺族厚生年金を受ける権利を有していて、かつ、すでに65歳以上の人(昭和17年4月1日まで生まれの人)には、この新しい仕組みは適用されません。
したがって、お母様が平成19年4月1日前から遺族厚生年金をもらえる昭和17年4月1日まで生まれだったら、適用されません。
そのとき(新しい仕組みが適用されないとき)は、http://www.nenkin.go.jp/main/individual_02/index5-1.html のいちばん下のほうに記されている3つの方法から、どれか1つを選びます。
3つの方法とは、以下のとおりです。

1 自分の老齢基礎年金 + 自分の遺族厚生年金
2 自分の老齢基礎年金 + 自分の老齢厚生年金[自分自身が過去、厚生年金保険に入っていたとき]
3 自分の老齢基礎年金 + 自分の遺族厚生年金の3分の2 + 自分の老齢厚生年金の2分の1

ほんとうです。
平成16年法改正で、平成19年4月1日から適用されました。
http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/n2007/henko.htm#03 に図入リで載っています。
但し、平成19年4月1日前に遺族厚生年金を受ける権利を有していて、かつ、すでに65歳以上の人(昭和17年4月1日まで生まれの人)には、この新しい仕組みは適用されません。
したがって、お母様が平成19年4月1日前から遺族厚生年金をもらえる昭和17年4月1日まで生まれだったら、適用されません。
そのとき(新しい仕組みが適用されな...続きを読む

Q和英辞書を購入したい(電子辞書以外で)

和英辞書について質問させて下さい。

最近英語でメール交換をしている方がいるのですが
英和辞書だけでは調べたい単語が見付からない事が多く
和英辞書を一つ購入したいと考えています。

ビジネス英語や論文を書くためではなくて
日記を書いたりメールを書いたりする時に使用する予定です。
電子辞書以外でお勧めの和英辞書がありましたら
教えて頂けないでしょうか。

英和辞書の方はそれぞれ特徴が違うものを2冊買ったので
もしかしたら和英辞書の方も2冊ぐらい買って
使い分けた方がいいのかもしれませんが、
とりあえず一冊手元に置いておく分には
どれがいいのかをご教授頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

あくまで私自身の経験で恐縮ですが、
和英は一冊でいいかなぁという気がします。
どうしても必要であれば、意味の違いや使い方が
ちゃんと記されているものがいいですね。
(たとえば【話す】ならspeak/talk/say/tell等)
ちなみに私はジーニアス和英辞書でしたが。
また、訳すということをあまり知らなかった頃は、
一単語一単語を和英で引いていたものです。
それにもかかわらず、ネイティブに見せると
【こんな言い方はしない】と言われ落ち込んだものです。
英語で文を作ることは単語と単語を
接着剤でくっつけることではありません。
あなたが伝えたいと思っている【意味】を
文章にしてみてくださいね。
書くことに慣れてからでよいので、
徐々に和英→英英辞書を使うようにしていってくださいね。

Q受給年金額が8月から変更?

年金を受給する親が疑問に思っています。
社会保険庁から「年金額変更」というはがきが
着ました。


それによると5万円(2ヶ月)近く減っています。
この要因はどういうわけでしょうか?
法律の改正があったのでしょうか?
なにか対処すれば、もとの受給額に
もどることはあるのでしょうか?

わかる方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

年金の金額というのは基本の金額の他に加給年金など様々な付加される物などがあり、非常に複雑です。
その中には妻の年金受給(年齢も関係)により給付制限される物などもあります。

具体的にどのような事由が起きたのかは社会保険事務所でご確認していただかないと、沢山ある可能性から理由を特定することは出来ません。

今回先ほど社会保険庁の加給年金過払い(本来支給されない人に支給されていた)という問題まであるから、憶測ではなく、社会保険庁にきちんとご確認下さい。

Q大量の和英辞典を手に入れたい!

学校の関係でこのたび60冊ほどの和英辞典を手に入れる必要が出てきました。古本でかまいません。一度にこれほど大量の和英辞典を安価で手に入れるいい方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

辞書類は、新しい版が出ると、
その前の版を古書店に放出することがあります。
「特価本」「ゾッキ本」「バーゲンブック」などといわれます。

具体的にどの店がどの出版社のものを扱っているのかはわからないですが、
神保町の本屋で調べると、
「中山書店」という店が特価本を扱っているようです。
問い合わせてみたらどうでしょう。

参考URL:http://www.book-kanda.or.jp/kosyo/1014/index.asp

Q国民皆年金が始まった1960年に60歳という支給開始年齢に達した人に、

国民皆年金が始まった1960年に60歳という支給開始年齢に達した人に、年金は支給されるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

国民皆年金の適用事務は、昭和35年(1960年)の10月1日から。
保険料の徴収は、昭和36年(1961年)の4月1日からです。
で、この当時に既に支給開始年齢に達してしまっていて老齢年金の受給資格期間を満たしていない、ということで、老齢福祉年金が出ることになりました。
http://www.sia.go.jp/topics/2009/pdf/n0713.pdf のような感じです。
大正5年4月1日生まれまでの人たちですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報