以前、今年だったかな?
普通?の写真に対して面白いコメントをしている本(漫画本位の大きさ)をコンビニで見かけたが手持ちが無くて購入を見送ったんですが(ちょっと高かった1000円前後?)どうしても欲しくて探しています。

どなたかヘルプミー

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

確かVOW[バウ]シリーズにはそういった投稿写真を沢山乗せてるのもあったと思いますよ(@ ̄ω ̄)



ただお探しのものかどうかは不明です。。。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/VOW
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありです。

VOWシリーズじゃなかったと思うんですよね~。
一つのお題(写真)に対して一般応募?で複数コメントが載ってる本でした。
笑いを我慢出来ずに棚に戻したくらいヤバい本。

お礼日時:2009/05/17 15:19

ヴィレッジバンガードに行けばあったと思います

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありです。

確かにありそうだ!!!

お礼日時:2009/05/17 15:12

VOW?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありです。

VOWシリーズじゃなかったと思うんですよね~。

お礼日時:2009/05/17 15:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q完璧に本を検索できるサイト

yahooやアマゾンで検索してみたのですが、既に出版されているはずの本が(普通に本屋においてあるような本でも)出てこなかったりして、完璧には検索できないようです。
完璧に出版されている本が検索できるサイトはないでしょうか?

Aベストアンサー

「普通に本屋に置いてある本」である場合は、紀伊国屋書店のサイトを一番最初に使います。
それでもない場合は他のサイトも使います。

ただ、どのサイトでも「書名検索」する上で、注意することがあります。
書名中に、「」や《》、・(中黒)など、記号が含まれている場合がある時、ヒットしない場合があるからです。
解決策としては、AND検索機能が利用できる場合は、助詞をはずした単語の複数検索することです。
また、耳で聞いた書名だと、書名中のどの言葉が漢字なのか、カタカナなのか、ひらがななのか、わからない場合があります。
たとえば↓のように、書名の表記方法は様々な例がありえます。

「楽園」の子どもたち
楽園(パラダイス)の子供たち
楽園の子供達


また、数字の問題もあります。
「21世紀」なのか「二十一世紀」なのかでも検索結果に変化が出ます。
なかなか検索がうまくいかない場合は、「楽園」と「子供」or「子ども」or「こども」としてみたり。
紀伊国屋書店のサイトでは、カタカナ読み検索が可能ですので、「ラクエン」「コドモ」というふうに、カタカナ形でのAND検索でも試してみます。(カタカナ読み検索が可能でないサイトもありますので、ご注意ください)


↓は、本の検索のコツについて、説明しているサイトです。

「本の探検倶楽部」
http://homepage1.nifty.com/gekka/kagi.html
便利なサイト&参考図書情報
http://homepage1.nifty.com/gekka/joho.html


以上、ご参考までに。

「普通に本屋に置いてある本」である場合は、紀伊国屋書店のサイトを一番最初に使います。
それでもない場合は他のサイトも使います。

ただ、どのサイトでも「書名検索」する上で、注意することがあります。
書名中に、「」や《》、・(中黒)など、記号が含まれている場合がある時、ヒットしない場合があるからです。
解決策としては、AND検索機能が利用できる場合は、助詞をはずした単語の複数検索することです。
また、耳で聞いた書名だと、書名中のどの言葉が漢字なのか、カタカナなのか、ひらがななの...続きを読む

Q人は見かけで・・・判断する  の正しい書名は

人は見かけで・・・判断する  の正しい書名は
 数年前にこのようなタイトルの本があったような気がしますが、今探しても見つかりません。正しいタイトルと書評?があれば教えてください。

Aベストアンサー

「人は見た目が9割 」(新潮新書)
竹内 一郎 (著)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4106101378/ref=s9_simh_gw_p14_i1?pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=center-1&pf_rd_r=0RKX0XPMBR47KA6A5YHA&pf_rd_t=101&pf_rd_p=463376736&pf_rd_i=489986

Q本だけを検索したい・・・

こんにちわ。

自分の読みたいジャンルや求めている内容の
本を探せる、本だけを検索できる、
検索エンジンやサイトがほしいです。

ご返答お待ちしております

Aベストアンサー

質問の意味がイマイチ読み取りにくいのですが、amazonや楽天と違ってDVDやCDが検索に引っかからないサイト、ということですか?

それでしたら
http://www.e-hon.ne.jp/bec/EB/Top
http://www.honya-town.co.jp/hst/HT/index.html
ジャンルで検索というのは難しいのですがそれぞれのページ内のジャンル別フロアが良いのでは。もしくは具体的に読みたいジャンルを挙げてくれれば答えやすいですが。

もしくは
http://www.osakaya.co.jp/
上記サイト内の「本の検索」か「ごんた堂」を使ってみてください。

いずれも取次(本の問屋)が運営しているサイトですので、CDやDVDより本が優先して検索される、と思います。

内容で検索できるページは覚えがないです。googleをうまく使うのが一番だとは思いますが。

これで質問の答えになりますか?
求めている回答と違うのでしたら補足してください。

Q図書館で両手にたくさん本をかかえて借りてる人をよく見かけますが・・・

あんなたくさんの本をよく読む時間あるなーと思います。
定年後の老人ならまだしも若い人もみかけます。
仕事を終えて家にいる間もテレビやラジオ、ネット、携帯、などいろんなある意味読書時間を妨げる誘惑がありますよね。
他にも食事や家事や風呂に入ったり、もちろん睡眠も・・・・。
あのような人たちはテレビも見ずパソコンもしないでひたすら読みふけるのでしょうか。
そうでもしなきゃ1~2週間で10冊や20冊の本を読むのはかなり時間的に厳しいと思いますが~。
速読法かな?
図書館で大量に本を借りる方いれば教えて!goo

Aベストアンサー

そのかたがどんな内容の本を抱えていたのかは知りませんが、

私は、数年前にあることについて調べたくて、地元の図書館を渡り歩き、それぞれで何冊も同時に借りた経験があります。大量に借りた本を、隅々まで全部読むかどうかは わかりませんよね。

当然、速読法を身につけたかたなら、1~2週間で10冊や20冊の本を読むことは可能ですし、

>テレビやラジオ、ネット、携帯、などいろんなある意味読書時間を妨げる誘惑がありますよね。

 というのは、個人の価値観の優先順位なので、読書がそのかたの趣味の中での最優先なのかもしれません。私も、以前 読書中毒になりかかったことがあります。その時期は、毎週図書館に通って、たくさん本を借りてましたよ。当時は、睡眠時間を削ってまで、むさぼるように本を読んでました。

一般的に考えられることとして、
1.その人は、借りた本を全部は読んでいない
2.その人は、読書が最大の趣味
3.その人は、速読法を身に付けていて、そのくらいは直ぐに読み終えることができる
4.その人は、お見合いの席で「趣味は読書です」とつい言ってしまい、そのお見合いの相手を初めて部屋に招待することになり、あわてて本を並べておく必要が出てきた

 ・・・でしょうか。

そのかたがどんな内容の本を抱えていたのかは知りませんが、

私は、数年前にあることについて調べたくて、地元の図書館を渡り歩き、それぞれで何冊も同時に借りた経験があります。大量に借りた本を、隅々まで全部読むかどうかは わかりませんよね。

当然、速読法を身につけたかたなら、1~2週間で10冊や20冊の本を読むことは可能ですし、

>テレビやラジオ、ネット、携帯、などいろんなある意味読書時間を妨げる誘惑がありますよね。

 というのは、個人の価値観の優先順位なので、読書がそのかたの...続きを読む

Qネットの検索と同じように、本のよい探し方ってないでしょうか?

ネットの検索と同じように、本のよい探し方ってないでしょうか?
アマゾンでレビューを見たり、知りたいキーワードで書籍を検索しますけど、沢山ありすぎたりしてよく分かりません。
例えば、”民主主義”などのキーワードで検索すると、wikiなどに出てくる解説だけではなく、民主主義の歴史的背景や民主主義が政治的に何に分類さるか、また、民主主義と全体主義の関係など。
自分の求める多くの情報を得られるような本の選び方をしたいのです。
今回は民主主義が知りたいわけではありません。

普段、本を選ぶときに選ぶ基準にしているものは、
(1)レビュー
(2)評価の高さ
(3)中古本の価格の高さ(高いほど良い)
(4)レビューの少なさ(これはレビューが政治的、何らかの意図的理由で反映させたくないなど、売りたくないのが見えるので余計に興味が湧くためである)

ざっと考えるとこんなもんです。
他にも理由はありますが思いつきません。

しかしながら、中古本の高さなどは、検索のしようもありません。偶然、あれ?なんで高いのかな?と思い取り寄せてみる次第です。非常に興味深く良い本もあれば、詰まらないものしばしば。
希少価値というのは、切手収集と同じですね。

質問を総括すると、よい図書とめぐり合う方法は?です。
よろしくお願いします。

ネットの検索と同じように、本のよい探し方ってないでしょうか?
アマゾンでレビューを見たり、知りたいキーワードで書籍を検索しますけど、沢山ありすぎたりしてよく分かりません。
例えば、”民主主義”などのキーワードで検索すると、wikiなどに出てくる解説だけではなく、民主主義の歴史的背景や民主主義が政治的に何に分類さるか、また、民主主義と全体主義の関係など。
自分の求める多くの情報を得られるような本の選び方をしたいのです。
今回は民主主義が知りたいわけではありません。

普段、本を選ぶとき...続きを読む

Aベストアンサー

具体的に探したい本があるのであれば、教えてgooなどのQ&Aサイトで質問してみるのが一番手っ取り早いのではないでしょうか?


私の場合、本の管理は Amazon に登録された本、CD、DVD に読書管理の情報を付加できる
「MediaMarker」 というサイトを利用しています。

MediaMarker
http://mediamarker.net/

このサイトが便利なのは、Amazon で検索した本を MediaMarker に読みたい本として登録しておくことができ、また近くの図書館を登録しておくと、それらの図書館のサイトに登録した読みたい本が蔵書にあるかの蔵書検索をワンクリックでできることです。

最近の市立あるいは県立の図書館はインターネットから予約ができ、近くの図書館に届けてくれるので、「MediaMarker で図書館の蔵書検索 → 図書館サイトで予約」という2ステップで読みたい本が予約できます。
興味のある古本を探して図書館で読んでから、購入できる本屋を探せばよいのでは。


Amazon での古本にはプレミア価格が付いて異常に高額な値段になっている本があるので、安く入手したいのであれば、オークションを利用するのが良いと思います。
Yahoo!オークションで言えば、その本の題名をウォッチリストに登録しておけば、出品された時にメールが届きます。


また、下記のインターネットで検索、購入できる古本屋サイトを利用するのも手です。
購入したい本が在庫になくても、登録しておけば、在庫が入り次第、メールで連絡してくれる機能を持っています。

イーブックオフ
http://www.ebookoff.co.jp/index.jsp

古本市場オンライン
http://www.furu1online.net/shop/goods/goods.asp?country=SYS99

参考URL:http://mediamarker.net/

具体的に探したい本があるのであれば、教えてgooなどのQ&Aサイトで質問してみるのが一番手っ取り早いのではないでしょうか?


私の場合、本の管理は Amazon に登録された本、CD、DVD に読書管理の情報を付加できる
「MediaMarker」 というサイトを利用しています。

MediaMarker
http://mediamarker.net/

このサイトが便利なのは、Amazon で検索した本を MediaMarker に読みたい本として登録しておくことができ、また近くの図書館を登録しておくと、それらの図書館のサイトに登録した読みたい本が蔵書にあるかの...続きを読む

Q年間1000冊の本を読む秘訣

1年間で1000冊の本を読みたいのですが、
達成するための秘訣など考えられることを
お教えください。

Aベストアンサー

年に500冊読破が最高記録の者です。その経験から、

年に1000冊、本が読めるために必要な条件は、当然、暇であること。
仕事や学業を持たないか、持っている場合は、
空いている時間を全て読書に捧げられる環境があること。
休みの日は社交生活を捨て、一日読書に費やすべし。
TVは真っ先にあきらめましょう。
また時に読書が睡眠時間に喰い込むことがあっても、
翌日、社会生活に支障を来さずにいられるだけの体力も必要ですよ。

本を読む速度も生活習慣も、慣れで作られるものでもありますから、
いきなり1000冊は無理でしょうね、
今現在、年間200~300冊程度は本を読めていること。

そして実は、本を読みたいという気持ちが一番大事です。
読みたい本は新たにどんどん増えていくものではありますが、
読みたいと思った本を全部直ぐ買える財力が無ければ、
あるいは図書館に置いてあって順番待ちせずにすぐ借りられる状態になければ、
読みたいと思うだけで終わってしまいます。

ですから、自分の財力で買える、あるいは購入済みで積読中、
あるいは図書館で直ぐ借りられるような本で、
今、読みたいと思う本が1000冊以上具体的にあること。

つまり年間1000冊のためには、

1 時間がある、体力がある。
2 年間200~300冊程度の読書習慣が既に身に付いている。
3 今読みたい本が1000冊程度具体的にある。

この3条件が必要だと思いますよ。

年に500冊読破が最高記録の者です。その経験から、

年に1000冊、本が読めるために必要な条件は、当然、暇であること。
仕事や学業を持たないか、持っている場合は、
空いている時間を全て読書に捧げられる環境があること。
休みの日は社交生活を捨て、一日読書に費やすべし。
TVは真っ先にあきらめましょう。
また時に読書が睡眠時間に喰い込むことがあっても、
翌日、社会生活に支障を来さずにいられるだけの体力も必要ですよ。

本を読む速度も生活習慣も、慣れで作られるものでもありますから、
いきなり1000...続きを読む

Q検索エンジンを使いこなす本を紹介してください

検索エンジンを活用しても、
なかなか思ったとおりの検索が出来ません。

googleやヤフーの検索エンジンで、
ズバリ思ったような検索が出来る力をつけたいです。

検索エンジンを使いこなすための検索テクニック本で、
何かよいものがあったら紹介してもらえないでしょうか?

Aベストアンサー

http://www.google.co.jp/support/bin/static.py?page=searchguides.html&ctx=basics&hl=ja

http://help.yahoo.co.jp/help/jp/search/

Q『千の風になって』と『1000の風』

昨年、友人のご主人が亡くなりました。
そんな友人にちょっとでも元気を出して欲しいと思っています。

今日NHKで見た番組で、『千の風になって』という本のを特集していて、
漠然と、いいなぁと思いました。

ところが、この本についてインターネットで調べてみると、
『千の風になって』と『1000の風』と、2冊似たような本があります。

これらの本を読んだことのある方、是非ご感想をお聞きしたいです。
近くに本屋のない田舎なので・・・実物を見ることが出来ません。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

今2冊手元にありますが、
「1000の風」は、写真と日本語に訳した詩が淡々と綴られているだけの、とてもシンプルな本です。
写真は小さいです。
余計な文章などがない分だけ、自分なりにイメージが膨らむと思います。

一方の、「千の風になって」は、2ページにわたった大きい写真と詩が30ページほど続きます。
その後に、新井満氏がなぜこの詩を訳すことになったのか、日本語詩に訳すまでのこと、出版までの経緯などについて、かなり詳しく書いています。
新井満氏は、「1000の風」に出会ったことがこの詩を訳すきっかけになったそうです。

詩については、「1000の風」は、原詩を直訳した感じです。
「千の風になって」は、日本語的になっていて分かりやすい感じです。
どちらの本が好きかは好みがあってとても難しいですね。
私は、写真の美しさと詩の分かりやすさで言うと、「千の風になって」が好きです。

Q図書検索サイトについての本をさがしています

アマゾンなどの、いろいろな図書検索サイトの特徴について書かれている本があったら知りたいです。そういう本があるかもわからないのですが、もし知っている方がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

インターネットブックマップ : オンライン書店・図書館徹底活動ガイド / アイブックコミュニケーションズ著(↓)

という本が出ています。

参考URL:http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4883991644.html

Qあの文章を書いたのはどなたなのか知りたいです。

もう1年以上前かも知れませんが、産経新聞か日経新聞か読売新聞だったかと思いますが、「ブログの効用」か「ブログの効能」というエッセイを読みました。内容は、「日記というものは、自分の言葉だけで書いてあるから、あとあと自分で読み返してもなぜ当時の自分がそのように考えたのか、その思考回路が思い出せない。それに対してブログというのは、他人が読むことを前提としているので、他人に分かりやすくかいてある、故にあとで自分で読み返しても自分の思考回路がよく分かる。また、日記だと『今夜も酒がにがい』などと欄外に書いてあり、それを書いた日記そのものを火に投じてしまいたくなり、自分の思考回路を思い出すどころではない。また、備忘のためになにか数字の羅列が書き込んであるが、その数字は、一体自分が何のために書き込んだのか、その数字をいくら読んでも思い出せないから、いっこうに備忘録とはならない。」というような内容で、もっとユーモアたっぷりに書いてありました。この文の著者は哲学が専攻の方かともぼんやり覚えているのですが…。記憶違いかも知れません。
 この方の書いた本を読んでみたいと思います。この文を読んで「あの人かな?」と思われるかた、この方の名前を教えて下さい。

もう1年以上前かも知れませんが、産経新聞か日経新聞か読売新聞だったかと思いますが、「ブログの効用」か「ブログの効能」というエッセイを読みました。内容は、「日記というものは、自分の言葉だけで書いてあるから、あとあと自分で読み返してもなぜ当時の自分がそのように考えたのか、その思考回路が思い出せない。それに対してブログというのは、他人が読むことを前提としているので、他人に分かりやすくかいてある、故にあとで自分で読み返しても自分の思考回路がよく分かる。また、日記だと『今夜も酒がにが...続きを読む

Aベストアンサー

今晩は。
もしかして、小山田春樹さんではないかと思います。
http://meitama.jugem.jp/?eid=261

間違っていたらすいません!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報