食品分析においてバリデーション(特にHPLC)という考え方は存在するのでしょうか? 医薬品の試験ではよく見かける考え方だと思うのですが、食品の場合はどうなんでしょうか。
(例えば、新しい機能性成分が発見できたとして、過去に報告がないとき、その定量法が妥当であるかどうかはどうやって見分けるのか?など)。

私自身、知識が乏しいため、どなたかご存じの方がいらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。

前回も同じ質問をさせていただきました(時間が経過したため、再度質問しました)。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4917276.html

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

自信なしですが、


バリデーションというのは、分析法バリデーションならその分析法が適切であるかどうかを確認するために行うもので、分析対象が医薬品であろうが、食品成分であろうが、考え方に変わりは無いと思います。

医薬品ではGMPでバリデーションが規定されており、食品分野ではバリデーションを規定するものが無い(?)だけであって、食品成分の分析であっても医薬品GMPのようなやり方でバリデーションを取って分析すれば、それは意味のあることだと思います。
食品の場合、バリデーションを要求されることがない(少ない)だけ、ということじゃないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。
確かに医薬品バリデーションのように食品をバリデートすれば、何かしら意味のあることにつながる気もします。
今後、食と薬の中間を埋めるような働きをもつ物質(機能性物質)の発展により、バリデーションが要求されることが多くなるような気も致します。

お礼日時:2009/05/18 23:25

他の方が回答されていますとおり、分析方法自体のバリデーションは、医薬品でも食品中の栄養成分でも変わりません。


食品分析ではマトリックスが複雑ですので、コメならコメ、チーズならチーズなどサンプルごとに前処理を含めたバリデーションが必要となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。
記述してありますように、確かに食品は医薬品と異なって複雑系です。そのため、前々からバリデーションがとても気になっていました。
食品の種類ごとにバリデーションが存在するなんてちょっと驚きました。よくよく考えてみれば、そうなのかなと思いますが。

適切なご回答、ありがとうございました。やはり食品の分析は奥が深いなぁと思いました。

お礼日時:2009/05/18 23:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトリートメントの成分で肌が荒れてしまった…回復を早めたい

こんにちは。21歳女性です。

一見ニキビっぽいのですが、普段できるような感じではなく、かなり広範囲に急にできてしまいました。
最初は頬の外側に、今朝見たら首にも広がっていました。
できているところが、ちょうど髪が当たっているところなのです。
髪のスタイルはずっと同じなので、髪が触れたことというよりは、こないだから使い始めたトリートメントが触れたことによって荒れてしまったのかなと思っています。

昨夜、今朝ともそのトリートメント(洗い流さないタイプです)は使っていません。
本当は皮膚科にでも行くべきなのでしょうが、仕事もあるのですぐに行けそうにないのです。
大体、何か合わないものがあった時は使用をやめて、気長に回復を待っていたのですが、もしなにか自分でできそうな範囲で回復を早める方法がありましたら教えてください。

とりあえず、スキンケアは普段通り(保湿重視で)、ビタミン剤(Bが主剤の)を飲みだしました。
あとは、普段シャワーなので、しばらくは湯船につかってみようかと思っています。

アドバイス等よろしくお願いします。

こんにちは。21歳女性です。

一見ニキビっぽいのですが、普段できるような感じではなく、かなり広範囲に急にできてしまいました。
最初は頬の外側に、今朝見たら首にも広がっていました。
できているところが、ちょうど髪が当たっているところなのです。
髪のスタイルはずっと同じなので、髪が触れたことというよりは、こないだから使い始めたトリートメントが触れたことによって荒れてしまったのかなと思っています。

昨夜、今朝ともそのトリートメント(洗い流さないタイプです)は使っていません。
本...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。はじめまして。

ご本人様もお考えであるように、本当はすぐに皮膚科の先生に伺った方が良いとは思うのですが、なかなかお忙しいですよね。

思い当たる節はあるけどハッキリ原因だと断言できないでしょうから、
色々手を尽くして改善を図るよりも病院へ行くまで悪化させないように
するのが良いと思います。

スキンケアも、まさに腫れ物に触るかのようにソッと、食べ物も刺激物
香辛料も避けた方がいいと思います。
お酒・タバコをされているのでしたら、先生のお話しを聞くまで我慢が良さそうですね。

生理周期を確認されて、生理前(もしくは排卵日前後)で肌が敏感に
なっていましたら、更に慎重に触れた方が良いと思います。

水を多く摂って代謝を上げるのも良さそうですね。
参考になりますでしょうか。

QHPLCでの定量

大学1年生なのですが、学校で定量実験をしています。
HPLCで、カロチンの標準品とサンプルのピーク面積を求めて定量したのですが、計算して出てきたサンプルの濃度が実際の値(文献値)の2倍以上の値になってしまいました。
何故こんなことになったのか考えてくるのが宿題なのですが、さっぱりわかりません。少ない値になるなら操作がまずかったんだと思うのですが、2倍以上多いとは…
色々考えてはみたのですが、全く思いつかないので、知恵を授かりたいです。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

こんにちは。再び#1です。
>感度ミスというのはどういう状態なのでしょうか?
これはペンレコーダーを使用している場合に限られるかもしれませんが、HPLCチャートの縦軸がありますよね?その縦軸のスケールは検出器から入力する電気信号の強度を表していることはご存じかと思います。そしてペンレコーダの場合にはこの縦軸のスケールを手動で設定しないといけません(レコーダの隅の方につまみがついていると思います)。ペンレコーダでは、全部同じスケールで再生すると超微量のモノはクロマト上ですごく小さなピークになってしまいますよね(逆に大量のモノを検出すると振り切ってしまいピークの頭が見えない)?今回の場合、もし定量用標準品の測定時と濃度未知検体測定時でこの縦軸のスケールが違っていた場合、面積計算で正確な値が得られないこともあるということです(ピークの大きさが違ってきますので)。インテグレータを使用して面積を自動計算している場合には関係ないかもしれませんが、ペンレコーダを使って得たチャートから面積をマニュアル計算しているのであれば、再生時に縦軸のスケールが同一でない場合には得られるチャートが全然違ってくる場合がありますのでこの点注意が必要と言うことです。

御参考になれば幸いです。

こんにちは。再び#1です。
>感度ミスというのはどういう状態なのでしょうか?
これはペンレコーダーを使用している場合に限られるかもしれませんが、HPLCチャートの縦軸がありますよね?その縦軸のスケールは検出器から入力する電気信号の強度を表していることはご存じかと思います。そしてペンレコーダの場合にはこの縦軸のスケールを手動で設定しないといけません(レコーダの隅の方につまみがついていると思います)。ペンレコーダでは、全部同じスケールで再生すると超微量のモノはクロマト上ですごく小さ...続きを読む

Q疲労回復や滋養強壮にオススメなのは?

こんにちは。
30代女性です。

疲れがたまると「チオビタ」を飲んでいます。
他にも疲労回復や滋養強壮に良い物を探しています。
持続して飲むもの、その場限りで飲むもの、錠剤やドリンクetc・・・
特にこだわりは無いので
なにかオススメのコレってゆうのがあったら教えてください。
どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

お勧めはアサヒフード&ヘルスケアの「エビオス錠」ですね。
天然素材ビール酵母を始めとして栄養状態、健康状態の基礎になる成分が手軽に確実に補給できます。
なんとなくだるい状態には特に効果があります。
即効というよりは、飲んでいくうちに確実に身体に良い影響を~というタイプの栄養補給薬ですからね☆

QHPLCでの残留抗菌剤の定量について

実験でHPLCを用いて、食品中の残留抗菌剤の定量を行いました。
まず、食品(液体)1mLを水で十倍に希釈し、それをセップパックにアプライした後、水5mLで洗浄し、アセトニトリル3mlで溶出させてメスフラスコに回収し、それを水で5mlにメスアップしたものを用いました。

この実験では、結果的に食品試料を何倍に希釈したことになるのでしょうか。
はじめに10倍に希釈していますが、すべてセップパックに通しているので、希釈したと考えるのかよくわかりません。
教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1) ハジメノ 食品(液体) 1ml が 種々ノ プロセス ヲ ヘテ 最終的ニ、5ml ニ メスアップ シタノデ コノ時点デハ 5倍デス
2) ココデHPLC 1.0 microL(ul) を分析 シタ場合 ハ 残留抗菌剤 A ナラ、 5000xA / 1 ml (食品) トナル
3) ココデHPLC 5.0 microL(ul) を分析 シタ場合 ハ 残留抗菌剤 B ナラ、 1000xB / 1 ml (食品) トナル
4) A ハ 多分 ナノg (ng) ナラバ 5000xAx 10`(-9) g / 1 ml (food),
5) B ハ 多分 ナノg (ng) ナラバ 1000xBx 10`(-9) g / 1 ml (food) トナル
6) A ガ ミクロg ナラ (ug) ナラバ 5000xAx 10`(-6) g / 1ml (food)
7) B ガ ミクロg ナラ (ug) ナラバ 1000xBx 10`(-6) g / 1ml (food)

Q疲労回復方法教えてください。

私は太っていて性格も神経質なせいか、体の疲労が貯まりやすく夜は眠れず昼は眠気が多くなります。
来月、職場が変わるので今からこんな自分が心配です。
疲労回復に良い成分、食べ物を教えてください。
そして、眠気防止と夜眠り安くする為に良い成分、食べ物を教えてください。
食べ物意外での方法も教えてくださると大変にありがたいです。。

Aベストアンサー

再び count-d です。

シャワーなんですね。すみません。(^^;
シャワーでしたら、シャワーを使ったマッサージなんて
どうでしょう?

以下 URL を参照してみてください。
シャワーも使い方次第で眠りやすい環境を誘導してくれますよ。

あ、あとですね。照明に関しての追加ですが、
照度(単位はルクスです)にして50ルクス以下が
いいと思います。

http://www.showanishikawa.co.jp/info/qa.html

参考URL:http://www.ktv.co.jp/ARUARU/search/arunyuuyoku/furo_4.html

QHPLCのベースラインと定量について。

私は今、大学院でHPLCを使いレチノイドの定量をしています。
基本的なHPLCの条件として、カラム:ODSカラム、移動層:85%メタノール+10mM酢酸アンモニウム、流速:1mL/min、検出波長:325nm
で測定を行っています。
比較的、逆相で早く出てくるレチノールなどの物質はこの条件で測定していますが、レチノイドの中でも脂溶性の物質をこの条件で測定しようとすると、保持時間が長くなってしまい、1サンプルの測定にかかる時間が長くなってしまいます。
そこで、文献にのっている条件で、グラジエントをかけて測定してみることにしました。
その条件は、
移動層:acetonitrile:tetrahydrofuran:water=50:20:30と50:44:6の二相でグラジエントをかけていくというものでした。
しかし、その条件で実際に測定してみると、ベースラインが丘みたいにカーブを描き、そこにピークがでるという結果でした。
以前、ベースラインが水平でないところのピークの定量結果は正確ではないと聞いたことがあります。
やはり、そのような結果では、正確な定量と言えないのでしょうか。
また、グラジエントをかけるとベースラインはある程度上がってしまうものなのでしょうか。

まわりにHPLCの助言をしてくれる人がいないので、悩んでおります。
非常に基本的な質問で申し訳ありませんが、助言を頂ければと思います。
よろしくお願い致します。

私は今、大学院でHPLCを使いレチノイドの定量をしています。
基本的なHPLCの条件として、カラム:ODSカラム、移動層:85%メタノール+10mM酢酸アンモニウム、流速:1mL/min、検出波長:325nm
で測定を行っています。
比較的、逆相で早く出てくるレチノールなどの物質はこの条件で測定していますが、レチノイドの中でも脂溶性の物質をこの条件で測定しようとすると、保持時間が長くなってしまい、1サンプルの測定にかかる時間が長くなってしまいます。
そこで、文献にのっている条件で、グラジエントをかけて測...続きを読む

Aベストアンサー

グラジエントをかけてもベースラインは大体安定するものですが・・・。
参考にされた文献に標準チャートの例は載ってませんでしたか?
そのチャートのベースと実際にご自分でデータを取ったチャートを比べられればいいのですが。
グラジエントをかけて溶出する位置のアセトニトリル:テトラヒドロフラン:水の比率が大体どのくらいかは計算で出せるので、その比率の移動相を作ってアイソクラティックで測定してみては?

Q成分献血について

成分献血(血小板、血漿成分献血?)を時々するのですが、した後にどのようなものを食べたりすると回復が早いのか知りたいですが。
といいますのは、赤十字社から直接電話で献血の依頼をされるたりします。それで患者さんの手術?にともない日にちの指定されたりします。
3日後という約束でうけていざ献血となる日に少し体調を崩してしまうときがあります。そう言ったときに献血するとそんなにどうこうってのは無いのですが夜にすこし悪寒を感じたりする事もあります。
食べ物で回復より時間で回復なのでしょうか?

医療の事は全く素人なので申し訳ありせんが宜しくお願いします。
また、足りない点があればご指摘を頂ければと思います。

Aベストアンサー

造血作用の有る食品を食べてもそんな早く造血するとは思えません(vv;)
やはり決まった時から肝臓やほうれん草などを多めに取ってはいかがですか≪牡蠣もいいですね≫後日赤に電話して相談してみてはいかがですか?おそらく希少価値のある血液と思います出来るだけ協力してあげてくださいお願いします

QHPLCによるカフエインの定量での溶離液について

HPLCによるカフエインの定量を行う際、まずメタノール100%を流した後に水:メタノール=60:40に切り替えて溶離液を流した後、カフエインの標準液を注入し、検量線を作成し、その後、カフエインを含む試料(お茶など)を流し、試料濃度を検量線より求め、終了して、また1週間後にカフエインを含む別の試料の定量を行う場合もその都度、最初と最後にメタノール100%を送液するように言われました。1週間後にいろんなお茶など同じカフエインの定量を行う場合でも、まずメタノール100%を送液した後、水:メタノール=60:40で濃度決定を行い、またメタノール100%を送液するようにしなくてはいけないのでしょうか。水:メタノール=60:40で送液してそのまま終了し、そのまま新たな別のカフエイン試料を注入してはなぜいけないのでしょうか。なお、HPLCはカフエインの定量だけで他の人はHPLCは使用しません。HPLCの初心者で分かりませんので宜しくご指導お願いいたします。

Aベストアンサー

私の経験からいいますと

 (1). 分析終了後にメタノールでカラムを洗浄する。
    (カラムはメタノール充満状態で保存する)
 (2). 使用時はベースが安定するまで溶離液を直接流す。
 (3). ベースが安定したら分析を始める。
 (4). 分析終了後は(1)に戻る。
  
    参考にして下さい

Q精力回復の方法

こんにちは。

彼の精力がかなり減衰して困っています。
セックスの時に最初は勃起するんですが、
持続力がなくすぐ萎えます。
一度萎えたら再び勃起するのは難しいです。

彼は喫煙者なので、まず禁煙させました。
そして、マカとセレンと亜鉛の天然サプリメントを飲んでます。

これ以外で何か良い精力回復対策があれば、
教えて欲しいと思います。

何卒、ご教授宜しくお願いします。

Aベストアンサー

56歳、男性です。

>セックスの時に最初は勃起するんですが、持続力がなくすぐ萎えます。
>一度萎えたら再び勃起するのは難しいです。

半年位前に全く同じ症状(?)になりました。

バイアグラも試してみましたが、これから一生セックスするたびに飲むのも・・・・・と思いながらでした。
そこで、「エナジーブラック」というサプリ(発酵黒ニンニク、高麗人参、すっぽん などが主成分)を飲んでみた所、効果テキメン、すっかり自信を取り戻すことができました。

彼氏さんに同じように効くとは限りませんが、試してみる価値があるのでは、思います。

ご参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.secomfoods.com/health/products/detail.asp?SHN=0001FD0K7032

QHPLCにおけるカフェイン定量の際にカラムがおかしくなってしまいました・・・

 学生実験でカフェインの定量をHPLCを用いて行ったのですが、その際にチャートのベースラインが崩れ、非常にガクガクした重なったピークになってしまいました。カラムを洗浄してみましたが、まったく正常になりません。
 先生に相談したところ、移動相として用いたメタノール:リン酸緩衝液=60:40に原因があるので、なぜリン酸、または塩を用いるとカラムがおかしくなるのかをを考察してこいといわれたのですが、まったく検討がつきません。文献を調べても載ってなかったので非常に困っています。
 どなたか分かる方がいましたら教えていただけないでしょうか?推測でも結構です。測定条件は

カラム:ODS-2
移動相:メタノール:リン酸緩衝液=60:40 pH=6.7
試料:カフェイン標準溶液

です。どうかよろしくお願いします。


 

Aベストアンサー

通常は何事もないはずです。
考えられるのは、移動相を「直前に変えなかったか」と言うことです。直前に変えるとそれまで出てこなかった以前の「負の遺産」がカラムから出て来ます。
もう一つは似たような事ですが検出器が汚れてしまったのではないかという疑問です。
特にカフェイン標準液の「溶媒」と「量」が不適切だと充填剤を汚染したり、前記の昔から溜った物質を溶出することがあります。
m(_ _)m


人気Q&Aランキング

おすすめ情報