ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

例えば知らず知らずにやっている仏教の行いとしては
食事の前に手を合わせる事があると思いますが
同じ様に意識せずやっている神道の行いはあるのでしょうか?

初詣やお宮参りなどでは無く、日常生活でしている事が
知りたいと思っています。

仏教に比べて神道の教えって明確にわかりにくい所が
ありませんか?よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

入浴。


これは元は穢れを祓う禊であったものです。
菖蒲湯となれば、分かり安いかと思いますけど…。

特に分かりにくいと言うことは、私は思いません。
気付かないだけで、何気なくしている行為は意外と多いものです。
お相撲の四股踏みにも、意味があるんですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
入浴、なんですね、初めて知りました。
この間我が家でも菖蒲湯入りました。
神道の行いだったんですね。

わかりにくいと言うより、知らないだけなのですが
仏教の教えよりあまりすぐに思い浮かばないんです。
なので知りたいと思いました。

>お相撲の四股踏みにも、意味があるんですよ。
そうなんですか!
私個人はお寺も勿論好きですが、神社の方がなんか好きなんです。
調べると奥深くてとても面白いですね。

ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/19 01:18

神社好きは、私と同じですね。

神道というか、畏怖する自然にだけでなく万物には命が宿る。この風習が好きです。時間がなく中途半端に急ぎ書いたので、補足しに来ました(^^;)

菖蒲湯と言えば、端午の節句。
最近知ったのですが、元は田んぼの神が降りるこの時期。
早苗を植える早乙女が、菖蒲湯に入り禊をしたことが始まりだそうです。
そして後世、男社会になるとその菖蒲と勝負をかけて、今に伝わるそうです。

あとはご祝儀・不祝儀などに代表される忌み言葉。
結婚式のお祝いには、割り切れないように奇数のお祝いを贈ります。
これは言霊の影響ですね。
年神様が宿る鏡餅を切るとは言わずに、開くといいますし。包丁を使って開かないのも、同じ理由でしょう。
だから私も普段から、プラスの言葉を使うようにしています。

お相撲は日常生活とは関係ありませんが、力ある力士(横綱ですね)が四股を踏むことで、土地の(霊)力が増すと聞きます。だからこそ禊とまでも言わなくても品位が必要なのでしょうし、そんな歴史ある相撲が現代ではスポーツとしてのみ見られているのは寂しい思いを感じます。

記紀や歴史と合わせて読み調べていくと、いろんなことが見えてきて楽しいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございます!

>畏怖する自然にだけでなく万物には命が宿る。この風習が好きです。

本当にそうですね、私もそう思います。
早乙女は知っていました、なぜなら親戚の名字だからです^^
きっと庶民が先祖だね、と話していました^^;
栃木に多い名字みたいです。

本当にたくさん知らないうちにしている事が多いですね。
仏教の風習と合わさってしまってる物も多くとても面白いです。
日本は面白い国ですね、クリスマスが終わればお正月を迎え
洋風から和風へ^^
神道の影響だと思うのですがどんな神様も受け入れる日本は
宗教で争う事が少ない国だと思います。
やだ、神道は神様多すぎでとてもじゃないけど名前が
覚えられませんね(笑)
ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/20 17:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q神道を信じてない、って言う人

この間終戦の日にNHKに「私は神道を信じていないので」と言っていた若者がいました。
ぼくの場合は神道って信じるも信じないもなく、生活に根付いているものだと思うのですが、具体的な例となると初詣に神社に行く、くらいしかいえません。
そこで、生活の中に溶け込んでいてだれでもやっている神道の習慣をおしえてください。
あと、仏滅、友引なども神道でしょうか?合わせて教えてください。

Aベストアンサー

体系化・理論化されている宗教としての神道(皇室神道とか)となると別ですが、
「日本古来からの信仰観、死生観、思想、文化」としての神道を考えると、
あまりにも生活の中や思想、他の宗教の中にまで深く入り込んでいて気がつきにくいですね。
現在庶民の一般的な宗教である「仏教」は、その伝来時に神道の思想や神を呑み込むような形で広がりました。
さらに陰陽五行や修験道、道教、儒教などの思想も複雑に絡み合っていますから、
「これは神道。あれは仏教。これは陰陽道」などと明確に区分けするのは難しいです。
ですがいくつか生活に根ざしているものでわかりやすそうなものを挙げてみれば、

・お葬式の後の、酒や塩での「お清め」
 「清める」という概念は仏教にありません。「死者と触れた穢れをはらう」という神道の概念です。
 「穢れをはらう」という観念は、神道の基本ですね。

・厄年、厄払い
 気にしない人も多いと思いますが、気にしている人もとても多いですね。

・茶碗や箸は、個人専用のものを使う
 多くの家庭では、自分専用の茶碗や箸を使っていませんか?
 個人差はあると思いますが、他人の使った箸を自分が使うのは、ちょっと嫌だなぁということはありませんか?
 これも神道の、「穢れ思想」からくるものです。

・妊娠5ヶ月の「戌(いぬ)の日」に妊婦が着帯する
 これは説明の必要がないかもですね。今でも多くの妊婦さんがやっていると思います。

・お祭り
 最近は地域民の親睦などを目的とした宗教と関係のないお祭りも多いですが、
 もともと神道的な行事です。盆踊りなども。
 「祭日」というのは祭りをとりおこなうための休日ですね。

・祖霊信仰
 もともと仏教には、「ご先祖様」を祀るという観念はありません。
 お墓にお参りすることをはじめ、死者に対する行事は神道に根付くものです。
 先祖の霊を迎えるお盆なども突き詰めれば儒教と神道の風習です。
 多くの日本人の死生観は、神道を基本に仏教の輪廻転生などと習合したものです。

・雛祭り
 もともとは紙の「人形」を作って川に流し穢れをはらうという神道行事です。
 節分や端午の節句や七夕などの古来からある行事も神道とは関わりが深いです。

・各種お祝い
 お食いぞめ、初誕生祝い、節句、七五三、成人式などなど。
 中国伝来のものと混ざっているものも一部ありますが、
 「祝う」というのは神道においてとても重要なことです。

・結婚式での忌み言葉
 「切る」「割る」などの言葉は使ってはいけない、というのがありますよね。
 これは日本古来の「言霊信仰」に根ざすものです。神道に含まれるといっていいでしょう。

調べれば調べるほど、まだまだたくさんありますよ。
神道は神様を「信じ崇め奉る」ものというより、長い歴史の中で培われた日本文化そのものです。
日本人として育っている限り、神道と縁のない生活を送るのは不可能でしょう。

体系化・理論化されている宗教としての神道(皇室神道とか)となると別ですが、
「日本古来からの信仰観、死生観、思想、文化」としての神道を考えると、
あまりにも生活の中や思想、他の宗教の中にまで深く入り込んでいて気がつきにくいですね。
現在庶民の一般的な宗教である「仏教」は、その伝来時に神道の思想や神を呑み込むような形で広がりました。
さらに陰陽五行や修験道、道教、儒教などの思想も複雑に絡み合っていますから、
「これは神道。あれは仏教。これは陰陽道」などと明確に区分けするのは...続きを読む

Q日常生活の中の何気ない仏教について。

私は現在仏教関係の大学に通う学生です。
今度仏教についてのプレゼンがあるのですが
そこで「日常生活の中に隠れる仏教」をテーマに
プレゼンしようと思っています。

私なりに日常生活に隠れる仏教について調べたのですが、
今のところ
「食事の前に手を合わせる」
「入浴をする」
「歯を磨く」
の3つしか見つけられませんでした。

この3つの他にどのような仏教的しぐさがあるのか
教えていただければ嬉しいです。
どんなに些細なことでもかまいません。
「へぇーこんなとこに仏教が隠れてるのかー」みたいなのが欲しいです!!

お願いします。

Aベストアンサー

挨拶はどうでしょう

人の付き合いは挨拶に始まって、挨拶に終わります。
仏様とのお付き合いも礼拝という挨拶に始まって、礼拝という挨拶に終わります。
声を掛け、頭を下げて礼をするという、ごく簡単なことですが
とても大切なことではないでしょうか。

三度礼拝すれば、仏様の内に入った感じがする
という信仰者の話しもあります。
礼拝は、それだけでも立派な行だと思います。

人同士の挨拶も、仏様への礼拝も、礼儀を尽くすという点では同じだと思います。
始まりと終わりの正しい形は、ただ美しいというだけではなく
心の謙虚さを表すものとして大切なものという感じがします。

Q日本の神教について教えてください。

会社の先輩と宗教の話になったとき、「うちは日本にある四大神教の中のひとつの○○教だ」と言われました。
はっきり宗教名まで覚えてないのですが・・・。
「日本に古来からあるもので、この4つはものすごく有名。
知らないの!?もちろん変な宗教ではない」とのことでしたが
周りに聞いても「四大神教」について知っている人はいなくて・・・。
ネットで検索したのですが、全然ヒットしないんです。
金光教とかもこれに含まれるんでしょうか?
その四大神教はそれぞれなんというものなのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
私も「神教」という言葉はじめて聞きました。
禅宗のことを「心教」などと呼ぶことはありますが違いますよね。
少なくともその方が「ものすごく有名で知らないほうがおかしい」というようなニュアンスのことを仰るほどに知られたものではまったくないと思います。
「古来からある」上に「四大神教」と呼ばれるものまであるとは・・まったくもって謎は深まるばかりです。
「古来からある」と言えばやはり「神道」の流れと考えるべきなのでしょうが、神道に「四大」などというものはありません。
明治に入って神道が「国教」化されるに当たり「教派十三派」というものが公認されました。
質問者さんが挙げられている「金光教」もその一つで、ほかに「出雲大社教」「御嶽教」「黒住教」「実行教」「神習教」「神道修成派」「神道大成教」「神道本局」「神理教」「天理教」「扶桑教」「禊教」があります。
これらは一部名称を変えたりしながら現在でも続いていますが、天理教のようにある程度知名度や勢力を持つものもあるものの、#1の方が仰るように「神道」全体から見たらむしろ少数派で、もしこれらのうちの何れかが「四大神教」と呼ばれるものだったとしても(そんな話は聞いたことがありませんが)「知っていて当然」というほどの知名度はまったくないと言って良いかと思います。
その方の「普段は宗教に関心がないかのような口ぶりが時としてまったく異質のものに変わる」というような感じから、どうも何かしらあやしげなものを感じますし、ご自分の世界観がさも世間のそれであるように仰るところがどうにも胡散臭く思えて仕方ありません。
ひょっとしたらその方の故郷に古くから伝わる何かであったりするのかもしれませんが、少なくとも「知っていて当然」というようなものでないことは確かかと思います。

こんにちは。
私も「神教」という言葉はじめて聞きました。
禅宗のことを「心教」などと呼ぶことはありますが違いますよね。
少なくともその方が「ものすごく有名で知らないほうがおかしい」というようなニュアンスのことを仰るほどに知られたものではまったくないと思います。
「古来からある」上に「四大神教」と呼ばれるものまであるとは・・まったくもって謎は深まるばかりです。
「古来からある」と言えばやはり「神道」の流れと考えるべきなのでしょうが、神道に「四大」などというものはありません。
...続きを読む


人気Q&Aランキング