例えば知らず知らずにやっている仏教の行いとしては
食事の前に手を合わせる事があると思いますが
同じ様に意識せずやっている神道の行いはあるのでしょうか?

初詣やお宮参りなどでは無く、日常生活でしている事が
知りたいと思っています。

仏教に比べて神道の教えって明確にわかりにくい所が
ありませんか?よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

入浴。


これは元は穢れを祓う禊であったものです。
菖蒲湯となれば、分かり安いかと思いますけど…。

特に分かりにくいと言うことは、私は思いません。
気付かないだけで、何気なくしている行為は意外と多いものです。
お相撲の四股踏みにも、意味があるんですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
入浴、なんですね、初めて知りました。
この間我が家でも菖蒲湯入りました。
神道の行いだったんですね。

わかりにくいと言うより、知らないだけなのですが
仏教の教えよりあまりすぐに思い浮かばないんです。
なので知りたいと思いました。

>お相撲の四股踏みにも、意味があるんですよ。
そうなんですか!
私個人はお寺も勿論好きですが、神社の方がなんか好きなんです。
調べると奥深くてとても面白いですね。

ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/19 01:18

神社好きは、私と同じですね。

神道というか、畏怖する自然にだけでなく万物には命が宿る。この風習が好きです。時間がなく中途半端に急ぎ書いたので、補足しに来ました(^^;)

菖蒲湯と言えば、端午の節句。
最近知ったのですが、元は田んぼの神が降りるこの時期。
早苗を植える早乙女が、菖蒲湯に入り禊をしたことが始まりだそうです。
そして後世、男社会になるとその菖蒲と勝負をかけて、今に伝わるそうです。

あとはご祝儀・不祝儀などに代表される忌み言葉。
結婚式のお祝いには、割り切れないように奇数のお祝いを贈ります。
これは言霊の影響ですね。
年神様が宿る鏡餅を切るとは言わずに、開くといいますし。包丁を使って開かないのも、同じ理由でしょう。
だから私も普段から、プラスの言葉を使うようにしています。

お相撲は日常生活とは関係ありませんが、力ある力士(横綱ですね)が四股を踏むことで、土地の(霊)力が増すと聞きます。だからこそ禊とまでも言わなくても品位が必要なのでしょうし、そんな歴史ある相撲が現代ではスポーツとしてのみ見られているのは寂しい思いを感じます。

記紀や歴史と合わせて読み調べていくと、いろんなことが見えてきて楽しいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございます!

>畏怖する自然にだけでなく万物には命が宿る。この風習が好きです。

本当にそうですね、私もそう思います。
早乙女は知っていました、なぜなら親戚の名字だからです^^
きっと庶民が先祖だね、と話していました^^;
栃木に多い名字みたいです。

本当にたくさん知らないうちにしている事が多いですね。
仏教の風習と合わさってしまってる物も多くとても面白いです。
日本は面白い国ですね、クリスマスが終わればお正月を迎え
洋風から和風へ^^
神道の影響だと思うのですがどんな神様も受け入れる日本は
宗教で争う事が少ない国だと思います。
やだ、神道は神様多すぎでとてもじゃないけど名前が
覚えられませんね(笑)
ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/20 17:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q神道のお盆の方法をお教え下さい

神道ではお盆の日に御霊祭を行うと聞きました。

仏教のようにお墓に行って蝋燭に点火して角提灯に蝋燭を入れて家に持ち帰り

精霊棚を設けた仏壇に点火して祖先の霊をお迎えするというような形式はあるのでしょうか。

神道の御霊はどのような形式で家に戻ってくるのですかお教え下さい。

Aベストアンサー

私の知っている範囲で回答させていただきます。

そもそも、神道には死後の世界の概念がありません。
神道の死生観は、「人は神の計らいによって生まれ、死後は神の元に戻って子孫たちを見守る」というものが全てです。
死後の魂のあり方に対する詳しい考え方がなく、「先祖の霊が戻ってくる」といった考え方もありません。
したがって、「先祖の霊をお迎えする」といった行事も形式も存在しません。

御霊祭りとは、死者の魂を神様の元に送るための儀式です。
人は、この世に生きることによって穢れ(ケガレ)が溜まっていくと言われています。
特に、死・疫病・出産・月経・犯罪などによって大きく穢れると言います。
 ※穢れ:魂が神に近しい形から変化すること
したがって、死者の魂はそのままでは神の元に戻ることができません。
なので、子孫たちが御霊祭りを行うことによって死者の魂を浄化し、神の元に戻れるようにするのです。

以上でいかがでしょうか。
長文失礼しました。

Q【日本の神道】日本は神道の国だと言いますが、日本人は神道も仏教のこともよくわかっていないのが現状です

【日本の神道】日本は神道の国だと言いますが、日本人は神道も仏教のこともよくわかっていないのが現状です。

同じ宗派の家系ですら数珠の持ち方もみなばらばらで、お経の1つも読めません。

これで仏教の国と言えるのでしょうか?

もしかして日本の神道、仏教の歴史は相当浅く、庶民に仏教やら神道が伝わったのはここ数十年の話で、天皇家や皇族だけの宗教で、庶民は宗教に触れて来なかったというか触れる機会がなかった?

なぜこれほど、歴史があるとされる日本で仏教の言い伝えはお布施の習慣しか広がらなかったのかその歴史を教えてください。

家に仏壇があるけど、仏壇はインテリアというかお金持ちの象徴みたいなもので飾りであり、近所への見栄である。お経が読めないのに仏壇があって、お経が読めないのに数珠を持って。お経が読めないのなら数珠は要らないのでは?ブッダは数珠を持ってお経を読み上げていましたか?

Aベストアンサー

昔の流行りなんでしょう。

Q神道 50日祭までにお盆が来る場合・・

 度々すみません。先月母を亡くしてからわからないことばかりでこちらで大変お世話になっております。
 お陰さまで先日母の50日祭が無事済みました。仏教ですと49日までにお盆を迎える場合は初盆は翌年に行うようですが、神道はどうですか?
 実は50日祭の前に中元祭というのがあったのですが・・
 それは初盆だったのでしょうか?初盆ということなら50日祭前なので仏教のように翌年にするものではなかったのでしょうか?(7月7日 死去・8月6日 中元祭・8月20日 50日祭)
 それとももしかしたら初盆という言い方や考えが神道には無いのでしょうか?
 まったく無知でお恥ずかしいです。色んな本を読んでみても解決出来ません。
 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

仏教以前に、日本の神道にはお盆と同じ祖先供養はあります。
それが神道でいう「中元祭」に当ります。
その後、仏教の「仏説盂蘭盆経」というお経が伝えられ、お盆が意味づけられました。
また、法事(何回忌)なども神道から来ています。
死者の魂は最初「荒御霊(あらみたま)」となり、三十三回忌をもって「和御霊(わぎみたま)」となる信仰です。
それを仏教が取り入れました。
仏教では亡くなって四九日までが霊とし、それ以降を仏(ほとけ)様となりますから、まだ、現世に止まっています。
ですから、四九日を過ぎていない場合、お盆は翌年が初盆となります。
神道も詳しくはありませんが、同じ考えがあるかもしれません。
ですから、神官さんにお聞きになられた方が宜しいとおもいます。
神道のお盆(中元祭)はほとんどは仏教と同じ祀り方とあります。

神社と神道の基礎知識
http://www.jinja.or.jp/faq/list.html

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~aicon-m/ttoday/obonshinto.pdf

仏教以前に、日本の神道にはお盆と同じ祖先供養はあります。
それが神道でいう「中元祭」に当ります。
その後、仏教の「仏説盂蘭盆経」というお経が伝えられ、お盆が意味づけられました。
また、法事(何回忌)なども神道から来ています。
死者の魂は最初「荒御霊(あらみたま)」となり、三十三回忌をもって「和御霊(わぎみたま)」となる信仰です。
それを仏教が取り入れました。
仏教では亡くなって四九日までが霊とし、それ以降を仏(ほとけ)様となりますから、まだ、現世に止まっています。
ですか...続きを読む

Q仏教と神道 願うということ

よく仏教では「願ってはいけない」と聞きますが、この場合の「願う」とは
どのような行為を指すのでしょうか。
神仏習合の立場から考えると、神道の心願とどのように関わってくるのでしょうか。
ありきたりの事を言えば、肯定のためと言われるのでしょうが、
現状肯定の上に願いがあるようにも思います。

私はこの分野のことについてまったく学んでいません。
どうか、分かりやすい言葉でご回答お願いいたします。

Aベストアンサー

仏教で「願うな」というのは、「自分勝手に、自分の欲望を満たしてくれと願うことをするな」という意味でしょう。
皆さん、仏さまの前で、「お金が儲かりますように」とか「いい縁談に恵まれますように」とか、「自分の欲望を満たしてください」とお願いします。それは間違いでしょう。
仏教はそもそも、自分が仏になることが目的です。欲を捨て、何事にもとらわれずにしなやかに生きる、そういう自分になることが目的です。

自分がどう生きるか。仏さまという完成された方を前に、今の自分がどういう生き方をしているのかを問うのが仏教なのだと思います。仏さまを見て、自分をよき方向に導いてくださいと「願う」ことは間違いではないと思いますが。

神道の方は門外漢なので、「願い」についてはよく知らないのですが、江戸時代だったかの禅宗のお坊さん(名前などは失念)が、伊勢神宮へお参りした時に、
「神さまは清浄を喜ばれる。お金とは穢れであるから賽銭をあげたりしてはいけない。またすべての願いごとは私欲であって、穢れであるから、神前で訴えてはならない。くどくどとお願いごとなどしなくても、神さまは人間に必要なものはすべてご承知だから、『今日も無事暮らさせていただいてありがとうございます』とただお礼を申し上げて帰るのが、正しい神詣りの仕方である」
というような説明を受けたという逸話を読んだことがあります。

この説明が今の神道にも通じるものであるならば、仏教も神道も、人間の欲にかられた「願い」を否定するという意味で、同じなのだろうと思います。

ちなみに、このような宗教関係の質問ならば、このカテゴリーよりも「哲学」のカテゴリーで質問された方が、より多くの(的確な)回答が得られると思います。

仏教で「願うな」というのは、「自分勝手に、自分の欲望を満たしてくれと願うことをするな」という意味でしょう。
皆さん、仏さまの前で、「お金が儲かりますように」とか「いい縁談に恵まれますように」とか、「自分の欲望を満たしてください」とお願いします。それは間違いでしょう。
仏教はそもそも、自分が仏になることが目的です。欲を捨て、何事にもとらわれずにしなやかに生きる、そういう自分になることが目的です。

自分がどう生きるか。仏さまという完成された方を前に、今の自分がどういう生き方...続きを読む

Q神道のお盆について教えてください

私は、昨年末に結婚して神道の家に嫁ぎました。
結婚の三年前に、義母が亡くなっており
夫の実家は、義父と義妹が住んでいます。

今週末に、義母のお盆の準備をしに行こうと思っていますが
義父と義妹は、よく分からないようです。
また、周りの親族もよく承知していません。
自分の実家は仏教でしたので、勉強しようと思い
本を探してみましたが見つけられませんでした。

義父は、何もしなくていいよと言っておりますが
大げさにならない程度に、何かしら準備したいと思いますので
どうぞご教示下さい。
また、今後参考になりそうな本をご存知の方がおられれば教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
少なからず神道と関わりがありますが、そこまで考えた事はなかったですね。
私自身もよく分からないのですけど、興味深いのでネットで探してみました。

するとこんな資料がありました。
『「おぼんの基礎知識」Q&A』
ttp://www2s.biglobe.ne.jp/~aicon-m/ttoday/obonshinto.pdf
(個人サイトの資料ですのでリンクはひかえておきます。頭に「h」を足してブラウザで開くか、ダウンロードして下さい。開くにはアクロバットリーダーが必要です、無ければこちらからインストールしてくださいね。
 → http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html )

要点をまとめるとこんな感じです。
・仏教式とほとんど差はない、神道は式年祭と同じ。
・付随する「送り火、迎え火」や装飾品は地域の慣習に従ってよい。
・「ご先祖様を迎えるお祭り」という意義さえおさえればよい。
・神道だからと特殊な式次第は無いが、祭事祭壇やお供え物は神道式でよい。

・・・ってな感じですね。
そもそも原始祖先信仰が、その後の神道や仏教などに取り込まれ、民族習慣と融合した行事なので、実は仏教式のようなお盆も後にこじつけられた面があるようなのです。
いわゆるキリスト教圏のクリスマスのようなものです。
サンタさんも元は異教徒たるフィンランド土着信仰のお祭り、それをキリスト教が強引に吸収しこじつけ置き換えて意味づけたものなのですから。

ですので、祭事の基本である「行う意味」さえ踏まえれば、どんな宗教でも「お盆」ができるといえるかも知れません。
それでは、がんばってきて下さい。

こんにちは。
少なからず神道と関わりがありますが、そこまで考えた事はなかったですね。
私自身もよく分からないのですけど、興味深いのでネットで探してみました。

するとこんな資料がありました。
『「おぼんの基礎知識」Q&A』
ttp://www2s.biglobe.ne.jp/~aicon-m/ttoday/obonshinto.pdf
(個人サイトの資料ですのでリンクはひかえておきます。頭に「h」を足してブラウザで開くか、ダウンロードして下さい。開くにはアクロバットリーダーが必要です、無ければこちらからインストールしてくださいね...続きを読む

Q仏教や神道の皆さん、クリスマスはどのようにお過ごしですか?

カトリック信者ですが、仏教や神道や日本の伝統文化にも深い敬愛をいだいている者です。
ですから、他の筋金入りのキリスト教信者とは違い、普段の日曜やクリスマスは教会に入り浸りですが、おおみそかやお正月は寺社に初詣し、坐禅にも通うなど、複数の宗教に出入りすることに何の矛盾も感じていません。

キリスト教信者にもこんな人がいますが、一方仏教や神道サイドの皆さんはどのように感じておられるのでしょうか?

例えば、クリスマスは宗教的な行事だから、お祝いするのはとんでもないと思っていらっしゃるのでしょうか? それとも単なるお祭りだから、飾り付けをしたり、クリスマスキャロルを歌ったり、ケーキを食べたりしてもいいじゃない、と思っていらっしゃるのでしょうか?

お寺や神社付属の幼稚園では、クリスマスがないので、子供たちが残念がっていたなんて言う話も昔聞いたことがありますが、最近はどうなのでしょうか?

ちょっと気になっていたので、教えて下さい。

尚、小生、年末年始は旅行などの関係で、少々お礼や〆切が遅れる可能性があります。予めご了承ください。

カトリック信者ですが、仏教や神道や日本の伝統文化にも深い敬愛をいだいている者です。
ですから、他の筋金入りのキリスト教信者とは違い、普段の日曜やクリスマスは教会に入り浸りですが、おおみそかやお正月は寺社に初詣し、坐禅にも通うなど、複数の宗教に出入りすることに何の矛盾も感じていません。

キリスト教信者にもこんな人がいますが、一方仏教や神道サイドの皆さんはどのように感じておられるのでしょうか?

例えば、クリスマスは宗教的な行事だから、お祝いするのはとんでもないと思っていら...続きを読む

Aベストアンサー

私はカトリックですが、様々な宗教関係者と交流があり、いつも話題になります。
私自身は「偉人の誕生日なのだから、目くじら立てずに祝ったらいい」と主張し、一定の理解を得ています。勿論、かたくなに拒否する人も居ます。
お寺としてとか付属幼稚園としての行事では難しいでしょうが、そういった行事として行なわない寺の友人も、自分の子供達のために家庭ではクリスマスをケーキで祝っている人も居ます。
もはや、その様な人の解釈は、クリスマスはクリスマスであって、キリストの誕生日とは関係なく、楽しい日であるようです。(特に子供達にとっては)

そういえば、先日新潟地震で家を取り壊すお寺の家族も、思い出の写真の中にクリスマスパーティーの写真がありましたね。
逆にカトリックでも、お釈迦様の誕生日(4月8日)のお祝いに、お寺の前で通りかかったら一緒に祝っても良いと思います。

Qなぜお盆は仏教の行事なのか

仏教では、死後転生すると教えているはずなのに、何故お盆に先祖の霊が帰ってくるなどという行事を行うのでしょうか?仏教の教えならば、先祖の霊はとっくに転生して別人格としてこの世のどこかにいるのではないですかね?

それとも、もともと神道の行事だったものを取り込んだとかそういうことなんですかね?

Aベストアンサー

 日本の仏教は神仏習合してるので仏教的な行事はどれもあいまいになってます。
そもそも552年(538年説あり)に仏教が公伝した当初から、仏は、蕃神(となりのくにのかみ)として日本の神と同質の存在として認識していた経緯があります

 で仏教のお盆は元々盂蘭盆会(うらぼんえ、ullambana、उल्लम्बन)から来ています。
 これは安居(あんご)の最後の日、7月15日 (旧暦)を盂蘭盆(ullambana)とよんで、父母や祖霊を供養し、倒懸(とうけん)の苦を救うという行事である。これは『盂蘭盆経 』(西晋、竺法護訳)『報恩奉盆経 』(東晋、失訳)などに説かれる目連尊者の餓鬼道に堕ちた亡母への供養の伝説によります

>ともと神道の行事だったものを取り込んだとかそういうことなんですかね?
 無論、国家神道を掲げた明治政府の影響も多大です

Q皇室神道と神社神道について教えてください。

皇室神道と神社神道について教えてください。

皇室神道と神社神道は江戸時代以前にも存在し、その二つが結合して国家神道が成り立ったのか、それとも国家神道より以前は「神道」というものがあり、それを国家レベルに担ぎあげたものが国家神道であり、その国家神道を戦後解体する際にできたのが皇室神道と神社神道であるということなのか、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「皇室神道」とは基本的に天皇が主宰する神道で、その神儀祭事をいう
天皇家は最高神天照大神の子孫ですから、天照大神を中心とした神儀祭事を行う。

天皇と直接関わる神社での神儀祭事も皇室神道に含む
古くは天皇家専用の神社であった伊勢神宮など
明治以降戦前は、国家が神宮と定めた神社の内、天皇縁の神社の神儀祭事

「神社神道」とはもっと広い概念で、神社を中心とした神儀祭事全般を指す
狭い意味では、皇室神道を除く神社を中心とした神儀祭事全般を指す

明治以降の戦前は、憲法で信教の自由を明記していましたが、神道は宗教を超越する上位の存在概念としており、矛盾しないとして国家掌管する。
この時期の神道形態を、アメリカが「国家神道」と呼び、言葉が戦後定着。
国家によって神社が管理され、天皇縁の神社や国家の要になる神社を神宮と定め、神社にランクをつけた。

官社には官幣の大中小社、国幣の大中小社があり、官幣社は神祇官が、国幣社は地方官が祭るものとされ、それぞれ神祇官の所管とされた。
大中小いずれにも分類できない官幣社を別格社に指定。
官幣社一覧 http://shrine.s25.xrea.com/meijisyakaku-k1.html
国弊社一覧 http://shrine.s25.xrea.com/meijisyakaku-k2.html

占領地にも官幣社を置いた。
台湾神社・樺太神社・朝鮮神宮・関東神宮(中国満州)・南洋神社(パラオコロール島、1997年再建)などが官幣大社
朝鮮台湾には、国弊社も10社建立された
諸社には府社、藩社、県社および郷社が置かれたが、藩社は廃藩置県の為実際には指定神社無し。
他は無格社とされた。
伊勢神宮だけはランク外で最高位に置かれた

古くから京都周辺の22社は勅祭社とされていた。
国家神道時代は明治天皇が埼玉の氷川神社(いわゆる大宮)の祭事を勅祭として行ったのが始まりで、官幣大社から新たに勅祭社17社を指定し天皇の使いを送った。(靖国神社だけが、官幣特別社)

国家神道の最大の特徴は招魂社。
明治維新から戦前にかけて、国家のために殉難した英霊を奉祀する為に内務大臣命で全国に置かれた。
そのうち、東京招魂社は明治12年に名称変更、靖国神社になる。
各地の招魂社は、昭和14年に名称変更して、護国神社とする。
戦前は、国家=天皇の為に命をかけて戦い、死後の魂は招魂社において天皇の元に集まるのが栄誉とされた。
陰陽道縁の招魂祭がこれら神社で行われていた
これが、アメリカからカルト宗教とされた所以である

明治期に神仏分離が行われ、渾然一体化していた神社と寺が分離された
その為、1つの神社仏閣が、神社と寺に分けられたケースや、無理やり仏教色を廃した為に祭神脇に仏教の菩薩が祀られていたりする

明治以降の国家掌管神道で、多くの神社が神宮に改称されたが、江戸時代以前の神宮は、伊勢神宮・鹿島神宮・香取神宮の3つしかない
戦前は神宮を名乗る為には、勅令が必要だった。
戦後は神道の最大勢力、宗教法人神社本庁(多くの神社が加盟する)が認めた神社だけが、神宮に改称することを認められる為、北海道神宮(旧札幌神社・北海道)、伊弉諾神宮(兵庫県)、英彦山神宮(福岡県)の3社が神宮に改称した

尚、11世紀~江戸期においても神社は地方や国の守りとされ、各地でランク付けが行われた
各地の最高ランクが、一宮(いちのみや)、次ランクが二宮(にのみや)..三宮(さんのみや)という具合に
近畿などの多い地方では、五宮位まで、群馬では十二宮まである。
国司が着任した際には、一宮から順に拝礼し、鎮守を祈願した。
地方君主によって度々変更された例も有る
現在も、神道ではこの格付けに拘るケースがある

「皇室神道」とは基本的に天皇が主宰する神道で、その神儀祭事をいう
天皇家は最高神天照大神の子孫ですから、天照大神を中心とした神儀祭事を行う。

天皇と直接関わる神社での神儀祭事も皇室神道に含む
古くは天皇家専用の神社であった伊勢神宮など
明治以降戦前は、国家が神宮と定めた神社の内、天皇縁の神社の神儀祭事

「神社神道」とはもっと広い概念で、神社を中心とした神儀祭事全般を指す
狭い意味では、皇室神道を除く神社を中心とした神儀祭事全般を指す

明治以降の戦前は、憲法で信教の自由を明記し...続きを読む

Qお盆やお盆過ぎに海

先日、細木数子の番組で、お盆やお盆過ぎには川や海に近づかないように、という内容がありました。
霊が水場にはウヨウヨいるとか。
成仏できない霊なんかもいて、事故も起こりやすいとか。
海にわりと近い所に引っ越してきたので、
今年はお盆もお盆過ぎも海へいくつもりだったのですが、
そうやって聞くと心配になってきて迷っています。
水に入らなくても水場に近寄るだけでマズいんでしょうか?

お盆やお盆過ぎに海へ行きますか?

Aベストアンサー

お盆の最中もそうですが、最後の日は帰る霊に連れて行かれるから川に遊びに行ってはいけないと言われていましたよ。
実家のあたりは海は遠かったので何も言われていませんでした。

お盆を過ぎると土用波が来るんですよね、子供は結構危険かも。
8月の後半に何回か旅行に行った事がありますが、海には入れた事が無いです、波が荒くて子供には危険だったので、いつもプールになっちゃうんですよね。

そうそうお盆期間中の殺生もだめだと言われていたので、蝉取りなんかもお盆中はしなかったですね。

Q神道

神道におきまして、手を合わせるようになったのは、何故なんでしょうか?

Aベストアンサー

手を合わせるのは仏教でしょう。神道では、てを合わせるのではなく、
言いたいことは、「柏手をうつ」という行為のことだとと思います。
「柏手」は、自分に付いた「邪気」を、その音によって、はらうための
ものです。神社で鈴を鳴らすのも、これに当たります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報