学校のレポートを書くために、いわゆる大人しく奥ゆかしい、従順な感じの少女が出てくる文学作品を探しております。
できたら最近の作品ではなく、明治~昭和あたりのものだと嬉しいです。
日本文学か外国文学かは問いません。
ご存知の方、是非お教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

一番初めに出てきたのは夏目漱石「こころ」の静さんですかねぇ…

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
恥ずかしながら高校のときに少し読んだだけで手付かずだったのですが、改めて読み直してみました。まさに「奥ゆかしい」という言葉がぴったりの女性で、本当に素敵でした。
おかげさまで無事レポートを書くことができました。ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/21 00:19

オルコット作の「昔かたぎの少女」という小説があります。


ずいぶん昔に読んだので筋をおおかたわすれてしまいましたが、
質問者様のリクエストにぴったりの題名だと思います。
ネットで確認して今でも手に入るようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
不勉強なものでオルコットと言うと「若草物語」しか知らなかったのですが、いろいろ書いているんですね。
幸い図書館で見つけることができたので、是非今度手にとって読んでみようと思います。ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/21 00:44

『ロリータ』 ナボコフ 新潮文庫



 ご存じ「ロリータ・コンプレックス」の語源となった長編小説です。内容はその印象とは裏腹に、決して官能的ではありません。少女本来の魅力に耽美した作品です。是非ともお読みください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
「ロリータ」は私もとても好きな作品だったので、ご回答いただいたときとても嬉しかったです。
ロリータ自身は大人しい女の子ではありませんが、少女らしい奔放さを最大限に引き出したとても魅力的な主人公だと思います。
コメントいただいてまた読みたくなりました。ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/21 00:37

伊藤左千夫の「野菊の墓」に出てくる悲恋のヒロインは明治期の奥ゆかしい娘の典型かと思います。


民子さんですね。

参考URL:http://www.aozora.gr.jp/cards/000058/files/647_2 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドレスまで載せてくださってありがとうございます。
明治期の作品はすごく雰囲気があって素敵ですね。引き込まれるようにあっという間に読んでしまいました。
他の作品も読んでみようと思います。ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/21 00:31

短篇でもよろしければ



川端康成の「雨傘」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
早速ネットで読んでみました。女の子だけでなく男の子も初々しく、とても清々しい素敵な作品でした。
今まであまり川端作品を読んでこなかったのですが、これを機に手に取ってみようと思います。

お礼日時:2009/05/21 00:27

オルコットの「谷間の白百合」でしょうか。

長編ですが、美しく聡明な少女ポリーによって、周囲が影響を受けて変わっていくという、典型的な少女小説です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
今回時間がなく長編まで読めなかったのですが、是非今度読んでみて、次のレポートの題材にしたいと思います。

お礼日時:2009/05/21 00:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q心理学に触れたイギリス文学作品を探しています。 イギリス文学 心理学 イギリス文学を用いて心理学

心理学に触れたイギリス文学作品を探しています。

イギリス文学 心理学

イギリス文学を用いて心理学の論文を書こうと思っています。
特にサスペンスやミステリーが好きなので、犯罪心理学の路線で行こうかなと考えていますが、未定です。
集団心理、思い込み(幻想、幻聴など)、多重人格でも何でも、何か心理学的なヒントが見つかりそうなイギリス文学作品があれば教えて頂きたいです。時代は問いません。
和訳されていない作品でも大丈夫です。英語で論文を書くので、むしろそっちがやりやすいかもしれないです。

どんどん挙げてくれたら嬉しいです!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

シャーロック・ホームズはコカイン中毒だったとのことですから、病理心理学はダメですか?
ルイス・キャロルは幼児性愛者だったそうですが、これも病理心理学として使える?

Qいわゆる純文学(小説)作品を深く読解するには

文学人間を気取るつもりはまったくありませんが、本を読むのは嫌いではありません。

しかし純文学など小説を読んでも「あらすじ」を理解するのが精一杯で作者の言いたいことや作品の真髄みたいなものがまるでわかりません。

その点、ノン・フィクションやそれに近い歴史小説は字面のとおり理解すれば良い思うので読みやすいです。

こういう読解能力は本を読むことで培われるという甘いものではないのすか?
はたまた能力だからあきらめるしかないでしょうか。

日々読書三昧ではありませんが、一般より活字を読む時間は長いとは思います。

「こうなふうにして読むと良い」とかコツや工夫があれば知りたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

よくは理解できないながらも気に入った作品があったら再読してみるのはどうでしょう。
そして機会を見つけて三読してみてください。
筋や話の流れはわかっていますから周りを見る余裕があります。
気がつかなかったこと、前提となっている事柄、あれがあるからこの結果が導き出されるのかといったことが驚くほどよく目につきます。こうしてその作品がどうした骨格を持ち、どう筋肉が動かされているかが見えてきます。

また、その作品や作者に関する文芸評論に目を通すのも、すんなりとは理解しがたい部分があっても作品の理解を深めるためには有益なことです。
一流と思われる評論はその作品にそなわっている、また提示されている本質を見誤っていません。
評論家は原則として正しいことを言っています。

文学に限らず、音楽でも美術でもそうですが、作品と直面するというのはエピソードを語ることでも読書の思い出を語ることでもなく、現在という自分の今の意識によって、その作品に表現されていることのみに準拠してその作品からの光線を浴び、判断し経験するということではないでしょうか。
光線は全体に照らすこともあれば、部分的に強烈に輝くこともあるでしょう。
読むことの錬度・熟度(これは多くの作品に接することによって培われると思います)、
感性のとがり具合(これは個々人によって特色があると思われます)も大事な要素。
ほかにもアプローチのしかたはありますが、これが一般的な方法ではないかと思います。

作者は人間にしか興味はない。たとえ猫や犬や雀が主人公ないしは登場人物であっても、そこに人間しか見ていません。
もっと言えば人間の中でも自分にしか真の興味はない。
というか、自分を深く掘り下げることでしか真実と思われる表現、表現力が獲得されないのだと思います。

こういった意味で、読者がいたずらに自分の間尺にあった作品を追い求めるのは本筋でないし、興味が湧くのも共感を抱くのも、その作者、その作品の中で完結して起る共振作用、読者にとっての特殊な現象であると思えばいいのではないでしょうか。
ですから、起らなければ何事もない。それはそれでしかたのないことです。

これは一般人である私なりのアプローチのしかたです。参考になりますかどうか。

よくは理解できないながらも気に入った作品があったら再読してみるのはどうでしょう。
そして機会を見つけて三読してみてください。
筋や話の流れはわかっていますから周りを見る余裕があります。
気がつかなかったこと、前提となっている事柄、あれがあるからこの結果が導き出されるのかといったことが驚くほどよく目につきます。こうしてその作品がどうした骨格を持ち、どう筋肉が動かされているかが見えてきます。

また、その作品や作者に関する文芸評論に目を通すのも、すんなりとは理解しがたい部分が...続きを読む

Q漢字だけの短歌作品(明治・大正・昭和・平成の作)をお教えください

漢字だけの俳句は私自身もつくっていますので、
漢字だけの俳句も歓迎します。短歌作品に併記して、お教えください。 

Aベストアンサー

白日下変電所森閑碍子無数縦走横結点々虚実  (加藤 克巳)

血統書附紀州犬牡進呈葵荘十二階四夷安代  (塚本 邦雄)

Q純潔を是とする日本文学作品は存在しないのでしょうか?あるなら是非紹介して欲しいです…

こんにちは。
日本人女性の7割が結婚前に純潔を失うのを厭わないと言います。
となるとやっぱり文壇上では
「純潔を是とする」=「夢ばかり見ていて現実を見据えられていない、甘い」
となり、正文学作品とは世に認められないのでしょうか?

もう本を読むたびに女の人が不倫したり他の男と歩いていたり男子学生を食い荒らしたり強姦されたりと、胸が痛いです…
私が甘いからでしょうか?
私が甘いから、私に合うような馬鹿げた文学が存在しないのでしょうか?

もし私に合いそうなものがあれば、紹介していただきたいのです…
純潔の重要性を織り交ぜて描いてある小説はないでしょうか?
純潔を絶対肯定する作者の主張、思想、それらを示唆する程度でもいいですが、純潔を是とする方向でお願いします。

先ほど
>本を読むたびに女の人が不倫したり他の男と歩いていたり男子~~。
と申し増したが、それを否定する方構成ならば、例えば強姦魔に復習する勢いだったりとかなら私は良いと思います。

真摯な文体のもの、ちょっと軽いタッチで描かれているもの、ほんわかしたもの、暗い雰囲気の物なんでも結構です。
ただし日本の作品というところだけは拘らせてください。
そもそもあれば、ですから…


お願いします。

こんにちは。
日本人女性の7割が結婚前に純潔を失うのを厭わないと言います。
となるとやっぱり文壇上では
「純潔を是とする」=「夢ばかり見ていて現実を見据えられていない、甘い」
となり、正文学作品とは世に認められないのでしょうか?

もう本を読むたびに女の人が不倫したり他の男と歩いていたり男子学生を食い荒らしたり強姦されたりと、胸が痛いです…
私が甘いからでしょうか?
私が甘いから、私に合うような馬鹿げた文学が存在しないのでしょうか?

もし私に合いそうなものがあれば、紹介し...続きを読む

Aベストアンサー

三浦哲郎「忍ぶ川」

他にも思い出したら寄せさせて頂きますね。
只、、、
>日本人女性の7割が結婚前に純潔を失うのを厭わないと言います。

これは元々、日本の風土に「純潔」が無かったからだと思われます。
純潔を重要視する、と言う事は即ち、家制度の存続願望と言う、まあ、男性性側の都合を内包する一面があります。
古代の歌垣、?歌(かがい)の風習は、勿論古代の風習なのですが、
あの性に対する大らかさを、日本風土は近代迄持ち続けて来ました。
「愛」と「性」が一致している文化。
愛はそもそも、西洋の言葉であり、日本には無かった言葉です。

近代に入り、文明開化、富国強兵等を押し進めるにあたって、家制度の変貌と重要化。
所有権と言うものへの意識の高まりが、そうさせたのかも知れません。

落合恵子「レイプ」「セカンドレイプ」も、純潔とは何?と言う視点で読むと面白い作品かも知れません。

Q日本の純文学作品内でしばしば言及される海外文学

日本の純文学作品内に高い頻度で登場する海外文学を教えてください。
たとえば太宰なら聖書やドストエフスキーの小説を引き合いに出すことが多かった気がするのですが、
他に頻繁に引き合いに出される作品には何があるのでしょうか。

Aベストアンサー

同じく、太宰はギリシア神話からも引いていますね。
例:走れメロス

順位から云えば、
1.中国文学(近現代では「中島敦」とか、江戸期以前の文学では当たり前)
2.佛教経典(芥川・・蜘蛛の糸なんか・・)
3.聖書(現代では、「森山周一郎」・・クリスチャンだった)
4.ギリシア神話(太宰、白樺派辺りでも引用が多い)
5.ドストエフスキー(近代で引用が多い)
6.シェークスピア(大正期文学では多い)

特に自然主義文学と呼ばれる作品群(大正期から昭和初期にかけて)は、西洋文学の引用が増えているような気がします。そして、新古典主義と呼ばれた、芥川らによって、佛教経典や日本古典から引用があり、その後の現代に続くようです。

では。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報