5月16日の感染者発覚前に予約・振込済の神戸旅行1泊2日(5月30日、31日)について、旅行会社にインフルエンザが心配だからキャンセルする場合のことで問い合わせたところ、通常どおりのキャンセル料がかかるといわれました。

メキシコへ行くのと同じくらい危ないのではないかと思うのですが、
キャンセル料は通常どおり払わなくてはいけないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

外務省から渡航の自粛や退去勧告がでているところへのツアーのキャンセルは取られない可能性もありますが、神戸について政府からかなり強い自粛が出ているわけではありませんので、キャンセル料はしょうがないかと思います。

    • good
    • 0

こんにちは。


まず「メキシコに行くのと同じくらい危ない」というのは正しくないと思います。メキシコ行きツアーがキャンセルになっているのは、1.メキシコの医療体制が日本程整っていない 2.メキシコの衣料費が極めて高額である 3.メキシコでさらに流行が進んだ場合、出国制限措置が取られる可能性があり帰国に支障を来すおそれがある 4.海外での医療では言葉の問題から意思の疎通が十分でなくなる可能性があり、十分適切な医療を受けられないこともある などの理由があるからです。現在流行が「じわじわと(決して爆発的ではありません)」広がっている新型インフルエンザは、新型とはいえ従来のインフルエンザ同じ程度の危険度しかありません。今の段階(神戸市民の何%が感染していますか?)で神戸にいったからといって感染する確率はそうはありません。単に、冬にイフルエンザが流行っているのと同じようなものです。かかったとしてもすでに対処の方法もわかりきっています。命に別状などありませんよ。冬、インフルエンザがある街で流行っているからと言って、その街への旅行をキャンセルしたらキャンセル料がかかりますよね。それと同じなんです。学校などの団体旅行は、今回若年層に重篤患者が多いこと、団体では感染スピードが早くなること、一度に同じ場所で大量の患者が出た場合の医療体制が厳しくなることなどで自粛もやむをえませんが、個人旅行までそのような心配をするのはどうかと思います。個人が心配だからやめるのは自由ですがそれはあくまで個人の都合であって、旅行会社が責を負わねばならない理由はどこにもありません。キャンセル料を払うのは当然でしょう。


従って、旅行契約を結んだときの条項が適用されるのは当然で、キャンセル料は支払うのが当たり前です。

この回答への補足

命に別状ありませんて、日本ではまだ出てないとしても、世界で何人も死んでいるみたいですけど。。
なんでこんなに日本で大事になっているのでしょう?

専門家って何の専門家かご存知ないですが、誤字脱字も多く文章も??って感じのが多いですね。。
ちなみに感染力はかなり強いと週刊誌で見ました。
かかる心配はかなりあると思いますよ、
楽観的に考えられるたちではないので。

補足日時:2009/05/17 21:46
    • good
    • 0

http://nandemoqa.cafeglobe.com/qa4954264.html
をご参考に。
約款に書かれているとおりだと思うので払わなくてはいけないと思います。
神戸の宿泊施設も被害者ですし。
    • good
    • 0

 


メキシコ行きもキャンセル料を払いましたよ。
自分からキャンセルを申し込んでるのだから払うのは当然。
なお、インフルエンザが発覚したのは神戸の他に
大阪も
http://jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009051700058
海外渡航暦のない人たちが感染したのだから、機内での検疫では感染しても発症してない人は見逃したと言う事。
成田に着いた飛行機に乗ってた人たちは既に各地に帰ってる。
完全に日本国内にウイルスは蔓延してると思って間違いない。

神戸市内の現状・・・・風が強く雨も降ってるが何時も通りの人出で特に外出を控えてる様な感じはしない。

 

この回答への補足

申し込み時には感染の心配が無かったもので状況が変わっていますけど、通常のキャンセルとは違うと思いますけれど。

まあ自分が自粛しても、東京にはもうウィルスは入ってきてるのかもしれませんけど。

補足日時:2009/05/17 21:47
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報