公法は国家と国民の間を規律する法律で刑法がそれに当たるということは分かるんですが、例えば人を殺して人権侵害した場合に侵害された人もいるわけで、私人間の問題に刑法が適用されている様なイメージも受けるんですが
どういうことなんですか?憲法という公法は私人間には直接適用されないで
刑法という公法は直接適用されるんですか?

A 回答 (5件)

 私人間適用という言葉の意味に誤解があるようです。



 私人間適用というのは,私人と私人の間の法律関係に,憲法が適用されるかどうか,という問題です。

 例えば,私人であるAさんと,私人であるBさんが契約を結んだ場合に,その契約が人種とか性別によって不平等であったような場合(例えば,女性従業員の定年を男性従業員よりも低年齢に定めるといったもの)に,憲法14条が,その法律関係に直接適用されて,そのような契約が無効とされるか(直接適用説),労働関係法規の定めや,民法の権利濫用や公序良俗に関する規定の解釈を通じて,憲法14条の趣旨を私人間にも実現していくか(間接適用説)というのが,私人間適用の問題だということになります。

 刑法は,これをどうひっくり返しても,私人と私人の間の「法律関係」を規定したものとみることはできず,私人が一定の行為をした場合に,その行為に対して国家の有する刑罰権を発動するかどうかが定められているだけです。すなわち,刑罰というものは,国家と国民(私人)との間でのみ発動されるものであって,私人と私人の間で刑罰権を発動することができるというものではありません。

 ですから,刑法について,私人間に適用されるということはあり得ないということになるわけです。

この回答への補足

回答ありがとうございます。人を傷つけたりすれば、傷つけられた人もいるわけでそこに刑法が適用されると人権侵害した方の人権が制約されて結果的には私人間に刑法が適用されているような感覚をどうしても憶えてしまいます。ある私人が人権侵害した場合にその私人と国家の間を規律する法律である刑法が適用されるということは分かるんですが、同時に人権侵害された方も含めると私人間の問題に刑法が適用されているように思ってしまいます。

補足日時:2009/05/20 21:25
    • good
    • 0

刑法は、これこれの犯罪を犯した人に、これこれの刑をくだせ


という、立法府から司法(裁判官)への命令です。
立法府が司法をコントロールする公法です。
    • good
    • 0

>憲法という公法は私人間には直接適用されないで


>刑法という公法は直接適用されるんですか?

そうです。
公法は、国家と国民間の間の規律のほかに国家の規律を行う法との
定義がありますので、刑法は、後者の定義だと思います。
    • good
    • 0

刑法が私人間の調整に機能しているということでしょうか。



殺人という行為が、国家として看過できないから、国家がその殺人を犯したものを処罰するというだけのことですよね。
    • good
    • 0

刑法は犯罪(質問においては殺人そのもの)に対する刑罰を定めた法規です。

殺人という犯罪によって生じた人権侵害は不法行為であって民事上の問題であり、刑法とは関係ありません。刑法が私人間に適用されていると考えるのは間違いです。
法学上、公法と私法、民事法と刑事法の違いは別個の概念です。刑法は刑事法なのであって、国のあり方や国の機関についての規定である公法の枠組みで単純に考えられるものではありません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人間の臓器について

人間の臓器について

最近買ったゲームで臓器摘出のシーンがありました。
借金の返済を賭けてギャンブルに挑むゲームなんですが、ゲームオーバーになると手術室に強制連行されてしまいます。

そこで気になったのですが人間の臓器にはどれほどの価値があるのでしょうか?
また人間は臓器を抜かれても生存可能なのでしょうか?

まああのゲームはフィクションですので主人公の生存なんか考えずに、金になる臓器全部摘出しちゃうんでしょうが・・。

よければ教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

>そこで気になったのですが人間の臓器にはどれほどの価値があるのでしょうか?

↓参考動画をご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=QFPzyzV-4SM

>また人間は臓器を抜かれても生存可能なのでしょうか?

生存可能な臓器もあるし、生存できない臓器もあります。
基本的には対で存在する臓器は片側がなくても生存できます。腎臓、肺などですね。腎臓はともかく、片肺になると機能低下が著しいので生活に支障は出ると思います。
一個しかない臓器は全摘しても生存可能なものとダメなものがあります。心臓や脳は全摘したらoutですが、脾臓・胆嚢などはなくてもほぼ生存に影響ありませんが、なくても平気な臓器は当然商品価値がないでしょうね。膵臓はおそらくなくなったら一生に渡って薬で補わないと命に関わると思います(無膵性糖尿病 )。胃などは病気で全摘しても十二指腸と食道を直接繋げば大丈夫ですね。肝臓は生体肝移植というのがあるくらいで、一部なら切り取って人にあげても再生します。子宮・卵巣・精巣などの生殖は基本的になくなっても生存に支障ありませんが、需要もないでしょう(代理母・ドナーエッグ・ドナースパームのが手軽だからです)。

こんにちは。

>そこで気になったのですが人間の臓器にはどれほどの価値があるのでしょうか?

↓参考動画をご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=QFPzyzV-4SM

>また人間は臓器を抜かれても生存可能なのでしょうか?

生存可能な臓器もあるし、生存できない臓器もあります。
基本的には対で存在する臓器は片側がなくても生存できます。腎臓、肺などですね。腎臓はともかく、片肺になると機能低下が著しいので生活に支障は出ると思います。
一個しかない臓器は全摘しても生存可能なものとダメなものがあ...続きを読む

Q私人間に憲法は適用される?

憲法を勉強中です。
答えは『間接適用』される
だそうですが、

1直接適用
2間接適用
3類推適用

の違いが解りません。
表現の自由などの基本権保証規定が私人間に適用される時、上記3つの違いを知りたいです。

例)仮に直接適用されるとどういう事態になるか?

解る方お教え願います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

直接適用説と間接適用説とが最も問題となりうる場面は、過去の判例に照らして「思想信条の自由」かと思いますので、それに沿って回答いたします。

憲法19条は、
「思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。」と規定しています。

国立大学(現在は独立法人ですが)の入学試験において、試験官(国家公務員)が「あなたの信じる宗教は何ですか?」と聞くこと、及びその結果に従って合否を判定することは違憲です(公権力⇔私人=直接適用)。

一方、ある仏教寺院が僧侶の募集をした際に「私はキリスト教を信じています」と答えた希望者を採用しなくとも、それは違憲・違法であはりません(私人⇔私人)。

後者においても、直接適用説が採用されるならば(思想信条による差別をしてはいけないので)、仏教寺院は希望者の信仰に関係なく(信仰等思想信条以外の)採用基準に適った希望者を採用しなければなりません。

一方、間接適用説によれば、仏教寺院がクリスチャンたる希望者を採用しなかったからといって民法90条の公序良俗に反するとまでは言えないので、適法ということになります。

直接適用をして違憲になれば、希望者たるクリスチャンは採用されなかったことを訴え、勝訴することができます(他の採用基準を満たしているなら、当該仏教寺院で採用されたという地位を得る)。
一方、間接適用説に立てば、違憲・違法ではありませので、当該クリスチャンは敗訴ということになります。

なお、類推適用というのは、#1の方が言うように趣旨を類推するなどして適用することなので、結果として直接適用説と同じになると考えます。

こんばんは。

直接適用説と間接適用説とが最も問題となりうる場面は、過去の判例に照らして「思想信条の自由」かと思いますので、それに沿って回答いたします。

憲法19条は、
「思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。」と規定しています。

国立大学(現在は独立法人ですが)の入学試験において、試験官(国家公務員)が「あなたの信じる宗教は何ですか?」と聞くこと、及びその結果に従って合否を判定することは違憲です(公権力⇔私人=直接適用)。

一方、ある仏教寺院が僧侶の募集をした...続きを読む

Qラットと人間の臓器の違いについて

先日、ラットを解剖したのですが、人間の臓器とラットの臓器の違いについての考察をしなければならないのですが思うように参考本やサイトが見つからなくて困っています。参考本やサイトなどがあったら教えてください。

Aベストアンサー

ヒトとラットの臓器の違い…、私も考察を迫られた時期がありました。
解剖時に何か測定はしましたか?もししていれば、そのデータはかなり有効です。是非、役立ててください。しかし、何もデータをとっておらず、単に解剖しただけなら、臓器の形態をヒトと比較して考察しろ、ということでしょうか?だとしたら、#3の方の仰るとおりに子宮や盲腸が形態的に違います。
ラットの食餌から推察すれば#3の方の仰るとおりに消化器系の違いも指摘できます。

私もアドバイスになるかどうかはわかりませんが、一つ記憶に残っている例を挙げてみます。ラットの肝臓ではP450?(すみません、はっきり覚えていません。)の働きがヒトより強いので、薬剤投与を視野に入れたヒトの疾患モデルとしての、毒性実験の時にラットを使うのはどうだろうか?という疑問が、ラットゲノムが解読された時に少し話題になりました。つまり薬物の代謝に違いがあるのに、ラットでの新薬の結果をヒトに適用してよいのか、ということです。

このような簡単なことでよろしければ、「ラット 臓器」で検索をかけてひたすら探せば、できないことはないです。
また、ご存じかと思いますが、PubMedなどの文献検索を使用する際は、ご自分の中である程度検索条件を絞り切れていないと、時間が無駄になります。

一つの臓器に質問を絞るなり、自分の考えを少し付け加えたりなどして質問の幅を狭めてもう一度、質問してみてはいかがでしょうか?

以上、長々と回答してしまい申し訳ないです。

ヒトとラットの臓器の違い…、私も考察を迫られた時期がありました。
解剖時に何か測定はしましたか?もししていれば、そのデータはかなり有効です。是非、役立ててください。しかし、何もデータをとっておらず、単に解剖しただけなら、臓器の形態をヒトと比較して考察しろ、ということでしょうか?だとしたら、#3の方の仰るとおりに子宮や盲腸が形態的に違います。
ラットの食餌から推察すれば#3の方の仰るとおりに消化器系の違いも指摘できます。

私もアドバイスになるかどうかはわかりませんが、一つ記...続きを読む

Q肖像権の侵害は刑法?

こんばんは。
本日友達に勝手に携帯電話で写真を撮られました。
撮るだけなら怒りませんが、その写真をその人の知り合い(複数)に
送りつけるようなのです。そこで明日「君!その行為は刑法何条の
何罪に抵触するぞ!!」、とビシッと決めてやりたいのですが
あいにく自分にはそういう知識がありません。
そこで肖像権の侵害に当たる何法何条というのを知りたいので
どなたかご教授願います。

Aベストアンサー

うーん、、、ちょっと難しい気がしますねぇ。

根拠条文は「憲法第13条」の幸福追求権ですが、実はあまり一般的な権利ではありません。一般的な会話にはよく出てくる言葉ですが、一般人の肖像権を真正面から保護する規定は、まだ日本にはありません。

「その行為は憲法第13条の定める幸福追求権に反するぞ」といっても、あんまり決まりませんねぇ。。。

あるいは名誉毀損罪(刑法第230条)に抵触する可能性が若干あるぞ、という言い方もできるかもしれませんが、、、写真を送りつけることが名誉毀損になるかといったら、それはそれで疑問がありますし。

反撃方法を再検討したほうが良さそうです。

Q人間の精液はどの臓器

でどのように作られるのでしょうか?
その過程を教えてください
睾丸が精子を作ると思いますがその真偽も含めて
その他に関与する臓器は何でありどのように関与するのでしょうか?
また脳、ホルモンはその精液生成過程でどのように関与するのでしょうか?
2日間で充満する精液には神秘を感じてます
関連の知識を持っている方の回答をお願いします

Aベストアンサー

参考までに。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B2%BE%E6%B6%B2

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B2%BE%E6%B6%B2

Q私人逮捕後、私人に被疑者を釈放する権限はあるか?

いつも質問サイトで法律の勉強をさせていただいています。
このたび刑事訴訟法を勉強していて、以前2chに貼はられていた漫画を読んだことを思い出しました。

作品内の事件
痴漢の被疑者が私人により現行犯逮捕されたが、その場に居合わせた弁護士の指示によって名刺を見せた。
これにより、逮捕理由がなくなり、釈放しろと被害者に迫る内容でした。

恐らく、氏名を明らかにしたから刑事訴訟法217条の要件を満たさなくなり、私人逮捕できなくなるということを作品にしたのだと思われます。
しかし、私人逮捕後に氏名を明らかにした場合には、私人には釈放する権限が無いように思います(刑事訴訟法214条)。
本来、漫画は楽しく読めればそれでいいのでしょう。
でも、法的には釈放しなければならないのか?釈放できるのか?釈放できないのか?気になってしまいます。
この点について教えてください。

Aベストアンサー

>>痴漢の被疑者が私人により現行犯逮捕されたが、その場に居合わせた弁護士の指示によって名刺を見せた。これにより、逮捕理由がなくなり、釈放しろと被害者に迫る内容でした。
恐らく、氏名を明らかにしたから刑事訴訟法217条の要件を満たさなくなり、私人逮捕できなくなるということを作品にしたのだと思われます。
しかし、私人逮捕後に氏名を明らかにした場合には、私人には釈放する権限が無いように思います(刑事訴訟法214条)。

現行犯人は誰でも逮捕状なくして逮捕ができます。ただし、逮捕者が私人である場合、直ちに検察庁の検察官や警察官に引き渡さなければなりません。

逮捕行為を行ったにも関わらず釈放してしまった場合、もし相手の訴えがあれば逮捕罪が成立してしまう可能性があります。

私人の釈放権限の有無については明文化されていませんが、直ちに引き渡すとなっている以上、引き渡さない事が違法になると思います。

また、痴漢という罪名はありませんが、各県の条例により迷惑行為として列記されており、現行犯逮捕されない要件・・軽微な犯罪に該当していません。

つまり、現行犯逮捕は正当であり、仮に身分を明らかにしたとしても逮捕されない要件にはなりません。

質問内容では、名詞を見せた。。とありますが、名詞は身分を証明する物にはならないのでどっちにしても釈放はイカンという事です。

>>痴漢の被疑者が私人により現行犯逮捕されたが、その場に居合わせた弁護士の指示によって名刺を見せた。これにより、逮捕理由がなくなり、釈放しろと被害者に迫る内容でした。
恐らく、氏名を明らかにしたから刑事訴訟法217条の要件を満たさなくなり、私人逮捕できなくなるということを作品にしたのだと思われます。
しかし、私人逮捕後に氏名を明らかにした場合には、私人には釈放する権限が無いように思います(刑事訴訟法214条)。

現行犯人は誰でも逮捕状なくして逮捕ができます。ただし、逮捕者が私人であ...続きを読む

Q臓器移植法A案?

恥ずかしながら私は政治には興味がない人間なのですが、臓器移植法A案可決には知りたいことがいくつかあります。

1)A案からD案まであったみたいですがどういう内容の案だったのか。
2)なぜ「脳死=死」と「臓器移植」は一つの案になってるんでしょうか?

無知な私は単純に「臓器移植」だけを可決すればいいのに、と思いそれからこの事を詳しく知りたいと思うようになりました。

わかる方教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

1)A案
脳死は人の「死」とする。本人に拒否の意思がなく家族が同意すれば移植可。臓器提供者は年齢0才から。
B案
本人に臓器移植の意思がある場合のみ脳死を死とする。移植には本人の意思表示と家族の同意が必要。臓器提供者は12歳以上。
C案
本人に臓器移植の意思がある場合のみ脳死を死とする。脳死判定を厳格化する。移植には本人の意思表示と家族の同意が必要。臓器提供者は15歳以上。
D案
本人に臓器移植の意思がある場合のみ脳死を死とする。15歳以上の移植には本人の意思表示と家族の同意が必要。15才未満では家族の同意と第三者期間の確認が必要。臓器提供者は0歳以上。
2)については#1様の回答の通りでしょう。
付け加えれば、「脳死」になると脳の機能が完全に停止するので、自発的な呼吸ができず、心停止する。そこで人工呼吸器で生命を維持する状態になる。脳死になっても「心臓がドキンドキンと打って・・」といってもそれは機械的に生かしているだけの状態と言えるのではないか。さすれば、それは人間として「生きている」といえるのだろうか。その状態ではもはや「死んでいる」のではないか。ということです。

1)A案
脳死は人の「死」とする。本人に拒否の意思がなく家族が同意すれば移植可。臓器提供者は年齢0才から。
B案
本人に臓器移植の意思がある場合のみ脳死を死とする。移植には本人の意思表示と家族の同意が必要。臓器提供者は12歳以上。
C案
本人に臓器移植の意思がある場合のみ脳死を死とする。脳死判定を厳格化する。移植には本人の意思表示と家族の同意が必要。臓器提供者は15歳以上。
D案
本人に臓器移植の意思がある場合のみ脳死を死とする。15歳以上の移植には本人の意思表示と家族の同意が必要。15...続きを読む

Q境界地の売買で刑法は適用可能か

知り合いの件ですが
境界地の売買がありました その後売り主は杭を動かしブロックを積みました これは民事&刑事事件となるのでしょうか?
つまり両方の訴えが可能でしょうか?
10年後に時効が確立しましたが この場合の刑法上の時効も同じ10年でしょうか?

時効は裁判を起こさないと停止しない事は承知しております。

Aベストアンサー

>時効は10年と思ってましたが 不動産侵奪人は10年過ぎた所で整地し家の新築した上にブロックの上に鉄柵を立てたのです、且つ10年時効説を認めているのですが 単なる勘違いでしょうか?
 まずあなたは原則その土地の所有権者なので、その境界地の売買契約の存在さえ証明できればひとまず所有権に基づく妨害排除請求を提起できます。
 それに対して被告側は負けないために様々な抗弁をしてきます。そもそも売買がなかったとか、売買は無効だとかです。そのうちの一つに「取得時効によって当該土地の所有権を取得した」という抗弁があります。
 そこで相手の取得時効の主張が認められれば、あなたは所有権者でないとされ敗訴するわけです。
 取得時効には2種類ありますね。善意の場合(短期)と悪意の場合(長期)です。
 長期の要件は「平穏」かつ「公然」、短期の要件はさらに「善意」かつ「無過失」が加わります。
 但し実際には法律上の推定規定があり、長期の場合は「20年間の占有」、短期はこれに加え「無過失」を
立証すれば取得時効が成立したと認められます。
 相手が短期の時効取得を主張した場合、あなたは相手が「悪意または有過失」であったことを主張します。この場合、「相手は売買契約を結んだ以上、当該土地を自分の土地とは思っていないはずだ」と主張し相手が悪意の占有者であることを証明します。
 それが認められれば相手の「短期の時効取得」の主張は失敗したことになり、あなたの妨害排除請求は認容されるでしょう。
 民事ではあなたが売買契約の存在を立証できれば勝つ可能性が高いと思います。ただ妨害排除といっても建物が建ってる場合とかは取り壊すとおそろしく費用がかかるので、予備的に損害賠償の請求か当該土地の買取請求もすることになるかもしれません。訴訟に関しては「餅は餅屋」ですからプロに聞くのがいいでしょう(本人訴訟でも相談とか)。
 
 刑事では公訴時効が成立している可能性大です。不動産侵奪の実行行為は相手の占有を排除し、自己の占有を始めた時に完了すると思われます。その日が公訴時効の起算点となります。その後に「同一の土地」をどう使用しようともそれは「不可罰的事後行為」となり、侵奪の違法性は初めの占有開始時点で評価しつくされているとされます。
 ただし最初の侵奪した土地を越えて、さらなる侵奪があった場合は、その時点で新たな法益侵害があったといえるとしてその時点が時効の起算点となる可能性もあります。

>時効は10年と思ってましたが 不動産侵奪人は10年過ぎた所で整地し家の新築した上にブロックの上に鉄柵を立てたのです、且つ10年時効説を認めているのですが 単なる勘違いでしょうか?
 まずあなたは原則その土地の所有権者なので、その境界地の売買契約の存在さえ証明できればひとまず所有権に基づく妨害排除請求を提起できます。
 それに対して被告側は負けないために様々な抗弁をしてきます。そもそも売買がなかったとか、売買は無効だとかです。そのうちの一つに「取得時効によって当該土地の所有権を...続きを読む

Q死刑と臓器移植について

中国で死刑囚の臓器移植をやめるよう警告している某人権団体は死刑制度そのものにも反対しています。10年前、そして少し前にも日本の死刑執行に抗議しています。
質問です。

臓器移植を待つ善良なる一般市民の治療の機会

凶悪犯罪者の人権

はどちらが大切ですか?
ネットでは死刑制度に賛同するときは臓器提供や身体刑を支持する人間が多いのに中国の話が出ると一転して人道云々おっしゃる方が多いのでどちらが本音なのか一貫した考えを知りたいです。
日本で法律改正して死刑囚からの臓器提供を認めるべきか否か教えてください。

Aベストアンサー

死刑についてですが、文化の違いによって考え方も違ってきます。
古代の中国では、髪の毛を斬る刑罰は、四肢切断と同等の酷刑とされていました。儒教の理論によると、髪の毛は親より授けられたもので、大事にしなければならないからです。つまり、その文化の中で一番大事だと考えられているものを罰として奪うことは、刑罰の基本的発想です。
西洋では、自由を命より大事なものと考えているので、自由を奪うだけで十分だとされています。しかし、中国などの東洋の国では、伝統的に命を一番大事としてきたので、罪を犯した者に対して、命を奪う刑罰を科するのは当然だと思う人のほうが多いようです。
しかし現代では、国々の間の文化交流によって、西洋的な考え方に賛成する東洋人もできてきて、中国や日本で死刑廃止を提唱する人も現れてきました。
でも、法律は、国の根本的な文化と一致しなければならないと思います。大部分の国民が死刑が正当だと考える限り、廃止するわけにはいけません。
死刑囚の臓器移植についてですが、人を救えるから反対はしませんが、やはりその死刑囚本人も同意したほうがよいではないかと思います。

死刑についてですが、文化の違いによって考え方も違ってきます。
古代の中国では、髪の毛を斬る刑罰は、四肢切断と同等の酷刑とされていました。儒教の理論によると、髪の毛は親より授けられたもので、大事にしなければならないからです。つまり、その文化の中で一番大事だと考えられているものを罰として奪うことは、刑罰の基本的発想です。
西洋では、自由を命より大事なものと考えているので、自由を奪うだけで十分だとされています。しかし、中国などの東洋の国では、伝統的に命を一番大事としてきたので、...続きを読む

Q刑法38条は民法上の不法行為にも適用される?

お世話になります。
刑法第38条は以下の通りです。

刑法第38条
1.罪を犯す意思がない行為は、罰しない。ただし、法律に特別の規定がある場合は、この限りでない。
2.重い罪に当たるべき行為をしたのに、行為の時にその重い罪に当たることとなる事実を知らなかった者は、その重い罪によって処断することはできない。
3.法律を知らなかったとしても、そのことによって、罪を犯す意思がなかったとすることはできない。ただし、情状により、その刑を減軽することができる。

ーーー
この第38条3項は、民法上の不法行為にも適用されますか?
民法上の不法行為者を民事裁判で訴えた際に、相手から
「民法にそのような法律があるとは知りませんでした。知らずにやっていたことですから罪にはなりません。
今、初めて知りましたので、これ以降、その法律に反したことなら罰せられたり、裁判所の指示、命令に従いますが、今の時点より前に行った不法行為については不問にして下さい。
それはそうと、原告だって、私が法律知識が不足しているようだ、と感づいたなら、懇切丁寧に説明すればよかったのではないですか?
こちらが法律に疎いことを知っていながらこちらが不法行為を犯すのを、獲物が罠に嵌るのを楽しみに待つ猟師のようで卑怯な手段です!
よってこの場合は原告側に著しく信義則に反しており、こんな訴えは無効です!」
と反論されたら裁判所はどう判断しますか?

お世話になります。
刑法第38条は以下の通りです。

刑法第38条
1.罪を犯す意思がない行為は、罰しない。ただし、法律に特別の規定がある場合は、この限りでない。
2.重い罪に当たるべき行為をしたのに、行為の時にその重い罪に当たることとなる事実を知らなかった者は、その重い罪によって処断することはできない。
3.法律を知らなかったとしても、そのことによって、罪を犯す意思がなかったとすることはできない。ただし、情状により、その刑を減軽することができる。

ーーー
この第38条3項は、民法上の不法行...続きを読む

Aベストアンサー

刑法第38条であろうと、何条であろうと刑法規定の処罰は「刑事訴訟法」と言う手続きに関する法律で処罰されます。
民法その他の私法での争いは「民事訴訟法」を初めとする手続き法で判決されます。
そのやりかたを大まかに言いますと、裁判官は両方から言い分とその基ととなる証拠によって、まず「事実関係」はどうだったのか、これを認定します。
次に、その事実に照らし、法律ではどうなっているのか、これを判断し、結論として「判決文」とします。
ですから、当事者は不法行為だの信義則だの持ち出す必要はないのです。(それを考えるのは裁判官ですから)
以上で、民事事件での必要なことは、「法律を知らなかった。」などの主張はどうでもいいことで、大切なことは、何が起こったのか、何かあったのか、相手の言い分は違うのではないか、本当はこうだったのに・・・、
と言うような事実関係さえ、しっかりとすればいいことです。
大局的に理解できましたか ?


人気Q&Aランキング