戒名・法名について2つ伺いたいことがあります。
1)例えば、高橋家とすると、高橋家一統(おしなべて)のご先祖に戒名をつけることはあるのですか。一般的は、死んだ人個人に戒名を付けるものですが、その家全体のご先祖として戒名を付けることです。実際につけて、ご墓標にしたと聞いたことがあります。
2)戸籍謄本において江戸末期の先祖の名前を特定できたのですが、戒名は不明なものがありました。そういう方に自分で戒名を贈り祭ることはできるのでしょうか。 実際、僧侶が個人に戒名を送る場合、宗派の総本山はその戒名を把握しているのですか。(戒名の台帳みたいに記述されるか。)
以上、ご教授ねがいます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

自分の御先祖様を大事にしたいという気持ちは充分に伝わりました。



ただ、僕が勝手に信心している浄土真宗では、生まれ変わり死に変わりの自分たちが、今は父母親子であっても前世も未来も誰と縁があったのか或いはあるのかは予測ができませんので、御先祖様という考えで念仏をとなえません。

家というものを意識して考えるようになったのは、明治以降ではないでしょうか?
もともとお墓は、個人のお墓か、村全体の墓地でした。○○家という形でお骨を納めるのも、つい最近のことです。
現代のカロート式お墓は、<暴き墓>に相当するそうです。死者が出るたびにお墓を暴くのですからね。

今のお寺さんはいろいろな解釈をしそうですから、そちらに聞いた方がいいでしょうね。
    • good
    • 0

戒名とは、受戒を済ませたから授かる仏道名です。


先祖の全霊に与える訳がありません。
それらは『高橋家先祖代々』として供養を施します。
戸籍謄本にて名前が判明すれば死亡年月日も書かれています。
それらを手掛かりとして寺院の過去帳を調べて頂きます。
戸籍謄本にて貴家で祀るべき人であるのか無いのかを判定します。
貴家が分家になっているが故に祀り込んでいないかも知れません。
昔の寺院の本山との関係は、会社の本店と支店の関係でありましたが、昨今は全てが独立採算の別なる宗教法人になっています。
お金の動く本山との関係は希薄です、
従って戒名が本山から下付される事も少なくなっています。
    • good
    • 0

本来、戒名、法名というものは、仏教徒になったとき、お師匠さんから仏弟子であると認められたとき授けられるものです。

いわばホーリー・ネーム(キリスト教でいえば、クリスチャンネーム)です。
江戸時代、宗門人別改めの制度によって、便宜的に全員戒名がつけられたのです(仏教徒でなくても 、仏教徒にさせられたのです)。
仏教と縁のない生活をしていらしたなら、戒名をつけることなく俗名で通すべきでしょう。
    • good
    • 0

1 霊友会など一部の新興宗教団体では,ご先祖様すべてを象徴する「総戒名」というのがあるそうです。

おそらくそれではないでしょうか。

2 戒名が不明なのであって,戒名がないと断定できたわけではないでしょうから,新たな戒名を贈るというのはなさらない方が良いのではないでしょうか。先祖代々としてお祀りされれば良いと思います。
 たいてい,戒名は菩提寺の住職から頂きますので,菩提寺の過去帳には記されているでしょうが,総本山は把握していません。総本山から戒名を頂いた場合は別ですが。
    • good
    • 0

1.過去のものまでつけることはありません。


2.できません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戒名について

 
教えてください。
 
戒名はいつ誰が考えたのか。

なぜ戒名は生まれたのか。

戒名は誰でも作れるのか。

戒名はどのよーにして作るのか。

2つと同じ戒名は存在しないのか。

自分で事前に戒名を作っておくことはできるのか。

戒名は何かの役に立つのか。

皆は戒名のことどー考えているのか。
 

Aベストアンサー

日本だけを見た回答をします

・戒名はいつ誰が考えたのか
・なぜ戒名は生まれたのか
東大寺の大仏殿が源平の合戦で炎上焼失してしまい
再建のための資金集めが必要になり
東大寺再建の大勧進職を命じられた重源がアイデアを出しました
「誰でも死後極楽浄土へ行ける切符*」として大好評だったらしいです
*簡単に書きました

死者の戒名は室町時代からです

・戒名は誰でも作れるのか
・自分で事前に戒名を作っておくことはできるのか
戒を受けていない人が自分で勝手に付けても
それは戒名としては認められません

・戒名はどのよーにして作るのか
戒名の本来の意味は、俗人から出家し
戒律を授けられたことによって与えられる 仏弟子としての名前です。
だからお坊様の名はみんな戒名です。 そしてこれらのほとんどが2文字になっています

・戒名は何かの役に立つのか
金儲けをはかる僧侶や葬儀屋の役に立っております
もう少し言えば、宗教などを信じている方の心の拠り所でもあります

・戒名のことどー考えているのか
そうですね。私は無宗教なのでどうでもいい話ですが
死者に戒名をつける事によって、おかしな変化を齎していると思います

ただ、それを信じている方も多くはいますので大切にはしていかないといけません
死ぬ前・遺言などに戒名の有無など表記してくれるとありがたいですね

私の親族に遺言でお金も残したのに戒名を付けないで無縁仏にした親族もおります
その時は本当に地獄に落ちればいいのにと思った物です…
死人に口なしとは言いますが、やはりこれから去る者の遺言は大切にしたいと思います


以下簡単に
・戒名=戒めを守りますという約束をし授けられる仏弟子としての称号
・死者の戒名=金儲け
と、このようになっております

日本だけを見た回答をします

・戒名はいつ誰が考えたのか
・なぜ戒名は生まれたのか
東大寺の大仏殿が源平の合戦で炎上焼失してしまい
再建のための資金集めが必要になり
東大寺再建の大勧進職を命じられた重源がアイデアを出しました
「誰でも死後極楽浄土へ行ける切符*」として大好評だったらしいです
*簡単に書きました

死者の戒名は室町時代からです

・戒名は誰でも作れるのか
・自分で事前に戒名を作っておくことはできるのか
戒を受けていない人が自分で勝手に付けても
それは戒名としては認められませ...続きを読む

Qご先祖の戒名について

先日、菩提寺で当家のご先祖について過去帳を見せていただきました。
そのなかで、女の人で「弘譽心月智圓禅定尼」と記述してあったのですが、どのような身分であったかわかりますか。庶民でも貰えたのでしょうか。
ちなみに、その方は江戸時代天12年~大正11年まで生きていました。
あと、この女性の夫は過去帳に載っていなかったのですが、戒名は夫婦とセットである。と聞いたことがあるのですが、実際どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

私も過去帳を見せていただいたことがあります。
戒名の前には○譽がついていました。
立派なのはさらに前に○○院がついていました。
後には「禅定尼」が女性の方に(男性は禅定門)がついています。

例 ○○院○譽○○○○禅定尼

田舎の寺ですので、地位とか身分はあまり関係ないと思います。
(お布施の額によって違うかと思いますが)

Qデジタル戒名のススメ

法外な戒名代せしめんとする坊主はヤクザの類とみなします。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8528318.html

そもそも戒名は誰が誰のために作るものなのか?
坊主だけが戒名を作れるなんてアホらしい。
ならば自分で自分の戒名作ったり、親兄弟の戒名作って差し上げたりすれば良いのではないかと考えました。
実はこれ簡単にできます。
パソコンに戒名作成ソフト(例えば、「JS戒名」、「Access戒名」など。 共に無料ソフト)インストールしてオペレーションすれば、簡単にハイ戒名一丁出来上がりとなります。
これをデジタル戒名と呼びます。
私はとりあえずこれで自分と親兄弟の戒名10個ほど作成しました。
デジタル戒名って上等でないですか。
デジタル戒名のススメ、皆さんどう思いますか。
 

Aベストアンサー

デジタルで戒名を作ることは可能です。
今では戒名を自分で作るマニアル本も売っています。たしか宗教学者の島田裕志でなかったか?
問題は、あなたの家が檀家寺の檀家であった場合です。
たぶん檀家寺の住職は戒名をつけなかったら、お経をあげてくれないし、また墓が檀家寺に付属していたら、埋葬を許可しないと思います。
だから、自分で戒名を作ることは勝手ですが、檀家寺と縁を切るつもりでないといけません。
墓地は市営霊園のような無宗教の公共墓地にするしかありません。
特定の宗派の墓地には入れてくれないと覚悟する必要があります。
あなたが死んだら、葬儀屋に僧侶を派遣してもらい、どんな宗派のお経でも3万円位であげてくれますので、葬儀屋に頼むしかありません。
もともと戒名なんてものは俗人が出家して僧侶になるときにつける「法名」なのだから、私たちは死んだからといって僧侶になるわけでもないし、俗名のままで結構だと思います。
坊主は戒名料で贅沢をして、高級外車に乗ったり、クラブ通いしたり、肉食妻帯し、きれいな奥さんをもらったり、庶民とは別な生活をしているのだから、何も私たちが法外な戒名料なんか支払う義務はないのです。
不透明な戒名料がかれら僧侶を生き延びさせている元凶なのだから、ぶっ潰すべきです。
今までの習慣を破棄する覚悟が要ります。

デジタルで戒名を作ることは可能です。
今では戒名を自分で作るマニアル本も売っています。たしか宗教学者の島田裕志でなかったか?
問題は、あなたの家が檀家寺の檀家であった場合です。
たぶん檀家寺の住職は戒名をつけなかったら、お経をあげてくれないし、また墓が檀家寺に付属していたら、埋葬を許可しないと思います。
だから、自分で戒名を作ることは勝手ですが、檀家寺と縁を切るつもりでないといけません。
墓地は市営霊園のような無宗教の公共墓地にするしかありません。
特定の宗派の墓地には入れてく...続きを読む

Q戒名(法名)の値段?

戒名(法名)は生前で取得する方が安いと聞きました。
亡くなってからだと平均30~50万円。生前だと2~10万らしいですが本当ですか?

Aベストアンサー

 昨年の12月に父が亡くなった時,近所のお寺さんに戒名をいただき,枕経,通夜,葬儀,火葬場での読経の一切合切合わせて,御布施を30万円納めました。
 特段,戒名料という名目のお金はお支払いしていません。お寺さんからの請求もありませんでした。
 院号は付いていません。「△△○○信士」です。父は生前に「わが一族は,先祖代々院号が付いていないから私の戒名にも院号は付けないように。」と私に言い残しておりました。
 院号を付けてもらえば,それ相応の金額を包まなければならなかったのかも知れません。
 うちの父は四男でしたので,分家です。故郷を離れており,20年ほど前に本家の菩提寺からこちらの同じ宗派の寺院を紹介していただき,彼岸の時だけ先祖供養をしていただいていただけで,檀家ではありませんでした。
 葬式一切合切で30万円の御布施は,高額だったのか,相場だったのか,低額だったのかすら判りません。(No.4の方の話ですと,低額だったのかな?)
 父が亡くなった翌月に,母方の大叔父が亡くなったのですが,大叔父は「儂が死んだら寺に50万持って行け。」と言い残していたそうです。そこで喪主が住職(うちのお寺とは宗派すら違う別のお寺です)にそのことを話すと,住職は「30万で良い」とおっしゃったので,30万が相場かな?とも思うのですが,大叔父の戒名には院号が付いています。
 その住職曰く「うちはみんなに院号を付けてます」とのこと。
 普通の戒名であればお金を積む必要がないので,生前に貰うより死んでから貰った方が安いという現象が起こっております。(う~む,本来,戒名は生前に貰うものなのですが。。。)

 昨年の12月に父が亡くなった時,近所のお寺さんに戒名をいただき,枕経,通夜,葬儀,火葬場での読経の一切合切合わせて,御布施を30万円納めました。
 特段,戒名料という名目のお金はお支払いしていません。お寺さんからの請求もありませんでした。
 院号は付いていません。「△△○○信士」です。父は生前に「わが一族は,先祖代々院号が付いていないから私の戒名にも院号は付けないように。」と私に言い残しておりました。
 院号を付けてもらえば,それ相応の金額を包まなければならなかったのかも知...続きを読む

Q《戒名についての質問》

《戒名についての質問》
いつもお世話になっております。
最近、身の回りで仏事が多く戒名の事で質問です。
義父は亡くなってから戒名を戴きましたが、母方の亡くなった祖父(私のおじぃさん)は生前から戒名をお寺さんから戴いていたようです。
現在、母方の祖母も元気で健在ですが、お寺さんから戒名を戴いてます。山形です。
地域によってなのでしょうか?私は名古屋ですが周りに尋ねても『そんな事できるの?』『知らなかった』と言われました。
私も義父が亡くなるまで身近で仏事が無く、ある年齢になったら戒名は戴けると思ってました。
生前でも仏様になってからでも戒名は有料ですが…
そこで思ったのですが自分が生きてるうちに自分で自分の戒名を付けることは出来るのでしょうか?
もし出来るのであれば自分が気に入った戒名を付けたいと思いました。
自分が死んでから戴ける戒名にせよ生前戴ける戒名にせよ有料ならば、自分の好きな文字を何文字か入れたいと思い質問しました。
自分が生きた証を戒名に残せれば、とても良いと思いませんか?

Aベストアンサー

No.1です。こんばんは、
専門家の御意見が投稿されたようですが、一言。

No.2の方はどちらかの宗門に属されているのでしょう。
そして戒名についてはその宗門の教えを回答されているようです。
拠り所とする宗門としては正しいお話しだと思いますが、
仏教界全てがその宗門に統一されているわけではありません。

ましてや自由に戒名をつける事は許されないなどと、
お釈迦様(ご本尊が異なるようでしたら失礼!)はそんな狭量な考えはお持ちではないはず・・・。
まさか勝手に戒名をつければ地獄に落ちるなどとは言わないでしょうが、
地獄は来世よりもむしろ現世を例えた言葉。

自分は仏教ほど融通無碍な宗教は無いと考えております。
それは多種多様な経典(発生時は殆んど口伝で後世の創作も多い)を有し、
宗門毎にそれぞれに御本尊が異なるように独自性を謳い、共存している事でも理解できます。
法要の形式も個々に定められ、墓石に添える卒塔婆でさえ無用とする宗門も存在します。
時代と共に新しい宗教論を掲げて偉大な僧侶が現れ宗門を興してきた事も事実です。
だとしたら戒名も新たな解釈がされても良いはず、
現代こそ戒名について新たな流れが起きても不思議はありません。

私の菩提寺は多摩地区にあり、鎌倉五山系のソコソコ格式高いお寺さんですが、
本山へ揚がるお布施などの集金システムはそれはもう見事としか言いようがありません。
例えは良くないですが、やくざの上納金と同じシステムで吸い上げています。

お布施の金額も檀信徒の格により細かく定められているようで、
葬儀のお布施は四十九日法要共、
戒名も含め一式\2,000,000-は下りません。
老齢の両親は日頃より「迂闊には死ねない。」などと口にして憚りません。
自分の死後、残された家族への経済的負担に心を悩ませる。
こんな宗教があってよいものでしょうか?

No.2の方は
≫まずはお金への執着心を捨てましょうよ。
と言っておりますが、
先ずそれを行うべきはお寺さん側なのではありまえんか?
檀信徒の窮状を認識し、何らかの救済策を施す事も宗門として必要だと考えます。
このままだと貧乏人は葬式を挙げる事さえ躊躇するようでしょう。

≫自分で戒名を付けることはできません。
法律違反でも、犯罪行為でもない限り、
自分の戒名は自由に考えます。

最近導師様にも理解ある方が増え、妹の葬儀は事情を納得された導師様に執り行って頂きました。
全ては御仏のお心の内である・・・と、素晴らしく寛大なお考えの導師様でした。

No.2の方も崇高な宗教論を語る前に考えて頂きたい事は沢山あると思うのですが・・・・。

No.1です。こんばんは、
専門家の御意見が投稿されたようですが、一言。

No.2の方はどちらかの宗門に属されているのでしょう。
そして戒名についてはその宗門の教えを回答されているようです。
拠り所とする宗門としては正しいお話しだと思いますが、
仏教界全てがその宗門に統一されているわけではありません。

ましてや自由に戒名をつける事は許されないなどと、
お釈迦様(ご本尊が異なるようでしたら失礼!)はそんな狭量な考えはお持ちではないはず・・・。
まさか勝手に戒名をつければ地獄に落...続きを読む

Q一度、つけてもらった戒名を別の宗派の戒名に変更できますか?

父の葬儀の際、非常に慌てており、よく確認しないで、家の宗派とは別の宗派のお坊様にお願いしました。家の宗派でお経を上げてもらい、新しく戒名をいただきたいのですが、そのようなことは、受け入れてもらえるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

granadaさんこんにちは。マリア・フワポヨです。
業界の人です。

まずは、お悔やみ申し上げます。
で、ご質問の件ですがよくあることですよ。大切な家族を亡くして非常にあわててますものね。

granadaさんの家には菩提寺が無いのなら簡単です。ご縁のあるお寺を探して事情を話、希望を伝えてみましょう。良識のあるお寺さんなら快く受け入れてくれるはずです。もちろん、お布施等は必要になりますが宗教上の問題はありませんし、そのお寺の檀家に絶対にならなければならないというものでもありません。もし、話が通じないようだったら、そのような意地悪なお寺とは付き合わないほうがいいです。
お寺が決まったら、葬儀をしてもらったお寺には「間違えました。ありがとうございました。」と言っておけばそれでいいです。

菩提寺があるのなら、やはり事情を話し、菩提寺の意向に従いましょう。一応、謝りながら。ほんとによくあることです。

でも、本来は宗派に縛られる必要はないんです。お葬式のときのお寺さんに仏縁があったと思ってこのままにしておいてもかまいません。
もちろん、菩提寺にお墓があるのならそうは行きませんが。

また、菩提寺側には、このような事態にならないように檀家を教育しておかなければならない義務があったんです。
今回このような問題になったのは、じつは菩提寺に責任があるんです・・・・・って、常連回答者のb.b.さんがいつも述べていらっしゃいます(b.b.さん、最近見かけませんね)。私も同じ考えです。お経を読んだり仏事を執り行うだけなら菩提寺ではなくてもできるのですから。
無責任なお坊さんは自分の非を認めず、逆に檀家を責めたりします。菩提寺なんだから、檀家が確認しなくても自分の家の宗派ぐらいわかるようにしておかなければならないのに。

ナムナム・・・・・

granadaさんこんにちは。マリア・フワポヨです。
業界の人です。

まずは、お悔やみ申し上げます。
で、ご質問の件ですがよくあることですよ。大切な家族を亡くして非常にあわててますものね。

granadaさんの家には菩提寺が無いのなら簡単です。ご縁のあるお寺を探して事情を話、希望を伝えてみましょう。良識のあるお寺さんなら快く受け入れてくれるはずです。もちろん、お布施等は必要になりますが宗教上の問題はありませんし、そのお寺の檀家に絶対にならなければならないというものでもありません。も...続きを読む

Q戒名料の相談

祖父の戒名は「院号居士」です。親戚から、祖母の戒名は「院号大姉」で、戒名料として約200万円かかるといわれています。我が家は金銭的に苦しく、戒名にお金をかける余裕はありません。
「院居士」から戒名料の低額な「信女」への変更は可能ですか?
または、戒名料の価格の相談をお寺さんにしても大丈夫でしょうか?
お寺さんにはこれから相談する予定ですので、どう相談すればいいか、教えてください。

Aベストアンサー

お祖父さまは先に亡くなられて、その時「院号居士」を付けられたんですね。

まずお寺に相談する前に確認してください。

(1)先祖代々「院号」ですか?お墓の大きさは他と比べて大きいですか。
(2)お祖父さまの時は200万円払われたんでしょうか?親戚にちゃんと確認してみてください。
(3)その時は誰がどのように払ったのでしょうか。
(4)あなたはいくらなら払えるのでしょう。
(5)ご本人・及びご親戚方に説明し了解を得てください。


(1)お祖父さまが一人だけ「院号」になったとは考えずらいので、他のご先祖さまがどうだったか確認の上、もう一度、格下げをしてもいいか検討ください。
お墓の大きさはなかなか変えられませんが、お寺にお墓がデーンと大きくあるのに、お布施は少しでは、お寺さんも困るでしょうから、お考えください。

(2)お寺で戒名料は暗黙のうちに決まっていたりしますが、特別何万円以上と決めているわけではありません。院号戒名200万円という話はどこから出てきて、本当にお支払いなのか確認しておきましょう。
地方などの小さいお寺では、地域の有力者がお寺の有力檀家としてほとんどの金銭的面倒を見ていることはよくあります。ですから、有力一族に属していると、お寺側ではなく一族内でお布施の額が決まっている場合もありますから、ご親戚にちゃんと確認をしてください。

(3)生前のお寺への貢献や代々の戒名などを勘案して80~100万円くらいでも院号はつけてもらえることは良くあります。
戒名の格下げを相談するのではなく、院号を保持したままでお布施を少なくしてよいかも相談できるかもしれません。
代々院号だったのに、お祖母さまから変えるんじゃ悪いですから、できたらそのままにという検討もあってよいと思います。自分の時は、格下げしてもいいですけど・・・

(4)戒名の話はお寺にはよくあります。大概が、先祖代々同じ格の戒名をつけるのですが、格下げしたい方や格上げしたい方もいます。
ですが、戒名はお墓に刻まれることもありますし、その子孫の戒名料などにも影響しますし、ちゃんと相談なさってからお寺にご相談下さい。

こういうことはご親戚の中でも、気になさらない方と、気になる方があって、何も相談なくされるとトラブルの原因になることもあります。通夜・葬儀・後の供養などでの揉め事って案外多いですから、親戚うちの相談はちゃんとしておきましょう。
お寺はあっけなく相談にのってくれるのが大半じゃないでしょうか。

お祖父さまは先に亡くなられて、その時「院号居士」を付けられたんですね。

まずお寺に相談する前に確認してください。

(1)先祖代々「院号」ですか?お墓の大きさは他と比べて大きいですか。
(2)お祖父さまの時は200万円払われたんでしょうか?親戚にちゃんと確認してみてください。
(3)その時は誰がどのように払ったのでしょうか。
(4)あなたはいくらなら払えるのでしょう。
(5)ご本人・及びご親戚方に説明し了解を得てください。


(1)お祖父さまが一人だけ「院号」になったとは考えずらいので、他のご先祖...続きを読む

Q戒名と法名

親戚の葬儀での僧侶の話で、「亡くなった人につけるのは一般的には「戒名」と言われているが、正しくは「法名」という。戒名は、生前にもらうものをいう。」ということを聞きました。
ネットで調べてみたら、浄土真宗では確かに「法名」というらしく、その他の宗派では生前も亡くなった後も「戒名」というとありました。
実際どうなんでしょうか?
ちなみに、その家の宗派は臨済宗です。
できれば、住職の方に回答をもらいたいです。

Aベストアンサー

お早う御座います。
高野山真言宗の末寺の住職です。

「戒名」は、確かに本来は「生前につけられるもの」だったのです。
しかし、平安時代の頃から、死者に対しても授けられるようになっていたようです。
こちらも、ご参考までに。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%92%E5%90%8D

「真言宗」も沢山の「派」に別れますが、何処も『戒名』で通ります。

また、「真言宗」の葬儀に限れば、「生前戒名」を貰っていない方、つまり、亡くなってから「戒名」を貰う場合ですが。
「葬儀の場」において、「引導作法(いんどうさほう)」を行い、そこで初めて「戒名」を授けられると言った形式なのです。
現在は、「案内ハガキ」を印刷するとかで、お通夜の時には、ハガキに「戒名」が印刷されてる場合も多々見かけます。
しかし、本来は、「お葬式の場」で「戒名」が授けられるのです。

以上は、あくまでも「真言宗」のケースで御座います。

Q院号付きの戒名から、院無しの戒名への変更

院号付きの戒名から、院無しの戒名への変更
院号付きの戒名から、院無しの戒名への変更は、単純に「院」の字を取り去るだけで良いのですか?
九州から関東へ、住居を引っ越したので、お墓も浄土真宗のお寺から、真言宗のお寺に、引っ越します。
亡き父は、浄土真宗のお寺で院号の戒名をいただいていました。
ところが、新しい真言宗のお寺では、戒名に院号があると、法事や付け届けの「額」が1.5倍ほどになるとの説明が、住職からありました。
母は、子供たち(私のこと)の出費が増えることを気にし、戒名から院号を取り去ることを、考えています。
そこで、質問なのですが、院号付きの戒名から、院無しの戒名への変更は、単純に「院」の字を取り去るだけで問題ないですか?
まもなく、墓石に戒名を彫るため、アドバイスいただけると助かります。
ちなみに、墓石も出来上がるため、お寺さんの変更は、できません。

Aベストアンサー

戒名は、院号・道号・位号に大きく分けられます。
例えば、〇〇院●〇●〇居士(大姉)の戒名だったとします。
この場合、〇〇院の部分が院号になり、寺院に貢献した人に寺院が敬意を表す意味で授けられます。
本来は、寺院を寄贈するぐらいの貢献が必要ですが、ある程度の貢献をした人に授けられます。
最上級の院号は〇●〇院殿のように、殿が授けられますが、昔の殿様や社会的地位が高かった人にしか授けられません。
(最近では、山本五十六元帥や田中角榮元首相)
次に●〇●〇の部分が道号になります。
宗派によって特徴がありますが、生前の名の1~2文字入れて授けられます。
最後の居士(大姉)が位号になります。
成人男性は居士や信士、女性は大姉や信女が一般的ですが、宗派によって若干違いがあります。
位号の最上位は、男性は大居士、女性は清大姉が授けられます。
ご質問の院号は、院の文字を抜くだけではなく、〇〇院を付けない事になります。
院号が付かない戒名は、寺院に貢献してないと解釈されるので、法事のお経も簡素になりますから、お布施額や付け届けの額が少なくて良い事になります。

戒名は、院号・道号・位号に大きく分けられます。
例えば、〇〇院●〇●〇居士(大姉)の戒名だったとします。
この場合、〇〇院の部分が院号になり、寺院に貢献した人に寺院が敬意を表す意味で授けられます。
本来は、寺院を寄贈するぐらいの貢献が必要ですが、ある程度の貢献をした人に授けられます。
最上級の院号は〇●〇院殿のように、殿が授けられますが、昔の殿様や社会的地位が高かった人にしか授けられません。
(最近では、山本五十六元帥や田中角榮元首相)
次に●〇●〇の部分が道号になります。
宗派に...続きを読む

Q戒名(法名)を、付けて貰う時

私は以前、再放送してた「とある寺院を、舞台にした」テレビドラマを、自宅のテレビで見た所…


「ある檀家さんで、お母さんが亡くなった。


喪主となる。息子さん役の俳優さんが、菩提寺へ電話して、「母が亡くなった事を知らせて、お通夜とお葬式に来て欲しいのと、戒名(法名)付けるのをお願いしたいが、お布施(費用)は幾ら必要か?」を、ベテラン俳優さん演じる住職へ、問合せ兼ねて相談してた。


すると住職は、「お布施は、心づもりのお金つまり、考えて頂いた金額で、構いませんよ…」と言う内容で、助言した」シーンを、見ました。




因みに、私の家庭や親戚の全てと、身内(両親の従兄弟・従姉妹)の殆どは、浄土真宗本願寺派が信仰してる宗派です。


数年前、当時69歳だった親父(父親)が亡くなった時、当時32歳だった私は、息子なので喪主を勤めました。


しかし、戒名(法名)については、「宗派且つ、菩提寺が同じで近くに住む伯母さん夫婦が、既に手配し且つ納めてた(支払ってた)」模様で、詳しい事は分かりませんでした…。



そこで、質問したいのは…


「故人が亡くなった時、菩提寺で戒名(法名)を付けて貰う時、納める(支払う)お布施、つまり費用。

実際も、問題のドラマの様に、「心づもりで、考えた金額」で、構わないのか?」に、なります。



それでは、「戒名(法名)の視点から、お葬式に詳しい」方、お願い致します…。

私は以前、再放送してた「とある寺院を、舞台にした」テレビドラマを、自宅のテレビで見た所…


「ある檀家さんで、お母さんが亡くなった。


喪主となる。息子さん役の俳優さんが、菩提寺へ電話して、「母が亡くなった事を知らせて、お通夜とお葬式に来て欲しいのと、戒名(法名)付けるのをお願いしたいが、お布施(費用)は幾ら必要か?」を、ベテラン俳優さん演じる住職へ、問合せ兼ねて相談してた。


すると住職は、「お布施は、心づもりのお金つまり、考えて頂いた金額で、構いませんよ…」と言う...続きを読む

Aベストアンサー

心づもりで良いんです。
勿論、お葬式を出していただく為のお布施、戒名代、七日参りのお布施等それぞれ別々にして。
わたしの知り合いに10万円でお葬式から納骨、戒名代、等全てまかなってもらったのがいます。
きちんと住職にこういう訳でこれだけの金額しか出せませんが、それでお葬式をやっていただけますかと説明して。
阿吽の呼吸で値段を決める場合も有りますが、きちんと説明すればお寺様はNO!とは言いません。
浄土真宗大谷派の檀家さんです。

檀家から、こやってこうやってこうしたいと具体的なプランを示されて、それに対するお布施の額も示された時は、たいていOKを出します。
なんだか判らないので、お寺様に判断を仰ぐと、宗派に則りきちんとした次第で、きちんとした額を提示されます。

当然の事として、導師一人での葬式でした。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報