中3の女子です。
今、歴史の授業で
日清戦争~大正デモクラシー
あたりを勉強中です。
でも、あそこらへんは年刻みに
出来事が起こるので…
単発に覚えてしまうと
流れもさっぱり分かりません↓
詳しい流れ(○○が起きたから、××となった)が
記されているサイトがありましたら、
ぜひ教えてください!!!
一応、何回も教科書は
読み直しています…。
でも、やっぱり流れが
わかんないのです。
きっと頭が悪いので、おねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

中学生ですと、確かに最後の方は急に細かくなったりしますからね~。


その割に、「歴史論争」を恐れて(高校受験を建前に)駆け足で流してしまったり。
でも、basukekkoさんのように、分からないところを知ろうとする姿勢は大事ですね。
「歴史」というのは、まさに「調べる」ことから始まる学問ですので。

参考に幾つかのサイトを紹介してみます。

日本史・日本の歴史
http://www.harachan.net/gon/history/history.html

中学生向けに、日本史をコンパクトに纏めて紹介されています。

歴史研究所
http://www.uraken.net/rekishi/reki.html

日本や世界の歴史について、絵や写真入りで分かりやすく説明されています。


世界と日本
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/

東京大学の東洋文化研究所の先生のページです。主に、20世紀における日本と世界との関わりに関する、さまざまな資料が登録されています。

歴史データベース on the Web
http://macao.softvision.co.jp/dbpwww/index.html

年号やキーワードなどから、歴史の出来事を検索できるデーターベースです。

歴史の輪っこ
http://rekishi-ring.com/

貴重な歴史関連ホームページのリンク集です。学術的なページから、歴史ファンによる趣味のページなど色々揃ってますよ。

おまけ
世界史講義録
http://www.geocities.jp/timeway/index.html

高校の世界史の講義集です。読み物としてもなかなか面白いです。

「日本史と日本の歴史」というサイトは、中学生向けですので一番お探しのモノに近いとおもいます。
他は、それよりもやや詳しい情報がのっているサイトや歴史ファンによるサイトなどです。

さて下記は、私がやってた勉強法ですが。
教科書や参考書(及び上記のサイト)なんかを参考に、ノートに年表を自作してみると流れや相関関係が見えてきましたね。
まず、年号(出来れば月日も)・政治的出来事・文化的出来事・他国の出来事(中国・朝鮮半島)などに分けて、教科書を見ながら出来事を上記のようにジャンルごとに区分けしたノートに整理していきます。
最初は、それぞれのジャンルでの流れを意識して書き込んでいき、二回目に読むときにそれぞれの関連を意識しながら(ノートを見比べながら)覚えていくと、だんだん分かってくると思います。



下は蛇足ですが。
学校や塾などの授業で教えられる歴史(教科書的歴史)が、真実だと思いこまないようにしてくださいね。
あくまでも、日本で当たり障りのない「仮説」でしかないと思いましょう。
「歴史(history)」とはあくまでも誰かが「過去の断片」を拾い集めて、空白部分を想像力で補って作られた「物語(story)」です。
「これが真実なんだ」と思いこむと、痛い目に合うかもしれません。
特に、日本・中国・韓国・北朝鮮が絡む近現代史は、いろんな思想的・政治的立場の人たちが、自分の思想・価値観を補強するために「歴史」を「再構築」して利用してたりします。(だから、「論争」になったり「裁判」になったりするわけです)
当然、自分に都合良く「再構築」してるのだから、そこには無視・誇張・ねつ造etc,,,など様々な偏りが現れてきます。
「歴史とは何か?」と、一度考えることは重要なんですが、悲しいかな日本ではあまりはやりませんね。
本当は、歴史の授業の一番はじめに採用してほしいテーマなんですけどね。

と、ちょっと蛇足が長くなってしまいましたが、ただの戯言と聞き流してください。
ではでは、参考になれば幸いです。
    • good
    • 2

http://www.nhk.or.jp/kokokoza/library/2008/tv/ni …
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/library/2008/tv/ni …
歴史の勉強は、良い先生に出会うと、面白くなります。
私は、NHK大河ドラマとコミックで、歴史の面白さに気がつきました。
「日露戦争物語」22巻は、日清戦争までのコミックですが、明治維新の愛媛県松山市の人々の生活が、どんなものか、教えてくれます。
秋山真之(あきやまさねゆき)秋山好古(あきやまよしふる)兄弟の物語です。秋には、NHKドラマ「坂の上の雲」で見ることができます。
幕末なら、「篤姫」と「おーい、竜馬」23巻。
戦国時代なら、「天地人」の直江兼続、「花の慶次・・・雲のかなたに」18巻。
文英堂「人物で知る日本史」も参考にしてください。
    • good
    • 1

こんなものでどうでしょうか?


日本史頑張って下さい。

参考URL:http://web.sc.itc.keio.ac.jp/~kokikawa/history-n …
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q韓国在住の日本人知識人が歴史の真実を言わない理由は

産経新聞の黒田勝弘さんのような韓国在住で韓国語に堪能で韓国人からも一定の評価を受けている日本の知識人は相当いるのではと思っています。不思議なのは何故彼らが歴史の真実を韓国人に話さないのかということです。
例 独立門は日清戦争での日本の勝利により迎恩門(朝鮮王はここで中国の使者を土下座して迎えた。)を撤去した跡に建設した。
歴史の真実は韓国人にはつらいことだとは思いますが、真実を直視せずに韓国の発展や日韓の友好は有り得ないと思います。韓国在住の日本人知識人が歴史の真実を言わない理由は何ですか?

Aベストアンサー

 在韓日本人が韓国の捏造歴史に抗議をして、正しい歴史の真実を訴えると、
それに対抗して韓国人は、火病って大暴れをして、
日本大使館へ石やペットボトルを投げつけたり、日の丸を引き釣り降ろして燃やしたりします。
(このことは、日本マスゴミは韓国に遠慮して報道することがありません。)
http://jackassk.web.fc2.com/fact/materials/flag2/

 これに対して日本政府は、在韓日本人や日本大使館に、
「徒に韓国に刺激を与える行動をしてはいけない」と言って、韓国に対して反論や抗議を自粛するよう通達を出しております。
 
 何しろ、日本政府・外務省は韓国のこれ等の蛮行に対して、また捏造歴史を振りかざして強請りタカリを執拗に繰り返されても、それに対応する外交能力が乏しく、何ら有効な対策が執れないのが現状なのです。

Q大正デモクラシーとは

大正デモクラシーについて調べているのですが、
大正時代に起きた、自由主義や民主主義的な運動など
というのはなんとなくわかったのですが、
具体的な、その歴史背景や事件のおおまかな事実などが
よくわかりません…
しっかり理解したいので、どうか回答をお願いします。

Aベストアンサー

大正デモクラシーに関しては色々な切り口が可能でしょうが、「サラリーマン階級の確立」が一番の特色ではないでしょうか。
つまり核家族、住宅問題、消費社会(レジャーなど)、大衆文化(宝塚歌劇の誕生)、関西を中心とした私鉄会社の発展、といった現代に直接つながる様々な現象が生まれた時代です。
参考文献も多数有りますがお勧めは「近代日本の批評」(講談社文庫、福武文庫)です。これは明治、大正、昭和編と有り、明治維新以降の日本の批評の変遷をしっかりと社会および世界史との関係で捉えた優れたシリーズです。

Q天皇の歴史は真実?

天皇は、古(いにしえ)から途切れなく続いている世界でも例をみない奇跡です。

古(いにしえ)の時代に、100歳以上生きた方がおられ、中には150歳越えもおられるそうです。

仁徳天皇陵などの古墳は、宮内庁が管理しており調査できません。

天皇の歴史は真実なのでしょうか?

Aベストアンサー

神話は真実であって事実ではない。
信じる人にとっては事実でなかろうと真実なのです。
アナタハ神ヲ信ジマスカ?

Q日清戦争と日清製粉

別に確信とかはないのですが・・・・。
日清製粉の名前は日清戦争と関係はあるのでしょうか。
ご存じの方いらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

 会社の主要生産物である小麦粉の原料を多く当時の中国の正式国名である清に多く依存したからと思います。日中友好の意味合いもあったことでしょう。台湾精糖(現 台糖)も同じ理由からです。

Q歴史の真実を韓国に教えれば韓国は黙るのでは?

韓国は日本に正しい歴史認識をせよとシツコク迫ります。
本意は従軍慰安婦、731部隊、日本名強制等の件で日本から金をセビリ続ける為でしょう。
そこで提案ですが以下の歴史の真実を韓国に教えてあげたらどうでしょうか?
「ソウルには昔、迎恩門がありここで朝鮮王は中国皇帝の使者を土下座して迎えた。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%8E%E6%81%A9%E9%96%80
とても惨めな歴史であり、この事を吹聴すれば韓国は黙るしかないと思いますがどうでしょうか?
-追記-
イギリスはヨーロッパ大陸諸国からは野蛮な国とみなされていました(清教徒革命のころ)が、世界を制覇しました。過去の惨めな歴史は韓国の未来とは関係無いと思います。

Aベストアンサー

 韓国は事実を知っていますよ。一般はいざ知らず首脳陣はね。
 でも都合の悪いことは見て見ぬ振りです。絶対に認めません。事実を国民に伝える気はありません。今までしてきた行為の正当性が全面否定されますから。無論、国民も聞く耳を持っていません。自己のアイデンティティが崩壊しますから。
 何せ国是を反日に置いている国です。幼稚園児に日本人を殺す絵を描かせて褒めているんですよ・・・orz。恐らく民族が絶滅するまで変わらないと思います。
 最後に小話を一つ。

韓国の素晴らしいところは隣に日本がある事だ
日本の駄目なところは隣に韓国がある事だ

おそまつ

Q何故、日清戦争で清国は敗れたのか

日清戦争についてですが、
清国の方が、金も有り、装備も良く、人口も遥かに多く、しかも戦地である朝鮮半島とは地続き、
たとえ日本が錬度が高く、近代的な軍編成をしていたとしても清国が敗れるのは不可解です。
清国が敗れた原因は何なのでしょうか?
又、清国が敗戦を回避する方法は無かったのでしょうか?

Aベストアンサー

軍事の点から見ると、当時の清国は日本のように各地に鉄道が引かれていません。つまり地続きといいますが、上陸時のリスク以外で見れば、海運のほうが量もスピードも速いのです。そういう状況で海戦で主力艦船に大損害を受けました。さらに傷ついた艦船を修理するにも、清に近代設備を持った港は、旅順しかなく、そこもすぐ日本に攻められてしまいます。制海権を取られたままでは、日本はいつでも清国の沿岸部に上陸作戦ができますし、清側はすみやかにそれに対応して兵を陸送できません(鉄道がないため)。国を焦土と化して陸戦する覚悟があるならまだまだ戦えますが、清にはそこまでの覚悟もなければ、北京近くで戦闘したり、北京に砲撃が加えられることさえ嫌がっていましたので、講和を結んだのです。

 平壌攻防では、激しく抵抗する前に清側が撤退しました。清側は海戦も有利と考えていたので、引いて補給線を延ばし時間稼ぎすれば、いずれ自分らに有利に働くという考えがあったと思います(士気が低いのも確かですが)。優勢に思えた自国海軍が見事に叩かれたのが敗因ともいえるでしょう。

Q【歴史・朝鮮半島の真実】「なぜ日本に親韓国が多いのか?」 日本の歴史的背景を見ると日本に親北朝鮮が

【歴史・朝鮮半島の真実】「なぜ日本に親韓国が多いのか?」

日本の歴史的背景を見ると日本に親北朝鮮が多いのは頷けるはずです。

米ソ冷戦時代に朝鮮戦争で朝鮮半島は米ソの代理戦争を行った。

朝鮮半島の北部を金日成が北朝鮮をソ連側で樹立。

南部は北朝鮮に遅れることアメリカ側について独立樹立。

韓国は北朝鮮のあとに出来た国なので南部には北朝鮮派の人も住んでいた。

韓国が独立してから南部では北朝鮮派狩りが始まった。

南部に住む北朝鮮派の朝鮮半島人は韓国派から逃げてさらに南下して中国から逃れた人が台湾に移ったように朝鮮半島の南にある孤島である済州島に逃げ込んだ。

しかし、韓国は南部北朝鮮派が孤島の済州島に逃げても孤島まで追いかけて殺しに行った。

済州島に逃げた韓国に住む北朝鮮派は日本に逃げ込んだ。

その当時の日本は戦後でGHQに支配されており密入国が容易だった。

そのため日本には北朝鮮派の朝鮮半島人が在日として存在している。

これは朝鮮半島と日本の歴史から見て日本に北朝鮮派の在日がいるのは自然である。

しかし、日本の政治家は北朝鮮派の朝鮮半島人を嫌って、韓国派を好む。

どう考えても歴史から見て日本人が付き合うべきは南部韓国派ではなく南部北朝鮮派の人たちだと思うがなぜ日本の政治家は歴史を無視して、南部韓国派の韓国人と付き合うのだろう?

北部北朝鮮と南部韓国派は敵であり、日本人が付き合うべきは南部北朝鮮派の人たちだと思います。

在日韓国人というのは実際は南部北朝鮮派の人のことですよね?

南部韓国派の人間は済州島を襲撃して本土、国土を持ったので日本に密入国する必要はなかったはず。

もう一度、日本は朝鮮半島の歴史を見直すべきでは?

朝鮮半島には北朝鮮人と韓国人の2つの種族ではなく、実際には北朝鮮人と韓国南部韓国派と韓国南部北朝鮮派の3種類が存在していたという事実を2つの民族に分けるから在日韓国人という意味不明な意味のない曖昧な表現になって在日韓国人は味方の韓国南部北朝鮮派の人のことを指していたのに今では在日韓国人と言えば、韓国南部韓国派の本当は日本に逃げ込んでいない韓国人のことを間違って指している。

そう思いませんか?

日本人は現場の朝鮮半島の北朝鮮、韓国にとってスパイである韓国南部北朝鮮派の残党を潰そうとしている。

この在日韓国人(韓国南部北朝鮮派)は日本の味方であり、朝鮮半島の2国をスパイしてくれる日本人にとって必要な存在だと思います。

それをなぜ日本政府の自民党は朝鮮総連を潰しに掛かるのか。潰す相手を間違えている。

日本にとって情報を提供してくれる在日韓国人(韓国南部北朝鮮派)を在日韓国人として潰しにかかっているプロパカンダは誰がやっている?

あなたが潰そうとしているひとくくりにしている在日韓国人は味方かも知れない。

【歴史・朝鮮半島の真実】「なぜ日本に親韓国が多いのか?」

日本の歴史的背景を見ると日本に親北朝鮮が多いのは頷けるはずです。

米ソ冷戦時代に朝鮮戦争で朝鮮半島は米ソの代理戦争を行った。

朝鮮半島の北部を金日成が北朝鮮をソ連側で樹立。

南部は北朝鮮に遅れることアメリカ側について独立樹立。

韓国は北朝鮮のあとに出来た国なので南部には北朝鮮派の人も住んでいた。

韓国が独立してから南部では北朝鮮派狩りが始まった。

南部に住む北朝鮮派の朝鮮半島人は韓国派から逃げてさらに南下して中国か...続きを読む

Aベストアンサー

間違いがあり過ぎて、指摘しきれない。

>朝鮮半島の北部を金日成が北朝鮮をソ連側で樹立。
>南部は北朝鮮に遅れることアメリカ側について独立樹立。

建国は「大韓民国」の方が先です。



>韓国が独立してから南部では北朝鮮派狩りが始まった。

お前は朝鮮戦争の「補導連盟事件」を建国直後の事だと誤解していないか?



>これは朝鮮半島と日本の歴史から見て日本に北朝鮮派の在日がいるのは自然である。
>そのため日本には北朝鮮派の朝鮮半島人が在日として存在している。

朝鮮戦争は半島全土が戦場になっているので、韓国からの密入国者もいる。
それ以前に、戦前から日本にいる朝鮮人が全て帰国したわけではない。
その中にどちら側の在日もいるのは当たり前。

Q日清戦争について

日清戦争で日本が勝ち、意図的最初は意図的に朝鮮半島を植民地にしなかった理由を教えてください。

Aベストアンサー

中国の冊封体制から離脱させる事で精一杯でした。
征韓論と言う言葉は良く耳にしますが、武力で朝鮮を開国させようと言う物です。

初期の目的は中国と朝鮮の切り離しです。

結局三国干渉になる訳ですから、植民地にする理由もあいまいですし、
そう簡単に行かない事は承知の上だったのだと思います。

Q【歴史・江戸時代の虚舟(うつろぶね)は何だったのでしょう?】もう真実は分かっているのでしょうか?

【歴史・江戸時代の虚舟(うつろぶね)は何だったのでしょう?】もう真実は分かっているのでしょうか?

うつろ船はUFOの形をしており、上面はガラスで、下面は鉄で出来ていた。

UFOから女性が小箱を持って降り立った。

UFOには何らかの言語と思われる文字が記載されていた。

疑問1
うつろ舟は何だったのでしょう?

疑問2
うつろ舟から出て来た女性は異国人だった。

中国系?朝鮮系の服を着ていたことからうつろ舟は当時の最先端技術である鉄とガラスで作られた船だった?

船はカプセル型で中から開けられたが1人乗りで中国や朝鮮半島から日本に漂流してたどり着いたとして食事はどうしていたのか疑問が残る。

疑問3
女性が持っていた小箱の中身を知っていますか?

文字は○と十と△という記号。

ただ○を△と間違えたとしたら、江戸時代にうつろ舟に乗っていた女性はハングル文字を使っていたと思われる。

江戸時代に朝鮮半島はハングル文字を既に言語化して使用していたのでしょうか?

女性は朝鮮半島の人ですよね。ハングル文字とアジアっぽい服装。

では、うつろ舟は何だったのでしょう?

漂流させたらどこにたどり着くか調べる調査船だったのでしょうか?

【歴史・江戸時代の虚舟(うつろぶね)は何だったのでしょう?】もう真実は分かっているのでしょうか?

うつろ船はUFOの形をしており、上面はガラスで、下面は鉄で出来ていた。

UFOから女性が小箱を持って降り立った。

UFOには何らかの言語と思われる文字が記載されていた。

疑問1
うつろ舟は何だったのでしょう?

疑問2
うつろ舟から出て来た女性は異国人だった。

中国系?朝鮮系の服を着ていたことからうつろ舟は当時の最先端技術である鉄とガラスで作られた船だった?

船はカプセル型で中から開けられた...続きを読む

Aベストアンサー

真実はわからないでしょう。
虚舟のことが書かれた物も、実際に目撃した様子を記したのではなく、
人に聞いて書いた物なので、
今で言うと、怪談を話す時に「これは、友達の友達に聞いた話なんだけど・・・」というのと同じですね。
よりリアルにするために、こと細かく、説明してるんですね。
昔の人って、この「よりリアル」感を出すために、けっこう手の込んだことをしています。
人魚の本物に見せるために、動物のミイラをつなぎ合わせたり。
未知の物、不思議な物に対して、興味津々。
楽しむすべを知っていたんですね。
疑問に書かれたように、想像してみるとおもしろいですよね。

Q日清戦争について

最近尖閣諸島関連で歴史問題がクローズアップされるとともに、いかに日本が近現代史を学校で教えないかが明らかになってきている気がします。(日教組のせいなのか、そして歴史を教えないことがいいことかどうか知りませんが)

さらに中国の主張として「日本が日清戦争で尖閣諸島を盗み取った」といっています。それはファシズムによるものであるとも。そこで日清戦争を調べて、日清戦争→東学党の乱→天津条約とさかのぼりました。

結果、日清戦争って単純に中国と日本が朝鮮半島の支配権を巡って戦っただけ、つまり両方とも帝国主義国なのであってこんなのお互い様じゃないか、と思えてきます。それこそ日清戦争の結果、尖閣諸島が日本のものになったのを受け入れるべき、としか言いようがない気がします。少なくとも北方領土のような国際法違反ではない様に思います。

当時、日本は議会制の民主主義国で清は封建制だったという違いはありますが、封建制の君主だろうと民主主義の総理大臣だろうと天皇制の天皇だろうと、朝鮮というよその国を武力で支配しようとしているんだから帝国主義に変わりはないし、議会制で攻めていく国だけがファシズムで封建制だからよそを攻めてもいいということにはならないと思います。

・・・という認識でいいのでしょうか?

最近尖閣諸島関連で歴史問題がクローズアップされるとともに、いかに日本が近現代史を学校で教えないかが明らかになってきている気がします。(日教組のせいなのか、そして歴史を教えないことがいいことかどうか知りませんが)

さらに中国の主張として「日本が日清戦争で尖閣諸島を盗み取った」といっています。それはファシズムによるものであるとも。そこで日清戦争を調べて、日清戦争→東学党の乱→天津条約とさかのぼりました。

結果、日清戦争って単純に中国と日本が朝鮮半島の支配権を巡って戦っただけ、つま...続きを読む

Aベストアンサー

ひとつひとつ論点を整理しておきましょう。

1.尖閣諸島と琉球王国の関係について

琉球王に尖閣諸島を統治していたという事実は確認されません。したがって尖閣諸島は琉球王国の領土だったとはいえません。1879年の琉球処分と同時に尖閣諸島が日本領になったという認識は誤りといえます。実際は日本が1885年から1895年の10年もかけた慎重な調査によって無主の地であることが確認されて併合したものです。

2.尖閣諸島と沖縄県の関係について

1895年の尖閣諸島を沖縄県に編入したことによって、以降尖閣諸島と沖縄県は運命を共にすることになる。大東亜戦争後、米軍に沖縄県の施政権が移管すると同時に尖閣諸島の施政権も米軍に移管し、沖縄県の本土復帰運動を経て、1972年に沖縄返還と共に尖閣諸島が日本に返還されます。これはアメリカも公式見解で認めていることです。

3.尖閣諸島と中国代表権問題の関係について

1971年10月25日のアルバニア決議の前は中華民国(台湾)が中国を代表する政府でしたが、後は中華人民共和国が中国を代表する政府となっています。それが国際連合の立場であり、日本の認識でもあるのです。ですからサンフランシスコ講和条約に中華人民共和国が参加していないのは当然のことです。といって中華民国(台湾)も参加していません。それは1951年の時点では連合国内部で、中国代表権問題の見解が統一できなくて、日中講和は日本が主権を回復した後で、日本が別途やってくださいとサ条約から切り離されたからなのです。そして日本は中華民国(台湾)を中国を代表する政権とみなして1952年に日華平和条約を結びます。その日華平和条約では尖閣諸島には触れていません。つまり中華民国(台湾)には尖閣諸島が清の時代に奪われたなどという認識は全く無かったのです。アルバニア決議を受けて日本は1972年に中華人民共和国と日中共同声明を調印し、日華平和条約を破棄します。この日中共同声明でも尖閣諸島に触れられていません。中華人民共和国がサンフランシスコ講和条約と日華平和条約を承認しないという主張は一理ありますが、そもそも日中共同声明でも触れられていない以上は尖閣諸島に関しても、中華人民共和国は中華民国(台湾)の認識を継承したと考える他ありません。

4.清と台湾・琉球王国・尖閣諸島の関係について

明から清に変わる時代、明の残党が台湾に逃れて、反清勢力となった時期がありました。これが鄭氏政権 (台湾)です。まもなく清に滅ぼされることになりますが、この時から台湾は中国領だったといえるでしょう。鄭氏政権後、清は台湾が反清勢力の拠点となることを恐れて直轄領に組み入れますが、台湾は清の朝貢国だったわけではありません。
琉球王国は清に朝貢して冊封関係を持ちました。清は使節を琉球王国に派遣する関係で尖閣諸島を発見し地図に記入していましたが、それは領有権を意味しません。また冊封関係とは中国皇帝と各国王の個人的主従関係によって安全保障条約とするという関係であって、領有権とは何も関係がありません。主が有事の際は従が軍を派遣し、従が有事の際には主が軍を派遣するといった相互の互恵関係が冊封関係の本質です。どちらがどちらの領土でもないことは論を待たない。先に述べた1895年の日本の尖閣諸島編入は日清戦争で日本が自信を深めたといったことが背景にありますが、それは清の領土を奪ったなどという話ではありません。そもそも清が尖閣諸島を領有していたという事実が無いからです。日本が調査に10年かけたのは万一の清との紛争を懸念しただけのことです。
台湾は下関条約によって清が日本に割譲しましたが、その時期がたまたま1895年の日本の尖閣諸島編入に近いだけであって、台湾と尖閣諸島には何も関係が無いし、日清戦争と尖閣諸島も関係がありません。
日清戦争の結果、尖閣諸島が日本領になったという認識は間違いです。日本は、その実力に自信を持ち、尖閣諸島領有を宣言する好機だと判断したまでのことです。

5.沖縄併合について

日本は琉球王に清との冊封関係の解消を求めますが、当初琉球王が抵抗感を表明したのは事実です。しかしそれは上洛を拒んだといった程度のことで、意地を見せたまでのことなのです。明治維新に巻き込まれなかった琉球王国には中央政界の激変が全く理解できなくて、江戸時代から意識が変わらなかったという背景もあります。清は、冊封関係を解消したいなら、まず清から先に挨拶して了解を求めるべきだろうと抗議したのであって、日本の沖縄併合そのものに反対したわけではありません。要は、そんな勝手をされたんじゃ、清の宗主国としての面子丸つぶれだと怒っただけです。清は琉球王国の宗主国としての面子にこだわっただけで宗主国の立場にこだわったわけではないのです。
アヘン戦争、アロー戦争、清仏戦争、日清戦争とひたすら面子を守る為だけの戦争を清は19世紀繰り広げことごとく負け続けましたが、沖縄併合に関しては、単に抗議するといっただけで何ら軍事衝突すらありませんでした。

6.日清戦争について

日清戦争は李氏朝鮮との冊封関係にこだわる清と日朝修好条規(1876)にこだわる日本の対立が戦争に至ったものです。当時の日本には宗主国の面子にこだわる清に対する理解と配慮が足りなくて、清にろくな挨拶もしないで、日朝修好条規締結、沖縄併合と1870年代に矢継ぎ早に国際問題を解決していきました。それが清に「日本怪しからん」という感情を育てることになってしまった。
そもそも清朝と李氏朝鮮の冊封関係と日朝修好条規は完全に矛盾します。朝貢国と独立国という立場は両立しないからです。その矛盾が李氏朝鮮で起こった東学党の乱でついに表面化してしまったのです。
日朝修好条規も沖縄併合も清と李氏朝鮮、清と琉球王国の立場に対する理解と配慮を欠いた日本の稚拙な国際外交だったといえます。相手の立場を考慮しないで、一方的に武骨一辺倒の外交をしてしまった。当時の日本は、それが国際標準のルールだと勘違いしていた一面はあります。しかし、それを持って帝国主義という批判はいかがなものでしょうか。日清戦争に至ってしまったことは痛恨の極みです。
しかし、その反省が10年の調査期間をかけた慎重な尖閣諸島編入になったのであって、それを持って日本が清の領土を奪ったかのように主張する論はあらぬいいがかりとしかいえないものなのです。

7.日本近現代史の教育について

以上、私なりに論点整理を試みたのは、質問者さんがいわれるように日本近現代史がろくに学校で教えられていないからです。日本近現代史は日本と欧米列強、露西亜(ソ連)、中国(清、中華民国、中華人民共和国、張軍閥)、琉球王国(沖縄県)、李氏朝鮮(大韓帝国)が複雑に絡んでいて、きわめて理解することが難しい。だから質問者さんにも回答者さんにも事実誤認が見られるのは仕方が無い。それが今日、中国に付け込まれる要因になっています。複雑すぎて学校の先生も理解していないのです。だから学校の先生は、帝国主義の日本が・・・といった論調で問題を単純化し、日本側だけの説明でお茶を濁そうとしています。それはとりもなおさず、歴史を勉強しようとしているのでなく、自分の頭のレベルに合わせて複雑な歴史を歪曲し単純化してしまうという倒錯したアプローチになるということです。それが中国に付け込まれる背景なのだけれど、だからといって中国の今日見られる言論の一部には全く正当な根拠が無いということも理解しなければなりません。歴史カテで質問されたんで、その主旨にあわせて回答したつもりです。

ひとつひとつ論点を整理しておきましょう。

1.尖閣諸島と琉球王国の関係について

琉球王に尖閣諸島を統治していたという事実は確認されません。したがって尖閣諸島は琉球王国の領土だったとはいえません。1879年の琉球処分と同時に尖閣諸島が日本領になったという認識は誤りといえます。実際は日本が1885年から1895年の10年もかけた慎重な調査によって無主の地であることが確認されて併合したものです。

2.尖閣諸島と沖縄県の関係について

1895年の尖閣諸島を沖縄県に編入したことによって、以降尖閣諸島...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング