1、1L中に硫酸9.8gを含んでいる水溶液
(これは、水素イオン濃度を求める)

2、1L中に水酸化ナトリウム0.10molを含んでいる水溶液
3、0.056mol/Lアンモニア水(アンモニアの電離度は0.018)
(これは、水酸化物イオン濃度を求める)


4、2.0mol/Lの希硫酸に水を加えて体積を正確に50.0倍に薄めた水溶液のPHを求めなさい。
ただし、硫酸は完全に電離しているものとする。
log2=0.30

テストでこれらを答えることが出来ませんでした。

解説と答えよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

#2ですごめんなさい。


4.は硫酸が二塩基酸なので[H^+]が二倍でしたね、
pH=-log(8×10^-2)=-3log2+2=-0.90 + 2=1.10
    • good
    • 0

1.硫酸の分子量はMW=98.08 ですので1L中に9.8gを含む溶液は0.1mol/L、


硫酸は二塩基酸でかつほぼ完全に解離(電離)するので[H^+]の濃度は2×0.1mol/L。

2.水酸化ナトリウムは強アルカリで一酸塩基ですので、1L中に0.10molあれば、[OH^-]=0.10 mol/L
[H^+][OH^-]=10^-14
から[H^+]も求まります。

3. 0.056 mol/Lのアンモニア水ので電離度が0.018ならば、
[OH^-]=0.065×0.018=1.17×10^-3 mol/Lで構いません。

4..2.0mol/Lの50倍希釈ですと2.0×(1/50) (mol/L)=4×10^-2 (mol)
完全解離ならこの値の常用対数の正負を変えたもの、
pH=-log(4×10^-2)=-2log2+2=-0.60 + 2=1.40
    • good
    • 0

1.質量を分子量で割るとモル数になります。

硫酸は1モルに2モルの水素イオンを含んでいます。

2.水酸化ナトリウム1モルから1モルの水酸化物イオンを放出します。
アンモニアと水が反応したときに出る水酸化物イオンの濃度はCαです。
Cは濃度、αは電離度

3.50倍希釈したということはモル数も1/50になったということです。硫酸は1モルに2モルの水素を含んでいます
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q防毒マスクの保管について

防毒マスクの保管庫について教えてください。
防毒マスクの保管にスチール製で除湿や殺菌灯の付いた保管庫を利用しています。保管の際の注意事項には、どのようなことがあるのでしょうか?
防塵マスクの保管についての注意事項は、「口に当たる方を下向きに」ですが、これは防毒マスク保管庫でも同じ注意が必要なのでしょうか?
そもそも防毒マスク保管庫と防塵マスク保管庫はどこが違うのでしょう?
もしも、ご存知の方がいらしたら、御教えください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

緊急用品なので現在使用している、もしくは発生する恐れのあるガスに対応した「薬品部」が付いているかどうか確認する事が大切です。
防塵マスクと違うのはその点でしょう。
「殺菌灯」はゴム、プラスチック部分を痛めるので、あまりお薦めできません。
よほど頻繁に使用するとか、多人数で使用するとかで、汚れる場合のみ意味がありますが、防塵マスクならいざ知らず、防毒マスクは一回使用したら「薬品部」を新品と交換するので、「清潔」にする意味は無いと思います。
長期間使用せずにしまう時は、通常「口」にあたる「防毒薬品収納部」をはずして、別に密封した容器(ポリ袋でも良い)に入れておきます。

Q0.10mol/lの酢酸水溶液がある。この溶液の水素イオン濃度とPHをもとめよ。 これは、1×0.1

0.10mol/lの酢酸水溶液がある。この溶液の水素イオン濃度とPHをもとめよ。 これは、1×0.1×1.75×10-5乗でいいのですか?
そしてphは6となりました。
違っていたらわかりやすくおしえてください

Aベストアンサー

なぜ...それはもう電離度とpHの定義がそうだから、としか言いようがないです...

Q無水硫酸を濃度98%硫酸の作り方 無水硫酸を硫酸98%の作り方

無水硫酸を濃度98%硫酸の作り方
無水硫酸を硫酸98%の作り方

Aベストアンサー

無水硫酸は三酸化硫黄SO3です。
実験室的には
2NaHSO4 → Na2S2O7 + H2O と加熱により脱水
Na2S2O7 → Na2SO4 + SO3 と更に加熱により分解して作ります。

無水硫酸(三酸化硫黄)を濃硫酸と反応させて、発煙硫酸 (H2SO4·nSO3)を造り希硫酸で希釈して濃硫酸(98%まで)を造ります。
H2SO4・nSO3 + nH2O → (n+1)H2SO4

96%濃硫酸は18mol/Lの濃度でちょうど36規定度になるので、昔は実験でよく使いました。

Q0.10mol/lの酢酸水溶液がある。この溶液の水素イオン濃度とPHをもとめよ。 これはどのようなし

0.10mol/lの酢酸水溶液がある。この溶液の水素イオン濃度とPHをもとめよ。
これはどのようなしきになるのですか?
また、答えもおしえてください。何べんも演習をしたいので笑

Aベストアンサー

これは問題に欠落があり酢酸の解離定数pKaを与えられないと解けないし、解くには対数表が要る。

Q2%硫酸カリウムはどんな容器に保管??

2%硫酸カリウムを保管するのに、ステンレスの容器でもOKですか?
また、人体に触れたら危険ですか? 酸性、中性、アルカリ性のどれでしょうか?よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

中性です。ステンレス容器で充分ですが、普通は外部から液が見えるポリエチレンかガラス容器に保存します。
MSDSをご覧下さい。↓
http://www.takasugi-seiyaku.co.jp/prdt/img/pdf/MSDS_070.pdf

Q硫酸水素カルシウム、硫酸アルミニウム、リン酸二水素ナトリウム の水溶液

硫酸水素カルシウム、硫酸アルミニウム、リン酸二水素ナトリウム の水溶液の液性は酸性ですか?
またそれぞれの強度を教えて下さい。

Aベストアンサー

全てが酸性です。

Q硫化水素と硫酸

硫化水素を略すと硫酸ですが、なぜそうなるのですか?
硫化酸素を略して硫酸ならわかるのですが。
硫化水素を普通の感覚で略すと硫水だと思います。
硫酸の酸と水素はどういう関係なのでしょうか。

Aベストアンサー

塩酸が塩化水素の水溶液なので硫酸は硫化水素の水溶液だと考える高校生が多いです。

でも酸の利用の歴史で考えると名前の由来が納得できます。
硫酸は代表的な強い酸です。発見は8世紀に遡るようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A1%AB%E9%85%B8
錬金術などでも盛んに利用されてきました。金属や金属の鉱石を溶かす働きが酸の働きの中心です。
自然に産出する硫酸塩から得ることも出来ますが硫黄を燃焼させて作ることも出来ます。硫黄を含んだ酸は他にもあるでしょう。でも硫黄から出来た酸と言えばまず硫酸H2SO4なのです。英語ではsulfuric acidと言います。sulfurは硫黄のことです。(「亜硫酸」もありますが働きが弱いので「亜」が付いています。英語ではsulfurous acidと語尾を変えています。)
(鉱石から得られた段階では「硫酸」という名前ではなかったようです。硫黄を燃やして得られる気体から得られるということが分かった段階で「硫酸」という名前がついたようです。硫化水素は硫黄を燃やして得られる酸ではありません。)

「酸素」はラボアジェの命名です。
空気中には呼吸に役に立つ成分気体Aと役に立たない成分気体Bとがあリます。この気体Aの中では物が燃えることが出来ますがBの中では燃えることが出来ません。
気体Aには酸でないものを酸に変える働きがあリます。
炭素が燃えて出来た気体、硫黄が燃えて出来た気体、燐が燃えて出来た気体、・・・は全て酸性を示します。
気体Aには「酸でないものを酸に変える働きがある」という意味で「酸素oxigen」という名前を付けました。oxi-とは酸のことです。(acidと同じ語源だろうと思います。)
この変化に対してラボアジェはoxigenationという言葉を使っています。翻訳では「酸化」としています。でも現在の意味の酸化ではありません。「酸素と化合する」ではなくて「酸に変化させる」という意味です。

ラボアジェは「酸素が酸性の原因である」ということは一言も言っていません。
oxide、oxidationという言葉もラボアジェが作ったものです。でも現在使われている「酸化物」、「酸化」の意味ではありません。

私の見た化学史の本の中にはラボアジェの書いている内容を忠実に記述しているものはありませんでした。
「ラボアジェは酸素が酸性の原因であるという誤った考え方をした」という内容がほとんどです。著者達はラボアジェの本を読まずに化学史の本を書いているようです。

翻訳が出ていますから読んでみてください。
ラボアジェ「化学のはじめ」内田老鶴圃

塩酸は当時「海塩酸」と呼ばれていました。
食塩と濃硫酸で作ることが出来ます。

塩酸が塩化水素の水溶液なので硫酸は硫化水素の水溶液だと考える高校生が多いです。

でも酸の利用の歴史で考えると名前の由来が納得できます。
硫酸は代表的な強い酸です。発見は8世紀に遡るようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A1%AB%E9%85%B8
錬金術などでも盛んに利用されてきました。金属や金属の鉱石を溶かす働きが酸の働きの中心です。
自然に産出する硫酸塩から得ることも出来ますが硫黄を燃焼させて作ることも出来ます。硫黄を含んだ酸は他にもあるでしょう。でも硫黄から出来た酸と言え...続きを読む

Q次の水溶液の水素イオン濃度とPHを求めよ 近似式を導出して解いてくださ

次の水溶液の水素イオン濃度とPHを求めよ 近似式を導出して解いてください

0.10M 酢酸水溶液  (pKa=4.73)


なんですが
普通に酢酸のKaは1.76×10^-5とあったので
[H+]=√(1.76×10^-5×0.10)
で1.33×10^-3になり

PH=-log(1.33×10^-3)とかけるので
2.88になるんですがこれだとpKaは使ってないのですがいいんでしょうか?

Aベストアンサー

>[H+]=√(1.76×10^-5×0.10)
これを使っているのに、
>pKaは使ってない
と、なぜ言えるのでしょう???
それに、最初に使った近似式はどこから出て来たのでしょうか?

QSDS ドデシル硫酸ナトリウム

細かくしたブタの肝臓に10%のSDS溶液を加え攪拌すると粘度が出てきました。
この粘度は何なのか教えてください。

Aベストアンサー

SDS(強い界面活性剤)で細胞膜、核膜、核内のDNAが出てきたから。
核内のDNAは高分子なので溶液中に溶けだすと高い粘性を示します。
ただし、観察された粘性がすべてDNAのせいだとは言い切れません。
同時に溶けだしたタンパク質や多糖類(グリコゲンなど)も少なからず粘性をもちます。

Q炭酸ナトリウム水溶液の水素イオン濃度

ある濃度の炭酸ナトリウム(Na2CO3)水溶液の水素イオン濃度を求めたいのですが、やり方がよく分かりません。教科書にはアンモニアの pH 計算法などは載っていますが、これをどう応用したら良いのでしょう? 教えて下さい。

Aベストアンサー

酸解離平衡の式は,酸解離定数の定義,水のイオン積については,高校の教科書に詳細な説明があるはずですので,そちらを参考にしてください。

チャージバランスの式(電荷収支式)は,「陽イオンの正電荷と陰イオンの負電荷をすべて足すとゼロになる」という電気的中性の原理に基づいた式です。

マスバランスの式(物質収支式)は,「H2CO3 は水溶液中で様々なイオン種を取るが,それらの種の合計は最初に投入した量に等しい」という式です。

4次方程式を解くニュートン法という方法は微分の知識を必要とします。検索エンジンで検索すれば,非常にたくさんのホームページが出てきますので,そちらを参考にしてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報