宜しくお願いします。
バイクのレクチファイアレギュレータをいろいろ調べ自分なりに試作品など作りましたが中々旨くいきません。
何とかこの回路を作りましたが多分詰めが甘いと思われます。
*発電は単相で元々6v車でヘッドライト、テール用のコイルとその他用のコイルで分割(軸一本に2分割にコイルが巻かれていた)されていたものを一本にしました。

http://motor.geocities.jp/meguna20

ご教授願います。
*サイリスタの規格(on電流値など)やトランジスタや抵抗についても如何なものかお教えいただければ幸いです。
ちなみに元はどこかのHomepageからの回路を参照しました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

値 規格」に関するQ&A: 無線LANの規格値

A 回答 (2件)

12V電圧安定用のツェナーダイオードのワッテージ小さそうな気がします。


サイリスタ部分が何をしているのかは理解できません。(くやしいけど)
基本的には、整流してツェナーで12Vにしてるだけです。一番したのダイオードは逆電流防止です。
なんか、簡単な回路で、きれいな12Vは出そうに無い回路ですね。
オシロ当てたら、仰天する波形が出てそうな回路に見えます。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
ツェナダイオードはもっと小さいボルテージの物で0.5wなどがあるのでこれをいくつか直列に繋げば1w以上は行きますね。
サイリスタは(これも本当に当たっているのか不明)二つのトランジスタがonするとサイリスタのゲートがonになり発電機からの交流が流れブリッジダイオードのマイナスにショートさせ、ツェナに電圧が掛からなくなるとトランジスタがoffになりサイリスタもoffになりバッテリ(及び負荷)に流れ、また電圧が高くなるとツェナに流れ・・・・・のようなことの繰り返しを行う制圧回路のようです。

補足日時:2009/05/17 23:28
    • good
    • 0

Pspiceにシュミレーションさせてみれば、


回路を組まなくても、問題点がわかるかも知れません。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/dcr/dcmic/pspice/pspi …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qツェナーダイオードの電圧について

2V、4Vのツェナーダイオードを電源回路につなぎ、テスターで
ツェナーダイオードの両端電圧を測定すると、半分の1Vや2Vしかありません。
原因を教えてください。

Aベストアンサー

紹介した資料を読んでもわかりませんか?
ツェナーには「順方向領域」,「飽和領域」,「降伏領域」があり,
定電圧特性が必要なら,「降伏領域」で使用します.
抵抗ではなく,ツェナーに流れる電流と電圧を測定します.
資料を熟読すれば,疑問は氷解するでしょう.

Qバイクの点火コイル

車両は6v車ですが12v改造しました
点火コイルが不調なので変えようと販売しているか探しましたが古いので見つかりません
それでこの様な改造12v仕様車に12v用のコイルを使ってしまっても機能的に差し支えないでしょうか?
レギュレーターとバッテリーだけで12vに昇格改造したとはいえ元は6v車なのでダメな気もするのですが詳しい方いましたら宜しくおねがいします。

Aベストアンサー

簡単に言ってしまえば、発電機の電圧は主にコイルの巻数によります、レギュレーターはバッテリーの電圧を検出して、界磁電流を、オン・オフします(発電機の発生電圧を保証しません)。
発電機は定格以上の回転数では、誘導作用による逆起電力が発生するので、電圧はかえって下がることも・・・?。
6V仕様のコイルを12Vで使用すれば、一次電流が倍になり、二次電圧も倍以上になります、12V回路には12仕様を装着がむしろ当たり前です。
参考 なんでも、数値が高ければ良い(高性能、6V仕様より12V仕様)と言うものではありません、本当に昇格?。

Q定電圧ダイオード(ツェナーダイオード)の問題について教えてください

電圧5V、電流8mA、動作抵抗30Ωのツェナーダイオードがあります。
このツェナーダイオードにかかる消費電力はいくつか?
という問題です。

どなたか解答とプロセスを教えていただけたら幸いです。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

ツェナーダイオードの使い方
定電流源か抵抗を介して接続します 抵抗値は指定の電流が流れるように決めます
10V電源なら ツェナー電圧5Vですから差電圧は5Vで 電流8mA流すので
抵抗値=差電圧5V÷電流8mA で計算します
12V電源なら ツェナー電圧5Vですから差電圧は7Vで 電流8mA流すなら
抵抗値=差電圧7V÷電流8mA で計算します

電流を変えると動作抵抗の為 ツェナー電圧も少し変化します
これとは別に温度係数も持ちます 5V辺りがゼロでこれ以上ではプラス 以下ではマイナスです
尚 消費電力は 5V×8mA=40mW 課題ではありませんね? 課題質問は禁止となっております。

Qバイク もう一本のマフラー?

画像はホンダのビッグスクーターのフェイズですが、本来のマフラーの上にこう一つ小ぶりのマフラー(の様な物)がオプションで付けられています。スクーター系では余り見掛けませんが、用途と効果(または利点)をお教え下さい。

Aベストアンサー

エアクリーナボックスの代わりで吸気のためだと思います スクーター系ではよくありますよ

Q抵抗+ツェナーダイオードの場合、電流/電圧は?

例えば、24VDCに5Vツェナーダイオード(以下DI)と抵抗150Ωを直列に接続したとします。
(DIは逆方向に接続です)
DIの両端には5Vかかり、150Ωの両端には19Vかかり、電流は約127mA流れます。

その後、DIと並列に可変抵抗を接続して電流を流した場合、抵抗値と電流の変化を表す計算式はどのようになりますか?

Aベストアンサー

定電圧ダイオードを使った低電圧回路では、ツェナーに流れる電流と負荷に流れる電流の和は一定(この場合は 127mA)になります。

負荷である可変抵抗にかかる電圧はツェナーで一定(5v)ですので、可変抵抗 R に流れる電流 I は、I = 5 / R になります。しかし、I が 127 mA を超えると、定電圧を維持できなくなって I = 24 / ( 150 + R ) になります。

Q集合マフラーは分割して発送できますか?

ノーマル主義&メカに弱い者です。

社外集合マフラーを他の人に譲るために宅急便で発送することになりました。

元々、それも他の人から譲っていただいたものなので、
社外集合マフラーに関する知識は皆無です。

箱詰めするとかなり大きなサイズになります。
よく見ると3つくらいに分割できそうです。つなぎ目がスプリングでとめてあります。
それを外せば簡単に抜けそうに見えます。

せめて1箇所でも外せればかなりコンパクトなサイズになりそうですが、
あれはスプリングを外してそのまま抜いてもよいものなのでしょうか?
受け取る方は気を悪くしないでしょうか?
やはりサイズは大きくてもそのままの形で発送するほうが良いでしょうか?
その他、発送する上で注意する点などあるでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

社外マフラーは俗に言う”ワンピース(直管)”タイプ以外、新品時はバラバラです。何故か?と言うと、お気づきの通りコンパクトになり送料も安くなるからです。

もし、分解して発送するのであれば、各部綺麗に磨いてもらった方が受け取る方としても気持ちがいいものになります。(たまにホントに”外したまま”の汚い状態で送ってくるのもいます。)

まぁバラすの面倒・・・っていうのならそのまま送っても問題ありませんが。(当方TZR250RエンジンとアドレスV100エンジンを宅急便で送った経験アリ)

Q基準電圧はどちらがいい?

基準電圧を作る場合ツェナーダイオードを使用するか基準電圧ICを使用するかどちらがいいでしょうか?
一般的には基準電圧ICを使用するものらしいようですけど実際にそれぞれのメリット、デメリットはどんなものでしょう?
ツェナーダイオードだと消費電流が大きいとか・・。でもICだと場所をとる?とか・・。
現在使いたい用途としてはADコンの基準電圧Vref+としてです。

Aベストアンサー

質問の中に既に回答があるような気がします。
元となる電源の安定度、温度特性etc
消費電力、面積、ADCに要求される安定度etcを鑑みて最適な物を選べば
良いだけです。
ちなみに、私の趣味の電子工作では、TrのVbe耐圧や、3端子レギュレータを
基準電源にしています。
理由は、制度、安定度を求めていない事と、手持ちの部品を活用して
安価に仕上げたい事です。
参考になれば幸いです。

Qツェナー電圧と降伏電圧

電子回路のダイオードに関して、「ツェナー電圧」と「降伏電圧」という用語があるのを知りました。

この二者が同義であるように記載している本もあるのですが、これはツェナーダイオードに限ってということでしょうか?

他の種類のダイオードにも「降伏電圧」があり、その場合は「ツェナー電圧」とは呼ばない、ということはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

ツェナー降伏はツェナー電圧がおよそ5.1V以下のツェナーダイオードで発生し、トンネル効果が主体、
5.1V以上のツェナーダイオードや、通常のダイオードはアバランシェ降伏が主体、
5.1v付近のツェナーダイオードは2種類の現象のミックスで起こるそうです。

http://japan.renesas.com/support/faqs/faq_results/Q1000000-Q9999999/discr/diode/diode_031j.jsp


普通のダイオードの場合、5.1Vより大きな逆耐電圧があるので、アバランシェ降伏のみとなるのではないでしょうか。

Q精度のよいツェナーダイオード

ツェナー電圧5.0Vで精度のよいものを探しています。
誤差0.5%かそれ以上のものはありますでしょうか?
ツェナーダイオードの各種メーカーホームページで探したのですが、精度のよいものが見つかりませんでした。

Aベストアンサー

ツェナーダイオードは原理的に精度はよくありません。誤差0.5%以下が必要ならば 電圧リファレンスIC を使えば実現できます。

例えば、リニアテクノロジー社の LT1431 (データシート: http://cds.linear.com/docs/en/datasheet/1431fe.pdf )電圧誤差=0.4%
    アナログ・デバイセズ社の ADR3550W (データシート:http://www.analog.com/media/jp/technical-documentation/data-sheets/ADR3525_30_33_40_50_jp.pdf )電圧誤差=0.1%

などがあります。

Qツェナーダイオードを用いたリミット回路の直列抵抗値の算出方法

ツェナーダイオードと抵抗を直列につないだリミッタ回路を作成してみました.
(参照:http://www.nahitech.com/nahitafu/mame/mame3/lim.html上から5つ目の図)
このHPの説明でいけば,ツェナー電圧でリミットがかかるはずですが,
実際は,ツェナー電圧4.3Vに対して,2.2V付近でリミットがかかりました.

用いたパーツは

【ツェナーダイオード】
BZX85C-4V3 
データシート http://pdf1.alldatasheet.com/datasheet-pdf/view/26334/VISAY/BZX85C4V3.html

【抵抗】
1kΩ

です.

いろいろ調べて,抵抗値が大きすぎるのではないか,と考えているのですが,
適切な抵抗値,およびその計算方法がよく分かりません.

ご教授ください.

Aベストアンサー

このツェナーダイオードは1Wで電流の流れ初めは3.2Vていどです。
4.7Vでリミットをかけたいのなら、ツェナーに流れる電流を20~200mA程度流すよようにする必要があります。
例えばリミットをかける前の電圧が10Vとすれば
R=(10-4.7)/0.2=26.5Ω
ツエナ-ダイオードに20mA流す場合、入力電圧を10Vとすれば抵抗は
R=(10-4.7)/0.02=265Ω
1kΩは大きすぎますね。入力電圧ピークで幾らですか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報