私は指定された日時で講演をすることを「甲」と約束しました。
その中には甲が講演の後、謝礼として雑所得を私に支払うことも含まれます。
ところが甲の都合により講演のキャンセルを申し入れられました。
以下の通り記します。
・甲のクライアントから講演者の条件として当初提示していた条件には
私は適合していたが、私と甲の約束の後に、新たに追加された条件は不適合
・クライアントが新たに条件追加をしたとき、甲は私がその条件に
適合しないことを十分知ることができた

講演にあたっては前原稿等があり、費用はごくわずかな労力のみですが、
雑所得を得る機会を失いました。
私はどのような権利を主張できるか、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

キャンセル料として謝礼の50%を頂くことで。

よかったですね。雑所得を得ることができて。私も回答のした甲斐がありました。
    • good
    • 0

どうあれ、一度頼まれた講演をキャンセルされたのだから、キャンセル料ぐらいは請求できると思うんだけどなあ。

しいうのは、こうの都合によりキャンセルされたのだから。謝礼というよりも、事前原稿料ということに最終的には落ち着くのかなあ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。
話をつめた結果、キャンセル料として
謝礼の50%を頂くことで手打ちといたしました。

お礼日時:2009/05/19 12:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報