トランジスタの動作点ゎどこにとれば良いのでしょうか??

関係あるかゎわかりませんが使用したトランジスタゎ2SA950です。
解答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

エミッタ設置の場合


負荷が小さい時はエミッタ-アース間の電圧の半分がコレクタ抵抗に掛かるように動作点を取ります。
これで、プラス、マイナスに同じ電圧変動が取れますから電源電圧を有効に利用できます。
負荷が大きい時は電圧変動はコレクタ抵抗の電圧降下分を考慮してバイアスを変えます。
実際の回路図がわからないので、これ以上の回答は困難です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトランジスター2SC3355が不良で取り替えるのにどう言うトランジスタ

トランジスター2SC3355が不良で取り替えるのにどう言うトランジスターを使えば良いのでしようか。教えて下さい

Aベストアンサー

トランジスタ互換表によれば2SC3355は2SC5230,2SC2671(F)と互換となっております。
規格表は2006/2007版なので参考までに。

Qトランジスタの飽和動作

トランジスタの動作で昔から疑問に思っていて未だにわかりません。
今、npnトランジスタのコレクタ-エミッタ間に電圧を印加(電源から抵抗をはさんで)し、ベース-エミッタ間には0.6V以上の順方向電圧を印加して大きなベース電流を流したとします。このとき、トランジスタはonの状態で、飽和動作をしていると考えられます。すなわちコレクタからエミッタへ電源電圧と抵抗で決まる電流が流れています。
このときコレクターエミッタ電圧の飽和電圧は0.2Vくらいで、ベースーエミッタ電圧は0.6Vくらいなので、コレクタ-ベース間は-0.4くらいになり、順方向にバイアスされていることになります。でも電流はコレクタからエミッタへ流れているのですから、コレクタ-ベース間もコレクタからベースへ流れることになります。すなわちコレクタ-ベース間は電圧のかかっている方向と逆方向に電流が流れていることになります。
飽和動作時のコレクタ-ベース間は、オームの法則も電磁気学も成り立たない異次元空間なのでしょうか??

Aベストアンサー

トランジスタの動作を考える上での基本はベース接地回路です。

トランジスタのベースを接地しエミッタからキャリヤを注入すると
注入されたキャリヤはベース領域を拡散して大部分はコレクタへ到達します。
注入されたキャリヤの一部分はベース電極に到達しベース電流となります。

コレクタがオープンの場合、注入されたキャリヤがコレクタに到達すると
コレクタの電位が上昇し(PNPトランジスタの場合)これはコレクタ電圧が
エミッタ電圧と同じになるまで続きます。この場合、注入されたキャリヤは
全てベースに流れます。

コレクタから電流を引き出すと引き出された量に応じて電圧が低下します。
コレクタ電圧が飽和領域を超えると引き出せる電流はエミッタから注入された
電流以上にはなれないのでほぼ一定の電流になります。

トランジスタではエミッタからコレクタへ電流のキャリヤが流れているのです。
エミッタに電流が流れるかどうかはエミッタ・ベース間が順方向になっているかできまります。

Qトランジスタの原理

トランジスターの原理で教えてください。
パワー系などのトランジスターは裏面がドレインで
たとえばNchの場合、Nchの下にP-があり
ゲートONでP-がNになり、サブのNからこのNを通ってソースのNへ流れると思いますが、同時によく
図などではもう1つp-の中に、さらにp+が入っている図を見ます。こちらもソースになるのでしょうか?こちらにコンタクトしても流れるのでしょうか?

Aベストアンサー

この動作をするのは、FETすなわち電界効果トランジスタですね。
(バイポーラ)トランジスタとは構造も動作も違うのでユニポーラ(トランジスタ)またはFET(Field Effect Transistor電界効果トランジスタ)と呼びます。

Qトランジスタを用いた平滑回路を用いた時の特徴と動作原理について

大学のレポートで困っています。自分でいろいろ調べてはみましたが、わかりません。教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

低電圧の回路で使うという趣旨から見ると、No.4のanisolさんのお答えが正解のようですね。私も大変勉強になりました。
リップルフィルターの実際の回路がありました。参考URLの図47の右上で+10Vにつながっている部分がそれらしいです。

参考URL:http://www3.ocn.ne.jp/~sugai/pll/pll6.htm

Qトランジスタアンプのインピーダンスマッチング

トランジスタの勉強をしているものです。
トランジスタアンプでプッシュプルで8オーム、0.5W負荷(スピーカー)の回路があります。
出力が小さいので、出力からもう一つトランジスターアンプをかまして出力を上げたいのですが、インピーダンスマッチングどうすればよいでしょうか。
1、そのままつなぐ
2、トランスを入れる(入手が困難?)
3、抵抗1Kくらいを直列に入れる
詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

スピーカ駆動用のアンプならオーディオ帯域なので、インピーダンスマッチングは考えなくていいです。8オーム・0.5W負荷の回路の出力に、もう一つトランジスターアンプをそのままつないで構いません。そのとき、8オーム・0.5W負荷の回路の出力とGND間に10Ω程度のダミー抵抗を入れたほうがいいです。

アンプの入力インピーダンスは10kΩ~100kΩの範囲だと思いますが、入力インピーダンスというのは入力端子とGND間のインピーダンス(交流抵抗)のことです。入力インピーダンスと同じ抵抗をかますと、この抵抗と入力インピーダンスで信号が分圧されるので、もう一つトランジスターアンプの入力信号強度は、8オーム・0.5W負荷の回路の出力信号強度の半分になってしまいます。抵抗をかまさなければ(直結すれば)信号が分圧されないので、「8オーム・0.5W負荷の回路の出力=もう一つトランジスターアンプの入力」になります。

8オーム・0.5W負荷の回路の出力とGND間にダミー抵抗を入れるのは、ダミー抵抗がないと、8オーム・0.5W負荷の回路の動作が不安定になる(回路が発振したりする)可能性があるからです。また、ダミー抵抗がないと、電源投入時に「ボコ」というポップ音が大きく出る可能性があります。ダミー抵抗の許容電力は1W以上のもの(http://akizukidenshi.com/catalog/g/gR-03991/)にしてください。

スピーカ駆動用のアンプならオーディオ帯域なので、インピーダンスマッチングは考えなくていいです。8オーム・0.5W負荷の回路の出力に、もう一つトランジスターアンプをそのままつないで構いません。そのとき、8オーム・0.5W負荷の回路の出力とGND間に10Ω程度のダミー抵抗を入れたほうがいいです。

アンプの入力インピーダンスは10kΩ~100kΩの範囲だと思いますが、入力インピーダンスというのは入力端子とGND間のインピーダンス(交流抵抗)のことです。入力インピーダンスと同じ抵抗をかますと、この抵抗と入...続きを読む

Q半導体でトランジスタを作成したとき高温で動作するかどうかはバンドギャッ

半導体でトランジスタを作成したとき高温で動作するかどうかはバンドギャップで決まりますか?
バンドギャップが大きいほうが高温に耐えうるのでしょうか。

Aベストアンサー

バンドギャップが大きいほうが、高温での動作に有利なようです。
SiCだと400℃くらいで使えた、なんて話もあるのだとか。

Qトランジスタの型名を知りたいのですが

使っている電子機器が中国製で、調子がわるくなったのですが、使っているトランジスターの型名に
「9013 1LF」としか表示がありません。
これは日本の型でいうと 例えば、2SC何とかという型名が知りたいのですがわかりますでしょうか?
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

それはS9013というトランジスタじゃないですか。データシートはここ(http://pdf1.alldatasheet.jp/datasheet-pdf/view/54741/FAIRCHILD/S9013.html)です。特性は日本の 2SC2120 (http://www.semicon.toshiba.co.jp/openb2b/docget.jsp?type=watermark&pid=2SC2120&lang=ja&path=2SC%2F2SC2120_ja_wm_20071101.pdf)と同等でのようですが、リード線の配列が異なるので注意してください(S9013 は向かって左から EBC、2SC2120 は ECB)。

1LFの意味はちょっと分かりません。電流増幅率が F ランク(hFE = 95-135)でしょうか。だとしたら、2SC2120 の対応ランクはO(オー)になります。2SC2120 は秋月電商(http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-02732/)にありますがYランクだけです。千石電商もYランクだけ(http://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/search.php?multi=2120&cond8=and&x=11&y=7)ですが、Yランクでも使えると思います。

それはS9013というトランジスタじゃないですか。データシートはここ(http://pdf1.alldatasheet.jp/datasheet-pdf/view/54741/FAIRCHILD/S9013.html)です。特性は日本の 2SC2120 (http://www.semicon.toshiba.co.jp/openb2b/docget.jsp?type=watermark&pid=2SC2120&lang=ja&path=2SC%2F2SC2120_ja_wm_20071101.pdf)と同等でのようですが、リード線の配列が異なるので注意してください(S9013 は向かって左から EBC、2SC2120 は ECB)。

1LFの意味はちょっと分かりません。電流増幅率が F ランク(hFE = 95-135...続きを読む

Q鳥の翼の動きとボートのオールの動きの類似点と相異点

飛んでいる鳥の翼の動きは複雑ですが、スローモーションでみているとボートのオールの動きに似ているのかなとも思います。鳥の翼は変形しているようにも思えますが、ボートのオールの変形すればもっと効率が良くなるのでしょうか。

Aベストアンサー

ボートのオールやスクリューと、鳥の羽は仕組みが違う。昆虫の羽根はさらに異なる。
鳥の羽は、どちらかと言うと艪に近いです。
鳥の羽は二通りの働きをします。
  グライダー、ヨットの帆のような揚力による浮力
  和船の艪のような推進力をえる動き・・揚力による物
   ・・・八の字型に運動していますね。
船のスクリューやオールは、どちらかと言うと作用反作用で説明したほうが理解しやすいでしょう。

 昆虫の羽根は、空気の粘性を利用した飛行ですから、これらとは違う。

 艪 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%89%AA )には、あまり好意的に書かれていませんが、極めて効率の高い水深方法です。
 慣れれば、疲れず楽に漕げます。・・・始めは同じところをクルクル廻っちゃいました。

Qトランジスタを使った回路やスピーカーマトリックスでセンターで定位してい

トランジスタを使った回路やスピーカーマトリックスでセンターで定位している歌手の声を消し去り、カラオケ状態にすることは出来るのですが、この逆は難しいですか?

簡単に説明すると

トランジスターでセンターで定位している歌手の声を、正位相と逆位相の信号を作って、

左右のスピーカーでそれぞれなっている楽器などをモノラル信号にして、2つのモノラル同一信号にそれぞれ歌手の正位相、逆位相にした信号をミックスすれば出来るのかな~と思いました。

そうすれば、楽器の音が小さくなり、声が強調されるとおもいますが、

たぶん無理かも、こればかりはやってみないと何とも言えませんね・・・

Aベストアンサー

5本のスピーカーマトリックスの接続の仕方は分かりますか?
↓のサイトの下のほうに配線図があります。
http://www2.nkansai.ne.jp/hotel/nakanou/mx-5.1.htm

センターSP、フロントSP×2、リアSP×2で構成されます。
これのセンターSPを外すとあなたのおっしゃっているように、カラオケ状態になります。
逆にフロントSP、リアSPを外すと歌手だけになりますが、フロントを外すとセンターSPのつなぐ場所がなくなってしまいますので実際にはムリです。
そこで(ここからは私の空想ですが)スピーカーの代わりに普通の抵抗器(SPと同じ抵抗値)をつなぎます。
フロント、リアともに抵抗器に置き換え、センターはそのままです。
そうすると事実上センターからは、ほぼ歌手の声しかでません。
理由はあなたがおっしゃっているように、位相が関係してきます。

Qバイポーラトランジスタの購入

バイポーラトランジスタ「モトローラーのMJ15023とMJ15022」を数個づつ探しているのですが、インターネットで探し当てても「200ピース以上」とかでないと購入できません。
どなたか単品売りして下さるお店を知りませんか?
最後の手段と思い「教えてgoo」に質問を投稿しました。

Aベストアンサー

Digi-keyで在庫ありましたよ。
http://japan.digikey.com/

ここは、バラ売りと、まとめ売りで違うコード
になっているので、まとめ売り用の在庫があっても
ばら売りしてくれない場合がありますが、
上記品目は今ならばら売り用在庫があるようです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報