建物の壁に設置してある「消火用散水栓」とはどういうものなのでしょうか。使い方(?)も知りたいです。よろしくお願いします!

A 回答 (1件)

簡単に言うと建物に設置してある消火用ポンプに繋がっている(スプリンクラー含む)消火設備です。


今のモノは大抵ホースが既に連結されているので、根元のバルブを開いて放水口のバルブを開けば水が出ます。
昔のタイプはホースを連結してやらないとダメなので少々複雑ですね。
使い方は扉を開けると内側に貼ってありますので良く読んで下さい。

基本的には消火用貯水槽と呼ばれるタンクに溜められている水をポンプを使って放水するというモノです。
庭木に水をやるものではありません(放水の圧力が強力)ので、気軽に使わないで下さい。
(警報が出て火災と間違う可能性があります)
水道水とも違うので出た水を飲むのは危険です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく教えていただきありがとうございます!知ることができて良かったです(^^)

お礼日時:2009/05/17 23:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2号消火栓のホースの長さと放水量を定める法律

2号消火栓のホースの長さと放水量の、最低限の長さ・量が、法律で決まっているのであれば、その法律を教えてください。

2号消火栓のホースの長さは最低でも、○○メートルは必要だ、
2号消火栓の放水量は最低でも、○○リットルは必要だ、
と法律で決まっているのでしょうか。



もし決まっているのであれば、その法律(○○法第○○条○○項等)を教えていただけないでしょうか。

なお、私なりに少し調べたことを下記に記します。
↓   ↓   ↓
「ウィキメディア」にて、「消火栓」で調べたところ、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B6%88%E7%81%AB%E6%A0%93
にて、
「1号は、筒先(ノズル)で毎分130リットル、0.17MPaの放水性能を有する物で、半径25メートルの円で防火対象物をカバーしなければならない。その為、殆どの物は口径40mm、15mのホース2本で構成されている。」
「2号は、筒先で毎分60リットル、0.25MPaの放水性能を有する物で、半径15mの円で防火対象物をカバーしなければならない。」と書かれています。

「半径25・15メートルの円で防火対象物をカバーしなければならない。」と書かれてあるのは、多分、1号は25m、2号は15m間隔に設置しなくてはならないという意味だと思います。



このウィキメディアの文面からは、
1号消火栓のホースの長さ→15mのホース2本
1号消火栓の放水量→毎分130リットル
2号消火栓の放水量→毎分60リットル
となっているようです。


なお、この質問は、何メートル間隔に設置しなくてはいけないかという質問ではなく、2号消火栓の「ホースの長さ」と「放水量」の質問です。

どうぞ宜しくお願い致します。

2号消火栓のホースの長さと放水量の、最低限の長さ・量が、法律で決まっているのであれば、その法律を教えてください。

2号消火栓のホースの長さは最低でも、○○メートルは必要だ、
2号消火栓の放水量は最低でも、○○リットルは必要だ、
と法律で決まっているのでしょうか。



もし決まっているのであれば、その法律(○○法第○○条○○項等)を教えていただけないでしょうか。

なお、私なりに少し調べたことを下記に記します。
↓   ↓   ↓
「ウィキメディア」にて、「消火栓」で調べたところ、
htt...続きを読む

Aベストアンサー

結論を先に書きますと、「2号消火栓のホースの長さは最低でも、○○メートルは必要だ」
と決めている法律はありません。
2号消火栓についてまず規定しているのは消防法施行令です。
「(屋内消火栓設備に関する基準)
第十一条  屋内消火栓設備は、次に掲げる防火対象物又はその部分に設置するものとする。
(中略)
3  前二項に規定するもののほか、屋内消火栓設備の設置及び維持に関する技術上の基準は、次の各号に掲げる防火対象物又はその部分の区分に応じ、当該各号に定めるとおりとする。
一(1号消火栓規定です。略。以下の二が2号消火栓規定です=回答者注)
二  第一項に掲げる防火対象物又はその部分で、前号に掲げる防火対象物又はその部分以外のもの 同号又は次に掲げる基準
イ 屋内消火栓は、防火対象物の階ごとに、その階の各部分から一のホース接続口までの水平距離が十五メートル以下となるように設けること。
ロ 水源は、その水量が屋内消火栓の設備個数が最も多い階における当該設置個数(当該設置個数が二を超えるときは、二とする。)に一・二立方メートルを乗じて得た量以上の量となるように設けること。
ハ 屋内消火栓設備は、いずれの階においても、当該階のすべての屋内消火栓(設置個数が二を超えるときは、二個の屋内消火栓とする。)を同時に使用した場合に、それぞれのノズルの先端において、放水圧力が〇・二五メガパスカル以上で、かつ、放水量が六十リットル毎分以上の性能のものとすること。
ニ 水源に連結する加圧送水装置は、点検に便利で、かつ、火災等の災害による被害を受けるおそれが少ない箇所に設けること。
ホ 屋内消火栓設備には、非常電源を附置すること。」
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S36/S36SE037.html#1000000000002000000003000000002000000000000000000000000000000000000000000000000
「放水量」についてはWIKIのとおり、「毎分60リットル以上」と明示されていますね。

また、「消防法施行規則」にもさらに細かい規定があります。
「(屋内消火栓設備に関する基準の細目)
第十二条  屋内消火栓設備(令第十一条第三項第二号 イからホまでに掲げる技術上の基準に従い設置するものを除く。以下この項において同じ。)の設置及び維持に関する技術上の基準の細目は、次のとおりとする。
一  屋内消火栓は、次のイ及びロに定めるところによること。
イ 屋内消火栓の開閉弁は、床面からの高さが一・五メートル以下の位置に設けること。
ロ 消防庁長官が定める基準に適合するものであること。
二  加圧送水装置の始動を明示する表示灯は、赤色とし、屋内消火栓箱の内部又はその直近の箇所に設けること。ただし、次号ロの規定により設けた赤色の灯火を点滅させることにより加圧送水装置の始動を表示できる場合は、表示灯を設けないことができる。
三  屋内消火栓設備の設置の標示は、次のイ及びロに定めるところによること。
イ 屋内消火栓箱には、その表面に「消火栓」と表示すること。
ロ 屋内消火栓箱の上部に、取付け面と十五度以上の角度となる方向に沿つて十メートル離れたところから容易に識別できる赤色の灯火を設けること。
三の二  水源の水位がポンプより低い位置にある加圧送水装置には、次のイからハまでに定めるところにより呼水装置を設けること。
イ 呼水装置には専用の呼水槽を設けること。
ロ 呼水槽の容量は、加圧送水装置を有効に作動できるものであること。
ハ 呼水槽には減水警報装置及び呼水槽へ水を自動的に補給するための装置が設けられていること。」
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S36/S36F04301000006.html

こちらにもホースの長さについては規定がありません。
>半径25・15メートルの円で防火対象物をカバーしなければならない。」と書かれてあるのは、多分、1号は25m、2号は15m間隔に設置しなくてはならないという意味だと思います。
まったく、そのとおりです。ただし、この[間隔]は、実際の間取りに関係なく平面図上でコンパスで半径25、15mの円でカバーすればいいことになっています。
そのため実用上を考慮して、25m以内の間隔が規定されている1号消火栓が30mホースを備えているように、2号消火栓は20mホースを備えているのが一般的なようです。
http://www.kitaura-ss.com/pages/index/drawing_folder/2hydrant_folder/hr-13.html

結論を先に書きますと、「2号消火栓のホースの長さは最低でも、○○メートルは必要だ」
と決めている法律はありません。
2号消火栓についてまず規定しているのは消防法施行令です。
「(屋内消火栓設備に関する基準)
第十一条  屋内消火栓設備は、次に掲げる防火対象物又はその部分に設置するものとする。
(中略)
3  前二項に規定するもののほか、屋内消火栓設備の設置及び維持に関する技術上の基準は、次の各号に掲げる防火対象物又はその部分の区分に応じ、当該各号に定めるとおりとする。
一(1号消火栓...続きを読む

Q屋内消火栓について

初めて質問させて頂きます!

今、防災センターに務めて居るんですが、そこで屋内消火栓について勉強をしていて、疑問に思ったんですが、屋内消火栓は、油火災や電気火災にも使えるのですか?

教えてください!
お願いします。

Aベストアンサー

基本的には、屋内消火栓の消化剤は水なので
電気や油などにはあまり相応しくはありません。
※大量の油に火が付いた際に水で消火しようとすると、
油が水に浮いて、油(火)が余計に広がる恐れなどがある為です。

専門的には、電気なら粉末、油なら泡消化剤というのように、
消化剤には水以外にも様々な物があり、それぞれに相応しい物があるのですが、
電気を扱う工場や、油・引火性液体を大量に扱う工場など、特殊な場合を除いて
一般的には水消火で対応する場合が主だと思います。

少量の油や電気の場合は水でも対応可能なので
一般的な場所であれば普通の屋内消火栓(水消火)で大丈夫だとも言えます。

ただし、それぞれに相応しい消化剤という物は別途ありますので、
電気や油火災の恐れがある場合は、それに応じた消火器を別途用意しておくのが相応しくなります。

Q屋内消火栓設備の1号消火栓について教えて下さい

ポンプ起動は消火栓ボックス内の起動ボタンでポンプを動かす事がでますが、ポンプ停止は消火栓ボックス内に停止ボタンが無い為ポンプ室にある制御盤のポンプ停止ボタンを押さなければなりません。
なぜ消火栓ボックス内にはポンプ停止ボタンが無いんでしょうか?
わかる方いましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

初期消火活動中に、勝手に停止されない為です。
起動は、各消火栓箱からできますが、初期消火活動中以外の消火栓箱から停止が可能な場合は、誤作動だと思われて、停止された場合に初期消火活動が行えません。

Qくだらない質問なんですが、よろしくお願いします。よく部屋の入口の壁など

くだらない質問なんですが、よろしくお願いします。よく部屋の入口の壁などに肩を強打します。
普通に部屋から出ようと歩いていただけなのに???。空間認識力が低いのかただおっちょこちょいなのか原因は何でしょうか?
ぶつけたのを人に見られた時は、恥ずかしいし何より自分が情けなく腹が立ちます。
そもそも、自分以外でこんな人っていてるんでしょうかね?

Aベストアンサー

ねこって、ひげでその空間認識をするそうですが、
いけると信じたときは、だめみたいです。
わたしも、よく机の角に足とか体をぶつけます。

でも、自動車教習所の教官の最後あたりの授業で、
「おれは、他の車とは数センチの隙間で回避できると
自慢していた友人が、避けきれず正面衝突で命を落とした」と
言う言葉だけを覚えたような気がします。

新宿とか東京駅のホームで他の方と肩を強打とかしてませんよね。

原因といえば、視野とか知らないうちに欠損している場合があります。
一度眼科でみてもらったほうがいいかもしれませんよ。
家族が顔面どおしの正面衝突で事故ったとき、
相手さんは、うちのが見えてなかったと言っていました。
そういう視野欠損もあります。

Q消火栓設備のポンプ

既存の屋外消火栓のポンプを使用して新規の建物に屋内消火栓を設置するのですが、ポンプの規格は同時に使用した際に有効になるような規格にしなければならないのか、同時使用を考えずに規格の大きい屋外消火栓のほうを満たしていればいいのかどちらでしょうか?両方満たすとなるとかなりワット数の大きいものになりますよね?

Aベストアンサー

消火栓のポンプ能力は、枝分かれが多くなったり配管経路が長くなりエルポ箇所が増えると能力が落ちます。
新規の建物に屋内消火栓を設置した時に既存の屋外消火栓を含めた全検査が消防署によって実施されます。
この際に既定の圧力に達しない場合は、ポンプを能力に合ったものに取り換えとなり、使用許可がおりません。
新規の建物に屋内消火栓を何箇所設置するのか、配管長さやエルポ個数が分かりませんが、私の過去の経験から消火栓ポンプの能力が最長の長さでの負荷計算をして確かめる必要があります。
能力的に満たせば消防ポンプを取り換える必要は無くなります。
能力が足りない場合は、能力の高い消防ポンプに取り換える事となります。
貴方が負荷計算が出来ない時は、防災設備の設計屋さんに計算させて確かめる必要があります。
ご参考まで

Q散水ビニールホースのぬめりについて

経験の方は教えて、散水用に使っている、ビニールホースですが、2年ぐらい使ってあちら此方に粘るぬめりだ出て手に付いたらなかなか取れにくいのですが、ホースのぬめりをとる方法と。ぬめりが出ない方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは!
最初の方が回答されていることが原因で粘りが出てしまうことがありますよ。
あとはビニール自体の寿命もあると思います。
保管状況やビニールの製品性質よってもずいぶん違いがあると思いますよ。
濡れたままぐるぐる巻いて保管していると、雑菌が腐食してホース同士のビニールも腐食してベタベタすることがありあます。
よくプラスチックの容器に消しゴムや輪ゴムを長期間保管しているとベトってくっついていることありませんか?
たぶんあれと同じ状態がビニールにおきていると思いますよ。
とりあえず、現状のホースを利用されるようであれば最初にアドバイスしてくれた方の方法で洗浄されていいと思います。
ただ、一度ではとりきれないと思いますから2,3度繰り返しされたほうがよいと思います。
あとは画材屋さんやホームセンターで売っているシール跡を取る薬剤などでふきとるのもひとつの方法です。
ただ、この薬剤は少し刺激臭があって揮発性も高いので手袋やマスク、ゴーグルなどをしたほうが安全です。
あとはホースを使用したあとの保管は、しっかりと中の水抜きをして表面を雑巾などでふき取り、わっかの状態でもかまいませんから風通しのよい陰干しをされてはいかがでしょうか?
私の経験上の手入れ保管方法なので、もしかたらもっと楽に良いやり方があるかもしれませんが、、、よかったら参考にしてみてください。

こんにちは!
最初の方が回答されていることが原因で粘りが出てしまうことがありますよ。
あとはビニール自体の寿命もあると思います。
保管状況やビニールの製品性質よってもずいぶん違いがあると思いますよ。
濡れたままぐるぐる巻いて保管していると、雑菌が腐食してホース同士のビニールも腐食してベタベタすることがありあます。
よくプラスチックの容器に消しゴムや輪ゴムを長期間保管しているとベトってくっついていることありませんか?
たぶんあれと同じ状態がビニールにおきていると思いますよ。
...続きを読む

Q耐用年数の決定

償却資産の届け出の手引きを読むと、
耐用年数は届け出をする側が記入するものと思われるのですが、
何も記入せず提出してよいと言われました。

そうすれば、市の方で耐用年数を決定してくれるからとのことでした。

事実、これまで市が決定した耐用年数で毎年の減価償却費を計算してきたようです。

しかし、これだと耐用年数が決定し、それを知らされるまでは減価償却の計算ができないと思います。

また、市が決定した耐用年数が
「減価償却資産の耐用年数などに関する省令」に基づいた耐用年数と合致しないとも思います。

市の決定した耐用年数で減価償却することに(「省令」に基づいた耐用年数と合致しなくても)問題はないのか。
問題ない場合、市が耐用年数を決定するまで減価償却はどのように行えばよいのか。

申し訳ありませんが、どなたか教えて下さいm(_ _)m

Aベストアンサー

通常は会社の判断した耐用年数を記入して申告でしょうからこういうことは気にしません。
また固定資産税は1月1日の現況で課税ですから、決算期によっては時期もかなりずれがあります。当然納税通知書の到着が間に合わないことは起こります。

でも法人税や所得税の減価償却費と固定資産税の課税標準は別な制度のものですから、これが違うことはなんら問題ではありません。

会社は決算上はあくまで法人税法上の耐用年数表にしたがって判断して決算をすればよいのです。市町村がこれと違う判断をして課税してきたとしてもそれは固定資産税上の問題で、法人税や所得税には無関係と思えばよいでしょう。
異議があれば所定の手続きで不服申立ては可能です。多分めったにないでしょうが。

実務的にはこれは困るので、ある程度の会社ならば自己の判断した耐用年数で償却資産も申告をすると思いますが。

Qよろしくお願いします

友人の釣りを見にいって、その後皆で帰ってる時に、警察に皆止められ、皆名前などをきかれました。
高校以外嘘をついてしまいましたがどこかに連絡はされますか?
友達の名前をいってしまいました。
連絡される場合は場所と確率が知りたいです。
ちなみに警察には、早く帰れよ。と言われて皆その場で帰りました。
また、ばれたら探されますか?
茨城県住みです。
11:30におきました。
心配でなにもできません。回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

確率は良くわかりません。
釣りを見に行ってと言うことですが?夜遅いから注意されたのでしょうか?
多分事件性が無く注意だけならば何も無いと思いますが。
ただし別件で捕まってあの時嘘付いたなとなると問題かな?
今後警察にチェックされるような行動を取らないことが重要では?

質問にたいしては。当日の状況・・どのくらいの事件性が有ったのか?
親に通報するとか、学校に通報するとかの処置をすべき問題だったのかによると思います。

Q屋内消火栓前の広さ

教えてください。
屋内の消火栓が設置されている場所の前は、最低何メートルの広さが必要ですか?
消火栓の前に壁を作りたいと思っています。

Aベストアンサー

消火栓の前に壁を作ることが違法です。

消火栓は、見通しのよい場所に設けることになっており、ひとつの消火栓で半径25mまで、届くように配置されているはずです。

その前に壁を設けてしまうと、半径25m全域に届かなくなる可能性があります。その場合は、消火栓自体の移動が必要です。

操作面積としては1m×1mあればいいのですが、壁を作ると操作性にどのような影響を及ぼすか分かりませんので、専門業者か、消防に問いあわせることをお勧めします。

Q福島原発事故での自衛隊の散水撤退について

 福島第一原子力発電所の事故で、当初自衛隊のヘリで散水の予定でしたが、放射線が強いと理由で撤退しましたが、自衛隊は「お国」を守るために存在しているのではないのですか。
 明日になれば、状況は悪化してかえってよくない気がしますが、どのような判断だったのでしょうか。訓練していないのは分かりますが、戦争時にもそのようなことを言うつもりなのでしょうか?

Aベストアンサー

国難ですが自衛隊は弱腰ですね。なんか、機動隊が突入するって計画しているし・・・覚悟が違うかも。
(自衛隊-戦争はありえないから殉職なんかするわけにはいかない。警察-凶行犯もいるから殉職もやむなし。なんだかな~)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報