こんにちは。連投失礼します。

スイムベイトを使ってみたいと思っているのですが、
どういうタックルが必要になるのかよく分かりません。
雑誌などでは、7ft・H~XHクラスのロッドが使われているのを見ますが、
それだけの長さ・硬さは必要なのでしょうか?
(当方、野池でのフローターがメインで、ヘビータックルはちょっと気が引けます)
いま自宅にTAV70CM-S J(LURE:3/8-3/4oz LINE:8-16lb)というクランキングロッドが眠っていますが、代用可能でしょうか?

みなさんのスイムベイト用タックルや、理想と思われるタックルセッティングなどお聞かせ頂きたいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

基本的にはグラスロッドが向いてるので


必然とレギュラー~スローテーパーになると思います
私は気分転換がてらでしか
スイムベイトやビッグベイトは投げないので
フリッピングロッドやジグロッドで投げてます
    • good
    • 2
この回答へのお礼

やはりノリ重視のロッド選びになるのですね。
手持ちのロッドが7ft・ミディアムのレギュラースローテーパーなので、嬉しい情報です。
パワーがやや不安ですが、無理のないサイズから始めてみようかと思います。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/18 18:44

スイムベイトと言っても


1/2以下から3ozオーバーの物まで多種多様にあるので
一概にコレと言えるロッドはありませんね
どのスイムベイトを使うかを決めて
許容範囲内のパワーのロッドを使いましょう
    • good
    • 1
この回答へのお礼

さっそくの連続回答、どうもありがとうございます。
そうなんですよね。サイズも多いので、どのあたりから入ろうか迷っている所もあります。
基本的には、巻物に使うようなレギュラー~スローテーパーの物が好相性なんでしょうか?

お礼日時:2009/05/17 23:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QおすすめのバスロッドBEST3を教えてください。

少々お金を出しても長く使える物を教えてください。上達したらシーバスにもトライしていけるタイプがいいです。(釣り(海・川)の経験は長いですが、どうも疑似餌で釣ることに抵抗がありいままでルアーはやったことがありません。)
それと良くつれるルアーってあるの?

Aベストアンサー

#1です。
野池っと言っても様々な野池がありますからね・・・
人があまり入っていない釣りやすい野池、人が多くプレッシャーの高い野池、水草だらけの野池、コンクリートで全面覆われた野池・・・
ですから一概になんとも言えませんね。
以前、私がレスした内容の一部です。参考にしてください。

釣れるルアーですが、極論を言うと全種類のルアーがよく釣れます。
なぜ、あそこまで、多種多様なルアーがあるかというと、バスという自然相手の釣りですので、その日の釣り場のコンディション、狙うポイント、バスの活性など様々なファクターによってルアーを試行錯誤しながら使い分け、その場面で最適なルアーを選択するのです。
そこがバス釣りの面白さの大きな部分でもあると思います。

で、それでは曖昧な回答なのでいくつか具体的にアドバイスを。
どこの釣り場に行かれるのかわからないので、一般論になりますが、このバスの個体数の大幅な減少、ハイプレッシャーな時代を考えますと、一番、釣れる可能性が高い(そういうシュチュエーションに出くわす可能性が高い)のは間違いなくワームです。
昔はプロトーナメントでもワーム以外のルアーでよく優勝や上位入賞者が出ていたのですが、今はそういったご時勢ですので、ほとんどワーム系統のルアーが日本のハイプレッシャーのレイクでは有効になっています。(もちろん、例外はありますよ。自然相手なんですから)
よってワーム系がベストでしょう。
ワームのリグ(仕掛け)はあなたの行かれる釣り場の情報が全くないので書くことはできません。
(池でも様々ですからね)
ただ、ノーシンカー系は一般的に強いですね。
そして、一般的にはスモールワーム系がスレたバスには有効な時が多いです。

動かし方のポイントはこれもコンディションによって変わるのですが、一番有効な時が多いアクションはアリが歩いているくらいのスピードで巻くことです。
(ノーシンカーワーム系は少しまた違うのですが・・・)
初心者はワームを速く巻き過ぎる傾向が強いです。
時々、ポーズ(動かさない)も入れましょう。
これがけっこう大事なポイントです。

あと、私への質問ではないですが・・・
>ダイコーのどのタイプ(クラス)がいいのでしょうか?。
ですから、コブレッティー、バロウズ、カリスマの3機種から選べば間違いありません。
(バロウズは使ったことがないですけども)
まあ、カリスマが価格も比較的、手頃で性能も良くお薦めです。

ダイコーは有名プロが使っていない為、初心者は不安になる人もおられるようですが、有名プロが使っている有名ロッドに多くブランクを提供している老舗のブランク(ロッド)メーカーです。
ですから安心してください。

#1です。
野池っと言っても様々な野池がありますからね・・・
人があまり入っていない釣りやすい野池、人が多くプレッシャーの高い野池、水草だらけの野池、コンクリートで全面覆われた野池・・・
ですから一概になんとも言えませんね。
以前、私がレスした内容の一部です。参考にしてください。

釣れるルアーですが、極論を言うと全種類のルアーがよく釣れます。
なぜ、あそこまで、多種多様なルアーがあるかというと、バスという自然相手の釣りですので、その日の釣り場のコンディション、狙うポイント...続きを読む

Qグラスとカーボンの違い(バス)

素人ですいません。ロッドのグラスファイバーとカーボンの違いを教えてください。またロッドを見て素材がどちらかは判別できるんでしょうか?釣り具屋さんに行きロッドを見たんですがわかりませんでした。また初心者向けのロッドがありましたら是非教えていただけますようお願い申しあげます。

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

グラスロッドはグラスファイバーというガラスを繊維にした奴でつくったもので雑な言い方をすれば光ファイバーの親戚で、カーボンというのは炭素を繊維にしたもので雑な言い方をすれば石炭やダイヤモンドの親戚なんです。だから同じ体積のガラス対石炭の重さ比べではガラスのほうが重いというわけ。

見分け方としては定価2万円以上のロッドであれば確実にロッドの手元の太さがあからさまに違うので分かりますよ。グラスファイバーはあまり細くすると強度が極端に弱くなるからサカナ掛かっても折れちゃって使えねえって事になるんです。
#1さんの言う「グラス=ペナンペナン」という発想は、忘れちゃって下さい。っつーのも私の工房ではペナンペナンじゃないグラスロッドを作ってますから。それに「トップウォーター用の竿」だけじゃないんです。っつーのも私の工房ではグラスのトラウトロッドや雷魚ロッドも作ってますから。ペナンペナンじゃ雷魚、釣れねえよ。重くて肉厚(ロッドを真っ二つに切って使っているグラスの厚さを測って「結構使っているな」という状態)なグラスロッドは重さから発生するトルク(サカナが逃げようと動こうとする力を止める力)がハンパないので最近では「サカナが暴れずに寄せる事ができる」と見直されているんです。
ムダムダ情報として、グラスのトルクがどんだけハンパないかといえば、棒高跳びって競技があるでしょ?あれで選手が使っている棒って、今でも重たいグラスなんです。カーボンだとパワー(引っ張っている力を引き寄せる力)はハンパないけどトルクが貧弱だから、カーボンが安く手に入るようになってもグラスが使われ続けているんです。
このパワーとトルクの違いから、リップが障害物に引っかかりやすいクランクベイトや引っ張り続けるスピナーベイトやバイブレーションを使うにはグラスロッドのほうが優れているのでクランキング・ロッドとかではグラスが今でも使用されるのです。

でもグラスロッドの場合「ロッドの重さを利用して」「押し出すように」キャストしないと全然飛ばない。っつー事でこれから釣りを始める人が最初に使うロッドとしてはチョイ手こずる。なので最初はグラファイト(カーボンでもいろんなカーボンがあって、特性を計算して組み合わせた者をこう呼びますが、ぶっちゃけカーボンの事)の購入をお勧めします。まずはグラファイトでとりあえず何でも使えるロッドを購入して、バス釣りにハマって「金出すの惜しくない」的な気分と懐事情になったらクランク専用とかジグヘッド専用とかっつーロッドを意識すればよろしい、というわけ。

で、本当は「ウチのロッド」と言いたいところですがウチは基本「ハマった人が使うと超楽しい」でおなじみの工房で、バス用ロッドはまだ開発中。っつー事で予算とかリールの種類とか書いてないので雑に分類して紹介しますと…
1万円以下だとSHIMANOのBASS ONE(ベイト:http://www.rakuten.co.jp/bass-infinity/104160/1857155/1862452/#1460655 スピニング:http://www.rakuten.co.jp/bass-infinity/104160/1857155/1862456/#1460663)。これからバスを始めた人って結構多い傑作。私もここから始めました。
1万円台ならメジャークラフトのスライサー(ベイト:http://item.rakuten.co.jp/naturum/416798/ スピニング:http://www.rakuten.co.jp/bass-infinity/104160/138815/239595/239598/#258336)がベストでしょう。もう少し高いのでも構いませんが、慣れていないうちは『キャスト→巻く→来た!と思ったら根掛かり→どうにもこうにも、外れない→泣きながらラインを切る』っつーのがお約束。できる限りルアーとラインにお金を掛けたいのでロッドは安いほうが助かるっつーわけ。
2万円以上だとG-LoomisのIMX(ベイト:http://item.rakuten.co.jp/naturum/93549/ スピニング:http://item.rakuten.co.jp/naturum/93554/)をお勧めします。G-Loomisっていうのはアメリカのメーカーなんっすけど、これがアメリカンな発想で「とにかく折れなくてパワーのある軽い竿」っつー一歩間違えるとバカの発想で竿作っているので頑丈。慣れないうちは信じられないところで竿折っちゃうのが誰もが通る道ですが、頑丈なのでそんな心配もかなり大幅になくなるんっすわ。IMXは去年あたりまで最高級機種だったので性能は大変よろしい。
3万円以上出すんだったらG-LoomisのGLX(ベイト:http://item.rakuten.co.jp/naturum/93568/ スピニング:http://item.rakuten.co.jp/naturum/93570/)。霞ヶ浦や琵琶湖に住んでる?っつーようなベテランさんでも唸るという傑作で、通なら良さが絶対分かるっつーお手本ロッドっす。
以上のどれかを買えばオカッパリ、ボートどちらでも使えるロッドとして長く使えることでしょう。


ついでに言えば、個人的にはネットショップを多用していますが、実店舗でも会員登録してポイントを貯める事をお勧めします。特にロッドやリールを買うとポイントでラインやルアーが買えますから。

どうも、釣りバカです。

グラスロッドはグラスファイバーというガラスを繊維にした奴でつくったもので雑な言い方をすれば光ファイバーの親戚で、カーボンというのは炭素を繊維にしたもので雑な言い方をすれば石炭やダイヤモンドの親戚なんです。だから同じ体積のガラス対石炭の重さ比べではガラスのほうが重いというわけ。

見分け方としては定価2万円以上のロッドであれば確実にロッドの手元の太さがあからさまに違うので分かりますよ。グラスファイバーはあまり細くすると強度が極端に弱くなるからサカナ掛...続きを読む

Q13メタニウム ブレーキ設定について

13メタニウムをネット購入したので、
SVSブレーキの設定を行なっていますが説明書の図解が分かりにくく、困っています。
赤い小さなコマがあるのですが、これをハメ込むくぼみが6つあって、
それぞれ2箇所カチッとハマる感じがあります。
説明書の図解をみると、片側だけカチッとはめ込んでる状態でONということなのですが、
これであっているのでしょうか?両方はめ込んでる状態では回転の遠心力でコマが出ないので
ブレーキ力も働かない、というように理解したつもりなのですが。

写真の一番左のコマが少し浮いてるのですが、この状態でONで良いのですか?
これを中心方向に押しこむとカチッとはまりこみますが、これがオフなのでしょうか?

それと白いのと赤いの、2種のコマが入っておりましたが、ブレーキの効きが異なるのでしょうか?
セッティング例などお教え頂けると幸いです。

ちなみに今まではスコーピオンDCを使用しておりました。
飛距離に不満が出たので買い換えました。

Aベストアンサー

ブレーキシューが軽くカタカタと動く状態がON(強)です。
SVS∞は従来のON/OFFタイプと違って固定した状態でも
弱ブレーキが掛かるようなので実質OFF(ゼロブレーキ)は無いと思われます。
ブレーキシューはブレーキ力の強い(抵抗の大きい)赤とい白があります。
ブレーキシューは6つ全て搭載する必要はありません。
(6つONしなければならない状況が無い為)
なのでスプール軽量化の為に2個ほど外しておきましょう。
赤2、白2と言う感じでセットすると良いと思います。
特に対角にセットする必要は無いですが見た目で対角で入れてOK。

外部ブレーキは回す事でブレーキパイプが迫り出したり引っ込んだりして
ブレーキシューの抵抗を変化させる事が出来る仕組みです。
数字の間の部分の山も有効なので外部ダイヤルとしては60パターン。
内部6x外部60パターンなので実質は∞ではないですけどね。
内部も赤と白の組み合わせで6個ONでも得られるブレーキ力に違いが出て
そう言う意味では∞なんでしょうね。

・豆知識
今は大丈夫だと思いますがブレーキシューの音が大きくなってきた場合、
極微量のオイルを塗布すると音がマイルドになります。
(付けすぎるとバックラッシュの原因になります)
出荷時は磨耗や音関係で微量のオイルが塗布されてて、
旧SVSからメンテナンスで塗布すると言うのはメーカー公認です。

ブレーキシューが軽くカタカタと動く状態がON(強)です。
SVS∞は従来のON/OFFタイプと違って固定した状態でも
弱ブレーキが掛かるようなので実質OFF(ゼロブレーキ)は無いと思われます。
ブレーキシューはブレーキ力の強い(抵抗の大きい)赤とい白があります。
ブレーキシューは6つ全て搭載する必要はありません。
(6つONしなければならない状況が無い為)
なのでスプール軽量化の為に2個ほど外しておきましょう。
赤2、白2と言う感じでセットすると良いと思います。
特に対角にセットす...続きを読む

Qラバージグのフッキング

バス釣りのラバージグについて質問です。

最近、よくラバージグを使うのですが、他のルアーより明らかにランディング率が悪いです。。。

フッキングは得意中の得意なのですが、どうしてもラバージグだけは、ファイト中にバラしてしまいます・・・(大体、10回当たりがあれば、取れるのは2~3匹)フッキングのタイミングや方法を試行錯誤しましたが駄目でした。。

何か改善策はないでしょうか?
宜しくお願いしますm(_)m

Aベストアンサー

ラインブレイクという訳ではないようですね。
ラインの摩擦やバスのバイトによって、劣化してることが多いのでコマ目に結びなおした方がいいと思います。
が今回はこちらの話ではないということで・・・

ラバージグは、ワームのフックとは違いラインを通して作用する力点と、フックポイントが作用する角度が大きく違うので、フッキングも難しい部分があると思います。
他の方も回答してますが、竿は固めのものを使うとだいぶバレにくくなると思います。
アワセ一発で、バスの硬いアゴを貫通させるパワーが必要です。
同じ竿で色々なリグを使いまわすとしても最低でもミディアム以上、理想はミディアムヘビー以上がいいようです。
アクションはファーストテーパーよりはレギュラー(ミディアム)テーパーのがラーバージグには向くようです。

また、アワセのタイミングも少し遅めでもいいと思いますよ。バスが食わえて、バスが持っていく重さを感じてからアワセでもランディングできます。

よいバスライフを!!

Qグラスロッドの合わせ方について

バス釣りをしているのですが、
巻物をよく使うのでグラスロッドを購入しました。
しかし、カーボンロッドではばらす事はあまり無かったのですが、
グラスロッドを使うようになってから、どうもバラシが多くて。σ(^_^;)

グラスロッドとカーボンロッドでは合わせ方が違うのでしょうか?

Aベストアンサー

普通、グラスロッドのほうがバラシは少ないという定説があります。
バラスとすれば、ロッドが柔らかすぎてフッキング出来ていないとかじゃないでしょうか?

フックに拘ってみましょう。
ロッドが柔らかいのであれば、良質の細軸のフックに交換しましょう。

意外と知らない方が多いのですが、手元に伝わらないバイトもあるのです。
そのときフックが鋭いものであれば、掛かってしまいますので、釣果は自動的に増えることとなります。

私はバスはもうやっていませんが、シーバスでは一番重要なのがフックです。これが少しでも甘いと釣れません。

村田基さんが昔、フックを研ぐだけで3倍釣れる。なんて言っていましたが、3倍とまでは行きませんが、確実にバラシも減って、ヒットも増えて、釣果も当然激増しますよ。

グラスロッドならバーブレスフックを推奨します。

Qバスが釣れません どうして バスプロは あんなに釣るのでしょうか?

いつも誠にありがとうございます。
何卒宜しくお願い致します。

月に二度ほど通っている地元リザーバーがあります
勿論ボートも出すんですが
私自身50UP実績もあります

しかしその全てが

「釣った」ではなく

「釣れてしまった」

すなわち
「ねらった釣り」

いわゆる「パターンを読んだ釣り」等ではないのです

残念な事にバス釣り歴10年を超えても未だに成長しません

今の時期はデカバスが縦横無尽にシャローにステイしていましたが
ルアーに見向きもしません

リザーバーそのもののプレッシャーは中以下です

完全に実力不足で困っています

最近では巻物で釣った事がないです
そもそも、太いラインでジャラジャラ キラキラ そんなので
釣れる気すらしません

バスが神経質なのかな?等と思い
2インチヤマセンコー ライン3LB もうほとんど
チマチマしています

それでも 釣れてもブルーギル程度です・・・

しかし、釣りビジョンなどで拝見している某バスプロの面々は
さすがプロだけ有り 洞察力もさることながら
的トーに投げて的トーに巻いてるだけと思いきや
ハードルアーでがんがん釣っています

読み 感覚 などずば抜けているなと感心させられます・・・

魚探も買いました、ルアーも全て試しました、
ちまたの書物もあさりました
天候条件など左右されるのは重々承知です

しかしバスの存在は確認しているのにこうも釣れないのか・・・
と、実力のなさに 悶々としています

何かこのような状況を打開すべくお知恵を頂ければ幸いです

何卒宜しくお願い致します。

いつも誠にありがとうございます。
何卒宜しくお願い致します。

月に二度ほど通っている地元リザーバーがあります
勿論ボートも出すんですが
私自身50UP実績もあります

しかしその全てが

「釣った」ではなく

「釣れてしまった」

すなわち
「ねらった釣り」

いわゆる「パターンを読んだ釣り」等ではないのです

残念な事にバス釣り歴10年を超えても未だに成長しません

今の時期はデカバスが縦横無尽にシャローにステイしていましたが
ルアーに見向きもしません

リザーバーそのもの...続きを読む

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

テレビは編集ってモンがありますよね。つまり撮影スケジュールを1週間とか1ヶ月とか組んでその期間釣りっ放しで回しっ放し(カメラを止めずに撮影する事)、で、編集で釣れたシーンやかっこよく見えるシーンを繋げてそれっぽいBGM乗っけていけば…はい、あなたもバスプロと呼ばれる連中並みに釣りがうまい人に出来上がり♪
最終的にはその番組やコーナーのディレクターやプロデューサーの良心に委ねるところなのでその番組・コーナーを信じる信じないはあなた次第、というわけです。

と「ウソで固めたテレビ局」の話はともかく、昔から「釣り人の話半分」と言って釣り人の話は半分くらいに薄めて解釈するのが正解です。

もっともバスプロと呼ばれる人は人様があくせく働いている時に釣りをしなければならない。風が強かろうが雨が降ろうが雷が鳴ろうが釣りをする、何故ならそれが仕事だから。でも堅気の皆様から見れば釣りはどこまで行っても「遊び」だから「いいご身分だね」とやっかみ半分で言われてしまう。だからバスプロと呼ばれる人達は認めてもらうのがひと苦労、バスプロでなくても一般的に「遊び」とされていることを仕事にするのは理解してもらうのが大変です。

で、あなたは「バス歴10年」と言っていますが、その中身を思い出してください。例えば 1: 毎日欠かさず仕事(登校)前に2時間ほどバス釣りに行って休日は丸々バス釣りをしていたか、それとも 2: 休みの日は欠かさず釣りに行っていたが平日は仕事(学校)に行っていたか、それとも 3: 連休が取れないと釣りには行かなかったか…1に当てはまればバスプロ並みですよね。2だと人並み、3だと下手すりゃ1に当てはまる「バス歴2年」な人のほうがはるかにうまかったりしますよね。
私も転勤で東北に赴任した時近所は野池だらけでバスだらけだったので毎日暇さえあれば通って、こちら(横浜)に戻ってくる時には周りが引くほど上手くなっていた。経験に勝る先生はいません。
もしあなたが2や3に該当するなら「そもそも、太いラインでジャラジャラ キラキラ そんなので釣れる気すらしません」なんて抜かす事自体10年早い。苦言を呈しますが、大雑把な年数は10年なんでしょうが実質的な実釣時間はこんな言葉を吐くまでに達していません。デートした事も手を握った事もない奴が女について語っているようなものです。だから「釣れない」という結果になって現れているんでしょ?まずは御託を並べずにジャラジャラ・キラキラも「試しに」投げてみる、今使っているリグで攻めているようにガンガン攻めてみる、コレが肝心です。何故なら経験に勝る先生はいませんから。

で、やってみるとコレが結構楽しかったりします。ジャラジャラ・キラキラで釣って釣って釣りまくって、「釣れる気がしねえ」と言ったほうが、傍から見てもよっぽど説得力があり、カッケーでしょ?あなたにだってかっこ良くなる資格はあるんですから。

さらに経験談を言うと「手本にする人を一人に絞る」という事。コレ、結構重要。
例えば世界のタナベと村上ナントカとではまるっきり逆の事やってるでしょ?コレを初心者のうちに両方追いかけてたら分けわかんなくなっちゃう。でもどちらかに絞り込んでその人の言うことだけを聞いていればその人が得意な事がある程度分かってくる。んでもって別の人の話を聞いたら「あ、コレはこのリグ(ルアー)の事を言ってるんだね。」と今まで蓄えた標準装備にオプションをつけることができる、というわけ。
何でもかんでもとりあえずいわれた事を頭に叩き込んでいるだけでは「ナビやABSは買ったけどクルマは持ってない」状態で、ハッキリ言って「意味ないじゃん」です。
手本にする人は別にバスプロと呼ばれる人達じゃなくてもいいんです。むしろバスプロと呼ばれる人を探すほうが大変です。むしろいつも行く釣り場で超うまい奴がいたら恥も外聞もかなぐり捨てて聞いてしまう、いつも自分が疑問に思っている事を尋ねてしまうとよろしいでしょう。「遠くのミラクル・ジムより近所の達人」という諺もあります。

あたしゃ「むっつりツンケンして『塩分取りすぎ?』ってくらいカリカリしながら必死で数釣るのにあくせくして挨拶しても知らん顔、挙句の果てにゃ乾いた手で魚体を握ってブチッと力任せにフックを外してそこら辺にポイッと投げてリリース完了、とばかりに再びカリカリしながらキャストする」奴より「挨拶したら『よう♪』とか返事して、『あ!バレちゃった…』『ありゃりゃ、今アタックしてきたよ』とかなんとか言いながら見るからに楽しそうに釣りをしていて、バーブレスフックを使っているからスルッとスマート且つスピーディにフックを外して魚が元気に泳ぎ出すまで竿を置いて見守っている、ピシャっと跳ね返したら『恩仇かよ』と笑いながら再び竿を持つ」人のほうが余裕があってカッコ良いと思うし、好きだなぁ。バーブレスなんて、余裕がなきゃつけられないでしょ。そんでもって何気に釣りまくっていたら超カッケーと思うけど…実際、余裕のある奴って男にも女にももてるんだ。余裕のない奴はやっかむだけだけど。

そこんトコ、どうでしょう?by大泉洋、です。

どうも、釣りバカです。

テレビは編集ってモンがありますよね。つまり撮影スケジュールを1週間とか1ヶ月とか組んでその期間釣りっ放しで回しっ放し(カメラを止めずに撮影する事)、で、編集で釣れたシーンやかっこよく見えるシーンを繋げてそれっぽいBGM乗っけていけば…はい、あなたもバスプロと呼ばれる連中並みに釣りがうまい人に出来上がり♪
最終的にはその番組やコーナーのディレクターやプロデューサーの良心に委ねるところなのでその番組・コーナーを信じる信じないはあなた次第、というわけです。

...続きを読む

Qバサーがベイトリールを多用するのは何故?

ブラックバスの雑誌を読んでみると、記事に登場する人の多くがベイトキャスティングリールを使っています。

僕はバス釣りはやりませんが、大型プラグやスピナーベイト等、引き抵抗の重いルアーを多用する釣りだというのはわかります。

ですが、小さいプラグやソフトルアーをノーシンカーで投げるときだってあるはずです。
飛距離が必要なときもあるでしょう。

そういった情況ではスピニングの方が有利なんじゃないかと思いますが、バス業界でのベイトリールを使う方が多い理由を聞かせてください。

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

理由?簡単です。楽だから。以上。

ホントこれだけです。
だって考えてみて下さい。スピニングだと
1:ラインを人差し指に引っ掛けて→2:ベイルを倒して→3:ようやくキャスト→4:んでもってルアー着水と同時にフェザーリングでラインを止めて→5:ベイルを戻して→6:ようやくリーリング、ですがベイトの場合
1:スプール(ライン)を親指で押さえると同時にクラッチを切って→2:もうキャスト→3:ルアー着水と同時にサミングでラインを止めて→4:もうリーリング、
と行程を2つも省略できちゃう。
オカッパリでもボートでも基本ポイントを一つでも多く叩くのが釣果を上げる基本だから気がつけば丸1日釣りをして1000投前後キャストする、こんだけキャストしていると2行程が結構面倒臭くなってくる。
でも昔、それこそほんの10年位前までは「ベイトで7gをキャストできればそのリールは優秀」と言われていて、7g以下はスピニング、と使い分けるのが当たり前でした。がアンタレスやTDが超軽いスプールと優秀なブレーキシステムを発表してから5g前後のもの(4インチヤマセンコーがこれくらいの重さ)くらい普通に投げられるようになっちゃった。だからスピニングはオニ軽いリグやオニ小さいプラグくらいしか必要ない、キャストの基本さえしっかりできていれば全部ベイトでも頑張ればいけちゃうようになっちゃった、というわけ。
最近のベイトリールは軽いルアーでもスピニング並みに投げられちゃうんです。ただし軽いのを投げる用のロッドと、ベイトキャスティングの基本がしっかりできていれば、の話ですが。

しかしベイトには落とし穴があって、着水してから着底するまでの間(フォーリング)のアタリを取るにはサミングのタイミングを遅らせたりラインを繰り出してやらなければならないという面倒臭い手間が掛かります。しかしスピニングだとベイルを戻さなければラインは出っ放し、ラインの動きに集中する事ができるというわけ。適材適所で使い分ける、という事ですね。

本当はイトウやサクラマスでもベイトを使うと手返しが早くなってよろしいのですが、他のルアーでは概してずっと使い慣れたスピニングのほうが良い、という人が多いのが実情ですね。「なんかキャストが難しそう」っていう先入観もありますしね。
また釣り味というのも大きい、と個人的には考えています。メカニカルな部分だけを見れば最近じゃ1:7のギヤ比のベイトまであるので圧倒的に釣りを有利にしてくれるベイトのほうが優秀、となりますがある程度釣り人を不利にしたほうがゲームそのものは白熱して面白くなります。バレるかもしれない、とハラハラドキドキしたほうが釣った喜びは大きい、と。この目線で見るとバス釣りって言うのは…忙しくてせっかちな釣りなんですね。

どうも、釣りバカです。

理由?簡単です。楽だから。以上。

ホントこれだけです。
だって考えてみて下さい。スピニングだと
1:ラインを人差し指に引っ掛けて→2:ベイルを倒して→3:ようやくキャスト→4:んでもってルアー着水と同時にフェザーリングでラインを止めて→5:ベイルを戻して→6:ようやくリーリング、ですがベイトの場合
1:スプール(ライン)を親指で押さえると同時にクラッチを切って→2:もうキャスト→3:ルアー着水と同時にサミングでラインを止めて→4:もうリーリング、
と行...続きを読む

Qバスロッドのティップアクションとパラボリックアクションについて

下の質問を読んでいてバスロッドのアクションについて気になったので教えてください。
まず、アイマハッピーさん目から鱗の情報ありがとうございます。

ティップアクションとは先調子、パラボリックアクションとは胴調子って意味でしょうか?
ググれば分かると思ったんですが参考までに教えて欲しいと思います。

私の使ってるタックルは竿がエバーグリーン コンバットスティック クロスファイア スティードと、シマノ メタニウムMg DC、ラインはナイロン2.5号です。

この竿一本で今はやってますが、現在主に投げてるルアーはメガバスのドッグXとポップX。アクションはつけやすいと思ってますがひょっとして間違いかも・・・。

ワームも軽めのジグヘッド(たぶん7g位)で最初はやってましたが常に呑まれる状態でした。釣り方は投げて底でちょんちょんしながらゆっくりまくという方法。
ラインが走り出したら釣れたって感じでした。

ドッグXにしてもポップXにしても魚は出るのですが初心者なのであわせ方がよく分からず、また、30分以上投げててやっとの一匹なのでその練習もなかなか出来ない状態です。(今日も40分やっててやっと1バイト)
今日たまたま聞いた話では早巻での合わせで良いとのことですが、ショートバイトではじかれまくってルアーが飛んじゃったってのもあります。

ここで質問ですが
スティードはティップアクションっぽい気がするのですが間違いでしょうか?
エバーグリーンの竿でパラボリックアクションの竿となるとどれがおすすめ?
スピニングの竿でドッグXやポップXを使うならどれが良いのか?はたまたベイトの竿が良いのか?
やっぱりメガバスのルアーならメガバスの竿が良い?

ドッグXを使う場合はリールはギヤ比が7のほうが良いのか?

今後はスピナーベイト、バスベイトを使おうとも思ってます。
一度投げたことはありますが巻抵抗が大きかったのでMH位の竿が必要かなって思いました。

シーバスではMLの竿(モアザンブランジーノ95ML)を使ってますがトップ(フローティングミノーのスロータダ巻き)でもうまく乗ることがほとんどなので竿かアクションが早いなどが原因かな?と思ってます。

質問ばかりで申し訳ないですがバス関係の雑誌を読みすぎてかえって訳が分からなくてってます。

下の質問を読んでいてバスロッドのアクションについて気になったので教えてください。
まず、アイマハッピーさん目から鱗の情報ありがとうございます。

ティップアクションとは先調子、パラボリックアクションとは胴調子って意味でしょうか?
ググれば分かると思ったんですが参考までに教えて欲しいと思います。

私の使ってるタックルは竿がエバーグリーン コンバットスティック クロスファイア スティードと、シマノ メタニウムMg DC、ラインはナイロン2.5号です。

この竿一本で今はやってますが、現...続きを読む

Aベストアンサー

釣って1年半と伺いましたがなかなか着実にスキルを上げてらっしゃるようですね。
それにしても40分で1本のペースとは・・・
釣れるエリアをお持ちのようで羨ましい。

ティップアクションとは先調子、パラボリックアクションとは胴調子って意味でしょうか?

正解です。
ああ!そうか、中学生にこの表現は不親切だったかな(汗)?

ロッドのアクションについてですが、先の質問では大雑把にまとめましたがティップ・パラボリックといっても本当に色々なのです。ここではもう少し細かくお話してみましょうか。

文中ではクランクベイトはパラボリックで、とは書きましたが実際にはティップとパラボリックの間くらいのカーヴを描くくらいのしなやかさが良かったりします。この辺は後述しますが、ここまで来ると好みも多分に含まれてきます。だから一概に言えないのです。

ティップ・パラボリックの見分け方は、「床や天井に穂先を押し付けて曲げてみる」「同じ重量のウェイトを穂先からたらして曲がりを比較する」「ロッドパワーを十分に引き出したキャストをしてみる。バットに十分な弾性を感じるロッドはパラボリック、バックスイングでもティップしか曲がらないロッドはティップ」などがあります。

この見方が出来ればロッドのメーカーはどうあれティップとパラボリックくらいの見分けはつくと思います。それでも「?」と言うのがあるのならそれは先ほど記述したティップとパラボリックの中間アクションのロッドなのかもしれません。

丁寧にロッド名まで挙げていただきましたが、私はメーカーでロッドを選ぶ習慣がありません。全て釣具屋で振ってみてから決めます。なのでどれはこういうアクションで・・・みたいな視点や知識がありませんので・・・
すいません(汗)。

どのロッドアクションが正解・不正解、と言うものは実釣の前では空しいものです。だって要は釣れればいいんですから。
STELLA3000様は「見方が間違っているかもしれない」と言いますが、良いんですよ釣れているんですから。
ただ、迷いが生じた時のための判断材料として知識を持っておくのはいけないことではありませんのでその点に関してお話をさせてもらいます。

話というのは、「何故このロッドにこのルアーなのか?」という事

まずティップアクションに向いたルアー
・ワーム
・ラバージグ
・スピナーベイト
・ミノー

パラボリックアクションに向いたルアー
・トップウォーター
・クランクベイト
・ミノー

先の質問ではルアーごとの適合ロッドを上記のように定義しました。
STELLA3000様にはここからもう少し突っ込んだお話をします。

上のルアーの中でティップの感度が特に要求されるのがワームとラバージグです。極端な話、バットはガチガチそのくせティップはピロピロと動くようなロッドがワームロッドです。これは自分ではアクションしないルアーを水底でチョンチョンと動かすためと、バスがワームをくわえ込んで飲み込んでいく過程をきちんとキャッチし浅掛りや飲み込みを防ぐためのセンサーの役目をします。そのためのティップなのです。

次にスピナーベイトとクランクベイト、この2つのルアーは先ほども書いたようにティップとパラボリックの中間で曲がるロッドでの操作がマッチするルアーです。どちらも引き抵抗が大きいロッドですのであまり胴から曲がるロッドだとアクションをロッドが吸収してしまいます。特にクランクベイトはリーリングで急角度で潜行し、障害物にヒットしてヒラを打つ動作を魚にアピールする事を主眼においています。この時パラボリック過ぎれば動きを吸収してしまいますし、ティップアクションだとルアーを障害物から弾いてしまいます。
この種のルアーが生むイレギュラーな動きを弾かぬよう、吸収せぬよう動かせるロッドが(どちらかといえば)パラボリックアクションなのです。

最後、トップウォーターですが。
これは「トップにはパラボリック」もう常識のように言われていますからご存知かと思います。水面で動かすルアーですので、ここでは高弾性のロッドはご法度です。トップウォーターにグラスロッドがもてはやされているのもそのせいです。キモは「動かさないように動かす」。
出来るだけ一つところで「うにょうにょ」と動かすためにはただでさえ抵抗の少ない水面でのルアーの抵抗を弾かない、グラスロッド特有の粘りで、人間の過剰な引く力をロッドに吸収してもらってルアーを操作するのです。

先の質問は中学生との事でしたのでロッドは2本と定義しましたが、STELLA3000様は以上の3種のロッドをフラグロッドとして位置づけてはいかがでしょうか?
※すいません、リールまでお話が届きそうにありません


で、ここからが割と集めづらい情報になるのですが、
STELLA3000様はバスロッドの有名メーカーの情報はお持ちなのにそのロッドがどんなアクションなのか自分の中で知識が少ない事を疑問に思われた事はありませんか?

誤解でしたら申し訳ありませんが、STELLA3000様はこれまであまりロッドアクションの事に多くの理解をしてこなかったのではないかと推察します。これは仕方のないことで、STELLA3000様にロッドアクションに関する情報が入ってこなかった事が原因です。

その辺にあるメーカーのカタログをめくってみればお分かりかと思いますがルアーごとのロッドアクションに言及した解説が驚くほど少ない事に気付かれると思います。

何故でしょう?
これはメーカーサイドでルアーにあわせたアクションのロッドを製作する事がかなりの負担になるからです。
ロッドの製造方法を考えてみると理解できるのですが、ロッドと言うものはバットパワーを備えたティップアクションになればなるほど製作が難しくなり、普通に作ったら多くのロッドはパラボリックアクションに仕上がります。
これは柔らかいロッドであるほどその傾向は顕著になります。

なので、低価格帯のロッドを振り比べて見てください。みんなパラボリックアクションですから。

でもなんとか軽量でしなやかなティップアクションを作ろうと思うとバット部に高価なボロン素材を採用してみたり、製作工程が増えるのを承知でバットとティップで異なるブランクで1本のロッドにしてみたり、メーカーは涙ぐましい努力をしています。開発費が掛かる割には高価なロッドは低価格帯ロッドと比べて儲かりませんしね。だから目的に特化したチューニングのロッドほど大手は作りたがりません。

片方ではルアーごとの要求されるロッドアクションは異なると言う情報が流れており、でもメーカーは殊更に製品のアクションには触れたくないと。

そんなわけで出来上がっているのが現在のルアーロッド業界の情報密度という訳なのです。

釣って1年半と伺いましたがなかなか着実にスキルを上げてらっしゃるようですね。
それにしても40分で1本のペースとは・・・
釣れるエリアをお持ちのようで羨ましい。

ティップアクションとは先調子、パラボリックアクションとは胴調子って意味でしょうか?

正解です。
ああ!そうか、中学生にこの表現は不親切だったかな(汗)?

ロッドのアクションについてですが、先の質問では大雑把にまとめましたがティップ・パラボリックといっても本当に色々なのです。ここではもう少し細かくお話してみましょ...続きを読む

Qサワムラのワンナップシャッド

ワンナップシャッドの3インチを使用しているのですが、1/0のオフセットフックで使用するとワームそのものが水中でクルクル回ってしまいどうにもうまくいきません…
ジグヘッドだとうまいことテールがフリフリしながらロールして泳ぐのですが…
何度セットし直してもオフセットだとうまくいきません(;;)
ノーシンカー、テキサスいずれもダメです。
ジャッカルのアンモナイトシャッドなども使ってみたいのですが、クルクル回るのが怖くて買えていない状況です(笑)
どうすれば回らずに泳がせられるでしょうか???

Aベストアンサー

ワンナップシャッドのオフセットセッティングはかなりシビアですよね。
フックを細身の♯1を使ってみてはいかがでしょうか?
サワムラでは、3インチにはがまかつワーム316 #1を推奨していますね。
また、テールに曲がりなどがあるとうまく泳がないことがあるようです。
保管にも注意するといいですよ。

Qアルミボート(12フィート)+普通トレーラーの月/維持費は。。。

アルミボート(12フィート)+普通トレーラーの月/維持費は。。。
どれくらいなのでしょうか?

当方現在、

10フィートパント+軽トレーラー+5馬力
(船舶免許所有 / 駐車場有り)

にて現在 
小~中規模リザーバーを中心にバス釣りをしています。




軽トレーラーの車検も近いので

そこで普通トレーラーの購入と、船外機馬力UP+
12フィートクラスのアルミボートに変えようと考えています


船検も必要になると思いますし
トレーラーの場合、中間検査?も必要になるみたいです。

船検と車検別々に考えてもいいのですが

そこで質問です

12フィートクラスのVハルアルミボートを
普通トレーラーで所有すると
月当たりの概算維持費はいくら位になりますでしょうか?

何卒宜しくお願い致します 。

Aベストアンサー

13ft+普通トレーラーを所有しています。

細かい数字抜きでざっくりの費用ですが、

ボートの維持費として
登録費用 約 7000円(1度きり)
定期検査 約17000円(6年毎)
中間検査 約 8000円(〃)

トレーラーの維持費として
車検費用 約12000円(毎年・ユーザー車検)
自動車税 約10000円(毎年)
高速料金が中型扱いとなる

大体以上のようになると思います。
毎月の維持費としては0円ですが、これらの費用の平均額ということであれば、
ご自身で計算してください。

また、12FtVハルであれば、普通トレーラーはいりません。
小型で十分です。自動車税がほぼ半額となります。

あと、トレーラーと中間検査は何の関係もありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報