こんばんは。
いつもありがとうございます。

四面楚歌のことわざについて、いままでは周りが敵ばかりで味方になってくれる人がいないという意味だと思っていました。
たぶんそれはあっているんだとは思うんですが、世界史を習ってみると
項羽(四面楚歌のはなしの主人公だと思うんです)は「楚」の国の人なんです。
もし四面から「漢」のうたが聞こえてくるなら敵ばかりと感じるということで納得できるんですが、「楚」のうたがきこえたらふつうは?まわりは味方だらけでどっちかっていうと「うわあい」みたいに項羽は喜ぶはずではないでしょうか?
よく野球とかサッカーでも外国で試合する時に相手国の応援ばかりで「完全にアウェー状態です。」みたいに言ってるのを聞いたことがあるので、このころの人の思考回路は今とは違うってことなのでしょうか。

もしよかったらおしえてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

すでにもうみなさんが説明されていますが、僕としては、ちょっと補足して、このお話が実は漢軍の策略だったという説を紹介します。



この時、項羽の軍は「ガイカ(漢字が変換できません^^;)」という所で敵の漢軍に追い詰められて、篭城している状態なのです。
何重にも包囲されて、味方の兵も少なくなり、食糧も尽きかけていました。
しかし、項羽の軍は勇猛果敢なことで有名で、それでも降伏するつもりはありません。

漢軍からしてみれば、篭城されれば戦が長引きますし、攻めるにしても、決死の覚悟で立てこもる相手と戦うとなると、こちらの被害も大きくなります。
そこで考えたのが、項羽軍の戦意をそぐことでした。

項羽の故郷は楚というところですが、ここの言葉は独特のもので、出身者でなければなかなか話せないようなものだったそうです。
なので、まわりを取り囲む漢軍の中から楚の歌が聞こえてくれば、項羽は自分の故郷の人間が、裏切って漢の味方についたのだろうと思い、もはや味方はいなくなったのだと意気消沈するだろうと考えました。
そして、わざと楚の歌を項羽に聞こえるように歌わせたというのですね。

実際、それを聞いてすぐに項羽は虞美人を自分の手で殺し、一気に敵中を突破する行動に出たのですから、本当に漢軍の作戦であれば、大成功だったということになります。

ってことで、「四面楚歌」は「敵中で孤立する」という意味で使われます^^

この回答への補足

教えてくださった皆様へ☆
こんばんは。色んな回答がそれぞれわかりやすかったり面白かったりしてポイントをどうするかわからなくなってしまいました。
なので行数を数えて多かった方にポイントつけさせていただきました。
全部の回答がとてもよかったです。
ありがとうございました^-^♪☆☆☆

補足日時:2009/05/23 23:19
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは☆
お返事が遅れてしまってごめんなさい。

これは漢軍の策略で、項羽軍の戦意を早くそぐために独特な楚のことばで楚のうたをうたわせたということなんですか・・
で項羽はその作戦にはまってしまったんですね。
そしたらこの作戦で動揺しないでいられたら歴史はかわっていたかもしれない?んでしょうかね・・

とてもおもしろいです。
ありがとうございました☆

お礼日時:2009/05/23 23:16

元の文書は読んでいないので、私が教わった内容を書きます。



彼らは既に自分達が取り囲まれていることを知っていました。
周殷の裏切りもあって楚軍は漢軍に取り囲まれてしまったのです。
既に援軍も望めないと考えていた時に、漢軍の中にいた楚出身の者に楚の歌を歌わせました。
楚の兵士は(逸話では「項羽が」となっています)漢の陣営から故郷の歌が聞こえてくるのを聞いて、「楚は既に漢に下ってしまったのだろう。だからこんなにも多くの楚の歌声が敵陣から聞こえてくるのだ。我々は味方からも見放された」と考え多くの兵が逃亡してしまいました。
このことから孤立することを四面楚歌というようになったのです。

だから厳密に言えば、敵の応援では四面楚歌ではありませんが、この場合は孤立無縁になった状況が重要です。
日本の応援の声が聞こえず、まるで日本の応援席からも敵の応援が聞こえてくるような錯覚に陥れば、四面楚歌と言って構わないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。
お返事が遅くなってしまいました。ごめんなさい!
項羽は取り囲まれた時点ではまだひとりではなくて
だけど取り囲まれた時点でもう周殷には裏切られて傷ついていて
そこで漢軍のなかから楚のひとたちのうたごえがきこえてきて、それで項羽も一緒にいた人たちもみんなショックをうけて、そうしたら一緒にいた人がそのショックで逃亡して項羽はひとりぼっちになってしまった、という何段階かでどんどんひどくなってくる四面楚歌状態みたいなおはなしを想像しました。

回答者の方によってすこしずつお話がちがうみたいなところもおもしろくてとても楽しめました。

教えてくださってありがとうございました^-^♪

お礼日時:2009/05/23 13:03

周りが「漢」なのは見てわかります。

が、そこから「楚」の歌が聞こえてくるということは、母国の「楚」が占領されたか、降伏したかによって、捕虜となってしまっていると思ったのです。
その時の「楚」の歌は、下記のようなものです。
京劇での歌詞なので、当時の歌かどうかはわかりませんが、、、

田园将无胡不归,千里从军为着谁。
沙场壮士轻生死,十年征战几人回。

訳すと、

田園まさに蕪(あ)れなんとす、帰りなんいざ
千里の従軍は、そもそも誰がためぞ?
戦場の勇者は命を惜しまぬ
十年も戦って幾人(いくひと)か帰る?

もっと訳すと、

ふるさとの田舎の田畑は荒れほうだい、苦しい戦は、誰のためなのか?
戦場の勇者は命を惜しまないが、何年も戦って何人帰るのだろうか?
「四面楚歌ということわざについて」の回答画像6
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事遅くなってしまいました。
ごめんなさい!
周りが漢であることはみればわかるから、ということだったんですね。

楚の国の歌おしえてくださってありがとうございます。
歌の内容が、他の方が教えてくださったウィキペディアにのっていた江東(でしたよね・・)のひとたちを戦いで死なせてしまったという話と似ていると思いました。おもしろいです。
でもこのうたを敵のところにいる楚の人たちから聞かされたら、さっきの江東のエピソードとあわせて考えると項羽はダメージすごかったかな、と思いました。

とてもおもしろいです。
ありがとうございました♪

お礼日時:2009/05/23 12:42

項羽率いる楚の出征軍が、韓信率いる漢軍に追い詰められた夜、四方を囲った漢軍の陣から楚の歌が聞こえてきました。


それを聞いた項羽は「もう楚は漢に下ってしまったのだ」と思い絶望したそうです。
「敵軍から故郷の歌が聞こえて来る」=「故郷はもう敵軍の手に落ちたのだ」ということです。
だから厳密な「四面楚歌」の、元々の意味としては「周りが敵ばかり」というより、「味方のあてがない」状態だと言えます。(周りが敵ばかりなのは包囲された時点で解っているわけですし)
「味方が助けに来てくれる可能性が無い」から、真の意味で「周りが敵ばかり」になるわけです。

スポーツならぬ戦争だからこその状況ですね。スポーツでは味方が寝返ったり下されて従ってたりすることはありませんから。(多分)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは☆
お返事遅くなりました。ごめんなさい・・

うーんと、敵軍から故郷の歌がきこえてくる=故郷は敵軍の手に落ちた
で、周りが敵ばかりなのはすでにわかっているわけだからそれよりも味方の当てがない状態なんですか・・

敵がいても味方のあてがあればまだ期待していられるってことなんですね!一瞬むずかしかったですがたぶんわかりました。

あとは・・スポーツで味方が寝返ったりしたがってたりしたらすごいおもしろいですね!(みてるだけなら)

ありがとうございました☆

お礼日時:2009/05/21 22:43

 項羽は楚から兵を引き連れて秦を滅ぼし、一時西楚の覇王(在位紀元前206年 - 紀元前202年)と号した。

その後、天下を劉邦と争い(楚漢戦争)、当初は圧倒的に優勢であったが人心を得ず、次第に劣勢となって敗死した。
 劉邦軍に囲まれて城に立てこもっている時に劉邦軍の中から項羽の故郷である楚の国の歌が聞こえてきた。これを聞いた項羽は「劉邦軍は楚の兵士も味方に付けている。楚の人間のなんと多いことか」と嘆いた。
 これが「四面楚歌」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは☆
お返事遅くなってすみません。

劉邦軍にかこまれているときに、劉邦軍のなかから楚の歌が聞こえてきた、ってことなんですね!
それで楚のひとも劉邦軍の味方になっちゃったと思ったわけですね。

よくわかりました。
ありがとうございました☆

お礼日時:2009/05/21 22:33

故郷の歌が聞こえてきたことで、漢軍が楚をすでに支配してしまったと


項羽は落胆したんです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9E%93%E4%B8%8B% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは☆
漢軍が楚の人たちに無理やり歌わせたってことでしょうかね・・

それでおしえていただいた「ウィキペディア」見てみたら教科書よりずっと詳しいお話がのっていてとてもおもしろかったです。
それまでは項羽のほうがわるもので劉邦がいいものみたいになんとなく思っていたのですが、
天下を二分する盟約がむすばれていたのに劉邦が盟約を反故にしたとか・江東に渡らなかったときのエピソードとか、
かわいそう!なかんじでイメージかわりました。
でも劉邦は天下を統一して400年もつづく漢王朝が出来たってことだからそのほうがよかったんでしょうかね?(質問ではないです・・)
がいかの戦いのおはなし、とてもおもしろかったです。

おしえてくださってありがとうございました☆

お礼日時:2009/05/18 23:38

“楚”の人たちが裏切って敵になり、その人たちが漢軍の中で楚の故郷の歌を歌っているんですね



それを聞いた項羽が、楚はもう占領されてしまったんだろうと思ったわけです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは☆
”楚”の人たちが裏切って漢軍のなかでうたっているんですか。
なにかに、項羽がみんなに意地悪なことをしたからみんなが劉邦の味方をしたみたいに書いてあったと思ったんですが
その人たちかな・・なんかちょっとこわいみたいですね!
教えてくださってありがとうございます。
それから☆受験の時もありがとうございました☆

お礼日時:2009/05/18 23:23

 敵に囲まれているという状態で、周囲から聞こえてきたのが自分の国の歌だった。

つまり、自分の国の人間すら敵であったということなのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは☆
項羽は歌を聞いて、囲んでいるのが敵であることに気ずいたんじゃなくて最初から敵だって言うことがわかっていたということなんですね!

おしえてくださってありがとうございました♪

お礼日時:2009/05/18 23:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q四面楚歌とだいたい同じ意味内容を持つ四字熟語

四面楚歌とだいたい同じ意味内容を持つ四字熟語

ほか3つってなにがありますか?
考えても出てこないので
質問させていただきました。

Aベストアンサー

>ほか3つってなにがありますか?

「3つ」というのが、分かりませんが、四面楚歌の『周りを敵に囲まれて、孤立している状態』という意味から考えたら、

・一騎当千
・背水の陣
・苦肉の策
・絶体絶命
・蚊帳の外

等が似ていると思います^^ゞ

Q「くみする」は味方で、「くみしやすい」は敵?

「与する」という言葉があります。
同意して味方になるとか力を貸すとか言う意味です。
「肩入れする」みたいなニュアンスですよね。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%AF%A4%DF%A4%B9%A4%EB&kind=jn

ところが、「与し易い」という言葉になると、
「相手としておそれるに足りない」という意味になってしまいます。
意味からみて、明らかに敵になってますよね。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%AF%A4%DF%A4%B7%A4%E4%A4%B9%A4%A4&kind=jn&mode=0&jn.x=29&jn.y=15

同じ言葉のはずなのに、「~しやすい」という接尾語をつけるだけで、さっきまで味方だったのが敵になってしまいました。なぜこのようなことが起こったのでしょう?
「与する」と「与し易い」は語源が異なるのでしょうか?
ご存じの方、教えて頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

「与する」が「仲間にする」ではなくて「仲間になる」ということで、多少疑問は残りますが、恐らく交渉事などで「味方に引き込みやすい(容易に丸め込むことができる)→相手としておそれるに足りない」ということではないでしょうか。

Q四面楚歌の意味について

四面楚歌の元となる歴史上の出来事として
漢の劉邦と楚の項羽の戦いがありますが、
楚の歌を歌っていたのは、漢軍なのでしょうか?
それとも楚軍なのでしょうか?
色々と調べてみたのですが、楚軍と書いてあるところと
漢軍と書いてあるところを見つけてしまい
結局どちらなのか分からなくて困っています。

Aベストアンサー

なんともいえません。
楚の歌を歌っていたのは
・漢軍に投降した楚軍の兵
・劉邦が策略で漢軍に歌わせた
の2つの説があるからです。

「史記」では上になっていますが下の説もあります。

Q味方の中に敵がいたみたいな言い回し

AがBと一緒になってCと戦っていたつもりが、
実はBが本当の黒幕だったりとか、
Cよりも(Aにとって)悪い奴だったりとか、
「敵と戦っているつもりだったのに本当の敵は味方の中に居たのか!」
みたいな慣用句や故事成語みたいな言い回しがあったような気がするのですが、
ご存知の方はいらっしゃいませんでしょうか?

Aベストアンサー

1.隙穴の臣(げきけつのしん)・・・・・・BがAを追い落とそうとする
2.埋伏の毒(まいふくのどく)・・・・・・BはCから送られた小物
3.駆虎呑狼(くこどんろう)・・・・・・CがA・Bに仕掛けた罠
4.軒を貸して母屋を取られる・・・・・・AがBに乗っ取られる
5.面従腹背(めんじゅうふくはい)・・・・・・BがAに従った振りをしている状態

Q職場の四面楚歌を乗り越えた方体験教えて下さい

よろしくお願いします。

最近転職したんですが、職場で四面楚歌で辛いです。
経験者として入社しましたが、
もともと、同じ部署の同僚も上司もは経験者が入ることを
よく思っていなかったため、四面楚歌な状態の上
仕事も教えてもらえず辛いです。

性格的にも見た目も地味なので、
人間関係でも苦労は今までもそれなりに
ありましたが、今までにないアウェー感なんです。

しかし、年齢的にも(30代半ば)、キャリア的にも
すぐに辞めてしまうわけにはいきません。

職場で四面楚歌でも、それを耐えていった結果
逆転したというような経験をお持ちの方
経験談を教えてくださいませんか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

転職してからずっと四面楚歌状態の会社員です。
『逆転』といえるほどの経験はありませんが、何とか前向きに戦ってます(←?)。

私の場合は「なぜ四面楚歌なのだろう…」と冷静に考えてみて、ある結論に至りました。
それは「私だけが四面楚歌」なのではなく、職場の全員が何かしらギクシャクしていて、皆多かれ少なかれ疎外感や閉塞感を感じている・・・と言うことです。

つまり会社の経営状態自体に不安があることが、もっとも大きな問題ということです。
そう思うようになってからは、私は、周りの目を気にすることを辞めました。

当たっているかどうかは分かりませんが…上のように考えた方が気が楽になったので、そう思っています。頑張ってください。

Q項羽と劉邦

高校2年生です。
テストが近くて項羽では劉邦の
はい公、虎口を脱すの書き下しをやってるのですが
どこがだいじなのかわかりません。
時間もないので具体的にとの文の書き下しが大事なのかおしえてください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

「沛公、虎口を脱す
沛公はすでに出た。(沛公がなかなか帰ってこないので)項王は都尉の陳平に呼びにいかせる。一方、沛公が言うことに「今、会見場から出てくるとき別れの挨拶をしていない。これをするにはどうしたらよいか。」と。樊かいは「大事を行う時には、ささいな慎みなど問題にせず、重大な礼をするときには、小さな譲り合いは問題にしない。今、相手は包丁とまな板であり、自分は魚や肉である。どうして問題にするだろうか、いやしない。」と言った、そしてすぐに去る。そこで、張良に留まり謝らせた。張良は「我が君が来た時、何を持ってこられましたか」とたずねた、沛公は「私は白璧一双を持って来て項王に献上しようとし、玉斗一双を亜父に与えようとしたけれども、その方の怒りにふれたので、進んで献上することができなかった。そこで私の代わりにこれを献上しなさい。」と言った。張良が言うことに「了解した。」と。この時、項王の軍は鴻門の下にいて、沛公の軍は霸上にいて、そこから去るのに四十里あった。沛公はそこで車と馬を置いて身を脱出して一人だけ馬に乗り、樊かい・夏候嬰・靳彊・紀信ら4人は剣と盾を持って歩き走って驪山の下から芷陽を通って、こっそりと近道を通った。沛公は「この道より私が軍に着くには二十里だけだ。私が軍中に入るのを見計らってあなた達もそこで入れ」と言った。沛公はすでに去って、ひっそりと軍中に入った。張良は入って謝罪して言うことに「沛公はもうお酒を飲めず挨拶することができない、謹んで臣良に白璧一双を献上し再拝して大王の足元に、玉斗一双を献上した。」と、項王曰く、「沛公は今どこにいるのか。」張良が言うことに「大王が沛公に過ちをとがめる意志があったので身を脱して去った。もう自軍に至っただろう。」と。項王は璧を受け取り座席においた。亜父の范増は玉斗を受け取りこれを地に置いて、剣を抜き、突いてこれを壊し「ああ、青二才め、共に大事をはかるなどできない。項王の天下を奪う者は必ず沛公だろう、私たち一族は沛公の捕虜となるだろう」と言った。沛公は軍に到り、すぐに曹無傷を誅殺した。」

どこが大事かというより、全体のストーリーを
理解することが大切です。

登場人物が何をどうした、されたというのを理解しておきましょう。
劉邦(沛公)・・・後に項羽を倒し漢の国を建国した。
項羽・・・劉邦のライバル、天下の豪傑だが、劉邦を甘く見たため後に敗れる
范増(亜父)・・項羽の軍師、劉邦暗殺を進言していた
張良・・・劉邦の軍師
樊かい・夏候嬰・靳彊・紀信・・・劉邦配下の将軍たち
曹無傷・・・劉邦配下、項羽軍に劉邦を讒訴していた

この話は、秦朝末期の楚漢戦争の前哨戦のような話で、
「項羽は関中に入ろうとしたが、その時すでに、別働隊として咸陽を目指していた劉邦が関中に入っていた。功績を横取りされたと感じた項羽は大いに怒り、劉邦を攻め殺そうとした。劉邦は慌てて項羽の伯父項伯を通じて和睦を請い、項羽と劉邦は酒宴を開いて和睦の話し合いを行い、劉邦は命拾いをした。これが有名な鴻門の会である。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A0%85%E7%B1%8D
劉邦がうまく危険な宴席を機転を利かせて逃げ出すシーンの話です。

「沛公、虎口を脱す
沛公はすでに出た。(沛公がなかなか帰ってこないので)項王は都尉の陳平に呼びにいかせる。一方、沛公が言うことに「今、会見場から出てくるとき別れの挨拶をしていない。これをするにはどうしたらよいか。」と。樊かいは「大事を行う時には、ささいな慎みなど問題にせず、重大な礼をするときには、小さな譲り合いは問題にしない。今、相手は包丁とまな板であり、自分は魚や肉である。どうして問題にするだろうか、いやしない。」と言った、そしてすぐに去る。そこで、張良に留まり謝らせた。...続きを読む

Q四面楚歌について

四面楚歌の「之」の指す内容を本文中から抜き出しなさいという問題の答えを教えてください

Aベストアンサー

 こんばんは、夜分に失礼します。
「項王の軍垓下に壁す。兵少なく食尽く。漢軍及び諸侯の兵。之を囲むこと数重なり。」の原文は「項王軍壁垓下。兵少食尽。漢軍及諸侯兵囲之数重。」となっていますね?
 確かに現代語訳(意訳)しますと、項王の軍ととれると言いたいところですが、少し待って下さい。「壁」が「城壁に立て籠もる」ことを意味するならば、囲んだのは垓下に設けた項羽の城との意味になります。
 兵と城ならば同じじゃんとはいえない。ましてや「こそあど言葉」の内容を具体的に記せとの設問ですから、より慎重に対応すべき必要もあります。
 野原の真ん中に野営を張り、その周囲を僅かな兵隊で囲んでいる姿がどこに記されているかといえば、それは読み手による勝手な解釈ともいえます。仮に野営を囲んでいる者が兵士であるとしても、その兵士を囲むとの釈文を作ることはおかしな話にもなります。
 こうした観点からすれば、この設問には正解はないとするのが正解です。文中にある言葉を抜き出せというのであれば、「動詞として使われている『壁』に記されている城壁」とするのが正解でしょう。
 こんな珍問を出した教員の顔を是非観てやりたいですね 笑


【追記】
『史記』の「項羽本紀」に綴られたこの「四面楚歌」のエピソードを殊の外、項羽の孤独や虞美人で説明する風潮が古い世代の方々にはみられますが、項羽がそうした最期を迎えるに至った理由を考えれば、それは判官贔屓と同じ程度の個人的な思い込みが多分に作用しているとの問題点にも目を向けて考える必要も十分にあります。
 そうした刷り込みはえてして、国語教育には支障も及ぼしかねませんので、文章を読む時には「自分の頭も真っ新にして読むこと」をお勧めもします。

 こんばんは、夜分に失礼します。
「項王の軍垓下に壁す。兵少なく食尽く。漢軍及び諸侯の兵。之を囲むこと数重なり。」の原文は「項王軍壁垓下。兵少食尽。漢軍及諸侯兵囲之数重。」となっていますね?
 確かに現代語訳(意訳)しますと、項王の軍ととれると言いたいところですが、少し待って下さい。「壁」が「城壁に立て籠もる」ことを意味するならば、囲んだのは垓下に設けた項羽の城との意味になります。
 兵と城ならば同じじゃんとはいえない。ましてや「こそあど言葉」の内容を具体的に記せとの設問ですか...続きを読む

Q項羽と劉邦の「樊噲、頭髪 上指す」(漢文)について

次の答えはあっているでしょうか。


「此亡秦之続耳」について

Q.樊噲はどのようなことを言おうとしているのか。

A.項羽のやり方は間違っている、
賛成できないということ。


もしも間違っているなら
教えていただけると嬉しいですm(__)m

Aベストアンサー

原文ではこらちですね。

「而聴細説、欲誅有功之人。此亡秦之続耳。窃為大王不取也。」

「而るに細説を聴きて、有功の人を誅せんと欲す。
此れ亡秦の続なるのみ。窃かに大王の為に取らざるなり。」と。

なのに、(項羽は)小人の讒言に耳を傾け、
功あるものを誅殺しようとしている。

これでは、滅亡した秦と同じことだ。




ということですから、まあ大筋はあたっていると思います。

Q四面楚歌

この状況はどう打破すればいいのでしょうか…?
四面楚歌 絶体絶命です 泣

Aベストアンサー

おはようございます。

azuki-7さんもユニークですね。
失礼ですが笑ってしまいました。
お住まいは北海道でしたね。
ゲージは金網製ではなくアクリル製の方が良いでしょう。
そしてハムスター用のヒーターがあった方が良いでしょう。
ハムスターは寒くなると冬眠しますが、
そのまま凍え死ぬ場合があります。
ハムちゃんと猫ちゃんを離れた環境で飼うしかないでしょう。

Q『外に出たら、七人の敵がいる』と言う諺の 7人とは、どんな敵なのですか?

諺で、『外に出れば、七人の敵がいる』という言葉を小さい時に両親がよく言ってました。

未だに、オイラはその『七人の敵』がどーいう敵なのか判りません。

             教えて下さい。

検索で、「諺 七人の敵」などと探したのですが、具体的にどういう敵と捉えられる7つの敵に相当するモノがあるのか、判りませんでした。

オイラが、子供の頃から学校に行くときなどに両親が「男は外に出たなら、7人の敵がいると思え」と言ってたのですが、なんのことなのかいまだに判らないままです。

仏教の言葉で、『七難』『七災』などと言うそうですが、羅刹(らせつ)難・刀杖難・鬼難・枷鎖(かさ)難・怨賊 のそれぞれの、『羅刹』『刀杖難』『枷鎖(かさ)難』の意味も良かったら、どーいった災いなのか、教えて下さい。

以上、2つの質問なのですが、よろしくお願いします。


大きく成長したオイラは、『七人の敵』は存在せず、実は、『誰の心にも潜む、恐怖心や猜疑心、嫌悪感、判断力不足、浮かれてしまう心などのような、全て自分の心に宿り眠る総合的な、『自分が招いてしまう行動力の無さ』が、本来の意味では無いのかともこの頃思い始めました。

宜しくお願いします。

諺で、『外に出れば、七人の敵がいる』という言葉を小さい時に両親がよく言ってました。

未だに、オイラはその『七人の敵』がどーいう敵なのか判りません。

             教えて下さい。

検索で、「諺 七人の敵」などと探したのですが、具体的にどういう敵と捉えられる7つの敵に相当するモノがあるのか、判りませんでした。

オイラが、子供の頃から学校に行くときなどに両親が「男は外に出たなら、7人の敵がいると思え」と言ってたのですが、なんのことなのかいまだに判らないままで...続きを読む

Aベストアンサー

一説には石田三成が、豊臣恩顧の臣7人から襲撃を
受けかけたことがあり、それが語源ではないかと言われて
います。この時三成は政敵の徳川家康の元へ身を
寄せて難を逃れました。

七難については、以下のサイトに乗ってました。
私も勉強になったんで感謝します!

参考URL:http://homepage3.nifty.com/myrrha/soul/66.htm#七難


人気Q&Aランキング