SQL Server 2005について質問です。

現在、SQLServer2005に関するパラメータ設計書のとおりに
パラメータ値が設定されていることを確認するための手順書を作成していますが、
以下の項目についてどのように確認したらよいかわからず困っています。

・データベースの所有者名
・日付の相関関係の最適化有効
・データファイルの初期サイズ[MB]
・自動圧縮設定
・自動終了設定
・統計の自動更新設定
・統計の自動作成設定
・統計の非同期的自動更新設定
・復旧に関するページ確認設定

他の項目についてはTechNet等で該当の情報を得ることができました。
なお、SQL Server Management Studioはインストールしていない環境です。

どうぞよろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

他のは調べられて、これだけわからないというのも不思議な気がしますが、とりあえず順番に書いておきます。


select
d.name,
suser_sname(d.owner_sid),
d.is_date_correlation_on,
round(m.size * CONVERT(float,8) / CONVERT(float,1024),0),
d.is_auto_shrink_on,
d.is_auto_close_on,
d.is_auto_create_stats_on,
d.is_auto_update_stats_on,
d.is_auto_update_stats_async_on,
case d.page_verify_option when 0 then 'NONE' when 1 then 'TORN_PAGE_DETECTION' when 2 then 'CHECKSUM' end
from sys.databases d
inner join sys.master_files m on m.database_id=d.database_id and file_id=1
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変たすかりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/20 00:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q処理件数を非表示にしたい

ManagementStudioでストアドプロシージャの開発をしています

開発中、デバッグのためにプロシージャをコールすると、SQLの発行の度に
「何件処理されました。」
「何件処理されました。」
「何件処理されました。」
「何件処理されました。」
「何件処理されました。」
・・・

と処理件数が表示され、確認の際に邪魔で困っています。
処理件数を非表示にするにはどうすれば良いでしょうか?

また同様に、SELECT文の発行ごとにSELECT結果がグリッドに表示されるのを非表示にできないでしょうか?

Aベストアンサー

処理件数を非表示にする方法

⇒SELECT文の前に「set nocount on」を記載すると件数は表示されません。

SELECT文の発行ごとにSELECT結果がグリッドに表示されるのを非表示にする方法

⇒デバッグのためには表示された方が良いと思いますが、
 とりあえず…SELECT文の前に「SET NOEXEC ON」を記載するとデバッグだけ実施され、
 グリッドは表示されません。
例であげると以下のとおりです。
SET NOCOUNT ON
SET NOEXEC NO
SELECT *
FROM DB.dbo.TableName
go

QSQL Server時間切れについて

初めまして。SQL初心者です。
あるシステムにおいて、SQLサーバが無応答?になり、システムがダウンしてしまい、困っています。

Windows2000Server、SQL Server2000、VB6を用いてDBに定期的にRead&Write、及び各種のデータ表示を行っています。
ADOを使用して、接続や各コマンドを実行しているのですが、ごくたまに以下のエラーが出てしまいます。
Code:-2147217871,Description:時間切れになりました。Source:Microsoft OLE DB Provider for SQL Server,SQL State:HYT00,NativeError:0
過去ログや他サイトを調べた結果、コネクションのCommandTimeoutの秒数を延長させる、とあったので60秒に変更しました。
が、不定期(大体1週間~10日前後で夜中や朝方などにもあり)にこのエラーが出てしまい、約1時間~1時間半もダウンしています(この間のエラーをOn Errorではじいてログファイルに保存しています)。
毎分必ず実行しているストアド(20装置分のデータをUPDATEするので1分に20回実行する)があるのですが、必ずと言っていいほどこのストアド実行中に落ちています。
このストアドに5~6個のパラメータを渡し、複数のテーブルに対してUPDATE処理を行っています。
正常に動作している時は、数日間全く問題無いので、ストアドやVBのコードに間違いは無いと思います。

そこで、SQL Serverの設定等を見直したところ、1つ気になったところが。データベースファイル
\Microsoft SQL Server\MSSQL\Data\aaa.MDF
のサイズが14Gになっていました・・・。
このファイルにアクセスする時にSQL Serverで高負荷になってしまい、無応答のような状態になってしまうのでは?と思っていますがどうでしょう?

不定期に発生し、かつ再現性が無く、原因が掴めずに本当に困っています。
先輩方、何でも良いのでアドバイスをお願い致します。

初めまして。SQL初心者です。
あるシステムにおいて、SQLサーバが無応答?になり、システムがダウンしてしまい、困っています。

Windows2000Server、SQL Server2000、VB6を用いてDBに定期的にRead&Write、及び各種のデータ表示を行っています。
ADOを使用して、接続や各コマンドを実行しているのですが、ごくたまに以下のエラーが出てしまいます。
Code:-2147217871,Description:時間切れになりました。Source:Microsoft OLE DB Provider for SQL Server,SQL State:HYT00,NativeError:0
過去ログや他サイ...続きを読む

Aベストアンサー

14Gですか・・・大きいですね。
データの構造がどうなのか解らないので、
容量的に妥当かどうかはわかりませんが、
一度インデックスの再構築と圧縮を掛けてはどうでしょうか


CREATE PROCEDURE SP_COMPRESS AS

DECLARE @name varchar(30)

DECLARE tnames_cursor CURSOR FOR
SELECT name FROM sysobjects
WHERE type = 'U'
OPEN tnames_cursor

FETCH NEXT FROM tnames_cursor INTO @name
WHILE (@@fetch_status <> -1)
BEGIN
PRINT @name + 'のDBREINDEX...'
EXEC ('DBCC DBREINDEX ('+ @name + ')' )
FETCH NEXT FROM tnames_cursor INTO @name
END
DEALLOCATE tnames_cursor

dbcc SHRINKFILE("SampleDb_Log",1)
DBCC SHRINKDATABASE("SampleDb",1)
GO


データベース名は自分の環境に合わせてください。
また、バックアップは必ず取っておいてください。
14Gもあれば結構時間がかかると思いますが・・・

とりあえず参考程度に・・・

14Gですか・・・大きいですね。
データの構造がどうなのか解らないので、
容量的に妥当かどうかはわかりませんが、
一度インデックスの再構築と圧縮を掛けてはどうでしょうか


CREATE PROCEDURE SP_COMPRESS AS

DECLARE @name varchar(30)

DECLARE tnames_cursor CURSOR FOR
SELECT name FROM sysobjects
WHERE type = 'U'
OPEN tnames_cursor

FETCH NEXT FROM tnames_cursor INTO @name
WHILE (@@fetch_status <> -1)
BEGIN
PRINT @name + 'のDBREINDEX...'
EXEC ('DBCC DBREINDEX (...続きを読む

QSQL Server のキャラクターセット(内部文字コード)は何処で定義するのでしょうか?

SQL Server超初心者です。(Oracleについては約1年ちょっとの経験はあります)どうぞよろしくお願いします。
今回SQL Server2005 を使って簡単なシステムを構築する事になりました。
SQL Serverが扱う文字コートについて教えてください。
Oracleを使っていた時の経験としてDB内部のキャラクターセットと
クライアントで使う文字セット(NLS_LANG)を意識しておかないと、いろんな「文字化け」問題に遭遇した時に対応できませんでした。
きっとSQL Serverにおいても同じような事ではないかと思いここに質問させていただきます。
以下2点についてどなたかコメント願います。
1.(Oracleでいうキャラクターセット)はどこで定義するのでしょうか?
2.OracleでいうNLS_LANGに相当するものはあるのでしょうか?
 (ひょっとしたらマイクロソフト製品なのでサーバもクライアントもCP932固定なのでしょうか?)

根本的にはシステム構築する上で『極力文字化けに遭遇したくない』思い出このような質問をさせていただきました。
『文字化け』について注意点などありましたら合わせてコメントいただければ助かります。
以上よろしくお願いします。

SQL Server超初心者です。(Oracleについては約1年ちょっとの経験はあります)どうぞよろしくお願いします。
今回SQL Server2005 を使って簡単なシステムを構築する事になりました。
SQL Serverが扱う文字コートについて教えてください。
Oracleを使っていた時の経験としてDB内部のキャラクターセットと
クライアントで使う文字セット(NLS_LANG)を意識しておかないと、いろんな「文字化け」問題に遭遇した時に対応できませんでした。
きっとSQL Serverにおいても同じような事ではないかと思いここに質問...続きを読む

Aベストアンサー

Windowsのロケールの設定を日本語にした状態でSQLServerをインストールした場合、cp932がデフォルトの照合順序になります。照合順序については参考URLをご覧下さい。

SQLServerではわかりませんが、PostgresではJDBCドライバ部分で変換していたように記憶しています。ODBCドライバではAutoTranslateという機能があります。

このため、ODBC接続で何も考えずにvarcharを使用するとcp932になります。

参考URL:http://www.microsoft.com/japan/msdn/sqlserver/sql2005/bb330962.aspx

QDOSのバッチで、テキストファイル中の文字を置換したい

いつもお世話になっております。

WindwsXPでDOSバッチを使ってテキストファイル中にある文字列1を文字列2に置換したいのです。
ネットをさまよっていて、こんな例を見つけました。
(参考にしたのはここです。http://www.fpcu.jp/dosvcmd/bbs/log/cat3/cat54/2-0391.html)

======================
@echo off
if "%1"=="" goto end
set fname=%1
copy %fname% org >nul
type nul >%fname%
for /f "tokens=1* delims=" %%a in ( org ) do (set line=%%a&& call :sub)

del org
goto end

:sub
:この1行下の acb=xyz に置換前と置換後の文字列を指定する。
set l=%line:abc=xyz%
echo %l%>>%fname%
goto :EOF

:end
======================

これをsample.batという名前で保存し、DOSのウィンドウでsample < a.txt と打つと、a.txtファイル中の"abc"が"xyz"に置き換わります。

これに手を入れて置換前と置換後の文字列を可変にしたく思い、sub中に

set mae=abc
set ato=xyz

の2行を加え、変数に値を設定するようにしました。

ところが、次の1行の書き変え方がわかりません。

set l=%line:abc=xyz%



set l=%line:%abc%=%xyz%%

のように変えてみましたが、うまく動きません。

どなたかご教授いただけませんか。DOSだけでファイル中の文字列の置換ができればset文を使う使わないにはこだわりません。

いつもお世話になっております。

WindwsXPでDOSバッチを使ってテキストファイル中にある文字列1を文字列2に置換したいのです。
ネットをさまよっていて、こんな例を見つけました。
(参考にしたのはここです。http://www.fpcu.jp/dosvcmd/bbs/log/cat3/cat54/2-0391.html)

======================
@echo off
if "%1"=="" goto end
set fname=%1
copy %fname% org >nul
type nul >%fname%
for /f "tokens=1* delims=" %%a in ( org ) do (set line=%%a&& call :sub)

del org
goto end

:sub
...続きを読む

Aベストアンサー

No.5 です。

>勝手に引用してしまってすみません。
皆さんに参考にしてもらうために回答しているので気になさらずに引用してください。

さてご質問の件ですが、

◆予備知識
まず、環境変数を%で囲むと、バッチがその行を実行するときに環境変数の中身に置き換えられることを理解してください。
例)
set mae=abc
set ato=xyz

echo %mae% %ato% ←※

※の行が実行されるとき、実際は
echo abc xyz
と置き換えられてecho文が実行されます。

また、バッチ内では %% と%が2つ並んだ記述は1つの%に置き換えられます。

例)echo 10割は100%%
10割は100%


◆今回の場合

call set l=%%line:%mae%=%ato%%%
↓実行されるときに以下のように置き換えられます。
call set l=%line:abc=xyz%

置き換え後に call 文が実行されます。このcall文の記述だと set l=%line:abc=xyz% という1行のバッチを呼び出しているのと同等の動作になります。従って環境変数lineに入っている文字列のabcがxyzに置き換えられた結果が環境変数lに代入されます。
call文でワンクッション置いて、先に環境変数の mae と ato (と%%)だけ評価(環境変数の中身に置き換え)するようにしています。

◆単純に set l=%line:%mae%=%ato%% とした場合なぜうまくいかないか

set文の右辺の各要素を分けて書くと

%line:%(line: という環境変数の中身)→そんな変数は定義していないので空に置き換え

mae

%=%(= という環境変数の中身)→そんな変数は定義できないので空に置き換え

ato

%% → % に置き換え

と解釈されて
環境変数lには maeato% という文字列が代入されてしまいます。


余談ですがバッチ実行時にどのように置き換えられるか見たい場合は、
バッチ先頭のecho offの行を取って実行するとよく分かります。

No.5 です。

>勝手に引用してしまってすみません。
皆さんに参考にしてもらうために回答しているので気になさらずに引用してください。

さてご質問の件ですが、

◆予備知識
まず、環境変数を%で囲むと、バッチがその行を実行するときに環境変数の中身に置き換えられることを理解してください。
例)
set mae=abc
set ato=xyz

echo %mae% %ato% ←※

※の行が実行されるとき、実際は
echo abc xyz
と置き換えられてecho文が実行されます。

また、バッチ内では %% と%が2つ並んだ記述は1つ...続きを読む

Q最大アクセス数

DBのアクセス数ですが、限界値を設定するようなところはありますか?
また、動作に影響がでるのはどのくらいのアクセス数から考慮すればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

いわゆる同時接続数は、インスタンスのプロパティの「接続」タブで設定可能です。
(サービス再起動が必要)
既定値は0ですが、SQL Serverでの最大値は32,767ですので、0の場合はそれ以内でメモリなどの実装状況によりSQL Server自体が動的に決定することになります。

接続数に関してはメモリ実装状況により一概には言えないと思います。
以下のリンクが参考になると思います。
http://www.atmarkit.co.jp/fdb/rensai/drk03/drk03_1.html

1接続あたり28KBのメモリが必要になりますが、このメモリが確保されるのは「memory to reserve」領域になります。この領域は大きなクエリの一部も使いますし、それ以外の領域と合計して実装しているメモリが足りているかどうかが最終的な判断基準になります。

ただ、よほどのクリティカルなシステムでない限り、システム自動設定になっているパラメータを設定するのは避けた方がよいと思います。

参考URL:http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms187882(SQL.90).aspx

いわゆる同時接続数は、インスタンスのプロパティの「接続」タブで設定可能です。
(サービス再起動が必要)
既定値は0ですが、SQL Serverでの最大値は32,767ですので、0の場合はそれ以内でメモリなどの実装状況によりSQL Server自体が動的に決定することになります。

接続数に関してはメモリ実装状況により一概には言えないと思います。
以下のリンクが参考になると思います。
http://www.atmarkit.co.jp/fdb/rensai/drk03/drk03_1.html

1接続あたり28KBのメモリが必要になりますが、このメモリが確保...続きを読む

QCloseとDisposeの違い

みなさまこんばんわです。よろしくお願い申し上げます。

VB.NET 2008でコーディングしています。
CloseとDisposeの違いについて教えていただきたいのです。

これらのメソッドは、開いたファイルを閉じるときなどにも使いますが、今回お尋ねするのは、フォームを閉じるとき、しかも、自ら呼び出すとき(Me.Close() と、Me.Dispose() )のみに限ったこととしてお話しさせていただきます。

たとえば、ShowDialog() で呼び出したフォームは、そのフォーム内でMe.Close() しても、プロセスは残り、たとえば、タイマーコントロールのイベントに記述していますと、それは実行され続けます。

これを防ぐために、Me.Dispose() を使います。すると、きれいにプロセスは終了し、イベントは発生しない模様です。

そこで、「フォームを閉じる」意味のMe.Close() をすべてMe.Dispose() に変えてしまいました。確実にプロセスを破棄出来ると思ったからです。Webで調べると、違いは「再利用できる、できないの違い」という答えがありましたが、それはきっと、ファイルやオブジェクトのことで、フォームの場合は、再びShowまたはShowDialogで表示させることは可能でしたので、特に問題は感じていませんでした。

ところが、アプリケーション設定で、「最後のフォームを閉じるとき」にアプリケーションがシャットダウンする設定になってるのに、シャットダウンしてくれないことが起こりました。調べてみると、Me.Dispose() が原因。Me.Close() に変えるとうまくいきました。

わけわからなくなってきました。。。

ちなみに、その残ったフォームは、スタートアップフォームであり、別のフォームからShowまたはShowDialogメソッドで呼び出したものではありません。

ここで4つの仮説を立ててみました。

1. ShowDialogで呼び出したフォームは、Me.Dispose()、Showで呼び出した、あるいは、スタートアップフォームは、Me.Close() すれば破棄できる

2. ShowDialogで呼び出したフォームは、Me.Dispose()、スタートアップフォームは、Me.Close()、Showで呼び出したフォームは、どちらでも、破棄できる

3. 呼び出し方ではなく、別の要因が存在する

4. 併記する必要がある場合がある

Me.Close()
Me.Dispose()

または、

Me.Dispose()
Me.Close()



どれが正しいのでしょうか?どなたがご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教授いただけませんでしょうか? どうぞよろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。

みなさまこんばんわです。よろしくお願い申し上げます。

VB.NET 2008でコーディングしています。
CloseとDisposeの違いについて教えていただきたいのです。

これらのメソッドは、開いたファイルを閉じるときなどにも使いますが、今回お尋ねするのは、フォームを閉じるとき、しかも、自ら呼び出すとき(Me.Close() と、Me.Dispose() )のみに限ったこととしてお話しさせていただきます。

たとえば、ShowDialog() で呼び出したフォームは、そのフォーム内でMe.Close() しても、プロセスは残り、たとえば、...続きを読む

Aベストアンサー

Me.Close()
Me.Dispose()
は根本的に違うものです。

formについて、Close()メソッドはフォームの表示を終了させるメソッドです。

ほかのクラスも同様。すべてのDispose()メソッドについて、これはインスタンスの破棄を明示的に行うものです。

>再利用できる、できないの違い

Dispose()はインスタンスが破棄されるため、再びコンストラクタを用いて、インスタンスを生成しないいけません。

一方Close()はインスタンスが残っているので、それを利用することができます。

>1. ところが、アプリケーション設定で、「最後のフォームを閉じるとき」にアプリケーションがシャットダウンする設定になってるのに、シャットダウンしてくれないことが起こりました。調べてみると、Me.Dispose() が原因。
Me.Close() に変えるとうまくいきました。

通常はどちらでもうまくいきます。

>2. ShowDialogで呼び出したフォームは、Me.Dispose()、スタートアップフォームは、Me.Close()、Showで呼び出したフォームは、どちらでも、破棄できる

ShowDialogの場合は、メソッド内部で、ハンドルが破棄されているため、Close()メソッドの際にDispose()メソッドが呼び出されます。

>3. 呼び出し方ではなく、別の要因が存在する

そう思います。

>4. 併記する必要がある場合がある

インスタンスを明示的に破棄したほうがよい場合は多く存在します。
Disposeが使えるメンバはIDisposableをインターフェースとして持っているメンバです。
これらのメンバは、外部とのやり取りを行うものが多くあります。
たとえばSQLClientに含まれるようなメンバです。

外部とのコネクションを確実に破棄を保障してほしいなどという場合がありますよね、このようなときに使用します。

Using構文を使用するのとまったく同じ理由になります。
正確にはUsing構文を使用できるメンバには条件があります、IDisposableをインターフェースとして持っているメンバに限るというものです。

ほかにもガーベージコレクタによるファイナライズを伴うかどうかという違いがあります。
Disposeの場合はファイナライズが同時に行われるため、使用していたメモリ空間を開放することができます。

上記のような理由により、
Me.Close()
Me.Dispose()
は両方書いたほうがよいと思います。

蛇足ですが、
Me.Dispose()
Me.Close()
はエラーになります。
Me.Dispose()により、Me本体(インスタンス)は削除されてしまいます。
存在しないMeに対してCloseメソッドを要求することはできないためです。

Me.Close()
Me.Dispose()
は根本的に違うものです。

formについて、Close()メソッドはフォームの表示を終了させるメソッドです。

ほかのクラスも同様。すべてのDispose()メソッドについて、これはインスタンスの破棄を明示的に行うものです。

>再利用できる、できないの違い

Dispose()はインスタンスが破棄されるため、再びコンストラクタを用いて、インスタンスを生成しないいけません。

一方Close()はインスタンスが残っているので、それを利用することができます。

>1. ところが、アプリ...続きを読む

Qbatである文字列内に特定の文字列が含まれているか確認したい

batファイルの中である変数「abc」の中に「test」という文字が含まれていたら○○を行なうという分岐を作成したいのですが、どのように行なえばよいのでしょうか?

そのまま、ずばりのお答えお待ちしております。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

大文字小文字を区別しなくていいなら、

if not "%abc:test=%" == "%abc%" echo 含まれていた

区別するなら、

echo %abc% | find "test" >NUL
if not ERRORLEVEL 1 echo 含まれていた

QMS SQLServer のSQLで文字列の前にN:

MS SQLServer のSQLで文字列の前にN: をつけることをよく見かけますが、
「N:」とはいったいどんな意味なのでしょうか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

T-SQLでの話かと思いますが・・・。NCHAR/NVARCHAR型という、型(タイプ)があるのですが、これらは、夫々、national character/national character varying(SQL-92での表記法)の意味を持っています。夫々、固定長文字列(Unicode)/可変長文字列(Unicode)です。
NVARCHARはSQL-Server2000では4000文字まで、VARCHAR2は8000文字まで格納可です。(つまり、1/2になるということです)

さて、N'***' とT-SQL内で書くと、''内の文字をUnicodeで表現されたものとして処理する、という意味になります。Nは、nationalの略です。ですから、日本語を使おうとするとNは必須になる、という事ですね。

こんな感じでつかいます。#N'Unicode 文字列'

QCSVファイルをBULK INSERTでSQLserverに読み込むことは可能?

BULK INSERT というものを使って
SQLServer2000上のテーブルに読込みたいのですが可能でしょうか?

その場合どうやって記述すればよいのでしょうか?
終端文字とかいうのは何になるのでしょう?

Windows2000
RDOで接続です。

Aベストアンサー

””で区切られたファイルのインポートですが、BULK INSERTでは、”を含んでロードしてしまいます。ですので、BULK INSERT を使用する場合は”を削除してからロードしないと駄目です。

ところで、<www7.big.or.jp/~pinball/discus/sqls/index.html>でも質問をしているようですが、どのような環境で何がしたいのか状況がつかめません。

詳しく教えていただけませんか?

QDOSコマンドのダブルクォーテーションの扱い

DOSコマンドでダブルクォーテーションを検索し、
リダイレクションをすることが出来なくて困っています。
例えば
findstr "\"!" a.txt
は出来ますが
findstr "\"!" a.txt >b.txt
とするとリダイレクションが出来ません。
grepも同じようです。

またunixコマンドではシングルクオートは、「囲まれた中身をそのままの文字として利用」し、ダブルクオートは、「囲まれた中身に$HOME など $ で始まる文字列があれば、
それを環境変数、シェル変数といった、値に置き換えてから、利用する」という明確な違いがありますが、DOSコマンドでは明確な違いはあるのでしょうか?

unixのshellをDOSコマンドに移植しています。
DOSコマンドの参考Webもあまり見つからなくて困っています。
もし参考になりそうなWeb等ありましたら教えてください。

Aベストアンサー

"と'の違いですが、cmd.exe では ' 特殊文字ではありません。for /f 文のある形式で意味を持つだけでそれ以外の場所では#+-/などと同じ普通の文字です。unixのシェルとは全然違います。

まず質問文の
>findstr "\"!" a.txt >b.txt
ですが、\ はfindstrが正規表現の特殊文字として扱うだけでCMDの構文解析では普通文字なので、"\"が引用符に囲まれた文字列として扱われます。次の!は引用符の外の文字。次の " a.txt >b.txtが、(終りの引用符の欠けた)引用符に囲まれた文字列とみなされますので、リダイレクト記号は引用符の中となり効きません。

>OKだったもの
>findstr ^"\^"!^" a.txt
>findstr \^"! a.txt
^を前置した"は引用符としての意味を失い、そのまま"がfindstrにわたされます。リダイレクト記号をつけても引用符の中で無いので効きます。findstrは検索文字列が"で囲まれていればそれを外して、囲まれていなければそのままが使われますので、どちらでも同じ結果になります。

>以下待ちになるもの
>findstr ^"! a.txt
findstrに "! a.txt が渡るのでa.txtも検索文字列の一部とみなされます(閉じる"がfindstrによって補われる)。従って、標準入力から、! または a.txt という文字列を含む行を探していることになります。
リダイレクトをつけると引用符の外なので効きます。

>findstr "^"!" a.txt
引用符の中で^は"をエスケープしないので1個目と2個目の"がペアになり^を囲み、3個目はペアの欠けた引用符となり a.txtを囲みます。リダイレクトをつけても引用符の中なので効かないはず。
その後、findstrが文字列を囲む""を外すので、^!つまり行頭の!または a.txtを含む文字を標準入力から探すことになります。

>findstr ^"!^"^" a.txt
^が前置されているので"はCMD的には引用符でなくなりますのでリダイレクトは効きます。
findstr には "!"" a.txt が渡り、文字列を囲む""が外されて、!またはa.txtを含む文字列を標準入力から探す。

>findstr ^" a.txt
同様。

>コンソールには表示できるがリダイレクションでエラーになるもの
>findstr \"! a.txt >b.txt
cmd的には"は引用符なので>b.txtも(終りの欠けた)引用符の中なのでリダイレクトは効きません。
findstr にわたるのは \"! a.txt >b.txtで、検索文字列が "! で残りがファイル名とみなされますが、「a.txt >b.txt」という名前のファイルが無いのでエラー
リダイレクトをつけないで
>findstr \"! a.txt
だと、findstr には \"! a.txt が渡り、検索文字列が "! で、ファイル名がa.txtとなり目的通りになります。

>「"」を検索するには「\^」をつけるということでしょうか。
CMDに引用符とみなされないように^をつけて(この^はCMDが外してからfindstrに渡す)、findstrが"を外さないようにさらに\を前置する必要があるということです。

CMDがまず最初に^や"や>をどのように処理して、次にfindstrが渡された文字列をどう解釈するか段階を分けて考えればわかると思います。これはunixのシェルでも同じですが。
unixのシェルと比べるとCMDの"は変態的です。

"と'の違いですが、cmd.exe では ' 特殊文字ではありません。for /f 文のある形式で意味を持つだけでそれ以外の場所では#+-/などと同じ普通の文字です。unixのシェルとは全然違います。

まず質問文の
>findstr "\"!" a.txt >b.txt
ですが、\ はfindstrが正規表現の特殊文字として扱うだけでCMDの構文解析では普通文字なので、"\"が引用符に囲まれた文字列として扱われます。次の!は引用符の外の文字。次の " a.txt >b.txtが、(終りの引用符の欠けた)引用符に囲まれた文字列とみなされますので、リダイレクト...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報