私たちの体はだいたい36度前後に保たれていて
それくらいの温度だと微生物にとって住み心地が良く増えやすい
という話を聞きました

どうして微生物はそれくらいの温度だとよく働くのだろうか?
という疑問が浮かんできました
お暇なときでいいので教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

至適温度」に関するQ&A: 至適温度を超えると

A 回答 (4件)

こんにちは。



体内に微生物の性質を調べたとしても、答えは出ないですね。

禅問答のようですが、
36度に適応するものが36度の場所にいるということです。

北極、南極にライオンや虎がいないのはなぜか?
白熊やペンギンが熱帯の地域にいないのはなぜか?
ということと同じです。

環境に適合し、外敵に勝つか共存できるものが生き残り、
その他は滅亡します。


ご参考になりましたら幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なぜ存在しているかでなく、そこにしか存在できないということですね。参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/19 19:43

微生物には寄生性のものと腐生性のものがいます。

前者は生きている生物の体を環境としています。後者は自然界を環境としています。前者は病気をおこさない限り後者より安定した環境の恩恵をこうむります。われわれの体に住み着いているものは微生物でも恒温生物になったとのと同じ生活ができます。基本的にはこういう微生物が持っている酵素のセットは環境となっている生物の体温が至適温度になっていると思います。そういう酵素のセットを持っているものが住み着くようになったのか住み着いているうちに変わったのか、たぶん両方の理由からだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

状況に合わせて進化してきたというわけですか。
そう考えると体の中にすごいものを飼っている様でびっくりします。
参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/19 19:46

36度が最適な連中が人の体に棲み着くことが出来、最適でない連中は他に適所を見つけるかあるいは滅んだのです。

    • good
    • 0

それはヒトの体に住みついている微生物だけですべての微生物が36℃付近が至適温度というわけではありませんよ



こういうものたちもいます
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%BD%E7%86%B1% …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバイオマス量

バイオマス量って何ですか?植物量?
バイオマス量が分かればどんなとがわかるのですか?

Aベストアンサー

バイオマスは生物量、現存量などのことで
乾燥重量で表わされることが多いようです。

個体数(~匹とか~本とか)で表わすよりも種を越えて量を比較できます。たとえばミジンコ50個体とフナ1匹と表現しても分かりにくいですが、ミジンコ5gとフナ100gと表わせば量が比較できます。
同じ種でも条件や年齢により大きさが異なるので、そういう時にもバイオマスで表現すると分かりやすいです。
エネルギーの流れなども分かりやすくなります。

乾燥重量をさらに炭素量に換算することもあります。その炭素量をバイオマスと言うかは知らないです。
植物プランクトンを生物容量で表わすこともありますが、これもバイオマスと言うかは分からないです。

環境問題で使われる「バイオマス」は主に化石ではない生物由来のエネルギーの資源を指しています。これはバイオマス本来の意味からはずれて使われているのだと思います。
エネルギーの流れの理解において生物現存量(バイオマス)の部分を抜き出して、環境用語に使っているのだと思います。

生物学者は最初、「最近環境問題でバイオマスって聞くけど、何だ??」と思ったのではないでしょうか。

バイオマスは生物量、現存量などのことで
乾燥重量で表わされることが多いようです。

個体数(~匹とか~本とか)で表わすよりも種を越えて量を比較できます。たとえばミジンコ50個体とフナ1匹と表現しても分かりにくいですが、ミジンコ5gとフナ100gと表わせば量が比較できます。
同じ種でも条件や年齢により大きさが異なるので、そういう時にもバイオマスで表現すると分かりやすいです。
エネルギーの流れなども分かりやすくなります。

乾燥重量をさらに炭素量に換算することもあります。その...続きを読む

Q【生物学・ダニが死ぬ温度とは?】 ダニが死ぬ温度を教えてください。 ホットカーペットの強設定に(ダニ

【生物学・ダニが死ぬ温度とは?】


ダニが死ぬ温度を教えてください。

ホットカーペットの強設定に(ダニキック)と書いてあって、ダニが死ぬのかダニが高温で逃げていくのか知りませんがダニが嫌がる温度になってホットカーペットのダニがいなくなる機能のようです。

ということは、布団の敷き毛布に電気敷き毛布があるのでその電気敷き毛布を強にしたら布団のダニがホットカーペットと同じようにいなくなるのでは?と思いました。

本当にホットカーペットの強ごときでダニがいなくなるのでしょうか?

ダニが死ぬ温度が知りたいです。

本当にホットカーペットのダニキック機能が有効なのか教えてください。

Aベストアンサー

ダニの死滅温度の最低は52度だったと思いますよ、

ホットカーペットの「ダニキック」がどれほどに成るのかは知りませんけどね、高温に成れば死なないまでも逃げ出すかもしれませんね、

電気敷き毛布ではとてもではないですがそんな高温には安全上成りません、

布団のダニをやっつけたかったら、布団乾燥機を使わないと、
此れならダニの死滅温度以上に成りますから日に干すよりは余程に有効ですし手間隙が掛かりませんよ。

Qバイオマスエネルギーについて

こんにちは、将来のエネルギー資源である「バイオマス」。バイオマスについて簡単に紹介するなら、どのような事を書いたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

>簡単に紹介するなら

バイオマス資源とは、「生物体を構成する有機物から酸化、燃焼などの化学反応を介して得られる資源」で、ガス化、液化してエネルギー利用を行うという感じでしょうか。
私も#2の方がおっしゃっているように、新しい技術ではなく、未利用エネルギーの活用が主題と考えています。
以下のURLはNEDO北海道支部のHPで、「トップページ」にNEDO北海道支部が開催した、地域新エネルギーシンポジウム「北海道はバイオマスエネルギーの先進地」の紹介があります。講演資料も掲載していただいているので、大変参考になると思います。

参考URL:http://www.nedo.go.jp/nedohokkaido/

Q水槽の微生物

水槽の微生物

金魚の水かえをしてたら面白い微生物を見つけたので
顕微鏡で見てみました

何という名前なんでしょうか。

Aベストアンサー

これはケンミジンコですね。

普通のミジンコが見たかったのにコレしか見つけられなかった思い出があります。

Qバイオマスて何?

僕は16の高一です。
将来環境系の仕事に携わりたいと思い、いろいろ調べた結果、
『バイオマス』という言葉を見つけたのですがこれはいったいなになのでしょうか?教えてください。
またバイオマスを学ぶには大学の何学部何学科に行けばよいのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

バイオマスとは、化石資源(石炭、石油など)を除く、動植物に由来する有機物であって、エネルギー源として利用可能なものと定義されています。
具体的には、森林系(木屑、間伐材)、農産系(もみがら、わら屑)、畜産系(牛豚糞尿、鶏糞)、水域系(海藻類)、生活廃棄物(都市ごみ、し尿)、産業廃棄物など、非常に広い範囲のものです。
最近、地球温暖化対策として寄与できる、再生可能なエネルギー源として注目されています。
関連大学学科は、自身がどのように関与するかによって選択する必要があります。
発生元関連では、林学、農(畜産)学、海洋学などがあり、エネルギー利用関連では、化学工学、機械工学などがあります。
大学は、全国の主要な大学で関連していると思います。
但し、「学ぶ」には、図書館などにたくさん資料がありますので、調べてみればいかがでしょうか?

Qボルボックスによく似た微生物

倍率100倍。たくさんいます。淡水です。
特徴は、無色透明な球の中に緑色の小球が2つ。

以上の特徴を持つ微生物は何でしょうか。緑色の小球がたくさんあれば、ボルボックスなんですが。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。専門外なので通り過ぎようと思ったけど気になってしょうがないので。(笑)

外周の透明な部分ですが、細かいものはついてないですか?
ボルボックスの単細胞は非常に小さい物ですので、100xでは非常に細かい点程度で殆ど見えないと思います。
http://protist.i.hosei.ac.jp/taxonomy/Chlorophyta/Chlorophyceae/Volvocales.html
http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Images/Chlorophyta/Volvox/index.html
http://cyclot.hp.infoseek.co.jp/benmou/volvo1x.html
http://mikamilab.miyakyo-u.ac.jp/Microbio-World/sozai/midori_g/volvox/book.htm
その中に、緑色の丸い物があり、「ゴニディア」という生殖細胞ですが、これなら二つとかでも全然おかしくないです。
単体の細胞は寒天状の表面にある細かい粒です。

他に考えられるとするとクラミドモナスのプロメラ期なら二つという事もあるようです。
http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Images/Chlorophyta/Chlamydomonas/index.html
但し、小さすぎるので多分違うでしょう。

こんにちは。専門外なので通り過ぎようと思ったけど気になってしょうがないので。(笑)

外周の透明な部分ですが、細かいものはついてないですか?
ボルボックスの単細胞は非常に小さい物ですので、100xでは非常に細かい点程度で殆ど見えないと思います。
http://protist.i.hosei.ac.jp/taxonomy/Chlorophyta/Chlorophyceae/Volvocales.html
http://protist.i.hosei.ac.jp/PDB/Images/Chlorophyta/Volvox/index.html
http://cyclot.hp.infoseek.co.jp/benmou/volvo1x.html
http://mikamilab.miyakyo-u.a...続きを読む

Qバイオマスエネルギーの発展には何が必要なのですか?

新エネルギーのひとつである、バイオマスエネルギー。日本各地、自治体を中心としてバイオマスエネルギーの利活用が注目されている。新エネルギー産業技術総合開発機構が全国の自治体等に対し、新エネルギービジョン策定調査を委託しているが、ほとんどの受託自治体等では新エネルギーのうち、バイオマスエネルギーに関する可能性調査を実施している。しかしながら、バイオマスエネルギーの利活用を実施するための課題は、その利用技術というよりは、伐木残材や食料残査等の燃料となる原料集めに時間とコストが係るとして具体化が難しいという結論を多くの自治体が導き出している。
 さて、そこで教えて戴きたいのですが、このような難しい課題を抱えていても、なおかつバイオマスエネルギーを導入することにより地域の環境改善、地産地消による地域振興を目指すためにはどのようなハードルがって、そのハードルをどのようにクリアすればバイオマスエネルギーの円滑な開発を実現することが可能となるのでしょうか。
 なお、今回の質問は木質ペレットなどによる熱利用等地域で実施可能なバイオマスエネルギー利用に限定させていただき、BTLなどバイオマスの石油代替エネルギーへの転換(原料→液化)は本件の質問からは除外させて戴きます。

新エネルギーのひとつである、バイオマスエネルギー。日本各地、自治体を中心としてバイオマスエネルギーの利活用が注目されている。新エネルギー産業技術総合開発機構が全国の自治体等に対し、新エネルギービジョン策定調査を委託しているが、ほとんどの受託自治体等では新エネルギーのうち、バイオマスエネルギーに関する可能性調査を実施している。しかしながら、バイオマスエネルギーの利活用を実施するための課題は、その利用技術というよりは、伐木残材や食料残査等の燃料となる原料集めに時間とコストが係...続きを読む

Aベストアンサー

既に木材リサイクルについて良く知っておられる様ですので項目毎に問題点を纏めると。
解体段階では、対象材質の安定に「分別解体の効率」「発生の季節変動」「中間処理場との連携」と言う問題があります。
中間段階では、「受け入れ品質の基準が無い」「季節変動」「納入予測が難しい」と言う問題があります。
処理段階では、「製造品の品質基準が無い」「季節変動」「販売先の拒否反応」と言う問題があります。
これらに対して、「品質認定制度」「製品履歴制度」「流通量管理制度」「住民・産業界との情報交換」が必要とされています。
元々解体業界や処理業界には制度的閉鎖性があり、最後の情報交換によりガラス張りの状態にして行く事が、経済性の向上とともに最大の課題と思われます。
一部の業者に独占的な補助を与える様な、今までの「お役所仕事」では結局ハードルを越える事は出来ず、税金消費プロジェクトになって行くでしょう。

Q黄砂と微生物について

毎年、中国と日本の間の海をはるか越えて、黄砂がやってきていますが、ある時、黄砂には運ばれてくる途中でいろいろな化学物質とともに微生物(病原体など)も運ばれてくる・・・というのを聞きました。

遙か彼方からやってくるというわけで、空中に浮遊してくる微生物はある程度長期間生存でき、雨風や日光などにも影響されにくいと考えられるのですが、一体どのような微生物がどのような状態で日本まで運ばれてくるのでしょうか?教えてください。
またその微生物は、人間に対して悪い影響を与える可能性はどの程度あるのでしょうか。

Aベストアンサー

一番有名なのがインフルエンザウイルスです。
黄砂の埃に付着して日本まで飛んでくるみたいですよ。
人や鳥、豚に感染し風邪や肺炎を起こします。
黄砂の埃でアレルギーを起こす人もいるみたいです。

口蹄疫の病原菌も飛んできますが、ワクチンがあるため被害は聞きません。

ちなみに
黄砂は夏風邪 ( 夏のインフルエンザ )
冬の北風は冬風邪 ( 冬のインフルエンザ )を運んできます。

Qバイオマス

今、温暖化対策のひとつとしてバイオマスを紹介しようと考えているのですが、バイオマスの有効性を物理化学(熱力学など)から説明しようとすると、うまく言葉にできません。
だれか参考になるサイトもしくは説明がありましたら教えてください!!

Aベストアンサー

温暖化対策においてのバイオマスの有効性は、物理化学などとは無関係です。
植物は空気中の二酸化炭素を吸収固定し、それをエネルギー利用しても次代の
植物が同様に吸収固定するという意味で、二酸化炭素が循環すなわち収支がゼロということで、
石油などのように空気中の二酸化炭素を増加させるものでは無いという意味で
温暖化防止に有効であるとされているものです。

Q微生物による食中毒について

微生物による食中毒について詳しく教えて欲しいです。
お願いします!

Aベストアンサー

微生物性食中毒は発病機作によって、感染型と毒素型に分けられる。
感染型とは病原体が宿主の腸粘膜上皮細胞内に侵入し、細胞内で増殖するもの(例、カンピロバクター)と、更に病原体が血液内に入って他の臓器に移行するもの(例、サルモネラ)をいう。
毒素型は細菌の産生する毒素によって胃腸炎、下痢、嘔吐、あるいは神経麻痺などの症状を引き起こすものをいう。毒素型は、毒素の産生されるのが食品中であるか否かにより、食品内毒素型と生体内毒素型に細分類される。 以上、獣医公衆衛生学(学窓社) 参照


人気Q&Aランキング

おすすめ情報