どうしてもわからない問題があったので質問させて頂きました

第109回の問題なんですが

「前期末において向こう6年分の火災保険料(1年分が20,000)を繰越処理し
前払保険料勘定に20,000 長期前払保険料に100,000を計上していた。
当期の決算に当たり適切な費用の期間帰属のための処理を行う。なお当期首において再振替仕訳は行っていない。」

という問題です。

回答が
借)支払保険料 120,000 貸)前払保険料 20,000
            長期前払保険料100,000
借)前払保険料20,000   貸)支払保険料 100,000
 長期前払保険料 80,000
もしくは
借)支払保険料 20,000 貸)前払保険料 20,000
 前払保険料 20,000 貸)長期前払保険料 20,000

でした。一つ目の再振替仕訳までは分かるんですが長期前払保険料が分かりません。また二つ目の回答はどうやって導くのでしょうか?お願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

> 長期前払保険料が分かりません


毎決算時点において、その支出に基づく用益を受けるのが1年以上先の保険料。
http://www.k3.dion.ne.jp/~afujico/siwake/swk1203 …
http://miroku.mjs.co.jp/support/siwake/hlp/247lo …
「前期」が平成19年12月で、「今期」が平成20年12月決算の企業と考えた場合
・平成20年1月~12月分の保険料 支払保険料2万
・平成21年1月~12月分の保険料 前払保険料2万
・平成22年1月~平成25年12月分までの保険料 長期前払保険料8万

> また二つ目の回答はどうやって導くのでしょうか?お願いします
私にとっては、こちらの方が馴染んでおりますね。
 借)支払保険料 20,000 貸)前払保険料 20,000
  前払保険料 20,000 貸)長期前払保険料 20,000
上記の年月例で説明を書くと・・
1 前期計上した「前払保険料」は20年度分だから、今期の経費として計上。
2 決算整理前の「長期前払保険料」は10万円。
  この内、平成21年分2万円は『1年以内』に該当するから、「長期前払保険料」から「前払保険料」勘定へ振替える。

尚、超手抜きな仕訳を書けば、次のようになりますが、これでは多分・・不合格です。
平成20年 支払保険料20,000/長期前払保険料20,000
平成21年 同じ
平成22年 同じ
平成23年 同じ
平成24年 同じ
平成25年 支払保険料20,000/前払保険料20,000
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新築した家の火災保険でおすすめは?

新築すべく、計画中で、色々な質問させてもらっています。

今回は、火災保険のことなのですが、我が家は鉄骨2階建てで、43坪ぐらいになりそうです。
おすすめの火災保険はありませんか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

県民共済の火災共済は安いですよ。
私は掛けてます。
新築するそうですがローンはないのでしょうか?
私は住宅金融公庫から借りたので、完済するまで火災保険は掛けられませんでした。

Q長期前払費用の短期前払費用への振り替えについて。

5年分の家賃を前払することになり、どう仕訳するべきか迷っています。
払った時に

(1)1年分を短期前払費用とすべきでしょうか?
 短期前払費用 1,000,000/現金 5,000,000
 長期前払費用 4,000,000 

(2)それともすべて長期前払費用で良いのでしょうか?
 長期前払費用 5,000,000/現金 5,000,000

また決算時にはどちらの方法をとったとしても以後1年分を短期前払費用に
振替ないといけませんか?
 短期前払費用 1,000,000/長期前払費用1,000,000 

どうぞよろしくお願いします<(_ _)>

Aベストアンサー

貴社が法人と仮定してのことですが、結論は貴社の財務諸表にどれだけの精度が求められるかということです。
財務諸表を公開している証券取引法(金融商品取引法)適用会社であれば、厳密に1年基準に従って表示しなければならないでしょうが、そのような必要がない会社であれば、そこまで厳密な処理をせずとも何ら問題はありません。毎期の償却額(損金算入額)に誤りがなければよろしいですよ。

Q火災保険おすすめ

アパート(木造2階タテ1LDK4戸)に火災保険をかけなければなりません。おすすめの会社等あればご紹介いただければと思います。オール電化物件です。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

大家してます

新築でしょうか?

中古でしたら三井住友海上がお勧めです

空調設備、給排水設備など建物に直接付属した機械
設備等の故障(電気的・機械的事故)を補償してくれます。

http://www.ms-ins.com/pdf/kasai/homepika.pdf

電化アパートですと電気温水器などの故障の修理代を補償してくれるのは有り難いことです...(笑)。

エアコンの修理も大丈夫だそうです

免責3000円/1回の修理

しかも修理費用実費での補償だそうです

うちの物件も今年からこちらに替えました

「大家さんプラン」が有ります

Q前払費用と長期前払費用の考え方で

混乱してしまったので、おわかりになる方よろしくお願いします。

5年償却で発生した保守費があります。その時の仕訳が
・前払費用 300,000 /未払金 1,800,000 
 長期前払費用 1,500,000
その年の保守費の仕訳 保守費 300,000/前払費用 300,000 
決算時に
・前払費用/長期前払費用 300,000 としました。
長期前払費用は、「事業年度の末日後1年を超えて費用となる部分」であるなら、なぜ期末にこの仕訳になるのか、がわかりません。前払費用でその年の分は費用となっているのに。
期末でなくて、翌期の期首なら、しっくりくるのですが。会計上の何か定義がありますでしょうか。
どうぞ、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>長期前払費用は「事業年度の末日後1年を超えて費用となる部分」

その通りです。ですから、前払費用は「事業年度の末日後1年以内に費用となる部分」なのです。

だから決算日に、1年分の保守費を前払費用〔決算日の翌日から次の決算日までの1年以内に費用となるもの〕として計上する必要があるのです。


さて、

5年間の保守契約を締結しました。保守費は全部で180万円であり、1年あたり36万円です。保守費の支払は後日になります。

保守契約の発効日の日付で、次の仕訳をしましたね。
〔借方〕前払費用 300,000/〔貸方〕未払金 1,800,000
〔借方〕長期前払費用 1,500,000/
※前払費用30万円は当期分の保守費。

当期末の決算の仕訳は、先ず、
〔借方〕保守費 300,000/〔貸方〕前払費用 300,000
※当期分の保守費を計上する。

次に、長期前払費用から1年分の費用を前払費用へ振替えます。
〔借方〕前払費用 360,000/〔貸方〕長期前払費用 360,000
※この前払費用360,000円は、当期の決算日の翌日から翌期の決算日までの1年以内に保守費となるものです。

もし、この仕訳を当期末に起票しないで翌期首に起票すると、当期末の貸借対照表には長期前払費用150万円だけが表示されて、前払費用が表示されないことになるので、ウソの貸借対照表ということになります。実は長期前払費用150万円の中に前払費用36万円が含まれているのに・・です。

>長期前払費用は「事業年度の末日後1年を超えて費用となる部分」

その通りです。ですから、前払費用は「事業年度の末日後1年以内に費用となる部分」なのです。

だから決算日に、1年分の保守費を前払費用〔決算日の翌日から次の決算日までの1年以内に費用となるもの〕として計上する必要があるのです。


さて、

5年間の保守契約を締結しました。保守費は全部で180万円であり、1年あたり36万円です。保守費の支払は後日になります。

保守契約の発効日の日付で、次の仕訳をしましたね。
〔借方〕前払費用...続きを読む

Q★新築購入時のおすすめの火災保険を教えて下さい

神奈川県で建売の新築を購入しようと思っています。
火災保険について全くの無知です。

建物の物件価格は多分1200~1500万円です。
ローンは全部で2700万を30年借りる予定です。
地震保険をつけようと思っています。
水害はどうなのかはわかりません。
タバコは吸いません。
延床面積は92.75平米
木造2階建ての在来工法
外壁はサイディングボード
屋根はカラーベスト茸
省エネルギー+耐久性タイプ(? と表示あり)

です。
最低何をつけたらいいのか、何ははずしてもいいのか、
お勧めの火災保険を教えていただけますか?

不動産での火災保険の見積もりは一括払いで約40万円です。
何年かはわかりません。(35年??)

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

火災保険はセゾン自動車火災 http://www.ins-saison.co.jp/products/fire/eraberu/ か日新火災の住自在がいいと思います。必要な保障だけ選べるからです。以下の中から自分が必要なものだけ選びましょう。
不動産屋が勧めるものはたいていこれらの多くがパックになっていて割高になっています(不動産屋としてはそのほうが儲かる)。
・火災・落雷・破裂・爆発 <=== これは必ず必要
・地震保険
・風災・ひょう災・雪災
・水災
・水ぬれ・物体の落下、飛来・衝突、騒じょう等
・諸費用臨時費用・残存物片づけ費用・失火見舞費用・地震火災費用)
・盗難に伴う破損・汚損
・類焼損害

Q前払費用と長期前払費用どっちを使っても問題なし?

礼金や保険の仕訳について、経理本によっては「前払費用」を使うやり方と
「長期前払費用」を使うやり方があるんですが、どっちでもいいのでしょうか?
どっちでもいいなら全部「前払費用」で統一したいと思ってます・・・


例:礼金

※資産計上時

(借)前払費用 XXXX円   / (貸)現金 XXXX円 (摘)礼金
-----------------------------------------------------------------------------
(借)長期前払費用 XXXX円 / (貸)現金 XXXX円 (摘)礼金


※決算時

(借)地代家賃 XXXX円     / (貸)前払費用 XXXX円   (摘)礼金 本年分
-----------------------------------------------------------------------------
(借)長期前払費用償却 XXXX円 / (貸)長期前払費用 XXXX円 (摘)礼金 本年分

Aベストアンサー

上場会社に関与する公認会計士は、一年を超える長期のものは「長期前払費用」で、一年以内の短期のものは「前払費用」だ、などとうるさい事を言います。しかし、上場していない中小企業なら、全部「前払費用」で統一しても構いません。なぜなら税務上は、「長期前払費用」も「前払費用」も同じだからです。

Q火災保険のおすすめの特約

築30年のマンションを現金2000万円で購入。リノベーションします。おすすめの火災保険の特約があれば教えてください。「加入した保険会社に無い特約だったために入る前に知らなかった」という後悔をしたくないです。

今のところ火災(建物、家財)、水濡れ(他所からの)、風災(台風リスク)、日常生活賠償特約(自分の水漏れをカバー)ぐらいが必要かと思っています。
逆に低層マンションの中住戸なので雹とか水災なんてあり得ないし、地震保険も不必要というのは決めています。

Aベストアンサー

価格協定は当然付けるべきです。火災保険は減価償却後の価格しか支払いません。それを防ぐのが価格協定です。特約を付けると協定価格に応じた保険料は必要ですが特約そのものには割増保険料とかはありません。

Q<簿記>先に社会保険料を支払った場合の仕訳

先に社会保険料を支払った場合の給与天引きでの仕訳を教えて下さい。

ネットで調べると・・

http://kanjokamoku.k-solution.info/2006/07/post_96.html
<給料支払時>
借方 / 貸方
給与 / 預り金
/ 普通預金

<社会保険料納付時>
借方 / 貸方
法定福利費 / 普通預金
預り金

・・とありました。

給与を先に支払って、その際に天引きするのならこれでいいと分かるのですが、
先に会社が社会保険を支払い、それから給与を支払う(天引き)場合は
どのように仕訳処理すればよいでしょうか?
後で引くのに「預り金」というのはおかしいのではと思い、質問させて頂きました。

ちなみに「会計王」という簿記ソフトを使っています。

「立替金」を使いますか?

例えば・・
<社会保険料納付時>
借方 / 貸方
法定福利費 / 普通預金
立替金

<給料支払時>
借方 / 貸方
給与 / 立替金
/ 普通預金
・・でどうでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

社会保険料は、前月の給与の分を翌月末までに支払います。

例えば10月に働いた分は、 11月末日までに支払います。

ですから、給料日も月末だとした場合、先に社会保険料を支払ってしまう・・・ということもありうるわけですよね。


決算期がまたがるわけでもなければ、いいんじゃないでしょうか。

 11月29日  預り金 /  現金 (社会保険料の支払い時) 

 11月30日  現金  /  預り金 (給料から控除したとき)

というふうに、順番が逆になっても。

一時的に預り金の科目残高が「マイナス」になって不自然かもしれませんが、他の科目(立替金や仮払金など)にしても、元帳上はかえって、みづらくなります。
あなたの会社の規模や経理に関連したスタッフの状況、顧問税理士の事務所の考え方などがわからないので、一概には言えませんが、いくつかの考えられる仕訳を提示して、どのように入力するか決めたらいいと思います。

Q新築一戸建てのおすすめの火災保険

新築戸建(木造3階建)を購入することになりました。
場所は尼崎市です。
購入価格は2600万円です。
火災保険と地震保険の加入を検討しておりますが、
お得な保険ががれば、是非教えていただあきたいのですが。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

どの程度の補償内容を求めてられるのかわからないのでなんともいいかねますが、新築割引や耐火性能割引が使えれば保険料はかなり割引できると思います。
特約内容も各社いろいろありますので、ご自分の求める保険を選ばれるのが一番です。

Q家事と事業が混在している口座での事業主貸と事業主借の仕訳方法について

基本的なことですが、判らないので教えてください。

日常の生活費の中に、事業に関する入出金が混在しています。事情があり、口座を分けることができません。

青色申告(正規の簿記)をしているのですが、預金出納帳については、少なくとも期首と期末で残高が一致している必要がありますので、年末にまとめて、事業主貸・事業主借の仕分けを入れて、少々無理やりですが一致させようとしています。


その場合にはどのように記帳すれば良いでしょうか。

----------------------------
1). 記帳よりも、口座残高が多い場合

事業主借で、差額を預け入れ


2). 記帳よりも、口座残高が少ない場合

事業主貸しで、差額を引き出し
----------------------------

という仕分けをすれば良いでしょうか、、、。


基本的部分なのですが、判っていません。

ご存知の方、教えてください!!

Aベストアンサー

家事用が主で使用ならば、その通帳の管理自体・帳簿をつける必要はないので、入出金が発生した都度、または年末にまとめて

経費科目/事業主借

で計上したら良いのではないでしょうか?
通帳は保管しておかないと駄目ですけどね。

もし、事業用として口座を管理されるなら
事業主貸科目を使用でいいですよ。

「家事用で出金した場合には事業主貸しで、引き出し」
事業主貸/普通預金 ですね

家事用で入金した場合には事業主借で、預け入れ

預け入れというのは口座に現金を入金される時ですよね?
家事用で入金というのは、現金の出所が事業からでなく
家事用からということですか?だとしたらOKです。
(普通預金/事業主借)
事業用の現金からなら
(普通預金/現金)で良いです。


人気Q&Aランキング