眼科へ行って白内障と言われました。近く精密検査をすることになっています。そのあと手術を予定しておくようにとも。

先輩が、同じ眼科で手術をしましたので、聞いてみると<入院なしで、15分の手術だった>といいます。そういわれてみるとその眼科は病院でなくクリニックです。病室もありませんでした。

県下の大きな大学附属病院などでは、1週間の入院と聞きます。なぜ、入院なしで翌日まで自宅で安静ですむのでしょうか?
同じ手術でなぜそういう風に差が? 大学病院のほうが間違い?
クリニックでの治療で間違いないのだろうか?

悩んでいます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

白内障は、老化現象ですね。

レンズに当たる水晶体が白濁するために起こります。白濁した水晶体を吸い出し、レンズを入れる。義母の例ですが、手術後、帰宅できます。
今は、病院側が、退院をせかせる(大して金にならない)時代なのに、白内障で、1週間の入院など、理解できません。何か他に病気を持っていたんではないですか。
    • good
    • 0

本題ではないですが、医者の養成機関のこと。



実は、白内障の手術よりずっと前に、網膜はく離の手術を某国立大学病院で受けたことがあります。手術は成功だったのですが、そこは治療の場所であるとともに、医者の養成場所であることを痛感したのでした。

手術後、退院まで医者の卵がフォローしてくださったのですがぎこちなかった。そうやって立派なお医者さんに育っていくのだと思いますが。

それはさておき、入院手術か日帰りかということですが、本来は、データに基づいて比較できたらいいと思いますがそういう数字はないんでしょうかね。

素人の意見としては、入院でも日帰りでも、経験を積んだ医者に手術をしてもらうのがいいと思いますが。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどねえ。言われてみるとその通りだと思います。
いま、検査を受けている医者は経験豊富だとは思います。だって入院なし日帰りで一人で大勢の患者を扱っているのですから。
ただ、なぜ入院か、という話のときに「感染症の心配があるから」と聞かされると出を受ける側とすれば心配です。

判断に迷います。困ったねえ。

お礼日時:2009/05/19 08:00

最近では日帰り手術が多くなっていますね。


でも多分毎日通院です。
そしてどなたかも書いていらっしゃいますが、日帰りの場合感染症が心配です。
  
私は白内障手術は20年程前にやりました、眼内レンズでなくコンタクトレンズで対応していましたが1昨年眼内レンズの挿入手術を行いました。
そのときに医師に聞いたことですが、今では白内障手術自体は完成された手術方法になってきて心配はいらないそうです。
むしろ感染症が心配で、そちらをいかに防ぐかの方が問題だと聞きました。
なので私の手術した病院の場合、手術後1ヶ月は土をかまってはいけないと退院時に注意されました。
  
白内障の手術は大学病院でなくとも眼科専門病院、あるいは公立の総合病院でいいのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、ありがとうございました。

「術後の感染症の心配」は、クリニックでも大病院でも同じ「心配さ」程度のハズですね。そうするとクリニックはなにか無理をしているように感じます。
入院はないほうが、患者の側に便利ではあるのですが。でも、心配は増えますね。すごい差があるわけだけど、どちらを選ぶか、患者が判断しなければならない問題なのですね。困った。

お礼日時:2009/05/18 10:19

こんにちは



その方の程度にもよると思います
実際には年配の方で体力がなくてとか
他の病気がある方などは入院される方が多いみたいですよ
後は一人暮らしのご年配の方とか
先生によりけりだと思いますけど
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/18 10:20

私は大学病院の眼科医ですが、当院では1週間程度の入院をしていただきます。


日帰りの場合は、術後の処置で通院が必要なのと、
何よりも眼内の感染症を恐れて、入院をして頂きます。

感染症を起こした場合、失明に陥る事も有ります。
尚、白内障の手術で大学病院は無理でしょうが、
入院施設のある病院でよいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
大学病院の先生からのご回答で、「感染症」のことをいわれると説得力がありますね。
やはり、入院させるところを選ぼうかなあ。

お礼日時:2009/05/18 10:23

私も白内障手術を受けたことがあります。

個人病院ですが「日帰り」でした。

さて、大学病院ですが、「医者を養成する」という機能を担っています。「医者の卵」の人の勉強のために患者を留め置くわけではないでしょうか。
                 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

医者の養成機関、については、意味はわかりますが、別の回答者がおっしゃるように「感染症の心配」ではないでしょうか。
いや、そいうことを口実にして、あなたがおっしゃるように「留め置く」こともないとはいえませんね。困った。

お礼日時:2009/05/18 10:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q白内障の手術が失敗しても代金を払うの?医療ミスなのに!

先日、父が某大学病院で白内障の手術をしましたが失敗して、角膜に傷が付きもした。翌日また、処置をしました。この手術は簡単で、あまり入院する事も無いと聞いていたのに、4日も入院しました。以前より見えなくなり、本人も憤慨していますが、とりあえず、費用は全額払いました。よく見えるようになれば良いのですが、医療ミスなので納得いきません。予定より1日多い入院費と2度目の処置の分まで払う必要があるのでしょうか?4日目でまだ痛むようですし、逆に慰謝料を請求出来ないでしょうか?良きアドバイスを宜しくお願いします。

Aベストアンサー

相手に不法行為があっても、その不法行為が認定されていない以上払う必要有り。
医療ミスという不法行為の立証の難しさと
代金未払いの不法行為の立証の難しさと比較すれば
代金未払いの不法行為の立証の方が遥かに易しいので
残念ながら先に支払う方が賢明な選択です。

Q腸閉塞で再三の入院の末、手術。が術後の経過が悪くまた手術。

 はじめまして。28歳の彼(夫)が去年、何度も繰り返し腹痛を訴え、
入退院を繰り返した結果、今年1月26日に入院いたしました。
1度目の手術は2月4日。
手術前にイリウス管と言う、細い管の先に少し膨らみのある
管を4日ほど入れて1時間ほどの剥離手術をしました。
 術後もイリウス管は入れていました。が痛くて我慢できず
途中で小腸すべてに入っていたイリウス管を少し引き抜きました。
 結局、術後の経過が悪く、レントゲンで2度検査してイリウス管による
”腸重積”が発覚し、再度の手術をしました。
 そして、2度目の手術。2月12日。緊急オペ。
腸重積の手術だから、と言われ1時間ほどで終わると告げられたものの
5時間以上に渡る手術でした。
 原因は腸重積は 壊死していなくて大丈夫だったけど小腸が1週間の間に、
また癒着していたので、と小腸の1/3を切除する手術をしていたのです。
 2度目の術後に 切除した腸を見せてもらいました。
こんなにひどいくっつき方をするのかと何箇所癒着しているかさえ
分からない程、ひどいものでした。素人でさえ、担当医を疑いました。
 その後、2月26日現在で 術後2週間が経とうとしておりますが
常にある膨満感や鈍痛に加えて、食事(まだ5分ガユ)すら
全て食べれない、少し食べると 痛みが襲ってきて
座薬などを入れないと、我慢できない状態です。
つい4日前ほどまでは、夜も眠れなかったようです。
 長くなりましたが、腸閉塞の術後の経過は 
こんなに長く、痛いものなのでしょうか?
 
 痛い、痛いと普段は言わない彼が 苦しみ、泣き、つらいと言います。
 現時点で、彼のご両親と転院も考えております。
が、それが異常な事態ではないのかが確かめたいのです。
どうか御助言、御指示等をお願いいたします。

 はじめまして。28歳の彼(夫)が去年、何度も繰り返し腹痛を訴え、
入退院を繰り返した結果、今年1月26日に入院いたしました。
1度目の手術は2月4日。
手術前にイリウス管と言う、細い管の先に少し膨らみのある
管を4日ほど入れて1時間ほどの剥離手術をしました。
 術後もイリウス管は入れていました。が痛くて我慢できず
途中で小腸すべてに入っていたイリウス管を少し引き抜きました。
 結局、術後の経過が悪く、レントゲンで2度検査してイリウス管による
”腸重積”が発覚し、再度の手術...続きを読む

Aベストアンサー

※後腹膜(こうふくまく)腫瘍
生後3ヶ月腎臓の周囲の良性腫瘍ということですから、おそらく腹部からのアプローチでしょうからイレウスの原因になっていることは一応納得です。

腸閉塞の術後はこんなに長く痛いもの・・?
に関しては『術後2週間で食餌がはじまっている』ことから考えても縫合不全などなく順調であると思えます。

最初の手術では出来るだけ温存したいと言う目的だったのだと思います(手を加えなくて済ませられればそれだけ経過は短く済むからです。しかしそれだけでは回復できなかった…結果の再手術です。ご覧になられた癒着がそんなに早く形成されるとは思えません。おそらく長年の経過によって出来上がったものでしょう。
現在に関しては先ほどあげた点から考えて少なくとも問題点は考えられません。

痛みに関しては『それを踏み越えてでも食べないと新たに癒着します』としか申し上げようがありません。主治医も、痛み止めを使うことは文句をいわないけれども『歩きなさい』『食べなさい』の一辺倒ではないかと思うのです。今ががんばりどころです。

Q白内障の手術で眼内レンズが入りませんでした。これって失敗なのでしょうか?

どなたか詳しい方、教えてください。
74歳の母ですが、昨日、白内障の手術を受けました。
ところが、何かが弱く、眼内レンズが入らなかったそうです。
時間も1時間40分もかかったそうです。朝と晩、感染症予防の抗生物質の点滴を受けているそうです。眼帯を取るとまぶしくて、目がつらく、あけていられないそうです。明日、入院先に駆けつけて、事情を聞いてみようと思います。(車で8時間かかりますが)。
簡単な手術と思ってましたので、とてもショックです。このあとどうなるのか、気が弱い母は聞けなかったようです。
これは、失敗なのでしょうか?どのようなことが考えられるのでしょうか? 眼内レンズ挿入は もう無理なのでしょうか?
これだけの情報だと 判断は難しいと思いますが、詳しい方いらっしゃいましたら、なにか知識をお願いいたします。

Aベストアンサー

眼内レンズwikiより・・・
眼内レンズは固定する場所により、前房支持型、後房支持型、虹彩支持型、縫着用の4種類に分けることができる。現在日本国内では後房保持型を術中温存した水晶体嚢に挿入する方法が最もよく行われる。また水晶体嚢が存在しない、水晶体嚢・チン氏帯が脆弱な症例に対して前房保持型、縫着用を使用することがある。しかし前房保持型の挿入症例において虹彩炎・角膜内皮細胞密度が減少し水疱性角膜症に移行する症例が報告されている。

おそらく、お母様の状態はこのチン氏帯脆弱により、眼内レンズ落下の危険性が認められたため、この部分に挿入が出来なかったのではないしょうか。
縫合によるレンズ装着も出来ますので、その点を医師に相談という形になると思いますよ。

Qこの間眼科で初期の緑内障と診断されました。同じ症状の人、普段の生活どんな事に 気を付けてますか?

この間眼科で初期の緑内障と診断されました。同じ症状の人、普段の生活どんな事に
気を付けてますか?

Aベストアンサー

取り敢えず早く治療して下さいね 汗

白内障と違い遅れると失明してしまいますから 汗

Q白内障の手術後のレンズずれについて、質問します。

白内障の手術後のレンズずれについて、質問します。
先月、母が両眼の白内障手術を受けたのですが、だんだん視力が落ちてきて違和感があったため、調べてもらったところ、片眼のレンズのずれが原因だとわかりました。
白内障手術では、よくあることでしょうか?
また、これは手術の失敗なのでしょうか?
病院の検査専門の方が見つけてくれて
、その後の担当医の対応が動揺してるように感じたらしく、母は疑問に感じたそうです。
2週間後に再度レンズを入れ直す治療をするとの事ですが、私も母も無知の上、ご存知の方おられましたら、回答をお願いします。
ちなみに、10月に片眼が緑内障発作をおこし、それに伴い白内障になったため、白内障手術しました。手術後は0.8まで回復してたとの事です。

Aベストアンサー

おはようございます。

レンズのずれというのが、度数のズレなのか、位置のズレなのかが分かりにくいですが、
文章から位置のズレとして、回答します。

>白内障手術では、よくあることでしょうか?
よくあることではありませんが、緑内障発作を起こすような目では比較的起こりやすいようです。

>これは手術の失敗なのでしょうか?
手術中から、レンズを固定する袋(水晶体嚢)やそれを支える線維(チン氏小帯)が弱くてレンズの重みに耐えられないような所見があれば、少し判断が甘かったかなと思いますが、そのような所見がなく、また手術で水晶体嚢やチン氏小帯を傷つけるようなことがなければ、失敗ではありません。
単に水晶体嚢やチン氏小体が弱かっただけ、ということになります。

2週間後に再手術ということのようですので、整復するだけなのか、糸でレンズを縫い付けるのかは執刀医の判断になると思います。
再手術のメリット、デメリットを十分聞いた上で、手術を受けてください。

Q手術、入院費用について

先日、母が階段から落ち、右足、脛骨上部の複雑骨折をしました。骨盤の骨を一部移植し、移植プレート、ボルトを使っての手術でした。入院は2ヶ月ぐらいと言われています。一般的に費用は、どのくらいかかるのでしょうか。入院中のリハビリも行っています。

Aベストアンサー

http://www.shirobon.net/

上記のサイトは今後少しは役立つと思います。
しかし、手術などの場合どれに該当して、どういう付加点数が付くかなど専門家でも難しいです。(あくまで参考程度)

と言うことで私の経験したことを書きます。
粉砕骨折でした。
私の入院、手術をした病院は15日、月末で締めて請求されました。(国保で3割負担)

12月9日入院で15日締めで、手術を伴いましたので50万円程の請求がありました。
その後の入院は、半月で8万円程でした。

しかし高額療養費として払い戻しがあります。
http://www.kokuho.or.jp/kokuho/high-expenses/(社保も同じだと思います。)

食事代の負担もありますから、実質どんなに掛かっても自己負担は10万円前後ということです。

Q難治性ぶどう膜炎、白内障、緑内障を発症しています。手術できる病院を教えてください。

母が1年ほど前に難治性ぶどう膜炎と診断され、続いて緑内障と白内障も発症しました。
地方の市民病院で治療をしていましたが、最近になって白内障が悪化、1ヶ月前から急激に視力が低下し、今では歩行困難な状態です。
主治医からは手術の予約がいっぱいで数ヶ月先でしか手術はできないと言われています。しかしながら、時間の経過とともに硬化するため
手術が難しくなるし、ぶどう膜炎もあり、失敗するリスクも高いと言われました。(手術して失敗したらゴメンねとも言われましたが)
このような状況で白内障の手術を行える病院をできれば愛知県内で探しています。教えていただけないでしょうか?
もしなければ、愛知県外でも結構です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ぶどう膜炎、緑内障、白内障が得意な病院
愛知県:
愛知医科大学病院・眼科
総合上飯田第一病院・眼科
名古屋私立大学病院・眼科
京都府:
京都大学医学部付属病院・眼科
手術は解かりませんので病院に確認してから
受診して下さい。

Q白内障手術 入院か?日帰りか?

母(65歳)の事です。先日眼科にて白内障の手術を勧められました。
手術自体は受けようと思っているのですが、紹介を頂いた病院では、片目一週間、両目で二週間の入院が必要と言われました。
知人らは日帰りだったり二泊三日だったりで手術をしているので、実際、二週間の入院に驚いています。
入院と日帰り(二泊三日)どちらの方が良いのでしょうか。
母は私の子供を日中保育してくれている事もあって二週間入院すると私自身が会社に理由を伝えて欠勤するか、一時保育をあたるか、義両親に来てもらうか等、困ってしまうのも事実ですし、本人はいたって健康で、二週間も入院したら退屈だろうなぁと言っています。
入院のメリットデメリット、日帰り(二泊三日)のメリットデメリットあったら教えてください。二週間の入院には何か意味があるのでしょうか。

Aベストアンサー

極最近白内障の手術をしました。私も日帰りかと思っていたのですが、その大学病院では高齢の人は片目3泊4日の入院と決まっておりました。私は70歳なのですが、高齢者の線引きはどこなのかわかりません。
さて、入院の理由は一に感染症の予防と聞きました。ひとつ間違えば失明もあるそうです。手術時間はメスを入れてからは10分、術中も術後も痛みは全くありませんでした。翌日からテレビも見られますし、局所麻酔ですからひどい体力の消耗もなく一日4回3種類の目薬を差すのが忙しいだけで正直退屈です。ただ日帰りですと翌日から何日間かの通院は必要です。私は片目の術後左右の視力の違いが大きすぎてとても通院は出来なかっただろうと思いました。その後一ヶ月経って反対の目も同じようにして手術しました。探せば1泊2日、2泊3日ぐらいの病院もあると聞きます。ただどんな手術でも手術は手術ですので、日帰りでも術後管理を十分になさってください。それから白内障だけではないため入院が長い人もいるそうですのでその点はお医者さんにしっかりお聞きになられたら如何でしょうか。

Q網膜裂孔治癒後の白内障手術のリスク

十数年前に網膜裂孔(近視と加齢が原因)になり,両眼をレーザー治療しました。その後定期的に眼科通院し再発の有無検査をしていて,現在は再発ありません。ただ,白内障が進行し,主治医から白内障手術の検討時期との話を受けました。白内障手術そのものは通常問題ありませんが,過去に網膜裂孔であったことで多少リスクがない訳ではないとのことでした。「教えてGoo」で類似の事例(網膜剥離など)を見ると,術後の問題もあり,少し不安になりました。
参考事例(成功,失敗)や参考御意見をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

過去に眼内に対する手術を受けたことがある場合、白内障手術には限りませんが、また眼内の手術をすると、硝子体の変質が進んで後部硝子体剥離を起こす危険性があることを指摘されたのだと思います。

硝子体の変質は年を取れば誰でも起きる(若いときの硝子体がムチムチのゼリー(ゲル)だとすると、加齢によって水っぽく(ゾル)に変化する)ことですし、その際に、網膜に密着するような感じだった硝子体が溶けて縮むことで、くっついていた網膜が引っ張られる事もよくある話です。
ただ、近視(特に強度近視を指す)持ちの場合、眼球が伸びる方になって内側の網膜も引っ張られて薄くなっており、硝子体が剥離する際に網膜まで引っ張って裂孔や剥離を生じさせる危険があります。

ただ、今のあなたの年齢が書かれていないこと、前回裂孔を修復した時がどんな手術(眼の外からレーザーを撃ったのだと想像しますが)だったのかがわかりませんのであまり詳しい話はしかねます。
通常の白内障手術よりはちょっと面倒ですが、それほど珍しいわけでもないと思います。年齢によってはとっくに硝子体は変質してしまっているかもしれませんが、あなたを診察している主治医の方がそういう懸念をしたという事は、まだまだ十分硝子体が残っているという事なのでしょう。

はっきり言って、他の人の体験談を聞いたところですべてはケースバイケース、あなたの場合はまた違うんだという事を認識してもらえればと思います。余分な情報を頭に入れすぎて余計な心配を抱えないようにすることです。

手術数の多い、入院できる設備のある眼科に強い(あるいは眼科専門の)病院を紹介したもらったらどうですか。今の主治医のところで対応できるならそれでも良いと思います。
アドバイスがあるとすれば、日帰り手術なんてお手軽なことは考えない方がいいと思います。あとは手術が遅れるほど白内障そのものの手術の難易度があがり、面倒な話になってきますので、あまりずるずると引き伸ばさないことです。

過去に眼内に対する手術を受けたことがある場合、白内障手術には限りませんが、また眼内の手術をすると、硝子体の変質が進んで後部硝子体剥離を起こす危険性があることを指摘されたのだと思います。

硝子体の変質は年を取れば誰でも起きる(若いときの硝子体がムチムチのゼリー(ゲル)だとすると、加齢によって水っぽく(ゾル)に変化する)ことですし、その際に、網膜に密着するような感じだった硝子体が溶けて縮むことで、くっついていた網膜が引っ張られる事もよくある話です。
ただ、近視(特に強度近視を指...続きを読む

Q椎間板ヘルニアの手術費用と入院期間

近々椎間板ヘルニアの手術を受けようと思っていますが、費用と期間が皆目検討つきません。いくらぐらいかかるのでしょうか?

Aベストアンサー

椎間板ヘルニア手術の経験者です。手術方法や入院日数によって費用の前後するとおもうのですが、私の場合は主人の社会保険の家族での使用ですので保険適用3割でした。

手術方法は一般的な「ラブ法」で経過がとてもよかったので入院日数は17日間(4人部屋の為室料なし)術後14日目で退院でした。手術までの数日間は造影やCT等の検査がありました。退院時に支払った費用は28万円弱、この他に採寸して製作依頼をした術後に必要なコルセットは業者に実費で2万4千円。このコルセットは保険適用なので、退院後に業者から保険事務所に提出する書類を貰っておけば申請して7割が返金されます。 又、社会保険の場合は、1ヶ月単位で72300円(前後だったと思います)超えた治療費は申請すれば返金されました。(私の場合は合計15万円程が返金されました)他の保険事務所等は基準が分かりませんが・・・

私の場合、2ヶ月を跨いでの入院でしたので、高額医療だった1か月分のみ返金対象となり、72300円に満たなかった2ヶ月目は対象にはなりませんでした。

入院費用だけではなく、通院費用も高額医療の対象になりますので、出来れば1月間で入院、手術、退院後の経過観察通院を済ませられれば、72300円以上の費用は返金されますよ。 たとえば、4月1日入院して4月末日で観察通院を済ませられれば・・・とかです。提出に必要な病院から頂く領収書は取って置きましょう。 ご参考までに・・・

術後3ヶ月ですが、つらい激痛と痺れがうその様に無くなりつつあります。jirowata2001さん、頑張って下さいね♪

椎間板ヘルニア手術の経験者です。手術方法や入院日数によって費用の前後するとおもうのですが、私の場合は主人の社会保険の家族での使用ですので保険適用3割でした。

手術方法は一般的な「ラブ法」で経過がとてもよかったので入院日数は17日間(4人部屋の為室料なし)術後14日目で退院でした。手術までの数日間は造影やCT等の検査がありました。退院時に支払った費用は28万円弱、この他に採寸して製作依頼をした術後に必要なコルセットは業者に実費で2万4千円。このコルセットは保険適用なので、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報