感染しないように警戒してビクビクしているより一度感染して治れば抗体が出来てもう感染しなくなるので、そのほうがいいのでは。
弱毒性なので普通に治療すればやがて治るんでしょ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 獣医師でウイルスに専門知識を有する者です。



 まあ、その考えも一理はあります。個人的には同じような気持ちがないわけではありません。ただ、但し書きを付けるならば「自分さえ良ければ」ですが。

 まず、現在この新型インフルエンザの致死率は0.4%と見積もられています。メキシコではもっと高い(1%前後)ですが、これはメキシコ固有の事情によるものと考えられているのでしょう。

 ですがこの数字、決して低いわけではありませんよ。
 通常の季節性インフルエンザの致死率が概ね0.02%程度ですから、実に季節性インフルエンザの20倍の致死率が見積もられている、ということです。
 過去の「新型インフルエンザ」では、スペイン風邪が約2%とダントツに高いですが、アジア風邪も香港風邪も0.4%程度でしたので、これら過去の「新型インフルエンザパンでミックと同等の致死率」ということになります。この数字がそのまま現実になれば、やはり季節性インフルエンザの比ではない人的被害が出ることになります。

 「弱毒型」という報道で世間も妙に安心しているようですが、過去のスペイン風邪、アジア風邪、香港風邪も全て弱毒型でした。
 また、用語の定義がインフルエンザの場合少し特殊なのですが、「強毒型」や「弱毒型」という言葉は、ウイルスのHAタンパクの一部の配列だけで決まる、いわば単に「ウイルスの型」を意味するもので、直接病原性の強さを意味する言葉ではありません。
 「弱毒型」のまま、今後「強毒変異」する可能性も十分ありますし(この場合の"強毒"とは、単に病原性の強弱の意)、理屈では「強毒型」より致死率が高い「弱毒型」というのもあり得ます。

 もうひとつ。
 今回の新型も、過去の新型と同じく「老齢層より若齢層の方が重篤化しやすく、致死率も高い」という特徴があります。今回の場合は老齢層は抗体を持っているのではとかいう推察もされているようですが、サイトカインストームという、いわば「免疫系の暴走」による重篤下や死亡も若年層の方がハイリスクですし(東南アジアの強毒性インフルエンザの感染による死亡原因もこれが主)、そのあたりの事情は過去の新型出現時と本質的には変わらないように見えます。

 というわけで、"自分さえ良くても"感染せずに済むのなら感染しないに越したことはない、という考えも"一理ある"と言えるでしょう。ワクチンができるまで感染せずに済めば、それが最もリスクが少ないということになりますから。


 「自分さえ良ければ」の説明をします。

 自分は感染しても致死率はたかだか0.4%ですから、普通に治療すれば回復する可能性の方が圧倒的に高いです。
 ですが、感染環を"自分で止める"ことはできません。
 インフルエンザ感染者が、"他人に感染させる可能性がある時期"は、発症の1日前から快復後3日ほどです。(1週間の隔離の根拠はこれ)
 このうち快復後の感染リスクは、自分が快復後も出勤or登校せずに家で大人しくしていれば良い話なのですが(だから"2日寝れば仕事復帰"というのは間違いで、この程度のことは毎年のインフルエンザでも言われています)、"発症前1日"というのは誰にも注意のしようがありません。発症して「感染した」ということが判明する頃には、既に何人かに感染させてしまっているわけです。
 ですから自分が感染すると言うことは、必ず自分から他の何人かに感染させることを意味します。この「1人の感染者が何人に感染させるか」という数字は、今回のインフルエンザは3.1人と試算されています。この数字も季節性インフルエンザよりは高い数字ですね。抗体を持っていない集団なわけですからむしろ当然ですが。

 どのみち、新型インフルエンザが感染拡大をしていくことを「止める」ことはどうあがいてもできないことなのですが、その感染拡大の速度を少しでも遅らせることには多いに意味があります。
 無抵抗に拡大を許して爆発的に感染が広がった場合、医療機関の対応も手が足りなくなりますしタミフルだって枯渇するかもしれません。発熱外来→感染症対応という方策が成立しなくなれば医者にかかれない人も出てくるでしょうし、そうなれば感染拡大にますます拍車がかかることになります(どのみちどこかで発熱外来システムは崩壊するかもしれませんが)。
 そうなると、致死率も現在の0.4%という見積もりよりさらに増える可能性すら出てきます。

 逆に感染拡大を上手にコントロールできれば、致死率を0.4%より低くすることも十分可能でしょう。

 水際防疫にしても、進入を少しでも遅らせることができればその間に医療体制を整える"時間稼ぎ"になったわけです。現にこの数週間で発熱外来の設置数は飛躍的に増えました。
 アメリカのようなメキシコと地続きで、発覚したときには既に進入を許していたというような国とは違い、日本は島国で出入国の経路は限定されていますから、水際防疫を重視することはそれなりに意味はあったわけです。まあ具体的な方策全てが的確だったとまでは言いませんが。
 現在は既に「国内発生初期」のステージに入り、進入防止より早期発見と早期治療を重視する方策に転換されていますが、その「早期発見・早期治療」にしても、あまりにも感染拡大の速度が速いと崩壊してしまいます。

 このような感染症との闘いは、国や行政だけが闘っているのではなく、1人1人個人の闘いでもあります。
 どんな防疫対策を取っても、多くの個人が「早く感染した方が得策」と考えてそう行動してしまえば、爆発的な感染拡大を止めることはできず、人的被害も大きくなってしまうでしょう。
 実は新型インフルエンザに限らず、季節性のインフルエンザや他の麻疹やノロウイルスといった感染症全体に言えることなのですが、個人の感染は個人だけの問題ではありません。自分が感染防止に注意することは、自分の身だけを守っているのではなく、家族や職場の同僚や学校の同級生を守っていることになります。逆もまた然りです。

 ま、どうあがいたって「感染を完全に防御する」ことなどは不可能ですから、どこまでやるかという問題にはなるわけですが、密閉・密集した空間内でのマスクや外出後の手洗い等の基本的な防御をするのは、個人だけでなく公共のためにも必要だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました。
ありがとうございます。
甘くみてはいけませんね。

お礼日時:2009/05/18 20:48

回答と言うより意見になってしまいますが、意見は人それぞれ違うとおもいますが、私は感染予防出来ることはやりたいです。

やはりかかりたくはないですから。しかも誰でも軽くすんで普通に治るとはかぎらないと思います。うつされたら迷惑な人もいると思います。自分はよくても子供達には苦しい思いをさせたくないです。高いお金出して毎年予防接種うけているのも、かかりたくないからです新型インフルエンザに限らず感染力の強い病気にかかってしまたら、しっかり治療し他の人にうつさないように配慮してほしいですね。感染したほうがいいのでは?とは私は思いません。
    • good
    • 0

私もそう思います。


従来のインフルエンザより軽い症状で、二日も寝てれば直るとのこと、
そのために、一週間も軟禁状態にされたり学校閉鎖になるなら
一回かかってしまい二日寝て現場復帰する方がメリットが多い!

何より1週間の軟禁を2日で済ませられる。
抗体ができるので以後かからない。
特に医者など受け入れを拒否するくらいなら
二日寝て現場復帰すればいくらでも活躍できる。

医療費かかるとか言ってるアホもいるけど
医療費なんぞより失われる時間のロス分(金額にすれば)の
方がどれほど多いことか!
医療費気にするくらいならかかっちゃったほうが
安く上がる。
盲腸だの破傷風だのといったモンじゃないんだから、弱いインフルエンザくらいで病院へ行きゃしない。
少なくとも30代40代の働き盛りの男は滅多に病院なんぞ行くもんか
ユンケル飲んで一晩寝てりゃなおっちまぁわ!

だいたい今の日本人はちまちましすぎ!繊細すぎ!

しっかし、どうして、役人はこう馬鹿なんでしょ?
頭悪すぎ!

そりゃ死ぬ人もいるかもしれないですが、
そんなの普通のインフルエンザだって同じ。
むしろ、そちらの方がヤバイ。
新型にとらわれすぎてもっと重症になる他のインフルエンザまで
検査だ、隔離だ、受け入れ拒否だのやっていれば
普通のインフルエンザでの致死率は高くなってしまう。

もし変異して強毒性になったとしても
一回弱毒性にかかっていればある程度免疫力は効くかもしれない。
(同型だから)

ならば一度かかるほうがよろし!

海外渡航暦のない高校生数十人がすでにかかっていますね、
もう止めようがありません。
一人だけだったのがあっという間に数十人
(70人近いですか?)
一晩にして70倍!
明日は4900人になってますよ。
一週間もしたら数十万人。
まぁ症状として出ない人だっていますから
キャリアだけならあっという間に数百万人
数千万人ですよ。
もう絶対無理!止めようがない!

止めること考えずに治すこと考えた方が
絶対いいって!

だいたい、海外からそれもアメリカカナダメキシコの3カ国だけからの帰国者入国者だけを検査して一人もいない!と言っていただけで
日本国民全員検査してないでしょ?

もししたらすでに数千人かかっているかもしれません。
普通のインフルエンザだと思って家で寝ていて直す人だっているし
私なんかインフルエンザにしろ熱が出たくらいじゃ病院なんか行きませんよ。
ユンケル3本一気飲みで、毛布かぶって汗ビッチョりかいて直しちゃいますよ。

そんな人日本中にはたっくさんいますし、街医者だって
ついこの間までまさか新型だとは思ってませんから
タミフル渡して返しちゃった人だっているわけでしょ。

つまりほんとは新型だった(新型である)インフルエンザに
かかった人はたっくさんいるはずなんです。

たまたま偶然その高校生を検査してわかっただけですから
帰国者だけを対象にして調べたって本来の患者数なんて
わかりませんよ。

いまさらじたばたしたってどうにもなりゃしません。
それがウィルスや細菌と共生してきた人類の歴史なのですから
自然体で、かかったらかかったで寝てりゃいいんです。
たまたま死んじゃったら運命だと思ってあきらめるんですよ。

建築現場のクレーンが倒れてつぶされちゃう人もいるんです。
それも運ですからしゃーんめぇ!です。

命が大事だというなら
それより、国内で3年間万人が確実に死ぬ自殺者の方に
何らかの方策をとったほうがいいとおもいますけどねぇ・・。
3万人ですよ!3万人!それもほぼ確実に自殺するんです。

8千人の交通事故死者数の3倍も4倍もい多いんですよ!
交通事故死者が1万人にのぼれば警察なんか目の色変えて
交通安全対策に取り組むでしょ?

まして、300人死者の飛行機事故で大騒ぎ!
だったらその100倍の3万人が死ぬんだから
超大騒ぎしなきゃいかんでしょ?

新型インフルエンザ?日本で誰か死んだ?
だーれも死んでないよ・・・
世界の人口65億人、キャリアは何人?
1万人?何人なくなったの?
200人?・・・お気の毒だけど、
それがどうしたの?
出っくわす方が珍しいくらいじゃないの?

そのくらい新型インフルでなくても
ほかの細菌やウィルスがちょっと出れば
逝っちゃうでしょ?
その程度のものに1週間も監禁しちゃうなんぞ
どうかしてるんじゃねーの?

だめだ・・あの枡添・・。

それともうひとつ!
海外帰国者から一律3千円くらい取っちゃえば良いんですよ。
海外の細菌やウィルスを持ち込む可能性があるんだから
持ち込めば国内にいる人に迷惑かけるでしょ?
その危険性があるんですから・・。
一人3000円で年間1千6百万人ですか?日本人だけでも海外渡航者は。
それだけで480億円。外国人入国者も相当いますよね。
600億円くらいにはなりますよ。

そしたらそれをこの事案(海外からの新型ウィルスや、感染病の対策費に当てるんですよ。
さらに日本はもう国際社会の最重要国なんですから国内に入ってくるとか来ないとか、そんな自分の国ばかりのこと考えてないで
今回の件ならメキシコの発生源をたたく方策に使うんですよ。
タミフルを速攻でそこの地域全員分を送るとか・・。

そーすりゃ水際以前に食い止められる可能性があるでしょ。
水際だなんていってるから入ってきちゃうんですよ。
発生源を即座にたたかなくちゃ!・・。

そういう日本でありたいですね。

うちの子には「どうせかかるんだから早いうちにかかって来い!
マスクなんか絶対するんじゃねぇ!お前らの体だったらかかったって
無理すりゃ野球くらいできる!4打数4安打は無理としても2安打なら熱があったってできる!」といってあります。
    • good
    • 0

 難しいねぇ。

感染し続けると言うことは、宿主の中で進化し続けるということだから、強毒性への進化の確率を高める早めることになる。しかし、後になると、進化したモノにかかることは確実なわけだし。だけど、その抗体は、来年にはもう当てにはならないだろうね。
    • good
    • 0

その考え方も一里ありますね。



今回の新型インフルは弱毒性である事が確認されています。
またメキシコなどでの致死率は0.4%前後ですので、過去の物に比べれば低い確率になっています。
また、日本人の栄養面・医療面のレベルはメキシコよりも高いので、日本での致死率はもっと落ちるでしょう。

ただし今後はウィルスが変異して強毒性に変わる可能性もゼロではありません。
よって、弱毒性である今の内に感染して抗体を作る方が安全ともいえますよね。
ここで問題は、致死率がゼロでは無いという事と、いつ強毒性に変異するか判らないという事でしょうね。

感染すれば、医療費も掛かるし、強制的に隔離もされます。
感染するよりは、感染しない方が遥かにお得です。

ビクビクする必要は無いと思いますが、感染しないように注意する事は無駄ではないと思いますよ。
    • good
    • 0

日本ではでていませんが、海外では死者がでていることを考えると


私なら、びくびくと感染予防に努めるほうを選びます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qほう葉みその食べ方

過日、飛騨地方へ旅行に行った方から「ほう葉みそ」をお土産にいただきました。
中には、「みそ」と「ほう葉」が入っているだけで、料理方法等の説明がなくどのようにして食べたらよいのかさっぱり解りません。
「食べ方」「料理方法」等お教えください。

Aベストアンサー

まず味噌に長ネギのみじん切り(小口切りでもいいです)やしいたけの薄切りなどを混ぜます。
その味噌をほう葉の上に乗せ、空焚きが大丈夫なフライパンや、餅焼き網などの下から加熱するもので葉の下側から加熱します。
味噌がグツグツいい始めしいたけに火が通ったら出来上がり。
味噌にほう葉の香りが移り、味噌が焦げた風味はなんともいえずおいしいです。私は白いゴハンにこれがあれば他になにもいりません。
味噌は市販のものでも出来ます。多分セットになっているなら味噌に味をつける必要はないと思います。味噌の味をみてみりんや砂糖などで甘みを足してもいいですよ。
参考URLではホットプレートでの作り方が紹介してあります。ポイントはほう葉の下から加熱。それが出来れば何でもOKですよ。

参考URL:http://www.koujiyamiso.co.jp/houba/hot.htm

Q首のひずみを治すのはどこで治せば良いでしょうか?

あるとき緊張から首に力が入り、その時ひずみがおこったらしく

(ある整体でひどくひずみがあると言われました)、首から下など激痛がしたり、

筋肉痛や自律神経症状などがおこり、困っています。

整形外科で見てもらったのですがレントゲンなど異常がありませんでした。

首のひずみを治すにはどんな治療院に行けば良いでしょうか?


整形外科や整体など様々な所がありますが、何が良いのかわかりません。

詳しい方、教えてください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>(ある整体でひどくひずみがあると言われました)、
>整形外科で見てもらったのですがレントゲンなど異常がありませんでした。

あるところでは黒と言われ、あるところでは白と言われた。どちらを信じるかですよね。これは言うまでもなく整形外科の 「異常はありません」 なんですよ。どういうことかご説明します。


日本には整体と言う国家資格はありませんので、誰でも明日から整体師やカイロプラクターになれます。早い話し自称です。当然教育制度もバラバラです。スクール、就職やアルバイト、徒弟や世襲などならまだいいほうで、趣味、通信講座、半日講習なんてのにはびっくりです。これでは生理、解剖や臨床医学など全く学ぶ余裕がありません。医療に携わるものとしての最低限の知識すらない輩もゴロゴロいるわけです。私の知り合いにも元整体師が何人かいますが、ご多分にもれずこの部類です。このような者でも平気で整体師やカイロプラクターとして世に出ているのです。

教育制度が一定でなければ当然 “これが整体だ” というものがありません。あるものはマッサージ、あるものはストレッチ、あるものは背骨をポキポキ・・・などなど 「私が整体と言えば整体」 という世界なのです。

「アメリカや世界ではカイロが認められている」 と仰る方もいますが、日本では法律により病院以外でのレントゲン撮影が禁じられています。カイロは骨格を治療の主体にするのですから、レントゲンがなくてはまともな治療が出来ないはずです。包丁を奪われた板前、はさみを奪われた美容師、声を奪われた歌手と全く同じことです。

検査が出来ないと言うことは、どこが悪いのか分からない、事故の可能性や命に関わる重大な異常があるものも分からない、治療の結果も分からない、分からないずくめです。

実は骨格や骨の状態はレントゲンがなくては絶対に分かりません。どんなに勉強しようと、どんな診察のような事を行っても、体表から触れられる骨などごく僅かですからレントゲンが撮れない彼らには絶対に無理です。例えば骨盤はその半分も外から触れることができませんし、背骨は棘突起(きょくとっき)と言われる骨のでっぱりの先端部分しか触れることができません。背骨の本体やその間にある椎間板、神経などは一切触ることができません。枝先をさわって幹の状態が分かるでしょうか??当然触れない組織である椎間板など原因で、骨が歪むことが多いので 「触れないのになぜわかるの?」 というものすごく簡単な疑問が出てくるわけです。


でもあなたは実際に痛みがあるのですね?でも骨に異常がないと言われた。ということは痛みの原因は骨ではないのですよ。首の組織は筋肉もあれば神経もあり、血管もあれば腱もあります。骨に異常がなくてもこれらが痛みをサインを出していることは沢山あります。逆に骨が原因がないのに 「骨だ骨だ」 と言いて骨に力を加えると、もともと悪くないものが悪くなってしまう可能性があります。例えばガッチリしている柱でも、体重をかけてグラグラ揺らしていればそのうち立てつけは悪くなります。


>整形外科や整体など様々な所がありますが、何が良いのかわかりません。

●整体・カイロプラクティック
公的な資格は一切ありません。無資格治療院です。
ですから健康保険はじめ自賠責など一切使えません。
病名によっては厚生労働省も警告しており、治療には
細心の注意が必要です。リラクゼーションと位置づけ
るのがベストでしょう。

●接骨院・整骨院
柔道整復師という国家資格者ですが、この資格は
 打撲・捻挫・挫傷 以上のいわゆるケガの治療
をするライセンスです。腰痛や肩コリ、膝痛の治
療は出来ないのでご注意ください。また保険が使
えるのも “急性のケガ”のみです。多くの整骨
院は、このシステムを悪用して不正を働いていま
す。その金額は毎年、なんと4000億円です。この
お金は全て、我々が納めた保険料です。

●あんまマッサージ指圧
あんまマッサージ指圧と謳えるのは国家資格のみです。
巷に溢れている整体、カイロプラクティックをはじめ、
ソフト整体、タイ古式、英国式、ボディケア、クイック
リラクゼーション、エステなど大体無資格者です。

●鍼灸院
国家資格です。鍼とは揉んだり、押したり、捻ったりは
しないので実は体に一番やさしい治療方法になります。
不調の原因特定は出来ませんが、分からないときは一番
安心の出来る治療方法になります。

●整形外科
内科、循環器科、皮膚科などと並び病院の診療科
目のひとつです。もちろん医師です。レントゲン
は病院でしかとれませんから、膝痛などの原因は
絶対に整形外科でしか分かりません。ちなみに脱
臼や捻挫でも、骨折を伴っている場合があります
ので、病院でレントゲンを撮りましょう。

もうお気づきとは思いますが、これらを同じ土俵で比べること自体間違っています。今回のケースによらず何か症状があれば、必ず整形外科に行かれてください。病院の治療を基本とし、他に何か治療をお考えなら、鍼が一番無難かつベストな方法だと思います。

最初はどのような整形に行かれましたか?あまり大きなところは、手術が必要だったり、命にかかわるような病名でなければ相手にしませんから、リハビリ科のある街の整形外科クリニックに行かれて見てください。そこでもレントゲンで異常がなく薬やリハビリによる治療もなければ、鍼灸院やマッサージ院にいかれてみるといいと思います。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

>(ある整体でひどくひずみがあると言われました)、
>整形外科で見てもらったのですがレントゲンなど異常がありませんでした。

あるところでは黒と言われ、あるところでは白と言われた。どちらを信じるかですよね。これは言うまでもなく整形外科の 「異常はありません」 なんですよ。どういうことかご説明します。


日本には整体と言う国家資格はありませんので、誰でも明日から整体師やカイロプラクターになれます。早い話し自称です。当然教育制度もバラバラです。スクール、就職やアルバイト、徒弟や世...続きを読む

Q異性を無視する方と無視される方どちらのほうが辛い?

職場の人間関係で質問です。

同じ職場で毎日会う異性を無視する方と無視される方どちらのほうが辛いでしょうか?

どっちもどっちという回答ではなく、具体的にどっちのほうがどういう風に辛いのか、どっちの方がどのように傷つくのかというようにご回答をお願いします。

とても悩んでいます。

Aベストアンサー

なぜそういう関係?
そういう悩みになるのか
状況がわからなくて
意見が言えません・・・・


なぜ無視するほう
されるほうという問題がでてきたのですか?

よければ教えてください。

Q細菌感染での発熱 薬を飲んでも治らない

血液検査の結果細菌感染だと言われました
ジスロマックという抗生物質を飲まされたのですが、副作用の吐き気に悩まされただけで病状はよくなりませんでした

そこで病院を変えてみようと思い、ほかの病院へ行ってみたのですが
そこでもらった別の抗生物質クラビットを服用。結局治ってません

先週の土曜日最初の医者にかかったので一週間いじょうも病気が長引いていることになります
薬飲んで効かないんだから、のむのやめたらどうなるんだろうと思い
自分の自然治癒力にかけてみようと、昨日の夜から薬をやめました
すると今日の朝、昨日までは37.1度を維持していた体温が37.7度まであがってしまい
後悔しているところです

さて、そこで質問なのですが、このまま病院でもらった薬の服用を続けるべきか、もう一度病院にか
かるべきかを悩んでいます
できるだけはやく完治させてGWを楽しみたいと思っているのでよろしくお願いします

Aベストアンサー

次を参考に板藍根やエキナセア等を試して下さい。
http://okwave.jp/qa/q7447512.html #5

Q<ほう>の使い方 

会社の事務が電話の対応で<営業のほうへ行っております>と対応しています。営業で出ていることに対し、ほうの使い方が正しいか教えて下さい。

Aベストアンサー

「~のほう」は、ぼかし表現(下記(4)の用法)として正しい使い方ですが、
特にぼかす必要がない場面でむやみに使うことが問題になっているのだと思います。
----------------------------
『広辞苑』
ほう【方】
[1] (1) 向き。かた。「東の―に煙があがる」「方面・方位・前方ぜんぽう」
  (2) ある地域。「方言・地方」
  (3) ある部面・分野。「酒の―では引けを取らない」
  (4) 話題のものをぼかして、その部面であることをいう語。「設計の―をやっている」
  (5) 並べて幾つか考えられるものの、一つ。「酒より菓子の―がいい」
  (6) どちらかといえばこれだという部類をいう語。「勇気のある―だ」
----------------------------

余談ですが、「営業に出ています」という言い方も、ちょっと違和感があります。
意味は分かるし、ふつうに使われている言い回しなので、いちいち指摘はしませんが、
正しくは「営業活動に出かけています」ではないかと。

Q尿路感染症が治っても、尿がにごる

昨夏に尿路感染症を経験した、25歳の女性です。
一度は完治したものの、2度も内科にお世話になっています。
しかしよく尿がにごるようになりました。
検査をしても尿感染はないし、血液検査も異常ありませんでした。
症状は軽い排尿痛と下腹部痛があるくらいです。
(一番ひどいのは右下腹部痛)
内科の先生には膀胱炎ではなさそうだね、といわれました。
尿がにごったときには水分を取るのが一番だといわれました。
利尿作用の効果がある飲み物を教えてください。

Aベストアンサー

参考までに。
医師は水分を多くとって、身体に多くの水分が入れば、
自然に尿量が多くなるのでいっているのです。
利尿(作用)をつけて尿を出すことでないのです。
単純に水やお茶、ジュースなどをたくさん取ってくださいということです。
利尿だけつけると反って尿は濃縮してきます。
よって利尿がつく飲み物を多く飲むことはさけて、
水分を多く取ることに心掛けてください。
尿路感染症は繰り返しやすいのです。

Q「~ほうがよかった」の使い方を教えてください

 日本語を勉強中の中国人です。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2095116
 
 上記質問の#7の方のご回答の中で言及された「~ほうがよかった<後悔>」はどのように使うのか、教えていただけないでしょうか。「~ほうがよかった」を使う例文を書いていただければとても嬉しいです。

 自然な日本語で文章を書きたいと思っていますので、よろしければ質問文の添削もしていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#8です。
しつこくて申し訳ありませんが、自分の説明がどうも不満足なのでまたおじゃまします。
また皆さん方のご意見も参考にさせていただきながら述べてみたいと思いますので、ご了承くださるようお願いしておきます。

最初に、既に述べましたが、私は「た」を過去形と解釈しておいたほうが理解し易いのではないかと思います。

まずご質問者当初の疑問点をもう一度確認しておきます。
先のご質問は、
【「~したほうが」の「た」は何でしょうか。「~したほうが」と「~するほうが」は使い分けておられるでしょうか。】でした。
「カードを使って引き出すほうがかんたんです」という例文が挙げられています。
「ほうが」=「方が」で【選択】の意味を持つことは納得されたと思います。
そして、「引き出す」という現在形で表現するのは、その動詞の「一般的性質(あるいは効果)」に基づいて選択が行なわれたということでしょう。
つまり、『「カードを使って引き出す」という行為が「簡単」という結果をもたらします』という一般的判断を述べているわけです。

これに対して「引き出したほうが」と言う場合は、
『「引き出した」という既成事実を作り上げたとしても、決して後悔はしないほど間違いなく簡単ですよ。』
という意味で、それほど自信を持って簡単であることを強調していることになるのだと思います。
このような意味で「た」を「過去形」と解釈しておくとわかりやすいのではないかと述べているわけです。
無論、わかりやすくするためだけに言うわけではありません。
「現在」という時制を認識すること自体が不可能(あるいは難しい)という本質があるからです。
なぜなら、例えば「今 ! 」と言った瞬間に「今」という言葉、及び「言ったという事実」は過去になっているからです。
それで現在完了形というものを「発明」したりしているわけでしょうが、紛らわしいものにならざるを得ません。
端的に言うと、人間には厳密な意味で(あくまで厳密な意味で、です)主観的に把握できる「現在」は無い、と思われます。


今回のご質問は、
【「~ほうがよかった<後悔>」はどのように使うのか】という内容です。
様々な観点からの回答がなされていますが、それに対するお礼や補足を見て感じたことを述べてみたいと思います。

1、「ほう」が選択の意味であることは既に述べました。
選択である以上、必ず「~」以外の事柄と比較していることになります。
すでに過ぎた過去の選択について「あの時~しておけばよかった」ということですから、結果として後悔と同義になるわけです。

2、「のに」は、後に続く「実際はそうではなかった」という言葉が省略されていると考えてよいでしょう。
そうでなかった事実を再認識することで、結果として【強い後悔の念】を表現することになります。

「天ぷらのほうがよかった」は、まずいトンカツと比較して「天ぷらという選択をしたほうがよかった」という意味ですし、
「天ぷらのほうがよかったのに」は、後に省略されている「実際は違ってトンカツだった」という「よくなかった事柄」を改めて再認識することによって「より強い後悔の念」を表現していることになります。
「贈り物にするのなら,包装は豪華なほうがよかったのに ! 」は、「贈り物にするのなら,包装は豪華なほうがよかった ! 」よりも相手(店員など)に対する強い非難のニュアンスが含まれることになります。

ただ、これは他人に対してだけではなく自分で深く後悔する場合でも使えます。
上記の例文は包装をしたのが他人であることが前提になっているので、他者への非難ということになっているだけです。
「映画に行けばよかったのに。」あるいは「映画に行ったほうがよかったのに」は、通常は他者に対して用いられる表現です。
ただ、「今日は時間がたっぷりあったのだから、前から見たかった映画に行けばよかったのに ! また一日家の中でボ~っと過ごしてしまった。本当に私は出不精だなあ。」などという【自身に対する強い後悔】のニュアンスを込めて独り言を言っているような場面では自分自身の行為にも使えるということです。

ですが、たとえば花子さんが牛乳を間違って買ったことでとても後悔するような性質であれば、「あれ? まだ牛乳残ってたんだ。買わなければよかったのに、どうして買ってしまったんだろう。私の記憶力は大丈夫かしら。我ながら本当~に心配 ! 」と言う場面もあるでしょうが、牛乳一つでそこまで自分を責める人は少ないでしょうから、【強く(深く)後悔する】意味を持つ「のに」を使うと不自然な印象を与えます。

もう少し一般的な例では、『「あんなこと言わなければよかったのに」と思い出しては悔やむことがあります。』
という自省の文が挙げられるでしょう。

3、『「ほうが+過去形」で後悔、遺憾などの気持ちを表せることはちょっと理解不能です。』とおっしゃっていますが、このお気持ちは良くわかります。
「あの店のほうがおいしかった」という場合、単に以前行った他の店と比較して【おいしかったという評価】(支持)をしているだけだという解釈のほうが自然だからです。
「走るより泳ぐほうが速かった」
「僕より君のほうが頑張った」
など『比較する事柄(速い・頑張る)が明確になっている場合』も同様です。

ただ、「~ほうが【よかった】」という漠然とした言葉を使う場合、「~」ということの内容を評価しているわけではないのです。
「走るより泳ぐほうがよかった」は、「泳ぐことがよかった」のではなく、「泳ぐという【選択をしたほうが】よかった」ということです。
「僕より君のほうがよかった」は、「君がよかった」のではなく、(意味は同じですが)「君というという【選択をしたほうが】よかった」という意味になります。

つまり、「~ほうが+過去形」ではなく、「~ほうが+よかった」という表現が後悔を表わしている場合が殆んどではないかということです。
【過去に実際にしてしまった選択】と比較して、【そうではない選択】をしたほうが「よかった」と言っていることになるわけですから。

「~ほうがよかった」は、
『~を選択したほうがよかった』
という一連の意味と考えれば良いのではないかと思います。

4、「そのスカートよりこっちのズボンの方が似合ってたな~」は、少し意味合いが違います。
「そのスカートよりこっちのズボンの方が似合ってた」とすれば、3で述べたように【単なる比較】にすぎません。
後悔の念が含まれているとすれば文末の「てたな~」という、過去に対する詠嘆による効果ということになるでしょう。

「そのスカートよりこっちのズボンの方が似合ってるな~」は、「てるな~」と現在形ですから普遍的な認識としての感想です。
買う前の感想でもよいですし、または、今日はいているのはスカートですが他にズボンも持っていて、そちらのほうが似合うと思う、と相手の人が言っているわけです。

「白の(スカートの)ほうがよかった」は後悔を表わしますから、黒を買ってきた場合でしょう。
自分にものすごく怒る時に「黒のほうがよかったのに!!!」と言うことはできると私は思いますが、やはり、文末が「のに」で終わるのは自然とは言えません。
「ちょっと考えてみればわかりそうなものなのに、どうして気がつかなかったのだろうか ! 黒のほうがよかったのに !!! 本当に私って馬鹿ね !!! 」ぐらいの迫力(または注釈)がないと文章としては不自然に受け取られると思います。

また逆の意味で「~ほうがよかった」という表現を他者に対して使うこともできます。
「もっと大きいほうがよかったのに」というのは通常は相手への非難になります。
これを、やや独り言に近い印象になってしまいますが、「もっと大きいほうがよかった・・・」のような感じで使うと【あまり強くない非難】のニュアンスを出すことができるということです。

#8です。
しつこくて申し訳ありませんが、自分の説明がどうも不満足なのでまたおじゃまします。
また皆さん方のご意見も参考にさせていただきながら述べてみたいと思いますので、ご了承くださるようお願いしておきます。

最初に、既に述べましたが、私は「た」を過去形と解釈しておいたほうが理解し易いのではないかと思います。

まずご質問者当初の疑問点をもう一度確認しておきます。
先のご質問は、
【「~したほうが」の「た」は何でしょうか。「~したほうが」と「~するほうが」は使い分けてお...続きを読む

Q去年の夏以来、椎間板ヘルニアになって、一度は治ったけど、また再発してを二回繰り返しました。今は腰は大

去年の夏以来、椎間板ヘルニアになって、一度は治ったけど、また再発してを二回繰り返しました。今は腰は大分マシですが、左足のふくらはぎと太ももがつったような状態が続いてます。痛くなるたびに整形外科に行ってましたが、大概は薬や湿布や牽引マッサージ機や理学療法士に気休めなマッサージしてもらうだけです。一度ブロック注射してくれと頼んで、一回してそんなに変わらなかったので、もう一度してもらったら、その時は治りました。結局は繰り返すんですね。
なる以前はテニスしたりしてました。きっかけは2週間入院した時でした。病院のベッドが悪いのか、ある日朝目覚めて起き上がろうとしたら激痛、そのまま病院の整形外科に行きました。大体は薬で痛みは控えめになってました。
スポーツ整形外科とかに行った方がいいんですかね?同じ症状に悩んでる方、悩んでた方いますか?

Aベストアンサー

恐縮ですが、あなたが仰っているのは症状が取れたという意味で、ヘルニアの状態が改善したわけではないと思います。

本業の傍ら書いているブログの関連記事のリンクを貼っておきますね。

http://ameblo.jp/5126acount1/entry-12275195053.html

参考になれば幸いです。

Q精神疾患の方に質問。しんだほうがましですか?

精神疾患の方に質問。しんだほうがましですか?

Aベストアンサー

自分は、精神疾患ですが、精神疾患を克服して起業して一代で財を築き世に名を残したいです。

なぜかというと、その方が死ぬより難しいと思うからです。

Q虫歯の激痛→抜けば治る?

下の奥歯が虫歯になり、気がつけば結構深くなって痛みはじめました。
歯科に通い約一か月、炎症が酷くて治療が長引いています。

治療が週に一度通えるかどうかなので、回数にして今日で4度目になります。

今も痛み止めをMAXの3錠まで飲みましたが、収まりません。
明日、もう一度行って抜いてもらった方が楽になるんじゃないかと思いますがどうでしょうか?現在、ツボや冷やすなど色々試してますが痛くて眠れません。
こんなに痛いのに、治療の度に痛さがぶり返す感じですが治療するべきなんでしょうか?

Aベストアンサー

また来ました。m(__)m
>歯の神経自体が何なのか?よくわからないんですが

俗に言う「神経を抜く」というのは、根管治療といいまして、歯の根っこの真中あたりを走ってる穴の中身を全部取ってしまい、中をヤスリで磨いて消毒し、上にふたをする治療です。

この穴(歯根管といいます)の中には、神経だけでなく、歯に栄養を送る血管なども通っています。

なので、根管治療をすると、歯には栄養も酸素も行かないくなり、歯の細胞は死んでしまい、何かの塊が歯茎の骨に支えられて刺さっているだけ、という状態になります。
当然、歯にかかる圧力を脳に伝えるはずの神経もなくなってるので、力の調節もやりにくくなり、酷い時には堅いものをかんだ時歯を割ってしまうような事もあります。

歯根を残す治療では、歯はまだ生きており、神経も通っているので虫歯菌さえ退治できてしまえばそれらの機能はちゃんと残るので、できる限り可能なら残したい、というのはどの歯科医も思ってはいる事でしょう。

質問者さんの場合もどうやらそちらを試してる段階ですから、医者がヤブである、というよりは親切なのかもしれません。

歯医者さんとじっくり話をしてみる方がよさそうですね。

また来ました。m(__)m
>歯の神経自体が何なのか?よくわからないんですが

俗に言う「神経を抜く」というのは、根管治療といいまして、歯の根っこの真中あたりを走ってる穴の中身を全部取ってしまい、中をヤスリで磨いて消毒し、上にふたをする治療です。

この穴(歯根管といいます)の中には、神経だけでなく、歯に栄養を送る血管なども通っています。

なので、根管治療をすると、歯には栄養も酸素も行かないくなり、歯の細胞は死んでしまい、何かの塊が歯茎の骨に支えられて刺さっているだけ、という状...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報