今年高校を卒業し、来年国立大学の工学部を受験する者です。高校の時は数学I、IIの基礎問題しかやっておらず、殆ど1から始める状態です。中学の時も数学はかなり苦手でした。来年の受験のために数I、II、III、A、Bを独学でやっていこうと思うのですが、本屋に行ってもどれが自分に向いているのか分かりません。工学部なのでセンターのみならず二次試験に数学は必須なので今からでも必死に勉強していこうと思っています。そこで初めてから出来るような参考書を教えて下さい。いつも自分は、どうしてこの式になり、その答えになるのか分からないことが多いので、解説も詳しく載っているものが良いです。注文が多くてすみません。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

はじめまして。

自分は一応国立大学の工学部の学生です。
いろんな学生に数学の指導はしてきましたが、やはり、高校からは
参考書としては、教科書をよく読むことをお勧めします。

中学までと違い、結構頼りになるのが教科書かなと思います。
練習問題の答えの掲載の仕方の不親切さがまた、疑問が無くなるまで必死で勉強できていいのかな…と。
章末まで解けとは言いませんが、練習問題として出てくる問題ならば、そこまで複雑な問題はありませんし、練習問題まで行く前に誘導式で酷似した問題を解く羽目にもなります。
わからなくなったら、gooでなくても良いですが、誰かに聞くのもいいかと思いますし。

問題集では、やはり私もチャートをお勧めします。
工学部であれば、旧帝大は知りませんが、黄色くらいでいいのかな?とも思います。
とりあえず範囲のものを勉強して、入試対策関連の数学の本に挑むというのもありだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
早速チャート式の白チャートから始めているのですが、つまずく所が多々あります。黄まで行くのは大変ですが頑張ります。ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/23 11:20

 基本から応用まで載っている問題集としては、やはり定番のチャートシリーズでしょうか?高校のときに聞いたことがあるかもしれないんじゃないかな、ともいます。

僕は青チャート使っておりますが、人によっては黄色チャートのほうが問題バランスがいいなどと聞いたりもしますし、数学が苦手な人用に白チャートという青や黄色よりもっと難易度の低めのものがあります。
 国立大学を受けるとなるといえども、チャート式は問題網羅に関してはたしかにすばらしいので、白チャートであっても100%答えを覚えちゃうくらいに(はじめから暗記をしようとするのではありません、何回も繰り返し解くのです)こなせば、大抵の国立大学(さすがに旧帝大レベルはわかりませんが)には対応できるのではないでしょうか?
 ただし、購入する際は実際に書店などで手に取って中身を確認してからにしてください。定番の参考書であっても、人それぞれ合う合わないがあるからです。
 それから、余談ですが、学参はamazonの中古だと安上がりです(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
早速白チャートから始めたのですが最初からつまずいております。黄まで行くのもかなり大変ですが頑張ろうと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/23 11:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中学生程度の数学の問題がまったくわかりません。基金訓練の試験問題のサン

中学生程度の数学の問題がまったくわかりません。基金訓練の試験問題のサンプルで手も足もでません。
助けてください。調べても理論がわからないのでまったく手も足もでません。泣きそうです。
どなたかご親切な方、解説をかいて教えていただけますでしょうか?
ネットに載せる関係上念のため数字を一部かえています。
助けて下さい。お願いいたします。

例)x(6x+4)+(4x+3)(3x-2)=
  (x+3)(x-3)=
(X+y+2)(X+y-2)=
5a(a-4b)-6ab=
(a+2)三乗 =

ルート13+ルート28=
(ルート8+ルート2)(3ルート6-2ルート2)=

x二乗+x-6ぶんのX二乗ーx-10=

X二乗+8X+10=0

x四乗ー5x二乗+7=0
(x-3)(x+1)=2x-8

Aベストアンサー

こんばんは No.2です

一個一個行かないと、一気には辛いと思いますよ。
中学と高校の頭くらいで、4,5年掛けてやるようなことですから^^

無理せず、ゆっくり。

ルートの中の話を。(疑問で頂いていますので)

~~~~~~
(ルート8+ルート2)(3ルート6-2ルート2) これも
普通に展開して、ルートを整理すれば大丈夫です。
 #掛け算のときに ルート の中なら中
 #外なら外同士を掛け算してくださいね
 #答えが 18√3 -12 になると思います。

の部分がまだよくわからないのです。
ルート8は2^*2で2ルート2ということはわかりました。
2ルート2+ルート2 で3ルート2でしょうか?
このあとの(3ルート6-2ルート2)の計算方法がわかりません
ルートが違うのでどのように計算したらいいのでしょうか?
~~~~~
(ルート8+ルート2)=3ルート2 で正解!

掛け算を普通にしてあげれば大丈夫ですよ。

3ルート2 ×(3ルート6-2ルート2)

これを普通に、展開してみてください♪
 #ルートの内外だけ注意してくださいね。

ルートの中身が違うときは、そのまま 別のものとして
扱ってください。
 #ここでは ルート12 が出てきます。
 #これが少し簡単にできますね (何かの2乗×何かになってます)

覚えることよりも、理解することのほうが大事ですから。
あせらず、じっくり。
No.3さんが言われてますね。
もうやっていることが、記号に変わっているだけですよ。

必ず見えてきますから。
心配しないで、着実に進んでください m(_ _)m

こんばんは No.2です

一個一個行かないと、一気には辛いと思いますよ。
中学と高校の頭くらいで、4,5年掛けてやるようなことですから^^

無理せず、ゆっくり。

ルートの中の話を。(疑問で頂いていますので)

~~~~~~
(ルート8+ルート2)(3ルート6-2ルート2) これも
普通に展開して、ルートを整理すれば大丈夫です。
 #掛け算のときに ルート の中なら中
 #外なら外同士を掛け算してくださいね
 #答えが 18√3 -12 になると思います。

の部分がま...続きを読む

Q何で数学I,II,III,IV,V,VIとか数学A,B,C,D,E,FじゃなくてI,II,IIIとA,B,Cなの

高校の数学についてのかなり阿呆な疑問なのですがなぜ数学I,II,III,IV,V,VIとか数学A,B,C,D,E,Fとかに統一しないで数学I数学A数学II学B数学III数学Cという風に区別されているのですか。
ところで自分はそんなに頭が良くないので優秀な回答を頂いても全く理解できない事も予想されます。
そういう場合は笑って許してください(汗)。

Aベストアンサー

>まーたぶん大した意味はないと思いますよ
ところが大ありなんですね。
既出の回答とも少し重なりますが,補足を兼ねてお答えしましょう。

現在の指導要領には次のような規定があります(来年の高校1年生から少し変わります)。
(1)「数学II」、「数学III」を履修させる場合は、「数学I」、「数学II」、「数学III」の順に履修させること。
(2)「数学A」については「数学I」と並行あるいは「数学I」に続いて履修させ、「数学B」及び「数学C」については「数学I」を履修した後に履修させること。
文部(科学)省は,「高校で数学を学ぶうえで中心(コア)となるもの」を易しいほうからI→II→IIIと配置し,それ以外をいわばオプションとしてA~Cとしたように思われます。

さらに,I~IIIとA~Cには非常に大きな違いがあります。

たとえば数学Iの内容は,もし学ぶのであればその内容(二次関数・三角比・場合の数・確率)を全部学ばないと,単位がとれません。数学II,数学IIIも同様です。
これに対して,数学Aは,数と式・平面幾何・数列・コンピュータの四単元からなっていますが,指導要領では「履修する生徒の実態に応じて、内容の(1)から(4)までの中から適宜選択させるものとする。」となっており,学校によって扱いはまちまちです。
コンピュータ(BASICのプログラミング)を省いている学校も結構ありますし,また参考書でも飛ばされていたりします。
(ところが入試だとプログラミングがある意味では一番易しいので,それを狙っていこう!という参考書もあったりします)
BやCも同様で,学校により扱いが異なります。

以上より,次のようなことが言えます。
たとえば,ある生徒が「学校で数学IIを習った」といっていれば,数学Iと数学IIの内容は全て授業でやっているはずです。
ところが,「数学Aを習った」というだけでは,実際に何を習っているかは分かりません。
このため,大学入試でも,数学A・B・Cはたいてい,それぞれの単元に対応する問題を並べておいてそのなかから選んで答えさせるようになっています。

No.2のカリキュラムは,1981年度に高校に入学した人までが学んだものです。
当時は,いわゆる受験校(進学校)の場合,おおまかにみて,
入試で数学を使わない人:「数学I→数学IIA」
数学を使う文系の人:「数学I→数学IIB」
理系の人:「数学I→数学IIB→数学III」
というパターンでカリキュラムを組んでいる学校が多かったように思います。
翌年登場したのが,「数学I」「基礎解析」「代数幾何」「確率統計」「微分積分」という科目分けで学んでいます。
その次(92年度入学者以降)に登場したのが現行のI~III,A~Cです。

>まーたぶん大した意味はないと思いますよ
ところが大ありなんですね。
既出の回答とも少し重なりますが,補足を兼ねてお答えしましょう。

現在の指導要領には次のような規定があります(来年の高校1年生から少し変わります)。
(1)「数学II」、「数学III」を履修させる場合は、「数学I」、「数学II」、「数学III」の順に履修させること。
(2)「数学A」については「数学I」と並行あるいは「数学I」に続いて履修させ、「数学B」及び「数学C」については「数学I」を履修した後に履修させること。
文部(科学...続きを読む

Q国立の数学の試験問題

国立の学校の試験問題です。どういう風に考えたらよいのかがわかりません。計算過程を含めてどなたか、教えて頂けないでしょうか。

演算※がa※b=a+b-abと定義されているとき、y*y>0を満たす整数yを求めよ。回答は1です。

また、この問題はどの分野を勉強すればよいのでしょうか。

Aベストアンサー

y*y>0 → y※y>0ですか?もしそうだとすると、
y※y=2y-y^2>0
なので
y^2-2y<0
y(y-2)<0
0<y<2
よりy=1となります。

Q自分はセンター試験で数学Iと数学IIを受けようと考えています。

自分はセンター試験で数学Iと数学IIを受けようと考えています。
IとIIはI・AとII・Bの参考書で対策できますか。
回答よろしくお願いします。

使用している参考書は志田晶先生のセンターがおもしろいほどとれる本と山本俊郎先生のパターン30&36です。

Aベストアンサー

結論を言うと参考書としてはI・AとII・Bのもので十分です。ただし数学AとBの範囲を自分で除外する必要がありますが。
大学入試センターのHPに出題の意図などが記載されているので参考にするといいと思います。

参考URL:http://www.dnc.ac.jp/modules/center_exam/content0092.html

Q数学や物理の試験問題を作るための便利なソフトについて。

高校の数学や物理の先生方に質問です。

定期試験や日ごろの試験の際、問題を作成することになると思いますが、図形やグラフを描くのは大変です。

先生方は、エクセルまたはワードで作成されるとのことですが、
私はエクセルやワードはあまり使いたくありません。

グラフがテンプレートで載っていたり、
簡単に曲線の形を微調整したり、
数式をボタンのクリック等で簡単に挿入できたりするような便利なソフトはないでしょうか?

一応、電器屋さんで見てきたのですが、どれも5万~10万以上と高いです。
また、内容が詳細には分からないため、簡単に「買ってみる」ことは出来ません。

便利なソフト、もしくは無料で手に入れられるソフト、
「すでにこんな便利なソフトを使っている」という方、
ご紹介をお願いします。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

数学ならTeXでしょう。
フリーですし,グラフもちゃんとかけますよ。
何といっても一番美しいです。

あとはStudy Aidなんかは有名ですね。お金はかかりますが。

Q数学IIの問題について教えて下さい。次の複素数の実部,虚部をいえ。(1)

数学IIの問題について教えて下さい。次の複素数の実部,虚部をいえ。(1)-1+√3i (2)2+i(3)√7i (4)-5 次に2次方程式2x(2)-2kx+k(2)-8=0が異なる2つの実数解をもつような定数kの値の範囲をもとめよ。 と、言う問題です。宿題では、ありません。休んでいて書いてなかったみたいで月曜日テストで教師に教えてもらう時間もありません。 解き方と答えを載せて返答お願いします

Aベストアンサー

>今日・明日だけでも少しは、解ける用になると思いますが、やり方が解らないのに解けと言うのは、難しいとは思いませんか?なので、こちらで解き方・回答を聞き覚えようとしています。(2日掛けて)


本当にそう考えているのなら,こんなピンポイントで質問する間に教科書なり参考書なりを読んでください.
まぁ,あえてヒントを出すならば(ほとんど解答ですが),

(1)実部・虚部の定義を確認する
(2)y=2x^2-2kx+k^2-8のグラフを考えてみる(or判別式で考えてみる.本質的には同じこと.“同じこと”,ということの意味が分からなければあわてて2次方程式のところを復習すること)

というくらいですかね.

Q数学I センター試験問題

数学Iの問題です。解法のご解説をよろしくお願い致します。

問題:△ABCにおいて、AB=5、BC=2√3、CA=4+√3とする。
このとき、cosA=コ/サである。
△ABCの面積は、シス+セ√ソ/2である。

Bを通り、CAに平行な直線と△ABCの外接円との交点のうち、
Bと異なる方をDとするとき、
BD=タ-√チであり、台形ADBCの面積はツテである。

コ~テに入る数字又は符号を答えよ。

Aベストアンサー

余弦定理より
cosA=(AB^2+CA^2-BC^2)/(2*AB*CA)
   =(25+19+8√3-12)/{10(4+√3)}
   ={8(4+√3)}/{10(4+√3)}
   =4/5
sinA=√(1-cos^2A)=3/5
よって、△ABCの面積=(1/2)*5*(4+√3)*(3/5)=(12+3√3)/2

この台形は等脚台形
<<弧BCの円周角なので、∠BAC=∠BDC。
  また、AC//DBなので、∠BDC=∠ACD。そして、∠BCD=∠BADから
  ∠BCA=∠DAC >>
△ABD≡△CDBだから、CD=5。
△CDBで余弦定理より、
12=BD^2+25-2*BD*5*(4/5) <<cos(∠BDC)=cos(∠BAC)なので>>
BD^2-8BD+13=0を解いて、BD=4-√3(4+√3の方はACに一致)
∠ABD=∠BACなので、△ABDの面積は(1/2)*BD*AB*sin(∠BAC)より
(1/2)*(4-√3)*5*(3/5)=(12-3√3)/2
よって、台形ADBCの面積=△ABCの面積+△ABDの面積=12
となります。

余弦定理より
cosA=(AB^2+CA^2-BC^2)/(2*AB*CA)
   =(25+19+8√3-12)/{10(4+√3)}
   ={8(4+√3)}/{10(4+√3)}
   =4/5
sinA=√(1-cos^2A)=3/5
よって、△ABCの面積=(1/2)*5*(4+√3)*(3/5)=(12+3√3)/2

この台形は等脚台形
<<弧BCの円周角なので、∠BAC=∠BDC。
  また、AC//DBなので、∠BDC=∠ACD。そして、∠BCD=∠BADから
  ∠BCA=∠DAC >>
△ABD≡△CDBだから、CD=5。
△CDBで余弦定理より、
12=BD^2+25-2*BD*5*(4/5) <<cos(∠BDC)=cos(∠BAC)なので>>
BD^2-8BD+13=0を解いて、BD=4-√3(4+√3...続きを読む

Q数学I・Aと数学I+Aの違い

高校卒業して20年以上経過してます。
現状について教えて頂ければ幸いです。
本屋に行きますと参考書に「数学I・A」と「数学I+A」があります。個々に「数学I」と「数学A」もあるので「数学I+A」は想像できるのですが、「数学I・A」という独立した科目があるのでしょうか?また、昔(1980年頃)の数学I,数学IIB,数学IIIを現状に当てはめますとどのように振り分けられますでしょうか?

Aベストアンサー

おそらく、以下のようなものではないでしょうか。

昔の数I・・現在の数I(数と式・方程式・不等式(昔は中2くらい
      だったものも)・2次関数・三角比)
      数A(平面図形(昔は中3くらいだったものも)・集合・
      順列・組合せ・確率)
      数IIの一部(式と証明・高次方程式・複素数・点と直線・
      円の方程式・対数関数・指数関数)
昔の数IIB・数IIの一部(三角関数・微分・積分)
      数B(数列・ベクトル(平面は昔数Iでやったような?))
      数C の一部(行列)
昔の数III・・現在の数IIIと同じ
      数C の一部(確率分布・統計処理)

現在の数C にある2次曲線はだ円の式くらいを昔は数Iでやったような。
昔は詰め込みだったです。よくやってたなあ、と思いますね。

      

Q組み込み系の試験問題

来月受ける組み込み系の会社で数学とソフトウェア基本について
試験問題が出るそうです。

どういう問題が出ますでしょうか?

数学に関してはSPIやGAB、ソフトウェア基本知識については
基本情報試験の問題を勉強すればよろしいのでしょうか・・・?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

組み込み系ではありませんが、
私が受けたソフトウェア開発会社は、
・内田クレペリン精神検査
・アルゴリズム
をやらされましたね。

アルゴリズムに関しては、
2分探索やソートくらい覚えておけば十分解けるレベルでした。

受ける会社のことが分からないので何とも言えませんが、
広く浅く知ってるといいかも知れません。

ちなみに私は
1次試験で履歴書忘れて
2次試験で遅刻して
3次試験で連絡無しで遅刻して落ちました。

Q数学I又は数学I・Aにするメリットって?

大学の数学の試験科目のなかに、
「数学I」「数学I・A」などがあると思うんですが、
「数学I」ではなくて「数学I・A」にする理由。
又は「数学I・A」ではなくて「数学I」にする理由(メリット)ってなんかあるんでしょうか??

Aベストアンサー

範囲は広ければ広いほど深く勉強する必要が少なくなります。
また狭ければ狭いほどマニアックな問題を解く必要性が高くなります。
これはどの教科にも言えることですね。
ただ、もし範囲の広い教科に受験者が殺到した場合、広く、深くやらなければならなくなることもあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報