関係代名詞で、先行詞の後にカンマがある場合と無い場合では、意味が変わってくるようですが、イマイチどう違ってくるのか分かりません。
どちらも関係詞が先行詞を修飾してることは同じだと思うのですが・・・
どうカンマがある場合と無い場合はどう違うのでしょうか?

A 回答 (2件)

意味が変わってくるというのは言い過ぎです。

私の英英辞書では次のように説明しています。

(制限用法)
used for introducing information that shows what specific thing or type of thing you are talking about. You can also use ‘that’ to introduce this type of relative clause, and this is more usual

I've been thinking about those questions which you asked me last week.
It's a story which every child will enjoy.
the air crash in which he died

(非制限用法)
used for adding information or a comment about a particular thing or fact when it is already clear what that thing or fact is

Bogart starred in the film Casablanca, which was made in 1942.
A skilled workforce is essential, which is why our training programme is so important.
The search will not begin until dawn, by which time it will probably be too late.

日本人にとって両者の区分は微妙ですが、制限用法の文章では which の前後の関係が密接で which 以降の副節を除去すると文意が取れないのですね。非制限用法では which の前後の関係は(むろんあるが)薄く、2つの文章に分けることも出来ます。

私が書く英文では多くが非制限用法のように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
ちなみに両者は会話だと、区別は全くできないと思うんですが(会話にカンマは読まないので)、実際の会話ではどうしているのでしょうか?

お礼日時:2009/05/18 22:00

カンマがある場合を "非制限用法" と呼び、カンマが無い場合を "制限用法" と呼びます。



"制限用法" は、読んで字の如く、先行詞を "制限する用法" です。

例 1 : My sister who lives in Tokyo is visiting me tomorrow.

"私" には姉妹が何人かいます。
明日、"私" に会いに来るのは、そのうち、東京に住んでいる姉 (妹) です。

訳 1 : 明日、東京に住んでいる姉 (妹) が、私に会いに来ます。

"非制限用法" は、読んで字の如く、先行詞を "制限しない用法" です。

例 2 : My sister, who lives in Tokyo, is visiting me tomorrow.

"私" には姉 (妹) が 1 人だけいます。
その姉 (妹) は、東京に住んでいます。

訳 2 : 明日、私の姉 (妹) が、私に会いに来ます。その姉 (妹) は、東京に住んでいます。

"非制限用法" の場合、訳 2 のように、2 つの文に分けて訳されることが多いようですよ。^^
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング