私は今「言葉」に興味を持っています。
本を読んで勉強していますと、
「意識」や「考え」は「言葉によってできている」という説明によく出会います。
その説明が、どうも分からないのです。飛躍があるように感じられてしまうのです。あるいは「意識」「考え」が先で、後に言葉が出てきたとも考えられるのではと思ったりします。
 例えば、「私はゴルフが上手くなりたい」という意識が、あって、「私はゴルフが上手くなりたい」という言葉が出てくるのではないかと思ったりします。
 どなたか、この辺の所を分かりやすくお教えください。
 あるいは、理解できるような本をご紹介ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

こんにちは。



>「意識」や「考え」は「言葉によってできている」という説明によく出会います。

そうですね、
これは何の根拠もない間違った認識だと思います。
意識の中で言葉を使うことを「言語思考」といいます。ですが、我々の脳内で「論理的な思考」と言いますのは必ずしも言語思考のことではありません。意識といいますのは感覚情報など、言語情報以外でもちゃんと発生しますし、我々の脳といいますのは別に言葉を使わなくとも見たもの感じたものを論理的にきちんと識別します。
そもそも、脳内で思考といいますのは神経伝達と選択的反応によって行われるものであり、そこでは言語がやり取りされているわけではありません。ただ、その対象情報や結果に対して言葉が宛がわれているというだけの話です。

脳内の情報処理といいますのは以下のような経路で行われます。
「知覚入力―中枢処理―結果出力」
知覚入力といいますのは主に感覚器官からの「外部情報」ですが、記憶想起や思考結果などとして知覚野・連合野に呼び出される「内部情報」も入力に含まれます。
中継中枢ではこのような入力情報に対して選択的反応を発生させるわけですが、反応の結果がそのまま出力されてしまうものは「無意識行動」であり、「本能行動」や「情動行動」がそれに当たります。「選択的反応」といいますのは、「一致しない入力情報に対しては反応を発生させない」ということです。
これに対しまして、感覚情報や記憶情報など、このような複数の情報を比較したり組み合わせたりする複雑な作業を「認知」といいます。これにより、入出力処理の結果は「自覚あるいは記憶の可能な状態」になるのですが、このためにはまず、脳内の覚醒状態が少なくとも「注意」に移行していなければなりません。つまり、対象を意識しなければならないということですね。
脳内にある程度の注意・緊張状態というものがありませんと、起きてはいても見えているわけではなく、聞いたつもりでも憶えていません。特に仕事や勉強をしているときでなければ我々の日常生活の60~70%はだいたいこのような「無意識行動」で済まされています。

日常生活の70%が無意識行動、そんなはずはない。
「私はゴルフが上手くなりたい」
こんな論理的な思考が無意識行動であるわけがない、と、思われるかも知れません。ですが、実はこれは上記で述べましたように何らかの入力・切っ掛けが基になり、多くの場合「脳内で不意に発生した反応結果」に対する「理由の後付け」なんです。
例えば、「お腹が空いた」といいますのは本能行動の判定による無条件反応です。では、「私はあのときお腹が空いたから台所へ行ったのだ」というのは、これは後から付けられた説明です。この説明が作られることにより、行動の結果は「自覚、及び記憶の可能な状態」になります。これが記憶に残りますので、あたかもそれは意識行動であったように思えてしまうのですが、実は、果たしてそのほとんどが「理由の後付け」なんです。
では、「私はゴルフが上手くなりたい」、このような反応は本能行動にはありませんから、こちらは「情動反応に基づく欲求」ということになります。テレビのゴルフ中継、あるいは昨日のプレーの筋肉痛など、何らかの入力に対して発生した情動反応の結果に対し、我々の大脳皮質が自覚・理由付けを行っています。

「言語思考」といいますのは「対象の表象化」でありますから、脳内にその対象が揃いませんとそれぞれに言葉を宛がうことはできません。で、最初に述べましたが、ここで「論理的な思考」といいますのは必ずしも言語思考のことを指すものではありません。
例えば「前後・上下」「因果」「大小」「同じ・違う」、このようなものは言語を用いなくとも中枢系の選択的反応によって機械的に識別することが可能です。そして、我々の脳内で「論理的な思考」といいますのは、それは必ずしも言語を使うことではなく、このようなルールを組み合わせることによって「矛盾のない結果を選択する」ということです。このため、例えそれが全くの無意識行動であったとしましても、我々の行動といいますのは自然と秩序が保たれます。

デパートのスポーツ用品売り場に手頃なゴルフ・バックが置いてあります。
「私は新しいゴルフ・バックが欲しい!」
これは、そのゴルフ・バックが目に付いたため、視覚入力を基に発生した「情動反応」です。ここで、まず脳内の思考では「私は」といいう主語はほとんど省略されます。
次に「新しいゴルフ・バックが欲しい!」、この文章の中で「新しいゴルフ・バック」という情報は今現在、目の前から入力されていますので、これも言語化する必要はありません。これにより、「私は、何々が」という文章が省略され、残るのは「欲しい!」だけです。
そして、この「欲しい!」といいますのは、これは入力情報ではなく判定結果です。それは情動反応であり、ゴルフ・バックという視覚入力に対して大脳辺縁系に発生した「心の叫び」であります。
「欲しい」と考えたわけではありません、「欲しいという結果」が出力されるのです。このように、ここでは一切の言語表象を行うことなく「私はそのゴルフ・バックが欲しい」という論理的な結果が整然と処理されています。

このようにして脳内に発生した「心の動き」がどのようにして理由付けされ、どのように自覚されてゆくのかというのは古典心理学でも長らく論議されてきたことです。そして、この自覚のプロセスを「情動の原因帰結」と言います。
大脳辺縁系に発生する情動反応といいますのは我々の「感情の源」です。ですが、ここでは取り敢えず「好き・嫌い/YES・NO」の単純な反応しか発生させることができません。では、これが我々の喜怒哀楽といった、与えられた状況に対応した多彩な感情として表出されるためには、このためにはどうしても「状況判断」というのが必要になります。
大脳辺縁系に発生した情動反応が「欲しい!」という欲求に発展するためには、「何が、どうして」という問題が解明されなければなりません。そこでまず、「私は今、デパートの売り場でゴルフ・バックを見ている」という状況判断が成されます。これは大脳辺縁系ではなく、大脳皮質の認知機能を使って行われることです。
そしてこれにより、
「私が今胸をときめかせているのは、そのゴルフ・バックが欲しいからだ」
という説明が可能になります。
このように、大脳辺縁系に発生した情動反応が大脳皮質の認知・状況判断によって特定の感情に分類され、自覚される過程のことを大脳皮質における「情動の原因帰結」と言います。

何故、言語思考による理由が必ず後付けになるのかはこれでお分かり頂けると思います。
大脳皮質は大脳辺縁系に発生した情動反応に対して原因帰結を行っているわけです。そしてこれにより、その情報は初めて「自覚・記憶の可能な状態」になります。
では、反応といいますのは発生するまで知覚することは絶対にできません。ですから、大脳皮質は大脳辺縁系に情動反応が発生するまではこれに対して認知作業を行うことはできないわけです。これがどういうことかと言いますと、つまり我々の脳内では大脳皮質の原因帰結よりも大脳辺縁系の情動反応の方が必ず先であるということです。そして、これが果たして我々の脳が自分の意志でもって情動の発生を阻止することのできない理由であります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ruehasさん、おはようございます。ご回答、さっそくいただきまして、ありがとうございます。感謝します。
 とてもよく分かりました。いままでのわだかまりが、スカットしました。
{言葉は後付である}というわけがスカットしました。
先ず、大脳辺縁系の感情脳と言いますか、喜怒哀楽脳に、外界からのものを知覚・感覚を通して、情報が飛び込んでくる。これは言葉はいらい。「ゴルフが上手くなりたい」の「上手くなりたい」という感情が起こる。そして、次に、大脳皮質が「ゴルフをしている自分」を認知・判断して、それを「言語化する」という流れと理解すれば良いのでしょうか。
 言葉は、後でつけたものであるというのが理解できました。
 いつも、とても理解しやすく教えていただきありがとうございます。

 今ひとつ教えいただきたい事があります。
 私、30年ほど前に、催眠療法のレッスンを受け、その時の最初のレッスンが五円玉をつるした紐を手に持って、目の前に置き、「動く」「動く」と何回も「言葉」を発すると、自然と動き出すのです。いわゆる「言葉」が脳を操作して、動く行動につなげるというシステムではないかと思うのですが、これは、脳の中で、どのようなことが起こっているのでしょうか。よろしくお願いします。
 
 

お礼日時:2009/05/20 08:51

類人猿は人間に似てますが 言葉が無いから これ以上進化はしないと思います。

チンパンジーをいくら訓練しても 人間の 思考には届か無いでしょう ヘレンケラーも言葉を覚えたことで激変していきました。意識も感じることも 言葉があって より鮮明になものになると思います そして意識と言葉は同時だと思います というより 常に言葉があり 思考し 芸術・文化・科学など 進化していると思います。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

tanq7さん、こんにちは。ご回答ありがとうございます。
ヘレンケラーは、モノにはみな名前がついていることを知り、そこから激変したというご説明で、そうか、人は言葉で考えているのかということを、身近な例から感じることができました。とても参考になりました。
 ありがとうございました。感謝。

お礼日時:2009/05/25 10:52

 日常感覚で回答させてもらいます。


 人間の脳には約140億個のニューロン(脳細胞)があるのですから、単純に「意識」「無意識」状態なのではなく、「ない交ぜの状態」にあるのが常ではないでしょうか。もしも無意識ならば、文字通り意識していないのですから、自分がどんな考えを持ったか他人に説明できないどころか、自覚すらないということでしょう。『なんだか胸騒ぎがする』と言えるのは、これすなわち意識出来ているということでしょう。ことばかたちにならない有象無象の思念や感情は、“恐怖”“喜び”“不安”などの言葉をあてがわれて類型化、標準化されて初めて自覚されるでしょう。この類型化、標準化がなされる前の混沌とした形では、犬に『あなたの今の心理状態は?』と尋ねた時の答えと同じで『……』ではないでしょうか。人間の脳は三層構造で、基本的には他の動物の脳と同じ構造も併せ持っています。いわゆる理性的な「考え」の中にも、好き嫌い(大脳辺縁系)で判断された部分が潜んでいます。
 また、我々の認知というのは、既知の概念を援用して形作られるのです。「おまえの考えは狭い(浅い)」「私にとって彼女は身近な存在だ」等々、心理的な状態を表すのに物理的な概念(狭い、浅い、近い等)を援用することで表現、知覚することはよくあります。というより、このような援用でしか認知していないでしょう。いわゆるメタファーです。先述の「潜む」もそうですね。温かい心、深い友情、孤高の人、繊細な感覚、甘い考え…。砂糖の甘さと考えの甘さ、同じ「甘い」という言葉をあてがうのは偶然ではないでしょう。
 言葉になる前の段階の「思念」は、言葉として紡ぎだして初めて「意識」や「考え」になるのでしょう(この辺は「意識」「考え」とは何かという定義の問題でもあるでしょうがね)。形ある「言葉」として紡ぎだされた「考え」は「記憶」というデータと照合可能となります。混沌とした思念が「恐怖」「喜び」「不安」といった類型化、標準化の処理がなされた後の形になって初めてデータとの照合が可能となり、その後の左脳思考の俎上に乗ります。上手く言葉に置換(翻訳)できたかどうかは右脳が検証してフィードバックしてくれます。

 僕は思うのです。もしもこの世の中を本当の意味での“ありのまま”に捉えることができたとしたら、「何の変化も起こっていない」ように感じるのではないか(つまり、特段の感想を持たないのではないか)と…。この世の中を頭に収めるのは、3次元の世界を2次元の絵画に描くのと同様に何らかの変換が絶対に必要です。“ありのまま”=“まったく変換なし”にこの世の中の事象を頭に収めることなど不可能です。ある種の簡略化、省略、類型化、標準化、色付けをしているはずです。
 「無意識」という概念が発明されたのはつい最近です。歩くのに「右足はこう出して、左膝をこう曲げて…」などとはいちいち考えません。ほとんどの日常生活が殊更に考えなくても自動的に行えるようになっています。着替える時のボタンをはめる指の使い方も、車の運転も、私たちは大部分を無意識にやってのけます。そうでなくっちゃ疲れます。無意識の存在を直接意識することは出来ないでしょうが、このように無意識の存在を類推することは可能でしょう。
 脳の作用を「考え」と呼ぶならば、意識化される前にも「考え」は存在するでしょうが、それは動物のそれと同様に「反応」と呼んでも差し支えないか、あるいは「感覚」と呼ぶのがふさわしいのではないかと…そういう意味でここでは「考え」という言葉が定義されているのでしょう。
 「意識」とは何か?たぶんそれは「何か」を「外から眺めているような感覚」ではないでしょうか。「対象化されていること」が「意識」の必要条件のような気がします。私たちの「こころ」そのもの自体ではなく、言葉や理論として、対象化しうる何かに変換されたものでなければ「意識」とはなり得ないのではないかという気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

gadgetdesuさん、おはようございます。真剣に、そして、深く考えてくださったご回答、感謝します。ありがとうございます。
 お教えいただきましたこと、とても、ためになり、思考のモヤモヤの段階が、晴れてきました。
それは
「ことば、かたちにならない有象無象の思念や感情は、“恐怖”“喜び”“不安”などの言葉をあてがわれて類型化、標準化されて初めて自覚されるでしょう。この類型化、標準化がなされる前の混沌とした形では、犬に『あなたの今の心理状態は?』と尋ねた時の答えと同じで『……』ではないでしょうか」というご説明で、ソウカ!とガッテンしました。
 言葉は、類型化・標準化した、メタファな後付ということと理解しました。
人がものを考えるのに、始めは、イメージがあり、それをより高度化していく材料して言葉や数字があるのかなと理解しました。
 どこかでの本で読んだのですが、、ある有名な物理学者が、脳の言語野に障害をもってから、高度なことが考えられなくなったと。

そうしますと、私の最初の疑問・・・・・
「意識」や「考え」は「言葉によってできている」という説明によく出会います。
その説明が、どうも分からないのです。飛躍があるように感じられてしまうのです。あるいは「意識」「考え」が先で、後に言葉が出てきたとも考えられるのではと思ったりします。・・・・・
に立ち返りますと、混沌とした意識や考えというか、思いは、自然に出てくる。ちょうど、赤ちゃんが、大きくなるときに、外界に対して混沌の中にあり、「あれ何?」と聞くように、そして、言葉を覚え、そして、成長と共に、より高度なイメージを、言葉や数字で積み上げていくということかな と理解しました。
 今の私の理解の段階です。
 とても、ためになるご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/23 07:33

>「意識」や「考え」は「言葉によってできている」 ○


「意識」というものを頭の中で具体的にイメージできますか?
私には不可能です。
「考え」というものもイメージとして思い浮かべるのはなかなか難しいと思います。
「意識」という人間が発明した言葉が人間の意識をはっきり具体的にイメージさせてくれるから「意識」というものについて人間は考えることが出来るのです。たとえば、貴方が
「意識」と「考え」とはどう違うのだろうか?と考えるとき、「意識」という言葉と「考え」という言葉があるからこそこの思考作業が可能になるのです。具体的には、まず辞書を開くということになるでしょう。
数学の計算には数字がなければ不可能です。同じように、抽象的な思考は言葉がなければ不可能です。
より複雑な思考は文章を書き、またその文章を読み返すことによってより深く複雑な思考が可能になります。言葉の連なり、文章が数学における複雑な方程式のような役割をするということでしょう。
頭の中には具体的な物体のイメージとその名前がしっかり整理されて入っています。その関係に気づく有名な「ヘレンケラー」の伝記の一部分があります。感動的な場面です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

amazo007さん、おはようございます。さっそく、ご回答くださり、感謝します。
ありがとうございます。
 とてもよく理解できます。ナルホドと思いました。
 「意識」、「考え」は「言葉」によってできているということが、ご説明でしっかり理解できました。
 「数学の計算には数字がなければ不可能です。同じように、抽象的な思考は言葉がなければ不可能です」
のこのご説明で、ナルホドガッテンでした。
 ですから、「イメージで理解できる範囲」と、もう少し複雑になる事柄は「言葉」「数字」などが必要であると解釈しました。
 まことに、ありがとうございました。感謝です。

お礼日時:2009/05/22 09:03

こんにちは。


#3です。回答をお読み頂きありがとうございます。

私は催眠術には知識がなく、全くの素人なのですが、それがTVなどでやる手品でない場合は、恐らく「人間の心理を誘導する技術」ということになるのではないかと思います。
ざっと調べましたら、催眠状態といいますのは「意識の範囲が狭まった状態」ということだそうです。意識の明度が下がった場合は頭の中が朦朧としてしまうのですが、範囲が狭まれた場合は判断の選択肢が抑えられるため、それで通常の判断力が発揮されなくなるということではないかと思います。

では、どうやったら人間の心理を思い通りに操ることができるのでしょうか。
本能行動や情動行動といいますのは「無意識行動」です。この無意識な欲求を抑制できるのが唯一「理性行動(計画行動)」であります。ですから、何らかの方法で意識の及ぶ範囲を狭めてしまいますれば、これで理性によって抑えられている無意識行動の領域を表に引き出すことができるということになるはずです。
本能行動の基準といいますのは「全人類に共通」です。結果が共通なのですから、これならば多くの人の心理を誘導するのはそれほど難しいことではありません。
TV・CMで幾らでもやっています。
「このパンは世界一美味しいです!」
世界一美味しいパンが嫌いなひとはいませんから、これでたくさんのお客さんを呼ぶことができます。
ですが、「世界一」なんて言葉にそう簡単に踊らされるわけにもゆきません。美味しいものを食べたいというのは全人類に共通ですが、あれこれと余計な憶測を持たれてしまいますと、ひとの心は十人十色です。このため、なるべく意識の働きを低下させます。

レストランの店先に美味しそうな料理のディスプレーを展示します。誰もが食べたいと思いますが、
「これから仕事だ」
「これから学校だ」
「給料がピンチだから昼はコンビニで我慢しよう」
このようなものはみなその場の反応ではなく、結果を予測して選択される計画行動です。
では、このようなことに一切の意識を働かせないようにしてしまいますならば、本能行動が満腹という判定を下していない限り、お客さんは九分九厘レストランに入ってしまいます。これは、本能・情動に従った無意識行動であり、空腹の動物が餌を我慢できないのと全く同じことです。

意識の範囲を狭める方法には二種類あると思います。
まず、「安心をさせて他のことに注意力を低下させる」
それから、「不安を与えてひとつのことに集中させる」
これによって人間の意識は「偏った状態」になります。
どうして五円玉を使うのか、これは穴が空いていて糸が結びやすいからです(何のこっちゃ)。
失礼しました。
安心をさせるためにはリラックスしてもらわなければなりません。
催眠術師が穏やかな口調で語り掛けるのはそのためなんでしょうね。この安心はやがて脳内に「報酬・幸福感」をもたらします。そして、この報酬反応に従って選択されるのは「情動行動(報酬行動)」です。大脳辺縁系の反応は運動神経系に直接出力されますので、これによって無意識に身体を揺するという行動が選択されます。

以上、催眠術に関する私の説明は素人考えですので、飽くまで参考程度にお願いします。
前回答では「まず、心の動き(情動)ありき、言語説明は後付け」と申し上げました。で、今回のご質問で最も重要なことは、この催眠術では言語入力に対して「心の動き(報酬反応)」が発生しているということです。脳内では「言語認知」の方が先ですね。それほど難しいことではありませんので、こちらに就きましても簡単に整理をしておきます。
大脳辺縁系の情動反応といいますのは「条件反応」であり、これは学習結果に基づいて下される判定です。ここには身体内外のありとあらゆる知覚情報が入力されています。ですから、過去に美味い・不味い、嬉しい・不快といった体験があるならば、大脳皮質の学習記憶とは別に、それが大脳辺縁系では「情動(判定)記憶」として学習・蓄積されています。
では、ここには聴覚情報も入力されているわけですから、過去に「バカ!」と言われて不愉快に思った体験があれば言葉の意味を反芻しなくとも反応は即座に発生します。ですが、例えば「頭は確かですか」といった言い回しになりますと、この場合は大脳皮質が言葉の意味というのをちゃんと認知・分類しなければなりません。このため、言語認知は情動反応よりも先になります。大脳辺縁系は大脳皮質の認知結果に対して「ムカッ!」という反応を発生させるわけです。ですから、我々が小説などを読んで感動するためには、どうしてもその前に適切な言語認知は行われなければならないわけです。
ですが、大脳皮質では言葉の意味を理解しただけであり、大脳辺縁系に「ムカッ!」が発生しなければ原因帰結を行うことはできません。そして、この言語認知の結果に対して大脳辺縁系が情動判定を下すならば、そこで初めて「私は今、バカにされたからムカッときた」という説明が成立します。

さて、目の前に五円玉をぶら下げて「あなたの身体はだんだん揺れてくる~」。
「バカ」というのに不快情動を発生させるひとは幾らでもいます。ですが、果たして「身体が揺れてくる」という言葉に対して反射行動が条件付けされているひとはいるでしょうか、ちょっと考えられませんよね。ならばこの場合、少なくとも「身体がゆれてくる」という言葉を理解するだけの意識は何処かで働いていなければならないはずです。
そして、この状態でもまだ「身体が揺れる」という意味理解に対して大脳辺縁系が報酬反応を発生させることはできません。何故ならば、その動機として働いているのは身体を揺らすことではなく、今自分に与えられている「安心感」であるからです。ですから、ここではやはり何らかの形で催眠術師の言う通りにすれば安心が維持されるという状況に追い込まれなければ暗示に掛からないのだろうと思います。
何分にも催眠術は実際に見たこともありませんので、やや頼りない説明で申し訳ないのですが、私の考えとしましては、その催眠術は恐らく「報酬に対する暗示」であり、そしてそれは大脳辺縁系の「心の動き」を誘導し、無意識の領域を表に引き出す手段としては十分に可能なことなのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ruehasさん、おはようございます。さっそく、ご親切に丁寧なご回答をいただき、感謝申し上げます。ありがとうございます。
 私の知りたいと思っている所が、とても分かりやすく説明してあります。よく研究されておられますね。
 そうです、今度は「言葉が先」という前提でした。催眠は「言葉で暗示」を与えていって、その人の行動を操作するのでしょう。その時の脳のシステム的な動きを知りたかったのですが、ご説明でよく分かりました。私なりに理解しましたことを、書きます。
「言葉が発しられ」⇒それを聞くときの「大脳辺縁系」の反応がポイント。例えば、その言葉によって、心の安心、心の喜びに結びつく場合は、そこから、大脳辺縁系の反応は運動神経系に直接出力されるので、無意識に行動に結びつくことになる。
 よく、その人の口ぐせが、その人の行動を決めるとと言われます。「私はダメだ」と言えば、それに対して「大脳辺縁系」が反応して、イヤな気分になり、行動も消極的になっていくのかなぁというように判断しました。
 大脳辺縁系って、すごい力を持っているなぁと思えてきました。
 
 いつも、かゆいところに手が届くように分かりやすいご説明、感謝します。
  

お礼日時:2009/05/21 08:54

この世界は、脳と自然の心が対立しています。

だから脳が思考してる時は、人と自然の交流を、脳が遮断するので、心がストレスになります。脳が休むと、人と自然の情緒とが交流するので、心が癒されます。だから人の心の中も、脳の自我意識と、自然の無我意識と対立しています。超古代のアトランチス文明の頃いた神人は、無我意識が強かったので、自然の心とテレパシーで交流していたので、言葉は不要でした。現代人は自我意識が強いので、テレパシーがありません。というか脳の影響が強いので、脳の分身である言葉で考えています。だから世界は脳の分身の言葉、コピーのパソコン、脳の意識の人工的建造物で溢れ、自然に対して脳が領土を拡大しています。しかし老子や釈迦は脳を否定し、無知や無我になると、人は救われると教えています。だから脳の影響を避けるためには、言葉で考えたり話たりする事を少なくする事です。昔の日本人は、以心伝心とか、行間を読むとか、しぐさで分かるとかいいました。また前頭葉の言葉で考えたり覚えたりするのを止めて、後頭部のイメージで考えたり覚えたりする事です。天才はイメージで考えてます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

eyasi2012さん、おはようございます。早速のご回答、ありがとうございます。感謝します。
 ご説明を読んで考えたことがあります。
 「イメージ」が先ずあって、そのイメージを説明するために、「言葉」が出てきたのかなぁということです。
 とても、参考になりました。ありがとうございました。 

お礼日時:2009/05/20 08:59

あなたが混同しているのは「直感」と「意識」の区別です。


あなたが言っているのは「直感」「感じる」「feel」「inspiration」の類です。

「私は絵が上手くなりたい」と考える前に人は良い絵を見て「感じます」絵を見たとき大体であれば「わぉー」「すごい」「おお!」と直感で驚き感じます。その驚きは「感じ方」ですね。「意識」「考え」ではありません。
それから感銘を受けた作品に対して言葉で考えます。もし描きたいと思ったなら「上手くなりたい」と。欲しいと思ったら「欲しい」と。
だから「意識」や「考え」は「言葉によってできている」ということです。

思考の手助けになれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

gadovoaさん、おはようございます。早速のご回答、ありがとうございます。
感謝します。
 ご説明で、「直観」というのが、多分、脳の大脳辺縁系の働きではと思いました。
そして、この絵のどこが素晴らしいのか、どんな思いであるか、言葉で説明するのが「意識」「考え」で、これが大脳新皮質で行われるのかなと理解しました。
とても、思考の手助けになりました。
 ありがとうございました。  

お礼日時:2009/05/20 09:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ある種のメタファー」とはどういう意味?

以下の***印内の文章は、「文明崩壊」という本を読んだ人の感想文ですが、
ある種のメタファーではあるに違いない。という最後の一節はどういう意味でしょうか?

*****
 イースター島がまわりから隔絶した世界だったからこそ、ここで起こったことは地球の縮図のように見える。もちろん話はそう単純ではないのだが、ある種のメタファーではあるに違いない。
*****

「ある種のメタファーであるに違いない」という文節の前に、
「地球の縮図のように見える」という文がありますが、それを強調する為に繰り返し同じ事をメタファーという言葉に置き換えて言っているということでしょうか。?
つまり「ある種のメタファーであるに違いない」というのは、「イースター島が地球の縮図といっても過言ではない」と言っているということになるのでしょうか?
メタファーという言葉がしっくり自分の中に入ってきません。


メタファーの解説をこちらのQ&Aで参照してみましたが、
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3635905.html
難しくて分かりませんでした。

以下の***印内の文章は、「文明崩壊」という本を読んだ人の感想文ですが、
ある種のメタファーではあるに違いない。という最後の一節はどういう意味でしょうか?

*****
 イースター島がまわりから隔絶した世界だったからこそ、ここで起こったことは地球の縮図のように見える。もちろん話はそう単純ではないのだが、ある種のメタファーではあるに違いない。
*****

「ある種のメタファーであるに違いない」という文節の前に、
「地球の縮図のように見える」という文がありますが、それを強調する為に繰り...続きを読む

Aベストアンサー

メタファーの意味自体はすでにご存じかも知れませんが、「暗喩、隠喩」です(「直喩」に対する語)。

前後が分からないので、いくぶん推測混じりですが、
思うに、強調というよりも、きつすぎる表現をより緩やかに言い直したものでしょう。
(逆にこうすることによって最初のの表現を際立たせるという狙いもありそうですが)

「『地球の縮図』という表現ではあまりに細部を無視した表現であるが、
少なくともある部分においては〔あるいは大枠では〕地球全体の相似形といってよいだろう」

というような意味だと私には思われます。

Q脳科学。「見る」と「意識」の関係

たとえばリンゴを見たとします。
ネットなとで調べると
目から入った情報は視神経を通って後頭葉の視覚で捉えられる。その情報は、過去の記憶(新しい記憶は海馬に、古い記憶は大脳皮質の側頭葉などにファイルされている)と照合して大脳の頭頂葉でリンゴと判断される、とありました。(これが正しいかどうかは私は知りません)

ところで、この表現だと頭頂葉に「意識」があるようにも受け取れます。しかし意識に関する他のネットを調べると,「頭頂葉」というわけでもなさそうです。
 ひょっとしたらこれは私の「意識」というものに対する理解が違っているのか、それとも頭頂葉に「意識」があるという説もあるということでしょうか。
もし分かっているなら「リンゴを見る」という意識の場所を含めて教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
まず、質問者さんがお読みになったのは意識ではなく、「認知に関する説明」です。概ね一般的な解釈であり、何処も間違ってはいませんが、これは別に側頭葉に意識があると述べてるわけではありません。

後頭葉視覚野で知覚された外部情報は、側頭葉連合野において記憶などの内部情報と照合され、認知されます。このような脳の機能を「ワーキング・メモリー(作業記憶)」と言いますが、この作業を行うためには、連合野内には必ずや複数の情報が一時的に保持されなければならないわけです。ならば、そのために必要なのが「意識の発生」ということになるかも知れません。
ところが同様に、例えば聴覚情報は聴覚連合野、体性感覚は頭頂葉連合野、言語情報は言語野と、我々の脳内には他にも様々なワーキング・メモリーが必要とされます。そして、このような異なる領野で処理された認知結果を秩序を持った思考などとして統合しているのが恐らく前頭連合野です。

このように、脳科学では現在、意識とは脳がこのような処理を行うに伴う「随伴現象」ではないかと捉えられています。たいへんもどかしい話ですが、我々が一番知りたい、意識とはどのようなもので、それはいったい何処にあるのかといったことは、果たして、専門の学者さんでもまだ誰も説明できない状態にあるようです。

こんにちは。
まず、質問者さんがお読みになったのは意識ではなく、「認知に関する説明」です。概ね一般的な解釈であり、何処も間違ってはいませんが、これは別に側頭葉に意識があると述べてるわけではありません。

後頭葉視覚野で知覚された外部情報は、側頭葉連合野において記憶などの内部情報と照合され、認知されます。このような脳の機能を「ワーキング・メモリー(作業記憶)」と言いますが、この作業を行うためには、連合野内には必ずや複数の情報が一時的に保持されなければならないわけです。ならば、そ...続きを読む

Qメタファー

メタファーという言葉はいったいどういう意味なんですか?

Aベストアンサー

メタファーとは日本語でいう「隠喩」、比喩の一種ですが、「~のようだ」とつかないものを指します。

佐藤信夫は『レトリック感覚』(講談社学術文庫)のなかで簡潔にこう言っています。

「あるものごとの名称をそれと似ている別のものごとをあらわすために流用する表現法が、《隠喩》――メタフォール(メタファー)である」

そうして『ロミオとジュリエット』から、こんな例を出しています。

「行こうではないか、そしてとらわれぬ目で、
 くらべて見るがいい、彼女の顔を、俺がおしえてやる別の娘(こ)の顔とな、
 思い知らせてやろう、君の白鳥がただの烏(からす)だったと。」

ここでのメタファーは「君の白鳥がただの烏だったと」という部分です。ロミオはロザラインという娘に片思いしている。それに対して友だちがいうせりふです。君はロザラインのことを優美な「白鳥のようだ」と考えているかもしれないが、それは女を知らないからで、女のなかでは白鳥どころか「烏みたい」なものだ、と言う。だからもっと広い世間を見ろ、キャピュレット家の宴会に行こうぜ、と誘っている。事実、そこで彼はジュリエットに会うんですが。

そんなふうに、「白鳥のようだ」「烏みたいだ」というのが直喩であるのに対し、隠喩は「白鳥」「烏」と「~のようだ」「~みたいだ」抜きに表現したものです。

さらに、それだけではありません。
・ロザリンドは、カラスのように色は黒いし、さえない女の子だよ。
と、直喩の場合には、直接にカラスそのものの姿が浮かんでくるわけではない。「鳥の種類で言えばカラスみたいなもんさ」という対比関係として利用されているにすぎません。

ところが、
・ロザリンドはカラスだよ。
というと、カラスのイメージが浮かんでくる。黒い、不格好な鳥。
直前に「白鳥」が出ています。いっそう、黒々と、下品なその姿。

つまり、隠喩というのは「XがYである」ということによって、聞き手の頭に「Y」という言葉の持つイメージを喚起させる。そうすることによって、聞き手はXそのものを、よりくっきりとした豊かなイメージで思い描くことができるようになる。あるいはそれまで気がつかないでいた類似性に気がついたりもするのです。

そういう働きを持つのが「メタファー」(の説明のほんの一部分)です。

メタファーとは日本語でいう「隠喩」、比喩の一種ですが、「~のようだ」とつかないものを指します。

佐藤信夫は『レトリック感覚』(講談社学術文庫)のなかで簡潔にこう言っています。

「あるものごとの名称をそれと似ている別のものごとをあらわすために流用する表現法が、《隠喩》――メタフォール(メタファー)である」

そうして『ロミオとジュリエット』から、こんな例を出しています。

「行こうではないか、そしてとらわれぬ目で、
 くらべて見るがいい、彼女の顔を、俺がおしえてやる別の娘...続きを読む

Q意識を殺す、あるいは忘却するには

深刻、かつ終わりのない悩みがあります。

抽象性があった方が、余計な齟齬がないと思い、あえて「何が」とはいいませんが、私は、普段皆が当たり前に、かつ無意識的に行っている行為が普通にできなくなってしまっているのです。
その原因としては、完全な「固執」なんです。完全にメンタル的なもので、自分ではどうしようもなくて。
本当に、皆は当たり前に行っていて、かつ出来ないと日常でもすごく困る行為なんですよ。特に学生の私としては。
その行為、について、他の人よりも少し経験が足りずに劣っていたので、いろいろ探求し、いろいろなことを知ってしまいました。
しかし、それが仇となって、今となっては、「意識」するだけで、それが最大の桎梏になっている有様なんです。
だから、意識さえしなければいいといえば、それまでなんですが、異常に固執しすぎてて、もう、自分ではどうしようもないんです。
距離を置いてみようとも考えました。しかし、1日に必ず人間は何度も無意識的だったり、自動的だったりもしますが、行う行為であるがために、どうしても意識されてしまうんです。
しかも、毎日そのことばかりが意識されてしまって、完全に病気ですね。
しかも、なかなか理解されない症状で、結局のところ、自分との戦いになるので。
極端ですが、わかりやすく、喩えるなら、歌っている人の息を吸う仕草ばかりが気になって、曲そのものがわからないくらいに固執してしまっているという感じだと思います。そして、それが常に離れないと。
ただ、唯一異なるのなら、そのケースなら、曲を暫く聴かなければいいんです。私の場合はそうはいかなくて。
故におそらく、それに打ち勝つ方法は、固執するできなくなるようみ。要は意識というものを「殺す」ということです。
殺す=「忘れる」ということなんですが。

どうか、アドバイスなんかあれば下さい!!
藁にも縋る思いです!!

深刻、かつ終わりのない悩みがあります。

抽象性があった方が、余計な齟齬がないと思い、あえて「何が」とはいいませんが、私は、普段皆が当たり前に、かつ無意識的に行っている行為が普通にできなくなってしまっているのです。
その原因としては、完全な「固執」なんです。完全にメンタル的なもので、自分ではどうしようもなくて。
本当に、皆は当たり前に行っていて、かつ出来ないと日常でもすごく困る行為なんですよ。特に学生の私としては。
その行為、について、他の人よりも少し経験が足りずに劣って...続きを読む

Aベストアンサー

一種の「強迫」性を伴っている心の動きですよね。
ご参考になるかわかりませんが、私の体験談です。

実はかなりの「潔癖恐怖症」に襲われました。一昨年後半から、去年の夏くらいまで続いていましたが、それがあるときから潮が引くようにひいていき、年末くらいにはほぼ、完全に直りました。それまで私は結構ずぼらだったんです。手を洗うべきときも洗わないうがいもしないという(歯だけは虫歯が嫌なのでよく磨いてましたが)、必要のない潔癖主義は排除している生活だったのですが、それが戻ってきました。戻りすぎると今度はずぼら不潔の評価を受けそうなほどです。

なぜだろうか?
なり始めた頃、あらゆる自信や遣り甲斐生き甲斐を失っていたようです。それにいろいろ体の不調故障が付きまといました。そのダブルの不安とかうつ状態が、過度の潔癖という噴火口みたいなものを作って出てきたようなのです。自信のなさの極大が、なにか過度に気をつけないと、いろいろな細菌やら病毒が自分の体を犯すという妄想に囚われました。これが、すくなくとも「生き甲斐」てきなものをやりはじめた時期から、だんだんと薄くなっていき、ついには消失(完全ではない)というようなことになったんです。キーワードは「自信」「生き甲斐」です。これで、心が回転していき、それで過剰な妄想反応防衛反応が抑えられると言う印象です。

意識を滅する方向性はお勧めしません。それは人間には難しすぎる課題です。「生き甲斐」「人生の好転」の方でお考えになってください。

一種の「強迫」性を伴っている心の動きですよね。
ご参考になるかわかりませんが、私の体験談です。

実はかなりの「潔癖恐怖症」に襲われました。一昨年後半から、去年の夏くらいまで続いていましたが、それがあるときから潮が引くようにひいていき、年末くらいにはほぼ、完全に直りました。それまで私は結構ずぼらだったんです。手を洗うべきときも洗わないうがいもしないという(歯だけは虫歯が嫌なのでよく磨いてましたが)、必要のない潔癖主義は排除している生活だったのですが、それが戻ってきました。...続きを読む

Qメタファーとは

メタファーとはなんでしょうか?まったく意味がわかりません。
何かわかりやすく説明しているいいサイトなどありましたら合わせてよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
メタフォア(メタファーとも言います。metaphor)は、比喩の一種で、シミル(simile)と並んで、代表的な比喩の修辞技法です。

メタフォアは、「暗喩・隠喩」と呼ばれ、シミルは「直喩・明喩」と呼ばれます。形の上からは、「……のような」「……に似た」というような言葉が入っているのがシミルで、入っていないのがメタフォアだという区別がありますが、内容的にはかなり難しいです。

易しい例を挙げると、一般的に、次のように対比させます:

「彼は、キツネのようにずるい」……「ように」がありシミル。
「彼は執念深いこと、蛇のようだ」……「ようだ」がありシミル。

メタフォアはこれに対し、

「彼はまさに希代のキツネだ」
「彼は蛇だ」

前者のシミル(直喩)では、「ように」などがあるのとは別に、「何を喩えているのか」が、明示されています。彼がキツネなのは、「ずるさ」が比喩されています。彼が蛇なのは、「執念深さ」で比喩されています。

しかし、後のメタフォア(暗喩)では、どこがキツネで、どこが蛇なのか、明示されていません。「ように」とか「似て」は、「キツネのように狡猾だ」「蛇に似て執念深い」などで使うので、何を比喩しているのか明示する言葉が来るのです。

彼はキツネだ。彼はイヌだ。彼は蛇だ。……などは、よく使う比喩なので、メタフォアの形をしていても、前後の関係から、何がキツネで、何がイヌか分かります。「キツネだ」というと、狡賢いになりますし、「イヌだ」というと、誰かの忠実な手先だという意味です。

シミルの形をしていても、どこが比喩なのか分からないシミルもあります。例えば、「青い湖水を静かに泳いで行く白鳥のように彼は穏やかに微笑した」というのは、「穏やかさ」を比喩するシミルですが、「青い湖水を静かに泳いで行く白鳥」が、どういう関係で、「微笑の穏やかさ」になるのか、よく分かりません。

こういうのは、形の上では、シミルですが、実質はメタフォアになっています。

メタフォアというのは、「詩」で多く使われますし、効果的に使うと、非常に印象的になります。

「兵士は、獲物を探す鷹の目で、遙か眼下の平野を見下ろした」というのは、おそらく、「鋭い視線・注意深い視線・鷹のように獰猛な意志」などの比喩なのでしょうが、読む人によって色々なものが、想像され、了解されます。

「西欧中世の古風な宮廷舞踊会の毎日のように、時が傍らを過ぎ去って行った」というのは、「ように」がありますが、これはシミルではありません。時間が経過したというのは、分かるのですが、どういう風に経過したのか、その部分がメタフォアになっています。

華麗に過ぎ去ったのか、繰り返しのように過ぎ去ったのか、静かに過ぎ去ったのか、典雅に過ぎ去ったのか、退屈に過ぎ去ったのか……読む人により、前後の文章により、色々なイメージや意味になります。

つまり、何か「比喩」なのですが、意味が明白でない代わり、イメージや雰囲気があり、「暗示的な比喩」であるのです。

メタフォアが多い文章というのは、イメージや雰囲気は豊かなのですが、それで何なのかが分かりにくいような文章です。メタフォアのイメージや雰囲気を味わうことが意味あることになります。

「新月の夜の緑の沼の眸で、スレートの笑いを彼は頬に浮かべた」では、何のことかよく分かりません。「暗い緑の眸で、スレートのように硬い笑いを彼は頬に浮かべた」なら分かります。「スレートの笑い」は、シミルで言えば、「スレートのように硬い」になるのです。

しかし、そう言ってしまうと、イメージや雰囲気の余韻が出てこなくなるので、メタフォアという、何をどう比喩しているのか、イメージなどは分かるが、それが何を意味するのか、自分で味わって了解しなければならない修辞の形式を使うのです。

メタフォアというのは、文章修辞の典型で、詩の本質は、このメタフォアのできぐあいに係っているという見解もあります。

また、以上は、文章修辞のメタフォアですが、メタフォアは、人間の概念思考に常に付随するもので、あらゆる芸術や日常生活にも、メタフォアが関係するというのが、一般的な考えです。三番目のURLは、かなり難しい文章ですが、メタフォア論になっています。

>日本語の修辞法―レトリック
>http://www.sanseido.net/Main/hyakka2/Rheto/rheto_rhe.html#two

>特別企画 第六回 比喩
>http://plaza5.mbn.or.jp/~gendaibun/kikaku/kikaku0601.html

>メタファーと認知
>http://www.ec.kagawa-u.ac.jp/~mogami/metapher94.html
 

参考URL:http://www.sanseido.net/Main/hyakka2/Rheto/rheto_rhe.html#two,http://www.ec.kagawa-u.ac.jp/~mogami/metapher94.html

 
メタフォア(メタファーとも言います。metaphor)は、比喩の一種で、シミル(simile)と並んで、代表的な比喩の修辞技法です。

メタフォアは、「暗喩・隠喩」と呼ばれ、シミルは「直喩・明喩」と呼ばれます。形の上からは、「……のような」「……に似た」というような言葉が入っているのがシミルで、入っていないのがメタフォアだという区別がありますが、内容的にはかなり難しいです。

易しい例を挙げると、一般的に、次のように対比させます:

「彼は、キツネのようにずるい」……「ように」がありシミ...続きを読む

Q言葉遊び(10回クイズ、言わんのバカ、早口言葉)は心理学で説明できる?

昔、10回クイズ(「ピザ」と10回言わせた後、ひじを指差して「ここは?」と聞くと「ひざ」と答えてしまう)や、言わんのバカクイズ(出題者が解答者に「何といっても静岡と答えてください」とあらかじめ言っておいて、「お茶?」「静岡!」「うなぎ?」「静岡!」「わさび?」「静岡!」というやり取りがあった後、出題者が「塩漬け?」と言うと解答者が「しおずか」と思わず答えてしまう)というクイズというかゲームが流行りましたよね。
また、これとは別に早口言葉で「バスガス爆発」だと言いにくいけど、「バスが酢爆発」だとちょっと言いやすくなりますよね。

個人的に、これには心理学実験的な要素が含まれていると考えています。
こういった10回クイズ、言わんのバカクイズの他早口言葉などを含む言葉遊びと心理学(プライミング?)の関連について言及している本を探しているのですが、該当する書籍など知りませんか?
あるいはそういったことを専門的に研究している大学の学部などありませんか?

Aベストアンサー

関連の書籍や研究機関については心当たりがなくて、大変申し訳ありませんが、
質問文とNo.1の方の回答を読み、このタイトルに思わず興味を持ってしまいました。

言語の解釈という意味での言語学と、心理学の要素が組み合わさった問題ではないかと思います。

私は「ひじ」にはまんまと引っ掛かり、落とし穴に落ちたことにさえ、しばらく気づきませんでした。

「ピザ」と「ひざ」の違いにとらわれるがために、「ひざ」と「ひじ」という、
「ひ」が共に同一で、「ざ」と「じ」というさ行の濁音の、母音違いにまで注意がいきませんでした。

さらに、「ひざ」と「ひじ」は共に、手と足というイメージ的に似た2者の、共に関節部分にあたり、
また、直観としての視覚的イメージで考えても、どちらも「くの字」で、この点でも混同しやすいです。

このように何重にもトリックが仕掛けられていて巧妙なのが、「ピザ」のクイズだと思います。

「塩漬け」には引っ掛からなかったのですが、これのポイントは、「け」と「か」の違いにとらわれ、
「お」と「づ(orず)」の語順の違いに対する配慮がおろそかになることではないかと思います。
「ひじ」と違い、問われる事前に「静岡」を連呼しているので、比較的間違いにくいはずです。

この手のジャンルは、一見言葉遊びのようで、社会的な有用性は少なそうにも思えますが、
他人を操作する方法論を研究すること自体は、振り込め詐欺などのトリックを見破るなど、
社会に有用な行為にも活用することもできるので、
もしかしたら、どこかにそのようなジャンルを遊び以上に真剣に研究している人もいるかもしれません。

関連の書籍や研究機関については心当たりがなくて、大変申し訳ありませんが、
質問文とNo.1の方の回答を読み、このタイトルに思わず興味を持ってしまいました。

言語の解釈という意味での言語学と、心理学の要素が組み合わさった問題ではないかと思います。

私は「ひじ」にはまんまと引っ掛かり、落とし穴に落ちたことにさえ、しばらく気づきませんでした。

「ピザ」と「ひざ」の違いにとらわれるがために、「ひざ」と「ひじ」という、
「ひ」が共に同一で、「ざ」と「じ」というさ行の濁音の、母音違...続きを読む

Qこの言葉の意味を教えてください(英語を使ったものだと思いますが・・・。)

【コーチの役割として
 ・教えるのではない。聞く、質問する。
 ・会話の主体は話し手の側ではなく、聞き手にある。
などなど、ビジネスシーンだけでなく、さまざまな場面で使いたいチップスがある】

という文章がありました。この「チップス」とはどういう意味なんですか?辞書にも載っていませんでした。使い方もお願いします。

「現在、求められているリーダーシップとは何か。従来を例えると凧型だ。たくさんの凧(部下)を引っ張り無我夢中で走るリーダー像だ。リーダーが止まれば凧は落ちる。そんなメタファーである。(やはり、この著者はアナロジーがうまいなぁ)」

この文章の「メタファー」と「アナロジー」の意味を分かりやすく教えていただけないでしょうか?

メタファーは、全く分かりませんが、アナロジーはこの場合「著者は似たような物を探す事と、似たような物を例えて出すのがうまい」という意味なんでしょうか?

間違っていたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

チップス=tipsですね。

tip
I 〔(特に)賭け・投機などの〕内報, 情報, 助言, ヒント; 秘訣(ひけつ), こつ 〔on〕
a straight tip on the race 競馬に関する信頼できる助言[内報].
Take a tip from me. 私の言うようにしたほうが身のためですよ.
II 〈…という〉内報, 情報 〈that〉
The police had a tip that they were plotting a riot. 警察は彼らが暴動を計画しているという情報を得た.

メタファーは「比喩(特に隠喩)」、アナロジーは「類推、例え」です。

Q潜在意識を上手く使うには?

「潜在意識を巧みに使うことができれば、何でも成功する」

ある人のセミナーで、言われたことですが、
実際にひらめきの能力は、99%の努力が必要だとか言われてますが、
99%の努力とは、顕在意識の世界で、知識として、蓄えられたものだとおもいます。しかし、知識として、身についたものだけでは、不十分で、失敗する場合も多いです。

潜在意識を上手く活用して、成功している人は、いるのでしょうか?
(例 ギャンブル、仕事、恋愛、その他)

潜在意識を上手く使うには、?

その分野に詳しい方よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

>潜在意識を上手く使うには、?

潜在意識をうまく使うには、潜在意識の働きをしっかり理解して
そして潜在意識にしたいこと、やりたいことをイメージで
植えつけることです。

スポーツでも”イメージトレーニング”として今や
定着しています。
潜在意識の特徴としては
 ・ 過去現在未来の区別がつかない
 ・ それが現実か現実でないかの区別がつかない
が騰げられますが
行動するときは常にその潜在意識の持っているイメージを
参照しながら行動しています。
参考までに私のブログでそのあたりの仕組みを
投稿中です。

参考URL:http://ameblo.jp/mitaw999/

Q擬人化メタファーをネットで効率的に探す方法を教えてください。

擬人化メタファーをネットで効率的に探す方法を教えてください。

現在、擬人化メタファー(本がないていますなどの言葉)を収集しているのですが、いまいち効率が上がりません。今は動詞を検索ワードに入れて検索する方法をとっていますが、一度にたくさん集められる方法をご存知の方、ヒントを教えていただけませんか。さまざまな種類の擬人化メタファーを集めたいのです。英語のメタファーも、日本語のメタファーも両方集めたいです。

Aベストアンサー

プログラムは組んであるのでしょうか?

もし組めるのでしたら、
主語の名詞を、無生物主語だけを単語登録して、人に使われる動詞とのマッチングで検索してみてはどうでしょう。

Q潜在意識は脳の働きで説明できないものだと思いますか。(いかに科学研究が

潜在意識は脳の働きで説明できないものだと思いますか。(いかに科学研究が進展しようとも)

Aベストアンサー

こんにちは。
潜在意識を科学的に解明するのはそれほど難しいことではないです。むしろその構造は比較的単純であるため、顕在化された複雑な意識より遥かに早く解明されることが期待できます。

従来は心理学の概念として扱われてきたことですが、これがどの中枢のどのような機能であるのかは既に概ね判明しており、生理学的構造や解剖学的な分類は現在でも盛んに進められています。そして、我々動物にとってその役割とは、「与えられた状況に応じた行動を選択する」ということです。
潜在意識の領域ではYESかNOかは予め決まっており、これが入力に応じて自動で選択されるだけです。つまり、それは我々動物が生きてゆくための極めて基本的な脳の自律機能であり、構造そのものは意外にも単純です。ですから、目に見えない、自覚できないというのは構造上当たり前のことなのですが、科学的に解明できないとする理由は何処にもないです。
では、動物はこれでちゃんとYESとNOを選択することができるのですから、どうしてわざわざそれを顕在化して意識に捉える必要があるのでしょうか。果たして、我々の脳には何故、意識が必要なのか? これを説明する方が返って難しいと思います。

こんにちは。
潜在意識を科学的に解明するのはそれほど難しいことではないです。むしろその構造は比較的単純であるため、顕在化された複雑な意識より遥かに早く解明されることが期待できます。

従来は心理学の概念として扱われてきたことですが、これがどの中枢のどのような機能であるのかは既に概ね判明しており、生理学的構造や解剖学的な分類は現在でも盛んに進められています。そして、我々動物にとってその役割とは、「与えられた状況に応じた行動を選択する」ということです。
潜在意識の領域ではYE...続きを読む


人気Q&Aランキング