石川晶康先生の実況中継の本で(三巻P238 )・・・

甲午農民戦争が始まって、
日本、清朝ともに、朝鮮に軍隊を派遣する。
そののち、甲午農民戦争は、収まったのだが、
朝鮮半島で、両軍隊が睨んでいる・・・。

そこへ、駐英公使の青木周蔵から、「日英が新条約に
合意することで一致した」と陸奥宗光に電報が届いた。

陸奥宗光は、朝鮮公使の大鳥圭介に「どんな工作をしてでも
戦争に持ち込め」と打電した・・・。


とあるのですが、「日英の新条約」は、どんな条約なのですか?
日本が清朝と戦争して、負けそうになったら、イギリスが参加してくれる条約なのでしょうか??

なぜ、日英の新条約が、日清戦争のきっかけになったのか教えてください。
(>_<)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

No.4です。

深夜でぼんやりしてたのか、単純な(しかし国語表記上のケアレスミスとして片付けられない)誤記がありました。

>その引用史料とは別のところで(『蹇蹇録』岩波文庫p.73)、青木に訓電した経緯・・・・

陸奥が訓電(電訓)したのは「青木」ではなく「大鳥」ですね。

>[史料40]の『蹇蹇録』の抜粋ですが、この箇所が選ばれているのは、青木の訓電が開戦外交に影響したからではなく、・・・・

大臣の陸奥に対して「【訓】電」は変ですね。「青木からの報」と読んでおいてください。
    • good
    • 0

不平等条約の改正条約が日清戦争の「きっかけ」というのが全く解せなかったので、買い物ついでにその参考書のP.238-239を立ち読みしてみました。



やはり開戦の「きっかけ」とは書いてませんね。
誤解の理由は次のように考えられます。青木からの電報のところで、この著者が「劇的な話」なんて紛らわしい言葉を使っていること。説明が足らないこと(参考書の説明ですからそれほど詳しく述べるわけにもいきませんが)。史料[40]の選択、区切り方。

その史料は「・・・二日を隔てつるのみ」で確か切れていたと思いますが、その後はこう続きます、「余がこの間の苦心惨憺、経営太(=多)忙なりしは実に名状すべからず。しかれども今この喜ぶべき佳報に接するや、とみに余をして積日の労苦を忘れしめたり」。

日本外交の悲願であった条約改正の調印が成るという報に接して、外務の責任者だった陸奥宗光が感慨を述べている文章で、要路者としてそれ自体「劇的な」報には違いありませんが、陸奥の回想録を読む限り、開戦外交において、条約合意が「劇的」というほどの展開とは位置づけられていません。

その引用史料とは別のところで(『蹇蹇録』岩波文庫p.73)、青木に訓電した経緯――7月上旬に英露の干渉が途切れたときの情勢判断から決断したこと――を書いていますが、英国との条約の件が影響したとはどこにも言及されていません。
また『蹇蹇録』7章の「欧米各国の干渉」において、英国の出方に対しての推測、判断が述べられていますが、そこでの記述でも条約改正の件が影響したとは書かれていません。

その参考書の史料にある通り、陸奥が「決別類似の訓電」をしたのは、青木の佳報に接する前のことでもあります。

清国に既得権益のあるイギリスは現状変更(戦争によって清国における列強の勢力範囲が変わること)を望まず、朝鮮での日清間の対立に干渉(調停しようと)していましたので、朝鮮での事変が、最終段階あったイギリスとの条約改正に影響することを、陸奥は懸念してはいたようです(『蹇蹇録』岩波文庫p.118)。
しかし、条約調印は、英国の今後の動向を読む判断材料(No.1の方が仰るように、大がかりな干渉はないという)になり、戦争遂行の障害の除去を意味し、戦争を促す因子には違いなかったでしょうが、開戦の「きっかけ」という言葉で表現するような要素とは認められません。

付け加えておきますと、その条約の件は、日清戦争とは別に進展していて、この時点でイギリスとは実質的に合意しており、あとは正式交渉に入って調印すればよい段階であったといいます。

史料の選択についてです。
[史料40]の『蹇蹇録』の抜粋ですが、この箇所が選ばれているのは、青木の訓電が開戦外交に影響したからではなく、短い文章に「条約改正」と「日清戦争」という大項目が重なっていて(陸奥宗光・青木周蔵・日英通商航海条約・蹇蹇録などの重要な固有名詞が伏在してもいます)、試験での設問を拡げやすく、別の見方をすれば狙われやすいから採用しているように私には見えます。日清戦勝を解説するのに有効な抜粋とは思えません。予備知識が不十分な人が読めば誤解しそうな気がします。

あと、その参考書に「予算の無駄遣い云々」が陸奥の判断に影響したようなことが書いてありますが(もちろんそれも要素ですが)、陸奥は、最初に派兵した段階で、武力による最終的処理を考えていたようです。

>日本が清朝と戦争して、負けそうになったら、イギリスが参加してくれる条約なのでしょうか??

ちょっと付け加えておきます。イギリスは揚子江流域や香港等に広範な権益を保有し、自国民のさまざまな活動に関する協定を結んでいましたから、清国の保全を希望しており、戦時中は当然清国寄りでした。もっとも、ロシアの南下にたいする防波堤としての役割を日本に見出し始めてきた頃でもあります。
    • good
    • 0

>「日英の新条約」は、どんな条約なのですか?


 結ばれた条約は「日英通商航海条約」なのですが、その意義は江戸時代に結ばれた不平等条約の解消です。

 なぜ不平等条約解消に意義が有るかと言うと、不平等条約が押し付けられる国とは、国際条約等を遵守するの意思 or 能力に欠ける国であると言うレッテルが貼られるからです。

 そして、その様な国同士(日本と清国)が戦争した場合に自国に被害が及ばぬよう、周辺の一等国は軍を派遣する大義名分が成立してしまいます。
 (つまり、大国ロシアが戦争により疲弊した日本と清国へ南下する理由を与えてしまう。)

 ですが、当時の覇権国家で超大国たる英国が日本は一人前の国家であると認め、周辺国は中立を維持すべきで有ると主張(日本は国際条約を守れる国なので、周辺の国も戦時国際法を守って中立を堅持すべき)すれば、ロシアとしてもそれを無視しするのは困難です。
 無視すれば、ヨーロッパの方で英・独(ドイツはロシアとフランスに挟まれているのでどちらかが弱って欲しい)が連立しロシアに対抗する可能性が出てきます。
 (実際日英同盟の前には、ドイツが提案した英独同盟が模索された訳ですし)

 まあ、義和団事変を根拠にロシアが満州へ軍を南下させ日英同盟と日露戦争へ向かうのですが…。

 イギリスは中国にある自国の権益をロシアに奪われたくないと言う理由も有りますし、戦争の直前に条約を締結したい日本の弱みに付け込んで、関税などの譲歩を引き出していますし…。
    • good
    • 0

ざっとですよ。



日本は不平等条約を改正しようと躍起になっていました。

陸奥の狙いはイギリスでした。
立憲君主制と民主主義国家を狙ったのです。

アメリカは自由の国ですが、強力に我がままでした。^^;

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E8%8B%B1% …

陸奥は坂本も一目置く程の切れ者でした。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B8%E5%A5%A5% …

イギリスと不平等条約の改正に成功すると
それを口実に次々と改正します。(治外法権だけの撤廃)

不平等条約を完全に解消するには大陸へ進出する要が大あったのです。
まず、朝鮮を開国させねばなりません。
(武力で開国だ。これが征韓論)

しかし、未だ国力は弱く、予算もままならぬ状態でした。
琉球処分の後、軍事力を増強した日本は開戦を決意します。

>日英の新条約が、日清戦争のきっかけになったのか教えてください。

日本の大きな課題がひとつクリアしたのです。
今後は列強と肩を並べねばなりません。

それには大陸に進出して
強力に「富国強兵政策」を推進せねばなりません。

日本は二等国でした。
後進国は欧州諸国と対等に扱われません。

日露戦争で勝利(講和)して一等国ロシアから領土を割譲し
日本は一等国の仲間入りをしたと言われています。
    • good
    • 0

おそらくはイギリスと結んだ不平等条約の改正に関してでしょうが、だとすれば大鳥公使への打電が先になりますか。



http://www008.upp.so-net.ne.jp/bungsono/Okazaki/ …

きっかけではなく、イギリスが断固反対していたら、日本は開戦できなかった、という感じでしょうね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日清戦争をする事が、国防上必要だったというのは本当でしょうか?

日清戦争をする事が、当時、国防上必要だったという話を聞きますが本当でしょうか?

日清戦争が具体的には、どのように国防に役立ったのでしょうか?

もし、日清戦争をしていなかったら、日本は今頃、現在の領土を確保、出来ていなかったという事なのでしょうか?

その場合、どこの国の侵略に敗北していたと考えられているのでしょうか?
御回答よろしくお願いします。<(_ _)>

Aベストアンサー

当時は日米、日英の不平等条約を改定し先進国の仲間入りすることが焦眉の課題でした。米英両国とも日本の侵略=植民地化は考えられていません。したがって日本の領土を侵略から守るなどは現実の国際情勢から課題にはなっていないのです。日本より遅れた国、支配勢力が分裂したり力がない所が欧米列強の餌食になっていました。当時の国家のスローガンは「国防」ではなく「富国強兵」です。
<もし、日清戦争をしていなかったら>
こういう設問そのものに無理があります。答えをいくら考えても「わからない」というのが正解です。もし、薩長と幕府の戦いで薩長が負けて徳川政権がさらに続いたら、日本は外国の植民地になったか?と問題を立てるような物。当時の各国政権中枢に居た人にインタービューするしかありません。
 ただ、日本が資本主義国として列強に伍して「帝国主義」の道を「選択」した限り他国の資源や市場を自国に取り込む=植民地化政策は必然の成り行きでした。国家としての発展を他国の犠牲の上でなす、という「選択」をしたことが重要なのです。当時は列強が他国を植民地化するのが「普通の国」のすることのように常識であったわけで、弱肉強食の時代だったわけです。強盗に囲まれて生きる他なかったわけです。で、日本も強盗の一味になって「富国強兵」による「豊かな国」を目指したのです。日本だけでなくアメリカもロシアも先進国すべてが「強盗団」であったわけでそういう時代背景を据え置いて歴史をとらえ返すことが大切だと思います。

当時は日米、日英の不平等条約を改定し先進国の仲間入りすることが焦眉の課題でした。米英両国とも日本の侵略=植民地化は考えられていません。したがって日本の領土を侵略から守るなどは現実の国際情勢から課題にはなっていないのです。日本より遅れた国、支配勢力が分裂したり力がない所が欧米列強の餌食になっていました。当時の国家のスローガンは「国防」ではなく「富国強兵」です。
<もし、日清戦争をしていなかったら>
こういう設問そのものに無理があります。答えをいくら考えても「わからない」とい...続きを読む

Q石川晶康のトークで攻略と石川日本史B講義の実況中継

石川晶康のトークで攻略 と、石川日本史B講義の実況中継

の違いと、どちらが良いのかを教えてください!!


現在高3なのですが、これから日本史をやらなければいけません。

勉強のペースなどもあればよろしくお願いします!

Aベストアンサー

参考になるか分からないのですが、私がやっていた勉強法を紹介します。

1まず普通に読んで理解します。覚えようとしない。一講で一時間ほどかかるかもしれません。でも復習するたびに時間はかからなくなります。
2次の日に必ず復習。つまり通読をもう一度します。次の日に必ず復習しないと、せっかく理解したものを忘れてしまうことになり、もったいないです。20分~30分でできると思います。
そしてICレコーダーを使って、自分で授業しているように、理解した部分を録音します。難しく考えなくて、ただ文章を読んでいくだけでも大丈夫です。10分~15分でまとめられるとベストです。
3一週間ぐらいに(2週間後でもいい)レコーダーに録音した声を聞きながら、通読する。
予備日を設けてもいいし、同時進行でやってもいいと思います。つまり例えば第10回をやりながら第9回の復習をし、なおかつ第1、2回の復習をするというような。
このあたりで「トークで…」を聞いておきたい。
4一ヶ月後か二ヶ月後ぐらいにまたレコーダーを聞いて復習。10回分ぐらいまとめて復習する。この時点で4回は読んでいることになる。CDもこの時点で4回以上は聞いておきたい。

その他
・サブノートの書き込みはしませんでした。直前期に苦手な部分だけ自分でサブノートのようなのをつくりました。
・まずはレコーダーを使って音で覚える。後は漢字練習ですが、これは後からいくらでもできます。
・勉強の深さですが、赤字を覚えておけば、十分すぎると思います。(目指すところにもよりますが)
・「トークで…」は私は全体で2回、後は苦手なところを何回か聞きました。(土地制度や経済など)
・付属CDは本番までに10回以上は聞きました。記憶の幹をつくるためにも、また最後の復習にも役立ちました。

参考になるか分からないのですが、私がやっていた勉強法を紹介します。

1まず普通に読んで理解します。覚えようとしない。一講で一時間ほどかかるかもしれません。でも復習するたびに時間はかからなくなります。
2次の日に必ず復習。つまり通読をもう一度します。次の日に必ず復習しないと、せっかく理解したものを忘れてしまうことになり、もったいないです。20分~30分でできると思います。
そしてICレコーダーを使って、自分で授業しているように、理解した部分を録音します。難しく考えなくて、ただ...続きを読む

Q銀魂の陸奥って陸奥宗光からきてるんですか?それとも坂本龍馬の刀の陸奥守吉行 からですか?

銀魂の陸奥って陸奥宗光からきてるんですか?それとも坂本龍馬の刀の陸奥守吉行 からですか?

Aベストアンサー

ウィキペディアには
モデルは武士・紀州藩士、政治家、外交官を務めた陸奥宗光。
と書かれていますね。

Q日清戦争と日清製粉

別に確信とかはないのですが・・・・。
日清製粉の名前は日清戦争と関係はあるのでしょうか。
ご存じの方いらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

 会社の主要生産物である小麦粉の原料を多く当時の中国の正式国名である清に多く依存したからと思います。日中友好の意味合いもあったことでしょう。台湾精糖(現 台糖)も同じ理由からです。

Q「~を機に」「~を境に」「~をきっかけに」と似た意味の……

「~を機に」「~を境に」「~をきっかけに」と似た意味の……

 タイトルのとおりです。
「~を機に」
「~を境に」
「~をきっかけに」
 以上の三つと、似たような意味の語はありませんか?

Aベストアンサー

類語辞典で「きっかけ」を検索してみてはどうでしょうか。
http://thesaurus.weblio.jp/category/ruigo

Q石川日本史B講義の実況中継(1)

石川日本史B講義の実況中継(1)

を持ってる方に質問です。


トラック8
794年(平安京遷都)

の8分32秒から37秒あたりがよく聞き取れません。


最後の陽成は聞き取れるんですが何て言ってるのでしょうか?


誰か詳しく教えてれるとありがたいです。

Aベストアンサー

CDから聞き取り

「順子と仁明で、文徳。
文徳とアキラケイコ(明子)で、清和。
清和と高子で、陽成。」

藤原北家の后と、歴代天皇の関係ですね。
本文206ページ(2000年New初版)の
第10回・2藤原北家の台頭 も、お読みください\(^^;).

※石川先生の実況中継は、いいですね。私は
十・・年前に旧版で合格しました、
がんばれ(@^^)/~~~

Q音楽を聴くときに歌詞の意味まで深く考えますか?

皆さんは、好きなアーティストの曲を聴くときに
歌詞の意味まで深く考えますか??


そう考えるきっかけになった出来事があります。

私はとあるアーティストのファンで、
ライブがきっかけで知り合いになった方とメールのやり取りをするようになりました。

私は元々、なんとなくは歌詞の意味を考えたりはしつつも
基本はメロディー重視で聴いていたので深くは考えたりはしていませんでした。

ですが、その方は
「歌詞の意味を理解しないで聴くなんて、半分損している。
そういう人とは私はライブに一緒に行ったり出来ないですね」と一言。
⇒いや、元々私一緒に行く気なんて無かったし。


ことあるごとに否定をされ、
その人とメールのやり取りをすることはおろか、
ファンでいること自体なんだかもう面倒に感じてしまっています。
(まぁ、ファンは続けていくと思いますが)


そして、先日。
「この歌詞を見ての感想を教えてください」とのメールが。

すっごく面倒だったし、心底どーでもいいと思ったのですが、
一応返して見ると

「あなたのこれは感想ではなく解釈ですね。
あなたは間違った解釈をしたがりますね。感想文は苦手でしたか?」と。

「歌詞中にわざわざ『別れ』ではなく『分かれ』と書いてあるのに、
なぜ分岐点ではなく永遠の別れとしてとらえるんですか?」と。


・・・。

だんだん気持ち悪くなってきたので
この人とのメールのやり取りは徐々にフェイドアウトしていくとして・・・

そもそも、
曲を聴くときに歌詞をそんなに重視しないといけないのか、という疑問が残りました。

歌詞を理解せずに、
「この曲が好き」とか「このアーティストが好き」と言うのは
そんなにおかしいことなのでしょうか??

皆さんは、好きなアーティストの曲を聴くときに
歌詞の意味まで深く考えますか??


そう考えるきっかけになった出来事があります。

私はとあるアーティストのファンで、
ライブがきっかけで知り合いになった方とメールのやり取りをするようになりました。

私は元々、なんとなくは歌詞の意味を考えたりはしつつも
基本はメロディー重視で聴いていたので深くは考えたりはしていませんでした。

ですが、その方は
「歌詞の意味を理解しないで聴くなんて、半分損している。
そういう人とは私はライ...続きを読む

Aベストアンサー

全然おかしくないと思いますよ(^^

音楽は娯楽ですから、どんな部分をどう楽しもうと、
聴く人の自由です。

むしろ、「歌詞の意味を考えないなんてありえない」とか
「ちゃんと感想書いてよ」なんて言ってくる人は
無粋な人で、多様な楽しみ方を知らないのかな?
と思ってしまいます。

実は私も、どちらかというと歌詞を重視するタイプです。
すごくいいメロディだな~と思っても、
歌詞の流れ方…言葉の選び方やストーリーが気に入らないと、
「メロディはいいけど、大好きにはなれない曲」になります。

作られた方には非常に失礼になりますが、
「全体的にはいいけど、この言葉の選び方だけ受け付けない」
なんて曲もあったりします(^^;

逆に、第一印象はそうでもなかったけれど、
歌詞をちゃんと知って大好きになった曲もあります。

意味が同じでも英語版のほうが響きが好き、とか、
くだらないこだわりも出てきます(笑)

でも、これは個人の感性ですから、
もちろん人に押し付けたいとは思いません。

私が気に入らなかった部分をとっても気に入って、
人生の糧にしている人だっているかもしれません。
そんなこと何も気にせずに、純粋にメロディや雰囲気を
楽しんでいる人だって当然いるでしょう。

どれも、同じ1つの曲の楽しみ方です。

なんというか、そのメールの相手の方は、
わざわざ嫌味を言ってくる時点でちょっと
性格に難がありそうなので、
フェードアウトはいい選択だと思いますよ。
(私なら、感想くださいと言われても返事しなかったと思います)

全然おかしくないと思いますよ(^^

音楽は娯楽ですから、どんな部分をどう楽しもうと、
聴く人の自由です。

むしろ、「歌詞の意味を考えないなんてありえない」とか
「ちゃんと感想書いてよ」なんて言ってくる人は
無粋な人で、多様な楽しみ方を知らないのかな?
と思ってしまいます。

実は私も、どちらかというと歌詞を重視するタイプです。
すごくいいメロディだな~と思っても、
歌詞の流れ方…言葉の選び方やストーリーが気に入らないと、
「メロディはいいけど、大好きにはなれない曲」にな...続きを読む

Q石川日本史B講義の実況中継の勉強方法のことで困っています

石川日本史B講義の実況中継の勉強方法のことで困っています
MARCHあわよくば早稲田を目指している文系の高三です
石川の実況中継をやり始めたのですが?これは一日一回分を目安にやった方がいいでしょうか?それだと莫大な量があるため?日本史が好きなため?一日に出来るだけやりたいのですが…日本史にあまり時間を使い過ぎない方がいいでしょうか?
ちなみに一回分終わったら?金谷の一問一答で確認作業します

Aベストアンサー

英語は九割、現代国語も8割確実に取れるなら、日本史は、あまり時間かけなくてもだが、・・・・

日本史で点稼ぐ必要あるなら、まだ5月だから時間取れる内に、
どんどん進んで。日本史の基礎叩き込んでおけ。
受験近くなると赤本見て、個別対策必要になるし、英語に集中しなくては、ならないかも、

はしがき にあるように
・ざっと完読
・熟読しながら、サブノートで確認しながら、自分なりのまとめノート作成

とやれば、大丈夫。

ガンバレ(@^^)/~~~

Q日清戦争後の日本と清国の特殊な関係

日清戦争後の日本と中国の関係について質問です。
ネット上で「日清戦争後、日本と清国は特殊な関係を持つようになった」という記述があったのですが、これはどのような関係なのでしょうか?
調べてみてもよく理解できませんでした。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

これだけでは、その人が何をテーマとして書いたのかよく分かりませんので、その「ネット上の」文章とは、意図がずれるかもしれませんが・・・。

日清戦争後、日本には大量の清国留学生が入ってきました。陣瞬臣の「中国の歴史(近代編)」を読むと、清朝末期(つまり1900年代初頭)には、東京だけで10000人以上の清国留学生がいたとのことです。有名な魯迅も、その1人です。ただし、この人は東北大学医学部でしたけれど。

留学生には官費も私費もいて、早稲田・神田あたりには清国留学生会館もあったそうです。これは、近代化のお手本として同じ東洋の日本で、西洋技術・思想を学ぶという意味合いがあったようです。近いので、私費留学生などは、金がかからなくて良い、という理由もあったようですが。

ところで、外国に出てみると、自国の良さも悪さも分かるというのは、今も昔も変わらないことで、特に清朝の場合は体制自体が末期症状でしたから、留学生の間では清朝打倒運動がかなり激しくなります。さらに、変法運動の政治家(康有為や梁啓超)が亡命して、新聞を発行するなど、日本は革命運動の拠点になったわけです。孫文も数度にわたって訪日し、在日華僑から資金を集めると共に、清朝打倒の演説会などを催しています。

この時期の留学生として有名な人では、戦中に南京政府を作った王兆銘などもいます。彼は、清朝要人の爆殺計画を実行するなど、かなりの「過激派」だったようですよ。

で、さらに日本人でこの革命運動を積極的に支援した人達もいます。戦前右翼の親玉的存在だった頭山満、宮崎滔天などといった人達が知られています。日本人の民族主義的な右翼は、この革命運動にはかなり関わっています。

もっと言うと、政府自体がこうした革命運動に同情的というか、消極的な支持をしていた様子が見られます。清国とは外交関係がありますから、大使館を通して「留学生の革命運動取り締まり」について再三要請が政府に来ていたようですが、上で述べたように孫文の演説会も新聞の発行も事実上黙認されていました。

「特殊な関係」が何を指すかは、最初に述べたように分かりませんが、そういう意味では、日本は清朝と外交関係を結びながら、反清革命運動の拠点という特殊な国だったようです。だからその時期の中国人の対日感情はかなり良かったようですよ。 

これだけでは、その人が何をテーマとして書いたのかよく分かりませんので、その「ネット上の」文章とは、意図がずれるかもしれませんが・・・。

日清戦争後、日本には大量の清国留学生が入ってきました。陣瞬臣の「中国の歴史(近代編)」を読むと、清朝末期(つまり1900年代初頭)には、東京だけで10000人以上の清国留学生がいたとのことです。有名な魯迅も、その1人です。ただし、この人は東北大学医学部でしたけれど。

留学生には官費も私費もいて、早稲田・神田あたりには清国留学生会館もあったそうで...続きを読む

Q(+_+) 日清・日露戦争は、イギリスのかわりに戦った代理戦争?

 日清戦争と日露戦争は、イギリスのかわりに日本が戦った代理戦争、という説があるようですが、これは定説になってるんでしょうか?
 司馬遼太郎さんは明治時代のことにとてもくわしかったそうですが、そのへん、どう見ておられたんでしょうか?

Aベストアンサー

日清戦争についてはその様な事は全くありません。日露戦争については多少その側面があったと言えます。というのは当時イギリスは清国領土内に多大な権益を有していましたが義和団事件以後のロシアの満州不法占拠等の露骨な極東に対する侵略的行動により、それらの権益を脅かされていたからです。その為に光栄有る孤立政策を捨ててまで日英同盟を締結し日本の後ろ盾となったのです。しかしながら日本の戦争目的は朝鮮の安全、ひいては日本本土の安全を確保するというものでした。結果的にはイギリスの権益を守ったという事にもなりましたが、たとえ英国の権益が無くても日本はロシアに対し開戦せざる終えなかったと思われます。但しイギリスとの同盟の存在がが日本にとってこの戦争に踏み切る決断の際大きなウェートを占めた事、またバルチック艦隊の航海を陰に陽に妨害するなど戦局に有利に作用したことは間違い有りません。
司馬遼太郎氏は日清日露両戦争とも帝国主義時代の中で日本が独立国として生きようとしたぎりぎりの状況のなかでの戦争であると考えておられたと思います。代理戦争という捉え方はほとんどされていなかったように思われます。
小説ですが”坂の上の雲”(司馬遼太郎)を読まれたらいかがでしょう。
とのことです。(歴史に詳しい家族より。)

日清戦争についてはその様な事は全くありません。日露戦争については多少その側面があったと言えます。というのは当時イギリスは清国領土内に多大な権益を有していましたが義和団事件以後のロシアの満州不法占拠等の露骨な極東に対する侵略的行動により、それらの権益を脅かされていたからです。その為に光栄有る孤立政策を捨ててまで日英同盟を締結し日本の後ろ盾となったのです。しかしながら日本の戦争目的は朝鮮の安全、ひいては日本本土の安全を確保するというものでした。結果的にはイギリスの権益を守った...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報