心電図でV2からV6まではそろっているのですがV1だけがこのように2段階に下がっているのですが、これは普通なのでしょうか?
少しわかりやすく大きく書きましたが、実際はもっと波形のふり幅というか上下の高さは低いです。
これだけではわかりにくいかもしれませんが、わかる方教えてください。

※添付画像が削除されました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

#2です


>V1だけ高さが低い(1mm強)ですが、これは意味があるのでしょうか?

V1のみの変化(低電位)は問題ありません。
V1-V6すべてで低電位なら、いろんな方向から見て低電位ということになりますので
二次検査の対象になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

低電位というのがあるのですね。
どちらにしても問題ないようでよかったです。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/21 11:41

目盛りが入っていないのでなんともいえませんが、このスケッチの縮尺を信じるなら、


QRS幅が広いですね。
が、それよりもQT延長が目立ちます。
PQもちょっと短いんじゃないでしょうか。

もしQRS幅が40ms以下なら、notchということになり普通問題にしません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
縮尺はかなり違います。せっかくお答えいただいたのに申し訳ありません。
私は一般人で専門的なことはぜんぜんわからないです。
ただ、QRS幅というのはたぶん普通だと思います。
前の回答者様にもお聞きしたのですが、V1だけ高さが低い(1mm強)ですが、これは意味があるのでしょうか?


画像を変えようと思って削除したのですが、新たに画像のアップロードはできないのですね。
消してしまいすみません。

お礼日時:2009/05/18 16:15

一応、医師ですので 『専門家』 と 名乗らせていただきますが …。



>これは普通なのでしょうか?

そう聞かれたら、それに対する返答は 「普通ではない」 になります。
しかし、 「問題になるレベルか?」 と聞かれたら、そうではない可能性の方が高いでしょう。


>少しわかりやすく大きく書きましたが

と言う事は、これは実際の波形ではなく、手書きって事ですよね?
実際の QRS幅 は 何msec (何mm) なのでしょうか?
また、 I ・ II ・ aVL ・ V5 ・ V6 の S波 は wide ですか?
上記の S波 が wide であれば、ただの右脚ブロックかもしれません。
いずれにしろ、軽度の心室内伝導障害がありそうですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
せっかくご説明いただいたのですが、私は一般人で詳しいことはわからないです。
医師からは、普通とは違うけど元々の体質かもしれないし自覚症状がなければ年1回の検診で良いというように言われたので、おっしゃるように心配はいらないと思います。
ですが家に帰ってから何が普通じゃなかったのかなと心電図を見てたら(印刷して渡してくれました)V1だけが違ってたので質問させていただきました。
実物を見ないとハッキリわからないですよね・・。
ところでV1だけ高さがやたら低いのですが(1mm強?)これは何か意味があるのでしょうか?

お礼日時:2009/05/18 16:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q心電図検査で洞性徐脈と判定。精密検査は必要ですか?

先日の健康診断、心電図の結果で
「洞性徐脈 時計方向回転(脈は48でした)」と判定され、
「心臓超音波検査、トレッドミル運動負荷心電図検査」
という精密検査を受けるように指示されました。
とりあえず1週間後に仮予約をしました。
そこでお聞きしたいのですが、

「洞性徐脈 時計方向回転」とはどのような症状(病状)なのでしょうか?
「心臓超音波検査、トレッドミル運動負荷心電図検査」とは、どのような検査なのでしょうか?
また、精密検査は受けた方が良いものなのでしょうか?

検査費用は3千円以上かかるとの事なので、少々考えてしまいます。
ちなみに、その他の検診結果は良好でした。
当方成人女性で、163cm、48kg。
スポーツ暦は週3~4回のランニング(計30Km程度)と、
水泳、筋トレを継続しています。
特に持病も自覚症状もなく、普通に生活しています。

この件に詳しい方、また、同じような判定で検査を受けた方、
ご意見をお聞かせ下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も安静時心拍数は50を超えません。毎日通勤で走っています。

人間ドック担当に加え、心カテは最近、引退しましたがトレッドミルなどの検査は今も担当しています。
私なら失神の既往と突然死の家族歴、心電図上著明な左室肥大所見がなければ、要精査にはしません。

スポーツをしている人であれば、あたりまえの心電図だからです。
日常的に平均10kmを走る人間に、洞性徐脈を理由にトレッドミル検査(ベルトコンベアの上を心電図をつけて走る検査)をして、何になるのか? こんなオーダーがきたら担当医を罵倒ます。

会社の検診でなければ、無視されるのがいいかと思います。
もっとも左室肥大所見があれば心エコーくらいは受けられてもいいかと思います。

Q運動負荷試験でII、III、aVF、V4~V6にだけST低下が認められること

運動負荷試験でII、III、aVF、V4~V6にだけST低下が認められることが多く、
ST下降した誘導から、冠動脈の狭窄部位の断定は難しいと聞きましたが理由がわかりません。

安静心電図の時に、異常Q波やST上昇が出たら、壁の位置やどの冠動脈が狭窄しているか推測できるのに、どうして運動負荷試験では断定できないのでしょうか??


左右の冠動脈の狭窄が起こったら、心尖部の内膜から虚血が広がるのはわかるのですが、何故II、III、aVF、V4~V6誘導にしかST低下が現れないのかがわかりません。


教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

運動負荷時だけでなく、心筋梗塞時の心電図での責任冠動脈診断ですら時に予測が違いますので、心電図での部位診断自体に無理があると考えたほうがいいかと思います。CAGより冠動脈CTを見たほうが分かりやすいですが、冠動脈の走行には変異が多いので部位診断はおまけ程度と考えていいかと思います。
特に、V5は多くの虚血で陽性所見がでやすい部位です。そういえば、顕性WPWでも副伝導路の部位によらずV5で?波がでます。V5はalmightyな部位です。心尖部に近く心室のどこの異常でもその変化がでやすい部位です。

Q洞性徐脈と右上肺肉芽腫について

先日、会社の健康診断で心電図の検査で「洞性徐脈」、胸部X検査で「右上肺肉芽腫」で引っかかりました。
「経過観察を要する」になっています。

学生のころ不正脈と言われたときはありましたが今迄病気、怪我知らずなのでビックリしています。基本的に健康で自覚症状もないので大丈夫と思っていますが情報下さい。後、これに対しての健康法(?)等も教えて下さい。

Aベストアンサー

あくまでも一般論です。洞性徐脈は、もしジョギングなんかの定期的な運動をされているのなら、生理的なものでまったく問題ありません。一分間の脈拍数が、普通は50未満のときに徐脈とひっかけることが多いとは思いますが。極端に脈拍数が低くて、たちくらみがするなんかの症状がでれば別ですが、脈が速くなる頻脈に比べれば長生きできるともいわれています。

健診の胸部X線のみで、「肉芽腫」と所見を読むことは、ふつうはありえないと思います(診断には生検という検査が必要です)。場所的には、古くなって(陳旧性)石灰化でもした結核のなごり(結核腫)なんかの可能性が高いとは思いますが。

そういう所見がある人はたくさんいますし、たいてい「経過観察」といわれているようです。

いずれにせよ、健診担当の医師か、職場の健康管理者、かかりつけの医師に相談されてみるのがよろしいかと。

Q心電図について

心電図で変行伝導について教えてください。
変行伝導って何ですか??
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

inonakaさんがどのような職業の方かわかりませんが変行伝導という心電図の中でもかなり難しい言葉を知っているくらいですからかなり詳しい方だと思ってお答えします。
心臓の興奮は通常刺激伝導系といわれる洞房結節ー結節間伝導路ー房室結節ーヒス束ー右脚と左脚(左脚前枝、後枝)ープルキンエ繊維という経路を通じて伝播していくのですが心室が洞性あるいは上室性の収縮で異常に興奮するとどちらかの脚が不応期にあるうちにもう一方が興奮を始めてしまうため心室の興奮が左脚、右脚同時に始まらず片方の心室からもう一方に伝わる形となります。従って心室全体が興奮を終了するのによけいな時間がかかるわけです。心室の興奮はQRS波によって表されるため結果としてQRSの延長した脚ブロック様の波形が記録されることになります。
どのようなタイプの変行伝導であるかは心房細動などのR-R間隔が不定な不整脈などで長いR-Rのあとののびた不応期のあとに短い間隔で刺激がきた場合とか先行した刺激の直後に上室性の期外収縮が起こった場合などが一般に知られています。

Q洞性徐脈の検査

人間ドックで必ず毎年洞性徐脈と診断されます。18年前に不整脈で、心臓の専門病院で、ホルダー心電図ほか、ランニング時の血圧測定・心電図の様子を見る検査を受けました。
その時は大丈夫でしょうと言われ、以後放置しています。
そのことは、人間ドックの診察の際に伝えましたが、一度検査しましょう、急ぎませんがともいわれました。もし、受けるんだったらどんな検査になるでしょう?費用も教えてください。

Aベストアンサー

確かに50以下だと脈拍は少ないですが特に症状なければ問題ないと思います

Q心電図の測定

実験で医用プリアンプを使用し心電図を計測しました。電極の位置は、(1)右肩(-)・左下肋骨(+)・右下肋骨(N)、(2)左肩(-)・左下肋骨(+)・右下肋骨(N)、(3)右手首(-)・左下肋骨(+)・右下肋骨(N)、(4)左手首(-)・左下肋骨(+)・右下肋骨で計測しました。感じ的にはアイントーベンの三角形になるように測定しているように思います。
例えば標準肢誘導であれば右足をアースにして心電図を測定すると思います。しかし、今回の実験では上記したとおり電極は胸部及び腕のみに装着しているわけですが、これはどのような測定方法なのでしょうか。実験指針には第II誘導、第III誘導を測定すると書いてあったので標準肢誘導ではないかと思っていますが、確信が持てないでいます。また、電極のN(neutral:中性電極)の目的とは何でしょうか。自分的には、不関電極として扱っていると考えています。また、(1)と(3)は第II誘導の部分ですが、電極の装着位置が右肩と右手首との違いだけで測定される心電図には差が出るのでしょうか。
いろいろ調べたのですが具体的な情報を得られませんでした。どなたか教えてください。お願いします。また同時に、医用測定関係が詳しく載っているサイトや書籍も紹介していただければ幸いです。

実験で医用プリアンプを使用し心電図を計測しました。電極の位置は、(1)右肩(-)・左下肋骨(+)・右下肋骨(N)、(2)左肩(-)・左下肋骨(+)・右下肋骨(N)、(3)右手首(-)・左下肋骨(+)・右下肋骨(N)、(4)左手首(-)・左下肋骨(+)・右下肋骨で計測しました。感じ的にはアイントーベンの三角形になるように測定しているように思います。
例えば標準肢誘導であれば右足をアースにして心電図を測定すると思います。しかし、今回の実験では上記したとおり電極は胸部及び腕のみに装着しているわけですが、これはどのような測定...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
この場合は、右下肋骨の電極が右足に相当します。

例えば手足のない患者さんで取る時などは、肩やわき腹に付けますので、その延長と考えていいでしょう。

三つの電極を等しい高抵抗で結んで基準点を作る、ゴールドバーガー誘導(この基準点は胸部誘導でも使われます)もありますが、この実験は単純なI~III誘導のようです。

四肢の先と付け根、あるいは肋骨上などの距離の影響ですが、理論上は距離が長い分、抵抗値が増えるので、出力波形は減弱する事になり、四肢誘導に比べて波形の増高が考えられますが、心電図において、波形の絶対高低が問題になる事はあまりなく、波形相互間の相対値の方が大抵は重要ですので、実験では、筋電図重積が減る分、ノイズ対策が取り易くなるはずです。
これは、ホルター心電図など、シールドルームがつかえない場合の導出方法と同じ原理です。

Q洞性徐脈って?

先日、医者に「洞性徐脈の可能性がありますね」と言われました。

24時間心電図をとる「ポータル心電図」というものをした結果、そういう回答が先生からきました。

通常の人より、脈が打つ回数が少し少ないようです。
通常の生活には支障はない程度なのですが、これになった原因というのが知りたいのです。
インターネットで調べても
「加齢または、激しいスポーツをする人に多く見られる」というものはあるのですが、それに、私は、当てはまりません。
年齢は、30代になったばかりです。

お医者さんに聞いても、心臓の電池切れみたいなものですからと説明されたのですが、それがどうして、私の体に起きたのか原因が知りたいのです。

例えば、食生活とか・・・確固たるお話しは、ないかと思いますが、こういう説があるという様なお話でもかまいません。
対処できるものなら、して行きたいとおもうのですが・・・いかがでじょうか。教えてください。

Aベストアンサー

心臓の脈を刻む時計仕掛けに当たる場所を洞結節と言います。そこで発生するリズムが心臓全体に伝わって行き収縮をはじめます。
安静時には50~80程度のリズムとなるのが普通ですが、それ以下の状態を洞性徐脈と呼びます。
病名と言うよりも徐脈を区分する心電図上の所見といった扱いで、30程度など病的な状態と考えられれば洞不全(症候群)と呼ばれる病名で扱います。
若年者では迷走神経の緊張(ブレーキが効いた状態)による機能的なものが多く、症状がなければ経過観察となるものです。一応、運動時に充分脈が増加することを確認するためにトレッドミルや自転車エルゴメーターによる運動負荷試験を受けるといいでしょう。
また甲状腺機能低下の関与を否定するための血液検査も受けてください

参考URL:http://www.gik.gr.jp/~skj/arrhythmia/kensin-ecg.php3,http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamph/pamph_35/panfu35_04.html#st2

Q教えてください 心電図モニターについて

心電図モニターの、RESPって、何ですか?
モニターの一番下に出ている波形です。
看護師さんに聞けなくて・・・
教えてください。

あと、同じくモニターのRR波が大きくなるってことは、どういうことなんでしょうか。

Aベストアンサー

RESPは呼吸の意味です。
多くは心電図の電極を貼ってあるその間の胸の動きを表していますので呼吸以外に体自体の動き、向き、電極の貼る位置やその密着具合などでも波型に変化が出ます。
意識があって体動される方にはあまり意味がない波型です

参考URL:http://home.att.ne.jp/green/rinshinsaku/bedmonitor.html

Q洞性徐脈に詳しい方、教えてください。

こんにちは。
先日人間ドッグを受けたのですが、所見に洞性徐脈と書かれていました。ネットで調べたら治療の必要もなく心配ないようでしたが、原因に過度の緊張などと書かれており気になっています。
私はストレスや不安で動悸がひどくなることがよくあります。(以前神経症で通院していました)この症状が軽くなることはむずかしい(取り除けないストレスと心配事があるため)のですが、こういう緊張状態が続くことで徐脈が悪化することはあるのでしょうか?
詳しい方がいらっしゃいましたら、教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

洞性徐脈は病気ではありません。
ただ普通の人より脈が遅いだけです。
脈拍・あるいは心拍が60回/分未満の場合に記載される所見です。
マラソン選手の安静時の心拍数は30台ですし、多少遅くなっても
50回/分以上あれば全く気にしなくてよいです。
原因として過度の緊張で起こる場合があるというだけで、
ストレス下では通常脈拍は速くなるのが普通です。

Q心電図の胸部誘導について

心電図測定の胸部誘導によって得られる情報はなんですか?(四肢誘導だけではえられない)生理学的にどういうこととかも教えてほしいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

心臓は平面でなく立体のものです
そこから出る電気も3次元に出ます
四肢誘導は体の上下左右方向の平面に面していますのでこの方向の変化は捉えられますが、前後方向の成分はありません
心臓の前方向に位置する成分を捉えるために胸部誘導が必要です

参考URL:http://physiology1.org/doc/chapter.php?Id=834


人気Q&Aランキング