お世話になります
今現在エクセルVBAにてエクセルファイル7ファイルをコントロールしています。
とりあえず手っ取り早く動作優先で作ったのでVBAで作りましたが、
VB6.0にて機能を増やしてアプリ化しようと思っていますが、元ネタを動作優先で作ったため、あちこちベタ書きのところもあります。
VBに置き換えの際、インデックスを使ったほうが処理上良いのでしょうか?
又処理内容上
FOR nextやプロシージャを使用してのプログラミングが処理内容上上手くいかないまたは困難なところがあったので、今では使用しない
IF **** Then Goto AA

AA:
***
****

等古い書き方を多用していますが、考え直したほうがよろしいでしょうか?
サポートは私だけなので、私がわかればいいのでVBAのまま継承できるところは継承したいのですが、処理問題としてどうなのでしょうか?
ご教示お願いします。

プログラムの部分抜粋
Windows("" & Sfn & ".xls").Activate
For j3 = 0 To 18

For i1 = 1 To 2500

Hl1 = Workbooks("" & Sfn & ".xls").Sheets(Ss1).Cells(i1, j1 + j5 + j3).Value

If Snn = Hl1 Then

Workbooks("" & Sfn & ".xls").Sheets(Ss1).Cells(i1, j2).Resize(, 6).Copy

貼り付け ← 行き先プロシージャ

Else: 読取列変更 ← 行き先プロシージャ

If i2 >= Wsc Then Wb = 1

If Hl1 = 0 Then Book終 ← 行き先プロシージャ
If Ce1 > 7 Then GoTo AX ←行き先別行

End If
Next
If i1 >= 5 Then j3 = j3 + 6
i1 = 1
j2 = j3 + 1
j3 = j3 - 1
Next
AX:
If Wb = 1 Then GoTo AE ← 行き先別行
i2 = i2 + 1
GoTo AC ← 行き先別行

--------------------------------
Sub Snn確定()

If i6 = 1 Then Snn = Sn1
If i6 = 2 Then Snn = Sn2
If i6 = 3 Then Snn = Sn3
If i6 = 4 Then Snn = Sn4
If i6 = 5 Then Snn = Sn5
If i6 = 6 Then Snn = Sn6
If i6 = 7 Then Snn = Sn7

If i6 = 8 Then Snn = Sn8
If i6 = 9 Then Snn = Sn9
If i6 = 10 Then Snn = Sn10
If i6 = 11 Then Snn = Sn11
If i6 = 12 Then Snn = Sn12
If i6 = 13 Then Snn = Sn13
If i6 = 14 Then Snn = Sn14

If i6 = 15 Then Snn = Sn15
If i6 = 16 Then Snn = Sn16
If i6 = 17 Then Snn = Sn17
If i6 = 18 Then Snn = Sn18
If i6 = 19 Then Snn = Sn19
If i6 = 20 Then Snn = Sn20
If i6 = 21 Then Snn = Sn21

If i6 = 22 Then Snn = Sn22
If i6 = 23 Then Snn = Sn23
If i6 = 24 Then Snn = Sn24
If i6 = 25 Then Snn = Sn25
If i6 = 26 Then Snn = Sn26
If i6 = 27 Then Snn = Sn27
If i6 = 28 Then Snn = Sn28
End Sub
思いっきりベタ書きです
--------------------------------

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

> Activateを書く前にどのブックかを指定しています。


> 上書きも
> Windows("" & k1 + ie1 & ".xls").Activate
> ActiveWorkbook.Save
> のようにどのブックかを限定して上書きしてますので
> 問題ないですね。
> 閉じるのも
> 条件に応じて
> Workbooks("" & k1 + ie1 & ".xls").Close
> で閉じてます。
> 7つだからか、今のところ問題ありません。

書き方が悪かったですかね。
ActiveWorkbook はブックの特定を Excel 側の状態に委ねてますし。。。
Workbooks("hoge.xls").Close
も拡張子を表示しない環境によっては
Workbooks("hoge").Close
となる場合もありますし。。。

ブックを開く時や新規作成した時にオブジェクト変数で参照しちまえば Activate で Active になってくれてなくても、ブックの名前が途中で変わっても、ユーザーが拡張子を表示しない PC でも関係ないってことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/25 08:37

VB 6.0 で作成したアプリから複数の Excel をコントロール、と。



#1 さんの言うように CreateObject 等による late binding の他、VB のプロジェクトで Excel のタイプライブラリを参照設定して利用する early binding もあります。

いずれにせよ、Excel VBA から Excel ファイルをコントロールしていた時のように(質問文の例のように)
●●.Activate
とか
Hl1 = Workbooks("" & Sfn & ".xls").Sheets(Ss1).Cells(i1, j1 + j5 + j3).Value
とかの書き方は危険。

以下、参照設定済みの状態での書き方。
1. Activate は信じない。
ブックを開けばそのブックが Active になるし、シートを追加すればそのシートが Active になってしまう。

2. いきなり「Cells(」と書いた場合はたまたま一番上にあるブックの一番上にあるシートのセルの事を指すのであり、「どのブックのどのシートの」は保証されない。

3. Workbooks のカッコの中にファイル名を入れるのは PC によってはエラーになる。「登録された拡張子を表示しない」の Windows では Excel のタイトルバーにも拡張子が表示されないから。

だから私は以下のようにします。
1. 作業対象のブックを開いたら Workbook 型の変数で確実に参照する。
2. 作業対象のワークシートを Worksheet 型の変数で確実に参照する。
これならば対象のシートがアクティブになっていなくても狙ったシートのセルを操作することができます。

(神経質すぎるのかな。。。)

' Excel を起動
Dim xlsApp As Excel.Application
Set xlsApp = New Excel.Application
xlsApp.Visible = True

' hoge.xls を開く
Dim hogeBook As Exclel.Workbook
Set hogeBook = xlsApp.Workbooks.Open("hoge.xls")

' hoge.xls の 1番左のシートを作業対象にする
Dim hogeSheet As Excel.Worksheet
Set hogeSheet = hogeBook.Worksheets(1)
hogeSheet.Range(hogeSheet.Cells(1, 1), hogeSheet.Cells(5, 8)).Value = "aaa"

' 上書き保存して閉じる
hogeBook.Save
hogeBook.Close False
xlsApp.Quit
Set hogeSheet = Nothing
Set hogeBook = Nothing
Set xlsApp = Nothing
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助言ありが乙ございます
Activate は信じない
ハイその通り、身にしみて分かっています。
Activateを書く前にどのブックかを指定しています。
上書きも
Windows("" & k1 + ie1 & ".xls").Activate
ActiveWorkbook.Save
のようにどのブックかを限定して上書きしてますので
問題ないですね。
閉じるのも
条件に応じて
Workbooks("" & k1 + ie1 & ".xls").Close
で閉じてます。
7つだからか、今のところ問題ありません。

お礼日時:2009/05/19 21:56

基本的にVBAとVB6.0のコードの書き方は同じです。

VBからでは当然Excel関係のオブジェクト参照がないので、CreateObjectやGetObject等でちゃんとオブジェクトを作成・参照してあげれば動作部分は大きく変更する必要はありません。

ですが・・・
Gotoの使用は出来る限り避けたほうがよいですね・・・。
SubやFunctionで機能を分けるようにしたほうが、デバッグや修正・改良がしやすくなりますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助言ありがとうございます
やはりやめたほうが良いですか
デバッグは追加機能を除けばもうすでに運用してますので動作的にはOKなので動作上拙くならないのであればこのまま行こうと思います。

お礼日時:2009/05/19 21:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QエクセルVBAでファイルを連続して処理する方法は

エクセルVBAで、エクセルファイルを開いた状態で特定処理を行う仕組みを作りました。
ただ、複数のファイルを処理したいのですが、いちいちファイルを開いてから処理しなければならないため効率が今ひとつです。
ファイル名称をテーブル化するなどして、一気に連続して処理するようにしたいのですが、どのように行えばいいでしょうか。

また、処理したいのは、更新日付が一定日以降のエクセルファイルです。
更新日付と対象ファイルのフォルダーを指定すれば、更新日がそれ以降のファイルを検索し、それが順次処理されていくようなVBAをつくりたいと考えています。

部分的にでもよいので、どなたか分かる方、教えてください。
ちなみにエクセルのバージョンは2000です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 選択フォルダのサブフォルダをのものも含むようにはできないでしょうか。

再帰処理すればできますよ。

Microsoft Scripting Runtime を参照してから、次のコードを試してみて
下さい。
取り急ぎで書いたので、エラーがあるかもしれませんが。。。

まあ、環境によっては使えませんし、推奨はできないのですが、FileSearch
を使ってもサブフォルダを含めた検索はできます。調べればサンプルはすぐ
でてくると思いますよ。

ご参考までに。

Private mDateFilter As Date

Sub フォルダ内のXLSファイル順次処理()

  Dim fso As FileSystemObject
  Dim sDir As String
  
  ' // 日付のフィルタ条件設定 例)10日前の 0:00 以降更新のファイルを対象とする場合
  mDateFilter = DateAdd("d", -10, Date) + TimeValue("00:00:00")

  ' // 対象ファイルのあるフォルダを指定
  sDir = BrowseForFolder()
  If Len(sDir) = 0 Then
    Exit Sub
  End If

  Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
  
  Dim fld As Folder
  Dim iRes As Integer
  
  If fso.FolderExists(sDir) Then
    Set fld = fso.GetFolder(sDir)
    iRes = 0
    If fld.SubFolders.Count > 0 Then
      iRes = MsgBox("サブフォルダも検索しますか?", _
             vbYesNoCancel Or vbInformation)
    End If
    Select Case iRes
      Case vbYes:  Call FindFiles(fld, True)
      Case vbNo, 0: Call FindFiles(fld, False)
      Case Else:  ' // User Cancel
    End Select
  End If
  
  Set fld = Nothing
  Set fso = Nothing


End Sub

' // XLS ファイルを検索するサブプロシージャ
Private Sub FindFiles( _
  ByRef fld As Folder, _
  ByVal fCheckSubfolders As Boolean _
)

  ' // ファイルへの処理
  Dim f   As Object
  For Each f In fld.Files
    If f.Name Like "*.xls" And f.Name <> ThisWorkbook.Name Then
      If f.DateLastModified >= mDateFilter Then
        ' // 処理例
        Call MainProc(f)
      End If
    End If
  Next

  ' // サブフォルダ検索オプション
  Dim subFolder As folder
  If fCheckSubfolders Then
    ' // 再帰呼び出し
    For Each subFolder In fld.SubFolders
      Call FindFiles(subFolder, True)
    Next
  End If

End Sub

' // メイン処理 -- FindFiles から順次呼び出されます
Sub MainProc(ByRef f As file)

  ' // ここにご自分で書いたプロシージャを
  ' // とりあえず、セルにでも書き出してみます
  Dim i As Long
  i = Cells(Rows.Count, "A").End(xlUp).Row + 1
  Cells(i, "A").Value = f.Name
  Cells(i, "B").Value = f.DateLastModified

End Sub

' // フォルダ選択ダイアログ
Private Function BrowseForFolder() As String

  Const BIF_RETURNONLYFSDIRS = &H1

  Dim fld As Object
  Set fld = CreateObject("Shell.Application") _
       .BrowseForFolder(0&, "選択します", BIF_RETURNONLYFSDIRS)
  If Not fld Is Nothing Then
    BrowseForFolder = fld.Self.Path
  End If
  Set fld = Nothing

End Function

> 選択フォルダのサブフォルダをのものも含むようにはできないでしょうか。

再帰処理すればできますよ。

Microsoft Scripting Runtime を参照してから、次のコードを試してみて
下さい。
取り急ぎで書いたので、エラーがあるかもしれませんが。。。

まあ、環境によっては使えませんし、推奨はできないのですが、FileSearch
を使ってもサブフォルダを含めた検索はできます。調べればサンプルはすぐ
でてくると思いますよ。

ご参考までに。

Private mDateFilter As Date

Sub フォルダ内のXLS...続きを読む

Q条件付きコンパイル: #IF 1 Then と #IF 0 Then

条件付コンパイルで、
『#If 1 Then』と『#If 0 Then』の条件の違いを教えてください。


『#If ○○○=1 Then』などの場合はわかるのですが、
単に『#If 1 Then』の場合は何をもって真となるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

条件式は、強制的に「True」又は「False」に解釈されます。

で、「数値」を「True」又は「False」に解釈する場合、
「0」は「False」、「0以外」は「True」になります。
(http://msdn.microsoft.com/library/ja/default.asp?url=/library/ja/script56/html/vsfctcbool.asp)

つまり、
『#If 1 Then』は、「必ずTrue」=常に有効
『#If 0 Then』は、「必ずFalse」=常に無効
に成ります。

QエクセルVBA 2千万行のCSVファイルを開きたい

上から順に読み込み、順次処理していき最終的には全部処理します。CSVファイルは読むだけです。

やり方はいくつか考えられます。
1
100万行ずつシートに読み込み、終わったら次を読み込む。CSVファイルは開きっぱなし。

2
100万行ずつのエクセルファイルに分割し、順次開いて処理。ファイル開閉に時間がかかる

3
2千万行の巨大な配列に代入し、順次処理。
CSVファイルは閉じることが出来る。

3がいいように思えますが、どうでしょうか?使用メモリは1と同じですか?

Aベストアンサー

> 懸念点は、最初から最後まで巨大なCSVファイルを開いたまま処理することです。

それに関しては問題ないです。VBAのOpenでファイルを開いた場合、実は一切読んでいません。今何行目を読んでいるかを示すカウンタを用意するだけです。またLine Inputで読み込む場合も、今操作している一行しか相手にしません。

だからこそ、実装している物理メモリ量をはるかに超えるサイズのファイルを扱っていても、仮想メモリのお世話にならずに済むわけです。

なので懸念材料はそこではなく、分割処理することによってデータ同士の断絶が起きると言うか、連続性がなくなることでしょうか。最初の100万行の固まりと、次の100万個の固まりには全くつながりがないことになるので。

QIf myCityBUNRUINO = 2 Then Cells(myPrefNO + 3 - 47 - myCityNu, 24) = myTantou こちらについて教えていただきたいです。

myTorikomibi = Range("A2").Value
If myCityBUNRUINO = 0 Then Cells(myPrefNO + 3, 4) = myTantou
If myCityBUNRUINO = 1 Then Cells(myPrefNO + 3 - 47, 14) = myTantou
If myCityBUNRUINO = 2 Then Cells(myPrefNO + 3 - 47 - myCityNu, 24) = myTantou
For i = 1 To 3
If myCityBUNRUINO = 0 Then Cells(myPrefNO + 3, i + 4) = myTorikomibi
If myCityBUNRUINO = 1 Then Cells(myPrefNO + 3 - 47, i + 14) = myTorikomibi
If myCityBUNRUINO = 2 Then Cells(myPrefNO + 3 - 47 - myCityNu, i + 24) = myTorikomibi
Next i
マクロを編集しようとしましたところこちらが解読できづに困っています。
こちらだけとりだして実行しながら解読していますが混乱してしまっています。ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。Then以降がわかりません。よろしくお願いいたします。

myTorikomibi = Range("A2").Value
If myCityBUNRUINO = 0 Then Cells(myPrefNO + 3, 4) = myTantou
If myCityBUNRUINO = 1 Then Cells(myPrefNO + 3 - 47, 14) = myTantou
If myCityBUNRUINO = 2 Then Cells(myPrefNO + 3 - 47 - myCityNu, 24) = myTantou
For i = 1 To 3
If myCityBUNRUINO = 0 Then Cells(myPrefNO + 3, i + 4) = myTorikomibi
If myCityBUNRUINO = 1 Then Cells(myPrefNO + 3 - 47, i + 14) = myTorikomibi
If myCityBUNRUINO = 2 Then Cells...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。maruru01です。

ヘルプはご覧になりましたか?
特に、Cellsについて。
Cellsは、

Cells(行番号, 列番号)

で、セルを参照します。
なので、各条件の時に、変数「myTantou」や「myTorikomibi」に格納されている値をそれらのセルに代入しているだけですが。
ただし、行番号が、

「myPrefNO + 3 - 47」
「myPrefNO + 3 - 47 - myCityNu」

などとちょっとややこしくなっていますが。
これも、変数「myPrefNO」「myCityNu」に入っている値から行番号が決まるというだけです。
例えば、
myPrefNO=60
myCityNu=2
なら、下の例は、
60+3-47-2=14
で、14行目となるということです。

QVBAからファイルをセル入力から開く方法

VBAからファイルをセル入力から開く方法

だれかご教授頂けませんでしょうか?VBAからエクセルファイルを開こうとしています。
そこでシート1のA1セルにファイル名を記述してあり、そのファイル名からファイルを開く事は出来ますでしょうか?
何か良い方法がありましたら教えて頂きたいのですが。

Aベストアンサー

下記で試してください。
パス名の最後には\を付けるようにしてください。

Workbooks.Open "D:\ABC\" & Sheets("シート1").Range("A1").Value


ワークシートのイベントを使う方法も考えられると思います。
BeforeDoubleClickイベント辺りを使って
ファイル名セルをダブルクリックすれば

Excel(エクセル) VBA入門:ワークシートのイベント
http://www.eurus.dti.ne.jp/~yoneyama/Excel/vba/vba_event.html

QIf Not c Is Nothing Then ~延々処理が続く~ End If

質問というか相談というか
VBAで下記のようなコードをよく見ますし、私自身もこれで書いてます。

For i= 1 to 10
set c=Range.Find(”いろは")
If Not c Is Nothing Then


処理が続く


End If
Next i

cが見つからなかったら、さっさと次の i に進む場合の処理です。Ifの字下げがず~~っと延々続き、最後のNext iの直前でEnd If です。
・Exit For はあるのに 途中Next iは出来ない
・Goto 使って書くと「スパゲティプログラムだ」とか言われる
正直言って、上記コードとGotoスパゲティで可読性に差異があるとは思えません。何でもかんでもGotoはダメていう風潮がおかしいように思えます。

みなさんどうやって書いてますか?

Aベストアンサー

こんにちは。

>Goto 使って書くと「スパゲティプログラムだ」とか言われる
どっちかというと、今は、ネットの中で、某VBA系の専門掲示板で、他人のコードを罵る時に使う用語ですね。Goto を使ったから、スパゲティーと短絡して使うのに、その言った本人は、エラー処理ひとつ施していない隙だらけのコードだということが多いのです。「スパゲティプログラム」は、◯◯の一つ覚えの用語だと思います。

>For i= 1 to 10
>set c=Range.Find(”いろは")
>If Not c Is Nothing Then

>~
>処理が続く
>~
>
>End If
>Next i

これって、よく見るとおっしゃっていますが、ひとつ例外に、いわゆる「ブルートフォースアタック(総当り制)」のコードがありますね。それは、Goto 以外に抜け出せる方法がありませんね。「深いネストはするな」という禁を犯しているのだから、Goto 以前のものがあります。(何に使うかはご存知だと思いますし、それをとやかく言う人はいないでしょう。)

これを書き換え、再帰を使うと良いとか言う人もいるのでしょうけれども、そういうのは、知識だけで実際にやったことがない人の話だと思います。「スパゲティ」とか知らない人に、比べさせれば、再帰などを使った方法は、遅くてダメ出しされるのは目に見えています。特殊な例ですが。

ご質問で、実際の私は、内容にもよりますが、
Private flg As Boolean

Sub Main()
On Error Goto ErrHandler
For i= 1 to 10
 Call subRutine(findTxt)
 If flg Then Exit For
Next i
Exit Sub

ErrHandler:
処理
End Sub
'ここの中身はテンプレート化してあります。
Private Sub subRutine(ByVal findTxt) または、Public
'処理
End Sub

としているはずで、モジュールレベルの変数を、flg とし、サブルーチンの中に置いて、目的がかなったら、Flgは、Trueになって、ループから抜け出すようにします。

サブルーチン側では、End ステートメントを使用することさえもあります。(テンプレート化しているのは、Findメソッド、RegExpの正規表現、Sortメソッド、Dictionary とSortLists などがあります。[MZ-Tools 3.0]を使用)

GOTO は、構造化プログラムが登場した時に、排除するように言われてきたものです。古い時代の人は、GOTOに逃げたくなるのを抑えるために、「GOTO」を使うなって、肝に命じてきたのです。しかし、結局、Goto は、なくならなかったのは、一つには、ErrHandlerを使った、エラートラップのせいもあります。だから、Goto を書かないでErr.Raise (513~)で飛ばす方法がありますが、あまり使う人はいません。

ところで、
「スパゲティプログラム」という話に振られると、私は自信がありません。
読みやすさ(可読性)の対極になるものでしょうけれども、誰に対して言っているものか、ということです。私の大事にしている本の中に、アスキーの『QuickBASICプログラミング道場』(1991年)という本があります。

---引用
・本道場で推奨するプログラミングスタイル (p25~)

1.変数・定数・プロシージャーの命名法 (変数の型のサフィックスは使うな)
2.インデントを付けるべし
3.メインプロシージャは短くすべし
4.プロシージャは短くすべし
5.長いブロックはプロシージャーにすべし
6.汎用性のあるプロシージャーを作るべし
7.定数は活用すべし
8.GOTOは乱用(濫用)すべからず。●
 従来のBASICを使ってきた人の中には、GOTO文を多用する人がいるようだ。GOTO文はそのときは便利なように思うが、あとになってリストを眺めてみると、どこに飛んでいるか分からなくなることが多い。……わけがわからない最低の"スパゲティプログラム"になってしまう。
 【例】GOTO文をDOループに置き換える
----引用終わり

現代でも通用するというよりも、その言葉が生まれた時代背景がありますから、必ずしも、GOTOが問題だということではなさそうです。Goto を使わないということにこだわると、逆に墓穴を掘ることになります。

それと、DO ループにするというのは、DO ~ LOOPの間に緊張感(?)は生まれるけれども、無限ループを生み出しやすくなるのです。その頃はそれで良かったかもしれませんが、もうESCでは止まりません。今は必ずしも認められるものではありません。

それと、記録マクロを、そのままVBAプロシージャーに用いるのは、絶対にダメなのですよね。本当のスパゲティプログラムになってしまいます。ベタ書きになってしまうからで、一度、そういうコードを直してくれと言われましたが、怒りを抑えて、丁重にお断りました。

こんにちは。

>Goto 使って書くと「スパゲティプログラムだ」とか言われる
どっちかというと、今は、ネットの中で、某VBA系の専門掲示板で、他人のコードを罵る時に使う用語ですね。Goto を使ったから、スパゲティーと短絡して使うのに、その言った本人は、エラー処理ひとつ施していない隙だらけのコードだということが多いのです。「スパゲティプログラム」は、◯◯の一つ覚えの用語だと思います。

>For i= 1 to 10
>set c=Range.Find(”いろは")
>If Not c Is Nothing Then

>~
>処理が続く
>~
>
>End If
>Next...続きを読む

QEXCEL VBA で現在開いているブックのファイル名を取得する方法

EXCEL2003 VBAで業務を簡素化するために、現在開いているブックのファイル名を取得する方法が分かりません。
作業手順をマクロを使って処理していますが、オリジナルのワークブックをファイル名を変えて保存し、以後、このワークブックを読み込んで使用しています。
このときのVBAは、オリジナルのファイル名を使っているため、ファイル名を変更するとエラーになり、以後の業務に使用できません。
常にファイル名を取得出来るVBAをどなたか、教えて下さい。

Aベストアンサー

>現在開いているブックのファイル名
 ちょっと曖昧な表現かなぁという気もいたしますが、VBAが書いてあるブックのブック名は
ThisWorkbook.Name
で、現在 "アクティブにして" 操作対象になっているブックの名前は
ActiveWorkbook.Name
ですね。

 しかし、
>VBAは、オリジナルのファイル名を使っているため、ファイル名を変更するとエラーになり
というような文脈からすると、
ThisWorkbook.Name
の方ですかね。

Qマクロで100マス計算! Dim i,j As Integer For i = 2 ToRang

マクロで100マス計算!

Dim i,j As Integer

For i = 2 ToRange(”A1”).End(xlDown).Row
For j=2 To Range(”B1”).End(xlToRight).Column

Cells(i,j).Value = Cells(i,1).Value * Cells(1,j).Value
Next j
Next i
Endsub

上記のように記述しましたが、
iの最終行が2となってしまっていますがなぜこのコードが間違っているのか分からないです。。どなたか教えていただけたら嬉しいです!

Aベストアンサー

確認してはいませんが…


>改行、スペースは実際にはきちんととっていますので気にしないでください
とのことなので、違っているのかもしれませんが、

>For i = 2 ToRange(”A1”).End(xlDown).Row
         ↓
 For i = 2 To Range(”A1”).End(xlDown).Row
で、うまくいきませんか?
100マス(10×10)と最初から決まっているので、範囲は 2 To 11 でも良いように思いますが…

改行、スペースなどが正しくなっているなら、Range(”A1”).End(xlDown).Rowの値が2以下になっている可能性が考えられます。(ということは、A1が空白セル、または、A3が空白セルなどなど・・)
A1が空白セルの場合は、
 For i = 2 To Range(”A2”).End(xlDown).Row
とするか、
 For i = 2 To 11
などとすることで、動作するのではないかと推測します。

Q他のExcelファイルのVBAコードを検索したい

他のExcelファイルに書かれたVBAコードに、ある特定のキーワード(パス名など)が使われているかを自動的に調べるためのVBAを書きたいと思っています。

仕事で使っているマクロが書かれたExcelファイルからある特定の処理をしているマクロを含むものを検索したいのですが、検索するExcelファイルが膨大なため、順番にExcelファイルを開いてVBAコードをチェックしていく工程をマクロ化したいのです。ファイルを順に開いていく処理はマクロ化できるのですが、書かれたVBAコードのチェックをどうしたらよいか悩んでいます。

「VBAコードに対して検索する」または「VBAコードを1行ずつ変数に代入する」、「モジュールシートをテキストファイルに出力する」などの処理が自動化できれば対応できそうなのですが、そのような処理をExcelVBAで作成できるでしょうか。

なお環境はWindowsXPのExcel2003です。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

開いたブックにあるVBAコードをテキストに出力する方法
Sub VBExport(WKB As Workbook)
  Dim A, B
  Set A = WKB.VBProject.VBComponents
  For Each B In A
    B.Export "C:\~" '★テキストファイルでエクスポート
    xxxxxx '★上記テキストファイルを調べる処理
  Next
End Sub
ブックやシートにあるコードも(空でも)出力されます。
もし、標準モジュールのみ処理したい場合は「B.Type = 1」に限り
エクスポートします。

Q#If VBA7 Thenに関して

VBAを使っていて

http://blog.goo.ne.jp/mumbai/e/dc90cf94fc40baebf807f1913de4fc10

#If VBA7 Then
Debug.Print "EXCELは2010以上です。"
#Else
Debug.Print("EXCELは2007以下です。")
#End If

というように、#IFというようなものが出てきます。

これの使用方法を知りたいのですが検索して調べたところ、

https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/tx6yas69.aspx

このページに書かれてあるように
#があるとコンパイル時にif文の評価を行うのに対し、
#がないとif文も含めてコンパイルした後に、プログラムを実行する時にif文の評価を行う
といったことが書かれてあります。

それで試してみたのですが


#If VBA7 Then
aa=0
#Else
aa=1
#End If


というコードを実行するとaa=0が代入されます。

一方で

If VBA7 Then
aa=0
Else
aa=1
End If
というコードを実行するとVBA7がemptyになっており
aa=1が代入されます。

これはVBA7という変数がコンパイル時にのみ有効で
実行時には存在しないためだからでしょうか?

VBAを使っていて

http://blog.goo.ne.jp/mumbai/e/dc90cf94fc40baebf807f1913de4fc10

#If VBA7 Then
Debug.Print "EXCELは2010以上です。"
#Else
Debug.Print("EXCELは2007以下です。")
#End If

というように、#IFというようなものが出てきます。

これの使用方法を知りたいのですが検索して調べたところ、

https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/tx6yas69.aspx

このページに書かれてあるように
#があるとコンパイル時にif文の評価を行うのに対し、
#がないとif文も含...続きを読む

Aベストアンサー

少しだけですが、
#If VBA7 Then
aa=0
#Else
aa=1
#End If
の『VBA7』は条件付きコンパイル中で使える定数です。
あらかじめVBAの中に組み込まれています。

で、
If VBA7 Then
aa=0
Else
aa=1
End If
とした場合の『VBA7』は一般的な単なる変数です。

VBEでツール→オプションの編集タブにある「変数の宣言を強制する」に
チェックを入れてあると
「コンパイルエラー :変数が定義されていません」になるはずです。
でチェックを入れていない場合はVariant型として定義されますので
Empty値の初期値は、False、0、"" のいずれかになりますから
If VBA7 Then → False → aa=1 となるわけです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報