組立図から部品図を作成するときに部品がどこまでつながっているのかがよくわからないのですがいい参考書、または問題集を教えてもらえないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

    • good
    • 0

組立製品からその構成部品および参考技術資料・参考図面(組立図)を


網羅したものをBM(Bill of Material,部品表または材料構成表)で表します。

単純な構成の場合は、組立図にその部品構成を示すこともあります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q図と絵の違いは何ですか?使い分け方は?

たとえば、洋裁の本ですが、
服の作り方をカラーでない黒色で書かれた図の解説でしてあるのと、カラーで書かれた図の解説でしてあるのとを、分かりやすい言葉で書き分ける際、
作り方を図の解説、作り方をカラー絵の解説、、、、と書いたら伝わりますか?
なんて表現したらスムーズで伝わりやすいですか?

Aベストアンサー

単色図、カラー図、などと分けるのをよく見かけますが。
いちいち分けずに「図2」などとカラー白黒関係無く通し番号を振っておいて、文章中で使えば問題無いように思います。

辞書、「字統」 によると圖(図)は農地を区切った地図、畫(画)は画文をほどこした楯の意味だとの事です。
元々の意味としては、図が説明的で俯瞰的、画のほうがより装飾的で呪術的なようです。
今でも図の方が実用的でわかりやすく説明するための物、画のほうが装飾的で精神的に楽しむための物、というような傾向があるのではないでしょうか。はっきり分けられない部分もありますが。

質問の場合どちらも図であって、違いはカラーか単色かなのですから図と画と言い分けるとかえって混乱すると思います。

Q部品のカラーって?? 機械部品とか配管の部品でカラーってありますよね?

部品のカラーって?? 機械部品とか配管の部品でカラーってありますよね??あれの役割ってなんですか?

Aベストアンサー

機械設計では、1番のそういうことではありません。
またの名をスペーサー。 円筒形のまたは座金的なものですね。

その目的は・・・・・

1.同じ材料で作ると形状が複雑になって、あるいは、材質的に高価になるのを防ぐ。
2.軸にはめ合わす時の締め加減の都合上、形を分離して作った方が組立て分解上便利である時。
3.部品と部品の間に挿入して全く位置的な間隔を保持したいがためのもの。
4.その他要所に傷の付くのを嫌って、保護用に入れてあるのもあるかもしれません。
5.配管関係は詳しくありませんが、ホース継ぎ手とか機密性確保のために、
  使用されているのではないでしょうか。

Q野草の図鑑の絵と写真の違い

最近になって道端にさいている野草に興味をもって名前をしらべているのですが、写真でみるよりも絵でかいてあるほうが実際の花に近いように見えて解りやすいことにきがつきました。
写真の方が実物を撮影しているので本物に近くて見分けやすいように思っていたら、絵のほうが実物と照らし合わせやすいです、写真風に書いてある絵なので一部を誇張しているでもなく色も写真のようですが絵のほうが良いです、
 花の名前の図鑑は絵が多い理由がわかったような気がしました。(図(絵)だから図鑑なんですが)
 絵の達人の方は現物を見て書くときに特徴をだしているのでしょうか。写真はその固体そのものなので
違う個体になると違ってみえます。
同じ種類の花でも一つ一つの違いを平均して書いているのでしょうか
 写真は好きで良く撮るのですが、絵はまったく駄目なので良くわかりませんが、絵は作者の頭の中で見た物を整理して人にわかりやすく書く能力があるのでしょうか、何か不思議なきがします


 

Aベストアンサー

写真は同じ方向から平面的(片目で見たような状況)に写し出します。
そして対象物すべてにピントを合わせません。
これによって対象物を忠実に写し出しているように見えて、すべての特徴をとらえることが困難になります。
さらに対象物以外の余計な情報(個体差や汚れ・破損・変形・光・影など)を同時に提供してしまうことがあります。
逆にこれらの条件をうまく使うことで同じ被写体でも、つまらない画像になったり感動する画像になったりします。
写真で一つのものを詳細に説明する場合は、角度やピント合わせなどを工夫して複数の画像を用いる必要が出てきます。

図鑑で対象物を絵で描写するときは、作画する人の手によってすべての部分、または必要とする部分だけにピントを合わせた作画が可能です。
また特徴に注目して、余計な情報を排除することができます。
場合によっては見えない部分も特徴を捉えて同じ構図内で見せることも可能です。
1回では見えないが角度を変えて見れば見えることを1枚の絵で書けてしまうこともあります。
伝えたいことを書いているが、実際には見えない(写真には写らない)絵を描くこともできるのです。

人が初めて見る物を観察するときは、正面からの画像だけでなく、両目で立体的に見て、さらに角度を変えて見ます。
さらに光と影などを無意識に補正します。
それが脳内で処理されて観察結果になるのです。
正面から平面的にとらえた写真と比べるよりも、同じように観察した結果を描いた図鑑の絵と比べた方が「似ている」と思うのはそのためだと思います。

写真は同じ方向から平面的(片目で見たような状況)に写し出します。
そして対象物すべてにピントを合わせません。
これによって対象物を忠実に写し出しているように見えて、すべての特徴をとらえることが困難になります。
さらに対象物以外の余計な情報(個体差や汚れ・破損・変形・光・影など)を同時に提供してしまうことがあります。
逆にこれらの条件をうまく使うことで同じ被写体でも、つまらない画像になったり感動する画像になったりします。
写真で一つのものを詳細に説明する場合は、角度やピント合わせ...続きを読む

Q土木でいう平面図・断面図・展開図の意味

こんにちは。
中途採用で、土木建築の会社に勤務しています。
基本的なことがまったくわかりませんが、ここで
働くしか、今のところ道はありません。
ところで、設計で、平面図・断面図・展開図というのが
ありますが、その意味とか、役割とかを教えていただけないでしょうか。小生も約1週間かかりで調べていますが、
まだ、ヒットしません。ちなみに建築はすぐにヒットしました。

Aベストアンサー

普通の部屋で考えましょうか。

<平面図> 天井から見下ろした絵です。四方の壁部分だけは(通常の場合)断面なので、三本線のコンクリートのハッチング+仕上げ厚さ(20ミリなど)になってます。階の数+屋上分の平面図が存在します。

<断面図> 部屋の中に立って、壁面を見てる絵です。この場合も左右の壁部分は断面になります。
ある意味平面図も部屋を横軸方向に切ってますから、横断面図ですが、一応縦方向に切ってるものをいいます。GL(グランドレベル=地面高さ)から屋上までを一気に切ってる断面図を「かなばかり図=矩計図)」とも呼んでます。
断面図は特に詳細を示したい部分を切ってるのが多いです。

<展開図> 部屋から壁を四方向に全部見た絵です。当然展開図は四面になります。 主に、壁仕上げの平米数を積算する時に必要な図です。

ついでに<天伏せ図> 天井を見上げてる絵です。しかし勝手反対(鏡像)になってますので、注意してください。


部屋内を例に挙げましたが、外構も同じ要領です。わからなければ、随時補足願います。説明ベタですみません。

普通の部屋で考えましょうか。

<平面図> 天井から見下ろした絵です。四方の壁部分だけは(通常の場合)断面なので、三本線のコンクリートのハッチング+仕上げ厚さ(20ミリなど)になってます。階の数+屋上分の平面図が存在します。

<断面図> 部屋の中に立って、壁面を見てる絵です。この場合も左右の壁部分は断面になります。
ある意味平面図も部屋を横軸方向に切ってますから、横断面図ですが、一応縦方向に切ってるものをいいます。GL(グランドレベル=地面高さ)から屋上までを一気に切ってる...続きを読む

Q点と線ではなく「絵」がメインの星座図

星座図というと、星を表す点が線で結ばれたものがほとんどで、場合によってはその背景に星座を表す絵(さそり座であればさそりの絵)がうっすらと描かれているものがあると思います。

しかし、そういうものではなく、星座を表す絵がメインになっている星座図を探しています。(理想的には、カラーでほぼ全天がカバーされているものがいいですが、そうでなくてもいいです)

(1)こういったものは何と呼べばよいでしょう?名前がわかりません(何語でもいいので情報を頂ければ幸いです)。
(2)こういったものはどのような店で手に入るでしょうか?もしウェブ上にそのような図があったらそれでも構いません(探しましたが見つかりませんでした)。

よろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

現代の星図でなくても良いのでしたら、、、。
「天球図」「古星図」「Celestial Atlas」などで画像検索してください。
大体、この手のものは古いものが多いので(17C~18C)、現在の星図とは多少違っています(現在の88星座になったのは、19C前半)。その分、美しい図版がありますが。
東京にお住まいですか?
10年ほど前、府中市郷土の森美術館のプラネタリウムで、こういった天球図の企画展がありました。その時の図録(平成7年度特別展『星座の文化史』→カラーが多くて良い)が、たぶんまだ販売されていると思います。(HPから問い合わせができるので、聞いてみた方がいいでしょう)
また、その時の監修にあたっていた原恵さんという方の著作にあたれば、あるいは見つかるかも知れません。
なお、現物は、千葉市郷土資料館が充実していましたが、千葉市科学館が新設されるため(10/20オープン)、移設されるようです。(ちなみに千葉市郷土資料館の図録はモノクロが多いので、あまりお薦めしません)

Q社内レイアウト図を作成したい

社内レイアウト図を作成し物品管理をする用に言われました。
レイアウト図を作成できる簡単なソフトなどありませんか?
レイアウト図など作ったことがないので些細なことでもいいので
こうやってみれば?みたいなことがあれば教えてください。

Aベストアンサー

お絵描きだけならWordでも最低限のものはできますし,
イラストレータなどのソフトがあればすばらしいものが作れます.
しかし,物品の管理をするのが目的であれば,
Microsoft AccessやExcelを使って管理し,
レイアウト表示の方は「おまけ」程度に考えた方が
便利だと思います.
あまりいいサイトがなかったのですが,ご参考までに.

参考URL:http://book.mycom.co.jp/sokkou/shousai/2002_5/ex_data.html,http://www.hitachi-hec.co.jp/virnetbz/reiaut/reiaut04.htm

Q地図記号と地形図記号の違い

地図記号と地形図記号の違いはあるんですか?
違いがありましたらどういうものが地形図記号かを教えてください

Aベストアンサー

地図に書かれた地名は地形図記号ではないようです、
地形図記号は下記などを参考にしてください
http://www.gsi.go.jp/MAPSAKUSEI/25000SAKUSEI/zushiki-zushiki.html

Q販促用POP作成の参考になる本を探しています

タイトル通り、POP作成で参考になるような本、雑誌を探しています。

新社会人でショップのPOP作りをやらせてもらえることになりました。
他店のPOPを参考に見るようにしていますが、字体や構成などもっと知りたいのでどうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

本はジャンル、内容ともに様々です。
amazon等の書評を参考に、本屋さんで実際に内容を見てから購入した方が良いと思います。
「POPデザイン」を銘打った本でも、中身は"POPなチラシ"の作成法だったり、Wordの使い方みたいな本だったり、色々あります。
ご自分の趣向に合った本をご自分の目で探すのが良いと思います。
その際は、仰る通り構成などを勉強できる様な本と、既存のPOPデザイン・広告物を掲載している”ネタ帳”みたいな本を揃えるのが良いかも知れませんね。
ネタ帳みたいな本は一般的に高額なので、古本やネットで手に入れるのが良いと思います。

また、Googleも便利です。
Googleのイメージ検索で「POP」「チラシ」「カタログ」等のワードで検索すると、既存の広告物が沢山出てきます。
品質は様々ですが、参考になると思います。

※以下は私が持っている本です。制作工程がまとめられていて勉強になりますが、ちょっと古いです。
POP広告制作大全 :今津 次朗 (著)
チラシデザイン見本帳 :芳賀 正晴 (著)

QWordのオブジェットと図の違いについて

お世話になります。

Word文書に.jpgなどの写真を挿入する時、挿入/図/ファイルから と
挿入/オブジェクト/ファイルからでは、「図」と「オブジェクト」なんですが、画像は同じように入るのですが、違いがよくわかりません。このふたつの違いを教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私なりに解釈していることとして、Word内に埋め込む
方法が違うのではと思います。
どちらも[浮動配置]では違いが解り難いですが、[行内]
に埋め込む[行内配置]では違いがハッキリします。
(フィールドコードを表示している場合の違い)

・図として埋め込んだ場合

1) [図]そのものを埋め込んでいるので、そのサイズ分
ぐらいのファイルサイズが増えるのみ。

2) 図を加工するのにWord内の機能でしか出来ない。
図をダブルクリックしても[図の書式設定]しかでない。

3) オブジェクトはでないので、[フィールドコード]で
表示されない

・オブジェクトとして埋め込んだ場合

1) 図の大きさがファイル元サイズで埋め込まれ、関連
するアプリケーションのオブジェクト情報も埋め込まれる
ことからファイルサイズが極端に増える。

2) 図を編集するのに、図の拡張子がWindowsで関連させた
アプリケーション(埋め込みに使用したオブジェクト)で
作業が出来る。図をダブルクリックでオブジェクトが開く。

3)オブジェクトなので、フィールドコードを表示させると
関連するオブジェクト名が表示される。
{ EMBET MSPhotoED.3 } 等の表示になる。この場合は
PhotoEditorが関連するオブジェクトになる。 

他にも違いがあるでしょうが、私が認識している範囲では
この違いがあるので、出来るだけ図として埋め込む(挿入)
するようにしています。

図の加工は挿入する前に必ず行い、別名で保存した図を
挿入するようにしています。

私なりに解釈していることとして、Word内に埋め込む
方法が違うのではと思います。
どちらも[浮動配置]では違いが解り難いですが、[行内]
に埋め込む[行内配置]では違いがハッキリします。
(フィールドコードを表示している場合の違い)

・図として埋め込んだ場合

1) [図]そのものを埋め込んでいるので、そのサイズ分
ぐらいのファイルサイズが増えるのみ。

2) 図を加工するのにWord内の機能でしか出来ない。
図をダブルクリックしても[図の書式設定]しかでない。

3) オブジェクトはでないの...続きを読む

Q文章作成の際、ページを囲むフレームの素材集はありますか?

文章作成の際、ページを囲むフレームの素材集はありますか?

Aベストアンサー

このようなものでいいのでしょうか?

参考URL:http://www.dex.ne.jp/download/frame/index.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報